« 【#安倍辞めろ】安倍辞めろ!安倍辞めろ!安倍辞めろ! | トップページ | 【俳句界の巨星墜つ】俳人・金子兜太さんが死去  「アベ政治を許さない」を揮毫 »

【#お前こそ嘘八百】側近のTV反論でバレた 安倍首相“覚悟の訪韓”のウソ八百

-安倍晋三がいつぞやの国会答弁の中で籠池氏に対して言った「嘘八百」は、その後さまざまな形で安倍晋三自身にブーメランしている。そりゃそうだ。「嘘つきは安倍晋三の始まり」の大嘘本舗が籠池氏を嘘八百と言うのなら、テメエは宇佐八幡大菩薩ならぬ「嘘八万大菩薩」、ネガティヴワールドでなら「嘘神様、嘘仏様、嘘八万晋三様」と崇拝されるレベルであろう。が、およそまともな倫理観を有するポジティヴ国民で、安倍の言うこと為すことを信じてついていこうという者はおるまい。こんなのが5年余も国政の中枢に居座り続け、ひたすらこの国をネガティヴワールドの方向に引きずり込もうと画策しているのだ。笑えぬ喜劇と言おうか、身の毛もよだつブラックジョークの類いである。

 つい先日の過労死法案審議で安倍自民党が導入を画策している裁量労働制の時間外労働答弁に次いで、安倍晋三大嘘がまた一つ明らかになった。過日の平昌五輪開会式出席の際の文在寅大統領との日韓首脳会談の中身についてである。詳細は以下転載の日刊ゲンダイ記事をお読みいただきたいが、嘘八万大菩薩“喜び組”国内メディアはこれについても真実をちきんと伝えていない。転載文中にもあるが、韓国政府の五輪外交は「4・1・0対応」だったという。文大統領の会食数が、金正恩の妹・金与正氏とは4回、ペンス米副大統領とは1回、対して安倍総理とはゼロ、それをもじった韓国メディアのネーミングらしい。要は安倍が極右支持母体の手前粋がって乗り込んだのに、相手さんからはまともに対応してもらえなかったということだ。北朝鮮問題を含む肝心要の東アジア問題について、安倍は米を除く関係諸国から爪弾き状態なのだ。すぐ下に掲げる動画でのB・フルフォード情報では、世界支配層の方針として「南北朝鮮統一」が本決まりとなり、ロシアに亡命かと言われていた金正恩が天皇的存在となるという。元々はDNAが同じ日本民族と朝鮮民族、同じ天皇家の血筋を引く国家が海を挟んで東と西(日本列島と朝鮮半島)に出来、仲良い交流が出来るとしたら、これは現代と同じく東アジアが緊迫情勢にあった「倭の五王」の5世紀以来の懸案解決大ロマンではないか。圧力、圧力とあさっての世迷言をほざいている安倍晋三などまるでお呼びでないのである。 (大場光太郎・記)-

荒れる中東、朝鮮半島統一が加速、イスラエルとイランの戦争etc【NET TV ニュース】国家非常事態対策委員会 2018/02/15   

(※ その他にも、イスラエル・ネタニアフ首相が刑事訴追されていて逮捕間近で逮捕されれば生きては出られない、太平洋司令官で悪魔に魂を売ったハリー・ハラスの退任間近、この2人がいなくなれば安倍らの逮捕も現実になる等々、「世界は確実に平和的方向に向かっている」貴重な情報満載である。)

53812_2

53813_2

側近のTV反論でバレた 安倍首相“覚悟の訪韓”のウソ八百

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/223549
2018年2月20日 日刊ゲンダイ 

53814
安倍首相にピタリ寄り添う西村副長官(左)(C)AP

 平昌五輪開会式に出席した安倍首相の“覚悟の訪韓”をめぐり、日韓の亀裂が深まっている。開会式前に行われた日韓首脳会談について安倍首相は、「わが国の立場を直接伝える観点からも大変有意義だった」と自画自賛。外遊に同行した側近もテレビ番組などで成果を強調している。一方で、韓国は安倍政権のそうした言動にことごとく噛み付いてひっくり返し、異様な場外乱闘が繰り広げられている。嘘八百を並べ立てているのは安倍首相か、それとも文在寅か。

「言うべきことは言ってくる。文氏にとっては厳しい会談になる」

 慰安婦問題に関する日韓合意を事実上ホゴにされた安倍首相は、こう息巻いて現地入り。会談後にはすぐさまブラ下がりに応じ、「まず冒頭、私から日韓合意について日本の立場を明確かつ詳細に伝えた」と胸を張った。

 その翌日、青瓦台が取った行動は、日本側の公式発表で伏せられた米韓合同軍事演習をめぐるやりとりの追加公表だった。

「首脳会談後にペンス米副大統領に呼び出された安倍首相は、連絡なしに歓迎レセプションに遅れて進行を妨げたのです。度重なる非礼に立腹した青瓦台が追加ブリーフィングしたのが、会談で安倍首相が口にした〈五輪以降がヤマ場。米韓合同軍事演習は予定通り進めることが重要だ〉という発言です。露骨な内政干渉に対し、文在寅大統領が〈我々の主権の問題で内政問題だ〉と毅然とやり返したと内幕を明かしたのです」(韓国メディア関係者)

 文在寅政権の反撃を受け、安倍首相の面目は丸つぶれ。それで、巻き返しに動いたのが、会見に同席した西村康稔官房副長官だ。16日放送の「プライムニュース」(BSフジ)に出演し、日韓合意について「文在寅大統領は破棄しない、再交渉もしない、(和解・癒やし)財団も解散しない。(日本政府が拠出した)10億円も返金しないと明言した。(日韓)合意をある意味、確認したことになっている」と訴えた。

 しかし、青瓦台は翌日、これにも反論。「事実と合致していなかったり、ニュアンスの差がある」(金宜謙報道官)と猛反発した。

 現地で取材する国際ジャーナリストの太刀川正樹氏はこう言う。

「和解・癒やし財団は理事以下、幹部が次々に辞任して空中分解状態に陥っている。拠出金10億円に関しては韓国政府が肩代わりし、返金などについては日本政府と協議するというのが文在寅政権の立場。要するに、国家行事である五輪を終えるまで政治課題を先送りしたのに、祭りの最中にブツブツ言いながらやって来て、自己都合で厄介事を蒸し返した安倍首相の態度に怒り心頭なんです」

 韓国メディアは政権の五輪外交を「4・1・0対応」などと報じた。文在寅を含む政権幹部による食事接待が、北朝鮮の金与正朝鮮労働党第1副部長率いる高位級代表団4回、ペンス1回、安倍ゼロを指している。

 実のところ、安倍首相が招かれざる客だったことだけは、間違いなさそうだ。


 日刊ゲンダイ  @nikkan_gendai 

安倍首相が“覚悟の訪韓”の成果を強調していますが、一方で、青瓦台は安倍首相の言動にことごとく反論、異様な場外乱闘が繰り広げられています。記事は本日の3面に掲載。日刊ゲンダイは駅売店かコンビニでお求めください

|

« 【#安倍辞めろ】安倍辞めろ!安倍辞めろ!安倍辞めろ! | トップページ | 【俳句界の巨星墜つ】俳人・金子兜太さんが死去  「アベ政治を許さない」を揮毫 »

国際情勢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【#安倍辞めろ】安倍辞めろ!安倍辞めろ!安倍辞めろ! | トップページ | 【俳句界の巨星墜つ】俳人・金子兜太さんが死去  「アベ政治を許さない」を揮毫 »