« 小沢一郎、最後の戦い <参院選にらむ>小沢氏 増す存在感 議員歴49年、3度目の政権交代へ「最後の挑戦」 | トップページ | 【下関市火炎瓶事件】暴力団排除を謳うカジノ法案最高責任者・安倍晋三の指定暴力団との動かぬ癒着ぶりを見よ »

【国民よ知れ】人でなし安倍が公然とやってきた海外での金のばらまきの背後には、こんな還流のシステムがあった…

-これは以前から一部で囁かれていたことだ。が、今回はツイッターという拡散力の強いネット手段により改めて取り上げられたということだ。地球儀俯瞰外交だかなんだか知らないが、安倍晋三ほど何かにつけて海外旅行に出て行く総理は前代未聞である。理由は気分転換、外遊び好き、国会での厄介な追求逃れ・・・いろいろあるのだろう。が、安倍晋三外遊の「最大の目的」はこれではないのか?つまり「空飛ぶATM機」と揶揄される安倍だが、そのたびに超多額の金を各国にばら撒くこと。安倍再登板後の6年弱で分かっているだけで52兆円もの国民資産が海外消失したという。そしてそこから、「守銭奴」をキーワードの一つとする、安倍晋三自身の懐にバックマージンが転がり込んでいた可能性があるというのだ。安倍外遊には必ずといっていいほど国内大手企業幹部がぞろぞろついていく。なぜかといえば、行った先の国とのODA資金援助交渉がまとまれば、どこかの国内企業が同援助金プロジェクトに食い込めるからだ。おそらく「安倍晋三へのバックマージン3%」は、当該企業から見返りとして払われているのだろう。いやはや。規模が国際的になっているが、その基本構造は江戸時代の「悪大官と越後屋」と変わりないのだ。52兆円×0,03=1,56兆円。こんなべラボーな額が安倍晋三の隠し口座に振り込まれている可能性があるのだ。それだけではない。各国ばら撒き以外に、米国にも安倍になってからポンコツ武器の買い付けなどで52兆円と同額かそれ以上貢いでいるはずだ。そこからの見返りもある。さらにはモリカケスパリニア等々における「山賊分け」の安倍取り分。そんなこんなをひっくるめれば、パナマだかスイスだかの安倍晋三秘密口座には3兆円以上が隠されていておかしくない。元はといえば国民の税金だぞ。以前誰かが「安倍晋三は石川五右衛門以来の大泥棒」といった。まさに安倍晋三は、安倍昭恵共々熱湯釜茹での刑が相当である。でんでん、アッキー、おかまゆで~w (大場光太郎・記)-

関連記事
安倍首相が頻繁に外遊する本当の目的! 
http://www.asyura2.com/18/senkyo247/msg/360.html

55426
※画像クリック拡大

人でなし安倍が公然とやってきた海外での金のばらまきの背後には、こんな還流のシステムがあった…
http://www.asyura2.com/18/senkyo247/msg/796.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 7 月 17 日 08:10:05
https://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/bd0df4ef627207301e63bda861a9883e
2018年07月17日 のんきに介護

非一般ニュースはアカウント凍結@kininaru2014111さんのツイート。

55426_2

      

         

安倍政権、今回の58被災自治体に交付したのは、たったの約350億円。海外にカネをバラまくのには理由がある、それは「3%のバックマージン」

|

« 小沢一郎、最後の戦い <参院選にらむ>小沢氏 増す存在感 議員歴49年、3度目の政権交代へ「最後の挑戦」 | トップページ | 【下関市火炎瓶事件】暴力団排除を謳うカジノ法案最高責任者・安倍晋三の指定暴力団との動かぬ癒着ぶりを見よ »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小沢一郎、最後の戦い <参院選にらむ>小沢氏 増す存在感 議員歴49年、3度目の政権交代へ「最後の挑戦」 | トップページ | 【下関市火炎瓶事件】暴力団排除を謳うカジノ法案最高責任者・安倍晋三の指定暴力団との動かぬ癒着ぶりを見よ »