« 【とんだブラックジョーク】鴨ねぎATM&無能便利屋の安倍晋三に世界中が3選“大歓迎”? 「外交の安倍」が聞いて呆れる無残 | トップページ | 【ダークホース→】小泉進次郎 薩長田布施在日末裔政権たらい回しによる日本滅亡無限ループ  »

【20日まで何かが起きる!?】安倍3選ですんなり行くのか、安倍でも石破でもない第三の男登場という大どんでん返しの結末も?

-20日投開票の自民党総裁選まで後4日と迫った。告示前からの安倍陣営大ブラフ通り、党員票、議員票合わせて安倍晋三7割、8割の圧勝で終わるのか、それとも石破茂が大健闘して3割以上の票を獲得できるのか、もしそうなれば戦前からの安倍陣営の大風呂敷は大きく覆されることとなり、仮に安倍3選となってもその後の政権運営は難しくなると予想されている。しかしここで話題にしたいのはそんなことではない。当ブログでは以前から連日のように総裁選関連記事を出しているが、その際冒頭に必ずといっていいほど板垣英憲氏情報を載せている。阿修羅掲示板などでは「デマガキ」などという心無い言い方もされる板垣氏情報だが、当たる当たらないはともかく記事としてポジティブだし、とにかく面白いのだ。定期的に当ブログをご訪問いただいている人たちはご承知だろうが、その板垣氏が最近総裁選に関して注目すべき情報を連発している。安倍晋三と麻生太郎が「MSA資金」の一部を抜き取ったことが発覚、それはキッシンジャー、トランプ、プーチン、習近平らの知るところとなり、国際決済銀行、CIA、FBI等が中心となり、こぞって安倍晋三3選を阻む方向で工作しているというのだ。自民党主要派閥の長には「もし安倍3選を支持したらあんたらも同罪だぞ」と言い含めていると。最近では、日米合同委員会や米国大使館までその動きに加わり、人伝てにそれを聞かされた自民党衆参議員や全国党員は大ショック、動揺が走っている。すんなり安倍晋三3選とは行かない混沌たる情勢になってきた、云々(うんぬん)。そして少し前は、今回再転載するが、結果的に安倍は当然アウトながら石破もダメ、「無投票でダークホースが選ばれる」とまで言っている。最新記事では、安倍晋三と麻生太郎の汚物処分が、総裁選が行われる20日までに行われる、と。「MSA資金」の一部ネコババの件は、作り話にしては金額816兆円と明示しチョーリアルなのである。わが国はおろか海外メディアもいまだ報道していないが、安倍と麻生ならやりかねないし実際あったことなのではないか?と思われてくる。ただ「無投票でダークホース」や「20日までに安倍+麻生処分」はいささか非現実的過ぎるとも思われる。が、こんなまたとないいい話を小耳に挟んだからには、童心に返って「♪早く来い来い、お正月~」の気分で待ちたいものである(笑)。 (大場光太郎・記)-

【追記】
 また触れる機会があるかもしれないからここでは名前は出さないが、私が掴んだところでは「無投票でダークホース」は「何だ、そうかよ~」的人物だという。これだけで、勘の鋭い人はピンと来たかもしれないなぁ。

安倍晋三首相が招く「人類滅亡の危機」、MSA資金の分配(シェア)を妨害している「汚物処理」を急ぎ、日本の体制を変えなけれ
http://www.asyura2.com/18/senkyo250/msg/612.html
投稿者 笑坊 日時 2018 年 9 月 13 日 09:38:47
https://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/2800492518318649bbf71e0040599777
2018年09月13日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆〔特別情報1〕
 天皇陛下のごく近くにいる吉備太秦は、危機感を募らせている。「表の世界には出ていないけれども、何かが起きている。自民党内で、安倍晋三首相でも石破茂前地方創生相でもダメだという話になっており、無投票でダークホースが選ばれる。そのダークホースがだれかは、まだわからないけれど、安倍晋三首相が9月14日にロシア・ウラジオストクから帰って来て、20日までの間に何が起こるか」と。「新機軸チーム」(キッシンジャー博士、トランプ大統領、プーチン大統領、習近平国家主席)と金正恩党委員長が仕掛けた罠にすっかり嵌められた安倍晋三首相。とくにプーチン大統領が「年末までに前提条件なしで、日ロ平和条約締結を」(底意=第2次世界大戦で勝ち取った北方領土はロシアのもの、永久に返還しない)と提案されて、うっかり乗ってしまうと最大の支持母体・極右集団「日本会議」から命を狙われかねない状況に陥る。吉備太秦は、国際政治の裏舞台で起きていることを以下のように説明している。

「安倍晋三首相を落とせ」とキッシンジャー博士とトランプ大統領の命令を受けた駐日米大使館・CIAが指示を出し…
http://www.asyura2.com/18/senkyo250/msg/678.html
投稿者 笑坊 日時 2018 年 9 月 15 日 09:04:43

「安倍晋三首相を落とせ」とキッシンジャー博士とトランプ大統領の命令を受けた駐日米大使館・CIAが指示を出し、自民党各派閥の国会議員の多くが動揺している
https://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/9c1fa332f6626a74fac091d4c5827c76
2018年09月15日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆〔特別情報1〕
 「安倍晋三首相を落とせ」-キッシンジャー博士とトランプ大統領の命令を受けた駐日米大使館・CIAが9月初め、自民党総裁選挙(9月7日告示・20日投開票)について、こう指示を出していた。「派閥が何を言おうが、マスコミがどう書こうが、とにかく安倍晋三政権を打倒せよ」というのだ。これらの情報に自民党各派閥の国会議員の多くが、大ショックを受けており、動揺しているという。天皇陛下のごく近くにいる吉備太秦らが、安倍晋三首相と麻生太郎副総理兼財務相が「MSA資金」の一部を抜き取った罪の大きさを問題にしている最中でもあり、安倍晋三首相の形勢は、ますます悪くなってきている。

天皇陛下が、世界銀行・IMFに話しをつけて、速やかにMSA資金を動かし、国際的に解決されたが、安倍晋三首相と麻生太郎副総理兼財務相の処分が行われる
https://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/0eb6ff61a464f21571f837ae4c592fc0
2018年09月16日 06時59分11秒  板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆〔特別情報1〕
 天皇陛下と小沢一郎代表に託されている「MSA資金」をG20へ分配(シェア)する資金の一部「816兆円」(第1回分配4京3000兆円のうち16兆円+第2回分配5京円のうち800兆円)が安倍晋三首相と麻生太郎副総理兼財務相によって抜き取られていた事件により、分配手続きがストップしていた。このため、米国トランプ大統領はじめロシアのプーチン大統領、中国の習近平国家主席などが「早く実行して欲しい」と激しく突き上げてきていた。これに対して、天皇陛下が9月14日、すでに承認が終わっている分について、世界銀行・IMFに話しをつけて、安倍晋三首相と麻生太郎副総理兼財務相に関係なく保証機構にMSA資金を入れて、とにかく資金を動かすことの了解を得て、資金を動かしたうえで、速やかに次の作業に入り、国際的には解決した。これを受けて、安倍晋三首相と麻生太郎副総理兼財務相の処分が行われる。とくに安倍晋三首相が、自民党総裁選挙の投開票日である20日までに処分を受けるという。これは、天皇陛下のごく近くにいる吉備太秦の最新情報である。

板垣・二十日までに安倍と麻生に処分が下る、安倍でも石破でもない者が選出される。だそうである。
http://www.asyura2.com/18/cult19/msg/612.html
投稿者 ポスト米英時代 日時 2018 年 9 月 16 日 12:31:26

小渕の万事宜しく頼むコースか、ベンによると病死ではなく、実質、処刑のような自殺を選んだとされるマケインコースが想像されるが、ガッキーの吉備団子情報は眉唾が必要だが、討論会で火炎瓶よいしょだった筈の橋本下郎らが、珍しく辛辣な質問をしていたのが、何か起きそうな気配を感じさせるが、基本が3球三振で、自由契約になりそうな時にホームランを打つガッキーがかっ飛ばすのか、いつものホラなのか、当てにせずに注目である。 

【上注釈】
「小渕の万事宜しく頼むコース」 小渕恵三元首相は米国のその筋から脳梗塞に至る薬を盛られ人事不省に陥った。直後、青木幹雄官房長官(当時)が密室に自らを含めた5人を集め、小渕総理は後継者として「森喜朗を指名した」と嘘の発表をしたこと。
「マケインコース」 私も知らなかったが、先ごろ死亡が発表されたジョン・マケイン氏の死亡は病死ではなく、「処刑のような自殺」だったわけである。安倍晋三もあるいはこのコースをたどるのか、ということ。
「ガッキー」 板垣英憲氏のこと。

(以上、転載終わり)

関連記事
内外に波乱、焦りで錯乱…総裁選まだハプニングがあるだろう(日刊ゲンダイ) 
http://www.asyura2.com/18/senkyo250/msg/705.html

|

« 【とんだブラックジョーク】鴨ねぎATM&無能便利屋の安倍晋三に世界中が3選“大歓迎”? 「外交の安倍」が聞いて呆れる無残 | トップページ | 【ダークホース→】小泉進次郎 薩長田布施在日末裔政権たらい回しによる日本滅亡無限ループ  »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。