« キッシンジャーがトランプ解任の動き?だったら改憲が本格化する前に忠犬・安倍晋三も道連れ解任させよう! | トップページ | 【立民党・枝野代表】「佐川宣寿国税庁長官の辞任を求める」「確定申告前にしっかりとけじめをつけないといけない」  »

【日米両首脳ビンチ】キッシンジャーがトランプ弾劾を決意か?よって「あらゆる疑惑が安倍首相に通ず」の安倍晋三も大ピンチ!

-今回も初めに板垣英憲氏情報を転載する。直前転載の関連情報である。キッシンジャーがトランプの弾劾手続きに着手したという。表向きはNY誌コラムニスト氏の出した「トランプ暴露本」に驚愕してということだが、「違うだろー!」。就任後1年余でトランプ弾劾、ペンス副大統領昇格は大統領選時から決まってたんだろー!「分けてもペンス副大統領様は、共和党本流の期待の星。厄介なトランプを1年ほどで追い出し、その後大統領に昇格させ、ヒラリー婆の代わりに第3次世界大戦に向わせる筋書きあるお方なのだ」(ペンス副大統領訪日の昨年4月下旬当ブログ記事より)。ほらね、トランプ途中交代劇はとうの昔からのシナリオだったんじゃないのさ。「忍者外交の名手」キッシンジャーは、それを見越して選挙戦からトランプの指南役を買って出た可能性がある。事態は流動的で果たして弾劾まで行くかどうか予断を許さない。が、今回この問題が火を吹いたのはやはり、「911自作自演テロ関与者一斉起訴」「NWOカバラ集団逮捕」が背景にあると考えられる。米欧悪魔勢力は何としてもそれを水際で食い止めたいのだ。ブッシュ親子、ヒラリーら超大物逮捕によって、例えば「幼児臓器売買」「幼児生贄悪魔儀式」などの実態が世界的に可視化されるとどうなるのか。米国共和・民主両党の上下両院議員のほとんどがそれに関与しているといわれているのだ。蜂の巣をつついた状態となりアメリカは国としての体を為さなくなりかねない。悪魔勢力の守り手(?)キッシンジャーらはそれを恐れ、集団逮捕を本気で実行しようとしているトランプ弾劾に乗り出したのではないだろうか。つらつら思うに。今回の悪魔勢力大量逮捕がもし事実なら、「悪魔勢力人類支配」の有史以来初めての画期的出来事なのだ。いわば一種のハルマゲドンだ。そう簡単に行くはずがないのである。ここは「負けるな、トランプ!」と声援を送りたくなる。 (大場光太郎・記)-

【追記】
 メーンは日刊ゲンダイ総力特集の方なのだが、また触れる余裕がなくなってしまった。各自丁寧にお読みいただきたい。

53220

キッシンジャー博士は、トランプ大統領の資質暴露本に「青天の霹靂だ」と述べ、弾劾手続きに着手、安倍晋三首相も大ピンチ
http://www.asyura2.com/18/senkyo238/msg/183.html
投稿者 笑坊 日時 2018 年 1 月 07 日 15:22:13
http://magazine.livedoor.com/press/19119
2018年01月07日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆〔特別情報1〕
 米トランプ大統領の指南役兼「忍者外交のプロ」キッシンジャー博士は、米
大統領の任期1年目の内幕を暴露した書籍「Fire and Fury: Inside the Trump
White House(仮訳:炎と怒り──トランプのホワイトハウスの内側)」(米
誌ニューヨークのコラムニスト、マイケル・ウルフ氏著)が1月5日、米国で
発売され、トランプ大統領の資質をめぐる議論を再燃させていることについ
て、「青天の霹靂だ」と述べ、思いがけず起こった衝撃的な現象に驚いている
という。しかし、共和党政権への打撃を極力少なくするため、この著書のなか
で証言しているスティーブン・ムニューシン財務長官とラインス・プリーバス
前大統領首席補佐官は、ゲーリー・コーン国家経済会議(NEC)委員長、H・R
・マクマスター(H.R. McMaster)大統領補佐官(国家安全保障問題担当)ら
トランプ大統領の側近たちへの「口封じ」など火消しに躍起になっている。同
時に、トランプ大統領への弾劾手続き(下院の過半数が訴追に賛成→上院で弾
劾裁判にかけて罷免)に着手しているという。罷免されれば、ペンス副大統領
が大統領に昇格する。この煽りを受けて、安倍晋三首相も、退陣を迫られる可
能性が大だ。 

53218
東京地検特捜部はスーパーゼネコン4社を強制捜査(C)共同通信社
 
こんな政権がのさばる国難 安倍1強支配に死角はないのか あらゆる疑惑が安倍首相に通ず(日刊ゲンダイ)  
http://www.asyura2.com/18/senkyo238/msg/189.html 
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 1 月 07 日 18:10:15 
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/220831
2018年1月7日 日刊ゲンダイ  

 国会を閉じれば内閣支持率は上がる――。疑惑まみれの安倍政権の勝ちパターンについに狂いが生じてきた。

 昨年末の特別国会閉会後に実施された朝日新聞の世論調査では支持が3ポイント減の41%で、不支持は38%。NNN調査では支持が3・3ポイント減の37・8%に下がり、不支持は45・3%に上った。支持率3割台への落ち込みは4カ月ぶりだというが、しぶとく持ちこたえてきたのが不思議なくらいだ。

 国会を紛糾させ、世論のアベ不信が高まるきっかけになったモリカケ疑惑は1年近く経った今でもくすぶり続けている。安倍首相は昨年の通常国会ではドーカツまがいの暴言連発で野党とやり合い、憲法53条に基づく野党の召集要求を4カ月以上放置した揚げ句の臨時国会は、冒頭解散で逃亡。「真摯な説明を丁寧に」と臨んだ特別国会は外遊を言い訳にロクに顔を出さず、出たら出たでゴマカシを重ねた。だから、世論の7割がモリカケ疑惑に対する安倍政権の姿勢を評価せず、6割が22日に始まる通常国会で野党の徹底追及を求めている。

 そうした中で急展開しているのが、スパコン開発企業による国の助成金不正受給とリニア談合事件だ。東京地検特捜部が中心になって進める両事件には、安倍に近い関係者の名前が取り沙汰されている。

 詐欺容疑で特捜部に逮捕されたペジーコンピューティング代表の斉藤元章容疑者は、安倍と麻生財務相と昵懇な間柄の元TBS記者の山口敬之氏と関係が深い。一般財団法人を共同設立するパートナーであり、高級レジデンスの賃料も負担していたと報じられている。

 ペジー社は設立からわずか半年で経産省主管の国立研究開発法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構」(NEDO)から最初の助成決定を受け、切れ目なくカネを引っ張ってきた。関連会社は文科省所管の「科学技術振興機構」(JST)から「産学共同実用化開発事業」として計60億円の無利子融資決定を取り付けた。詐欺で巻き上げた血税は100億円を超えるとみられている。

■あらゆる疑惑が安倍首相に通ず

 JR東海が進めるリニア中央新幹線をめぐるスーパーゼネコン4社による談合にもアベ人脈がチラつく。発注側のJR東海代表取締役名誉会長の葛西敬之氏は安倍の後見人で、財界ブレーンとして知られる存在だ。総工費9兆円の巨大プロジェクトには、安倍のツルの一声で財政投融資3兆円が組み込まれた。政治学者の五十嵐仁氏はこう言う。

「あらゆる疑惑が安倍首相に通じる。こんな政治状況は異常です。9月には安倍首相が3選を目指す自民党総裁選が行われますが、これほど疑惑を抱える人物の再選を許し、この国のトップを任せ続けていいはずがない。通常国会で審議される来年度予算案では防衛費が6年連続で増加し、過去最高の5兆2551億円に膨れ上がっている。その一方で、増税や働き方改革などで国民からさらなる搾取を画策し、国民生活を破壊しようとしています」

 安倍1強支配に死角はないかのようだが、支持率がガクッと急落すれば無風再選はあり得ない。抑え込まれてきた党内の不満が噴き出し、総裁選に波乱が生じるだろう。 

53219
日米蜜月に国際社会はドン引き(C)JMPA  

■米下院議員が両にらみ ロシアゲートと中間選挙  

 安倍が「信頼できる指導者」と心を寄せるトランプ米大統領の足元は、さらにグラついている。

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は米国が強める敵視政策に怒髪天で、米本土を射程に収める核・ミサイル開発に躍起だ。頭に血が上りやすいトランプは、国際社会が求める対話再開による問題解決には背を向けて「力による平和の維持」を喧伝し、国連安保理による追加制裁措置に踏み込んだ。エルサレムのイスラエル首都認定をめぐっても衝突のタネをまき散らし、世界中で総スカンを食らっている。

 CNN調査では支持率は35%。就任した年の12月のデータとしては、歴代大統領の数字を大幅に下回る。CNNやギャラップが過去50年間に実施した世論調査で、1年目の年末時点の支持率が5割を切ったのは、5代前のレーガン大統領が出した49%のみ。“子ブッシュ”のジョージ・W・ブッシュ大統領はこの時点で86%を記録し、“パパブッシュ”のジョージ・H・W・ブッシュ大統領は71%だった。カーター、クリントン、オバマ大統領も50%台後半で1年目を終えている。

 上智大教授の前嶋和弘氏(現代米国政治)は言う。

「政権の最懸案事項は、トランプ大統領のアキレス腱であるロシアゲートの捜査の進展です。大統領選でロシアと共謀した疑惑で、モラー特別検察官はどこまでトランプ大統領に迫れるのか。長男のトランプ・ジュニア氏や娘婿のクシュナー大統領上級顧問が政権移行期間にロシア側と接触した疑いは、民間人の直接外交を禁じたローガン法に反する可能性はありますが、同様のケースで有罪例はありません。しかし、選挙戦中の連携が立証されれば、国家転覆罪に問われかねない。そうなれば、11月の中間選挙をにらんで鳴りを潜める下院議員も声を上げざるを得ず、弾劾手続きが動き始める可能性はあります」

■トランプと一蓮託生、世界で孤立

 ボスのトランプの命運も分からない中、「100%支持」「完全に一致」が口癖の安倍はひたすら盲従を続けている。

「国際社会で孤立を深めるトランプ大統領を信頼に足ると評する安倍首相は、世界の信頼を失っています。安倍首相は悲願の憲法9条改正に乗り出そうとしていますが、安倍首相が言う通りに北朝鮮問題が緊迫し、半島有事が現実味を帯びているのであれば、自衛隊が米軍と一緒に戦う状況が目前に迫っているということ。日本の平和と安全にプラスに働くのか、マイナスに作用するかは中学生でも分かる。国政を私物化し、国会を空洞化させ、平然とウソを重ねるにとどまらず、平和国家の日本をぶっ壊そうとしている安倍首相、安倍政権をのさばらせることが最大の国難です」(五十嵐仁氏=前出)

 千丈の堤もありの一穴から崩壊す。あまりにうまくいきすぎた安倍政権下の5年間に鬱積した党内の不満を世論のうねりが刺激すれば、その反動で一寸先は闇の政局に突入する。


  KK  @Trapelus 

こんな政権がのさばる国難【安倍1強支配に死角はないのか】支持率急落ならば総裁選にも波乱だろうがモリカケ疑惑もくすぶったまま周辺には怪しい有象無象 ボスのトランプの命運も分からない中、あまりにもうまくいきすぎている反動と一寸先は闇の政局 あらゆる疑惑が安倍首相に通ず(日刊ゲンダイ)

|
|

« キッシンジャーがトランプ解任の動き?だったら改憲が本格化する前に忠犬・安倍晋三も道連れ解任させよう! | トップページ | 【立民党・枝野代表】「佐川宣寿国税庁長官の辞任を求める」「確定申告前にしっかりとけじめをつけないといけない」  »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キッシンジャーがトランプ解任の動き?だったら改憲が本格化する前に忠犬・安倍晋三も道連れ解任させよう! | トップページ | 【立民党・枝野代表】「佐川宣寿国税庁長官の辞任を求める」「確定申告前にしっかりとけじめをつけないといけない」  »