« 郷里の民話-「鶴の恩返し」 | トップページ | 【#お前こそ嘘八百】側近のTV反論でバレた 安倍首相“覚悟の訪韓”のウソ八百 »

【#安倍辞めろ】安倍辞めろ!安倍辞めろ!安倍辞めろ!

-当ブログ、最近では阿修羅掲示板の投稿記事などをコピペ貼り付け転載し、その冒頭私のコメントを付すという形式で納まっている。この方法だと、比較的短時間で記事更新できるからである。がしかし、時にそうもいかない場合がある。阿修羅掲示板の拍手ランキングなどにズラッと投稿記事が並んでいて、その中から選り取り見取り自在に選べそうなものだが、これがどっこいそう簡単でもないのである。その時々の私の感覚にフィットした記事が見当たらないことが結構あるのである。時には私の「頭脳の体調不良w」で頭回らずということもあるかもしれないが・・・。そういう時は『どれにしよう、どうしよう』と焦りばかりが先に立ち、時間が容赦なく経過していくのである。と、しょうもない繰り言を述べてしまったが、今回はまさにそのケースである。『ここらで1回更新休もうか?』と考えたその矢先、『困ったときの板垣さん、待望論さん』と思い立った。ということで、今回は板垣英憲氏(3記事)、小沢内閣待望論氏(2記事)を一挙転載である。各記事に統一的テーマはないかもしれない。が、それぞれの記事の底流を貫いて流れているのはつまりは「安倍晋三早く辞めろ」かなと思い、本記事タイトルとした次第である。とうびんとw (大場光太郎・記)-

53810

安倍晋三首相は、プーチン大統領から「余計な口出しするな」とクギを刺されているため、「韓国と北朝鮮の統一」に口を挟めない
http://magazine.livedoor.com/press/19346
2018年2月16日 板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

◆〔特別情報1〕
 日韓併合は、米国ウィリアム・ハワード・タフト国務長官(米西戦争の結果譲渡されたフィリピンの文民政府組織委員会の長、フィリピン初代知事、第27代米大統領)と桂太郎首相(長州藩士)の密約により実現され、35年間継続した。大東亜戦争敗北後73年続いた、朝鮮半島の分断国家「韓国と北朝鮮」は、日米安保条約が揺らぐのを恐れるドナルド・トランプ大統領と安倍晋三首相(長州藩の末裔、ルーツは田布施)により、「統一」を警戒されている。しかし、米韓は同盟国であっても、日韓は同盟国ではないので、安倍晋三首相は、韓国と北朝鮮の統一に口を挟む権利はない。なお、北朝鮮の白南淳外相は2000年2月9日、ロシアのイーゴリ・イワノフ外相が訪朝した際、「ロ朝友好善隣協力条約」(軍事同盟の条項はない)に正式に調印後、それぞれが批准している。安倍晋三首相は、プーチン大統領から「北朝鮮は、私が命をかけて守っているので、余計な口出しをするな」と厳にクギを刺されているため、韓国と北朝鮮の統一にうっかり口を挟めない。 

安倍晋三首相は、ひょっとして岸信介元首相の孫として「李氏王朝」の王位を受け継ごうと野望を抱いているのか 
http://magazine.livedoor.com/press/19360    
2018年2月19日 板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

◆〔特別情報1〕
韓国平昌オリンピックは、オリンピック憲章の冒頭に掲げられている「オリンピズムの根本原則」の「2.  オリンピズムの目的は、人間の尊厳の保持に重きを置く平和な社会を奨励することを目指し、スポーツを人類の調和の取れた発展に役立てることにある」を改めて再認識させてくれている。「オリンピックが終れば、北朝鮮が核ミサイルを発射するはずである」「米国は、金正恩党委員長=元帥に対する斬首作戦を始める」「米朝開戦の可能性は100%」などと疑心暗鬼に囚われて恐怖ばかりを煽っていたのでは、「人類の調和の取れた発展に役立てること」はできない。何はさておいても、すでに「バランス・オブ・パワー(勢力均衡)論者で知られる米キッシンジャー博士の部下と北朝鮮外務省の崔善姫北米局長らが北朝鮮の核保有を認めるオスロ秘密合意に基づき、米朝和平の条約文起草」を済ませている。このため、安倍晋三首相が「北朝鮮に何度もだまされた経験を忘れるな」として頑迷にこだわっている「対話のための対話では意味がない。日本も米国も完全かつ検証可能、そして不可逆的な非核化を前提としない限り、意味ある対話はできない」という主張は、「オリンピズムの根本原則」に反しており、「平和外交」を破綻させている。岸信介元首相の孫なるが故に「岸→木+子=李」の縁から畏れ多くも「李氏王朝」の王位を受け継ごうと野望を抱いているのであろうか。

「佐川宣寿国税庁長官の罷免要求」デモ、「現代日本版・納税者の反乱」が全国で起きて「安倍晋三降し=倒閣運動」が始まった
http://magazine.livedoor.com/press/19354
2018年2月17日 板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

◆〔特別情報1〕
 自民党の二階俊博幹事長は2月15日午後0時45分~53分、国会内の平河クラブ会見場で政府与党連絡会議後の記者会見を行なった。このときの言動を振り返ってみると、「米CIAから自民党の二階俊博幹事長、菅義偉官房長官、公明党の井上義久幹事長に「小沢一郎代表と連携して、安倍降しで動いてくれ」というGOサインが出ている。確定申告の初日から「佐川宣寿国税庁長官の罷免を要求する」デモ、言うなれば、日本の「現代版日本版・納税者の反乱」が全国で起きている。政府が処理を誤れば、「安倍晋三首相に退陣を迫る強い圧力デモ」に間違いなく発展する。自民党内でも本格的な「安倍晋三首相に対する倒閣運動」が始まっているのを感ずる。 

5389

エンゲルのメダリストへの電話は逆効果、国民は籠池の不当勾留と対比、アッキード喚問が先決である。
http://www.asyura2.com/17/cult18/msg/791.html 
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2018 年 2 月 18 日 11:52:20

スケートの採点がおかしいのは脇に置き、不支持過半数で妻を喚問しろと国民に迫られているエンゲルが人気取りやらスピンにやら使おうとしても、そんな電話をしている場合か、アラート詐欺はどうなった、籠池を偽証告発しないのか、しないならアッキード喚問が筋だろう、メダリスト実力で頂点に立ったが、お前は小泉サックスと同じで電通マンサックスの出鱈目世論調査とムサシマンサックス選挙で敗者復活したドーピング総理で、オリンピックなら失格のエンゲルがお祝いするとか冗談きついぜという訳だが、そんな暇があったら書き方でも練習しろというのが国民の総意で、馬鹿が何をやっても駄目なのである。

シャン・ベン・半島統一確定、日本の独立も視野、板垣・プー・安倍は余計な口出しするな。である。
http://www.asyura2.com/17/cult18/msg/790.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2018 年 2 月 17 日 12:54:44

そして、エンゲルの飼い主サックスを半島から追い出す為の、儀式的な限定戦争がプー習トラが了解の上であるようである。
五輪政局で大きく動いたが、原田か輿水か忘れたが、ペンスも輪に加わりたかったが、エキストラのエンゲルにストーカーのように付きまとわれて思うように動けなかったようで、本当に野暮なエンゲルで、馬鹿がどのように通行するかとか、アホがどのように着席するかとかエキストラの行動は芝居に本筋には全く関係なく、NHKサックスの、エキストラが韓国に乗り込んで良かった七割は当然電通マンサックスの作った数字で、本当の数字は文に叱られて馬鹿じゃね七割とか、そこはムサシマンサックス選挙で勝った馬鹿が座る所じゃないし、心霊写真みたいに画面に映るのやめろせめて愛想笑いしろ八割という感じで、毎度ながら、何でこんな馬鹿が首相なのというのが国民の本音である。

(以上、転載終わり)
   

|

« 郷里の民話-「鶴の恩返し」 | トップページ | 【#お前こそ嘘八百】側近のTV反論でバレた 安倍首相“覚悟の訪韓”のウソ八百 »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 郷里の民話-「鶴の恩返し」 | トップページ | 【#お前こそ嘘八百】側近のTV反論でバレた 安倍首相“覚悟の訪韓”のウソ八百 »