« 【嫌中安倍歯ぎしりw】中国で森友事件が大報道!<共産党が新事実で追及> <昭惠の顔が大写し> | トップページ | 【ルビコンを越えるのか】自衛隊が北と地上戦? 米軍制服組トップが日本の参戦示唆 »

【プロ野球再建の切り札】“ゴジラ”松井秀喜氏が「巨人監督」を決断か 今季V逸なら高橋由伸監督が監督禅譲 

-大のプロ野球テレビ観戦好きだった私が野球中継を見なくなって久しい(今ではテレビ自体見ていない)。なんでかと記憶をたどっていくと、どうも松井秀喜が巨人を去って大リーグのヤンキースに入団したあたりまで遡る。その時スパッと野球観戦をやめたわけではないが、その後も松井稼頭央、松坂大輔などセパの一流選手が続々と海を渡って大リーグ入りし、反比例するように米大リーグの下請のような日本プロ野球がつまらなくなり、徐々にプロ野球観戦から離れることになったのだ。何度か書いてきたが、私は子供の頃からのアンチジャイアンツである。私の反巨人、反自民は筋金入りなのだw そんな中、巨人軍でひいきの選手が2人いた。「俺流」落合博満と松井秀喜である。この2人が豪快に打ったことにより巨人が勝っても、しょうがねえなとあきらめたがついたのである。落合はともかく、松井には敵ながらついエールを送りたくなる不思議な人間的オーラがあった。だからヤンキースに入ってからも、明け方のNHKなどの大リーグ中継を眠い目をこすりながら見たものである。もう10年以上前のことだろうか。ヤンキースが久々にワールドシリーズに進み、松井の大活躍で優勝したことがあった。シリーズMVPの松井秀喜は大リーグ史での不滅の記憶として残るのだろう。

 そんな松井もとうの昔に引退、恩師の長嶋茂雄とともに国民栄誉賞を受賞され、ついこの前は史上最年少で野球殿堂入りもした。ところで、ナベツネのひどい横槍のせいか近年、巨人の凋落に歯止めがかからない。また転載記事にもあるとおり、数々の不祥事も発覚した。そんな中、松井秀喜監督待望論は巨人内部で引退直後からあった。しかし松井は首を縦に振らなかった。根っこにあるのは、ヤンキース移籍時の渡邉恒雄との確執だと見られている。巨人は破格の好条件を提示しなおかつ将来の監督も確約して慰留したものの松井は翻意せず、怒ったナベツネが「松井はもう巨人の人間じゃない」などと悪態ついた例の一件だ。松井は松井で“片道切符”の決意で海を渡ったのだ。若手育成、規律の緩み、金目だけのFA・外国人選手漁りなど巨人再建に課題は多い。いきさつ上、松井秀喜は本当に巨人監督を引き受けるのだろうか。反巨人派にはジレンマではあるが、やはり敵役は強くないと面白くないし、巨人がしっかりしてくれないと第二の国技・プロ野球離れは止めどない。ライバル球団の中日は松坂大輔を入団させ、なんと次期監督を見据えてイチロー獲得にも意欲を見せているという。イチロー対松井の監督対決。条件は整った。松井秀喜よ、日本プロ野球再建のため男気を見せてくれ! (大場光太郎・記)-

“ゴジラ”松井秀喜氏が「巨人監督」を決断か 今季V逸なら高橋由伸監督が監督禅譲
https://news.nifty.com/article/sports/baseball/12151-14657/

記事まとめ

  • OBの松井秀喜氏(43)は、2月の巨人春季キャンプに臨時コーチとして参加することが決定
  • 高橋由伸監督(42)は『二軍監督でチームを支えてもいい』と読売首脳に話しているそう
  • 臨時コーチを務める松井氏は、坂本勇人主将や阿部慎之助の状態を確かめ若手を指導する

独占入手! 松井秀喜ついに「次期巨人監督」決断へ

 日米通算164勝を挙げている松坂大輔の“中日入団”、そして世界1位の同4358安打という記録を持つイチローの“日本帰還”という可能性が高まる中、同じく日米でスラッガーとして活躍した“ゴジラ”こと松井秀喜氏が、ついに「巨人監督」を決断したという。今季V逸なら高橋由伸監督が二軍監督への転身を自ら申し出て、1年先輩のゴジラに監督を禅譲するというシナリオのようだ。

 OBの松井秀喜氏(43)は、2月の巨人春季キャンプに、2年ぶりに臨時コーチとして参加することが決まった。年が明け、松井氏の周辺が慌ただしさを増しているのは、今オフに巨人監督就任の意思を固めたからだ。球界を挙げて「巨人監督就任」の環境整備が急ピッチで進行しているのである。

 松井氏は1月15日、表彰プレーヤーで野球殿堂入りが決まった。43歳7カ月での選出は史上最速だ。
 「大変名誉なこと。この上ない喜びと光栄な気持ちです」と素直に喜んだゴジラ。

 そして、同じ昭和49年生まれ“ゴジラ世代”の仲間たちも決起。ロッテの井口資仁監督が旗振り役となり、『昭和49年会』を結成した。元広島の黒田博樹氏、中日の岩瀬仁紀を含め、総勢40人がヤンキースGM特別補佐である松井氏の入会を呼び掛けているという。松井氏が師と仰ぐ長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督のラブコールに始まり、野球殿堂入りで球界OBを味方につけ、同級生たちからは待望論。日本復帰の環境は整った。
 「決定打になったのは、高橋由伸監督(42)が監督禅譲を申し出たこと。松井氏が監督を引き受けてくれるのなら、『自分は二軍監督でチームを支えてもいい』と読売首脳に話しているそうです。高橋監督は松井氏に最も可愛がられた後輩で、2014年に監督就任が決まった際も、読売本社の本命は松井氏だった。しかし固辞され、松井氏が高橋氏に頼み込む形で監督就任が決まった経緯がある。両者にすれば、『松井一軍監督、高橋二軍監督』でも違和感はない。いわば、ワンポイントの先乗り監督。松井氏はその言葉を伝え聞いて、腹を固めたのです」(スポーツ紙デスク)

 ゴジラ松井とウルフ高橋は、1998年から5年間、ともに主砲として巨人の黄金期を築いた関係だ。高橋監督と同年齢で、かつ生年月日もまったく同じ上原浩治氏も協力を申し出ているという。大卒の2人は学年が1つ下ではあるものの、高卒ドラフト1位入団で1年目から活躍する松井氏には、キャリアの違いもあってか頭が上がらない。プロ集団の球界では、入団年次が最優先される。どこまで行こうと生粋エリートの松井氏は絶対的存在なのだ。
 「メジャーリーグに移籍した際の経緯から、今なお巨人と“しこり”を残す上原氏は、現状では巨人に戻る可能性が低い。しかし、松井氏が監督に就任すれば、コーチとして馳せ参じる腹づもり。ストッパーとして現役続行を申し出るかもしれない」(同)

 もとはと言えば、巨人の投打の柱だった2人が渡米したのは、最高峰の舞台を求めたこともあるが、先輩の清原和博氏にチームを牛耳られ、清原派以外のチーム内イジメに嫌気が差したという背景もある。
 一方、巨人からすれば、2人が戻れば本来の“巨人軍は紳士たれ”に時計の針を戻すことができる。
 「この10年、原辰徳前監督の1億円スキャンダルもみ消し事件に始まり、“清武の乱”“野球賭博事件”とグラウンド外を賑わせ続けた。読売首脳は本来の巨人軍野球を取り戻すことで、『もう一度黄金時代を』と願っており、その旗頭に“松井秀喜監督”を据えたい。渡辺恒雄読売新聞グループ本社代表取締役主筆、長嶋さんの年齢を考えると、これがラストチャンス」(巨人OBの野球評論家)

 1月23日には、米ボストンの自宅から帰国した前ソフトバンクの松坂大輔投手(37)が中日の入団テスト受け、中日は米マーリンズからフリーエージェントになったイチロー(44)の獲得にも動き出している。
 人気も成績もセ最低で、身売り説さえ囁かれていた中日が、元祖“怪物”の松坂に加えて、地元愛知出身の世界的スターも獲得したとなれば、士気が上がり、台風の目になることは確実だ。視聴率、観客動員でも確実に増える。しかも、イチローが中日に入団するとなれば、それは“次期監督”を見据えてのものだろう。
 「イチロー・中日vs松井・巨人」
 中部エリアの新聞戦争を考えれば、これ以外の迎撃策はない。今オフには“同時監督就任発表説”も囁かれている。

 巨人春期キャンプで臨時コーチを務める松井氏は、坂本勇人主将や阿部慎之助の状態を確かめるとともに、即戦力のルーキーや若手を指導する。これも来季を見据えての視察だ。
 2月10日には宮崎キャンプ60年記念「ジャイアンツvsホークスOB戦」に出場する。松井氏は高橋監督と16年ぶりにクリーンアップを組む。3番ライト高橋、4番センター松井。指揮するのはミスター巨人軍。今季の低迷に鬱憤を募らせたファンの期待は高まるばかり。

(転載終わり)

関連記事
渡辺会長と松井氏には、未だに強い確執が……
http://biz-journal.jp/gj/2017/06/post_3614_2.html
客寄せだけじゃない「松坂効果」 中日若手投手陣にも波及
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/222792

|

« 【嫌中安倍歯ぎしりw】中国で森友事件が大報道!<共産党が新事実で追及> <昭惠の顔が大写し> | トップページ | 【ルビコンを越えるのか】自衛隊が北と地上戦? 米軍制服組トップが日本の参戦示唆 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【嫌中安倍歯ぎしりw】中国で森友事件が大報道!<共産党が新事実で追及> <昭惠の顔が大写し> | トップページ | 【ルビコンを越えるのか】自衛隊が北と地上戦? 米軍制服組トップが日本の参戦示唆 »