« 【山本太郎、安倍に引導!】「往生際が悪い!地位に恋々としがみつく、みっともない!一刻も早く辞めていただきたい!」 | トップページ | 【最凶爬虫類人の晋】トカゲの尻尾切りだけでは済まず遂に手足切りまで?昭恵との離婚真剣検討中 昭恵はホテルに軟禁状態で発狂寸前かw »

【日本だけ蚊帳の外】金正恩電撃の北京訪問 米国は事前に了承、韓国も知らされていた 唯一寝耳に水だったのが日本、安倍は外交でも大破綻

-国内問題なかんずく森友疑惑で大窮地に陥っている安倍総理についてさらに追求したいのは山々であるが。これも焦眉の急の北朝鮮情勢で見逃せない新たな動きがあった。よって今回は森友関連はお休みにして「金正恩北京を電撃訪問し習近平主席と会談」というビッグニュースについて見ていきたい。それにしても今年に入ってあっと驚きの連続の北朝鮮の動きである。つい先頃の韓国平昌五輪では開会式に金正恩の実妹・金与正氏を送り「ほほえみ外交」と世界の注目を浴びたと思ったら、南北首脳会談、米朝首脳会談予定を矢継ぎ早に決め、このたびは金正恩自らが美人妻を伴って北京に乗り込んだ。何でも金書記長の外国訪問はこれが初めてだという。以下に転載する天木直人氏文によると、中朝ともに米朝首脳会談の前にどうしても、習近平も金正恩も直接会ってつめておく必要があってのことらしい。が、この水際立った迅速な金正恩の行動はどうよ。森友アッキードで足を取られていなくても、安倍晋三は逆立ちしても適うまい。というより、今回の中朝会談、関係国で事前に知らされていなかったのは日本だけなのだ。天木氏はロシアもと述べているが、ロシア「スプートニク日本」サイトでは北京訪問、同会談の模様を逐一画像付きでツイートしていた。そのくらいだから、プーチンロシアが同会談を十分把握していたのは明らかだ。しかるに安倍は「報道で知った」のらしい。そんな仲間はずれの蚊帳の外安倍が、「(圧力、圧力と)日本がリーダーシップを取った結果、(米朝、中朝会談など)北朝鮮から話し合いを求めてきた」でんでん、と。言うに事欠いてバッカだねえ、晋三は。そんなこと思ってんのはお前だけ、国民も5ヵ国首脳の誰も思ってないから。北のシナリオでは、すべてが終わった6月、日朝首脳会談を組んでいるという。安倍の頭越しに金正恩はそう決めたのだ。その時「世界のATM」安倍晋三から200から500億ドル(約2兆円~5兆円)もの援助を引き出す予定だ、と。ダメだ、こりゃ。その時まで安倍は辞めさせておかないと。 (大場光太郎・記)-

【板垣英憲関連情報】

金正恩党委員長と習近平国家主席初の中朝首脳会談は、天皇陛下と小沢一郎代表による巨額資金分配を見越しての動きだ(板垣英憲)
http://www.asyura2.com/18/senkyo242/msg/264.html
投稿者 笑坊 日時 2018 年 3 月 29 日 09:43:41
https://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/b2880ca699ef1918089baca53e026a0b
2018年03月29日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆〔特別情報1〕
 天皇、皇后両陛下は3月27日~29日の日程で沖縄県を訪問されている。沖縄決戦(1945年4月1日~6月22日、場所:沖縄県宜野座村 、沖縄本島。住民の4人に1人が死亡)で大日本帝国陸海軍の組織的戦闘が終って73年になる。2019年4月30日に退位される前に現地に足を運びたいというお二人の強い希望による訪問=鎮魂の旅で、沖縄訪問は皇太子ご夫妻時代を含め計11回目。この同じ時期に北朝鮮の金正恩党委員長=元帥が3月26日~27日、北京市を訪問し、「皇帝」習近平国家主席と初の中朝首脳会談を行った。この背景には、天皇陛下と小沢一郎代表に託されている日米相互防衛援助協定[MSA協定に基づき、世界銀行・IMFが先物取引によって資金運用した「運用益」が、G20に分配(シェア)される際、朝鮮半島統一により建設される新国家「コリア」にも800兆円が分配(シェア)されるのを見越しての動きである。安倍晋三首相が、「大戦争=核戦争勃発」に備えて、軍備増強、憲法第9条に「自衛隊」明記・固定化を図ろうと策動しているのは、真逆である。

北朝鮮の金正恩党委員長は、北京市を訪問、「皇帝」習近平国家主席と初めて中朝首脳会談、「東アジア情勢」は、画期的な「平和状態」へ
https://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/55a637937dd7e9c3f5797ce836b9f387
2018年03月28日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆〔特別情報1〕
 北朝鮮の金正恩党委員長=元帥は3月26日~27日、北京市を訪問し、「皇帝」習近平国家主席と初めて中朝首脳会談を行った。天皇陛下にごく近い筋によると、会談には、中国側の長老4人、北朝鮮側の長老2人が同席、4月の南北首脳会談、5月末の米朝首脳会談後に行われる「米朝和平」(朝鮮戦争終結、米朝国交正常化、国交樹立、平和友好条約締結→朝鮮半島南北統一、新国家コリア樹立)に備えて、次に各国にシェアされる予定の資金について、その調整を協議するのが主な目的だった。北朝鮮はG20に出ていないため、金額の要求が出来なかったこともあり、また、現在世界各国で流通している紙幣「スーパーK」を完全消滅させるための段取りなどを協議したという。この結果、「東アジア情勢」は、第2次世界大戦(大東亜戦争)終戦から73年、朝鮮戦争勃発から68年(休戦協定締結から64年)を経て、ようやく世界史上、画期的な「平和状態」を取戻す。この最中、日本では、安倍晋三政権中枢の財務省理財局で起きた戦後民主主義を根底から揺るがす「決裁公文書改ざん事件」をめぐり、衆参両院予算委員会が佐川宣寿前国税庁長官(前理財局長)を証人喚問した。

安倍晋三首相の「抱き着き戦術」から始まったトランプ大統領との「日米蜜月外交のわざとらしい演出」は、終わった
https://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/eeb87177dc8748c5dbddede911bea51c
2018年03月25日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆〔特別情報1〕
 米トランプ大統領は3月23日、「ほほえみを浮かべている。そのほほえみの裏には、こんなに長い間米国を利用できたことは信じられないという思いがある。そうした日々は終わる」と断じて、鉄鋼・アルミニウム輸入関税引き上げを日本にも適用すると宣言し、発効させた。その底意は、「1日も早く退陣せよ」ということである。本意は、「小沢一郎代表と交代せよ」という催促である。この瞬間、安倍晋三首相の「抱き着き戦術」から始まった「日米蜜月外交のわざとらしい演出」は、終わった。
 ちなみに、トランプ大統領は、安倍晋三首相(大手鉄鋼メーカー神戸製鋼所出身者、祖父・岸信介元首相は、経済産業省の前身・商工省の事務次官を歴任)、今井尚哉首相秘書官(経済産業官僚=鉄鋼・アルミニウム業界所管の官庁、叔父・今井善衛元通産事務次官、その弟である叔父・今井敬元経団連会長=元新日本製鐵社長・相談役名誉会長)といういわゆる「資源エネルギー族」が掌握している「鉄鋼・アルミニウム利権」を狙い撃ちしてきている。安倍晋三首相の「因果応報」であると言ってよい。


電撃的な金正恩の訪中が教えてくれる首脳外交の醍醐味  天木直人

http://www.asyura2.com/18/senkyo242/msg/225.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 3 月 28 日 09:10:05
http://kenpo9.com/archives/3478
2018-03-28 天木直人のブログ

 誰もが予想しなかった金正恩の電撃的な訪中だ。

 一体、その背景には何があったのか。

 メディアに流される解説はこうだ。

 すなわち米朝首脳会談が不調に終われば米国の北朝鮮攻撃が一気に高まる。

 その時に備えて金正恩は中国との関係改善を図り、中国を味方につけるためだ、と。

 つまり米朝首脳会談を有利に運ぶための保険であり、米国けん制のための訪中であるというわけだ。

 もっともらしい解説だ。

 しかし、この見方は、あくまでも北朝鮮の融和外交が見せかけであり、非核化をめぐる米朝首脳会談が失敗することを前提にしたものだ。

 私のように、金正恩は本気で非核化に舵を切ったと見る立場からすれば、まったく違った光景が見えてくる。

 私は、今度の電撃的な金正恩の訪中は、文在寅大統領が口に出した、「米朝首脳会談は米朝韓三か国首脳会談となることもあり得る」という発言によって急きょ実現したものであると考える。

 習近平が金正恩を呼びつけたのか、あるいは金正恩が習近平に仁義を切ったのか、いずれにしても二人は、米朝首脳会談の前に、どうしても会う必要があったのだ。

 つまり、中国にとってはこれ以上中国抜きで南北融和や朝鮮半島の非核化について米国と韓国の仲介で合意されてはたまらない。

 その前にどうしても金正恩と会って中国の立場を伝えなければいけないのだ。

 金正恩もまた、中国との関係をこれ以上悪化させるのは得策ではない。

 もし米国との首脳会談で非核化どころか朝鮮戦争の終結にまで発展させるつもりなら、その前に、朝鮮戦争の同志である中国に、自らの決意を話して理解を得ておく必要があるのだ。

 はたしてどちらの見方が正しいのか。

 それはわからない。

 しかし、どっちに転んでもはっきりしていることは、韓国、北朝鮮、米国、中国の首脳が、文字通り国運を賭けた外交をみずから懸命に行っているということだ。

 これこそが首脳外交の真骨頂であり醍醐味だ。

 しかも、戦後の北東アジアの安全保障体制を根本的に変える歴史的外交を首脳自らが行おうとしている。

 外交に携わってきた一人として、これ以上興奮する光景はない。

 しかし、その首脳外交には北東アジアのもう一人の首脳の姿が見えない。

 その通りだ。

 日本の首相である安倍首相は、いま自ら招いた疑惑の追及から逃れる事に精一杯で外交どころではない。

 そして、やっている外交といえば、日本の国運とは無関係の、自分の支持率を上げる為のパフォーマンス外交である。

 いまはもっぱら疑惑追及逃れの逃避外交になり下がっている。

 このまま安倍首相が日本の首相である限り、日本はますます激動する国際政治の波に翻弄され、日本丸は沈没する。

 森友文書改ざん疑惑をごまかすことは出来ても、国際政治の荒波はもはや安倍首相では乗り切れない。

 一刻も早い安倍首相の辞任が日本と日本国民のためである(了)


<中朝首脳>訪中の要人は金正恩氏 習近平主席と会談
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-00000004-mai-int
3/28(水) 8:40配信  毎日新聞

 中国国営通信新華社は28日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が25~28日に中国を非公式訪問し、習近平国家主席と会談したと報じた。訪問は習主席の招きによるもので、金委員長の李雪主(リ・ソルジュ)夫人も同行したという。

 会談で金委員長は、「(祖父である)金日成(キム・イルソン)主席と(父親である)金正日(キム・ジョンイル)総書記の遺訓に照らし、朝鮮半島の非核化の実現に力を尽くすのは、我々の変わらない立場だ。平和的な雰囲気を作ることで問題は解決できる」と述べた。

 習主席は「我々は中朝の伝統的友誼を絶えず伝承していくべきだと何度も表明している。これは中朝両国が歴史と現実に基づき、国際・地域構造と中朝関係大局を踏まえて行った戦略的選択であり、唯一の正しい選択である。一時的なことによって変えてはならず、変わることもない」などと語った。

54320

      

      

やっぱり金正恩氏は北京に来てたんだな。昨日中南海近くは異様に警官らの数は多かった。

 

54321
54322

 

      

【速報】
北朝鮮の金正恩委員長が中国訪問
習近平国家主席と会談

lanfeng                      @lanfeng_cafe

|

« 【山本太郎、安倍に引導!】「往生際が悪い!地位に恋々としがみつく、みっともない!一刻も早く辞めていただきたい!」 | トップページ | 【最凶爬虫類人の晋】トカゲの尻尾切りだけでは済まず遂に手足切りまで?昭恵との離婚真剣検討中 昭恵はホテルに軟禁状態で発狂寸前かw »

国際情勢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【山本太郎、安倍に引導!】「往生際が悪い!地位に恋々としがみつく、みっともない!一刻も早く辞めていただきたい!」 | トップページ | 【最凶爬虫類人の晋】トカゲの尻尾切りだけでは済まず遂に手足切りまで?昭恵との離婚真剣検討中 昭恵はホテルに軟禁状態で発狂寸前かw »