« 【驚愕の出生?】「聞いて下さい私の人生」 藤圭子 | トップページ | 【欧州の2大支配勢力】古代ローマ以来の貴族系とフェニキア以来の金融系 »

【フルフォードレポート】父ブッシュ葬儀後に大量逮捕開始か? JFK&911の機密扱い解除の準備オーケー ヒョットコ・ド・アホウ太郎の死が迫っている

-最近、ベンジャミン・フルフォードの、国家非常事態対策委員会動画での「安倍よ、麻生よ。お前ら間もなく逮捕されるから覚悟しとけよ~!」式の怒鳴り声が聞かれず残念である。が、「嗚呼、悲しいではないか!」サイトがフルフォードレポートをカバーしてくれている。直近起きている世界的出来事について同氏特有の分析をしており、大いに参考になる。過日のパリ大騒乱直前の11月30日の父ブッシュの死が大きく報道された。カバール側メディアは「偉大な元大統領の死」などと持ち上げている。へっ、偉大なんかであるもんか。父ブッシュは戦後の有名米国人の中で最凶人物である。CIA長官時にはJFK暗殺に関与し、麻薬の米国内シンジケートを大拡大した。大統領時には湾岸戦争を起こし、後のイラク戦争の足がかりを作った。それにこの者は凶悪なレプティリアンなのである。自在なシェイプシフト能力を持ち、アリゾナ・ワイルダーという女性は、父ブッシュがレプに変身する姿を間近で見たと証言している。エリザベスⅡやチャールズ皇太子などもそうだが、レプは変身できて何ぼ、「(変身できない)うちの息子はダメだ」と子ブッシュを嘆いていたという。ただ本レポートでは、今回死んだのは「クローン」、実際の父ブッシュは1992年1月8日に死んでいたという。この日何があったのか。ちょうど訪日していて夜の宮中晩餐会で食事中だったのだ。もう26年も前のことで宮沢喜一総理時代だったが、この時の様子はテレビ中継され私も見ていた。突然嘔吐したかと思うと前にばったり倒れ姿が見えなくなったかと思うや、しばらくして起き上がり後は平常に戻ったようだった。しかし掲載動画で確認すると、すく近くにいたバーバラ夫人が駆け寄りブッシュの口と鼻を白い大きな布(毒薬入りという)でしばらく塞いでいる。その後ブッシュは前のめりに倒れたのである。この時、こういう事態を見越してクローンを用意、すぐさま死んだ当人と差し替えたのだと。今にして思えば、出された寿司がレプとして合わなかったのかもしれない。ともあれ今回のクローンブッシュの死を国葬にするという。まあカバール連中も必死ですなぁ(笑)。このレポートどおり、父ブッシュの名目上の死がカバール掃討作戦開始のきっかけになるのだろうか。世界の平和と安定のため、是非そうであってほしいものである。 (大場光太郎・記)-


世界銀行300人委員会 @someone5963                    12月4日

嗚呼、悲しいではないか!: フルフォードレポート(12/3)

ブッシュ葬儀の後に大量逮捕が始まるかも?FISAだけでなくJFK と911の機密扱いを解く準備が出来ている。ネタニヤフとMBSの失脚は時間の問題。マクロンは1万人の外国人傭兵を雇ってる。仏軍か殺る。麻生が粛清される。

56359
「口曲がり・根性曲がり」ヒョットコ・ド・アホウ太郎の死が迫っている?まず逮捕じゃなくていきなり?それはそれは。ところでノータリン・ド・シンゾーの方はいつになるんだい?


フルフォードリポート(12/3)
http://fanblogs.jp/jicchoku/archive/438/0

2018年12月04日 嗚呼、悲しいではないか!

歴史的な出来事として、黒太陽崇拝するP2フリーメーソンが平和を希求している

未来の歴史家が大きな分水嶺の出来事として振り返ることになるだろう事として、黒い太陽崇拝者でファシズムと共産主義の創設者であるP2フリーメーソンが平和を希求していると、白龍会情報筋は言う。中央銀行の支配からロスチャイルド家を排除したことで起こったこのことは、世界が未知の歴史的水域に入ろうとしていることを意味している。

白龍会に連絡されたドイツ騎士団の騎士ヴィンセント・マザーラと最上級P2メンバーによる提案によれば、P2フリーメーソンは黒太陽の息子達ち、大ホロスの息子達ち、ドラゴンの息子達ちの三組によって導かれる世界を提案している。

法王と世界150万人のカトリックに指令を出すP2フリーメーソンに関連している。米1ドル札のピラミッドの頂点の目に参照されるビッグホラスの息子達は、おそらく英語とフランス語を話す世界の多くを支配するスコットライトとグラントリアンのような非P2フリーメーソンに関連している。ドラゴンの息子達は東アジアの多くを支配するアジア秘密社会に関連している。

この点において、ほとんどの読者はおそらく、そして当然に、秘密裏に支配を続ける為に3つの秘密結社が結託するという考えにぞっとする。もちろん、白龍会は開かれて、完全に大衆も参加することを希望する。にもかかわらず、P2は強力です。彼らは事前に法王マレディクトを首にすると我々に話し、そして実行した。P2はまた白龍会に、彼らは2011年3月11日に福島津波核大量殺人事件を演出した責任者であると自慢していた。したがって、彼らが平和を希求する事実は、終に彼らに捜査網が迫っていることを彼らが知っていることを意味している。
(白龍会は危険です)

この動きは、ナチ第四帝国総統ジョージ・H.W.シェフ(ブッシュ)が死んだという声明に密接に関係している。国防総省情報筋が述べたように、「G20が世界通貨リセットを準備する中、第41代ブッシュ・シニア大統領は11+30=41なので11/30に亡くなった」実際は、ブッシュ・シニアは6月に死んでおり、ヒラリークリントンやバラク・オバマのような高級ナチオニストを逮捕する全ての準備が整うまで延期されていたと、彼らは言う。

これが、米大統領ドナルド・トランプが「今ロシア共謀が嘘であることが判明した、いつ反逆罪の裁判が行われるのか?」と言う表題のついた11月27日のこの有名な写真を再ツィートした理由です。

56342

国防総省情報筋が言うその疑問に対する回答は、「グアンタナモが満員で、トランプが2019年1月3日に開会される新議会の前に軍事法廷を始めるので、ブッシュの葬儀の跡に大量逮捕が始まるかもしれない

ブッシュ・シニアの死の公式発表は、ヒラリークリントンやブッシュ・ジュニアのような彼のグループの他のメンバーとは異なり、ブッシュ・シニアは米軍産複合体のトップに多くの影響力と尊敬を集めているからである。彼がいなくなって、彼らは最後の防衛線を失った

なお、賛辞に関しては、読者はケネディ暗殺のよう事件に彼の関与を知ることができるので、私はこの男について私自身の情報源から得た独自の知識を少し触れておきたい。

最初はMI6からの話であり、彼が2007年7月にウラジミール・プーチン大統領とメイン州へ釣りに行った時に、ブッシュ大統領はロシアに中国と同盟すると偽って新たな冷戦を始めようと提案した。この冷戦を迷彩として使って、G7、ロシア、日本は中国を攻撃して6カ国に分裂させるまで軍事費を増やしてゆく。確かに最近まで、それは企業メディアにおいて偽の反ロシア・ヒステリ-に従った計画であった。

また、P2フリーメーソンはブッシュは人類の90%を殺し(無駄な物食い)、残りを奴隷にしナチのエコパラダイスを作ろうとする派閥のリーダーであったと、2009年に私に教えた。

一方、私のXファイル情報源は、死んだブッシュはクローン番号34であると私に話している。証拠として、旧ブッシュが寿司を食べている間に窒息し、彼の妻バーバラが有毒な布で殺した時に本当は死んでいる。これは1992年1月8日でした。彼は直ぐに控え室で舞っている新しいクローンと交換された。クローン/替え玉の迅速な切り替え。これは事前に準備されていた。

https://youtu.be/XnOnDatqENo

この著者は永年、日本の公営NHK放送局にこの事件の元にテープのコピーを入手するように頼んでいるが、明らかにそれは鍵をかけられて封印されている。

最後のコメントとしては、この著者がインタビューの為にブッシュ・シニアに近づいた時、私は彼は引退しておりインタビューは受けれないと言ったが、彼は私のしたいことを知っていたし、そして私は彼に承認を待った。言い換えれば、彼は大量虐殺の考えを変え、宇宙への進出へ続く惑星の修繕の為の大きな運動と言う代案を受け入れたように見えた。(この人は甘い)

これが、前述したようにフリーメーソンP2の平和の開始となって戻ってきた。(?)P2の人々は、彼らの三頭政治計画が既に進行中の芯ヤルタによる新時代へ我々を案内すると言っている。覚えているでしょうか、ヤルタは1945年にウィンストン・チャーチル、フランクリン・ルーズベルトとジョセフ・スターリンによって戦後の世界が決まった会議があった場所である。(P2は為すすべなく降参したのです)

P2によると、新ヤルタはNASAによって既に開発された計画の一環として我々を他の惑星へ輸送するために巨大な宇宙船を建設するために数兆ドルの計画に融資する合意である。もちろん、米防衛情報局筋は既に我々に、NASAの頭文字は「宇宙機関ではない」と話しているので、これらの主張は疑いを持たなければならない。

P2が言わなければならないことは、世界金融システムは、世界のGDPが1000兆ドル以下なのに対して、1京4000兆ドルの金融負債を生じさせる可能性があることである。それは中央銀行の演算では盛業で着ない怪物になってしまった;彼らはBDDFやECBではよく知っているが、中国では知らない。(反省してこんな提案しかできない?白龍会よ、貧困と環境破壊を無くす運動はどうなった?

これが、「アジアと西側の間の破壊的な金融戦争、それが唯一の目的である新しいお金の継続的作成が金融システムの爆発の導いた」結果である。

和平提案として、P2は46,000トンの金塊によって支えられた義務を提供する。

和平提案にもかかわらず、実際は、P2ろ彼らの秘密社会は惑星を統治し、人類の惨めさ、終わりなき戦争と多くの自然世界の破壊に対して全く無能であったということである。したがって、彼らの三頭政治を受け入れれば、我々は彼らの降伏が完全で無条件になるまで、彼らと戦い続けなければならない。

その前面で、第三次世界大戦を始めるハザ-ル徒党の重大な企みは先週、停止された。米海軍に対するイスラエルの偽旗が拒絶されて、イランに起因したので、ハヌーカ祭りは今年は行われなかったと、国防総省情報筋は言う。中東で米国海軍を監督していたスコット・スティーニー中将が土曜日に「所謂自殺」で死体で発見されたというニュースに、多分関係があるでしょう。

56361
https://www.cbsnews.com/news/scott-stearney-us-navy-admiral-found-dead-apparent-suicide-2018-12-01/

先週モサドのレーザーポインターと関連したこの事件は、トランプが今すでに、イスラエルとブッシュ徒党の統治を終了させるために、FISAだけではなくJFKと9/11の機密扱いをとく準備ができていることを意味していると、情報筋は言う。

「イスラエルは、国連総会がゴラン高原の返還を要求する一方で、その空軍、ミサイル、書類のドームとロビー活動が使えないので、最下位の位置に置かれていると、彼女は続ける。

彼らによると、イスラエルとサウジアラビアでは政権交代が期待されており、両国の愛国者がベンジャミン・ネタニヤフとその傀儡モハメッド・ビン・サルマンの追跡する世界的支援を求めている。これは、トランプが最近閉会したG20会合でMBSと会うことを拒否した時に見られた。さらに、イスラエル警察はネタニヤフの多くの犯罪で追求することを推奨し、その失脚は時間の問題である。

国防総省情報筋によると、国際刑事裁判所はアルゼンチンの検察官を加え、MBS、EUと国連に対する戦争犯罪を調査し、それがイエメンが爆撃されたのでイスラエルの関与が明らかにされるだろう。

追い出されるリスクを背負うハザールマフィアの他の盗賊は、フランス共和国の大統領でありロスチャイルドの奴隷であるエマニュエル・マクロンである。マクロンを追い出す大規模デモは大衆の84%の支持を得てフランス中で荒れ狂っている。マクロン体制の凶悪犯は、戒厳令を引き出すためにひどい事件を作り出すために挑発的な代理人を使用している。しかし、フランスの抗議者は凶暴な抗議者が実は警察の為に働いていることを証明するビデオを掲載した。

https://www.facebook.com/sabrina.tetu.9/videos/10155683128876510/
https://www.youtube.com/watch?v=ZzxxISGPKiw&fbclid=IwAR1FKdZD3EwIUOqIc2r34IiSRLhY3AZncxSfmmqsgm14LK3mghhXC5p8VAI

マクロンが戒厳令を宣言すると、フランス軍は黄色のベスト(デモ隊)外してこのロスチャイルドの傀儡を追いかけると、国防総省情報筋は言う。フランス反体制派はマクロンは地震の保護の確実にするために1万人以上の外国傭兵を雇い、フランス軍は外国の干渉を彼に対峙する口実に使おうとしていると言う。

まもなく引きずり出されるロスチャイルド犯罪傀儡は日本の財務大臣麻生太郎であると、日本右翼の情報筋は言う。麻生は、彼の義理の息子の為に日本の全ての水資源を売ると約束することで、極右の腹を立たせた。麻生の死は既に命じられているが、まだ死んではいない、まもなくである

日産会長のカルロス・ゴーンの逮捕はこの国のフランス・ロスチャイルドの影響を削除するキャンペーンの一環であると、情報筋は言っている。トランプはG20で日本の首相安倍晋三に、日産-ルノー同盟の再調整によって強い日本になってくれと話したと、国防総省情報筋は言う。「日本のGDPはフランスの二倍であり、日産の市場占有率はほぼルノーの二倍であるので、フランスはその掛け金を売るか、減らすかに迫られると、彼らは付け加えた。

最後に、エネルギ指向兵器を含む難解なカルフォルニアタイプの戦いは、オーストラリアでも起こっている。オーストラリアの情報機関は我々に、クイーンズランドの火事を起こした大規模DEWと思われる次のような写真を送ってきた。

56362


確かに暖かくなってきている。我々は、戦いが人類の怒りを勝利へ解放し、バビロニア負債から奴隷制を解放し、新しい黄金時代へ解放するので、多くのことを期待できる。

ロスチャシルドが中央銀行を放棄したことが大きく聞いているのだろうか。ここに書いてあるように世界が動いてゆくことを注視したい。白龍会も。

特に新しい話はないが、早く実行してほしい。麻生の話は初めてですね。

最近気づいたのですが、このフルフォードレポートのフランス語版が結構多い。最近まではドイツ語が多かった。メルケルは勝負があった。マクロンはこれからだということでしょうね。政治家にいやになっているのが日仏であり、日産-ルノーと言うところか。マクロンと麻生が次のようです。

(以上、転載終わり)

|
|

« 【驚愕の出生?】「聞いて下さい私の人生」 藤圭子 | トップページ | 【欧州の2大支配勢力】古代ローマ以来の貴族系とフェニキア以来の金融系 »

国際情勢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【驚愕の出生?】「聞いて下さい私の人生」 藤圭子 | トップページ | 【欧州の2大支配勢力】古代ローマ以来の貴族系とフェニキア以来の金融系 »