« 【またスピン!?】ゴーン会長逮捕 入管法改悪の目くらまし | トップページ | 【ゴーン逮捕劇】仏ロスチャイルドへの牽制、芋づる式に子分の安倍・麻生失脚もあり得る!? »

【悪徳勢力仲間割れ?】日産ゴーン逮捕で日米英による「フランス切り捨て」加速か…マクロン大統領への報復

-ゴーン日産会長の逮捕は、こういうことでもなければうかがい知れなかった日産という企業を取り巻く複雑な事情を垣間見せてくれた。単なるゴーン会長、グレッグ・ケリー代取の逮捕、日産の内輪もめだけで済みそうにない。第二、第三と続く展開が予測され、日米英と仏の国家間対立にまで発展する可能性があるというのが今回転載記事の骨子である。だいたいが、マクロン仏大統領というのは仏ロスチャイルド家の“番頭”のようなものだろう。ベンジャミン・フルフォード情報では、総帥ジェイコブ・ロスチャイルド死去(?)によりイギリスのロスチャイルド家はまともになりつつあるが、フランスのロスチャイルドの悪業は収まっていないという。だからといって英ロスチャイルド家の流れにある日米英が善、仏が悪という単純な割り切りもできないのだろう。が、いずれにせよ、21世紀に入ってこの方、グローバリズムという美名のもとユダ金系外国資本の侵食・蹂躙を許してきたわが国大手企業だった。が、今回のゴーン逮捕劇をきっかけに、日産がそれ以前の本来の「純国産企業」に戻り、それが成功して他の大手企業のお手本になってくれることが望ましい。ただそれには時の政権によるその面での確固たる国家ビジョンが必要だ。しかるに“時の政権”の安倍晋三総理は、ビジョンがはなはだ不明確だ。「美しい国」という日本会議パクリビジョンを掲げながら、一方では新自由主義礼賛でTPP(FTA)、モンサント法、水道民営化法、外国人労働者受け入れ何でもオーケーだ。政権維持のため、新自由主義(その本質は「獣的競争主義」)の大本の国際的悪魔勢力の下僕に成り下がっているのである。冒頭の板垣氏情報のように、11月11日のパリ凱旋門での第一次世界大戦100周年記念式典に、同大戦での戦勝国だったにもかかわらず、60カ国余関係国首脳のうちで安倍晋三だけがスポイルされたという。大本営報道機関はまったく報道しないが、安倍はもう世界からまともに相手にされていないのだ。そんな役立たずに明確なビジョンを示せるはずがない。日産生え抜きによる今回の「純国産企業回帰クーデター」は、気がついたらしたたかなフランス政府、ルノー、ゴーンに返り討ちにされる可能性無きにしも非ずである。 (大場光太郎・記)-

【本日の画像w】

56320

日本は、第1次世界大戦の戦勝国だったのに、安倍晋三首相は、「MSA資金」運用益抜き取り事件が災いし、パリの凱旋門での「終結100年式典」に招待されず、大恥をかいた
https://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/86c57df0a58107e3266272c3c716d7e1
2018年11月14日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆〔特別情報1〕
 第1次世界大戦(1914年7月28日~1918年11月11日)終結から100年を迎えた「11月11日」。フランス・パリ中心部の凱旋門で記念式典が開かれ、大戦に関係した60カ国以上の首脳らが参加した。ドイツのメルケル首相、米国のトランプ大統領、ロシアのプーチン大統領、日本からは麻生太郎副総理兼財務相が出席した。この記念式典には、大戦に関係した主要国の首脳が招かれ参加していた。だが、日本は戦勝国だったのに、安倍晋三首相は招待されず、大恥じをかいた。英国の植民地だった中国は、屈辱の歴史の一幕だったので出席しなかった。戦勝国、敗戦国を含めて、関係国でトップが出席していなかったのは日本だけだった。ということは、つまり、安倍晋三首相は世界中から、もはや首脳と認められていないということだ。この1つをとってみても、これからどうなっていくかは明らかだ。安倍晋三首相は招待されていなかったため、麻生太郎副総理兼財務相が仕方なく参加していた。麻生太郎副総理兼財務相の周りには知っている人がいないこともあり、ふてくされたような面持ちで、いかにも居心地は悪そうな様子。だれとも喋ることなく、通訳のヘッドフォンをつけて一人で目を瞑っていた。ある意味、さらし者のようだった。しかも、本来経済対話をするはずのペンス副大統領は、日本に来て安倍晋三首相と会談しようとしていた。これは、安倍晋三首相と麻生太郎副総理兼財務相の2人が、天皇陛下と小沢一郎代表に委ねられている「MSA資金」運用益を抜き取り、使い込みをしていた事件があったからだった。麻生太郎副総理兼財務相は、慌てて帰国した。

日産ゴーン逮捕で日米英による「フランス切り捨て」加速か…マクロン大統領への報復(Business Journal)
http://www.asyura2.com/18/hasan129/msg/536.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 11 月 21 日 01:36:25:
https://biz-journal.jp/2018/11/post_25612.html
2018.11.20 文=渡邉哲也/経済評論家 Business Journal

56321
フランスのエマニュエル・マクロン大統領(左)とカルロス・ゴーン容疑者(右)(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)


 カリスマ経営者から容疑者へ――ルノー・日産自動車・三菱自動車工業の会長を兼務するカルロス・ゴーン容疑者と日産代表取締役のグレッグ・ケリー容疑者の逮捕が株式市場に動揺を与えている。昨日、ルノー株は一時、前日比15%安まで急落し、日産と三菱自も夜間取引で終値の8%安まで下落した。


 周知の通り、ルノーはフランス政府が15%の株式を保有しており、そのルノーが日産に43.4%出資、日産がルノーに15%出資という構図になっている。ゴーン容疑者の逮捕を受けて、フランスのエマニュエル・マクロン大統領が「フランス政府はルノーの株主として、ルノーと日産の提携関係の安定性を注意深く見守っていく」と述べるなど、国際的に余波が広がっている状況だ。

 そもそも、フランス政府が支援することで経営を立て直したルノーに対して、日産側は連合関係の見直しを求めていたが、フランス側が拒否し、政府がルノーの筆頭株主になったという経緯がある。3社連合の関係見直しが叫ばれるなか、つい先日も、アニエス・パニエルナシェ経済・財務副大臣が「フランス政府が持つルノー株を売る計画はない」と語っており、フランスとしては自国の生産拠点を拡大する意向を示していた。

 しかし、急転直下の逮捕劇で事態は大きく動いたといえる。今回の不正発覚は内部通報によるものであり、日産はすぐにプレスリリースを発表した上、西川広人社長が記者会見を開いて経緯を説明した。この流れを見る限り、今回の件は裏で相当な時間をかけて動いていたのだろう。逮捕容疑である金融商品取引法違反のほかに特別背任罪と脱税の疑いも指摘されており、有罪となれば実刑という見方も強い。

 本来、有価証券報告書の虚偽記載は日産という企業全体の責任が問われる問題でもあるが、検察当局との司法取引も取り沙汰されており、企業としての責任は限定的になるとみられる。また、これを機に連合関係の見直しが進む可能性が高く、日産は再び“日の丸資本”となるかもしれない。

■フランスに反発する日米英のメリット

 そもそも、日米は「国家が企業を支援するのはフェアではない」というスタンスだ。それは日米首脳会談やアジア太平洋経済協力(APEC)などでも繰り返し確認されていることであり、たとえば、9月の日米首脳会談後に発表された共同声明には、以下のような文言がある。

「日米両国は、第三国の非市場志向型の政策や慣行から日米両国の企業と労働者をより良く守るための協力を強化する。したがって我々は、WTO改革、電子商取引の議論を促進するとともに、知的財産の収奪、強制的技術移転、貿易歪曲的な産業補助金、国有企業によって創り出される歪曲化及び過剰生産を含む不公正な貿易慣行に対処するため、日米、また日米欧三極の協力を通じて、緊密に作業していく」

 これは主に中国を想定したものではあるが、必ずしも中国のみが対象というわけではなく、フランスのルノーも該当するということだろう。政府が筆頭株主である企業が提携関係にある他国の企業を支配しようという動きは、この文言に該当するのだと思われる。

 仮に日産が日の丸資本に戻れば、欧州連合(EU)離脱の渦中で開発と生産の拠点があるイギリスとしては、「フランスよりこっちにおいで」という話がしやすいし、製造業を復権させたいアメリカにとっても同様にメリットがある。特に、マイク・ペンス副大統領の出身母体であるラストベルトにとって日本企業の誘致は必須であるため、日産と三菱自の生産工場の拡大などは願ったり叶ったりだ。また、フォード・モーターやゼネラルモーターズ(GM)も提携先を探しており、その選択肢としてもいい候補となるだろう。

 つまり、日産のリスタートを機に、日米英としてはウィンウィンの関係を構築できるわけだ。そして、その裏にはフランスへの反発がある。

■米国を敵視するマクロンへの“報復”も?

 かねてマクロン大統領は、中国、ロシアに加えてアメリカを敵対視する動きを見せている。第1次世界大戦終結100年の記念式典では、ドナルド・トランプ大統領らが出席するなか、「ナショナリズムは愛国心への裏切りだ」などと自国の利益優先主義を痛烈に批判した。また、欧州独自の防衛体制と安全保障の一貫として「欧州軍」の創設をうたっているが、これには北大西洋条約機構(NATO)を率いる立場のトランプ大統領が「侮辱的な話だ」と反発するなど、大きな国際問題になっている。

 そのように、アメリカを敵国扱いするマクロン大統領に対する“報復”として、今後は“フランス切り捨て”が始まると言ったら言い過ぎだろうか。

 いずれにせよ、大物経営者の逮捕という事態はショックではあるが、日本としてはチャンスにもなり得るわけだ。ルノーとの関係見直しを踏まえた財政的支援などを含め、適切な対応が待たれる。

(文=渡邉哲也/経済評論家)

(以上、転載終わり)

|

« 【またスピン!?】ゴーン会長逮捕 入管法改悪の目くらまし | トップページ | 【ゴーン逮捕劇】仏ロスチャイルドへの牽制、芋づる式に子分の安倍・麻生失脚もあり得る!? »

国際情勢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【またスピン!?】ゴーン会長逮捕 入管法改悪の目くらまし | トップページ | 【ゴーン逮捕劇】仏ロスチャイルドへの牽制、芋づる式に子分の安倍・麻生失脚もあり得る!? »