« 【安倍3選阻止に直結】大注目の新潟県知事選 再稼働反対派の池田県議出馬で二階幹事長のシナリオが破綻! 自公候補の“エセ県民党”ぶりが明らかに | トップページ | 【嘘八万大納言】安倍首相が破棄したはずの「官邸記録」を根拠に加計理事長との面会を否定(笑)。首相動静に載せなかった極秘会談の数々 »

【安倍政権終了】致命的な愛媛県文書!2015年2月25日安倍首相と加計孝太郎氏面談 首相「そういう新しい獣医学部の考えはいいね」

-21日夕方から、加計疑惑をめぐる超ど級のニュースが駆け巡った。愛媛県が21日、2015年4月2日に首相官邸で行われた柳瀬唯夫・元首相秘書官と同県職員らの面会に関連する新たな記録文書を参院予算委員会に提出したことがわかったのだが、その文書の中身が凄い。同文書の中には、加計学園側が2015年2月25日に加計理事長が安倍総理と面会したと説明している下りがあるのだ。面会は15分程度で、加計理事長から愛媛県今治市に獣医学部を設置することを説明したという。これに対して安倍総理は「そういう新しい獣医大学の考えはいいね」とコメントしたというのである。これは安倍晋三の息の根を止める内容である。というのも安倍は昨年7月以来、「私が今治市への加計学園獣医学部新設を知ったのは今年(2017年)1月20日だった」と一貫して言い続けてきた、それが大嘘であったことが愛媛県公文書で明らかにされたからだ。去年1月どころではない。3年以上前に安倍は腹心の友・加計孝太郎から知らされていたのだ。この大嘘の何が問題かと言うと、過日の予算委員会で江田憲司衆院議員が鋭く指摘したように、第2次安倍政権になってから安倍は加計と17回もゴルフ、会食を重ねているが、何年も前から獣医学部設置を知っていたとなると、安倍と加計間での贈収賄事件に発展する可能性が出てくるからだ。江田議員が言うように金額の多寡は問わないのだ。安倍晋三は例の1月20日発言の少し前、それを知らずに「加計さんとはおごったり、おごられたりする仲だ」と答弁しているのである。後で今井尚哉秘書官だか誰だかが知恵を付け、真っ青になった安倍は「(それ以降加計とは会っていない)1月20日まで知らなかった」で押し通すことにしたのだろう。過日の柳瀬唯夫(元秘書官)参考人の虚偽答弁もすべては「1月20日」大嘘を通すためのものだったのである。トランプ訪米機中での安倍・柳瀬口裏合わせも、今回の愛媛文書ですべて水の泡である。通常ならこれにてジ・エンド。安倍晋三は潔く非を認めて約束どおり総理も国会議員も辞任すべきである。しかし安倍はご案内のとおり尋常な神経の持ち主ではない。早速(官邸と口裏合わせ済みの)加計学園は21日夜、「理事長が15年2月に総理とお会いしたことはございません」と文書内容を否定するコメントを発表し、政権関係者によると安倍総理も面会を否定する方針だという。いやはや、だったら愛媛県提出の公文書が改ざん文書だとでも言うのか。こうなったら仕方ない。「英雄」中村時広知事よ、次は4月2日の官邸での録音テープを突きつけてやれ! (大場光太郎・記)-

関連記事
安倍首相の”虚偽答弁”裏づける愛媛県の官邸訪問”爆弾記録”全文入手〈dot.〉 
http://www.asyura2.com/18/senkyo244/msg/872.html
加計学園が文章内容を否定
https://news.nifty.com/article/domestic/government/12145-031279/


54931

      

      

安倍総理が醜い嘘をつけばつくほど、真実は後から追いかけてくる。総理が1日その職にあれば、その分だけ行政が腐る。

愛媛県新文書 “3年前 加計氏が安倍首相に獣医学部構想説明” | NHKニュース   https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180521/k10011447081000.html

|

« 【安倍3選阻止に直結】大注目の新潟県知事選 再稼働反対派の池田県議出馬で二階幹事長のシナリオが破綻! 自公候補の“エセ県民党”ぶりが明らかに | トップページ | 【嘘八万大納言】安倍首相が破棄したはずの「官邸記録」を根拠に加計理事長との面会を否定(笑)。首相動静に載せなかった極秘会談の数々 »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【安倍3選阻止に直結】大注目の新潟県知事選 再稼働反対派の池田県議出馬で二階幹事長のシナリオが破綻! 自公候補の“エセ県民党”ぶりが明らかに | トップページ | 【嘘八万大納言】安倍首相が破棄したはずの「官邸記録」を根拠に加計理事長との面会を否定(笑)。首相動静に載せなかった極秘会談の数々 »