« 【晋三苦渋の決断】<当然だ、判断遅すぎ!>安倍首相、欧州・中東訪問とりやめ 大雨被害対応で パリ祭見られず昭恵不貞寝かw | トップページ | 【日本の恥!】英BBCが西日本豪雨報道 記事の最後、片山さつき議員のツイート引用、赤坂自民亭の酒盛りを報じている。国内メディアだんまり »

【スナイパータッグ!?】小泉純一郎、小沢一郎が“安倍3選”阻止 進次郎はどう動く?

-例え西日本大集中豪雨が襲い掛かっている最中に「安倍晋三と腐れ自民仲間たち」がドンちゃん騒ぎの大酒盛りをやらかそうと、安倍晋三の政治生命が揺らぐことは決してない。広義の意味で「腐れ外道仲間たち」の一員である大手メディアがその事実を報道しないからだ。ために、多くのおめでたいB層国民はそんなことがあったことさえ知らないのだ。かくて9月に行われる自民党総裁選は安倍3選確実の情勢と見られる。が、しかし。
霹靂火(へきれきか)・秦明(しんめい)の狼牙棒(ろうがぼう)の一撃のような政界大衝撃となるのか否か。何と宿敵ともみなされてきた小泉純一郎と小沢一郎だが、「安倍3選阻止」を狙って、タッグを組む動きを見せているという。近く開かれる小沢一郎の若手育成政治塾に小泉純一郎が講師として出席予定というのだ。両者互いに快諾しているという。この二人の急接近に安倍官邸はピリピリだという。この両者を結びつけたキーワードは「脱原発」。小泉も小沢もかつては積極的に原発建設に関わってきた。が、福島第一原発事故とそれ以降の悲惨な状況を目の当たりにして両者とも百八十度考えを改め脱原発論者となったのだ。人間誰でも過ちは犯す。が、その手痛い経験に学び過去の過ちを悔い改められるかどうか。人間の真価が問われる場面だ。小泉と小沢はそうした。だが、第一次政権時代「全電源喪失は起こり得ない」と答弁し共産党議員の提言を突っぱね、福一事故でその通りの事を起こしてしまった、いわば福一事故のA級戦犯の安倍晋三。こやつはどうか。現安倍政権を見ても分かるとおり、師匠筋の小泉がいくら説得しても、頑なに原発推進の立場を変えようとしないのだ。なぜか。俗に言う「原発村」こそ、安倍晋三と腐れ外道仲間たちの“奥の院”のひとつであるからだ。それはともかく。小泉の息子の小泉進次郎が反安倍に動けば、安倍優位の総裁選は大きく動く可能性がある。是非そうあらんことを!小沢はともかく、小泉親子には「?」もつく。が、今はそんなこと言っちゃいられない。「鼠を捕る猫は黒でも白でも良い猫」ということで。 (大場光太郎・記)-

5546
狼牙棒を手に持って敵陣に突撃する、水滸伝中の英雄の一人・霹靂火(へきれきか)秦明

小泉純一郎、小沢一郎が“安倍3選”阻止 進次郎はどう動く?〈週刊朝日〉
http://www.asyura2.com/18/senkyo247/msg/598.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 7 月 12 日 01:22:05
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180710-00000053-sasahi-pol
AERA dot. 7/11(水) 7:00配信 週刊朝日  2018年7月20日号

5543
小泉純一郎氏(撮影/写真部・東川哲也) 

5544
小泉進次郎氏 (c)朝日新聞社 

5545
小沢一郎氏 (c)朝日新聞社  

 9月に総裁選を控える自民党が、小泉進次郎氏の動きに神経をとがらせている。進次郎氏が事務局長を務める超党派で国会改革に取り組む「『平成のうちに』衆議院改革実現会議」が7月5日、開催され、野党からも国民民主、日本維新の会などの中堅・若手議員が参加。自民党からは浜田靖一元防衛相、福田達夫防衛政務官らも参加した。

「将来の政界再編をにらんだ布石ではないか」(自民党中堅議員)との臆測が広がる中、父・純一郎氏が動きだした。自由党の小沢一郎代表の政治塾で15日、特別講演を行うのだ。

 かつて自民党でライバルだった2人を結びつけた石川知裕元衆院議員は本誌にこう語る。

「『小泉さんに脱原発の講演をしてもらったらおもしろい』という話が出て小沢先生に打診したら、『ぜひお願いしよう』と快諾。小沢事務所が小泉事務所に連絡を取ると、数日後にご本人から『この話、小沢先生、知っているの』と問い合わせがあり、OKしていただいた。小泉さん側が頼んだという一部報道も出ましたが、間違いです」

 実は小泉氏と小沢氏は「脱原発」ですでにタッグを組んでいる。小泉氏が1月に発表した「原発ゼロ・自然エネルギー基本法案」をたたき台に、自由、立憲民主、共産、社民の野党4党が3月、「原発ゼロ基本法案」を衆院に共同提出。小泉氏は本誌の独占インタビューで「原発再稼働を推進する安倍首相が交代しないと原発ゼロに舵は切れない」(4月27日号)と断言した上、安倍首相に「3選はないね」「国民はあきれてんだよ」と引導を渡した。だが、安倍首相は国会でモリカケ疑惑をかわし続け、着々と9月の総裁選で3選するべく派閥票固めに走りだした。すると小泉氏は5月、原発再稼働が争点となった新潟県知事選で自由党などが支援した野党候補を激励。だが、結果は与党候補に敗北した。

「次の政界再編は、憲法9条改正、右か左かではなく、原発を将来どうするかというテーマでドラスティックにやったほうがいいと考えています。私個人としては、小沢先生は小泉さんとも意見が合うと思っています」(前出の石川氏)

 総裁派閥の細田派は政界再編と小泉親子の動きをこう警戒する。

「党内では昭恵夫人責任論も収束し、安倍さんは麻生派、二階派の票を固め、様子見の岸田派、竹下派も最終的には勝ち馬のうちに乗るだろう。だが、安倍さんの対抗馬になる石破(茂)氏と進次郎氏がタッグを組めば、ガラリと戦況が変わる。総裁選で原発問題なんか持ち出されたら、混沌としてくる危険性もある」(細田派関係者)

 小泉氏は4月の本誌のインタビューで総裁選候補についてこう語っていた。

「原発ゼロというのは、河野太郎外務相が私より先に言いだした。もし、河野さんが原発ゼロを主張して総裁選に出たら、どうなるかわかりませんよ。岸田(文雄)氏、石破氏は原発には言及していないね」

 その河野外相も進次郎氏の衆院改革実現会議に姿を見せている。

「安倍さんは前回、石破氏に大差をつけられた地方票を挽回するべく地方行脚、自民党議員らと写真撮影、会合を重ねている。だが、小泉親子の動き次第では一寸先は闇となるかも……」(自民党中堅議員)

(今西憲之/本誌・森下香枝) 


      

         

スナイパータッグ⁉

小泉純一郎、小沢一郎が“安倍3選”阻止 進次郎はどう動く?〈週刊朝日〉AERA dot.

安倍さんの対抗馬になる石破(茂)氏と進次郎氏がタッグを組めば、ガラリと戦況が変わる。総裁選で原発問題なんか持ち出されたら、混沌としてくる危険性もある」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180710-00000053-sasahi-pol

|
|

« 【晋三苦渋の決断】<当然だ、判断遅すぎ!>安倍首相、欧州・中東訪問とりやめ 大雨被害対応で パリ祭見られず昭恵不貞寝かw | トップページ | 【日本の恥!】英BBCが西日本豪雨報道 記事の最後、片山さつき議員のツイート引用、赤坂自民亭の酒盛りを報じている。国内メディアだんまり »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【晋三苦渋の決断】<当然だ、判断遅すぎ!>安倍首相、欧州・中東訪問とりやめ 大雨被害対応で パリ祭見られず昭恵不貞寝かw | トップページ | 【日本の恥!】英BBCが西日本豪雨報道 記事の最後、片山さつき議員のツイート引用、赤坂自民亭の酒盛りを報じている。国内メディアだんまり »