« 【更新再開します!】1ヵ月半ものブランク、深くお詫び申し上げます。 | トップページ | 【私も妻も関わっていた】森友学園・籠池前理事長が明かす「安倍さんからの“お詫び文書”」 »

ブログ再開に当たっての記事への読者とのやりとり

-長いブランクの末のブログ更新再開記事を出したところ、早速ある方より同記事へのコメントを頂戴致しました。ご自身も昨年何度も生死をさ迷うような大闘病を経験されたといいます。それ自体とても貴重な闘病記で感銘を受けながらお読みするうち、私も乗せられしばらくは伏せておくはずだったブログ中断のいきさつをついポロッともらしてしまいました。という事で、同記事本文で述べた「いずれまた」はこの返信をお読みいただきたいと存じます。それにしても警察という公権力の力は強力です。私としては『そんなに大ごとなの?』と思われるのに、当市警察署に連行され、何時間かの拘束の上、「これから横浜市内の病院で診察を受けていただきますから」との指令により未明に同病院に向かいました。担当警察官の話では「終わり次第帰れますから」というような事だったので気軽に応じ、同病院医師らによる十余人立会いの下の事情聴取の後、感触が良かったのでやれやれと思っていたところ、「それではこれから入院となりますから」ときたもんだ。何だよ、約束が違うだろ。それには思わずカッとなり、「悪魔がいるのは昔は宗教団体だったが、今は大病院だそうですね」などと担当医師に毒づいてしまいました。とともに、騙した形の担当警察官2名を睨みつけてやりました。そのうちの1名と視線が合いましたが、同警察官は視線を逸らしてこちらを見ようともしません。後で考えて「今悪魔がいるのは大病院と警察署だそうですね」と言えばよかったと思ったくらいです。二つの病院での一ヵ月半もの「身柄拘束」で失ったものは多いです。が、よく考えてみれば、すべてわが身の錆から出た事、悔やんでも誰を恨んでも始まらない、かえって普段なら得られない貴重な体験が出来た事も事実ですから、ある意味感謝です。という次第で、ご本人のご了承は得ていませんが以下にコメントのやり取りを転載致します。 (大場光太郎・記)-


217


【更新再開します!】1ヵ月半ものブランク、深くお詫び申し上げます。
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/post-ac62.html

(転載開始)

「69回転」というのは69歳のことですよね。余りに新しい記事が、毎日期待しているのに、更新されないので、今日はリンク表から削除する覚悟でアクセスしたら、大変な記事が掲載されていましたので、急ぎ、初めてコメントすることにしました。
私は68回転ですが、昨年でかい病気(腹部大動脈瘤プラス胸部大動脈解離、さらに血管造影剤によるCT検査中のアナフィラキシーショック)で3回死にそう、というより少なくとも1回は多分15分くらいは死にました。しかし今はピンピンして雑事に惑わされることも止め、日々安倍内閣を中心とした歴史的バカ現象を眺めています。
いや人間死ぬものだという感慨はやはり大きいです。勝手ながら共感を覚えましたので、是非一言書きたくなりました。

投稿: 植木誠志 | 2019年2月26日 (火) 22時46分

植木誠志 様

 初めまして。この度は貴重なコメントをお寄せいただき、大変恐縮に存じます。

 そうでしたか。貴殿は昨年生死をさまようような壮絶な闘病体験をされたのですね。3回の内の一度は15分ほど確実に死んでいたというのですから凄い体験でしたね。このコメントでは語られていませんが、臨死体験のような事を体験されたのではないでしょうか。

 私の場合は貴殿のような大それたものではないのです。1月14日深夜、当市の駅すぐ近くの繁華街で少し問題行動を起こし、当市警察署に連行、何時間後かに遠い横浜市内の大病院精神科病棟に強制入院させられただけなのです。

 体は特段悪くないのに、頭と心に障害があるから強制的な入院が必要だというわけなのです(苦笑)。神奈川県命令による措置入院という形態だったようです。それで同病院に半分、後の半分はのちの事を考慮して当市内の精神科専門の病院に移され、その後問題もないようだしと措置入院を解除され、そこを25日退院となった次第です。

 事が事だけに記事本文では書くのがはばかられましたが、貴殿の闘病体験に感銘を受け大まかな事を述べさせていただきました。

 さて、「69回転」という表現に感心されたようなので、以下の解説を少しばかり。

 この表現は記事の中でも過去三度ほど使っています。語源となったのは次の一文(これも一度紹介済み)です。

「もしあなた方が「歳」から「旅(回転)」へとただ言葉を換えれば、あなた方は不死を獲得します。すべてはあなた方の信念と言葉にあります。」

 これは空洞地球内のボーソロゴス図書館長のミコス大聖のメッセージの一部です。こういうことを普通に書いたりするから「この者は妄想性障害だ」となるのでしょう(再び苦笑)。

 
投稿: 時遊人 | 2019年2月27日 (水)00時20分

(転載終わり)

|

« 【更新再開します!】1ヵ月半ものブランク、深くお詫び申し上げます。 | トップページ | 【私も妻も関わっていた】森友学園・籠池前理事長が明かす「安倍さんからの“お詫び文書”」 »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【更新再開します!】1ヵ月半ものブランク、深くお詫び申し上げます。 | トップページ | 【私も妻も関わっていた】森友学園・籠池前理事長が明かす「安倍さんからの“お詫び文書”」 »