« 【どうなる北朝鮮大問題】南北融和は困るのか 北への圧力強化を叫ぶ安倍首相の孤立 | トップページ | 【それでも米朝開戦?】北との緊張緩和は平昌冬季五輪まで 米国は「3月開戦」に準備着々!? »

【安倍日本カヤの外】安倍政権は大慌て 「南北会談」北の狙いは米朝ロ3者会談

-朝鮮半島有事となればわが国も対岸の火事では済まされない。そこで今回も北朝鮮をめぐる動きを取り上げてみたい。やはり焦点は9日に行われた南北会談である。同会談が行われるのは約2年ぶりのことだという。金正恩の新年融和声明を受けたものだが、事態急展開という気がする。主な議題は来月に迫った平昌冬季オリンピックへの北朝鮮参加問題だが、まずは南北問題平和的解決への大きな第一歩と、多くの世界市民共々歓迎したい。あのトランプさえ「100%ウェルカム」と言っているのに、面白くない国が一国だけある。残念ながらおらが国、いや圧倒的日本国民も大歓迎なのに、「国民の生命・財産を預かる」安倍政権連中だけが苦虫噛み潰したような面しているのだ。安倍晋三をはじめとしたサイコパス政権連中にとって、朝鮮半島が平和的解決に向われては「改憲」に支障を来たすから困るのだ。そんな改憲などするなよ!安倍晋三、菅義偉らはつくづく根性の捻じ曲がった邪悪レプティリアン連中だ。と、そんなアベノニッポンなど無視する形で平和的解決に向けた大仕掛けが準備されているかもしれない、と以下転載の日刊ゲンダイ記事は後半で伝えている。北の平昌オリンピック参加の見返りだというのだが、ズバリそれはトランプ、金正恩、プーチン米朝露三者会談だという。ひぇー、ホント?と、もしそれが現実になりでもすれば“梯子はずされの晋”などは、それでなくとも持病の潰瘍性大腸炎+大麻サプリ常用+会食飽食+運動不足などで体力が極端に落ち、いつぞやはバンカー転倒映像を世界配信された折りから、今度は卒倒して仏倒(ぶったお)れるのではあるまいか。国民の一人としてはそれを心配、いやもとい、期待し、今から豪勢に赤飯の用意をしなければと考えているところである(爆)。 (大場光太郎・記)-

【追記】
 上コメント作成後、急遽以下に「板垣英憲特別情報」2記事を転載することにした。


「南北会談」、北朝鮮の平昌冬季五輪参加を契機に、「米朝和平」実現に向けて動き出すことで一致した
http://magazine.livedoor.com/press/19133
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

◆〔特別情報1〕
 韓国(趙明均統一相ら5人)、と北朝鮮(南北問題を担当する祖国平和統一委員会の李善権委員長ら5人)の高官級会談が1月9日午前10時(日本時間同)、南北の軍事境界線にある板門店の韓国側施設「平和の家」で始まり、午前11時すぎに全体会議が終了、同11時半から午後0時20分まで、首席代表らによる小規模会議を行った。この結果、北朝鮮は2月に開幕する平昌冬季五輪(2月9日に韓国のピョンチャンで開幕し2月25日までの17日間に行われる)に選手団や応援団、芸術団などを派遣する意向を表明、これを契機に「米朝和平」(米朝国交正常化・平和友好条約締結→朝鮮半島統一)実現に向けて動き出すことで一致したという。ここまでくるには、米キッシンジャー博士の綿密な事前調整の努力と、今上天皇陛下と小沢一郎代表の深い好意がプラスに働いていたことを見逃してはならない。

文在寅と金正恩の五輪開会式前「南北首脳会談」、ペンス、イヴァンカ、金永南、金与正の開会式「4者会談」実現へ
http://magazine.livedoor.com/press/19141
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

◆〔特別情報1〕
 韓国(趙明均統一相ら5人)、と北朝鮮(南北問題を担当する祖国平和統一委員会の李善権委員長ら5人)1月9日、高官級会談を行い、韓国平昌冬季五輪(2月9日に韓国の平昌で開幕し2月25日までの17日間に行われる)に合わせた北朝鮮代表団の訪韓、軍事当局者会談の開催などに合意する内容の3項目の共同報道文を採択した結果、米国も平昌冬季五輪に参加することになった。これを受けて、2月9日の開会式前の1月末に、韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩党委員長=元帥が板門店で「南北首脳会談」を行い、米ペンス副大統領とイヴァンカ大統領補佐官(トランプ大統領の長女)、北朝鮮最高人民会議常任委員会の金永南委員長(国会議長に相当)と金正恩党委員長の実妹・金与正朝鮮労働党政治局員候補(中央委員会委員、同党中央委員会宣伝扇動部副部長)が開催式に参列し、「4者会談」を行うことが決まった。安倍晋三首相は、出席しない。

533

安倍政権は大慌て 「南北会談」北の狙いは米朝ロ3者会談(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/18/senkyo238/msg/318.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 1 月 11 日 09:00:05
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/220924
2018年1月11日 日刊ゲンダイ

5331
会談で握手する韓国の趙明均統一相(左)と北朝鮮の李善権・祖国平和統一委員会委員長/(C)AP

 9日、2015年12月以来、約2年ぶりの開催となった韓国と北朝鮮の高官級会談。南北の軍事境界線にある板門店の韓国側施設「平和の家」で午前10時から始まり、韓国代表団は北朝鮮が平昌冬季五輪に選手団や応援団、芸術団などを派遣し、正式参加を表明したと明らかにした。

■ハシゴを外された安倍外交

 韓国側は北に対し、五輪での南北選手団の合同入場行進などを要望したほか、非核化に向けた対話再開なども提案したが、北からは特別な反応はなかった。一方、会談の冒頭、韓国の趙明均統一相が「急がず根気を持って臨み、良い結果を出したい」と発言すると、北の祖国平和統一委員会(祖平統)の李善権委員長は「同胞に新年の素晴らしい結果を届けられるようにしたい」と応じ、西海(黄海)地区の南北間軍通信回線を再開すると表明したという。

 何はともあれ、北に対する主に日米両国の圧力一辺倒の強硬姿勢による一触即発の緊張状態が一時的にも和らいだのは間違いなく、世界もホッと胸をなで下ろしたに違いない。中国やロシアでは早速、今回の南北会談が緊張緩和につながる――と高く評価する声が広がっているが、なぜか、この状況を歓迎していないのが安倍政権だ。

 菅官房長官は北の五輪参加意向の報道を受けても「日米韓が連携しながら、北朝鮮に政策を変えさせるためにあらゆる手段を講じて圧力をかけていきたい」と言い、政権、与党からは「五輪参加は核・ミサイル開発のための時間稼ぎ」「おそらく北は何らかの条件を隠している」とケチョンケチョン。

 森友、加計問題で野党の追及をノラリクラリと「時間稼ぎ」で逃げまくっていた政府、与党がよくぞ言えたものだが、安倍政権にとっては南北交渉がうまくいけば、北の脅威を煽って憲法改正につなげる手法が使えなくなるから必死なのだろう。まったく、どうしようもない極右政権だが、北の平昌冬季五輪への参加表明にはもっと深い意味が込められているのだ。

「見返りもないまま、北が早々に五輪参加を言い出すはずがない。裏で約束事があると考えるのが当然です。何らかの確約がなければ、有力な外交カードをみすみす手放すことになりますからね。米国は『時間の無駄』と一蹴してきたトランプ大統領がここにきて『問題はない』と態度を軟化させていることから、可能性があるのは『米朝ロ』の3者会談でしょう。ロシアは今も水面下で北との貿易を続けているし、トランプ大統領のロシアゲート疑惑のカギを握る国です。ウラジオストクで、トランプ、金正恩、プーチンが3者会談を行うなんて話も流れ始めた。ハシゴを外された安倍政権は真っ青でしょう」(外務省担当記者)

 元外交官の天木直人氏はこう言う。

「トランプ大統領は『南北対話を100%支持』と言っているわけですよ。『米国と完全に一致』と言っていた安倍首相は一体、どうするのでしょうか。焦りまくって、北はケシカランと叫んでいるが、安倍外交がまったく機能していないことがハッキリしたわけです」

 北朝鮮危機を理由にした改憲がオシマイになる日は近い。

 proletarian  @nohohon6098 

安倍政権は大慌て 「南北会談」北の狙いは米朝ロ3者会談 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/220924

小野寺防衛相は平昌五輪終了後に米韓軍事演習を米軍から聞かされたと日米韓の北朝鮮への圧力確認を強調したが情報をもたらした米軍関係者はイージスアショアの購入念押しも忘れなかったようだ

|

« 【どうなる北朝鮮大問題】南北融和は困るのか 北への圧力強化を叫ぶ安倍首相の孤立 | トップページ | 【それでも米朝開戦?】北との緊張緩和は平昌冬季五輪まで 米国は「3月開戦」に準備着々!? »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【どうなる北朝鮮大問題】南北融和は困るのか 北への圧力強化を叫ぶ安倍首相の孤立 | トップページ | 【それでも米朝開戦?】北との緊張緩和は平昌冬季五輪まで 米国は「3月開戦」に準備着々!? »