« 【チョー悲惨】みぞゆう太郎麻生も便箋太郎義家も真っ青 軽視・改ざん次郎の晋 安倍首相のオツムのネジは一本どころか何本も抜け今や修復不能の状態かw | トップページ | 【公明党に激震】池田名誉会長核廃絶平和提言 「死せる大作生ける公明を走らす」かw としても公明の安倍自民との距離感いよいよ難しくなるゾ »

【自民党総裁選】安倍3選に暗雲 額賀派クーデターの波紋 “反アベ”結集なら総裁選は大波乱

-参院選は来夏だし、昨年「#お前が国難」総選挙をやって安倍自民党が1人勝ちしたばかりだし、常識的に今年国政選挙はない。となると、俄然注目は9月に行われる自民党総裁選ということになる。「3期9年」と党規まで変えさせて安倍晋三は同総裁選に臨むわけだが、国民の半数以上が「安倍の続投望まず」世論の中、安倍は果たしてすんなり3選を決められるのか。もし決めれば安倍の下での憲法改悪は必至、安倍はまた鼻高々と東京五輪首相にもなり、さらに2021年9月まで明治以来の日本憲政史上最長内閣総理大臣ともなるのだ。「冗談じゃない、ちょっと待て」ということか。ここに来て同総裁選にモロに影響しかねない自民党内の不穏な動きがあるという。そこで少し気が早いかも知れないが、その動きを伝えている日刊ゲンダイ記事を以下に転載する。

 私はこの日刊ゲンダイ記事を読むまで知らなかったが、自民党第3派閥の額賀派でクーデターだという。詳細は同転載記事をお読みいただきたいが、もしこれが事実なら自民党内を揺るがす大ごとだ。派閥の長で親安倍派の額賀福士郎を追い出す算段だというから、これは明かに安倍阻止総裁選に向けた動きだ。で、仕掛け人はと見ると何と大長老の青木幹雄というではないか。つい先日は政界各方面から惜しまれた野中広務氏逝去の報に接したばかりだが、「♪生きていたとは お釈迦様でも知らぬ仏の 幹雄さん~」w かつては「参院のドン」と言われながら久しく動向を聞かなかったのに、今この時期に「安倍打倒」の狼煙を上げるとは。以前、加藤紘一氏逝去関連記事でも書いたが、私は青木幹雄には余りいい印象を持っていない。小渕恵三総理(当時)が人事不省の危篤状態に陥った際、密室に5人が集まり、当時官房長官だった青木が「小渕総理は森喜朗を次期総裁に指名した」と大嘘かましたのだった。森、小泉、麻生そして安倍と続く滅茶苦茶な(米CIAスパイ岸信介を源流とする)清和会系非道政治はそこから始まったと言って過言ではないのである。それは実は米国奥の院の秘密指令だったのか、はたまた別の理由だったのか、青木幹雄には日本政界浄化の一環として、墓場まで持っていかずにご存命中に真実を明かにしてもらいたいものである。

 ともかく。青木幹雄も今日の乱脈政治への責任を痛感し忸怩たる想いはあることだろう。それが今回のクーデター劇につながっているのではないだろうか。ここまでモンスター化した安倍晋三を倒せるのは、老いたりとは言え青木幹雄くらいしかいないのかもしれない。また「額賀派」というのも因縁を感じさせる。同派閥は元は経世会竹下派、さらには田中角栄が興した派閥。小泉によって完膚なきまでに潰されかけた「保守本流」派閥なのである。安倍晋三がエラソーに「憲法改正は自民党の悲願」などと嘘八百言っているが、それは岸信介など一部の「保守傍流」が唱えていたことである。さて、この5年間、安倍一強なるものに抑圧され放しだった自民党内にやっと健全な動きが見えはじめた。転載記事どおり、額賀派は今後岸田派、二階派などと合従連衡するのか。最終的に推すのは石破茂か岸田文雄か(青木幹雄が推すまでもなく石破茂は旧経世会出身なのだが)。総裁選には閣内にある野田聖子総務相も名乗りを挙げている。面白い総裁選になりそうだ。 (大場光太郎・記)-

5349

額賀派クーデターの波紋 “反アベ”結集なら総裁選は大波乱(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/18/senkyo239/msg/192.html
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/222142
2018年1月29日 日刊ゲンダイ

53410
“参院ドン”こと青木幹雄氏(C)日刊ゲンダイ

 突然、勃発した自民党の第3派閥「額賀派」のクーデター劇。参院議員21人全員が、派閥領袖の額賀福志郎氏に退任を求めている。

 この時期にクーデターが起きたのは、9月に行われる総裁選に備えるためだともっぱらだ。衆参54人の額賀派は、“反アベ”で動くつもりだとみられている。もともと、闘う集団だった額賀派が“反アベ”に回ったら、“安倍3選”に黄色信号がともる。

「クーデターの裏に、かつて参院ドンと呼ばれた青木幹雄さんがいるのは間違いないでしょう。額賀派に所属していた青木さんは、いまだに参院額賀派に絶大な影響力がある。青木さんが“右”と決めれば、21人全員が“右”に動く。派閥領袖の額賀さんは“安倍支持”ですが、どうやら青木さんは、総裁選では石破茂を担ぎたいようです。“安倍支持”の額賀さんをクビにして、派内を“石破支持”でまとめるつもりでしょう」(自民党関係者)

 もともと、青木幹雄氏と石破茂氏の関係は最悪だったが、2016年の参院選の時、石破氏が青木幹雄氏の長男・一彦氏の選挙を全面支援したことで関係が修復したという。

■「3人」の共通点は“安倍嫌い”

 自民党内は「額賀派」のクーデターを固唾をのんで見ている。第3派閥の「額賀派」が“反アベ”で腹を固めたら、第4派閥の「岸田派」(45人)と第5派閥の「二階派」(44人)も追随する可能性があるからだ。

 3つの派閥が“反アベ”で固まったら、安倍首相は敗北する可能性がある。

「3つの派閥が手を組む可能性はゼロではないでしょう。まず、岸田派の実質的なオーナーである古賀誠氏と青木幹雄氏は親しい関係です。同じビルに事務所を構えている。さらに、二階派の領袖・二階俊博氏も、2人とはツーカーの仲。青木―古賀―二階は、いつでも話ができる。3人の共通点は内心、安倍首相を嫌っていることです。3人ともいわゆる“保守本流”です。保守本流は、GHQと一緒に憲法を制定し、日本の繁栄を支えてきた。ところが、安倍首相が敬愛する祖父の岸信介氏は“保守傍流”です。戦犯だったため憲法制定に加われなかった。だから、安倍首相は“押しつけ憲法だ”と批判し、“戦後レジームからの脱却だ”と戦後の日本を否定している。そもそも、保守本流と保守傍流は考え方がまったく違うのです。もちろん、青木―古賀―二階の3人は、勝ち目のないケンカはしないでしょうが、勝てるチャンスがあれば、一気に勝負にでてくるはず。場合によっては、岸田文雄氏を担いでもいいと考えているはずです」(政界関係者)

 NNNの調査では「次の自民党総裁に誰がふさわしいか」は、石破21%、安倍19%だった。国民も“安倍3選”にはウンザリしている。今頃、安倍首相は悲鳴を上げているのではないか。

 高山克佳  @taquanonami 

これが事実化すれば麻生さんもハシゴを外すんじゃないか?→額賀派クーデターの波紋 “反アベ”結集なら総裁選は大波乱 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/222142

|

« 【チョー悲惨】みぞゆう太郎麻生も便箋太郎義家も真っ青 軽視・改ざん次郎の晋 安倍首相のオツムのネジは一本どころか何本も抜け今や修復不能の状態かw | トップページ | 【公明党に激震】池田名誉会長核廃絶平和提言 「死せる大作生ける公明を走らす」かw としても公明の安倍自民との距離感いよいよ難しくなるゾ »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【チョー悲惨】みぞゆう太郎麻生も便箋太郎義家も真っ青 軽視・改ざん次郎の晋 安倍首相のオツムのネジは一本どころか何本も抜け今や修復不能の状態かw | トップページ | 【公明党に激震】池田名誉会長核廃絶平和提言 「死せる大作生ける公明を走らす」かw としても公明の安倍自民との距離感いよいよ難しくなるゾ »