« 【最凶大物ら遂に逮捕か】ブッシュ、ヒラリー、オバマ、ペンスら逮捕!? 既にグアンタナモ米軍刑務所に収監されている? | トップページ | 【ライトワーカー】今こそ世界を癒すライトワーカーが役割を果たす時 »

【小沢一郎年頭抱負】小沢一郎氏が語る 「政権交代をもう一度実現するために」 新しい時代にどう向き合うか

-二番目転載の日刊ゲンダイの新春小沢一郎記事の中で、「権力」というキーワードが出てくる。これはもちろん政治権力を指している。小沢いわく、今の野党議員は安倍自民党から政権を奪い取るという貪欲さに欠けていると。野党議員は、権力は悪いものでそれに執着しないのが現代的なスマートさだと思い違いしていると。これは特に、かつて小沢を党外に弾き飛ばした旧民主党系議員すべてに共通している。立憲民主党代表の枝野幸男や国民民主党代表の玉木雄一郎らが典型例だ。高学歴で頭はよく(玉木は元財務官僚)弁も立つのだが、肝心要のここ一番では必ず腰砕けになり安倍政権に翻弄されてしまう。何が何でも政権を奪うという気迫に欠けるのだ。翻って、この6年余もの長期間政権中枢にいる安倍晋三、麻生太郎、菅義偉らの血走ったぎらぎら権力欲の強さはどうだ。それはもとより超長期にわたる政権の不当占拠なのだが、やつらはムサシ不正選挙を繰り返して衆参絶対安定多数を取っても悪びれず政権の座に居座り続けているのだ。確かに安倍晋三らの権力欲は度を越していて、悪いし、汚いし、醜いし、現代的スマートさにはなはだ欠ける。だからといって、この政治状況に腕こまねいていていいのか。野党が本気で政権奪取を目指さないのは国民への背信だ、とまで小沢は言うのである。小沢は今年で議員暦50年、自民党と野党をちょうど半分経験したそうである。両方のいいところ悪いところ手に取るように分かるのだ。前にも述べたが、小沢が政治上の師と仰ぐ鄧小平は文革のあおりを受けて長いこと地方に飛ばされ、歴史の表舞台に登場したのは74歳の時。またマレーシアのマハティールは90代にして首相に返り咲いた。志(こころざし)萎えない以上、政治家に年齢はないのである。小沢一郎は、3度目の政権交代を成し遂げなければ死んでも死にきれないと言っている。その言や良し。ひ弱な各野党を束ねて、今夏の参院選(又は衆参ダブル選)に勝利し、今度こそ政権交代の強固な足場をつくってくただきたいものである。 (大場光太郎・記)-

関連記事
政界仕掛け人 小沢一郎の戦闘宣言! 安倍自民は大政翼賛党だ 倉重篤郎のニュース最前線(サンデー毎日)
http://www.asyura2.com/18/senkyo255/msg/630.html

マイケル・グリーン副所長は「もう安倍は必要ない。速やかに排除したい」「ポイントは、沖縄3区の補欠選挙が戦いのスタートだ。米国はそれに全力を尽くす」と明言している
http://www.asyura2.com/18/senkyo255/msg/634.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 1 月 01 日 11:30:05

https://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/8f2d823697c278d2599e21a0676d56f1?fm=rss
2019年01月01日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」 ※「沖縄4区」を「沖縄3区」に修正

◆〔特別情報1〕
 米国戦略問題研究所(CSIS)のマイケル・グリーン副所長は、安倍晋三首相の危険性について、以下のように発言している。

「憲法改正については、絶対にさせない。キッシンジャーも含めて我々ジャバンハンドラーも、その考えは一切変わっていない。日本の平和憲法というのは、世界に冠たるもので、絶対に変えてはいけないし、ダメだ。だからもう安倍は必要ない。速やかに排除したい」「ポイントは、沖縄4区の補欠選挙が戦いのスタートだ。あそこが新しい政権交代のスタートだ。そこの勝利から政権交代が始まる。ジャパンハンドラーもキッシンジャー博士ももちろんのこと、米国はそれに全力を尽くす。政権交代の時期は、参議院選挙の後だ。自民党にとって勝ちやすいダブル選挙には持ち込まないようにする」「ジャパニーズ・プライムミニスターにふさわしい人物は、ミスター・オザワしかいない」「ミスター・オザワからは、『私と話がしたいのなら、まずは、安倍と手を切れ』とはっきり言われている」

 これは、天皇陛下のごく近くにいる吉備太秦が2019年12月29日、マイケル・グリーン副所長と直通電話で交わした発言である。

(沖縄米軍普天間飛行場の辺野古新基地移設の是非を問う2月24日の県民投票まで、工事を停止するようトランプ米大統領に求める電子署名サイトは、以下の通り。署名は、サイトで名前とメールアドレスを入力。確認のメールが届いた後、指定されたリンクをクリックすれば完了する。1月7日まで)

「沖縄での県民投票実施まで、辺野古・大浦湾の埋め立て停止を」

56819

      

         

小沢氏、沖縄3区補選は「国政に大きな影響を及ぼす」:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASLDY4SLZLDYUTFK005.html

56820

小沢一郎氏が語る 「政権交代をもう一度実現するために」 新しい時代にどう向き合うか(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/18/senkyo255/msg/633.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 1 月 01 日 10:20:15:
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/244610
2019/01/01 日刊ゲンダイ

56821
自由党代表の小沢一郎衆議院議員(C)日刊ゲンダイ

 政権交代をもう1回実現するために、僕は何だって一生懸命やる。それまでは政治家を続ける。そうじゃなきゃ、今まで何のために仕事をしてきたのか分からない。年齢ではなく、政権交代をもう一度実現するまで頑張る。

 平成の時代は、戦後の昭和期から次の時代へ移る転換期、プロセスだと僕は見ている。自分にとっても、時代にとっても、自民党から2度政権を奪取したことが大きな出来事だった。それが長続きせず、定着しなかったことは、残念ではあるけれど、一方で、そう簡単にはうまくいかないとも思っている。英国は何百年という時を経過して初めて議会制民主主義のお手本になっているわけで、日本の民主主義はまだ戦後73年でしかない。

 そんな中での40年以上は、民主主義国家としては閉塞的な自民党の一党政治だったから、それに慣れた国民の意識を変えるのは簡単ではない。いわば、30年という平成の時は「変革」への助走の期間。次の御代は、本当に政権交代可能な議会制民主主義を確立することのできる、少なくとも確実な一歩を踏み出したい。これが2019年の夢だね。

  2度の失敗を踏まえ、どうしたら政権交代は定着するのか?

 まず「権力」というものへの意識を変えることだ。政権イコール権力。これが何のためにあるのか。憲法でも認められた権力は、国民の生活や命を守るための手段として国民から与えられたもの。だから権力を望まない野党は、国民の生活や命を守る気のない政党ということになる。そこの認識がなさすぎる。

 権力とは悪いもので、執着しないことが現代的でスマートだと思っている。それは政治家としては意味がない人たちだ。国民のために働きたいなら、国民から権力を預からなければできないわけだから、その権力を持ちたいというのは当たり前のこと。権力を持たないで念仏を唱えていたって、国民は何も得るものはない。

  3度目の政権交代。どうやるのか? 2019年夏には参院選がある。

 やる気になればすぐできる。2007年の参院選は29の1人区で野党が23議席を取り、自公を過半数割れに追い込んだ。今回は1人区は32だから、30議席も取れば勝てる。そこまでいかなくても、複数区も取るし、比例区で15か16議席取れば、与野党の勢力図はひっくり返せる。そのためには、ただ1人区の候補者を一本化するだけではダメ。前回参院選でそれをやったけれど、1人区は11議席しか取れず、自公に3分の2の議席を許してしまった。

 候補者を一本化するだけではなく、選挙区と比例区の政党名を一致させないと最大限の効果が出ない。今、野党がひとつの政党になるのは難しいかもしれないが、最低でも「オリーブの木」方式で参院選の届け出政党をつくって、ひとつの党としてやらないと。比例は比例、選挙区は選挙区でそれぞれが戦うと、自分の政党の候補者は熱心に応援するけれど、他党の候補者は応援しなくなる。比例もバラバラで戦えば、大政党に有利になる。前回参院選だって野党の比例票を合算すれば、自民党より多かった。

「あの党は嫌だ」とか、子供の喧嘩みたいなことを言っていてはダメだ。要は、野党の諸君が国民のための権力をどうやって奪還するか、そして国民のためにいかに行使するか。その意識の徹底と権力への執着がありさえすれば必ず勝てる。

(取材・文=小塚かおる/日刊ゲンダイ)

▽おざわ・いちろう 1942年生まれ。慶大卒。日大院中退。69年衆院初当選。現在17期(岩手3区)。自治大臣、自民党幹事長、新進党党首、民主党代表などを歴任。

      
         

【政治】小沢一郎氏が語る 「政権交代をもう一度実現するために」 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/244610

|

« 【最凶大物ら遂に逮捕か】ブッシュ、ヒラリー、オバマ、ペンスら逮捕!? 既にグアンタナモ米軍刑務所に収監されている? | トップページ | 【ライトワーカー】今こそ世界を癒すライトワーカーが役割を果たす時 »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【最凶大物ら遂に逮捕か】ブッシュ、ヒラリー、オバマ、ペンスら逮捕!? 既にグアンタナモ米軍刑務所に収監されている? | トップページ | 【ライトワーカー】今こそ世界を癒すライトワーカーが役割を果たす時 »