« 【朝日新聞大スクープ】森友文書、財務省改ざん!ひょとこ麻生らはバックレているが、これは内閣総辞職ものの大問題だぞ安倍晋三! | トップページ | 【森友公文書改ざん】麻生の首では済まない 森友改竄で内閣は2つ分飛ぶ »

フォレスタの「カチューシャの唄」

フォレスタ   カチューシャの唄


 ここのところ『フォレスタコーラス』記事すっかりご無沙汰していました。が、最近、(以前フォレスタ記事によくコメントいただいた)東海林太郎様(改め高橋一三様)よりコメントあり、びっくりの情報が寄せられました。何と、中安千晶さんと吉田静さんが女声フォレスタから離れられるというのです。

 東海林太郎様は「また新しい記事を」とそれとなく要請されました。というわけで、またぼちぼち『フォレスタコーラス』記事を再開したいと思います。

 それにしても、昨年の白石佐和子さん、上沼純子さん、内海万里子さんに続いて、今回は中安さん、吉田さんまで活動休止とは。絶句です。お二人は同じ年で気も合う仲のようですが、いわば女声フォレスタの中核メンバーではないですか。

 特に私は数年前、過去何度も述べたとおり、フォレスタ動画がユーチューブに大量アップされた折り、たまたま『フォレスタの「別れのブルース」』を聴き、しびれるほど感激し、速攻で女声フォレスタと独唱した吉田静さんの大ファンになりました。そんな私からすれば(中安千晶さんはもとより)「吉田静さんのいない女声フォレスタなんて」という感を深くします。(フォレスタコーラス最初の記事-『美しすぎる「フォレスタ」』参照)

 本当に今後どうするんですかね、フォレスタは。と、つい要らざる心配をしてしまいます。

 フォレスタファンで、中安さん、吉田さん活動休止をご存知ない方は、以下の『フォレスタ通信』中の「What`s News?」

2018-01-13 「FORESTAフォレスタメンバーについてのお知らせ」
に、お二人の「休止のご挨拶」が出ていますのでそちらをお読みください。

「What`s News?」には別項目で「新女声メンバー募集」があります。中安さん、吉田さん2名の代わりとしてソプラノ、メゾソプラノ(アルト)各1名ということですが、それを読みますと「年間約70本のコンサート活動(地方・都内)、とあります。わぉー!ということは、月5、6回はコンサートということになります。スタジオ録画だけではないわけで、いかに全国からの要望が強いとはいえ、かなりの激務でしょう、これは。休止の5人はどうもこれを敬遠したのかな?と思わないでもありません。

 ともあれ、創設メンバーで唯一残ることになった小笠原優子さん、そして新加入の財木麗子さん、谷原めぐみさん、池田史花さん、加えて募集中で未知のお二人にがんばっていただくしかありませんよね。

                          *
 気を取り直して。フォレスタ記事再開の最初として『カチューシャの唄』を取り上げたいと思います。というのも、いつぞやの『ゴンドラの唄』記事末尾で、「女声フォレスタがまだ「カチューシャの唄」を歌っていないのは女声七不思議の一つです」というふうに、(当時はBS日テレフォレスタ担当の方がフォレスタ記事に訪問されているのを承知で)女声フォレスタが早くこの歌を歌ってくれるよう暗に催促したことがあったからです。(フォレスタの「ゴンドラの唄」参照)

『カチューシャの唄』については、10年余前既に「二木紘三のうた物語」中の『カチューシャの唄』にコメントしました。これは「同うた物語」2度目のコメントでした。そしてこれをきっかけに「同うた物語」各歌コメントに熱中し、引いては当ブログ開設にもつながったことを思えば思い出深いものがあります。以下に同コメントを転載させていただきます。

(転載開始)

 2年ほど前、二木先生の「MIDI歌声喫茶」に初めてアクセスし、曲のカテゴリーを見てためらわずに「戦前歌謡曲」をクリックしました。そしてその中の曲名一覧をたどって心の中で小躍りしながら真っ先に聴いたのが、この「カチューシャの唄」でした。
 私はいわゆる団塊の世代ですから、20代はフォークソング全盛、その後のニューミュージックの流れもだいたい分かっているつもりです。しかし、体内に「古い日本のDNA」を色濃く受け継いでいるのか、それとももう二度と戻ることのない古き良き時代へのノスタルジアなのか、年と共に古い時代の曲に惹かれるようになりました。
 「カチューシャの唄」。掛け値なしに良い歌です。二木先生の演奏も素晴らしいです。
 帝政ロシア末期の悲劇のヒロインが、この曲によって、遠く離れたわが国で、大正ロマン的意味合いをおびながら劇的に「復活」したということでしょうか。
 当時の唱歌など皆そうですが、おそらく作詞、作曲された方々の精神性が高かったのでしょう。日頃の世事、雑事でとかく曇り、汚れがちな心が、聴くたびに浄化されます。
 
 日本歌謡史のさきがけとなった歌に、最初にコメントできる光栄を感じつつ。

投稿: 大場 光太郎 | 2008年1月 5日 (土) 19時07分  (転載終わり)

「二木紘三のうた物語」中の『カチューシャの唄』より 
http://duarbo.air-nifty.com/songs/2007/05/post_23d9.html

 実はこの歌の元となったトルストイ『復活』を一昨年読了しました。『復活』を読むのは私の中学時代からの宿題のひとつでしたが、以来55年ぶりくらいでやっと読み終えることが出来ました。そこでせっかくですから、読後感を記事にするつもりが、新潮文庫上下二冊の大作、どうまとめたものかと思案しながら結局記事化せず今日まで来てしまいました。

 『復活』を読むにあたっての最大の関心事は、もちろんこの歌のヒロイン・カチューシャが実際どう描かれているのか、ということでした。
「ウィキペディア」『復活』の項が簡潔にあらすじをまとめていますので、以下に引用してみます。

(引用開始)
 若い貴族ドミートリイ・イワーノヴィチ・ネフリュードフ公爵は殺人事件の裁判に陪審員として出廷するが、被告人の一人である若い女を見て驚く。彼女は、彼がかつて別れ際に100ルーブルを渡すという軽はずみな言動で弄んで捨てた、おじ夫婦の別荘の下女カチューシャその人だったのだ。彼女は彼の子供を産んだあと、そのために娼婦に身を落とし、ついに殺人に関わったのである。
 カチューシャが殺意をもっていなかったことが明らかとなり、本来なら軽い刑罰で済むはずだったのだが、手違いでシベリアへの徒刑が宣告されてしまう。ネフリュードフはここで初めて罪の意識に目覚め、恩赦を求めて奔走し、ついには彼女とともに旅して彼女の更生に人生を捧げる決意をする。 (引用終わり)

 これでもお分かりのとおり、メーンはネフリュードフとカチューシャの愛別離苦ストーリーです。ただそれとは別に、法廷での息づまる攻防の様子、劣悪な刑務所内部の状況、当時の帝政ロシア末期の農奴たちの悲惨な暮らし、それから搾取してぬくぬく贅沢三昧して生活している都会の上流階級の堕落ぶり、高位聖職者を中心とする退廃と信仰の矛盾点、当時勃興しつつあったロシア社会変革の夢に燃える若き社会主義活動家たちの様子、全囚人が徒歩でシベリアまで行く過酷さなどを克明に活写しています。世界的文豪・トルストイの代表作と言われるゆえんです。

 なおこの物語は、知人から聞いた実話を元にトルストイが組み立て直したもののようです。カチューシャのモデルとなった女性は罪を犯し実際シベリア流刑となり、同女に対する若い頃の過ちの贖罪から共にシベリアに行った富裕な男性もいたものの、『復活』とは違って同女はかの地に着いてまもなく病死したようです。

『復活』というタイトルには、イエスキリストが十字架上で死し三日目に蘇った(復活した)という新約聖書の故事を想起させます。トルストイの念頭にそのことがあったのは確実でしょう。十代後半の頃の過ちを悔い改め、久しぶりで意外な場所で邂逅したカチューシャを、法的にも霊的にも救済しようとするネフリュードフ公爵の姿はイエスキリストの小型版のようでもあります。そして今では売春婦に身をやつしその上殺人の嫌疑で裁かれようとしているカチューシャは、新約の中で群集の石打ちの刑で殺されかけた姦通の罪を犯した女とも。「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい」・・・「誰もあなたを罰しなかったのか。私も罰しない。さああなたも行きなさい。もう二度と罪を犯すことのないように」(『ヨハネ福音書』より)

                          *
53927_2

1 カチューシャかわいや わかれのつらさ
  せめて淡雪 とけぬ間と
  神に願いを(ララ)かけましょうか

2 カチューシャかわいや わかれのつらさ
  今宵ひと夜に 降る雪の
  あすは野山の(ララ)路かくせ

3 カチューシャかわいや わかれのつらさ
  つらいわかれの 涙のひまに
  風は野を吹く(ララ)日はくれる

4 カチューシャかわいや わかれのつらさ
  せめて又逢う それまでは
  同じ姿で(ララ)いてたもれ

5 カチューシャかわいや わかれのつらさ
  ひろい野原を とぼとぼと
  独り出て行く(ララ)あすの旅


 1914年(3年)3月、島村抱月率いる劇団芸術座3回目公演として『復活』が舞台化され、その劇中歌として舞台で主演の松井須磨子らが歌ったのが『カチューシャの唄』なのです。

 劇『復活』自体は、トルストイ原作のうち宗教的、社会的テーマはひとまず置いて、カチューシャとネフリュードフの悲恋物語に絞って上演したものです。これは泉鏡花の長編小説『婦系図(おんなけいず)』の内、大衆の圧倒的人気に応えてお蔦・主税(おつた・ちから)の悲恋物語『湯島の白梅』として再戯曲化したケースと類似しています。(フォレスタの「湯島の白梅」参照)

53926_2
左から松井須磨子、(前)島村抱月、(後)中山晋平、相馬御風

『カチューシャの唄』。作詞は島村抱月と相馬御風、作曲は中山晋平。歌詞は上掲載のとおり1番から5番までありますが、1番だけを島村抱月が作り、2番以降は1番をなぞる形で相馬御風が作ったと伝えられています。

 また作曲した中山晋平としては、この作品が作曲家として初めて世に出した作品でした。当時中山は島村家に寄宿しており、島村から「学校の唱歌でもなく、西洋の賛美歌ともならず、誰にでも親しめ日本中がみんな歌えるものを作ってくれ」と指示されます。中山には無理な注文のように思われ、実際なかなか作曲が進まず思い悩んでいました。と、ある時、歌詞の合間に「ララ」という合いの手を入れることを思いつき、これが突破口となりようやく完成させることが出来たといいます。

 こうして生まれた『カチューシャの唄』は劇中で松井須磨子らによって歌われたことは前述しました。劇上演成功により東京はもとより全国主要都市公演を重ねたこともあいまって、やがてこの歌は当時としては驚異的な大ヒットとなりました。この年の8月には松井須磨子吹込みによりレコード化もされました。

 あまりの爆発的ヒットにより、各地の中学校、高等学校、女学校などでは風紀が乱れるなどの理由で、観劇及び歌唱禁止令が出たほどだったといいます。

 まさに私の上コメントどおり、この歌は「日本歌謡史のさきがけとなった歌」なのです。ともあれ、かくも格調高い歌が今日に至るわが国近代歌謡曲のさきがけとなったことに私たちは誇りを持っていいと思います。

53925
竹久夢二による『カチューシャの唄』楽譜表紙

                          *
 女声フォレスタによる「カチューシャの唄」。

 歌うは6人の女声陣です。(画面左から)白石佐和子さん、内海万里子さん、上沼純子さん、中安千晶さん、吉田静さん、小笠原優子さん。この当時の女声フルメンバーです。

 私は『ゴンドラの唄』でまた、ゴンドラ独唱の小笠原優子さんの独唱で『カチューシャの唄』も聴きたいと、図々しい注文をつけました。さすがにこれはお取り上げいただけませんでしたが、このコーラス編成でオーケー、というよりベリーグッド!です。

 まず一番は6人全員によるコーラス歌唱、息がぴったり合っていていささかの乱れも見せていない見事なコーラスです。

 続く2番は噂の中安千晶さん。こういう純情系叙情歌は中安さん、白石佐和子さんとともにお手の物、さすがはしっとり聴かせてくれます。そして3番は上沼純子さん。上沼さんもどちらかというと純情系が得意分野と思しく、しみじみ味わいながら聴かせていただきました。

 そして4番と5番は再び全員による合唱。さすが全員音大卒らしい完成度の高いかつ大正ロマン髣髴の『カチューシャの唄』を聴かせていただいております。この歌にはうるさい余も満足じゃ、です(笑)。

 既に見てきたとおり、このうちの5人が一時休止とはいえフォレスタを離れ、唯一小笠原優子さんだけが残られることになったわけです。中安さん、吉田さんとも、「フォレスタとして皆様とまたお会いできる日が来るまで」というようにご挨拶では述べておいでです。でも私の予感では、(寂しいことを言うようですが)お二人とももう戻られることはないのではないか、そんな感じがしてならないのです。

「カチューシャ可愛いや 別れのつらさ せめて又逢う それまでは 同じ姿で(ララ)いてたもれ」
 お二人ともお元気で、今後ますます活動の幅を広げていってください。陰ながらいつまでも応援しております。

 (大場光太郎・記)

参考記事
昔新聞・大正時代の記事|芸能 「カチューシャの唄」100年(朝日新聞デジタル)
http://www.asahi.com/special/kotoba/archive2015/mukashino/2014040900001.html

|

« 【朝日新聞大スクープ】森友文書、財務省改ざん!ひょとこ麻生らはバックレているが、これは内閣総辞職ものの大問題だぞ安倍晋三! | トップページ | 【森友公文書改ざん】麻生の首では済まない 森友改竄で内閣は2つ分飛ぶ »

フォレスタコーラス」カテゴリの記事

コメント

どうもお久し振りで御座います!早速投稿させていただきます!谷原さんの年齢は2012年の声楽コンクール一般の部で32歳と書いてありましたので、選択肢は37か又は38に絞られるかと思います!池田さんは去年の募集事項を調べましたら、20代後半から40代前半迄の方とありましたので、貴殿の御想像通りで20代後半で合っていると思います!

投稿: 高橋一三 | 2018年3月 5日 (月) 21時32分

 コメントありがとうございます。

 そうでしたか。谷原めぐみさんは37、8歳ですか。とすると、中安さんや吉田さんとはほぼ同年代ということですね。谷原さんは音楽教育の最高峰・東京藝術大学大学院卒業で今井俊輔さんに勝るとも劣らない経歴の持ち主。お体からしてそうですが、とにかく余裕綽々、泰然自若、これから結構活躍されそうな予感がします。

 一方の池田史花さん。私は最近新人お3人が加わったコンサート動画を見ましたが、そこでの池田さんのご様子から『もう少し年齢は高く30代前半かな?』と思い直していたところでした。この人は身長は白石さんより少し高いくらいで小柄な人ですよね。ですが私基準ではかなりの美人です。その上華もありそうで、やはり今後の活躍に期待したくなります。

 付け加えさせていただきますが、そんなことを言えば財木麗子さんだって、容姿端麗かつ溢れる才能もありそうな、才色兼備のお人です。

 フォレスタは今回良い人材をゲットしましたよね。

投稿: 時遊人 | 2018年3月 6日 (火) 01時12分

お二人の活動休止に絶句しました。頭が白くなりました。私の頭は外見は白髪交じりですが、中は認知症とは程遠いと自負しています。
中安さんは「可憐さと高音で」、吉田さんは「しっかりした声と人情味で」(佐和ちゃんが時期不本位で辞めた時、応援コンサートに出演)グループを支えてきた人です。
おそらく自分の時間がないことに失望したのでしょう。書かされた挨拶コメントで明白です。
佐和ちゃんには、歌か家庭かをせまり、抗弁を認めず、じゅんまりもしっかりした挨拶を見ていません。
中安さん、吉田さんだけにこうした挨拶をさせるのも作為的です。
マネージメントのもうけ主義による、明らかな失敗です。
私はお二人のささやかな抵抗と受け止めています。

投稿: 夢追い人 | 2018年3月 8日 (木) 14時57分

夢追い人様

 確かに。こんな話を聞いたフォレスタファンなら誰でも「えっ!?」と絶句してしまいますよね。

 夢追い人様もそうお感じでしょうが、今回の件はどうもいまひとつ腑に落ちない感が否めません。私は本文では中安さん、吉田さん活動休止については「都内・地方公演のあまりの多さ」を理由として挙げました。

 が、コメント欄では少し本音を述べさせていただきます。なぜ女声のみこんなに入れ替えが頻繁なのでしょう?男声は2年ほど前、塩入さん新加入以外は結成以来ほぼ固定されたメンバーできています。またピアノ陣もしかり。大池さん休止は、結婚、出産、育児と理由は明確です。

 しかし女声の場合、白石さん、上沼さん、内海さん、そして今回の中安さん、吉田さんとどうも理由が釈然としないのです。

 これは私の独断と偏見ですのでこっそり言うのですがー。すべて原因は、最初の矢野聡子さんの活動休止に行き着くのではないでしょうか?結婚、海外移住などと言われつつ、矢野さんのその後の消息は杳として知れませんよね。

 矢野さん休止には、フォレスタ側としても明確に触れられない何か特別な事情があったのではないか?と。

投稿: 時遊人 | 2018年3月 9日 (金) 00時00分

時遊人様
このグループは「愛、ふれあい」などを看板に、マネージされています。白石さんがもう少しやりたかった時、「歌か、家庭か」を迫られたと、彼女のブログに書いてあります。女性は、妊娠、出産で仕事ができないハンディを負っています。人間として当たり前のことです。
そうしたことを本音では理解していないマネージ当局の姿勢が、見え隠れします。
(世界で「民主主義共和国」を標榜する国ほど、独裁に近い国が多いのと似ていますね。)
5人が抜けた後のフォレスタは、残念ながら私は卒業です。このブログを読んでもらって、マネージ当局の心からの反省を、待つのみです。

投稿: 夢追い人 | 2018年3月19日 (月) 18時18分

夢追い人様

 ここのところ諸事情によりブログにかかりきりになれず、返信が遅くなり大変申し訳ございませんでした。

 白石佐和子さん以降、今回の中安千晶さん、吉田静さん休止に至るいきさつ、確かにおっしゃるとおりだと思います。女声フォレスタ結成以来それこそ全身全霊で女声発展のために打ち込んできたメンバーに対してあまりの処断だと思います。

 特に、私は白石さんブログは拝見していませんでしたが、ご紹介の通りだとすると、白石さんに対する処断は酷すぎますよね。

 フォレスタ当局はそういう姿勢をきっちり反省していただき、白石さんはじめ中安さん、吉田さんなどがまた喜んで復帰したいと思われるようであって欲しいと思いますね。

 夢追い人様には、「フォレスタ卒業」などとおっしゃらず、もう少し長い目でフォレスタを見守っていただければと存じます。

投稿: 時遊人 | 2018年3月25日 (日) 00時26分

時遊人様
私は二人の活動休止宣言が本当にショックでしたので、しつこく書きます。
綺麗な声を聴き癒されていましたが、「あとは録画、DVDで」なんて、ファンを裏切る行為だと思います。後続メンバーもいい、という声もありますが、王、長嶋のいなくなった巨人みたいなものです。
白石さんの辞めた経緯は、2016年の暮れだったと思います(もしかしたら2017年新年早々)が、彼女のブログの挨拶をご覧ください。これを読んだとき、フォレスタへの100年の恋も冷める思いでした。

投稿: 夢追い人 | 2018年3月29日 (木) 09時39分

 白石佐和子さんの「フォレスタ休止に伴うメッセージ」、私も気になり白石さんのブログを訪問し、ご指摘の過去の当該記事を探してみました。私の見当違いでなければ、それは2016年12月17日の「ご報告」というタイトルの記事だと思われます。

 少し長文で、このたびのフォレスタ休業に至る経緯やそれを決断するまでの白石さんご自身の内心の葛藤などが率直につづられていますよね。

 その時期はちょうどご出産を間近にした時期だったようですが、何かフォレスタ側から「早く休止を決断いただきたい」とせかされているような気配を感じます。女声創設以来の大功労者・白石さんに対して、あまりにも理不尽な対応といえると思います。

「フォレスタ 女声メンバー・白石佐和子は、本人の要望に基づき、2017年1月よりフォレスタでのコンサート活動を休止いたします。云々」とのフォレスタ通信の告知について、白石さんの「本人の要望」というような短い言葉では済まされない、との白石さんの表現にフォレスタサイドへの強い抗議がこめられているようです。

 白石さん、内海さん、上沼さんそして今回の中安さん、吉田さん。たとえば夢追い人様は白石さん、私は吉田静さんというように、各女声が強い固定のファンをお持ちです。まさかフォレスタサイドは、『代わりはいくらでもいるんだ』などと考えてはいないと思いたいです。

 小笠原優子さんのケースのように、出産、子育ての一定期間が過ぎるなどすれば何事もなかったようにフォレスタ復帰が出来る、そういう気持ちのいい環境を整えないと多くのファンからそっぽを向かれるこことになりかねないといます。

投稿: 時遊人 | 2018年4月 1日 (日) 01時35分

私は白石追いというより、小笠原さんを入れた6人が好きでした。中安さんは一番若いし、綺麗(美人)だという声もネットにあって、最やめそうもない方でした。正直言って、ソプラノはもう少し伸びがあってもいい、なんて思ってたりしました。でも。女声フォレスタの象徴だった方です。(吉田さんと)彼女の活動休止を聞いた時、絶句し目の前が暗くなりました。
5人を追いやってはいけません。小笠原さんが立派に戻ったように、5人には戻ってきてほしいです。フォレスタスタッフには、その責任があります。

投稿: 夢追い人 | 2018年4月 1日 (日) 18時02分

 そうですね。5人はきっちり戻っていただきたいですね。それともう1人ですよ。矢野聡子さん。

 前にも記しましたが、元々理由不明で矢野さんがフォレスタを抜けたことが、今回につながる女声ゴタゴタのすべての始まりだったと私は見ています。

 矢野さん休止告知の直後、それまでは定期的にブログ更新されていた吉田静さんが、3ヵ月ほどノー更新でしたからね。矢野さんは吉田さんにとって、武蔵野音大の先輩でもありなおかつフォレスタ活動以前から親交があり、「矢野聡子先輩」と慕っていたようです。

 何かそうとうショッキングな出来事が矢野さんに起きたな、と私はその時直感したのです。

投稿: 時遊人 | 2018年4月 3日 (火) 00時35分

別の方のブログから新メンバーの記事があったので投稿させていただきます!メンバーは全員ソプラノで、
吉田和夏
年齢は大学院卒で新国立劇場オペラ研修所(今年で18期)13期修了のようなので、その他のプロフィールを見て考えても32歳ぐらいではないでしょうか!

吉田明未(はるみ)
修猷館高校を21年に卒業したとホームページにあったので遅生まれなら27歳ではないでしょうか?日本名曲アルバムにレギュラーで出演していたようです!

三宅里菜
四年前の十月に行われた東京国際声楽コンクールにて入賞し武蔵野大学三年在学中とあるので、25歳ぐらいではないでしょうか!
以上がざっくりしたプロフィールでございました!全員美人揃いで、貴殿が想像した通り三人ともにお二人より若い方のようですね!

投稿: 高橋一三 | 2018年4月25日 (水) 18時13分

 いつも貴重な情報をご提供いただき、大変ありがとうございます。

投稿: 時遊人 | 2018年5月 1日 (火) 00時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【朝日新聞大スクープ】森友文書、財務省改ざん!ひょとこ麻生らはバックレているが、これは内閣総辞職ものの大問題だぞ安倍晋三! | トップページ | 【森友公文書改ざん】麻生の首では済まない 森友改竄で内閣は2つ分飛ぶ »