« 【国民よ怒れ!】国民の“命の源”を売り飛ばすのか 水道民営化法案の危うさ | トップページ | 【第2の悪鬼ー奴事件発覚】安倍昭恵と怪しい新興宗教 晋三&昭恵野放しでは悪事底なし こやつ等を成敗出来るか否かに日本の命運がかかっている »

【愉快、痛快】北朝鮮!言うも言ったり おらが国の「特大不正醜聞事件」安倍晋三に退陣勧告

-今回のワールドカップサッカーはまるで関心なし。そんな私でも、対戦前から日本対ベルギー戦は日本が100%負ける試合と思っていた。本来ならベスト16進出してはならないのに、国内で高まるアベノナショナリズムの期待を一身に受け、なりふり構わぬ戦法で出張ってきたのが日本なのである。まあ強豪ベルギー相手に2点を先行もぎ取り、相手を慌てさせた選手各位には敬意を表したい。が、そもそも日本チームそのものが、緒戦のコロンビア戦で相手の大ミスによる得点絡みで何とか勝てたものの、それ以降は引き分け、負け、負けの結果である。これが日本チームの実力。隙に乗じてまぐれ勝ちすることはあっても、相手に先行されながらそれをひっくり返し逆転する力は残念ながら日本代表チームにはない。日本代表が去ったベスト8以降の各試合こそ真に白熱の今大会の華となるであろう。甚だ辛らつではあるがこれが率直な私の評である。と、一くさり脱線したが、本題であるその後の北朝鮮情勢に移る。板垣氏最新情報では、ワールドカップサッカー大会に埋没した感のある北朝鮮情勢だが、7月15日を境に大きく動き出す可能性がある、と。どんな動きなのか仔細には読み取れないが、いずれにせよ米、中、ロ、韓、朝が互いに連携し合っての動きらしいが、残念ながらそこに日本の名はない。近隣諸国皆で米朝関係を良い方向に持っていこうとしている動きに日本は水を差す可能性がある上、無策無能な安倍晋三に相談するだけ無駄というもの、米、中、ロ、韓のどこからもお呼びがかからないのだ。信じられないことに、安倍政権下では北朝鮮、金正恩との直接ルートは何もないという(何が「拉致の安倍」だ)。だから安倍外務省は今、泥縄式に朝鮮半島全体を担当していたアジア大洋州局北東アジア課を分離し、北朝鮮専門として「第2課」をにわか拵えした、でんでん。いやはやだ。これだから、形勢逆転して反撃に転じた北朝鮮が、「特大不正醜聞事件」と呼ぶモリカケ問題で安倍晋三が槍玉に上げられ「退陣勧告」を突きつけられるのだ。とは言え、北「労働新聞」の論調はすこぶる正論、国内外のイルミナティ&偽ユダヤ息がかりメディアのどこも触れないのに、国家私物化犯罪被疑者糾弾、退陣勧告はすこぶる痛快である。 (大場光太郎・記)-

北朝鮮をめぐるニュースは、FIFAワールドカップの陰に霞んでいるけれど、水面下で動いており、「7月15日」を境に大きく動き出す
http://www.asyura2.com/18/senkyo247/msg/261.html
投稿者 笑坊 日時 2018 年 7 月 03 日 14:13:38
https://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/4ed061a8db6e3bac9e2eba5d2bafe440
2018年07月03日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆〔特別情報1〕
 東ヨーロッパ初のロシアで開催されている第21回目の2018FIFAワールドカップ(6月14日~7月15日)最中のいま、北朝鮮にかかわるニュースは、影を潜めている。これは、ニュースになっても、FIFAワールドカップの陰に霞んでしまうことから、米、中、ロ、韓、朝が意識的に、表立つ動きを控えているからだ。だが、アヒルの水かきの如く、水面下では、「7月15日」を境に次の展開に向けて、大きく動き出すという。ただし、総合情報誌が「『外交の安倍』という虚名」(トランプに次いで、打つ手は他力本願ばかり。政権はただ拉致問題を政治利用するだけだ)とヤユしているように安倍晋三首相は、「蚊帳の外」のままで表舞台に出る幕はない。これは、天皇陛下のごく近くにいる吉備太秦(※ きびのうずまさ)の情勢判断である。

【阿修羅掲示板投稿へのコメントより】

1.    2018年7月03日 15:18:36 : O4pUfLwvsA : lleAWoei_CE[472]
サッカー日本が敗退したとのこと嬉しい。

やっと終わった。
世間がいくらか静かになるか。
どこもかしこも狂ったようにサッカーの話ばかりであきれる。
特に御用放送のNHKは、非常に、異常にサッカーばかり。
馬鹿みたいだった。

(この頃のNHKは内容も酷いがアナもゾンビのようなクタビレた声ばかりで何か圧倒的に教育され続けているような暗い声か、そうでなければ民放でもやらないような叫び声で元気を装っている声か、どちらにしても非常に聞き苦しい。
本当に安倍晋三と共に凋落したメデイアだと感じる。気の毒に。)

55311

安倍首相に北が“退陣勧告” 空費された拉致対策費130億円

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/232527

投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 7 月 04 日 07:10:05
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/232527
2018年7月4日 日刊ゲンダイ

55310
安倍首相と面会する拉致被害者家族会の飯塚繁雄代表と横田早紀江さん(C)共同通信社 
(※第1次安倍政権から今日まで130億円もの拉致対策費が計上され、使途不明部分がかなりあるらしいが、「家族会」主要メンバーもかなり掴まされていることだろう。拉致家族会も安倍延命に大きな貢献をしているのではないか?)

 日朝首脳会談の実現を模索する安倍首相をアザ笑うかのように、北朝鮮がアベ批判を強めている。拉致問題の解決を前面に押し出す安倍首相に反発する北朝鮮は、朝鮮労働党機関紙の労働新聞などを通じて「過去の清算」をたびたび主張していたが、論調を変化。ついに“退陣勧告”を突きつけた。

 労働新聞は論評(2日付)で、「特大不正醜聞事件」と呼ぶモリカケ問題で追い詰められた安倍首相の状況をこう分析。

〈今になって権力の座を譲り渡せば、やつらが日本政治史に不正腐敗の親分として、政界を乱した張本人として汚名を残すことになると憂慮している〉

 民主党政権時代の菅直人元首相を引き合いに出し、〈日本政界の現状は、何年か前の「菅直人降ろし」を彷彿とさせる〉〈菅直人政権は日本政治史に「無能な政権」として刻まれている。安倍政権が退陣すれば、容赦なく「腐敗した政権」との烙印を押されるだろう〉〈安倍はすでに民心を大きく失った。民心を撹乱し、だますためにペテンにかけようとしているが、政権維持の助けにはならない〉などと、斬って捨てた。

      

         

安倍首相が第1次政権発足と同時に設置した拉致問題対策本部にこれまでに投じられた予算は130億円を超えるとも言われています。第2次政権以降、予算は急増。年間16億円規模に膨れ上がっていますが、その成果は見えてきません。 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/232527

|
|

« 【国民よ怒れ!】国民の“命の源”を売り飛ばすのか 水道民営化法案の危うさ | トップページ | 【第2の悪鬼ー奴事件発覚】安倍昭恵と怪しい新興宗教 晋三&昭恵野放しでは悪事底なし こやつ等を成敗出来るか否かに日本の命運がかかっている »

国際情勢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【国民よ怒れ!】国民の“命の源”を売り飛ばすのか 水道民営化法案の危うさ | トップページ | 【第2の悪鬼ー奴事件発覚】安倍昭恵と怪しい新興宗教 晋三&昭恵野放しでは悪事底なし こやつ等を成敗出来るか否かに日本の命運がかかっている »