« 【反日レッテル貼りの晋】反日を煽る安倍一派こそ“売日” そもそも国民を分断させる手法は「悪魔の仕組み」なのである | トップページ | 【嘘八万大納言】安倍晋三「金正恩委員長と直接話をし、核、ミサイル、拉致問題を解決する」と ウソもここまで来ればほとんどビョーキだ »

【7月がピーク】取らぬ狸の皮算用票目減りする一方か なのに「安倍圧勝」と報じたアベ友読売は安倍晋三の危機感の裏返しだ 

-最近の天木直人氏文、自民党総裁選などをテーマとして鋭く冴えた指摘をしている。だから当ブログでもつい転載してしまう。今回もそうである。それにしても同総裁選告示1ヵ月前、肝心の安倍晋三自身はまだ正式に立候補表明してもいないのに、「首相、議員票7割固める」と1面トップでデカデカ報じるとは。新聞では読売、テレビではNHKが「安倍友」の代表格と相場が決まっているが、あまりにも露骨な司令塔電通→読売“謀略”ラインによる「安倍圧勝シナリオ」ではないか。思えば安倍再登場以降の数度の国政選挙は、事前に読売を中心とした大手各新聞社の「自公絶対多数を超える勢い」大キャンペーンを張られ、実際投票集計機「ムサシ」操作によりそのシナリオ通りに票数合わせをやられ、衆参絶対多数状況が作られてきた。不正は何も不正集計機ムサシばかりではない。その手法はさまざまあり、読売を中心とする大手紙による安倍圧勝キャンペーンもれっきとした不正選挙手段なのである。おかげで不正で得た「数の力」で、安倍晋三&同政権は戦争法などの大悪法を次々に凶行成立させ、なおかつ自分や妻の昭恵らが直接関与したモリカケ山等の国家私物化犯罪事件をすべてうやむやにしてしまった。すべての元凶は安倍晋三だが、そんな犯罪被疑者をまたぞろ担ぎ出す多くの自民党衆参議員も同罪と見なければならない。と共に、そういう状況作りに積極的に加担している読売、NHK等の大手マスコミの罪も厳しく問われなければならないのである。 (大場光太郎・記)-

【大手新聞各社が不正選挙に加担している動かぬ証拠】

※ これは2014年12月14日実施(告示日:同年12月2日)された総選挙における、告示直後の12月4日付け大手各紙1面トップの横並び選挙予測を取り上げた当時の当ブログ記事の抜粋である。過去に何度も引用したが、何度でも引用すべきと考えるので今回また引用する。
(『これが自民圧勝詐欺の動かぬ証拠だ!』より)
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/post-bec3.html

(引用開始)
                       *
 安倍首相を支えている大新聞は、低投票率にするために、わざと選挙前に「自民300議席へ」という記事を1面に掲げる予定だという。無党派層に「もう勝負はついた」「投票に行ってもムダだ」と諦めさせる狙いだそうだ。

 しかし、12月14日の総選挙を棄権したら、安倍首相の思うツボだ。

                       *

 上の記事は、夕刊紙『日刊ゲンダイ』11月26日号に掲載されたものです。日刊ゲンダイはこの情報を独自ルートで入手したのだそうです。
(『有権者はいいのか?無党派層が棄権なら「自民大勝」の悪夢』)
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/155224

 そして日刊ゲンダイの予告どおり、12月4日の大新聞各紙朝刊1面には―。


35578_5

(引用終わり)

「安倍圧勝」と報じた読売は安倍首相の危機感の裏返しだ  天木直人 
http://www.asyura2.com/18/senkyo248/msg/732.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 8 月 06 日 12:00:05

55536_2


「安倍圧勝」と報じた読売は安倍首相の危機感の裏返しだ
http://kenpo9.com/archives/4069
2018-08-06 天木直人のブログ

 きょう8月6日の読売が一面トップで大きく報じた。

 自民党総裁選で安倍首相が国会議員票の7割を固めたと。

 石破氏を圧倒していると。

 しかし、その記事をよく読むと、一面トップで報じるほどの意味はない。

 むしろ、290票という数字はかつて310票と報じられていたものより少なくなっている。

 その理由は竹下派が割れたからだ。

 そして、これからも安倍派から石破派に移る票は、少しずつ増えて行くだろう。

 つまり安倍首相が獲得する国会議員票は、いまがピークなのだ。

 そにも関わらず、なぜ読売が今こんなことを一面トップで書くのか。

 それは、早い段階で安倍圧勝を印象付け、国会議員票の落ちこぼれを防ぐためだ。

 そして何よりも、安倍首相に不利だと言われている党員票をつなぎとめるためだ。

 要するに安倍首相の危機感の裏返しなのである。

 安倍首相は、これから9月末の総裁選まで、メディアを使い、バラマキ政策を続け、外交の安倍を喧伝して、要するにあらゆる手を使って、なりふりかまわず総裁選の票集めに邁進するに違いない。

 その焦りがばれて、ますます票を減らしていく(了)


自民総裁選、首相が議員票7割固める…読売調査
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20180805-OYT1T50075.html
2018年08月06日 07時17分 読売新聞

55537

 9月の自民党総裁選で、連続3選を目指す安倍晋三首相(党総裁)が国会議員票(405票)の7割超を獲得する勢いだ。読売新聞社が調べた結果、細田派など4派閥に加え、態度未定の竹下、石原両派と無派閥でも首相支持が45人に上り、計290票に達した。出馬に意欲を示す石破茂・元幹事長は25票、野田聖子総務相は2票だった。

 国会議員調査は、岸田政調会長が総裁選出馬断念と首相支持を表明した7月24日以降に行った。首相と石破氏、野田氏の3人のうち、だれを支持するかを尋ねた。態度未定の2派閥と無派閥議員については計140人のうち104人から回答を得た。

 総裁選は1人1票の国会議員票と、同数の党員票計810票で争われる。党内7派閥のうち、最大勢力の細田派(94人)と麻生派(59人)、岸田派(48人)、二階派(44人)は首相支持を表明済みだ。
(ここまで364文字 / 残り480文字)
※続きはトップ紙面をご覧ください

      

         

増税包囲網は隅々まで来ている。ひとつは適格請求書発行事業者ですが、人を「適格」で区別するという、何様のつもりだろう。:自民総裁選、首相が議員票7割固める…読売調査 : 読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20180805-OYT1T50075.html?from=tw

|
|

« 【反日レッテル貼りの晋】反日を煽る安倍一派こそ“売日” そもそも国民を分断させる手法は「悪魔の仕組み」なのである | トップページ | 【嘘八万大納言】安倍晋三「金正恩委員長と直接話をし、核、ミサイル、拉致問題を解決する」と ウソもここまで来ればほとんどビョーキだ »

マスコミ、ダマスゴミ」カテゴリの記事

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【反日レッテル貼りの晋】反日を煽る安倍一派こそ“売日” そもそも国民を分断させる手法は「悪魔の仕組み」なのである | トップページ | 【嘘八万大納言】安倍晋三「金正恩委員長と直接話をし、核、ミサイル、拉致問題を解決する」と ウソもここまで来ればほとんどビョーキだ »