« 【恥さらし害交の晋】歴史の転換に「蚊帳の外」 安倍“圧力”“遠吠え”外交の虚無 | トップページ | 【妄動害交の晋】トランプ頼みのトンチンカン 拉致解決には安倍退陣が必要 »

【安倍3選を阻め】新潟県知事選 この結果次第で政局も 奢る政権には鉄槌が必要

-本当に安倍政権連中は国民を舐めきっている。現日本国憲法の三大原則の一つ「国民主権」を完無視の態度だ。こんな酷い政権は戦後というより、安倍晋三らが唱える「明治維新150周年」で初めてだろう。モリカケ大疑惑では国民の7割以上が納得していないのに、今なお嘘の上塗り答弁を貫き通し、財務相文書改ざんでは佐川ら20人への大甘処分で森友自体を一件落着とするつもりだ。張本人の安倍晋三や安倍昭恵、麻生太郎らは余裕で無罪放免。加計でも大問題の2015年2月25日の安倍晋三と加計孝太郎との面談の事実を覆し、ツーカーの加計学園の「当時、県や市に架空の話をしてしまった」与太話を押し通すつもりだ。モリカケ解明に不可欠として野党側が昨年来、安倍昭恵や加計孝太郎らの証人喚問を求め続けても政府与党はゼロ回答。自分たちで真相解明を遅らせておきながら「モリカケ追及はもういい加減にするべきだ」も何もないもんだ。そして何かというと、国会での野党追及、国民の疑念から逃れるため、「悔しかったら真似してみろ」と言わんばかりに、これ見よがしに晋三&昭恵被疑者夫妻は国費使ってのナンセンス外遊三昧だ。こんな非道政治をこれ以上見逃してはいけない。最近問題となった日大アメフト事件のような安倍に倣った事件が全国各地の各分野で続々起こり、この国のモラルはどんどん腐っていくだろう。新潟県知事選投開票日がいよいよ明後日に迫った。これを逃すと安倍政権に鉄槌を下すチャンスは来春の統一地方選までなくなる。希代の破廉恥男・安倍晋三は9月の自民党総裁選に何食わぬツラして名乗り上げ、ほぼ間違いなく3選を果たすことだろう。しかし同知事選で自公候補を敗北させれば、安倍3選に暗雲が垂れ込める。これまでの経緯を示すまでもなく、田中角栄の出身県・新潟での安倍自民党は惨敗続きである。「新潟の乱」を安倍政権打倒の大契機に! (大場光太郎・記)-

関連記事
四半世紀も眠っていた「田中角栄の愛弟子」が安倍一強打倒に動き出した
https://news.nifty.com/article/item/neta/12113-039585/

首相外遊中に歴史は動く/政界地獄耳(日刊スポーツ)
http://www.asyura2.com/18/senkyo245/msg/782.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 6 月 07 日 10:35:10
https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/201806070000226.html
2018年6月7日9時38分 日刊スポーツ

 ★自民党筆頭副幹事長・小泉進次郎は6日、加計学園の獣医学部新設をめぐり「どう考えても『愛媛県にうそをついた』というのはおかしい。(国会に)特別委員会を立ち上げてほしい」と発言した。小泉発言は政界に及ぶ影響が大きい。だが、国会に特別委員会が設置される機運はない。5日の自民党総務会では、財務省の決裁文書改ざん問題の調査結果に批判が噴出した。「当事者だけで作った報告書は信用できない」「なぜ改ざんが行われたのかや、国有地の値引き理由も明確ではない」に始まり、元財務省理財局長で前国税庁長官・佐川宣寿の「停職3カ月相当の処分は甘い」にまで話題は広がった。

 ★総務会長・竹下亘も「一定のことは書いてあったが、ストンと落ちる状況ではなかったというのが正直な感想だ」と苦言を呈した。その竹下は派閥の会長就任祝いとして5日夜、首相・安倍晋三の招待で会食した。約3時間の中身はなかなか漏れてこないが、政局認識、総裁選と多岐に及んだものとみられる。自民党総務会の財務省批判は、野党のそれと立場は違うものの、一体化し始めた。自民党からも副総理兼財務相・麻生太郎辞任論が高まれば、事実上の倒閣運動に飛び火することは明白。麻生の責任論は首相の責任論に直結する。まして首相発言が文書改ざんの契機となっていたとなれば、なおさらだ。

 ★与党は慎重に推移を見守るが、麻生問題は政権の存命に直結する。政界関係者が言う。「6日に首相が日米首脳会談、カナダのG7に向かう。帰国は11日の予定。この間に秋の総裁選の行方が決まるだろう。主人公が外遊中に歴史は動くものだ」。党内が水面下で動きだすのは、麻生降ろしと安倍3選阻止の2段構え。与野党対決の構図になっている新潟県知事選(10日投開票)の結果も影響するだろう。政局はこの週末、1つのヤマを迎える。(K)※敬称略

5517

新潟県知事選の結果次第で政局も 奢る政権には鉄槌が必要(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/18/senkyo245/msg/799.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 6 月 07 日 20:30:15
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/230672
2018年6月7日 日刊ゲンダイ 文字起こし

5518
“疑惑の夫妻”そろってまた外遊(C)共同通信社

 安倍政権の面々の頭の中をのぞいてみたいものだ。世論を完全に見くびっているのか、あるいはオツムの程度によるものなのか。政権の恐るべき非常識が一段とエスカレートしている。

 森友学園への国有地売却を巡る財務省の決裁文書改ざん問題は、まるで決着がついたかのありさまである。改ざんの端緒をつくった安倍首相は一貫して頬かむりで、省トップの麻生財務相は続投。閣僚給与1年分170万円を自主返納するといったって、政界きっての資産家の麻生にとっては痛くもかゆくもないだろう。内部調査で改ざんそのもののきっかけを明らかにしないまま、理財局長だった佐川宣寿前国税庁長官を中心とした関係職員20人にすべての責任をなすりつけ、疑惑の幕引きを図ろうとしている。

 政治評論家の野上忠興氏はこう言う。

「公文書改ざんや虚偽答弁によって1年以上も国会審議は空転し、主権者である国民はないがしろにされ、自殺者まで出てしまいました。マトモな神経であれば道義的責任を取って辞任している。羞恥心はないのか。安倍首相と麻生財務相に聞いてみたいものです」

 ウソにウソを塗り重ね、デタラメを並べてその場しのぎ。そんなメチャクチャで無理筋を通し、やりたい放題なのは、国民をナメ切っているからだ。

「どうせすぐ忘れる」――、相も変わらずそうタカをくくっているのである。

■蚊帳のソト外交で目くらまし

 ハレンチ体質の増長に加担しているのが、いまだに安倍にベッタリと寄り添う大メディアだ。財務省の調査報告書では、昨年2月に安倍が国会で「私や妻が関与していれば首相も国会議員も辞める」と強弁して以降、改ざんが始まったと結論付けている。にもかかわらず、親密な大手紙は「佐川氏が改竄主導」「佐川氏答弁が契機」などと、官邸のシナリオに沿って佐川氏を断罪し、財務省を糾弾する。政治的中立性を口実に電波停止で揺さぶられるテレビもそうだ。政権寄りのコメンテーターに官邸の意向を代弁させ、論点を巧妙にズラす。そうして、世論の7割以上が政権に不審の目を向けながら、内閣支持率3割の壁は破られない異常な状況が続いているのである。

「自民党は世論の傾向を右寄り3割、左寄り2割、無党派層5割とみています。無党派層を少しでも引き寄せれば、政権基盤は安定する。そこで取り込まれているのが貧困化に不満を抱く若年層なのです。現状打開を訴え、次から次へと新しいことをやろうとする安倍政権の主張を真に受けてしまう。新聞購読率が低いことなどからウソやデタラメを見抜けず、安倍政権を支持する悪循環に陥ってしまっています」(立正大名誉教授の金子勝氏=憲法)

 追い詰められるとハデに動き回る性質の安倍は、またぞろ外遊を詰め込み、「核・ミサイル、何よりも大切な拉致問題が前進するようトランプ大統領と擦り合わせ、米朝首脳会談を成功させたい」と大口を叩いて米ワシントンへ飛び立った。急展開する北朝鮮情勢にまったく関与できず、蚊帳のソト外交を露呈しているのに、どうやって成功させるというのだろうか。

5519
麻生財務相の辞任を求める野党は合同集会(C)日刊ゲンダイ

■組織選を展開する与党は徹底的な“安倍隠し”

 国民をトコトン愚弄する狂乱政権がのさばり、自民党も野放しにしているのは、政権を直撃する国政選挙がないからだが、鉄槌を下すチャンスは目の前にある。終盤戦に突入した新潟県知事選(10日投開票)だ。野党5党が推薦する元県議の池田千賀子候補(57)と、自公が支持する前海上保安庁次長の花角英世候補(60)による事実上の一騎打ちの構図で、情勢はまさに横一線。デッドヒートを繰り広げている。

「安倍政権への審判」と位置付ける野党は幹部が続々と現地入りし、2016年の参院選以降に定着した野党共闘の強みをフル稼働。東電柏崎刈羽原発の再稼働問題の争点化とともに、モリカケ問題をはじめとする一連の疑惑を訴えて猛攻をかけている。6日は立憲民主党の枝野代表が街頭に立ち、「永田町、霞が関を向いて県政ができるのか」「(官僚出身の)上からのリーダーか、皆さんの暮らしに寄り添った草の根からのリーダーを選ぶかが問われている」と声を上げた。一方、与党も総力戦で臨んでいるが、徹底的な“安倍隠し”で動いている。この日は二階俊博幹事長、岸田文雄政調会長、塩谷立選対委員長が揃って新潟入りするも、表舞台を避け、別行動で企業や支援団体回りに徹した。

 現地で取材するジャーナリストの横田一氏がこう言う。

「与野党対立構図の排除を狙う花角陣営は政党色を消そうと『県民党』を掲げていますが、実態は自公与党の丸抱え。地元選出の“魔の3回生”が告示翌日に開かれた建設業協会の会合に参加してマイクを握り、〈勤務時間中にぜひお願いします〉と露骨な期日前投票を呼び掛けてヒンシュクを買っていましたが、それほど自公はなりふり構わぬ組織戦を展開しています。反原発で浸透を図る池田候補も善戦しているので、投票箱を閉じる瞬間まで結果が読めない大接戦になっています」

 自民党きっての人寄せパンダの小泉進次郎筆頭副幹事長が応援に入っていないが、「二階幹事長も出席した党副幹事長会議で、副幹事長は全員新潟入りするように要請があったようです」(自民中堅議員)というから、最終盤までどうなるか分からない。

■「山が動いた」参院選大勝は岩手発

「新潟県知事選は野党共闘で誕生した前知事の辞職を受けたもので、本来なら与党が“勝てる選挙”。この勝敗は間違いなく政権の浮沈を左右することになる。統一地方選を来春に控える地方の自民党員の不満は、世論同様に高まっています。与党系候補が敗北すれば地方の“安倍離れ現象”が加速するのは必至で、来夏の参院選への影響は避けられない。1989年の参院選で旧社会党が大勝を収め、土井たか子委員長(当時)が〈山が動いた〉と名言を残しましたが、その口火を切ったのが『岩手ショック』と呼ばれた87年春の参院岩手補選でした。中曽根政権がブチ上げた売上税導入への反対を訴えて勝ち、世論を根底から突き動かす流れをつくったのです。与党が新潟県知事選を落とし、内閣支持率3割を割り込めば、9月の自民党総裁選に向けた党内政局が一気に動く可能性がある。安倍首相の出馬そのものが危うくなるでしょう」(野上忠興氏=前出)

 日米首脳会談後にカナダで開催されるG7首脳会議へ向かう安倍は、11日までは外遊浸り。投開票日は日本を留守にするが、与党系候補が勝てば「信任を得た」と胸を張り、負ければ「地方選にいちいちコメントしない」とか言って知らんぷりを決め込むのは目に見えている。しかし、大惨敗に追い込まれればそうはいかない。新潟で国民の良識を突きつけなければウソだ。


      

      

野党6党派による【麻生大臣の辞任を求める!野党合同緊急院内集会】
日本共産党は小池晃書記局長が、「麻生大臣のみならず安倍政権全体の責任を問うべきだ」と主張し「全ての道は安倍首相に通じている。内閣総辞職を求めてたたかい抜こう!」と呼びかけました。

|
|

« 【恥さらし害交の晋】歴史の転換に「蚊帳の外」 安倍“圧力”“遠吠え”外交の虚無 | トップページ | 【妄動害交の晋】トランプ頼みのトンチンカン 拉致解決には安倍退陣が必要 »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【恥さらし害交の晋】歴史の転換に「蚊帳の外」 安倍“圧力”“遠吠え”外交の虚無 | トップページ | 【妄動害交の晋】トランプ頼みのトンチンカン 拉致解決には安倍退陣が必要 »