« 【ズべ公昭恵】籠池氏と連携 森友音声データから見えた昭恵夫人の“役割” 新事実次々で安倍昭恵の国会証人喚問が不可欠だ! | トップページ | 【ご名答】江田憲司議員 「森友・加計問題は、安倍夫妻主導、少なくとも官邸主導と思っています」 »

【さすがズベ公】安倍昭恵 トンズラ後初めて森友に言及「私が真実を知りたいって、本当に思います。何にも関わっていないんです」 

-安倍昭恵はホント聞きしに勝る「大ズベ公」というか、やはり希代の「食わせ者女狐」だ。テメエの関与の新事実が次から次へと出てきているのに、「私が真実を知りたいって、本当に思いまちゅ。何にも関わっていないんでちゅ~」だと?「何にも関わっていない」などと一体どの口が言う。“割れ鍋に綴じ蓋”、安倍晋三とはホンに格好のサイコパス・ソシオパス連れ合いだ。思えば昨年3月の籠池泰典氏国会証人喚問での「安倍晋三からですとおっしゃって、安倍昭恵さんから100万円のご寄付をいただきました」爆弾証言後、国会の場からもメディアの会見からもひたすら逃げまくってきたのが安倍昭恵だ。それが今になってコソコソこんな言い訳にもならないことを言うのは、昭恵自身の諸々の森友悪行が暴かれ、自分の身がヤバくなりつつある事を肌で実感していることの表れだろう。内心では夜毎不安にさいなまれ、大麻吸引でラリってでもいないと精神の安定が保てない状態なのではないか?ところで、今国会の野党議員追及でも国民世論も「安倍昭恵国会証人喚問」を求める声が一段と強まっている。「アッキード事件の主」安倍昭恵こそは森友8億円ダンピング口利きの主犯なのだ。内政外交共に課題・問題山積の中、森友真相解明が一年もなされないのは、コヤツらがトンズラして“真実”を語ろうとしなかったからだ。が、いつまでも逃げ得が許されていいはずがない。国会内で泣こうが喚こうがラリろうが構うことはない。「大ズベ公婆」安倍昭恵を何としても国会証人の場に引きずり出すべきである。 (大場光太郎・記)-

<元名誉校長>昭恵さんが森友に言及「私が真実を知りたいって、本当に思います。何にも関わっていないんです」
http://www.asyura2.com/18/senkyo239/msg/398.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 2 月 03 日 22:15:05
http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/38373
2018/02/03 健康になるためのブログ

53432

昭恵さん、森友問題「私が真実を知りたいと本当に思う」
https://www.asahi.com/articles/ASL233G35L23TGPB003.html
2018年2月3日18時51分 朝日新聞  

53433
NPO法人「TFG(田川ふれ愛義塾)」の施設を訪れた安倍昭恵氏=福岡県田川市伊田

 安倍晋三首相の妻昭恵氏は3日、訪問先の福岡県田川市で、学校法人・森友学園(大阪市)への国有地売却問題について、「私が真実を知りたいって、本当に思います。何にも関わっていないんです」と語った。

 学園の籠池泰典・前理事長が財務省と交渉した際のやり取りの音声データについて記者に問われ、こう述べた。音声データには、昭恵氏から「電話があった」とする籠池氏の発言が記録されていた。安倍首相は2日の衆院予算委員会で「妻に確認したところ、そのような電話はしていないということだった」と述べた。

 昭恵氏はこの日、自身が会長を務める公益財団法人・社会貢献支援財団(東京)が昨年表彰した田川市のNPO法人を訪れた。


以下ネットの反応。 


 宮本徹 

          @miyamototooru   

昭恵さん、森友問題「私が真実を知りたいと本当に思う」:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASL233G35L23TGPB003.html 名誉校長を引き受け、昭恵さんづけ秘書が森友学園の土地をめぐり、財務省に問い合わせたりしながら、「何にも関わっていないんです」とよくも言えたもんです

|

« 【ズべ公昭恵】籠池氏と連携 森友音声データから見えた昭恵夫人の“役割” 新事実次々で安倍昭恵の国会証人喚問が不可欠だ! | トップページ | 【ご名答】江田憲司議員 「森友・加計問題は、安倍夫妻主導、少なくとも官邸主導と思っています」 »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【ズべ公昭恵】籠池氏と連携 森友音声データから見えた昭恵夫人の“役割” 新事実次々で安倍昭恵の国会証人喚問が不可欠だ! | トップページ | 【ご名答】江田憲司議員 「森友・加計問題は、安倍夫妻主導、少なくとも官邸主導と思っています」 »