« 【確かにそのとおり】平昌でのペンス副大統領と安倍総理の身辺からは邪悪なオーラが立ちのぼっていた。  | トップページ | 【砂かけ婆の昭w】KYな昭恵夫人のSNS 安倍首相の国会答弁に砂かける »

【カリアゲ知将】振り回されている安倍圧力路線 北の方がはるかにシタタカ つられて米国も平和路線に転換か

-今回も、平昌冬季五輪という絶好のチャンスを生かしての南北融和交渉についてである。日刊ゲンダイの2記事を以下に転載する。今回はっきりしたのは、「北のカリアゲ君」こと金正恩とて自滅的な米国との戦争など望んでいないことだ。今回の対話に至るまでに、米朝戦争回避のため、新年早々金正恩自らが特別声明を出すなど周到に準備を進めてきた。毎度言う「近隣五カ国高次連立方程式」の唯一の解とは「平和的解決」ということなのである。核を保有する北朝鮮で戦争勃発となれば目も当てられないほどの被害が関係国に及ぶ以上、戦争への道は最悪の不正解なのである。その意味で、平和的解決に向かって模索しつつある金正恩は単なる無鉄砲なならず者ではないと言えそうだ。韓国との南北対話の裏には米韓日の離間策も垣間見えるわけで、むしろかなりしたたかな切れ者戦略家と見るべきだろう。

 一方韓国側からすれば。(米国の分断政策により南と北に分けられ)元は同じ朝鮮民族とはいえ、核開発のみならず先軍主義の北朝鮮はいざとなれば何をやってくるかしれない。そのため国境を接する韓国は歴代の政権が北との関わり方に苦慮してきた。が、大別すればイソップ童話の「太陽と北風」にちなんだ太陽政策と北風政策の二つに絞られるのだろう。北の核開発がいよいよ進み、仮に戦争になればソウルどころか全土を火の海にされかなねない状況下、現文在寅政権は太陽政策に大きくシフトしている。大正解というべきで、これをとことん進めて積極的に融和を図っていくしか方法はないと思われる。

 翻って、もし米朝戦争にでもなれば韓国に準ずる被害が予想されるわが国安倍政権は圧力一辺倒。朝鮮半島の安定平和化を望む世界中が呆れるほどコテコテの北風政策である。イソップ童話に照らしても、北風は結局旅人の服を脱がせることはできなかった。服を脱がせたのは太陽の暖かい光なのである。邪悪な安倍晋三一派らは、孫崎享氏の指摘ではないが、元々北との対話など期待しておらず、一気に戦争が勃発してくれればいいと内心思っているのではないか。だとしたら恐ろしく心の捻じ曲がった基地外連中である。そんな中光明となるのは、2番目転載記事のように、トランプ米国に軟化の兆しが見られることである。これまでの北風吹かせまくり政策から太陽政策に転じつつあるようなのだ。米トランプだって愚者ではない。米国内のネオコン戦争屋勢力の衰退、北朝鮮との戦争に踏み切った場合の諸リスク、北と国境を接する中ロとの関係などを慎重にシミュレーションしていることだろう。とは言ってもなお予断を許さない。が、再三述べてきたとおり、米国が対北戦争を蛮行するのかそれとも平和的解決を取るのか、それ次第で米国追随しか能のない安倍晋三の命運は天と地ほどの違いとなる。 (大場光太郎・記)-

53526

振り回されている安倍圧力路線 北の方がはるかにシタタカ(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/18/senkyo239/msg/798.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 2 月 13 日 20:50:05

53527
平昌五輪で融和ムード(C)コリアメディア=共同

 平昌五輪を利用した北朝鮮の“ほほ笑み”攻勢がすさまじい。美女揃いの芸術団や応援団で韓国世論の心を掴んだと思ったら、金正恩委員長は、ナンバー2の金永南最高人民会議常任委員長だけでなく、実妹の金与正朝鮮労働党第一副部長を差し向けた。

 与正は、韓国・文在寅大統領の隣で芸術団の公演やアイスホッケーの南北合同チームの試合を観戦し、南北会談では、正恩からの親書を文に手渡して、訪朝まで要請。「私たちがひとつになる日を早め、平壌で再び会うことができると願っています」と与正が言えば、「出会いの種火が大きくなるよう、南北で協力していきましょう」と文が応じる。これでもかと融和ムードが演出された。

 もちろん文は「早期の米朝対話」を促すことを忘れなかったが、“正恩の代理”として与正を「国賓」待遇で迎え、毎日面会する厚遇ぶりは、日本政府にとって面白くない。日本の大手メディアでも「北の狙いは日米と韓国の分断だ」と、韓国に自重を促す論調があふれた。

 それは親安倍メディアに限らずで、朝日新聞は社説で南北対話自体は好感しながらも、〈非核化の目標堅持を〉と牽制。毎日新聞の社説に至っては冒頭から、〈筋の悪いくせ球だ。独裁者のエゴを貫くために計算され尽くした甘い言葉に、惑わされてはいけない〉と激烈だった。

 しかし、ちょっと待って欲しい。「米国と日本は100%ともにある」と「圧力一辺倒」の安倍だが、それで本当に北を非核化させられるのか。危機を解決に向かわせられるのか。

■「圧力」は交渉に引っ張り出すためのもの

 9日の五輪開会式の直前に行われた日韓首脳会談。北朝鮮対応で日韓の違いが際立った。安倍は日米韓で「圧力」を強める姿勢が「ぶれてはならない」と訴えたが、対する文は、「南北対話は非核化や国際協調の妨げにならない」と反論。「日本も対話に乗り出して欲しい」と言って、逆に安倍に対話を勧めたという。

 日韓が平行線だったのは、このやりとりだけじゃない。安倍は首脳会談で驚くべき発言を繰り出し、文が不快感を示す場面があった。韓国青瓦台が明らかにしたところによれば、安倍が五輪後に予定される米韓合同軍事演習について、「延期する段階ではない。予定通り進めることが重要だ」と発言。文が「韓国の主権の問題であり、内政に関する問題だ」と反発したという。

 当然ながら、独立した国家である韓国は自国の国益を考えて外交を行っている。軍事演習は北の暴発を招く危険性があり、戦争になるかもしれないのだ。韓国が戦争を避けようとするのは当然で、内政干渉の暴言を平気で口にする安倍は「何サマなのか」というのが韓国側の受け止めだろう。日本の大手メディアが韓国に自重を促す論調も同じことで、外国メディアが口を挟む権利がどこにあるのか。

 元経産官僚の古賀茂明氏がこう言う。

「とにかく100%米国に賭けるというのが安倍首相ですが、韓国はもっと先を見ている。今動かなければ、オリパラ後に破局が訪れ本当に米朝戦争になるんじゃないかと危惧し、それだけは避けようと真剣に行動しているのだと思います。そんな中で、韓国は『北朝鮮は制裁によってかなり追い詰められている。今が事前交渉に持ち込む時だ』と判断し、北のメンツを立てる形で五輪を使おうと考え、確信犯的に『北の言いなりになっている』のではないでしょうか。

 ある国連関係者によれば、『圧力』は交渉に引っ張り出すためのもの、というのが国連で一致した考え方だそうです。圧力だけで北が『核開発をやめます』と言ってくる可能性はほぼゼロで、安倍首相が本気で圧力によって北を降参させるつもりなのだとしたら大間違いだとも強調していました。日本政府も日本のマスコミも、圧力だけで解決するという論理的な見通しをもっているのかどうか。理解不能です」

 必死で戦争回避の道を探る韓国に対し、日本は「日米韓の連携から外れるな」と上から目線で警告する。が、むしろ「圧力」一辺倒の日本の方が思考停止の危険な状態に陥っているのではないのか。 

53528
米国射程のICBMが軍事パレードに登場(C)コリアメディア=共同 

■北も韓国も真剣に自国の安全保障を考え行動 

「圧力」は交渉に引っ張り出すためのものなのだから、「対話」とセットでなければ交渉にならない。それなのに、安倍に加え、河野外相、小野寺防衛相など日本の閣僚はみな、「対話のための対話はしない」という意味不明のお決まりのフレーズを繰り返す。一体、対話なくして、どうやって北朝鮮に核開発を、ミサイル実験を断念させられるというのか。

「過去に『圧力』だけで核開発を自発的にやめると宣言した国はありません。逆に、国連などの制裁圧力によって核開発が止まったケースは3例あります。1例は米国など有志連合の攻撃で戦争によって政権が倒れたイラクですが、残り2例のリビアとイランでは、制裁圧力を受けて外交交渉に応じ、困難な交渉の末、核開発をやめるという結論が導き出されました」(古賀茂明氏=前出)

 だから、北が「圧力」一辺倒で白旗を揚げることは考えにくいというか、あり得ないのである。それどころか、北のカリアゲ委員長をただの“狂ったデブ”だと甘く見ていると大やけどする恐れがある。

 北の外交、軍事戦略は、ただただ米国追随の日本よりはるかにシタタカだ。グアム島周辺へのミサイル発射計画を公表したり、米ワシントンをも射程に入れるICBMを軍事パレードで見せつけたりの瀬戸際外交。実際、確実にミサイルの精度も上がっている。日本列島上空を飛び越える中距離弾道ミサイルを飛ばし、日本国民を恐怖に陥れもした。核開発も着々と進展。その一方で、日米韓分断を図って「ほほ笑み」で韓国にアプローチし、日米を苛立たせる。それでも、軍創建70年の軍事パレードは五輪前日だろうが実施した。

 強硬派の専門家などは米国がズドンと一発落としたら、北なんて木っ端みじんみたいな解説をするが、振り回されているのは、むしろ「ミサイル避難訓練」といって国民を不安にさせている安倍の方だろう。

■「戦争」になってもいいのか?

 元外務省国際情報局長の孫崎享氏はこう言う。

「韓国も北朝鮮も自国の安全保障を真剣に考えた上での行動だと思います。米朝戦争になれば、ソウルが攻撃される。北朝鮮は国家が破壊される。北がミサイルや核実験を行うのは、それが反撃能力を精いっぱい示す道だと思っているからでしょう。ところが日本は、戦争になれば同じような被害を受ける可能性が高いのにもかかわらず、圧力一辺倒。本来なら朝鮮半島の安定が最も望ましいはずなのに、韓国に対して『北朝鮮に籠絡されるな』と忠告している。日本の指導者や国民は戦争になってもいいのでしょうか。安倍首相のやっていることは、安全保障の観点で全く論理性がありません」

 開会式前のレセプションで、安倍が北朝鮮幹部と接触したと新聞に大見出しが躍った。よくよく読めば、ただ握手して立ち話しただけ。それなのに中身は極秘としながら「我々の考えを伝えた」と得意げだった。

 勝手な“捨てゼリフ”でも「伝えた」とは言える。ならば、きちんと会談した文の方がよほど潔いし、逆に北に対して強硬姿勢を見せるなら、米ペンス副大統領のようにピシャリとシャットアウトという方法もあった。安倍はいつも中途半端で、激しいのは口先だけ。そんなもの“外交”とは言えない。

 国益と国益がぶつかり合う世界で、圧力だけの単細胞がシタタカな北に太刀打ちできるのか。安倍では何の解決策も見いだせないだろう。 


 日刊ゲンダイ  @nikkan_gendai 

官房機密費の関連文書について、最高裁で開示を命じる初の判決が出てから3週間。いまだに原告の市民団体に開示されていないことがわかりました。今回の判決では、機密費のうち、官房長官がほぼ領収書なしに自由に使える「政策推進費」の金額が分かることに…。 日刊ゲンダイは駅売店かコンビニで

|

« 【確かにそのとおり】平昌でのペンス副大統領と安倍総理の身辺からは邪悪なオーラが立ちのぼっていた。  | トップページ | 【砂かけ婆の昭w】KYな昭恵夫人のSNS 安倍首相の国会答弁に砂かける »

戦争か平和か」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【確かにそのとおり】平昌でのペンス副大統領と安倍総理の身辺からは邪悪なオーラが立ちのぼっていた。  | トップページ | 【砂かけ婆の昭w】KYな昭恵夫人のSNS 安倍首相の国会答弁に砂かける »