« 【人間国宝ならぬ人間国難】安倍晋三、次々に大災害を引き寄せる!てか、過去安倍政権下で起こった大災害の多くは「人工」だろ | トップページ | 【安倍尊師】「国を売るぞ国を売るぞ国を売るぞ」 プーチンから「年内平和条約締結」のクセ球を投げつけられ、安倍は答えに窮し白痴的ニタニタ笑い »

【安倍外交の正体】「親しい」米ロから冷水浴びせられる外交&よくもこんな不毛な首脳会談を22回も続けられるものだ

-安倍晋三3選支持派の“言い訳”のひとつは、「安倍総理は外交の達人。トランプ、プーチンら主要国首脳と差しで話が出来る、こんな政治家は他にいない。よって安倍氏が総理でなければこの国の外交は立ち行かない」というようなものである。安倍晋三3選支持派は何も7割以上というヘタレ自民党衆参議員ばかりではない。NHK岩田明子3号さんのような、また田崎史郎のような寿司友マスコミ人も含めてである。へっ、アンタらえらい高給食(は)みながら、馬鹿も休み休み言えってんだ。安倍晋三のどこが「まともな外交」なものか。5年半かけてやってきた地球儀俯瞰外交なるものは、成果ゼロの、晋三&昭恵お手々つないでのお気楽「外遊び」だったではないか。成果ゼロというよりも、海外に要らざる数十兆円をばら撒き、国民には窮乏を強いるだけの成果マイナス「害交」だったではないか。「外交の安倍」などタチの悪いブラックジョークの類いでしかない。また別の機会に譲るが、日本にとって最重要であるべき宗主国のトランプから安倍は完全に見切られている。安倍が総理でいる限り、日米関係の深刻な事態が今後どんどん顕在化してくることだろう。今回転載するのは、つい最近行われたロシア・ウラジオストクでの日露首脳会談裏真相についてである。過日のニュースでは、何にでも、とうとう天気予報にまで「安倍首相」をタイトルにつけ、「安倍チャンネルぶりもここまできたか」と大顰蹙を買ったNHKなどは、「両国の経済協力を今後とも進めていくことで合意した」などとさも安倍訪ロ大成功の報道ぶりだった。が、実際はプーチンから2時間半も待たされたことに象徴的なように甚だお寒い内容だったわけである。トランプ、プーチン、習近平、文在寅、金正恩という大切な近隣五カ国だけに絞ってみても、安倍晋三の外交手腕を評価している首脳は一人もいない。皆、心の中では安倍を馬鹿にし軽蔑しきっているのだ。これは世界各国首脳すべてがそうだと思うぞ。こんな者をあと3年間も国のトップリーダーとして戴かなければならない日本国民にとっては、ホントえらい災難である。 (大場光太郎・記)-

「親しい」米ロから冷水浴びせられる外交/政界地獄耳(日刊スポーツ)
http://www.asyura2.com/18/senkyo250/msg/486.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 9 月 10 日 09:55:05
https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/201809100000195.html
2018年9月10日9時13分 日刊スポーツ

★地球儀を俯瞰(ふかん)する外交を信じている国民がどのくらいいるのか知らないが、外交は国民に届かない水面下の動きや、事なきを得たために表面化しない、徒労に終わることの少なくない作業だ。首脳会談までこぎつけるということは、それまで現場の外交官や民間人、政治家の見えない努力がある場合も多い。方針は立てても手柄は首相に持っていかれるものだ。その意味では日本の外相は官邸の外交部門を担うだけ、よほど外交通でないと独自の外交ルートなど持ちえない。

★過去には幾人か外交こそ政治家としての役割と議員外交を専門にしていた議員もいたが、小選挙区制になると地元より「外国のことが大切なのか」と選挙区で小言を言われかねず、いわゆる外交通は姿を消した。6日、米紙ウォールストリート・ジャーナルは米トランプ大統領が同紙のコラムニスト、ジェームス・フリーマンとの電話のやりとりで、日米貿易問題に触れ「日本がどれだけ(米国に)払わなければならないかを伝えた瞬間、(良好な関係は)終わるだろう」とした。次の標的は日本だとも記されている。既にトランプは別の発言では「パールハーバー」も使っている。首相・安倍晋三は国連総会に出席するため、25日にニューヨークに行く予定で、日米首脳会談も予定されている。米サイドも11月の中間選挙を控え、貿易赤字の解消を成果にカウントしたい模様だ。この発言でトランプの安倍への信頼とはそんなものだと考えるのが合理的だろう。

★だが、その駆け引きを乗り越える外交ができるかどうかで外交が強いという形容詞は初めて使える。毎回まごまごして兵器の購入を決めてくるだけの関係を良好な、とか強固な日米同盟などとは言わない。一方、今日10日にも日ロ首脳会談を予定している首相だが、3日にはロシア海軍の軍艦28隻が宗谷海峡をオホーツク海から日本海に向けて通過したと防衛省が発表した。親しいはずの両国から足蹴(あしげ)にされる外交のどこが素晴らしいのか。(K)※敬称略

安倍晋三首相は,ウラジオストクでの東方経済フォーラムに出席して極めて屈辱的な扱いをされ厳しい尋問を受け、帰国後の自民党…
http://www.asyura2.com/18/senkyo250/msg/568.html
投稿者 笑坊 日時 2018 年 9 月 12 日 10:48:37
https://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/54ce48c78807e653aaa8d645c01fad77
2018年09月12日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆〔特別情報1〕
 安倍晋三首相は9月10日、ロシア・ウラジオストクで開催の東方経済フォーラム(9月11日~13日)に出席し、プーチン大統領と日ロ首脳会談後、共同記者会見を行った。だが、プーチン大統領は日ロ首脳会談に2時間半も遅刻してきたばかりでなく、共同記者会見で安倍晋三首相は、ロシア側が用意していた原稿を読まされて極めて屈辱的な扱いをされた。今後、滞在期間中、ロシアから厳しい尋問を受ける可能性がある。一方、北朝鮮の金正恩党委員長は、トランプ大統領に親書を送り、トランプ大統領が、親書の内容に「感謝している」と述べたというけれど、金正恩党委員長は、訪米時期を明らかにしていない。それは正恩党委員長が、トランプ大統領が「天皇陛下から貰った400兆円からいくらか工面してくれないか」と必ず要求してくると察知しているからで、国連総会一般討論(9月25日から)に立つことを見合わせて、しばらく訪米時期を調整しようとしているという。いま、正恩党委員長が国連総会に出席する可能性は、五分五分だ。結局、安倍晋三首相の「早期辞任」が問われているのだ。自民党総裁選挙(9月20日)は、想定外の事態が起こり得る。これは、天皇陛下の近くにいる吉備太秦が得た「キッシンジャー博士発」のトップ情報である。

よくもこんな不毛な首脳会談を22回も続けられるものだ  天木直人
http://www.asyura2.com/18/senkyo250/msg/531.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 9 月 11 日 16:05:05
http://kenpo9.com/archives/4171
2018-09-11 天木直人のブログ

 昨日夜のNHKニュースウォッチ9は、途中で中断して日ロ首脳会談後の記者会見の模様を報じはじめた。

 見たくもなかったものを見せられてしまった。

 ペラペラとしゃべり続ける安倍首相の顔を見ながら、よくもこんな不毛な首脳会談を22回も続けられるものだと思った。

 しかも不毛さ加減は回を追うごとにひどくなっている。

 そして、よくもこんな不毛な結果を、あたかも成果があったように得意げに話せるものだと思った。

 安倍首相の顔がこれ以上ない間抜け顔に見え、こんな男が6年近くも自分の国の首相に居座っている事に心底腹が立った。

 少しでも外交がわかる者ならそう思わない者はいないはずだ。

 なにしろ北方領土問題はどんどんと後退し、もはや北方領土は、取り返すどころかプーチンに取られてしまったも同然だからだ。

 しかもである。

 今度の訪ロの直前に、プーチンのロシアは北方領土を軍事基地化し、軍事演習まで行っている。

 当然ながら菅官房長官は抗議している。

 それをロシアは一蹴している。

 だから最後は安倍首相がプーチンに一発かまさなければいけないはずだ。

 いい加減にしろと。

 それが今度の首脳会談で最初に言わなければいけない最重要議題だった。

 ところがどうだ。

 二時間以上も待たされた挙句、笑顔ですり寄るばかりだ。

 従属は米国だけで十分だ。

 しかもである。

 さっさと帰って来て、石破との一騎打ち論争を続ければいいのに、東方経済フォーラムにまで出席するという。

 あれはプーチンと習近平の結束を世界に誇示する場だ。

 そんな東方経済フォーラムにおめおめと参加して仲間外れされてどうする。

 国内問題では日本国民を騙せても、外交では世界は騙せない。

 安倍首相は日本の恥さらしだ。

 これだけは元外交官として許す事が出来ない。

 それにしても、私が書くものは、最近では必ずメディア批判で終わる事になるのだが、こんな不毛な首脳会談をボイコットするメディアは皆無だ。

 NHKや読売が「外交の安倍」という偽ニュースを流すのはわかるが、せめて安倍首相に潰されそうな朝日は、安倍訪ロなど報道に値しないと言わんばかりに無視すべきだ。

 報道されなければ存在しないも同然だ。

 腹も立たない(了)


      

         


日露首脳会談

安倍首相「しっかりと…」

通算22回目にもなる日露会談…いくら回数を重ねても、北方領土を返還に導くどころか、献上してしまう首相。

今やるべきことは大災害からの復旧活動や、総裁選の論戦に応じることであって、外遊費を使っての“成果なき”会談ではないのでは❓

|
|

« 【人間国宝ならぬ人間国難】安倍晋三、次々に大災害を引き寄せる!てか、過去安倍政権下で起こった大災害の多くは「人工」だろ | トップページ | 【安倍尊師】「国を売るぞ国を売るぞ国を売るぞ」 プーチンから「年内平和条約締結」のクセ球を投げつけられ、安倍は答えに窮し白痴的ニタニタ笑い »

国際情勢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【人間国宝ならぬ人間国難】安倍晋三、次々に大災害を引き寄せる!てか、過去安倍政権下で起こった大災害の多くは「人工」だろ | トップページ | 【安倍尊師】「国を売るぞ国を売るぞ国を売るぞ」 プーチンから「年内平和条約締結」のクセ球を投げつけられ、安倍は答えに窮し白痴的ニタニタ笑い »