« 【内憂外患の晋】外遊びに出れば爪弾き 国に戻ってみれば外堀・内堀埋められつつあり 内外ともに大変な安倍晋三 | トップページ | 【平成筆頭老害】渡邉恒雄 死んだのかまだ生きているのか? どちらかというと氏んでくれた方が・・・ »

【北から攻めてくる時がこの世の終わり始めなり】仮に二島が返還されても喜んではいけない 究極の大国難が現実となりかねないのだ

-先週は「すわっ、二島返還に大前進か」と新聞・テレビがいっせいに色めきたった。安倍晋三とプーチンとの23回目の会談で、どうやらそのための合意がなされたらしい、戦後の大懸案だった北方領土問題もこれでようやく解決か、さすがは「外交の安倍」、だからこういう難しい外交問題は安倍首相にしか解決できないのだ、でんでん、と。しかしその後明らかになった事には、その実態は「たいしたもんだよ蛙のションベン、見上げたもんだよ屋根屋のふんどし・・・」という寅さんお得意のダジャレ口上クラスの嗤うべきものでしかなかった。プーチンは、そんな言質は一言も安倍日本側に与えていなかったことがわかったのだ。9月の会談でプーチンからの「無条件のロ日平和条約締結を年内に結ぼう」の超くせ球に何の返答もせずニタニタ笑いで誤魔化した、その帳尻合わせというか恥の上塗りが今回の会談、むしろ56年共同宣言以前に逆戻りしかねない代物だった。もし仮に歯舞、色丹の二島返還が現実になったとしても国民は手放しで喜んではいけない。それじゃ北方領土全体のたった7%に過ぎないじゃないか、という以前に日本として求めていくべきはあくまで四島一括返還、それ以外はダメなのである。その理由の一端を2番目転載の板垣英憲氏情報が明かしている。以下うがったことを述べよう。「北から攻めてくる時がこの世の終わり始めなり」 これは日月神示預言の重要な警告である。日月神示で最大の悪魔とされる「八頭八尾大蛇」(やつがしらやつおのおろち)は別名「オロシアの極悪神」と呼ばれているのである。日月神示は「八通りの読み方が出来る」といわれている。だからこの一節の「北」が何を意味するのかも解釈の分かれるところだ。が、もっとも素直な読み方では、やはりそれは「ロシアの脅威」を意味するとしか取れないのではないだろうか。ところで安倍昭恵よ。アンタ、日月神示も読んでるんだろ。なら、盆暗亭主に「安直に北方領土問題に首突っ込んじゃダメよ」と教えてやりなよ。 (大場光太郎・記)-

56312

56313


安倍晋三首相とプーチン大統領が合意した「日ロ平和条約締結後、北方領土の歯舞、色丹2島返還」は、「米ロ中3国首脳と話がついている」といい、裏に「巧妙な陰謀」のワナ
https://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/7400a4424491c8c99bd9842c6e05bdb7
2018年11月16日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆〔特別情報1〕
「米トランプ大統領、ロシアのプーチン大統領、中国の習近平国家主席の間で話がついている」とは、「日ロ平和条約締結後、北方領土の歯舞、色丹2島を返還する」ことで米ロ中3国首脳と話がついているという意味だ。安倍晋三首相が、11月14日夜、シンガポーで、ロシアのプーチン大統領と23回目の首脳会談に臨み、「北方領土を返還した後、米軍基地を設けないという一札を入れる」条件付きで、日ロ平和条約締結を結ぶことに合意したと発表した。だが、北方領土返還問題は、「2島返還論」と「4島一括返還論」をめぐり国論が2分、自民党内も、この相似形で「分裂」している。しかし、「米ロ中3国首脳と話がついている」という裏には、安倍晋三首相を早期退陣に追い込もうとする「巧妙な陰謀」が隠されていることを見逃してはならない。

日本外務省の北方領土返還の主流は、「4島一括返還論」である。安倍晋三首相の「2島先行返還論」には、プーチン大統領の狡猾な陰謀を許してしまう危うさがある。
https://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/8540697553fc86c200efd9b69a44d1ed
2018年11月18日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆〔特別情報1〕
 日本の最北端にある稚内-ロシア連邦のサハリンを結ぶ架橋・海底トンネル建設構想がある。これについて、日本国内には、「ロシア軍が、架橋・海底トンネルを通って、突然、電撃的に侵攻してきたらどうするか」という懸念がある。ソ連軍が1945年8月9日、日ソ不可侵条約を破棄して、満州に侵攻、北海道侵略を目指して、海から猛攻撃を仕掛けて、北方領土4島を奪い取ったという「悪夢」は、未だにトラウマになっている。この状況下、日本国内には、北方領土返還をめぐり、「2島返還論」「2島返還+α論」「2島先行返還、後に2島返還論」「4島一括返還論」が渦巻いている。

プーチンに一杯食わされた安倍首相(2島すら返ってこない)  天木直人
http://www.asyura2.com/18/senkyo253/msg/691.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 11 月 16 日 11:30:05:
http://kenpo9.com/archives/4423
2018-11-16 天木直人のブログ

 プーチン大統領の首脳会談後の記者会見の言葉を聞いて我が耳を疑った。

 なんと、安倍首相が交渉の基礎にすると言った日ソ共同宣言について、
「2島がどのような条件で、どこの主権下に入るかは書かれていない」と述べたのだ。

 これは2島返還すら認めないと言ったのと同じだ。

 北方領土問題に関するこれまでの日本外交を全否定する発言である。

 前進どころか後退である。

 まさしく、これがプーチン大統領のくせ玉の真意だったのだ。

 北方領土問題の解決に前のめりの安倍首相の弱みに付け込んで、2島返還すら交渉事項に引き戻そうとしたプーチン大統領に、まんまと一杯食わされたのだ。

 すべてはあのとき、プーチン大統領の投げたクセ球を即座に打ち返せず、作り笑いで沈黙した安倍首相の無能さにある。

 万死に値する稚拙な安倍外交だ。

 自民党や外務省の保守派が安倍倒閣に動かないほうがおかしい(了)



<露大統領>プーチン氏「領土、容易に妥協せず」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181115-00000088-mai-eurp
毎日新聞 11/15(木) 20:56配信

56311
プーチン露大統領=AP

 【モスクワ大前仁】プーチン露大統領は15日、前日の日露首脳会談で「日ソ共同宣言」(1956年)に基礎を置き平和条約交渉を加速化させると一致したことに関連し、歯舞群島と色丹島の2島の引き渡しについて「どのような基準が設けられて、どちらの主権になるのかが記されていない」と述べ、容易には妥協しない立場を強調した。訪問先のシンガポールで記者会見し語った。

 共同宣言は平和条約締結後の歯舞、色丹2島の日本への引き渡しを明記。プーチン氏は、安倍晋三首相が14日の首脳会談で日ソ共同宣言を出発点として平和条約交渉に臨みたい意向を伝えてきたと明かした。宣言は2島の引き渡しに関する詳細に触れていないことから「不明確な点も多い」との認識を強調しており、今後の交渉難航は必至だ。

 かつてのプーチン氏は日ソ共同宣言が有効であると明言していたが、最近は、旧ソ連と日本の議会がそれぞれ批准しておきながら日本が宣言内容の履行を拒絶したとの認識を繰り返し表明している。この日の会見でも「日本が履行を拒絶したことから、この状態が続いている」と言明。ロシアとして慎重に取り組む姿勢を崩していない。

      
         

露大統領:プーチン氏「領土、容易に妥協せず」 http://bit.ly/2DkX0tr 


      
         

安倍のウソに騙されるな!!

まだ何も決まっていない!!

露大統領:プーチン氏「領土、容易に妥協せず」
https://mainichi.jp/articles/20181116/k00/00m/030/102000c


      
         

スプートニクと同じ。変わっていない。

露大統領:プーチン氏「領土、容易に妥協せず」 https://mainichi.jp/articles/20181116/k00/00m/030/102000c


      
         

北方領土の「2島先行返還」案は、安倍首相からの発言だとプーチンがコメント。さらに「容易に妥協しない」ってハシゴも外されてる。
▽dメニューニュース:プーチン氏「領土、容易に妥協せず」(毎日新聞) https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/mainichi/world/mainichi-20181116k0000m030102000c?fm=twitter


      
         

まさか安倍は宣言だけで交渉しようと乗り込んだ訳じゃあるまいな。それなら戦国武将以下だぞ。 https://mainichi.jp/articles/20181116/k00/00m/030/102000c


      
         

露大統領:プーチン氏「領土、容易に妥協せず」 - 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20181116/k00/00m/030/102000c
”かつてのプーチン氏は日ソ共同宣言が有効であると明言していたが、最近は、旧ソ連と日本の議会がそれぞれ批准しておきながら日本が宣言内容の履行を拒絶したとの認識を繰り返し表明している。”


      
         

露大統領:プーチン氏「領土、容易に妥協せず」

《日ソ共同宣言…歯舞群島と色丹島の2島の引き渡しについて「どのような基準が設けられて、どちらの主権になるのかが記されていない」と述べ、容易には妥協しない立場を強調した》

※モスクワ大前特派員https://mainichi.jp/articles/20181116/k00/00m/030/102000c


      
         

だから、前に向かって加速じゃなくてヘタすりゃ全速で後退するって話なんだよ。要するに手玉にとられてるってこと。TVに東郷某やら佐藤某やらが出てくるだろうけど、目眩まし役だよ。

『露大統領:プーチン氏「領土、容易に妥協せず」』
毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20181116/k00/00m/030/102000c


      
         

ソ連がドサクサに紛れて奪い取ったから無効というのが日本の主張とはいえ、奪い取った領土を簡単に返す国などロシアに限らず世界中どこにもないと思う。

露大統領:プーチン氏「領土、容易に妥協せず」 https://news.nicovideo.jp/watch/nw4198379/comments/31608760


      
         

ほら?
プーチンは早速「日ソ共同宣言には歯舞、色丹を引き渡すと書かれているが、引き渡す根拠やどちらの主権のもとに島が残るか書かれていない」
だろ!
4島が2島になり、2島返還どころか更に後退じゃないか💢
安倍さんでは荷が重すぎる。他の人に代わってもらいなさい。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181115/k10011712211000.html


      
         

【本当に外交ができないんだ】前提条件なしで反論できなかった大失態をカバーすべく、アベは「二島返還」転換にすり替えたが、結局、プーチンは北方2島の主権も交渉対象だと言っている。四島返還放棄なら二島返還もナシでいいだろうって。足下見られて交渉になっていない。https://bit.ly/2zUvqjg 


      
         

いったい何度同じ議論を繰り返せば気が済むのか。①四島返還など絶対にない。②二島返還の絶対条件は、アメリカの軍事主権がそこに及ばないこと。決められるのは日本ではなくアメリカ。③プーチンの口から、ついにその奇怪な戦後日本の姿が世界中に広く暴露されたということだhttps://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000140758.html


      
         

歯舞・色丹の主権、妥協せず…プーチン氏が見解(読売新聞) https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181115-00050118-yom-int

「島は返しても主権はロシアだ」

…(´・ω・)(・ω・`)ごめんなさいプーチン何言ってるかわけわかんね


      
         

プーチン大統領「2島の主権について引き続き協議が必要」 | NHKニュース   https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181115/k10011712211000.html >つまり日露間の領土問題は二島返還からさらに後退したということだ。これが安倍外交の実情。


(以上、転載終わり)

|

« 【内憂外患の晋】外遊びに出れば爪弾き 国に戻ってみれば外堀・内堀埋められつつあり 内外ともに大変な安倍晋三 | トップページ | 【平成筆頭老害】渡邉恒雄 死んだのかまだ生きているのか? どちらかというと氏んでくれた方が・・・ »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【内憂外患の晋】外遊びに出れば爪弾き 国に戻ってみれば外堀・内堀埋められつつあり 内外ともに大変な安倍晋三 | トップページ | 【平成筆頭老害】渡邉恒雄 死んだのかまだ生きているのか? どちらかというと氏んでくれた方が・・・ »