« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

【日米冷和促進総理】日米首脳会談、驚愕の屈辱!<安倍夫妻はレッドカーペットの外!>安倍首相が近づくと、トランプ大統領がSTOP! 

-今日29日は当ブログ開設満11年に当たる日である。当時のワクワクした気分をあらためて思い出す時、こんな話題を取り上げたくはないのであるが。外遊のたびに行く先々で何らかのチョンボ行動が大きく取り上げられる安倍晋三。今外遊の肝であろう日米首脳会談前のセレモニーでまたもや大恥をかいてしまった。もっとも安倍晋三自身にはそんなつもりは毛頭なく、格好の外交成果アピールのつもりでその場に臨んだことだろう。が宗主国の現在の主トランプ大統領がそれに「STOP!」をかけ、すべてがオジャンになった形だ。セレモニーの場にレットカーペットが敷いてあれば、招待国の主が招いた客をその中に招じ入れるのが常識というものだ。事実、以下の画像でも分かるとおり、レットカーペットの外でもじもじしている安倍晋三&昭恵夫妻を見かねてその場に居合わせた米国メディアから「(レットカーペットの)中に入って」の声がかかった。晋三が勿怪の幸いとばかりに中に足を踏み入れようとした瞬間、事件が起きた。トランプが、中に入っちゃダメだと言わんばかりに「ストップ」と言ったのだ。昨年確か安倍晋三はトランプとの間で「日米関係は世界でもっとも重要な同盟関係」と取り決めたんじゃなかったっけ。なのにカノッサの屈辱以来の歴史的大屈辱。もちろん日本国内メディアは新聞・テレビのどこもこの時の模様を報道しようとしない。それを克明に報道したのはお隣韓国の某テレビ局なのだ。そのおかげでわが国ネットで大きく取り上げられ大騒ぎとなった次第。ちなみに韓国の文在寅大統領が米ホワイトハウスを訪問した際は、トランプと並んできちんとレットカーペットの中におさまった画像まで添えられる始末。常日頃は韓国など歯牙にもかけずとばかりにヘイトスピーチをかましている安倍サポーターのネトウヨ諸君、今回の安倍夫妻の体たらくに何とか言ったらどうなのよ。発狂のあまり寂として声なしかぁ。 (大場光太郎・記)-

「選挙の神様」小沢一郎衆院議員は、国民民主党の「総合選挙対策本部長への起用」されれば、一般会計・特別会計1本化と「消費税廃止」、在日米軍撤退、アントニオ猪木参院議員との「訪朝」を打ち出す(板垣 英憲)
http://www.asyura2.com/19/senkyo260/msg/214.html
投稿者 笑坊 日時 2019 年 4 月 28 日 07:51:29:
https://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/4194693d653345baf43f9bbdeaaed9a9
2019年04月28日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆〔特別情報1〕
 国民民主党の玉木雄一郎代表は4月26日、自由党を吸収合併した。これを受けて27日、記者団に党役員人事について「骨格は現執行部を維持したい」と語った。「選挙の神様」と言われる小沢一郎衆院議員については「選挙に対しての見識は非常に大きい。何らかの形で、選挙で仲間を増やすために力を貸してほしい」と述べ、玉木雄一郎代表が兼務している「総合選挙対策本部長への起用」を明らかにした。産経ニュースが伝えた。小沢一郎衆院議員は、竹下登政権の官房副長官時代、消費税(3%)実現に奮闘したけれど、基本は「減税論者」、一般会計・特別会計1本化と「消費税廃止」を打ち出す可能性がある。また、原発ゼロ論者だが、2030年脱原発も原発ゼロに通ずるとして妥協。沖縄米軍普天間基地を現在沿岸埋め立て中の辺野古への移設に反対しているのは、トランプ大統領が在日米軍撤退を発言しているので、移設は必要なくなると判断しているからだ。そして、何よりも、北朝鮮との関係で言えば、小沢一郎衆院議員は、自民党幹事長時代、「金丸訪朝団」の一員として北朝鮮に行き、金日成主席と会っているので「アントニオ猪木参院議員が持ちかければ、北朝鮮は小沢訪朝をいつでも受け入れる」と言われており、次期参院議員選挙(衆院議員選挙との同日=ダブル選挙もあり得る)直前に実現すれば、国民民主党など野党の勝利は確実となる。折しも、天皇陛下と小沢一郎衆院議員に委ねられている「MSA資金」運用益シェアが、北朝鮮にも行われている。これだけの好材料が重なっているのは、文字通り「天の恵み」と言える。

5725

5722

5727
(上の2、3番画像は以下転載の阿修羅コメントからの拝借)

日米首脳会談、驚愕の屈辱!<安倍夫妻はレッドカーペットの外!>安倍首相が近づくと、トランプ大統領がSTOP!
http://www.asyura2.com/19/senkyo260/msg/209.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 4 月 28 日 02:25:05:

5723

5724

5725_1

5726


kuse_J @kuse_ju

トランプ、日米貿易交渉は5月末合意と想定外発言に振り回される安倍https://www.asahi.com/articles/ASM4W4W6NM4WUTFK00D.html 

レッドカーペットの外に立つ安倍、記者から、もっと詰めてと言われて
左脚をレッドカーペットに置くと、トランプがSTOPと止める屈辱。
(映像5分20秒辺り)。恥さらし外交。http://news.jtbc.joins.com/html/329/NB11807329.html 




[비하인드 뉴스] 트럼프에 "STOP" 당한 아베?…레드카펫 굴욕

韓国 JTBC News 2019/04/27 に公開
※冒頭からご覧ください。


Judy @SXMKPQtD7a4OB2F

韓国のJTBC🇰🇵

「レッドカーペットで "もっと寄って "と言われ 動いた安倍総理に、トランプ大統領が "STOP"と言っている。これは一大事、声は聞こえないがトランプ大統領の口の動きがそう見える。文大統領はちゃんと真ん中に居たぞ👍」と報道している。

はいはい、文ちゃんは線の所に立てたよ~?


yu-m @CUL8RR

日米首脳会談の動画みてたら安倍夫妻の立ち位置がレッドカーペットから完全にはみでてる。
これ、トランプも意図的にやってるし安倍もはみ出てるの気づいてるはずだよね。
こんな扱いしかされないのが国のトップとは本当に恥ずかしい



つんでく*海外の反応版 @tsundeku04

韓国人「安倍夫妻はレッドカーペットの外‥」安倍首相が、トランプ大統領との親密な関係を全世界に誇示!日米両国の親密さを示す 韓国の反応 http://tsundeku.com/04/archives/23604 

(以上転載終わり)


| | コメント (0)

【511何かが起きる?】イルミナティカード ロナルドレーガン爆発で横浜崩壊?

-イルミナティカードの中の横浜カードについては、2、3年前何度か取り上げた。下にある廃墟と化した画像は世界広しと言えど「横浜みなとみらい地区」で間違いなさそうである。奥に見える黒い建物はヨコハマグランド・インターコンチネンタルホテル、そして手前右手の崩れた赤い壁は横浜名物の一つである赤レンガ倉庫の無残な姿に違いあるまい。画像最前列には石の残骸とともにさりげなく核のマークが置かれている。これは近未来、横浜の中央部が核爆発によって壊滅的な破壊を蒙ることの予告と見られているのだ。なぜかこのカードについて、今この時期に「ドンのブログ」氏が取り上げている。この超悲惨な核テロが間近に迫っていることを事前にキャッチしたということだろうか。真相はわからない。が、そういえば1、2ヶ月前、今年の5月11日つまり「彼ら」流に言えば「511」に何かが起きる、とどこかのネット記事で読んだ記憶がある。それが横浜核攻撃なのだろうか?私は自分なりに判断し、これが起きるのはもう少し先、東京オリンピックの後だろうと考えていた。ところで東京オリンピック中にも大規模テロが発生するらしいのである。それを予告しているのが、下に掲げた、崩れた時計台の下で逃げ惑う人々の姿を描いたイルミナティカードだ。人々の服装の色に注目していただきたい。五輪のシンボル五色に対応しているのである。銀座和光の時計台そっくりといい、このカードは東京オリンピック中に起きることの予告とされているのだ。だとしたら、仮に横浜核攻撃が先に起こってしまえば横浜市を含む神奈川県東部、下手すれば私の居住する厚木市辺りまで大被害が及ぶ可能性がある。東京都内だって被害甚大だろう。日本経済大打撃、とても東京オリンピックなどはやれないだろう。というわけで、私は時系列的に東京→横浜と読んだのである。それはさておき。核爆発の中心地は米軍横須賀基地か厚木基地かのいずれかとされてきた。が、ドンのブログでは今回新しい情報を加えてくれた。横浜カードにそのことが暗示されていたのである。赤レンガの崩れたさまが横浜港から横須賀港までの地形と近似しているのだ。ずばり横須賀基地内に寄留している米原子力空母ロナルド・レーガンの爆発による、と。事前に時期が知られてしまうと何も起こらないパターンが続いている。が、近未来必ず起きるだろう。彼らは米国地下秘密基地「エリア51」で協働している邪悪な宇宙人から、タイムトラベルの技術を教わっているという。彼らは先回りして未来を覗き見した可能性を否定できないのである。 (大場光太郎・記)-

ドン・イルミの横浜カードが気になる。連中にとってお手軽なのは確かである。
http://www.asyura2.com/18/cult20/msg/745.html
投稿者 ポスト米英時代 日時 2019 年 4 月 27 日 08:13:55:

天木によると、消費増税延期も脱原発も野党の政策をパクり、ダブルで延命しようとする算段の安倍サックスだが、そのみっともなさを誤魔化す行事が必要で、都心でも田舎でもなく、しかしインパクトのある横浜やばくねというのがドンの見立てのようである。
イルミカードというのは、連中がやりたい事のほのめかしで、エコノミストの表紙と同じ役割を果たすもので、トラの当選もほのめかされていたもので、連休中も悪さをしないと考えるより悪用すると考えた方が自然である。  

572
米原子力空母ロナルド・レーガン  老朽化の廃棄処分を兼ねてこれを超爆発させる?

5721 
このカードは東京オリンピック中の大規模テロの予告か?右は都内銀座和光の時計台

イルミナティカード ロナルドレーガン爆発で横浜崩壊?
https://ameblo.jp/don1110/entry-12457000606.html
2019-04-26 16:24:52 donのブログ


過去に起きたこと、現在起きていること、これから起こること、全てを利用するのがイルミナティのやり方。なので暗示であり警告であり、含みを持たせこじ付けが可能にできている。先ずは連中のやり方を理解することでしょう。

 
 
 


(以上転載終わり)

| | コメント (0)

【野党統合の核となれ】小沢一郎代表 自由党は国民民主党と合流することになりました。必要なことは、全野党の「結集」。そのための第一歩です。

-26日、国民民主党と自由党との合併が本決まりとなった。小沢一郎も以下の自由党解散の辞で述べているとおり、安倍政権と本気で対決するつもりなら全野党の一致団結が欠かせない。そのための大きなステップとして今回の両党の合併を素直に喜びたい。途中でこの合併話は難航を極め『ダメかなこれは』と思わせられた。が、「政権交代の鬼」小沢一郎が、菅・野田元総理らの外野席からの変な声をはね返した。国民民主党代表の玉木雄一郎代表も党内にいまだ根強く残る“小沢アレルギー”をよくぞ抑えてくれた。玉木代表は元大蔵省・財務省官僚、衆院議員に初当選したのは民主党による政権交代のかかった2009年8月総選挙なのである。旧民主党議員の中ではまだ新参者といえよう。それが今では野党の一角のリーダーなのである。国会質疑では生真面目すぎて不真面目な安倍晋三らにおちょくられ気味、少し線が細いかなと思わないでもなかった。だが小沢一郎は玉木雄一郎をだいぶ前から買っていた。今後は直接小沢の薫陶を受けられる立場となるわけで、政治的リーダーとして一回りもふた回りも大きく成長していってもらいたいものである。さて今回の両党合併をのんきに眺めておられないのが、枝野幸男代表率いる立憲民主党だろう。野党第一党の座に胡坐をかいているうちに支持率は急降下、目下の統一地方選でも同党地方議員は大幅減となった。その上衆参同時選ともなれば資金面でも候補者面でも四苦八苦、枝野代表もようやく重い腰を上げて野党共闘促進に取り組まざるを得なくなっているという。そうこなくっちゃ。安倍自民党は消費税増税どころか、三度の増税据え置きを言い出すに違いない。それで同時選挙に持ち込めるかどうかはともかく、野党遊撃隊の山本太郎「れいわ新選組」はそれを見越して早々と「消費税5%に引き下げ」を政策の柱に据えてきた。国民も立憲も共産もれいわのこの大キャンペーンを大アシストすべきだ。さすれば、30年前の土井たか子社会党の「山は動いた!」となること受けあいである。 (大場光太郎・記)-

57124
(画像:FNN)

小沢一郎代表、自由党解散の挨拶
http://www.seikatsu1.jp/

自由党解散にあたり

 

 このたび自由党は、国民民主党と正式に合流することになりました。先の統一会派の結成の後、逐次同党と政策協議を進めてまいり、最終的には「今後全野党が一丸となって安倍政権と対峙していくためには、ここでまず二党が一緒になることが不可欠である」との認識に至り、このような決断となりました。
 
 必要なことは全野党の結集です。今回の合流はその始まりに過ぎません。「強大な権力」の暴走には「強力な結集」で臨むほかありません。何としても「結集」を実現し、政権交代を実現したいと考えております。今後につきましては、我々が新しく参画する「国民民主党」に対し、これまでと変わらぬご指導・ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2019年4月26日
自由党代表 小沢一郎

小沢一郎代表 自由党は国民民主党と合流することになりました。必要なことは、全野党の「結集」。そのための第一歩です。
http://www.asyura2.com/19/senkyo260/msg/171.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 4 月 26 日 22:10:05:

57122

57123

小沢一郎(事務所) @ozawa_jimusho

このたび私たち自由党は国民民主党と合流することになりました。謹んでご報告を申し上げます。必要なことは、全野党の「結集」。今回はそのための第一歩です。野党がバラバラでは絶対に勝てません。私物化を続け暴走する巨大な権力を倒すことはできません。更なる結集を目指して全力で闘って参ります。




国民 自由との合併を賛成多数で了承 野党勢力結集を
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190426/k10011897101000.html
2019年4月26日 1時33分 NHK



国民民主党は、25日夜から26日未明にかけて、党所属のすべての国会議員を対象にした会合を開き、自由党との合併を賛成多数で了承しました。玉木代表と自由党の小沢代表は、合意文書に署名し、さらなる野党勢力の結集を追求していく方針を示しました。

自由党との連携強化をめぐって、国民民主党は、25日午後6時半から27日午前1時すぎにかけて、7時間弱にわたって、党所属のすべての国会議員を対象とした会合を開いて、協議しました。

会合は非公開で行われ、出席した議員によりますと、安倍政権との対立軸を明確にし政治の現状を打破するには野党勢力の結集が必要であり、自由党との合併を実現したいとの玉木代表の方針を支持する意見が多く出された一方、現時点での合併は納得できず先送りすべきだとの意見も出されました。

話し合いは休憩を挟みながら断続的に行われ難航しましたが、最終的に、自由党と合併するという方針は賛成多数で了承されました。

これを受けて、玉木氏と小沢氏が会談し、両党が合併して、党名を国民民主党とすること、国民民主党の基本理念や基本政策を継承すること、そして、より多くの議員や政党などに幅広い結集を呼びかけるとした合意文書に署名しました。

このあと、両氏は、そろって、記者会見し、玉木氏は、「平成から令和に変わるが、野党の分断と分散の歴史を統合と結集の新しい時代にしていきたい。その第一歩として両党が合併したが、さらに大きな塊を作る努力をしていく」と述べました。

小沢氏は、「立憲民主党の枝野代表が決断し、野党すべてに声をかけて、結集を図るのがベストだと思っており、最終的にそういうことでまとまればいい」と述べました。

国民 階氏「合流には反対」

国民民主党の階憲法調査会長は、記者団に対し、「大きな塊を作ることに、むしろマイナスになるという懸念がある。過去に政策の違いから分裂したことを踏まえると、政策や理念が本当に一致するのかという問題もあり、合流には反対だ」と述べました。

そのうえで、今後の対応について、記者団が、「離党も選択肢か」と質問したのに対し、階氏は、「今の段階で予断を与えてはいけないので、コメントは差し控えるが、仲間の意見を聞いたうえで、最終的な結論を出したい」と述べました。


(以上転載終わり)

| | コメント (0)

【安倍害交】平成ラストの欧米歴訪で総崩れ ドン底から始まるボロボロ令和外交

-安倍晋三&昭恵夫妻が平成最後の国内諸難題からのトンズラ外遊だという。この性悪夫妻はまさに国民全体の厄介な「負債」と言うべきもの。いったん外に出て行ったらもう二度と日本には戻らないでもらいたいものだ。が、日本国民がいくらそう希求してもこやつらが行った先々の国でもはた迷惑な存在、空飛ぶATMだからさしあたり歓迎もされるが、こんな者らにずっと居座られた日にゃあその国の穢れというもの、どの国だって引き取り手はないであらう。だから私は事あるごとに言い続けているのだ。安倍私邸の座敷牢か東京拘置所かはたまた松沢精神病院か。安倍晋三&昭恵はこのいずれかに隔離するしか方法はないと。税金無駄遣いの外遊びの害交にこやつらを行かせるたび、拉致問題や北方領土問題ではないが、1ミリも動かないどころか行く度に問題はこじれ解決がより困難になるのだ。ノータリン安倍害交の向かうところ負の無限スパイラルに陥るだけなのである。 (大場光太郎・記)-

「政権末期」の安倍晋三首相は、ノートルダム寺院炎上の放火犯人が判明しているなか、補欠選挙2連敗の責任に頬かむりして…
http://www.asyura2.com/19/senkyo259/msg/901.html
投稿者 笑坊 日時 2019 年 4 月 23 日 23:41:23

「政権末期」の安倍晋三首相は、ノートルダム寺院炎上の放火犯人が判明しているなか、補欠選挙2連敗の責任に頬かむりして「卒業旅行」、フランスでは、跳んで火に入る夏の虫に
https://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/2494ee3d58da9157f90a4a3b527dadb2
2019年04月23日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」


◆〔特別情報1〕
 フランスの首都パリの世界文化遺産ノートルダム寺院大聖堂炎上の放火犯人が、ようやく判明してきた。放火は、驚くべき超大物が命じたといわれており、この情報をキャッチしているのか、していないのかは定かではないけれど、「政権末期」の安倍晋三首相は、夏の参議院選挙の前哨戦と位置づけられていた衆議院大阪12区と沖縄3区の補欠選挙(21日投開票)で、2連敗した責任を頬かむりして、4月22日、一新したばかりの政府専用機の旅をまるで満喫するかのように「卒業旅行」(欧米歴訪22日~29日)のため、羽田空港を飛び立った。23日には、パリで「黒い貴族」の一味マクロン大統領と会談し、ノートルダム寺院の大火災を見舞い、修復支援の意思を伝えるというけれど、果たして、フランス国民の世論を無視して、安易に修復支援を行えるのか。おまけに、日産自動車株を43.4%保有しているルノーが、俄かに牙を剥き出し、日産に経営統合を提案したことが22日、判明している。ルノーのジャンドミニク・スナール会長の意向として、日産の西川(さいかわ)広人社長兼CEO(最高経営責任者)に伝えていたといい、安倍晋三首相は、跳んで火に入る夏の虫になりかねない。天皇陛下のごく近くにいる吉備太秦は、すでに命運尽きている安倍晋三首相の「誤った外交」に警鐘を鳴らしている。

57120
平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/19/senkyo260/msg/125.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 4 月 24 日 23:47:05:
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/252574

2019/04/24 日刊ゲンダイ

57121
薄っぺらな関係(右がロウハニ・イラン大統領=代表取材・共同)

 天皇の退位前日まで安倍首相が1週間もの長丁場で欧米6カ国を歴訪中だ。今や“外交の安倍”どころか、目も当てられない惨状で、平成を締めくくる外遊でボロボロ外交総崩れが露呈している。

 安倍首相が欧州に出発した22日、米国はイラン産原油の全面禁輸を発表。昨年11月にイランへの経済制裁を再発動させた際、日本など8カ国・地域の原油輸入については最大180日間の制裁適用を免除したが、5月2日に打ち切ると通告したのだ。イラン革命防衛隊の高官は、原油の海上輸送の要衝であるホルムズ海峡の封鎖も辞さない構えだ。この間、安倍政権は何をしていたのか――。

 日本とイランは長年、良好な関係を築いてきた。ちょうど今年は両国の外交関係樹立90周年でもある。米国ベッタリの安倍首相も、2013年から昨年9月まで、6年連続でイランのロウハニ大統領と首脳会談をしてきた。国際ジャーナリストの春名幹男氏が言う。

「180日の間に、安倍首相は、ロウハニ大統領とのパイプを生かして、米国とイランの間に入り外交努力をすべきでしたが、米国にお任せだったように思われます。ロウハニ大統領と会談を重ねても、肝心な時に話ができる関係は築けていないということでしょう」

 23日の会見で、菅官房長官は「米側と緊密に意思疎通を図ってきた」と語り、世耕経産相は「(米国との交渉は)必要に応じて働きかけを行っていきたい」と言った。交渉相手は米国ばかり。イランのイの字も出てこなかった。

 23日、安倍首相とマクロン仏大統領との会談に先んじて、各メディアは「ルノーが日産に経営統合打診」と報じた。

「首脳会談で安倍首相に、“統合問題”を取り上げて欲しい日産からのリークとの情報があります。まあ、会談で安倍首相が触れたところで、何ら影響はありません」(経済ジャーナリスト・井上学氏)

■支持率急落トランプにフルボッコ

 27、28日の訪米も悲惨な結果になりそうだ。何しろ、トランプ大統領の支持率が急落。ロイターとイプソスの最新世論調査(18~19日)では、前週比3ポイント低下し、年初来最低の37%。米紙ポリティコ(電子版)の調査(19~21日)でも、5ポイント減で過去最低タイの39%だった。

 トランプの罪を完全に否定しなかったロシア疑惑の捜査報告書の影響だが、このタイミングでネギを背負ったカモのように安倍首相はノコノコと訪ねるわけだ。農産品の市場開放、車の輸入関税、為替条項、高額武器――。目に見える成果を渇望するトランプに“フルボッコ”を食らうのは目に見えている。

 ロシアとの北方領土交渉は頓挫し、北の拉致問題は1ミリも進展ナシ。韓国とは徴用工問題などで互いが罵り合う“史上最悪の関係”と、今や安倍外交は総崩れ。令和の時代はドン底から諸外国との関係を築き上げるしかないが、安倍首相にそれができるとは思えない。

?? ??????? @sgmr0222

利権政治に終止符wow!平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる|日刊ゲンダイDIGITAL https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/252574 


KK @Trapelus

安倍首相【平成ラストの欧米歴訪で総崩れ】ドン底から始まるボロボロ令和外交 支持率急落トランプにフルボッコ ロシアとの北方領土交渉は頓挫し、北の拉致問題は1ミリも進展ナシ。韓国とは徴用工問題などで互いが罵り合う〝史上最悪の関係〟と、今や安倍外交は総崩れ(日刊ゲンダイ)



(以上転載終わり)

| | コメント (0)

【ノートルダム大聖堂焼失】フランス全土でキリスト教会&聖母マリアへの攻撃激化 悪魔的冒瀆が連続して発生

-今回のノートルダム大聖堂焼失はどうやらフランス政府による自作自演の可能性が高そうである。その意味では911のフランス版と言ってよさそうだ。この事件はパリで最も由緒あるカトリック施設へのフランスマクロン政府による放火事件では済まされない不気味な背景がある。ノートルダムとは「聖母マリア」ということである。そこから通常の偽旗作戦とはまったく異なる様相が見えてくるのだ。今年に入ってフランス全土やアメリカ各地でキリスト教会施設で不可解な事件が頻発して起こっているという。中でも「やつら」の第一のターゲットになっているのが「聖母マリア」なのである。首を切断されたり、赤いペンキがぶちまけられたり、汚物が撒かれたりとマリア像への冒瀆行為が激しさを増しているのだ。今どうして聖母マリアなのか?カトリックの聖母信仰では、『創世記』の中の一節「蛇のかしらを踏み潰す女の末」とは聖母マリアを指すと言われている。“天の母”である聖母は、“終末の時”サタン軍団を打ち滅ぼすことの出来る唯一の存在と言われているのだ。以下の(1980年代の)聖母マリアメッセージをお読みいただきたい。「今は、わたしと、赤い龍と黒いけものに率いられた強力な軍団との大戦闘の時です。全人類を神の否定と反逆に導くために集結した軍団を、マルクス主義の無神論とフリーメイソンが指揮しています。そのかしらはルチフェルで、今日に至るまで、みずからを神として礼拝させようと、いまだに神への反抗を挑みつづけています。かれと共に戦うのは、その他のすべての悪魔で、現在、できるだけ多くの魂を亡ぼそうと、地獄から地上へ溢れ出しています」「サタンは、自分の王国を世界にかためるのに成功し、すでに確実に勝利をえたと感じています。しかし、ほんとうのことをいうと、サタンの大きな決定的敗北のときが迫っています。このために、戦いは、ますます激しさをまし、恐ろしいものとなっています」(『聖母から司祭へ』丸山カトリック教会発行-非売品) サタン&同勢力も自分たちの最大の敵は聖母マリアであることを分かっているという。やつらを亡ぼす存在としての聖母を心底怖れているのだ。一連の聖母冒瀆行為はやつらによる最後の悪あがきとみるべきだろう。 (大場光太郎・記)-

57118
ファティマの聖母

フランス全土でキリスト教会への攻撃と悪魔的冒瀆が連続して発生し続けている中、意味が「聖母マリア」であるノートルダム大聖堂が焼け落ちる
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2103920.html#more
20:35  大摩邇


https://indeep.jp/notredame-fire-in-demonize-situation-of-france/
<転載開始>
投稿日:

フランスでカトリック教会への「攻撃」が続いていることを報じる米ニューズウィークの記事

57112_1
Newsweek

今のフランスでは、毎日のように、礼拝所と十字架が破壊され冒瀆され、聖餐のパンがゴミのように捨てられている

日本時間の今日 4月16日、フランス・パリのノートルダム大聖堂で大規模な火災が発生して、ほぼ現状を留めないような被害をうけたことが報じられています。

2019年4月15日 炎に包まれるパリ・ノートルダム大聖堂
57113
The Guardian

 

火災が発生して、わりとすぐに、アメリカの民主党の政治家らしい、クリストファー・ヘイルさんという方が、ツイッターに以下のように投稿していました。

4月15日 米国の政治家クリストファー・ヘイル氏の投稿
57114
Christopher J. Hale

まだパリ当局から何の正式の発表もない時点で、「これは放火だ」というニュアンスを書いています。

普通に考えれば、「ちょっっとフライングでは」というように思われるかもしれないですが、「今のフランスのこと」を知っているのなら、こういうように書くのが普通なのかもしれません。

今回、火災が発生したノートルダム大聖堂は、パリで最も大きな聖堂ですが、パリでノートルダム大聖堂に次いで、パリ 2番目の規模を誇る聖堂である「サン=シュルピス教会」という歴史的な建物があります。実は、この教会も、ほぼ 1ヵ月前に「燃えている」のです。

2019年3月17日 炎に包まれるパリのサン=シュルピス教会
57115
Ruthann

この時も、現地で消火をおこなっていた消防士の発言が、次のようにツイッターに投稿されていたのです。翻訳は、全部だとゴチャゴチャしますので、最後の一文だけを記入しています。

3月15日のツイッターへの投稿より
57116
Ruthann

なぜ、たとえば消防士の人たちが、まだ原因も何も調査していない段階で、

「これは放火だ」

というようなニュアンスのことを言えるのか。

それは今のフランスの「異様な状況」があるからなのだと思います。

 

冒頭に、ニューズウィークの 3月の記事を載せていますが、まずはそれをお読み下さい。

フランスでは現在、教会とキリスト教関係施設への攻撃と破壊が続いていて、それは 2月だけで「47回」も記録されてします。

有史以来の西洋諸国で、こういうことは、ちょっと聞いたことがない話です。

まずは記事をどうぞ。

なかなかすごい内容ですよ。

 


CATHOLIC CHURCHES ARE BEING DESECRATED ACROSS FRANCE—AND OFFICIALS DON’T KNOW WHY
newsweek.com 2019/03/21

フランス全土でカトリック教会が冒瀆され続けている。しかし、教会側はその理由がわからない

フランスで、2019年の初めからカトリック教会に対する攻撃が急増している。

それらの行為の中には、放火と冒瀆(神聖なものを汚す)ことが含まれる。

破壊者たちは、教会の彫像を打ち砕き、礼拝所を打ち倒し、そして、聖体を巻き散らすか破壊し、十字架を破壊し、反カトリック的感情の高まりの懸念をフランス国内で引き起こしている。

3月17日の正午のミサの直後、歴史的な建造物であるパリのサン=シュルピス教会で火災が発生したと報じられた。負傷者はいなかったが、パリ警察は、消防隊員たちがこの火災が放火らによるものだと確信していることから、放火であるかどうかの調査をおこなっている。

サン=シュルピス教会は、17世紀に建てられ、ロマン派の画家ウジェーヌ・ドラクロワによる 3作品を収蔵しており、米映画「ダ・ヴィンチ・コード」の舞台として使用された。

2月には、フランス北西部のウイユにある聖ニコラス・カトリック教会で、聖母マリアの像が打ち壊されているのが発見された。

同じ 2月には、フランス中南部ラヴァールの聖ラヴァール大聖堂で祭壇の布が燃やされ、十字架と聖人たちの像が破壊された。この襲撃後、ヴァールの市長は、以下のような声明を出した。

「神はきっとお許し下さる」

続いて、フランス南部のスペイン国境近くのニームにあるノートルダム・デ・エンファン(「聖母の子」の意味)教会の祭壇が略奪され、教会の十字架に、人間の排泄物が塗られるという事態が起きた。

さらには、カトリック教徒たちがイエス・キリストの体であると信じている、教会にあるパンから作られた奉献物が教会の外にゴミのように捨てられていた。

この教会の司教は、声明で以下のように述べた。

「十字架のしるしと聖餐のパンが重大な冒瀆を受けました。この行為は私たちの教区社会に非常に大きな影響を与える出来事です」

「この行為は、深い信仰の中にある私たち全員を傷つけるものです」

フランスでは、2月だけで、カトリック教会やキリスト教と関係した宗教施設への攻撃が、47回記録されている。

また、ヨーロッパのカトリック教会への問題行動を統括している組織(Observatory of Intolerance and Discrimination Against Christians)によれば、2019年の最初の 2ヵ月間でのカトリック教会への攻撃は、昨年と比べて 25%増加しているという。

同組織の上級監督官は、ニューズウィークの取材に対し、これら一連の攻撃の動機は不明なことが多いが、一部、アナーキストやフェミニストグループによる反キリスト教的な暴力の問題と直面していると語る。

上級監督官は、以下のように言う。

「教会あるいは、教会の象徴に対してフランス国内で敵意が高まっているように感じています。そして、教会への反感は、キリスト教そのものへの反感より強いようなのです」

「今起きている一連の攻撃は、教区とカトリック教徒たちにとって本当に神聖な象徴に対して行われています。奉献された聖餐のパンへの冒涜はカトリックとキリスト教に対する非常に個人的な攻撃であり、これは、教会の外壁にスローガンをスプレーで落書きするよりも重大な攻撃なのです」

フランスは長く世俗主義の伝統を持っていたが、フランスは文化的にキリスト教の国であると見られてきたので、宗教の象徴としての教会への攻撃は、権威と愛国心への攻撃でもあると監督官は言う。

2月9日には、ブルゴーニュ地方のディジョンにあるノートルダム教会の祭壇が破壊された。ここでも、聖体拝領のパンが、地面にばら撒かれた。

フランスのエドゥアール・フィリップ首相は、2月にフランスの教会指導者たちに会い、声明の中で次のように述べた。

「このような破壊と冒瀆行為は私に衝撃を与えている。これは満場一致で非難されなければならない」


 

ここまでです。

この「冒瀆の方法」がものすごくないですか。

> 教会の祭壇が略奪され、教会の十字架に、人間の排泄物が塗られる

> 教会にあるパンから作られた奉献物が教会の外にゴミのように捨てられていた

 

1971年の小説『エクソシスト』あるいは、1973年にその小説が映画化されたエクソシストでは、悪魔に取り憑かれた(とされる)少女リーガンに、本格的に異変が起きる前に起きたことが、「カトリック教会の聖母マリア像への冒瀆行為」でした。

映画では、教会にある聖母マリア像の彫像の両方の胸の部分と、下腹部あたりに角のようなものが突き刺され、そこに赤い血のようなペンキが塗られているという光景が写されていました。

しかし、私は、何だか今のフランスで起きていることのほうが、小説や映画より「ずっとひどい」と感じています。

エクソシストでも、イエスの肉体とされたパンをゴミのように捨てるというようなことはしていないですし、まして、排泄物まで登場するとなると、想像の域を出た行動といえるような気がします。

なお、ノートルダム大聖堂の火災の報道を読んでいて、

「考えてみれば、自分は、ノートルダム大聖堂がどんなものだかよく知らないな」

ということに気づきまして、Wikipdia を読んでみましたら、以下の記述につきあたりました。

ノートルダム大聖堂 - Wikipediaより

ノートルダムとはフランス語で「我らが貴婦人」すなわち聖母マリアを指す。

 

「ああ、そうなんだ」と深く納得しました。

もちろん、キリスト教関係の施設に聖母のお名前がつけられることは珍しくないのでしょうけれど、先ほどのニューズウィークの記事でも、最近攻撃された教会に、

・ニームのノートルダム・デ・エンファン教会

・ディジョンにあるノートルダム教会

というように、ノートルダムがつく教会が多いなとは思っていましたが、ノートルダムとは、聖母を現しているということなんですね。

火災となったパリのノートルダム大聖堂は、

「聖母マリア大聖堂」

であると。

フランスの聖母マリアの名のつく施設の代表がターゲットになったと。

 

これらの宗教施設への攻撃者の正体はわからないですけれど、何となく、その背後には、

「すべての聖母マリアを破壊せよ」

というような意志も見えてくるような……。

ふと思い出しますと、「フランスと聖母マリア」といえば、昨年の 8月に、「聖母マリアに捧げられる川の水がシンクホールと共に消滅した」という事象を以下の記事で取りあげたことがありました。

聖母マリアに捧げられるフランスの川の水が「シンクホールに飲み込まれて消滅」した頃、アメリカでは次々と聖母像が破壊され、南米では血の涙を流す

8月9日のフランスの報道より ・leparisien.fr   フランスで「川の水が消滅する」という出来事が起きました。……といっても、後に過去記事をリンクいたしますが、この2〜3年、「海の … 続きを読む 聖母マリアに捧げられるフランスの川の水が「シンクホールに飲み込まれて消滅」した頃、アメリカでは次々と聖母像が破壊され、南米では血の涙を流す

 

| | コメント (0)

【なぜ?東大生の“官僚離れ”】~「冬」の時代の官僚たち~東大卒のプライドにかけ三流成蹊裏口卒の安倍如きにあごで使われたくないのだろう

-前回は東大入学式における上野千鶴子氏祝辞を取り上げた。今回は最近の東大卒業生の進路動向の変化についてみていきたい。従来から霞が関中央官庁におけるキャリア官僚の東大卒の占める割合は群を抜いて高かった。財務省、外務省、法務省などどの省庁でも独特な東大閥を形成し今日に至っている。が、近年は各省庁における東大卒の占める割合に大減少傾向がみられるというのだ。ここ10年間でみた場合、東大キャリア官僚合格者数はピークだった平成22年の32.5%が、直近では16.8%と約半数近くまで減っているのである。東大法学部から財務省キャリアなどは絵に描いたようなエリートコースだろうにそれを袖にする傾向性はどうしてなのか。以下の転載文が多角的に分析している。お読みになればお分かりのとおり理由はさまざまである。が、一口に言って東大新卒者にとって、キャリア官僚は以前ほど魅力的ではなくなっているということなのだ。転載文とグラフからも明らかなとおり民主党政権以来の「政治主導」に大きな原因がありそうだ。特に内閣人事局を新たに作り、高級官僚の人事権を一手に掌握した安倍政権によって長期低落傾向は決定的になった。人事権を握られているゆえに、森友事件のように安倍総理に忖度しての佐川宣寿理財局長(当時)指令→近畿財務局員らによる公文書改ざんにまで手を染めるに至る。こんな体たらくを見せられては卒業間近な東大生が官僚に進みたがらないのも当然である。国家運営の中枢を担う中央官庁にはやはり最優秀頭脳たちの集結が望まれる。だが泥舟のような昏君(馬鹿殿)には賢明な者ほど仕えたくはないだろう。安倍晋三のせいで最優秀頭脳がキャリア官僚を忌避するようでは国家的損失は計り知れない。その意味からも安倍晋三には早く政界から去ってもらうしかないのである。 (大場光太郎・記)-

なぜ?東大生の“官僚離れ”~「冬」の時代の官僚たち~田中教授は、政治主導により、官僚の「自律性」が失われていったと指摘/
http://www.asyura2.com/19/senkyo259/msg/446.html
投稿者 仁王像 日時 2019 年 4 月 08 日 20:37:19:

57058

なぜ?東大生の“官僚離れ”~「冬」の時代の官僚たち~田中教授は、政治主導により、官僚の「自律性」が失われていったと指摘/nhk
2019年4月8日 18時35分https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190408/k10011876991000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_007

かつて東京大学から霞が関といえば、典型的なエリートコースでした。しかし、今の東大生には自分たちが進む道として魅力的に思えないようです。(“霞が関のリアル”取材班 三浦佑一)

東大生の進路に異変?
ことしの東大卒業生たちはどのような進路を選んだのか。先月、卒業式が行われた安田講堂の周辺で聞いてみました。
東大生の進路に異変?

「大学院でデータサイエンスの研究を」(工学部・男性)
「銀行に就職します」(文学部・女性)
「コンサルタントをやらせていただきます」(経済学部・女性)
「司法試験を受けて企業弁護士を目指します」(法学部・男性)

10人以上に聞きましたが、官僚になる人はいませんでした。そんなに、『東大→官僚』というコースを歩む人はレアなのか…。

それでは、どうして官僚を選ばなかったのかと尋ねると、「ゼロから新しいものを作るという意味で、民間のほうがおもしろいことができるのでは」とか、「社会貢献できるのは官僚だけではないという考え方を持つ人が増えたのかな」などという答えが返ってきました。
とはいえ、これまで多くの官僚を輩出してきた東京大学。志す人がいないわけはないはず。

トップ合格、親族も官僚。でも…
取材を続けると、キャリア官僚の試験に合格しながら、別の進路を選んだ卒業生に出会いました。

まず見せてもらったのは、キャリア官僚になるために必要な「国家公務員採用総合職試験」の合格通知書。去年5月に試験を受けて、翌月に人事院から送られてきたものだそうです。そこにある一文を、思わず二度見してしまいました。
トップ合格、親族も官僚。でも…

なんとトップ合格です(そもそも順位が通知されることにも驚きですが)。でも彼は、民間のコンサルティング会社に就職することにしたといいます。

「せっかくなのに、どうして」と思わず聞くと
「官僚は最初の数年間は下積み時代っていうのがありますし、実際のいい仕事、意思決定に関われるのは8年目とか10年目の課長補佐以降だと聞いています。それまでの期間がもったいないですね。上の世代の人が下積みの重要性を言いたがるのは正直理解できません。むだに思える雑用に時間を費やしたくない。新卒という、ある意味、社会の変化にいちばん敏感な時期の力を最初から最大限発揮していきたいし、そういう力を積極的に使っていこうという企業の中で成長したいんです。年功序列であったり、政治家の意見も聞きつつ空気を読んで判断しないといけないという霞が関の風土にも染まりたくない」

自信に満ちた受け答えを聞きながらも、私は“実際働いたわけではないのに、どうしてここまで言い切れるの?”と不思議に思いました。しかし、よくよく聞くと、この卒業生、うわさ話やネットの情報でキャリア官僚の座を「蹴った」わけではありませんでした。

親族に複数の官僚がいて、間近でその仕事ぶりを見たり、聞いたりしたうえで判断したというんです。彼自身、小さいころは官僚への憧れはあったそうです。

キャリア官僚トップ合格を辞退した東大卒業生
「小学生の時からなんとなくかっこいいというか社会のための仕事に対する憧れはありましたね。ゆくゆくは自分も官僚になるのかなと思いつつ、東大に入りました。官僚が本命だったことは事実です」

そんな彼が、なぜ考えを変えたのでしょうか。
「この数年、省庁で不祥事が起きた時に、個人よりも組織全体で対応に追われる場面を見てきました。不祥事が次々に起きること自体よりも、個人のことで組織全体が振り回される様子にげんなりしたんです。周りの東大生の間でも、文一に入って法学部を出てそのまま官僚になるっていう感覚は薄れてきています。官僚になる同級生に対しては、仕事への尊敬はありますが、『激務薄給の中で頑張ってくれよ』という、ある意味同情の目を向ける風潮もあります。私が官僚の道を選ばないことを親族に伝えたときも、特に引き止められませんでしたね」

霞が関、大丈夫でしょうか?
「沈む船に乗りたくない」
「沈む船に乗りたくない」
これは人事院が公表した去年のキャリア官僚試験の合格者を出身大学別にまとめた表です。

東京大学は329人で最も多く、2位の京都大学とはダブルスコアです。でも合格者に占める東大生の比率を計算すると、16.8%。この10年間のピークだった平成22年度の、およそ半分に減っていました。
いろんな大学から霞が関に入る人が増えるのはいいことなのかもしれませんが…。

なぜ東大生は官僚を目指さなくなったのか。その理由を、毎年の卒業生の進路を調べている「東京大学新聞」の編集部に聞きました。
就職記事を担当している衛藤健さん(教養学部4年)が、理由を整理してくれました。

「東京大学新聞」編集部 衛藤健さん(教養学部4年)
1官僚の長時間労働に対する忌避感が強まっている。
2景気が回復し、就職先として民間企業の魅力が増した。
3待遇は大企業に比べて低いのに国民の評価は低く、報われない。
4衰退に向かう日本という「沈む船」には乗りたくない。

昨年度の東大入試では、長年官僚を目指す王道だった文科一類(法学)の合格者平均点が文科二類(経済)を下回ったことが話題になりました。東大生は時代の変化に敏感に反応しているようです。

何が官僚を苦しめているのか
では今、霞が関が抱えている問題点は何なのか。私たちは先月2回にわたり、官僚の異常な働き方や、その対価である残業代が一部しか支払われていないという厳しい実態を、官僚や配偶者の証言でお伝えしてきました。(※文末「注目のコンテンツ」にリンク)

今回、さらに取材を進めると、別の問題も見えていました。40代のある官僚は、今も国家公務員としてのやりがいはあると言う一方で、仕事のやり方は変わってきていると漏らしました。

「政治家や官邸への根回しのプロセス、政策の意思決定に至るまでのプロセスは、以前に比べると増えているというのは間違いなくあります。いろいろな新しい政策を作りたい、考えたい、議論したいと思っていても、そういったものに費やす時間が十分とれないというのはあると思います。官僚そのものが優等生化してしまって、政治家とのあつれきを招いてまで意見を押し通そうという人は減ってきてます」

この10年ほどでよく聞くようになった「政治主導」により、仕事の質が変わったというのです。

官僚主導から政治主導へ
高度経済成長期からの霞が関は、官僚が政策を立案し、政治家をリードするいわば「官僚主導」の状態でした。1975年に出版された城山三郎の『官僚たちの夏』に登場する理想に向かって突き進む官僚たちは、まさにそのイメージです。

しかし、90年代に入り、経済の行き詰まりや、政官業のもたれ合いに批判が高まると、政治家が「官僚主導」の見直しを進めます。橋本内閣で始まった行政改革と省庁再編はそのさきがけです。

そして2009年には鳩山政権が「事務次官会議」を廃止。
2013年には安倍政権が、中央省庁の幹部人事を一元管理する内閣人事局を設置しました。
こうして「政治主導」の動きが強まっていきました。

「冬」の時代の官僚たち
官僚OBは現状をどう見ているのか。元財務官僚の明治大学 田中秀明教授に聞きました。ことし2月、「官僚たちの冬」という本を出版し、「官僚たちの夏」の時代と今の官僚が何が違うのか、検証した専門家です。

田中教授は、政治主導により、官僚の「自律性」が失われていったと指摘します。

明治大学 田中秀明教授
「今の官僚の方は受け身になっていると思います。省庁の中では検討していなかった政策がトップダウンで降ってくることが多くなり、昔と比べると裁量は小さくなっているでしょう。政治家は何を考えてるのか、どうしたいのかを聞いて、あるいは指示を受けたうえで動くというような傾向が強まっています」

一方で、政治主導自体は時代の流れだと指摘しました。

「グローバリゼーションの中で迅速な意思決定をするために、政治的なリーダーシップが必要であることは間違いありません。今後も政と官の関係は、時の政権によって多少は変化しても、基本的には政治が主導する方向で進むでしょう」

なるほど。でも、官僚は政治家に使われるだけでいいのか、それで優秀な人材は集まるのか、そんな疑問をぶつけてみると…。

「確かに私が今の時代の学生だったら、第一志望で国家公務員を考えるということはなかったかもしれないですね。今の霞が関で新卒が活躍して自分のキャリアを磨いていけるかというと、難しい面もあるかもしれません。一方で、官僚に専門性が求められることは間違いない。政策の具体的な中身をデザインする仕事は政治家だけではできません。専門的な見地からいろいろな分析や検討を行い、政治が判断するための選択肢を提示する役割は官僚が果たさなくてはなりません」

若手官僚たちの模索
現役の官僚たちも、決して今のままでいいと思っているわけではないようです。
3月中旬の朝。霞が関の一角にあるオフィスに、若手官僚の有志20人余りが省庁の垣根を超えて集まっていました。自分たちはどう変わるべきなのか、活発に意見を交わしていました。

「霞が関も、社会全体も、きゅうきゅうとしてしまって、先が見えなくなっている。そういうのを打破したい」(文部科学省・20代)
「われわれは国民からするとよく分からない、機械みたいな存在になっているんじゃないか。もっと顔や思いが見える役人にならなくては」(総務省・20代)
「官がやるのか民がやるのかという問題になりがちだけど、一緒にやればいい。官民融合した形でルール作りやビジネスを考えたい」(経済産業省・20代)

このグループは今後も議論を続け霞が関を取り巻く雰囲気を変えたいということです。やる気に満ちた若手たちの存在に少しほっとしました。

皆さんの体験・意見お待ちしています
取材すると、今の霞が関にあまり希望を持てない東大生が多かったのは事実です。
しかし、試験にトップ合格しながら霞が関を選ばなかったあの卒業生も「官僚の仕事の公共性や動かせる予算の規模は魅力がある。将来、霞が関への転職を考えることもありうる」と話していました。

どうすれば、再び志ある若者が集う霞が関になるのでしょうか。皆さんの考えや意見を聞かせてください。霞が関で働く皆さんの体験などもぜひこちらのアドレスまで、「霞が関のリアル」と書いて、お寄せください。
https://www3.nhk.or.jp/news/contents/newspost/  

(以上転載終わり)

 

| | コメント (0)

頑張っても報われない人がいる不公正な社会を正す必要性~上野千鶴子の東大入学式祝辞

-今回は12日に行われた東京大学入学式における上野千鶴子東大名誉教授の祝辞を取り上げる。この人がパイオニアという「女性学の権威」らしく「女性の学問の場等における差別問題」「東大の存在価値」などについて述べた同祝辞は、朝日新聞が全文を掲載したりして各方面で評判となったようだ。が一方で、木村太郎氏の「(女性差別を説いても)どうしたらいいのか解決策が提示されていない」、自身も東大卒だったと記憶している「半歩前へ」氏の「上野千鶴子は体制側の学者である」等の批判もある。そういう批判は別として私は全体を通して大変良い内容ではなかったか、これを直接聞いた東大新学生のみならず間接的にまた読みした読者らにも大いに考えさせられる祝辞ではなかったかと思う。以下に上野氏祝辞を全文掲載している「日本がアブナイ!」サイト(阿修羅掲示板投稿記事)を転載するので、各自お読みになりお考えいただきたい。また冒頭に東大公式ページの祝辞全文URLも掲げた。さて前回の早稲田大学編で述べた、この祝辞を聞いた側の東京大学新学生についても一言申し述べたい。下に掲げた画像でお分かりのとおり、早大同様圧巻の黒尽くめリクルートスーツ一色である。それに上野祝辞の内容にもなるが、早大では女子学生の姿がかなり目立ったが東大では良く見ないと女子学生が見つからない。かなり年配の私は男女共学体制で成長してきたが男子以上に出来る女子は結構いた。それは東大レベルでも同じだろう。が実態は半々とはなっていない。東大はまだまだ「男社会」なのだ。それが引いては各大学とも女性教授の少なさとなり、女性学長はいないという上野氏の指摘ともなるわけである。さらには高級官僚に女性はほとんど就いておらず、女性国会議員の数も少なくもちろんこの国にはまだ女性首相は誕生していない。思わぬ脱線をしてしまったが、ああそうだった、聞いた立場の東大新入生のことだった。天下の秀才の集まる東大入学式だ。中には本物の天才がいてもおかしくはない。が、群れと同じ行動をしないのが天才の天才たるゆえんだろう。なのにどこもかしこも金太郎飴のような没個性の画一的なスタイルはどうしたことだ。突出を嫌う。群れと同じでありたい。思うに「偏差値教育」なるものは突出した才能を殺すようにも作用するのだ。またしても皮肉を言うのだが、こんな子羊どもの群れの中から将来「本物の天才」が現れたとしたらそれこそ奇跡というものだ。 (大場光太郎・記)-

上野千鶴子東大名誉教授入学式祝辞
全文はこちらで(東大公式サイト)


57110

5719

57112

頑張っても報われない人がいる不公正な社会を正す必要性~上野千鶴子の東大入学式祝辞(日本がアブナイ!)http://www.asyura2.com/19/senkyo259/msg/610.html
投稿者 笑坊 日時 2019 年 4 月 13 日 20:11:38:

https://mewrun7.exblog.jp/28193464/
2019-04-13 16:04

もう一つ、祝辞の記事を・・・

 社会学者の上野千鶴子氏(東大名誉教授)が、12日に開かれた東京大学の入学式で行なった祝辞だ。(・・)

 上野氏は、冒頭から「(入学制が受かった)選抜試験が公正なものであることをあなたたちは疑っておられないと思います。もし不公正であれば、怒りが湧くでしょう」と医科大の不正入試の話を持ち出して、東大入学者を含め、女子の比率が低いこと、様々な意味での女子差別があることをアピール。

 あなたたちはがんばれば報われる、と思ってここまで来ただろうが、それは周囲の環境が恵まれていたからだと。

 世の中には、がんばっても報われないひと、がんばろうにもがんばれないひと、がんばりすぎて心と体をこわしたひとたちや、がんばる前から、「しょせんおまえなんか」「どうせわたしなんて」とがんばる意欲をくじかれるひとたちもいる。

 それゆえ「あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください」と

「恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、そういうひとびとを助けるために使ってください」と訴えた。(・・)

* * * * *

 チョット長いけど、これからの社会にとって大事な話だと思うので、ここに全文アップしておきたい。<できればコピーして、全ての官僚や議員に送りたいぐらいの気持ちだ。(地方の自治体、議会の人にもね。^^;>

 東大関係者に限らず、老若男女がそれぞれの立場で、これからの社会のあり方、自分のあり方を考えて行く上で、いいヒントを提供できるのではないかと思う。

『上野千鶴子さんの祝辞全文は、以下の通り。

ご入学おめでとうございます。あなたたちは激烈な競争を勝ち抜いてこの場に来ることができました。

その選抜試験が公正なものであることをあなたたちは疑っておられないと思います。もし不公正であれば、怒りが湧くでしょう。

が、しかし、昨年、東京医科大不正入試問題が発覚し、女子学生と浪人生に差別があることが判明しました。

文科省が全国81の医科大・医学部の全数調査を実施したところ、女子学生の入りにくさ、すなわち女子学生の合格率に対する男子学生の合格率は平均1.2倍と出ました。

問題の東医大は1.29、最高が順天堂大の1.67、上位には昭和大、日本大、慶応大などの私学が並んでいます。1.0よりも低い、すなわち女子学生の方が入りやすい大学には鳥取大、島根大、徳島大、弘前大などの地方国立大医学部が並んでいます。

ちなみに東京大学理科3類は1.03、平均よりは低いですが1.0よりは高い、この数字をどう読み解けばよいでしょうか。統計は大事です、それをもとに考察が成り立つのですから。

女子学生が男子学生より合格しにくいのは、男子受験生の成績の方がよいからでしょうか?

全国医学部調査結果を公表した文科省の担当者が、こんなコメントを述べています。「男子優位の学部、学科は他に見当たらず、理工系も文系も女子が優位な場合が多い」。

ということは、医学部を除く他学部では、女子の入りにくさは1以下であること、医学部が1を越えていることには、なんらかの説明が要ることを意味します。

事実、各種のデータが、女子受験生の偏差値の方が男子受験生より高いことを証明しています。

まず第1に女子学生は浪人を避けるために余裕を持って受験先を決める傾向があります。

第2に東京大学入学者の女性比率は長期にわたって「2割の壁」を越えません。今年度に至っては18.1%と前年度を下回りました。

統計的には偏差値の正規分布に男女差はありませんから、男子学生以上に優秀な女子学生が東大を受験していることになります。

第3に、4年制大学進学率そのものに性別によるギャップがあります。2016年度の学校基本調査によれば4年制大学進学率は男子55.6%、女子48.2%と7ポイントもの差があります。

この差は成績の差ではありません。「息子は大学まで、娘は短大まで」でよいと考える親の性差別の結果です。

最近ノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイさんが日本を訪れて「女子教育」の必要性を訴えました。それはパキスタンにとっては重要だが、日本には無関係でしょうか。

「どうせ女の子だし」「しょせん女の子だから」と水をかけ、足を引っ張ることを、aspirationのcooling down、すなわち意欲の冷却効果と言います。

マララさんのお父さんは、「どうやって娘を育てたか」と訊かれて、「娘の翼を折らないようにしてきた」と答えました。そのとおり、多くの娘たちは、子どもなら誰でも持っている翼を折られてきたのです。

そうやって東大に頑張って進学した男女学生を待っているのは、どんな環境でしょうか。

他大学との合コン(合同コンパ)で東大の男子学生はもてます。

東大の女子学生からはこんな話を聞きました。「キミ、どこの大学?」と訊かれたら、「東京、の、大学...」と答えるのだそうです。なぜかといえば「東大」といえば、ひかれるから、だそうです。

なぜ男子学生は東大生であることに誇りが持てるのに、女子学生は答えに躊躇するのでしょうか。

なぜなら、男性の価値と成績のよさは一致しているのに、女性の価値と成績のよさとのあいだには、ねじれがあるからです。

女子は子どものときから「かわいい」ことを期待されます。ところで「かわいい」とはどんな価値でしょうか?

愛される、選ばれる、守ってもらえる価値には、相手を絶対におびやかさないという保証が含まれています。だから女子は、自分が成績がいいことや、東大生であることを隠そうとするのです。

東大工学部と大学院の男子学生5人が、私大の女子学生を集団で性的に凌辱した事件がありました。加害者の男子学生は3人が退学、2人が停学処分を受けました。

この事件をモデルにして姫野カオルコさんという作家が『彼女は頭が悪いから』という小説を書き、昨年それをテーマに学内でシンポジウムが開かれました。

「彼女は頭が悪いから」というのは、取り調べの過程で、実際に加害者の男子学生が口にしたコトバだそうです。この作品を読めば、東大の男子学生が社会からどんな目で見られているかがわかります。

東大には今でも東大女子が実質的に入れず、他大学の女子のみに参加を認める男子サークルがあると聞きました。

わたしが学生だった半世紀前にも同じようなサークルがありました。それが半世紀後の今日も続いているとは驚きです。

この3月に東京大学男女共同参画担当理事・副学長名で、女子学生排除は「東大憲章」が唱える平等の理念に反すると警告を発しました。

これまであなたたちが過ごしてきた学校は、タテマエ平等の社会でした。偏差値競争に男女別はありません。

ですが、大学に入る時点ですでに隠れた性差別が始まっています。社会に出れば、もっとあからさまな性差別が横行しています。東京大学もまた、残念ながらその例のひとつです。

学部においておよそ20%の女子学生比率は、大学院になると修士課程で25%、博士課程で30.7%になります。

その先、研究職となると、助教の女性比率は18.2、准教授で11.6、教授職で7.8%と低下します。これは国会議員の女性比率より低い数字です。

女性学部長・研究科長は15人のうち1人、歴代総長には女性はいません。

こういうことを研究する学問が40年前に生まれました。女性学という学問です。のちにジェンダー研究と呼ばれるようになりました。

私が学生だったころ、女性学という学問はこの世にありませんでした。なかったから、作りました。

女性学は大学の外で生まれて、大学の中に参入しました。4半世紀前、私が東京大学に赴任したとき、私は文学部で3人目の女性教員でした。そして女性学を教壇で教える立場に立ちました。

女性学を始めてみたら、世の中は解かれていない謎だらけでした。

どうして男は仕事で女は家事、って決まっているの?主婦ってなあに、何する人?ナプキンやタンポンがなかった時代には、月経用品は何を使っていたの?日本の歴史に同性愛者はいたの?

...誰も調べたことがなかったから、先行研究というものがありません。ですから何をやってもその分野のパイオニア、第1人者になれたのです。

今日東京大学では、主婦の研究でも、少女マンガの研究でもセクシュアリティの研究でも学位がとれますが、それは私たちが新しい分野に取り組んで、闘ってきたからです。そして私を突き動かしてきたのは、あくことなき好奇心と、社会の不公正に対する怒りでした。

学問にもベンチャーがあります。衰退していく学問に対して、あたらしく勃興していく学問があります。

女性学はベンチャーでした。女性学にかぎらず、環境学、情報学、障害学などさまざまな新しい分野が生まれました。時代の変化がそれを求めたからです。

言っておきますが、東京大学は変化と多様性に拓かれた大学です。わたしのような者を採用し、この場に立たせたことがその証です。

東大には、国立大学初の在日韓国人教授、姜尚中さんもいましたし、国立大学初の高卒の教授、安藤忠雄さんもいました。また盲ろうあ三重の障害者である教授、福島智さんもいらっしゃいます。

あなたたちは選抜されてここに来ました。東大生ひとりあたりにかかる国費負担は年間500万円と言われています。これから4年間すばらしい教育学習環境があなたたちを待っています。

そのすばらしさは、ここで教えた経験のある私が請け合います。

あなたたちはがんばれば報われる、と思ってここまで来たはずです。

ですが、冒頭で不正入試に触れたとおり、がんばってもそれが公正に報われない社会があなたたちを待っています。

そしてがんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったこと忘れないようにしてください。

あなたたちが今日「がんばったら報われる」思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境が、あなたたちを励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてくれたからこそです。

世の中には、がんばっても報われないひと、がんばろうにもがんばれないひと、がんばりすぎて心と体をこわしたひと...たちがいます。がんばる前から、「しょせんおまえなんか」「どうせわたしなんて」とがんばる意欲をくじかれるひとたちもいます。

あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。

恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、そういうひとびとを助けるために使ってください。

そして強がらず、自分の弱さを認め、支え合って生きてください。

女性学を生んだのはフェミニズムという女性運動ですが、フェミニズムはけっして女も男のようにふるまいたいとか、弱者が強者になりたいという思想ではありません。フェミニズムは弱者が弱者のままで尊重されることを求める思想です。

あなた方を待ち受けているのは、これまでのセオリーが当てはまらない、予測不可能な未知の世界です。

これまであなた方は正解のある知を求めてきました。

これからあなた方を待っているのは、正解のない問いに満ちた世界です。

学内に多様性がなぜ必要かと言えば、新しい価値とはシステムとシステムのあいだ、異文化が摩擦するところに生まれるからです。

学内にとどまる必要はありません。東大には海外留学や国際交流、国内の地域課題の解決に関わる活動をサポートする仕組みもあります。未知を求めて、よその世界にも飛び出してください。

異文化を怖れる必要はありません。人間が生きているところでなら、どこでも生きていけます。

あなた方には、東大ブランドがまったく通用しない世界でも、どんな環境でも、どんな世界でも、たとえ難民になってでも、生きていける知を身につけてもらいたい。

大学で学ぶ価値とは、すでにある知を身につけることではなく、これまで誰も見たことのない知を生み出すための知を身に付けることだと、わたしは確信しています。

知を生み出す知を、メタ知識といいます。そのメタ知識を学生に身につけてもらうことこそが、大学の使命です。

ようこそ、東京大学へ。』

平成は昭和よりはずっと女性や外国人、病気、障害などを持つ人たちが生活しやすくなったとは思うけど。次の時代は、本当の意味でお互いに理解し合って、共生して行ける社会が作られるといいな~と思うmewなのだった。(@@)

  THANKS

(以上転載終わり)

| | コメント (0)

【上級奴隷たちの入学式】早稲田大学入学式に見る皆がこぞって枠の中に入りたがる時代

-2回連続で、有名大学2校の今年の入学式の模様を取り上げてみたい。まずは早稲田大学の入学式である。百聞は一見にしかず。転載文冒頭の同校入学式の画像を見ていただきたい。男子も女子も全員が黒ずくめのリクルートスーツ姿なのだ。本当に入社式の予行演習のようだ。まさか学校側で事前にこの服装で出席するよう通達を出したわけでもあるまい。とするとこれは新学生たちの暗黙の了解なのだろうか。それにしても何千人かいる者たち全員が同じ格好なんだぞ。この画一性はいったいどうしたことだ。なんとも薄気味悪い“同調圧力”ではないか。これだけ大勢いるのだから中には詰襟の学生服に角帽姿、応援団長風の者がいてもよさそうなのに。そんなに枠からはみ出すのが怖いのか。転載元のまるこ姫さんも述べているが、早稲田大学といえばバンカラ、自由な校風が売りだったはずだ。以前、野坂昭如訃報記事で紹介したが、小沢昭一、野坂昭如、五木寛之、野末陳平、永六輔、青島幸男、大橋巨泉、寺山修司らは早稲田のかなり前の先輩たちである。皆々バンカラ気質で個性的で各方面で多彩な才能を発揮した人物たちである。もっともまともに卒業したのは小沢と野末くらいなもの、あとは「大学なんてくそ食らえ」とばかりの中退者なのだ。五木以外は皆鬼籍に入ったが、ずっと後輩たちのこの入学式の模様を眺めたらなんと言うだろうか。いや言う言葉すらないかもしれない。わが国は実を言うと世界一厳しい管理社会である。全国津々浦々「666の管理システム」が張り巡らされているのだ。偏差値教育もその成果の一つだ。この入学式に集(つど)った若者たちは高偏差値のお利口な管理社会の申し子である。この入学式はさながら葬式のような異様さである。死んだのは若々しさであり、自由であり、創造性であり、何よりもより良き日本である。ゾンビ社会の申し子たちに栄えあれ。ご愁傷さま。 (大場光太郎・記)- 

早稲田大学入学式に見る皆がこぞって枠の中に入りたがる時代(まるこ姫の独り言)
http://www.asyura2.com/19/senkyo259/msg/605.html
投稿者 かさっこ地蔵 日時 2019 年 4 月 13 日 18:52:27:
http://jxd12569and.cocolog-nifty.com/raihu/2019/04/post-a162ce.html
2019.04.13

 

皆が黒一色のリクルートスーツの異様な光景。

5717

これは早稲田大学の入学式の光景だそう。

入社式かと見まがうほど、みなが右向け右の没個性。

ロボットを見ているかのようだ。

(ニュースQ3)大学入学式、スーツ「黒一色」なぜ 
        4/12(金) 5:30配信 有料   朝日新聞デジタル

>4月から新年度。大学の入学式では、慣れないスーツに身を包んだ新入生が顔をほころばせる。ただなぜか、スーツは「黒一色」だ。

>7日午前、日本武道館であった明治大の入学式は4千人近い1年生が並んだ
圧倒的多数は黒か濃紺のスーツで、薄いグレーのスーツと青色の民族衣装の女子学生が1人ずついた程度だった。

>「悪目立ちするのは嫌」

>「一人違う格好をするのはかっこいいけど、ベージュとか着る勇気はないです」


昔はバンカラと言われた早稲田が、これだけ無個性の学生で満ち溢れている。

自由な校風が売りだった早稲田でさえもここまで来ている。

この委縮した発想はなんなんだろう。

もう、ベージュでさえ、着る勇気がないそうだ。

一番若さを発揮する時期に、「ベージュ」を悪目立ちするという発想は老人の集団の様で不気味だ。

一番若さを発揮する時期に、公式の場で、これだけ萎縮してしまっている今の若い世代が保守思考と言うのも頷ける。

お上に対して畏怖の念があるのか、権威主義であり、皆が枠の中に入りたがる、。

これじゃ、自由な発想など考えにもないだろう。

新元号を政府が発表すれば、こぞって老人も若者の右へ倣えのお祭り騒ぎ。

「令和」が何を意味するか考える事もせず、「令和」響きが良いよね。と大歓迎。

5年先の新札発行を、安倍政権が今、発表すれば称賛の嵐。

そして今日は、芸能人が右向け右で安倍首相の「桜を見る会」に参加している。

権力者にとって都合のよい国が出来上がりつつある。

それも、国民の方から進んで日本と言う狭い枠の中に入っていくようでは、本当にこの国に未来はあるのだろうか。

一方では、上野千鶴子の東大入学式の祝辞が、若い世代を勇気づけるような素晴らしい祝辞だったのに、肝心の若い世代が老人のように縮こまっている。

(以上転載終わり)

| | コメント (0)

【辞任ドミノで内閣崩壊?】安倍政権を支える3本柱に異変が起きている!

-「復興よりも高橋(議員)さんの方が大事」の大失言で桜井前五輪相が辞任した。そこで永田町界隈で今囁かれているのが「安倍内閣は12年前と同じ轍を踏むのでは?」ということだという。12年前の第1次安倍政権下で松岡農水相(自殺と見せかけた他殺?)、その後を継いだ赤木絆創膏大臣など4閣僚が相次いで辞任した出来事を指す。それが引いては安倍晋三自身の辞任にもつながったわけだが、今回また辞任ドミノ劇が繰り返されるのでは?と懸念されているのだ。板垣英憲氏によると次なる辞任候補は麻生太郎か片山さつきかと自民党内で大真面目で囁かれているという。就任早々からの疑惑を引きずりっぱなしの片山はともかく、麻生太郎副総理兼財務相が辞任などとなったら安倍政権に対するダメージは計り知れない。が、直前の福岡県知事選で麻生が横槍入れて新人候補をねじ込み分裂選挙となったが蓋を開けてみれば100万票近い大差で麻生の押す新人候補が敗れた。麻生は見るも無残な大墓穴を掘り、地元福岡を中心に麻生の責任を問う声が上がっており党県連最高顧問辞任では到底済みそうもない雲行きである。ところで桜井は二階派だから二階幹事長は自派閥の平沢勝栄(ノータリン安倍小学生の家庭教師)を次の五輪相に押したところ、麻生派で麻生義弟の鈴木俊一にさらわれてしまい二階と麻生の関係も最悪だという。その二階にしてからが和歌山県議選で元秘書が共産党候補に敗れる赤っ恥。安倍政権は安倍晋三、麻生太郎、二階俊博、菅義偉のトロイカ方式で何とか諸問題を切り抜けてきた。そのうちの麻生と二階がこけてしまうと安倍政権はとても持たない。つまりは安倍晋三もこけて結局菅義偉の一人勝ちとなる可能性が高まってきているのである。 (大場光太郎・記)-

5714
ゼロ円札つまり無価値な安倍晋三

「閣僚辞任ドミノ」が続き、「次は、麻生太郎副総理兼財務相か、片山さつき内閣府特命担当相か」という声が自民党内で大真面目に囁かれ、安倍晋三政権は崩壊の危機状態
http://www.asyura2.com/19/senkyo259/msg/593.html
投稿者 笑坊 日時 2019 年 4 月 13 日 10:28:19:
https://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/c775668573ab9fa55ed0c8c03732adee
2019年04月13日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆〔特別情報1〕
 「閣僚の辞任ドミノ」が続く勢いを見ており、安倍晋三政権が、崩壊の危機状態にある。そのなかで、「次は、麻生太郎副総理兼財務相か、片山さつき内閣府特命担当相(地方創生、規制改革、男女共同参画)か」という声が、自民党内で大真面目に囁かれている。「ポスト安倍」の座を狙っていた麻生太郎副総理兼財務相は、天皇陛下と小沢一郎代表に委ねられている「MSA資金」運用益の分配(シェア)手続きに不始末があり、天皇陛下から顰蹙を買い、米国のペンス副大統領から、「早く辞めろ」と要求されて、いまや「ポスト安倍」は絶望的。天皇陛下ご譲位・新天皇ご即位を機に、3権の長である・大島理森衆院議長が勇退の意向を示しているので、その後任に麻生太郎副総理兼財務相を祭り上げようという動きがあるけれど、「いまやその任に非ず」という声もある。末妹の寬仁親王妃信子様、その子・彬子女王様、瑶子女王様という皇族がありながら、麻生千賀子夫人とは近年離婚し、再婚しており、再婚相手にいささか問題があると言われているので、「ポスト安倍」としては相応しくない。菅義偉官房長官が5月9日から12日までの日程で訪米し、ペンス米副大統領と会談して帰国後、6月の参院選挙を控えて、政局が大きく激変する可能性がある。

安倍政権を支える3本柱に異変が起きている!
http://www.asyura2.com/19/senkyo259/msg/589.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 4 月 13 日 04:45:06:

https://85280384.at.webry.info/201904/article_114.html

2019/04/12 21:23 半歩前へ

安倍政権を支える3本柱に異変が起きている!

 いよいよ、おいでなすったか。

 安倍政権を支える3本柱に異変が起きている。統一地方選挙でひずみが随所に垣間見えた。

 そんなさ中に放言大臣、桜田義孝が被災地復興より自民議員の当選の方が大事だとホンネを吐いた。

 ついに政権の足元に亀裂が生じた。

 3本柱は安倍政権を支え切れるのか?

 「政権中枢、力学変化の兆し=菅氏に存在感、揺らぐ麻生・二階氏 統一選」との見出しを付けて、時事通信が解説した。

**************************

 統一地方選前半の結果を受け、安倍政権中枢の力学に変化の兆しが出てきた。

 後ろ盾となった首長選などをめぐり、菅義偉官房長官は勝利して存在感を高める一方、敗北を喫した麻生太郎副総理兼財務相と二階俊博自民党幹事長は求心力が揺らいでいる。安倍晋三首相を支える3氏の明暗は、今後の政権運営に影響を与えそうだ。

 「私自身は全く考えていない」。菅氏は10日の記者会見で、党内外から「ポスト安倍」の一人に挙げる声が出始めたことへの感想を問われ、こう語った。

 菅氏は北海道知事選で、新人の擁立などに積極的に関与。6日には北海道入りし支持を訴え、知事選で唯一の与野党対決を約65万票の大差で制した。首相は「野党が強い地域でこれだけの差が出るとは」と喜んだという。

 大阪府知事・市長のダブル選で地域政党「大阪維新の会」が勝利したことも、菅氏にとってプラスに働きそうだ。菅氏は、新市長に当選した維新の松井一郎代表と近く、引き続き国会運営などで協力を期待できるからだ。

 これに対し、麻生氏は福岡県知事選で強引な新人の擁立が党内の分裂を招き、現職に100万票近い大差で惨敗した。

 投開票日の直前に麻生派の塚田一郎参院議員が「ソンタク発言」で国土交通副大臣を辞任したことも、劣勢に追い打ちをかけた。

 麻生氏は「誠にふがいなく、力不足だった」と陳謝。党県連最高顧問を辞任する意向も示した。党内には「麻生氏はやり過ぎだ」(関係者)と不満の声がくすぶる。

 二階氏は大阪ダブル選の期間中、3度も現地入りしたが及ばなかった。さらに、お膝元の和歌山県議選でも、元秘書の現職が共産党新人に敗れた。党内からは、影響力の衰えを指摘する声が上がった。  (以上 時事通信)



たけ、かとりーぬ @takemogu

二階氏の選挙戦略の無さは異常。島根知事選挙も分裂選挙でまとめられなかったし。政権中枢、力学変化の兆し=菅氏に存在感、揺らぐ麻生・二階氏-統一選(時事通信) - Y!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00000012-jij-pol 

Yoshikazu @someone9714

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00000012-jij-pol 

安倍政権は、尻尾を切っても(塚田国土交通副大臣)、切っても(桜田五輪相),トカゲはトカゲ。「ポスト安倍」は誰の手中に???

遠藤 翠 @shakazen2011

政権中枢、力学変化の兆し=菅氏に存在感、揺らぐ麻生・二階氏-統一選https://www.jiji.com/jc/article?k=2019041001181&g=pol 
★ふむ…。最終コーナーに差し掛かって頭を顕わしてきた菅さんか。雰囲気は安倍さんの「次」になって来たのかな。

mg90yn @mg90yn

ハゲなんかには一切協力しねーわ。即退陣に追い込む努力するわ!!https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00000012-jij-pol 

デビバス @satanistkiller

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00000012-jij-pol 

「ポスト安倍」が菅。

こんな猿モドキのノータリンが、
安倍晋三の後釜だって言うのか。

暗愚のアホの次は猿が総理のシナリオなのか。

どこまで国民を愚弄するのだ!

(以上転載終わり)

| | コメント (0)

【いくつあてはまる?】EQ(心の知能指数)が高い人に共通する5つの特徴

-前回はIQ(知能指数-Intelligence Quotient )に関する話題を取り上げた。衰退国とばかり思っていたわが日本が、なんと平均IQ107で世界148カ国中の世界一となったというものだった。「日本国民もまだまだ捨てたものではないぞ」と大いに喜ばしいことである。アフリカ諸国を見ても分かるとおり、その前提として高IQにも高い教育水準が不可欠である。が、世界一の高知能国民でありながら持てる能力、創造性がなかなか発揮できないばかりか、日々の生活では苦悩、苦労が絶えず豊かさや幸福実感が味わえないのはどうしてか、という深刻な問題にもメスを入れた。さてIQとは別に「EQ」という概念があることをご存知だろうか。EQ(Emotional Intelligence Quotient )とは「心の知能指数」ということである。フォーブスジャパンによる以下の転載文を丸写しするが、EQとは「自己や他者の感情を知覚、コントロールし、成功を収める能力を指すもの」と定義される。簡単に言ってみれば、IQが「頭脳的能力」とするなら、EQは「心的能力」とでも言えるものではないだろうか。そこでフォーブスジャパンはメーンとして「EQが高い人に共通する5つの特徴」を挙げている。これを読むと、むしろ人間的な幸せを求めるのならEQはIQ以上に重要な指数かもしれないと思われてくる。それを私自身に当てはめてみた場合、IQはともかくとしてEQは極めて低いのではないかと寒気がしてくる。自分勝手、人付き合い下手、協調性なし・・・。一つも当てはまらず、とても褒められたものではないからだ。が、よく考えてみると、高EQ人間とは結局仕事上手人間のことだ、とはたと気づかされる。極論すれば「大金儲け」「大成功」をしたければ高いEQ人間を目指すべし、ということなのだ。だったら「知るか、そんなもん」。俺は俺で自分勝手な低EQの道を独歩していくわ。 (大場光太郎・記)-

いくつ当てはまる? EQ(心の知能指数)が高い人に共通する5つの特徴
https://forbesjapan.com/articles/detail/13866/1/1/1
キャリア・教育 LOGO  

  ,CONTRIBUTOR

5715
Photo by victorsaboya / Shutterstock.com

心の知能指数(EQ)は、自己や他者の感情を知覚、コントロールし、成功を収める能力を指すものだ。複数の研究で、EQと仕事での成功には関連があることが示されている。誰もが生まれながらにして持っているものではないが、EQは知能指数(IQ)と違って、習得したり訓練によって高めていくことが可能だ。

EQが高い人というのはどのような人なのか? 以下に、5つの特徴を紹介しよう。

1. 批判に冷静に対処できる

EQの高さを示す顕著な特徴の一つは、自己認識力が高いことだ。自分が何に怒りや幸福感を覚え、何に興味を持っているかなどを深く理解しており、失敗も含めあらゆることについて、正直かつ明瞭に、自分自身を評価することができるのだ。

そもそも、批判に対する反応は人によって異なる。即座に「この人はなぜ今、私を批判したのか」という疑問を抱き、「この批判が、職場における私たちの今後の関係にどのような影響を及ぼすのか」を理解しようとする人もいる。問題の根本的な原因に目を向け、たった今、批判を受けた問題に至るまでの全てのステップを系統立てて詳細に調べる人もいる。

EQの高い人は、失敗してそのことを批判されても感情的になったり動揺したりすることはない。彼らにとってそれは、注意を払い、分析をして修正をすべき事実にすぎないのだ。だから、否定したり他人を責めたり、言い訳をしたり不安に陥ったりしないのだ。

2. オープンマインドである

EQの高い人々は自己認識能力が高いため、物事に対して偏見を持たずに耳を傾ける。自分と違うからという理由で、他人のアイデアを自動的に否定することはない。

そのため彼らは、トラブルが発生したとき、ただ親身になって話を聞いて欲しいときに頼れる人として人気が高い。彼らは一日中お喋りをしているわけでも、我慢して後ろ向きな人々の相手をしているわけでもないが、人々を手助けして、事態を改善する才能を持っている。

3. 聞き上手

優れた聞き手であるためには、事実を解釈を分けてとらえるという成熟した姿勢が必要だ。EQの高い人々は、どのような感情が“聞く力”を妨げるかを知っているためそして、それらの感情を切り離し、開かれた心で相手の言葉に耳を傾けることができるのだ。

4. 不都合な真実を隠さない

EQを高くするには、他者の感情を認識することが必要だ。だがこれは、相手に真実を告げるのを避けたり、厳しいフィードバックによって受ける打撃を緩和するために策略を用いたりすることとは違う。EQの高い人は、厳しいメッセージをきちんと伝えることの重要性を知っている。

会話を打ち切るような露骨な言い方はしないが、こんな風に明確なメッセージを伝えるのだ。「君に厳しいことを言わなければならない。君のことを思って言っているのだということを、理解して欲しい。この問題を修正しなければ、ここでの君のキャリアが危険にさらされることになるからだ」

5. 自分が間違っていたときは謝罪する

自分が間違っていると気づいたとき、EQの高い人は、貴重な時間を費やして自分の正当性を証明しようとすることはない。言い訳を探すのではなく、簡潔かつ正直に謝罪して、迅速に軌道修正を行う。例えばこんな言い方だ。「申し訳なかった。つい君を攻撃するような言葉を選んでしまった。そんなつもりはなかったんだ。もう一度、言い直させてくれないか」

| | コメント (0)

最新版の全世界知能指数調査で、日本は「平均 IQ107で 148カ国中第1位」……なのに、なんで私たちの国と私たち日本人は日々こんなに苦悩or苦労している?

-アベノミクス大失敗のせいで金融危機の足音が忍び寄っている気配が漂い、はたまた世界に類を見ない超高齢少子化の時代にいかに対処すべきか、その糸口さえ見つからず、将来に暗い影を投げかける日本&日本人にとって久々に自信を取り戻させてくれそうなニュースである。最新版の全世界知能指数調査で、日本は「平均 IQ107で148カ国中第1位」になったというのだ。テレビのお笑い番組に如実に現れているように、戦後70余年の長きにわたるGHQ由来の「3S愚民化政策」を跳ね返すほどの底力を日本国民は秘めていたということなのだろう。それにしても世界一の高能力国としては、現状は甚だお寒い国情である。幸せだ、豊かだという実感には乏しく、逆に「幸福度IQ」なるものがあるとするなら、日本は世界的にずっと下位の方にランクされるのではないだろうか。理由は明らかだ。いかに能力の高い国民であろうと、それを押さえつけている「お上」の権力が強いからだ。そしてそのお上のトップに君臨している安倍晋三のIQが国民平均以下であることは今や周知の事実である。そんな馬鹿をパペットとして使い国民資産を根こそぎ収奪しまくっている、米国を中心としたハザールマフィア勢力のせいなのだ。そんな腹いせに、問題の安倍総理のIQを推定してみたい。「ずる賢さIQ130、言語性IQ60、動作性IQ60、全平均IQ82」 よって「世界の平均IQ82」に滑り込みセーフのレベル。80位ブラジルの平均IQ83と同程度となり、これでは安倍晋三は高知能の日本国民をリードできるわけがなく、今すぐ荷物をまとめて官邸を引き払い、パナマだかケイマン諸島だかスイスだかに隠し持っている秘密資金をかき集め昭恵とともに夜逃げ同然でブラジルに移住、大資金をばら撒いてかの国の名誉非国民にしてもらうべきである(爆笑)。 (大場光太郎・記)-

最新版の全世界知能指数調査で、日本は「平均IQ107で148カ国中第1位」……なのに、なんで私たちの国と私たち日本人は日々こんなに苦悩or苦労している?
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2103454.html
18:44  大摩邇

In Deepさんのサイトより
https://indeep.jp/world-iq-82-and-no-1-is-japan-107/
<転載開始>
投稿日:

2019年3月の国際基準による世界148カ国のIQ値より

571 

World IQ 82 Becker update V1.3.2

IQと幸福度がリンクしていれば問題はないのでしょうけれど…

各国の知能指数(以下、IQ)を比較するということにどれほどの意味があるのかということは別としまして、今日、海外のブログで、

「世界の IQ 平均は 82 」

というタイトルの記事があったのですね。

これは、どんなものかといいますと、リチャード・リンという人が、2002年に世界の IQ を計算するデータベースとして作成した基準がありまして、それを元に、毎年、世界 148カ国の「 IQ 値」が改訂されているもののようなのです。そのプロジェクトのページには、以下のように記されています。

World's IQ

世界の IQ

このプロジェクトでは、科学者リチャード・リン氏と精神分析学者タトゥ・バンハネン氏の 2002年と 2012年の著作「世界の国々の富とIQ (IQ and the Wealth of Nations)」で作成された IQのデータセットの手法により、各国の IQ を毎年改訂している。

主な目的は、厳密に標準化された方法を使用して、それぞれの国家の IQ を再評価し、計算と推定をしやすくするためにある。

そういうものなのだそうですけれど、 3月26日に改訂された「世界の各国 IQ 値」では、世界の IQ の平均値は「 82 」ということになったことが記されていました。

それで、「上位は?」とランキングを見てみましたら、冒頭にありますように、「 1位は日本」なのですね。

「へえ」と、やや意外感を持ちつつ、それを眺めていたのですけれど、冒頭の表では小さすぎて、ほとんど読むことができないと思いますが、こちらのリンクに、オリジナルの表があります。

このようなランキングに意味があるのかどうかはともかく、馴染みのある国や、主要国はどのような感じなのかを記させていただきますと、以下のようになります。

1位から10位まではすべて掲載いたしまして、あとは適度に抜粋させていただきます。

ちなみに、上位は、ほぼ東アジアです。

主要国のIQと世界順位

カッコ内が IQ 値

1位 日本 (107)
2位 台湾 (106)
3位 シンガポール (106)
4位 香港 (105)
5位 中国 (104)
6位 韓国 (102)
7位 ベラルーシ (102)
8位 フィンランド (101)
9位 リヒテンシュタイン (101)
10位 ドイツ (101)

18位 オーストラリア (99)

20位 イギリス (99)

27位 アメリカ合衆国 (97)

44位 イスラエル (92)

56位 タイ (89)

80位 ブラジル (83)

82位 ベネズエラ (83)

96位 イラン (80)

110位 サウジアラビア (76)

112位 インド (76)

120位 ジンバブエ (74)

137位 イエメン (63)

148位 ネパール (60)

こういうようなことになっていました。

表そのものは以下のようになっています。

5711

5712

日本が1位なのは、めでたいと言ったほうがいいのか、釈然としない部分があるといったほうがいいのかは難しいですが、調査自体は、多少の誤差はあったとしても、一定のルールでおこなわれているようです。

ちなみに、世界地図で色分布でも示されていまして、以下のようになっています。

世界のIQの分布(色が青いほど高い)

5713
World IQ 82 Becker update V1.3.2

この地図を見ていますと、何だかこう「中世のヨーロッパによる侵略国の色分布」みたいな感じもありますが、ともかく、世界の IQ はこのような分布となっていました。

それにしても、これがそれぞれの国の国民の平均した「知能」なのだとすれば、日本を含めた上位のアジアの国々は、今どうしてこんにいろいろと大変なのか…という気は正直します。

 

まあ・・・しかし、この「日本は  IQ が世界で最も高い」ということを、もう少し前向きにとらえてもいいのかもしれないとも思いました。

というのも、これからの時代は、本当に考えなければならない時代が長く続くと予想されるからです。

 

日本はもとより、世界のどんな人たちも、賢明に考えないと生き残ることさえ難しくなるような時代が来ないとも限らないです。

少子超高齢化をひとつとっても「どうする?」と言われて、すぐに解決するようなことではない……。

身体や精神疾患の増大も「どうする」と言われて、すぐに解決する問題ではない……。

環境の崩壊も「どうする」と言われて、すぐに解決する問題ではない……。

日本の負債ひとつとっても、「どうするべ」と方言で聞かれても解決は難しい。

今後の社会は、ものすごく考えていかなければ、数十年後には、私たちは存在しないかもしれないです。

いや、主要国はわりと同じような問題を持っているはずで、みんなが考えなければ生き残ることができない時代となっていきます。

 

そのような中で、本当は私たち日本人は今よりもっと「知能を使える民族」なのだと認識しながら、なぜ、

「最近の日本人はそんなふうな民族に見えなくなってしまったのか」

ということを考える機会なのかもしれないです。

そもそも、知能というのは、自由で伸びやかな状態や環境でこそ開花するもので、グリグリに押さえつけらたり抑圧されている中では、IQ がどうであろうと、「良い智恵」というものは出ない気がします。

これからの社会や世界を生きるためには、特に私たち日本人は考えなければならないことが山ほどあるわけですから、私たちは、ここでむしろ「私たち日本人は本来こんなに賢明な民族なのだ」と開き直りながら先に進むのも悪くないのかもしれません。

たとえば、大げさな言い方かもしれないですが、これが天のようなものから与えられた天賦的なものなのだとすれば、それを自由に開花させていない状態は、何だか残念な気がします。

現在の「やや抑圧と不自由と不寛容が突出している時代」が、今後少しでもそうではない方向へと変化していけば、未来の日本人はきっと、このような知性を金儲けとか物質社会の肥大の方向だけではないものにも向けられるような気がします。

そうすれば、多くの日本人が本来持っているこの知性が、社会と地球に対して大変に素晴らしい働きをする時代が来ると思いたいです。

そして、いつかはこのランキングに見合う日本社会に日本人みんなが暮らすことができればと。


<転載終了>

 
 

| | コメント (0)

【れいわ新選組】山本太郎氏が新党を結成へ 国民民主党と自由党の合流構想に影響も?

-つい先日は全選挙区対象に「消費税5%に引き下げ署名」運動をぶち上げて注目された山本太郎が、さらに驚きの行動に出た。10日、自由党を脱党して新党「れいわ新選組」を立ち上げたのである。現下の政局は、自公与党は言うに及ばず、今夏の参院選or衆参同時選に向けて各野党共闘への足並みはそろわず、国民も消化不良を起こしそうな冴えない状況である。そんな中、久しぶりに春風が吹き渡るような爽やかな感じを覚えた政界ニュースだった。本場の新撰組と言えば、近藤勇、土方歳三、沖田総司などは“歴女”(歴史大好き女子)を中心に今なお根強い人気を誇っている。新撰組は、京都池田屋にて長州藩や土佐藩の勤皇の志士を襲撃する(1864年7月8日)など歴史に逆行する動きを見せた。が、近藤らの行動は「誠」の一字を旗印に「お国のため」と信じて疑わなかったのだ。百数十年以上経った今日でも広く共感されるゆえんだろう。その新撰組をもじった「新選組」に新元号を分かり易く「れいわ」としてドッキングさせた。既成の政党名に囚われない、山本及びスタッフのセンスのよさが光るネーミングである。賢明な山本太郎のこと、まさか池田屋騒動のように同じ野党である立憲民主党などに殴り込みをかけることはあるまい。新撰組とは違って倒すべきは腐敗しきった自公安倍幕府なのだ。そのためには山本にはむしろ新撰組の暗殺ターゲットの一人だった坂本龍馬の役割を果たしてもらいたい。つまり、犬猿の仲だった薩摩藩と長州藩を同盟させ“ご維新”が一気に前進したように、立憲民主党と国民民主党の仲立ちをして一気に野党共闘が進むような。 (大場光太郎・記)-

太郎が、消費税廃止党、最低賃金引き上げ党、辺野古中止党、原発禁止党を結党。平成ジャンプは支持すべきである。
http://www.asyura2.com/18/cult20/msg/651.html
投稿者 ポスト米英時代 日時 2019 年 4 月 10 日 19:34:45:

三十路女子だけでなく、非正規二千万人もリストラ候補三千万人も死にたくなければ一家離散になりたくなければ、れいわ新選組を応援する事である。
もう馬鹿の次は禿げた馬鹿でその次は英語の喋れない帰国馬鹿とかしょーもない流れを絶ち切らなければ駄目で、小沢の薫陶を受けてきた太郎はホリエモンサックスや橋の下サックスとは比べ物にならない上物である。
令和という元号を人気取りにもてあそぶ安倍サックスへの皮肉を込めてのれいわだそうで、ギャグのセンスも最高である。  

「れいわ新選組」山本太郎氏が新党を結成へ 国民民主党と自由党の合流構想に影響も?(ハフポスト)
http://www.asyura2.com/19/senkyo259/msg/505.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 4 月 10 日 18:40:05:
https://www.huffingtonpost.jp/entry/reiwa-shinsengumi_jp_5cac695fe4b01b34503b2c50
2019年04月10日 18時16分 JST 安藤健二 ハフポスト日本版・オールラウンドエディター

57065
記者会見する山本太郎氏


自由党共同代表の山本太郎参議院議員が4月10日、参院会館で記者会見を開き、同党を離党して新党「れいわ新選組」を結成する意向を明らかにした。

山本議員が所属する自由党は、国民民主党に合流する構想があり、4月30日までに結論を出すことで合意している。山本議員が離党して新党を立ち上げるとなると、合流構想への影響も出そうだ。

前日の4月9日には、山本氏が離党して新党「令和新撰組」を立ち上げる方向だとテレ朝newsが報じたが、まもなく記事を削除していた。


山本太郎参院議員、自由離党で新党結成へ 午後6時から記者会見(2019年4月10日)




関連記事
ライブ 山本太郎の自由党離党、新党結成に関する記者会見
http://www.asyura2.com/19/senkyo259/msg/480.html#c114

(以上転載終わり)

【追記-コルナサインだけはいただけない】


57060
57061
57064

57062

57063

 コルナサインやオーケーサインは国際基準で通用する「悪魔のサイン」である。自民党パープー参院議員の今井絵理子がやるのならともかく、これを山本太郎や三宅洋平がやってはいけない。気がついたら「山本太郎、お前もか(お前もあっち側の人間だったのか)!」とならぬとも限らないではないか。山本太郎を誉めそやすだけではならない。今後とも厳しいチェックが必要である。

| | コメント (0)

【安倍退陣は遠くない?】統一選で“独り勝ち” 菅官房長官「ポスト安倍」に色気アリ

-大正、昭和、平成と三つの元号制定に関わった時の総理大臣は半年以内に退陣している。今回で言えば安倍晋三に対する「令和の呪い」は現実となるのだろうか。今年は、改元とともに自民党にとっては縁起の悪い十二年に一度の「亥年選挙」の年でもある。どうやらその最終結果(つまり自民大敗)を待つまでもなく、安倍晋三下ろしが水面下で進んでいるようなのだ。「安倍切り」を仕掛けているのはトランプ米大統領だという。この6年間強大な権勢を誇ってきた安倍晋三だが、それはあくまで国内だけでのこと。ご案内のとおり、安倍は宗主国にはまるで頭が上がらず尻尾振りまくりの忠犬ぶりなのだ。日本の総理大臣をも決めかねない日米合同委員会が既に「安倍切り」の方向で動いているとも。米軍とともに戦争が出来る体制作りの一環である戦争法成立をはじめとして、米国のその筋は「馬鹿と鋏は使いよう」の安倍晋三を御輿に乗せ、自在に操ってここまで持ちこたえさせてきた。が、やはり“馬鹿使い”もここいらが限度と見切ったのだろう。多くの国民としては「何でもっと早くに・・・」の思いが強い。さて米国はポスト安倍を既に用意している。菅義偉官房長官だという。麻生太郎、菅義偉は安倍晋三とともに政界を去ってもらいたい“三悪人”だが、米国奥の院にしてみれば菅はまだまだ使い道があるということなのだろう。以下転載の日刊ゲンダイ記事では、(ポスト安倍として)早く名前が出すぎると潰されると書いているが、米国奥の院ご指名とあればそんなジンクスに関係なく、菅で決まりなのではないだろうか。 (大場光太郎・記)-

ガキ・簾ハゲが連休に訪米、週ポ・簾ハゲ内閣名簿流出、緑・首相は馬鹿にしかさせない。馬鹿の時代である。http://www.asyura2.com/18/cult20/msg/642.html
投稿者 ポスト米英時代 日時 2019 年 4 月 09 日 11:55:36:

青の時代ならぬアホの時代という事で、その次はアラフォーになった関東学院とか、東大生が官僚に魅力を感じなくなる訳である。
せっかく、霞ヶ関で競争を勝ち抜いて審議官や局長や次官にのぼり詰めたら、フリガナ付きのカンペも満足に読めない地方の現業公務員より更にアホそうな首相に仕えなければならないとなれば嗚呼玉杯どころではなく、そんなら最初から養護学校で熱血教師やってた方がましやんけと思うのは当然で、いくら給与や福利厚生が充実してても高級介護職みたいな事はしたくないのである。
それにしても次が簾ハゲとか、クルクルパーの安倍よりは育ちが悪い分だけましだとは思うが、日米委員会サックスもイケズである。
ただ、昨日も書いたが、安倍サックスは健常者全般にコンプレックスを感じる馬鹿だが、江川と同窓の簾ハゲはそこまでの馬鹿ではなく、ネクラの上位大学コンプレックスで、望月に対する嫌がらせを見ても分かる通り、利口から売られた喧嘩を陰険ながら買うタイプで、そこに野党がつけこむチャンスがあり、ダマスゴミがバックアップしても墓穴を掘らせて退陣に追い込めるタイプである。
馬鹿が首相をやる時代を終らせる事である。  

57059

統一選で“独り勝ち” 菅官房長官「ポスト安倍」に色気アリ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/251491
2019/04/09 15:00 日刊ゲンダイ

 自民党の二階俊博幹事長が月刊誌(文藝春秋5月号)で「ポスト安倍」の有力候補に菅義偉官房長官の名前を挙げた。8日の記者会見でこれについて聞かれた菅氏は、苦笑いを浮かべ「全く考えていない」と答えたが、誰も額面通りには受け取っていない。

 7日の統一地方選前半戦の結果、安倍政権内の力学に変化が生じた。

 麻生太郎副総理は地元の福岡県知事選で支援した候補が大惨敗。二階幹事長は3度も大阪入りしたのに、推薦した知事・市長候補とも大阪維新の会に敗北したうえ、地元・和歌山県議選では自民現職が共産新人に敗れる失態もあった。「竹下・青木王国」と呼ばれる島根県の知事選では、竹下亘前総務会長が支援した候補が敗退。昨年の総裁選で竹下派を後ろ盾にした石破茂元幹事長にも痛い敗北である。

 そんな中、独り勝ちと言っていいのが菅氏だ。パイプを維持してきた維新の松井一郎代表は快勝。福岡県知事選でも勝利した現職を推していた。北海道知事選では、菅氏が擁立したとされる前夕張市長が当選した。

「これからますます菅さんの力が強くなりますよ。麻生さんの頭越しで『忖度発言』の塚田副大臣に鈴を付けたのも菅さんでした。『令和オジサン』にもなったし、俄然、ポスト安倍の最右翼に躍り出たと言っていい。派閥はないが、無派閥議員など30~40人のシンパがいる。担がれれば、本人もまんざらではないでしょう」(自民党関係者)

■5月の訪米は顔見せか

 菅氏が、来月9~12日にかけて訪米を調整していることも“色気アリ”のサインと見られている。拉致問題担当相としての訪問とはいえ、過去、首相候補は米国への顔見せ行脚をしてきたからだ。

「官房長官の外遊中は、首相が国内にとどまらなければならず、官房長官の訪米は異例です。米国に対して、菅氏が日米関係のキーパーソンだとアピールする狙いがあるのでしょう」(政治ジャーナリスト・泉宏氏)

 もっとも、このタイミングでポスト安倍に菅氏の名前が挙がるのには、「石破外し」などさまざまな思惑が入り交じっている。

「人事というのは先に名前が出ると潰されるものです。ポスト安倍に急浮上で、菅氏本人も悦に入っていると聞きますが、早計じゃないですか」(政治評論家・野上忠興氏)

 菅氏に安倍路線を継承されるのではたまらない。

(以上転載終わり)

関連記事
菅官房長官「令和おじさん」人気の正体! ワイドショーは嘘だらけのヨイショ、パンケーキ写真もNHKにやらせたPR(リテラ)
http://www.asyura2.com/19/senkyo259/msg/485.html

| | コメント (0)

【令和誕生秘話】安倍晋三の本命元号を潰した皇室 - 皮肉が重なって誕生した「令和」-やはり本命は「安」だったのでは

-新元号「令和」になおもこだわってみたい。今回は令和に決まるまでのプロセスについて見ていくのだが、これについては以下転載の『世に倦む日々』サイト記事がかなり詳述してくれている。これが100%真実かどうかはわからないが、ほぼこんな流れをたどって最終的に令和に決まったのではないかと推察される。何のことはない、2月下旬には安倍官邸としての原案がほぼ出揃っていたのだ。ただしそこに令和は影も形もなかった。あったのはどうやら「安久」「安永」などの「安」入り候補ばかり。意気揚々とか、いけしゃあしゃあとかは知らないが、その時期安倍は幾つかの候補元号を持参して皇太子に面会した。が、結果的に東宮側から拒否され、元号選定作業は振り出しに戻ってしまったのだ。その時の、東宮を出てきしなの安倍晋三の苦虫潰したような面こそが不首尾の次第を如実に物語っていた。だいたいがやねぇ、誰が新天皇になるにしたって“馬鹿”因縁付きの元号なんて願い下げだよ、そりゃあ。末永く安倍晋三が背後霊のようにへばりついた「安久天皇」なんて呼ばれることになるんだぜ。というわけで、3月に入っても候補名絞込みは難航を極め、中旬になって一度外した国文学者で万葉集研究第一人者の中西進氏に再度要請し、ようやく「令和」にたどり着いたということのようだ。その間一貫して選定作業を主導したのが安倍晋三なのである。そんな安倍がオーケーを出した令和だ。令和は隷和、「(安倍政権のようなトンデモな)“お上”の命令に、国民は唯々諾々と和して従うべし」とする内意を含ませたつもりだろう事は容易に想像がつく。それ以外にも「令」には「ア、ヘ=アベ」が隠されているとのうがった見方まである。今回の一連の元号選定作業はつまるところ「安倍晋三の安倍晋三による安倍晋三のための」元号馬鹿騒ぎだったのだ。既に見てきたとおり、新元号「令和」は5月1日の発布前から幾重にもケチがついてしまった。皇太子様も「令和天皇」と呼ばれるのはお嫌だろう。仕方ないから安倍政権が続くまではこの元号で行き、安倍退陣とともに「再改元」というのも有りでいいのではないだろうか。 (大場光太郎・記)-

関連記事
「令和以外の5つはケチのつけようがない」東大教授が指摘する『令』が抱える3つの問題
http://www.asyura2.com/19/senkyo259/msg/258.html

安倍晋三の本命元号を潰した皇室 - 皮肉が重なって誕生した「令和」(世に倦む日日)-やはり本命は「安」だったのでは
http://www.asyura2.com/19/senkyo259/msg/378.html
投稿者 JAXVN 日時 2019 年 4 月 06 日 16:07:21:

「安倍晋三の本命元号を潰した皇室 - 皮肉が重なって誕生した「令和」

「令和」はもともと安倍晋三の念頭にはなく、ドタバタの駆け込みで決まった元号だった。その真実が少しずつ分かってきた。2日のTBSワイドショーに出演した田崎史郎が裏話を披瀝し、「令和」が元号案として登場したのは3月20日頃とかなり遅く、安倍晋三が気に入る案がなく再提出を依頼した結果、出てきたのが「令和」だったと語っている。この話には注目してよい。毎日の3月24日の記事を見ると、菅義偉が「考案者の皆さま方に3月14日、正式に委嘱した」とある。24日は日曜日で、この日、菅義偉は選挙の応援で九州に飛んでいて、出先でこの発言をしてNHKに撮らせていた。そのニュースを見たとき、オヤと不思議に思ったのである。何でこんな遅いタイミングで考案者に委嘱なのだろうと。3月1日の日テレの報道を再確認すると、「新元号"絞り込み"最終段階・・・日本古典も」という見出しで次のように書かれている。「『平成』に代わる新たな元号の発表まで1か月となった。政府はこれまで、複数の有識者に新元号の考案を依頼していたが、1日までに候補が出そろい、絞り込み作業が最終段階に入ったことが分かった」。

この時期、NHKの岩田明子も同じことを言い、元号は十数案に絞られたと話していた。無論、絞り込みは安倍晋三がやることで、誰か別の人間が行うわけではない。この「報道」の意味は、安倍晋三が本命案を決めたということで、後の三つ四つのサクラをどう絞り込むかこれから決めるということである。このとき、「令和」は十数案の中になく、中西進は考案者の中に入ってなかった。4月1日の共同の記事にこうある。「中西氏は共同通信の取材に、当初は明言を避けていたが、公表が近づいた3月上旬になって『私は関係していない』と否定している」。これは嘘ではあるまい。本当に関係していなかったのだ。3月1日の時点で、中西進は考案委嘱者の任から外れたことが政府担当から告げられたため、マスコミにも正直に「私は関係していない」とコメントしたのだろう。そこからどんでん返しが始まり、3月中旬になって正式に中西進に委嘱の依頼が来るのである。明確に分かることは、3月1日から中旬の間に安倍晋三が決めていた本命案が潰れたことだ。本命案が潰れたから、やむを得ず中西進に泣きつき、慌ただしい流れで「令和」に漂着したのである。

わずか2週間という短い時間で「令和」が浮上し、時間切れの混乱の中でバタバタと決着した。決めたのは安倍晋三だが、安倍晋三にとっても決して本意ではない決定である。無論、残りの5案(英弘、久化、広至、万和、万保)はサクラであり、体裁を整えるための刺身のつまに他ならない。有識者の面々は、安倍晋三が決める安倍元号をオーソライズするための雛壇衆でしかなく、彼らには直前に、会議本番では「令和」を推すようにと指示が届いている。果たして、安倍晋三の本命は何だったのだろうか。それはどうして頓挫したのだろうか。簡単に推理すれば、「安久」とか「安永」とか「栄安」が本命だった可能性が高い。正月以降、マスコミとネットでは「安」入り元号を下馬評で推す声が充満し、予想ランキング上位などと既成事実化(空気固め)する動きがもっぱらだった。本命が何だったのかを探るのは難しいが、なぜ本命が潰れたのかを推測するのは易しい。それは、誰なら安倍晋三の本命案を潰すことができるかを考えれば、即座に解答が浮かぶからだ。安倍晋三がどうしてもこれにしたいと欲望する新元号を、それはだめだと阻止できるのは皇室(東宮)しかない。

他にはいない。想起するのは、政府が3月29日にマスコミに流した元号選定の方針で、そこで、「取り沙汰されている『安久』などの案について、政府関係者は『俗用の一種に当たるので、なるべく避ける』という情報が出たことだ。リークのレベルだが、ここで「安」入り元号がボツになったことが伝えられた。この時点で「令和」が決まっていた。3月29日は安倍晋三が皇居に参内し、さらに皇太子と面会した日だ。時系列を追って推理すると、2月22日に皇居と東宮を訪れた際、安倍晋三は意中の「安」入り元号案を提示、世間では人気が高いなどと売り込み、問題がなければこれで決めさせていただきたいなどと図々しく迫ったのだろう。その後、皇室(東宮)側から不可の意向が届き、3月中旬になって安倍晋三が本命を断念、中西進の万葉集案なら皇室(東宮)も了承してくれるだろうと妥協し、中西進に泣きついたという経緯が推察される。安倍晋三にとっても妥協案だが、皇室(東宮)にとっても妥協だった。おそらく皇室(東宮)は、オーソドックスな漢籍出典方式での選定を希望していたに違いない。「安」の字など論外で、国書出典に固執する右翼方式も迷惑だっただろう。

突飛な想像だが、中西進への本命委嘱そのものが、両陛下からの対案であり推挙だった可能性も考えられる。何となれば、中西進は「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動」の賛同者だからだ。いずれにせよ、中西進が正式に委嘱を受けたのは3月中旬であり、辛辣な皮肉が含意されているとしか思えない「令和」が提案され、時間切れで安倍晋三が採用して4月1日を迎えた。3月14日に依頼を受け、中西進が「令和」を返したのが3月20日前後だろう。田崎史郎の話と辻褄が合う。2月以前の段階で中西進がその他大勢の考案者候補に含まれていたのは確かで、「令和」以外にも漢籍由来の万葉集出典案を幾つか提案していたのかもしれない。3月中旬という納期ギリギリの時点で本命案の委嘱依頼が来たとき、中西進は全てを察知し、あるいは両陛下の側近(三谷太一郎とか)から事情を聞き、知識人らしく、意を決して、皮肉を込めて反骨のカウンター作品を投擲したのではないか。「梅花の宴」の序文は王羲之の『蘭亭序』のエミュレーションであり、字句は張衡の『帰田賦』を踏んだオマージュの技巧だった。さらに『帰田賦』には時代背景があり、政治への痛烈な批判が表現されていた。

新元号は「令和」で決まった。日本の歴史に残る。中西進は壮絶な文化的事業をやり遂げたと言える。まさに東洋の知識人の理念と本分を千年単位の巨大な歴史的スケールで再現し、勇気と矜持をわれわれと後世の人々に示し、面目を躍如して先行する偉人の列に加わった。屈原や司馬遷の群像に連なった。これほど数奇な運命で策定された元号が他にあっただろうか。今度の元号は、初めての国書出典(表面の形式上だけだが)であると同時に、知識人が政権批判のブラックユーモアを意趣して制作し、それが皮肉な政治的展開で採用になった初めての元号である。二重三重の皮肉と偶然が重なり、瓢箪から駒の抱腹絶倒の歴史が作られた。そこには、文学と歴史を知らないイデオロギー偏執狂の独裁者がいて、間もなく退位する賢く思慮深い、勇敢で胆力のある老天皇がいた。今回の元号選定は明らかに政局であり、歴史に残る一つの重要な政治戦だった。野党と左翼リベラルの現役文化人は最初から白旗を上げて降参し、独裁者の大勝利で終わるかに見えたが、天皇(皇室・東宮)が粘り、粘り腰の末に同齢の老知識人と謀って逆転勝利を遂げた。一矢を報いた。日本らしい政治ドラマだと思う。マスコミは悉く独裁者の側に与した。

この政局で真面目に闘争したのは日刊ゲンダイだけだった。共産党も何もしなかった。」
https://critic20.exblog.jp/30211907/

「令和」の評判が悪くないのは、「安が入っていなくて良かった」と思った人が多いからかもしれません。  

【阿修羅掲示板投稿へのコメントより】

2. 2019年4月06日 17:24:38 : fPAGedqalU : S0tQb1pzMi91OVU=[121]
 >「令和」の評判が悪くないのは、
  「安が入っていなくて良かった」と
   思った人が多いからかもしれません。

 -いや、選定の経緯が詳らかにされるにつれ
  ジワジワと批判が湧いてくるような
  気がしませんか?。

3. 2019年4月06日 17:29:21 : 53wVq7Y1lU : b2dQTGd2Y0RqeHc=[33]
なるほどね、今まで見せたことのないような 
安倍の消沈ぶりですね

https://critic20.exblog.jp/30211907/

4. スポンのポン[11036] g1iDfIOTgsyDfIOT 2019年4月06日 17:49:36 : YLRU9o6eFk : dUpJOXhqbEFjRlU=[216]

 
 
■日本国の発展のために「元号」は廃止するべき。 「使わない」と言うよりは「使ってはいけない」

 良いことも、良くないことも区別せず
 いつまでも続ける人間をアホウという。
  
 元号がこの国の社会の足かせであることは明白。
  
 そもそもこの国は民主主義国家ではなかったのか。


8. 2019年4月06日 19:30:47 : DcYRyD2WFQ : Zy4wOVBGTWtvR0U=[4]
 令嬢、令息の令は、「うつくしい」というよりも「身分が高い。血統がいい。」のようです。令和の和は、あまり言われませんが和洋の和で日本でもあり、安倍氏は
そこが気に入った、と私は観測しています。
 ウヨク界隈では、「中国指導層は日本の元号を羨ましく思っている」といった言説が散見されます。普通の感覚だと奇異に感じますが「令和」すなわち「身分が高い。血統がいいニッポン」というウラ解釈がデフォルトだと、彼らは奇異には感じないと言う事でしょう。
 
 「れい」の語感が冷いのは、否定しがたい所ですし、使役の表現であるので
「平和もしくは秩序を命ずる」、「日本の国を令す」といった不遜なニュアンスも存在します。
 他に「令」には「律令制の四等官」「家令」など、どちらかといえば下級の官、
貴族の域に入らない実務階級の官吏のカシラみたいな層を意味する場合があります。
 令和はとは、オレのことだと、アベが言い 
 
 お粗末でした。あたくしの総合評価は、やりたい放題は阻止されたが、引き分けです。
 
 個人的には、漢字を使わない年号をみてみたかった。アルファベット、カタカナは次に取っておく。ひらがなです。最初なので2文字がいいでしょう。
「わお」とか「いーあ」とかですね。笑。


9. 山田ミー太郎[322] jlKTY4N@gVuRvphZ 2019年4月06日 20:01:56 : yC7I76lTYM : MlRlOUpiNUpHeUk=[10]
ドイツ語を熱心に学んでいた若い頃、語源を利用して単語を覚えるのは
効率が良く、いろいろな発見もあり面白いものであった。そのときの経験から、

ひとつの単語が、一見バラバラのように見える複数の
語義を持っていたとしても、じつはその単語のコアな意味から、
すべての語義が派生してきている、

ということは間違いなく言える。

そして、これはヨーロッパ語に限ったことではないと思う。

10. 山田ミー太郎[323] jlKTY4N@gVuRvphZ 2019年4月06日 20:03:07 : yC7I76lTYM : MlRlOUpiNUpHeUk=[11]
>>9のつづき)

ネットや漢和辞典の情報などを総合すると、「令」の場合、
おおむね以下のような派生をたどってきたのではないかと推測する。

「令」=「人が跪いて神意を聞く」=命令や使役。

これが「令」のコアな意味。

古代人が神意を聞く際には、心の中から人間の雑念を除去して、
心を清らかに、澄ませることから、まだ空気もひんやりしている
初春の季節を表す「令月」→ 「氷の結晶」を表すにすいと結びついて
「清らかな水が氷る」→「冷」(つめたい)へと派生。

こちらが跪くことによって、相手への尊敬の意が生じ
「令室」「令嬢」「令息」などの尊敬の意が派生。

11. 山田ミー太郎[324] jlKTY4N@gVuRvphZ 2019年4月06日 20:04:23 : yC7I76lTYM : MlRlOUpiNUpHeUk=[12]
>>10のつづき)

つまり、「令月」も、幕末に元号の候補に挙がったこともある「令徳」も
かたまりの単語として存在しているゆえにコアの意味が薄れているわけだ。

それをぶった切って「令」と「和」を無理にくっつけてしまうと、
「上が命令して、下に和が生じる」としか解釈のしようがなく、
これを「beautiful harmony」であると強弁することは
世界中に向けてウソを言っているに等しい。

「安」が入らなかったからといって喜んでいる場合ではなく、
無教養な人物たちがまたもや国家を私物化したことに
もりかけ問題などと同じく強い危機感を覚える。

 

こちらが跪いて、相手の意思を聞きたくなるようなものは→
「立派」「美しい」。 例:「令徳」(立派な徳)

12. 2019年4月06日 20:29:25 : xuMQ3ANazk : S2xGcFhYZjlNRGM=[1]
読了させていただきました、背景を読んでうなずくことが一つ
日本国憲法前文にも「その二文字」令=(この憲法に反する一切の法令)・和(日本国民は、常に平和を念願し)と使われている
ミステリー風に言えば、中西氏はこれを含ませていたのではないかとも思える
国民的な「日本国憲法前文」をもとに命名したのであれば、後日それを明かすことによって自分の名声も期待できるという可能性も残して

13. 2019年4月06日 21:31:49 : 6iedclCpxU : ajRVY2F6VnBDcXc=[1]
令和は、天皇が政権に対し「和の国にしなさいと命じられた」意味ある元号と解釈出来る。幕末に令徳の候補が出た際は、幕府は、徳川に対し命令する様であるとして不採用にし

た。しかし安部政権は勅命の意味があるものを敢えて採用した。これは正しく立派なこと

だ。安部政権になり人心荒廃が進みがっかりしていたが少しは希望が持てそうだ。

14. 2019年4月06日 21:46:55 : rb516HxEa2 : N2JQdFBTQTNqQWM=[1]
皇族がそこまで絡んでいるというのは深読みし過ぎというか、
たぶん記事を壮大化させたい意図なんでしょ。磯田など歴史学者でも瞬時に典出を張衡の「帰田賦」まで遡って連想することはできないという。

ある漢詩がいつの時代のどの漢詩からの典出かなんて、学者ですらパッとはわからないものである。

つまり日頃から国文学・漢文学に深く精通してないと「帰田賦」までの背景性を瞬時に網羅できない。

したがって単純にアホ安倍とアベ一派とアホ有識者が中西氏に一杯食わされたと見るべきだろう。

中西氏もアベ側が毒饅頭にとびつくよう、しれっと「万葉集出展ですよー」と言っておいただけ。
そして、今後、何を聴かれても「万葉集出展です」とだけ言えば済む。

15. 人間になりたい[985] kGyK1ILJgsiC6IK9gqI 2019年4月06日 22:46:00 : Igew9LiSCV : SVFzcHhMUWdwdG8=[34]

中西進教授、面従腹背説安倍晋三としては、当然、提案者が忖度して「安」の字の入ったものがあると思いきや、
あにはからんや一つもない。
ヘソを曲げた晋三は、既成の案をほっぽり投げ、急遽中西進教授に依頼する。
その不自然な依頼から真意を悟った教授は、気は進まないが断ることもできないので、
そうだここは面従腹背でしのごうと一計を案じる。

◎ニッポンすごい病の要求を打ち消すため、出典は万葉集だが、漢籍からの引用部分を使用する。
◎出典元の「帰田賦」は腐敗政治への批判も含まれるので、アベ政治の当てこすりになる。
◎「令」の字は「巧言令色鮮し仁」に通じるので、安倍晋三への当てこすりになる。
◎「令和」は、中国の酒の銘柄なので、低能ネトウヨがくやしがる。
 皇太子殿下は酒の研究者なので、そのことに気がつかないはずはないと、東大教授もいっていた。
 殿下も中西進教授の面従腹背に協力したのだろう。

晋三としては、これ以上、再三再四選考をやり直せば国民にバレバレになるのでそれもできない。
教授としては、ここまで問題があるものなら選考されるわけがないとおもいきや選考されてしまった。
提案者が中西進教授だと知れ、記者が自宅に取材に訪れた時の対応が逃げ腰だったのはそのためだろう。

(以上転載終わり)
 





 
 



 






| | コメント (0)

【安倍政権と酷似】「令和」元ネタは腐敗政治を嘆く内容だった

-新元号「令和」の謂れについて、『万葉集』梅の花三十二首の序文「初春令月 気淑風和」から採った、つまりこれまでの中国古典の典拠ではない初めてわが国古典から採った、との触れ込みだった。が、安倍一派のそんな目論見にも関わらず、毎日新聞が早速、これは中国古典の『文選(もんぜん)』の一詩文「仲春令月 時和気清」を真似たものではないかとの異議申し立て記事を出した。『文選十五巻』に収録されている、後漢の安帝、順帝に仕えた張衡(ちょうこう-78〜139 )という文人、役人の『帰田賦』の一節を、同序文を書いた教養人の大伴家持(おおとものやかもち)が本歌取りしたのが真相らしい。某日本古典文学全集では当該箇所にその旨はっきり注釈があると、岩波書店がツイートしたという。これだけで安倍晋三が公表直後の会見で得々と述べた、「『令和』というのは、いままで中国の漢籍を典拠としたものと違ってですね、自然のひとつの情景が目に浮かびますね。厳しい寒さを越えて花を咲かせた梅の花の状況。それがいままでと違う。そして、その花がそれぞれ咲き誇っていくという印象を受けまして、私としては大変、新鮮で何か明るい時代につながるようなそういう印象を受けました」でんでんというのはまるで嘘っぱち、ということになる。ついでに言えば「梅の花」も日本古来の種ではなく中国からもたらされたのである。「令和」については、以下転載のとおり、その他に幾多の中国由来のものが指摘されている。無教養人の安倍らが言い張るように、「わが国の典籍から採った独自の元号」などと言える代物ではないのだ。張衡の事跡に戻るが。この人が『帰田賦』を著わしたのは腐敗しきった後漢朝廷政治に嫌気を差し、田舎に帰った時だという。安帝と安倍とがダブって見えてくるではないか。黄巾の乱、董卓の専横政治等を経て群雄割拠、魏呉蜀三国鼎立、後漢滅亡の遠因を作ったのが安帝なのである。その安帝に勝るとも劣らない昏君(フンチュン)である安倍晋三が「令和」なる元号を作った。実に嫌な気分である。 (大場光太郎・記)-

関連記事
安倍首相「令和は国書典拠」自慢の間抜け! 大元は中国古典で作者の張衡は安倍政権そっくりの忖度政治を批判(リテラ)
http://www.asyura2.com/19/senkyo259/msg/267.html

シャン・バザ・hokko・清史・乃賜令和坤自尽。医学書に帰田に酒に賜令と掛詞が効きすぎである。
http://www.asyura2.com/18/cult20/msg/611.html

中西が選んだのも天晴れだし、元デブの真理子らが選んだのもバカッパレだし、どちらを選んだのも安倍サックスと簾ハゲ周辺で自業自得の因果応報で、馬鹿が口先だけでよく言う、全ての責任は私にあるというやつで、私が国家ですの森羅万象担当な訳であるし、私かアッキードが関与してたら辞任辞職するとも言っていた訳だし、好景気の暖かい風を津々浦々にお届けしようとしたら全世代の半数が貯蓄ゼロという快挙も成し遂げた訳だから、潔く退陣すべきである。
馬鹿の最後のあだ名は和坤に決定である。
松沢亭にいいお席をご用意しておりますので、保険証とお薬手帳を持って夫婦同伴で海外旅行のようなウキウキ気分でお越し下さい、てな感じである。  

【阿修羅掲示板投稿へのコメントより】

1. 2019年4月04日 00:15:18 : HCDU7rB1lg : NkdOS2ZMTkJ0cXc=[50]
Hokko Ringo @p_msy
新年号:令和 出典は万葉集の「梅花の歌三十二首」ですが、実は《清史·和珅传》“乃赐令和珅自尽”(軍機大臣として専横を繰り返した汚職官僚の和珅が、乾隆崩御の後、自尽を命じられる有名な話)がウラ出典という説も浮上中。この話を暗に知りつつ「令和」推した選考人がいたなら、アッパレですねぇ😊(シャン)
中国の詩文集「文選」が由来ではないかと言われています。文選巻十五に収められた、後漢の文学者であり科学者の張衡(ちょうこう)が詠んだ「帰田賦」が話題に上がっています。 元ネタは、“安帝の乱れた治世にうんざりして国に帰るにあたり読んだ詩”とのことで、「安帝」に笑いをこらえることが出来ない人たちがたくさん居るようです。 また、「安帝」の嫁もなかなかで、“安帝の死後実権を握り…やりたい放題”というツイートもありました。

黄帝内経・知迎知隋、気可令和。馬鹿・漢籍由来でない元号はいい、情景が目に浮かぶ。脳ミソが失明状態の馬鹿である。
http://www.asyura2.com/18/cult20/msg/610.html

やっぱり総理大臣などならずに座頭市みたいに鍼灸師にでもなっていた方が本人も恥をかかずに幸せだったと思うが、とりあえず毎日サックスが遠慮ぎみに漢籍が影響とか書き始めたが、ゴミ売りも産経もはっきり書かなければ駄目で、紹興酒だかの名前になってるのもヨロピクという感じだが、中国の手のひらで暴れる馬鹿といったところである。
まったく四書五経どころか云々も読めないし法治の逆もすぐ出てこない馬鹿が改憲をしようとしたり元号に自分の名前を入れようとか、身のほど知らずもいいところで、安倍は馬鹿あるねーと思われているのは確実で、もういいんじゃねという感じである。

【阿修羅掲示板投稿へのコメントより】

2. 2019年4月03日 20:58:33 : HCDU7rB1lg : NkdOS2ZMTkJ0cXc=[49]
タカハシユータ(はりきゅう慈雨治療院)@sqsyuta
「令和」が大昔の鍼灸の教科書とも言える黄帝内経に記載されてるとか。
故寫者迎之、補者隨之。知迎知隨、気可令和。
故に寫はこれを迎え、補はこれに隨う。迎を知り、隨を知りて気和せしむべし。
これって鍼灸師の超大事な考え方で、基盤とも言えます。
(でも原文ちゃんと知らなかったのは内緒)

蒲池あゆみ @ayumician
万葉集は明治になってから評価が上がった歌集だと学校で教わったような記憶があります。それまでは古今集が和歌の手本だったとか。
正岡子規の「歌よみに与ふる書」が万葉を高く評価していると。
この本の題名と子規の万葉評価は、よく知られていると思いますが、万葉と古今、どっちもどっちですか?
 (以下省略)

3. 2019年4月03日 21:44:42 : IwH54j116U : bUxvMEJLN2tDc00=[58]
そのものズバリ、令和と構成して使っているではないか。
その部分、気脈をよく和ませしむべし、と読み下せばいいのか?
つまり令和は善く和むの意味で、古語にはすでにあったのか、それとも鍼灸の専門用語か。これを、まだ万葉集が「原典」と言い張るか?
どこまで恥知らずだ。
顔を真っ赤にして言い張る子供を許し、受け入れて育てた結果がこれだ。
本人や一家の恥だったものが、今や国家の恥だ。

「万葉集が原典」と閣議決定しかねない。
即座に責任をとって解散を。

5. 2019年4月04日 11:25:28 : MwqM2u5ylY : WmdFRGhUVFJRdkk=[232]
与党議員も安倍の様な超がつく馬鹿人間を何時までも総理の椅子に座らせ、自分たちはそれなりに美味しい思いと好待遇であれば国民の事、国の事など二の次三の次なのだ。ここまここまで平気で嘘をつく人間が国のトップなど本当に恥さらしだ。マスコミもいい加減安倍晋三と言うペテン師を叩かないといずれ自分たちもそのツケが回るという事が解らないのか

6. 2019年4月04日 12:29:26 : z8wlmLjfcQ : ZzNsNHJ4a3lNZTY=[1

今年を漢字1文字で表すと・・・・・「責任」ですかねー____ばか、そりゃ2文字だろ!
法治国家の反対ですかー?・・・じゃあ痴呆国家ですかねー___馬鹿、そりゃお前だろ!
というわけで、馬鹿は中国4000年の歴史の針治療の最先端ということで、5寸釘のように太くて長い、まるで5寸釘のような、誰がどこから見ても5寸釘だとしか思えない釘を脳天ファイラーに深く刺していただき、頭の中身のウミの全てを抜き取ってもらったいいんじゃね、習さんに電話して「悪いところをぜーんぶ抜き取ってください」って頼んだ方がいいんじゃね__てなもんや三度笠。

57055
安倍政権と酷似「令和」元ネタは腐敗政治を嘆く内容だった(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/19/senkyo259/msg/320.html

57056
「初の国書」と胸を張るが…(C)共同通信社

 政府が1日に決定した新元号の「令和」は、選定の最終段階で新たに追加されたものだと報じられている。3月上旬の段階では候補名になかったと複数の関係者が認めているのだ。事実上、「令和ありき」で選定作業を進めていたことがうかがえる。

 政府は3月上旬に案を絞り込み、菅官房長官が安倍首相に説明。その際に「令和」は含まれていなかった。3月中旬以降、「令和」の考案者とみられる中西進・国際日本文化研究センター名誉教授に要請し、追加提出を受けた数案の中から、安倍首相が「令和」だけを選び、選定作業で残っていた5案に加えて有識者懇談会に示したとされる。

「わざわざ万葉集研究の第一人者である中西氏に追加依頼したということは、どうしても出典を万葉集にしたかったのでしょう。安倍首相は『歴史上初めて日本の古典が出典』と大威張りでしたが、すぐに万葉集の出典は漢籍からの引用だったことが分かった。国書由来はマヤカシだとバレて赤っ恥です」(政治評論家・本澤二郎氏)

 しかも、元ネタの漢籍が腐敗政治に愛想を尽かした役人の呟きだと知ったら、卒倒するのではないか。

 政府が出典として示したのは、万葉集の「梅花の歌三十二首」序文にある<初春令月、気淑風和〉の一節。この序文は、中国後漢の学者で、役人でもあった張衡(78~139年)の「帰田賦」を踏まえたものとされる。

「帰田賦」を口語訳すれば「田舎に帰ろう」といったところだが、<遊都邑以永久、無明略以佐時(都暮らしも長くなるが、世を良くする功績もない)>で始まる内容は、安倍首相がアピールする「ひとりひとりが輝く新しい時代」とは程遠い。政治の腐敗を嘆き、中央政府に愛想を尽かして故郷に帰る喜びをつづる厭世的な独白である。

 元ネタになった部分の句は<超埃塵以遐逝 與世事乎長辭、於是仲春令月 時和氣清>。日本語に訳すと、「さあ、この塵芥の世界から抜けてはるか彼方に去り、生臭い俗世との縁を絶とう。折しも今は春も半ばの良き月だ。時はなごやか、空気も澄んでいる――」というような意味だ。

「後漢書」によれば、年少時から文才にたけた秀才で、天文学、数学、地理学などにも通じた張衡は、地方の役人だったが、都に呼ばれ、中央政府の官僚になる。

 張衡が仕えたのは、6代皇帝の安帝だ。その治世は宮廷官僚の宦官が幅を利かせ、忖度や賄賂の横行を招いた。嫁の閻后も、側室の子を殺したり、縁故政治を増長させるなど、やりたい放題だった人物として評判が悪い。中央政府の腐敗に我慢できなかった張衡は順帝(8代皇帝)の時代に朝廷を辞し、「帰田賦」を書いたのだ。

 政治腐敗、側近の跋扈、縁故主義、そして“安帝”……。さすがに偶然の一致だろうが、中西氏が護憲派の「総がかり行動」の賛同者に名を連ねていたり、日本ペンクラブ編集の「憲法についていま私が考えること」に執筆していたことから、ネット上では「『令和』の元号は安倍首相への戒めか?」などの臆測も飛び交っている。

「偶然とはいえ、安倍悪政に物申すような元号を自分で定めるとは皮肉な話です。それでも『花が咲き誇るイメージ』などと言って安倍首相が浮かれているのは、教養も恥の概念もないからです」(本澤二郎氏=前出)

 後漢では安帝の時代が滅亡の端緒になったが、安倍政権は歴史にどう評価されるのか。

@h-yamachan @yamavhan

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/251145 

【しかも、元ネタの漢籍が腐敗政治に愛想を尽かした役人の呟きだと知ったら、卒倒するのではないか。】
【「偶然とはいえ、安倍悪政に物申すような元号を自分で定めるとは皮肉な話です。」】

ebiike@kyi.biglobe.ne.jp @ebiikekyibiglo1

安倍政権と酷似「令和」元ネタは腐敗政治を嘆く内容だった
3月上旬の段階では候補名になかったと複数の関係者が認めているのだ。事実上、「令和ありき」で選定作業を進めていたことがうかがえる。

toripy (Evil to LDP) @t_toripy

『花が咲き誇るイメージ』などと言って安倍首相が浮かれているのは、教養も恥の概念もないからです」本澤二郎氏

安倍政権と酷似「令和」元ネタは腐敗政治を嘆く内容だった https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/251145 


【阿修羅掲示板投稿へのコメントより】

2. 2019年4月05日 01:34:31 : jdbscxdMEI : ZWNRcnA3VXlMSmM=[267]       
新元号は云々(でんでん)がよかったと思う。字画も少なく書きやすいし。

3. 日高見連邦共和国[12973] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2019年4月05日 02:15:27 : cGiNvDinKI : bWtmWC9SZTdWOTI=[2]
新元号は、お尻『辺々(ぺんぺん)』で良かったカモ。バカ相手に戒めにもならんだろうが。(笑)

4. 2019年4月05日 04:14:10 : 1GJFQVU66M : c0lqbmRoR2RQY2c=[47]
なんと、万葉集のあの令と和の記述の意味は後漢の張衡のが思いをこめて作った
「帰田賦」にあったのだ。薄学は恐ろしい。安倍総理の軽率な元号改革が、張衡の呪いを日本の未来に招き入れてしまった。

6. 2019年4月05日 08:02:40 : fPAGedqalU : S0tQb1pzMi91OVU=[119]
>宮廷官僚の宦官が幅を利かせ、忖度や賄賂の横行を招いた。
  嫁の閻后も、側室の子を殺したり、縁故政治を増長させるなど、  やりたい放題だった人物として評判が悪い。

 -その6代皇帝が安帝
  と言う名だった、とは、ため息も出ない類似だ。

7. 2019年4月05日 13:23:35 : zg41AnH0gY : NndLLnB1LmtpSTY=[13]

こんな厭世観にまみれた元号を名乗ることになる皇太子殿下が気の毒だ…「令和天皇」より

「徳仁天皇」の方が字面も意味も美しい。

国家の行く末に光を感じるような名称を使った方が良いと私は思う。

(以上転載終わり)

| | コメント (0)

【持って半年?】3つのジンクスが同時直撃 安倍首相を「改元の呪い」が襲う

-今回転載するのは、安倍政権を「改元の呪い」が襲うのか、という大変良い日刊ゲンダイの記事である(笑)。だってそうだろう。安倍晋三の政権は国民がほとほと手を焼くほどの最凶悪政権だ。こんな亡国政権が今年の秋にも明治期の桂太郎内閣を抜いてわが国憲政史上最長の内閣になるんだぜ。それがこのたびの「令和」改元によってコロッとお陀仏か、てえんだから。こんな「盆と正月いっぺんに」式のめでてえ話そうそうあるもんじゃねえやね。さてその謂れは如何に。それは以下の転載文をお読みになりご納得いただきたい。 (大場光太郎・記)-

57052

3つのジンクスが同時直撃 安倍首相を「改元の呪い」が襲う(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/19/senkyo259/msg/285.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 4 月 03 日 22:30:05:

 57053
3つのジンクスが同時直撃 安倍首相を「改元の呪い」が襲う  
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/251068

2019/04/03 日刊ゲンダイ

 

57054
「消費税」と「亥年参院選」のジンクスも(C)JMPA

「新元号」を発表した途端、支持率が9ポイントもアップした安倍内閣。今ごろ、安倍首相は「してやったり」とニンマリしているに違いない。しかし、政界では「半年以内に退陣に追い込まれるのでは」という話が飛び交っている。「改元の呪い」に襲われるというのだ。

「改元の呪い」が囁かれるのは、明治以降「改元」に携わった政権は、ことごとく半年以内に退陣しているからだ。

 1912年7月30日、「明治」から「大正」への改元に関わった西園寺公望内閣は、約半年後の12月21日、総辞職している。陸軍との対立が原因だった。

 1926年12月25日、「大正」から「昭和」への改元の時、総理大臣だった若槻礼次郎も、翌年4月20日に総辞職に追い込まれている。昭和金融恐慌に見舞われたのが原因だった。

 さらに、30年前の1989年1月8日、「昭和」から「平成」への改元の時も、竹下登内閣が同6月3日に総辞職している。理由はリクルート事件と消費税の導入だった。

 新元号を発表した安倍首相は、「新しい時代には、国民の一人一人がそれぞれ花を大きく咲かせてほしい」などと、シタリ顔で国民に語っていたが、本当は「改元」にタッチしたくなかったのではないか。

「消費税」と「亥年参院選」のジンクスも

 安倍首相周辺が恐れているのは「改元の呪い」だけでなく、3つのジンクスに同時に直撃されることだという。

「竹下内閣が総辞職に追い込まれた1989年には、3つの大きな出来事がありました。1つ目は改元です。2つ目は消費税導入。3つ目は参院選です。ちょうど今年は、その3つが重なる。7月に参院選が行われ、10月には消費増税を実施する予定です。偶然にしても、あまりに重なり過ぎると、安倍さんの周辺は心配しています」(政界関係者)

 はたしてジンクスは当たるのか。政治評論家の山口朝雄氏が言う。

「改元の呪いは偶然かも知れませんが、改元は大きな政治課題だけに、エネルギーを奪われるということはあるでしょう。ほかの問題に目が行き届かなかったり、一連の行事を無事に終わらせたら、ホッとして油断が生じたり。消費増税が、政権を直撃するのは確実です。だから、安倍政権も2回延期したのでしょう。かつて細川内閣も、国民福祉税を打ちだした途端、支持率を下落させています。それだけに、安倍首相が消費増税を再々延期することもあると思います」

 ただでさえ、12年に1度、統一地方選と参院選が重なる「亥年選挙」は、自民党には鬼門だ。12年前も、24年前も自民党は参院選で大敗している。半年後「支持率が急上昇した4月1日が安倍内閣の絶頂だった」ということも十分にあるのではないか。

むうたん❤︎次の準備中 @MisatoFlove

安倍首相は「改元の呪い」を克服できるか

(記事引用)明治から大正に元号が改められて以降、いずれも改元から5カ月以内に改元時の首相が退陣に追い込まれているからだ。このため、政界では秘かに「改元の呪い」との噂も広がる。 https://toyokeizai.net/articles/-/274358 

森 と @tsundora

https://toyokeizai.net/articles/-/274358 
へぇ。いい話があるものだ。過去3回の改元時には5カ月以内に首相退陣だそうで。ま、でもダメだろう。今は日本会議と安倍晋三の独裁政権。3回しかないんだから「改元の呪い」は余裕でクリアでしょうな。ぬか喜び。



yasu @sarudosi3

ぜひとも、呪い通りになって欲しい。 https://toyokeizai.net/articles/amp/274358#click=https://t.co/m1G5DSU71R 

猪又万太郎 @mujyaki7

ジンクス通りになってほしいわ
「令和」令は命令・法令の令で
強制的な語で国民は静かに国に
従えっつう事だべ

安倍首相は「改元の呪い」を克服できるか 過去3回の改元時には5カ月以内に首相退陣 | 国内政治 - 東洋経済オンライン https://toyokeizai.net/articles/-/274358  @Toyokeizaiさんから


KK @Trapelus

【新元号「令和」の誤算】海外メディアに通知メール 官邸「令和」英訳に逆ギレ 英文資料を用意しなかった不手際 外国人記者の間では、政府による「令和」の説明を額面どおりに受け取っていいのか、不信感が広がっているという。ウソつき政権を信じられなくて当然である(日刊ゲンダイ)


(以上転載終わり)

関連記事
安倍官邸は逆ギレ「令和=命令と平和」英訳まねいた不手際(日刊ゲンダイ)

| | コメント (0)

新元号は「令和」 噂されていた「安」入りでなかったことを国民は喜ぶべきである

-新元号が「令和」に決まった。何はともあれ、公表前に大いに噂されていた安倍晋三の「安」入り元号でなくてよかった、よかった。さしもの安倍晋三もはたと考えたのかもしれない。「安」の字を入れるのは俺の大野望だが、ただ待てよ、俺は総理の座を降りたとたんモリカケ等で豚箱入りとなるかもしれない身だ。なのに安久や光安にしてしまうと、俺の悪名が元号とともに永久に残りかねない。残念だが「安」入りは諦めるかぁ、とw ポスト英米時代氏は投稿記事タイトルなどで「馬鹿」を安倍の代名詞代わりにじゃんじゃん使っているが、安倍晋三、一応の分別は弁えていたわけである。平成もそうだったが、令和も慣れるまで一定の時間がかかるのは致し仕方ない。良い元号なのか悪い元号なのかはずっと後年振り返るとして、現時点では「安」抜きだったことを良しとすべきなのだろう。この新元号の謂れについては、『万葉集』梅の花32首の序文「初春令月 気淑風和」から採った、つまりこれまでの中国古典に準拠ではない初めてわが国古典から採った、との触れ込みである。が、ネトウヨ安倍一派のそんな目論見にも関わらず、早速これは中国古典の『文選(もんぜん)』(西暦1~2世紀)の一節「仲春令月 時和気清」を真似たものではないかとの異議申し立てが出てきた。いくら中国嫌いだといっても万葉集そのものが和歌を含めて漢字による当て字表記だったわけだろう。ひらがな、カタカナ含めてわが国の言葉は漢字をベースとしているのだから、「元号はわが国古典から」と粋がってみても始まらないのだ。安倍晋三は、公表後の記者会見で官僚作文の美辞麗句を並べ立てていたが、「あんた万葉集をじっくり読んだことあるの?」と聞いてみたいほどである。ところで「令」とは、「会意文字です(亼+卩)。「頭上に頂く冠の象形」と「ひざまずく人」の象形から、人がひざまずいて神意を聞く事を意味し、そこから、「命ずる・いいつける」を意味する「令」という漢字が成り立ちました。」とのことである。そこから、以下に転載したコメントにもあるとおり、「戒厳令  徴兵令  出頭命令」というような嫌な連想も生まれるわけである。昏君総理以下のメンツが、令にそこまでの意味を含ませたかどうかは不明であるが。さて「令和」の令はラ行である。だいぶ前に読んだ「人の名前のつけ方」本に興味深いことが書いてあった。ラ行は「螺旋、流動、流転」のように急転直下の変化を意味する行だという。令、玲子、礼子、麗子、良太、隆太郎、里佳子、里奈などラ行の入った人名は多い。が、そういうことを考慮すればラ行を人名に用いるのは避けた方が賢明だと。この元号も天のご意思なのだろうが、ラ行入りの「令和」の年間に事態急変、大激動など不測の事態に見舞われなければいいのだが。 (大場光太郎・記)-

関連記事
新元号、皇室の反対で本命封印か。安倍首相の方針転換と、マスコミによる「安」の刷り込み(MANEY VOICE)http://www.asyura2.com/19/senkyo259/msg/170.html
新元号は「令和」 
http://www.asyura2.com/19/senkyo259/msg/185.html


57051

新元号、馬鹿の名前なし、皇太子が阻止、平成天皇も令和天皇も優等で合格である。
http://www.asyura2.com/18/cult20/msg/596.html
投稿者 ポスト米英時代 日時 2019 年 4 月 01 日 12:01:25:

平成天皇は退位後も高輪で馬鹿を監視されるようで、京都活性化も悪くなかったが馬鹿が退陣するまでは東京に居てくれた方が国民も安心である。
また皇太子は即位後も赤坂がベースになるようで、首都がちょっと東にずれたと言えそうである。
スケベ親父が畏れ多くも天皇の合否を判定するなとか言わないでよねー、国民主権なんだからねー、ちゃんと税金滞納せずに頑張ってるんだからねー、それに国民統合の象徴にはスケベ親父も入ってるんだからねー、排除の論理はやめてよねー、てな訳で馬鹿の名前が入ってたら私も一揆を起こす覚悟を決めていたが、全軍に解散を命じたところであるが、全軍って猫とめだかだろとか言わないでよねー、家族にも一応メールで召集かけてたんだからねーという感じだが、馬鹿の名前が入らずによかったーつーか、こういう事をマジで心配しなければならない馬鹿は退陣すべきである。  

【阿修羅掲示板投稿へのコメントより】

1. 2019年4月01日 12:15:18 : 53wVq7Y1lU : b2dQTGd2Y0RqeHc=[28]
まずは良かったですね
小さな一歩ですが これだけでも良しとすべきでしょうね

2. 2019年4月01日 13:29:05 : fCZ83cf8p2 : YzI0bTRWZmk2Mms=[76]
 和はともかく令って?!  戒厳令  徴兵令  出頭命令
一体何考えてんだよコノ国   大宝律令  起立、礼、みたいな
漢字はわんさかあるろにヨリによって‥ 

3. 2019年4月01日 13:30:23 : d8DbSHuyFE : ZEEuTm5MMkM0Q0E=[1]        
日本人日本人とこだわっての万葉集というなら読み方としては「りょうわ」だろうなぁ。和の令ならいいが「にすい」つけたら冷たいだ。何でも権力任せなら冷や水かけられて「冷たいわ」となる。そうならんようにしていかねばね?
なんにしても戦争屋傀儡は壊滅だ。単に安い普通だったら元号の説明もさぞ窮するものだったろうな(笑)。
流れが変わってることが通知されたのは大きいな。

5. 2019年4月01日 13:47:36 : fCZ83cf8p2 : YzI0bTRWZmk2Mms=[78]
  “ワの民よ 今こそオカミを尊ぶ律令政治の基本に帰れ”   というメッセージにしか聞こえないわけだが  //ディスカバージャパン、美しい国総仕上げに向けアヘ政治の総決算ですねワカリマス;町の声

6. 2019年4月01日 13:54:57 : IwH54j116U : bUxvMEJLN2tDc00=[28]
新元号が八秒(※発表?)される前に安倍政権を倒したかったものだが。
小渕ならともかく、あのチビハゲの馬鹿顔が歴史に残るのはどうも気に入らない。実はNHKはじめマスゴミが安久だの安永だの報じているのを見て、これは天皇サイドから阻止の勅命でも出たなと思った。
漏洩した元号はたとえ発表直前であっても回避するという鉄則があるので、本気で安久にしたければ絶対に表に出さないはずだ。

ただしわざわざ令(勅令、命令のこと)を入れて、令によりて和すると宣言することは全体主義的な臭いがしないではない。
令に従わず和を乱す者は非国民である、決まったことには従え、という主張は今に始まったことではないが、これから国民はますます「非服従」を徹底せねばならん。

8. 2019年4月01日 14:39:39 : 03Sxq8HP9g : QUp5WDlWSU9wUGc=[1]       
"令"という文字には一応「よろこび」という意味も含まれて居る。だがそれは国民にとってめでたいものとなるかは王次第、政治次第ということも意味するだろう。この二面性の負の面を出さず良いものに変えるかは本来国民次第ということにあるはずだ。さてさて。
ほーら最早馬面の呆の竹田がこの新元号を予見してたと言いふらしてるぞ。

9. 2019年4月01日 14:42:58 : IwH54j116U : bUxvMEJLN2tDc00=[29]
しかし、どうも嫌な気がするよ。令和元年の清和会
清和 → 倭国を清める(野を清めると同義で破壊するの意)
令和 → 倭国に命ずる(誰が?)

11. 2019年4月01日 14:49:58 : z0SQdjEyNM : WUxPTXhZaFdKYWM=[69]
とりあえず安が入ってなくて安心した。
こじつければなんだってスケベになるのだから
これで良い。平和を連想する和が入っていたのは皇室の意向とも思えるが
それだって、単なる憶測にすぎない。

16. 2019年4月01日 15:48:47 : LHkbqgxwWI : NGVaSXdqZDVCUlU=[1]
安の字も晋の字もなくて本当によかったです。
令の字は、良いとか立派なという意味があると言われますが、普通に考えれば命令の令ですよね。
とすれば、「国民の象徴である(今上並びに次期)天皇陛下が、政治家や官僚や財界等身の丈に合わない権力を私物化する輩に対して、国民にかわり、和を以って和やかな世を作れと命じる」元号と考えるのが妥当ではないかな。

17. 2019年4月01日 15:59:00 : 9jT38Kk8hs : Y1hxT2ljcDFQRzY=[3]
平成天皇が京都へ移ったら東京の不動産が暴落でもしそうなのだろうか。
天皇も大変である。

18. 2019年4月01日 16:07:41 : LmuLss3yaA : c0ZMRFVlSXE5dWM=[44]
女真の国の清の最後と同様で、
当時称されたように、紫禁城の中だけでは
追い出されるまで「皇帝:でしたが、
城市(京都)の外で
通用するのも
時間がどれだけ残されているのでしょうね。人殺しの大罪は
永久に消えるものではありません。

20. 2019年4月01日 16:31:47 : vO8qx7YblU : ejlHN3pqV3R2YXM=[7]
徳仁さんよくやってくれたと思う、彼は今の天皇陛下から色々言われてて
民を思う心を持っていると思う、弟はちょっとあやふや、その次の世代の
天皇制は、日本人が持ち続けられるかどうか正直言って不安ではあるが

21. 2019年4月01日 16:36:29 : jjeEbhIY86 : YlZzcHVJMzlJWHM=[1]       
「巧言令色、鮮し仁」今の世相にピッタリの元号だと思いますね。

22. 2019年4月01日 16:47:14 : BtLanAXAFN : LnRTMGVpUHhKYU0=[4]
反対してくれた皇太子に感謝しないといけないな。
参考)新元号に安部の「安」の字を入れたい国家私物化官邸VS公(おおやけ)を考慮する皇太子http://www.asyura2.com/18/cult20/msg/593.html 国際評論家小野寺光一

23. 2019年4月01日 17:06:18 : rCY9IK2UCI : ODF6R3lncmVpbDY=[1]
>>6,9,10さんに同意!
伝えられるように、安倍晋三が朝鮮血筋の李晋三なら、なおのこと「令和」の「裏側に込められた悪意」を感じる。たとえば・・・・

〇パチンコのマルハン= 丸恨 =日の丸・恨み = 日本と日本人への恨みを忘れない!
〇新元号__令和  = 朝鮮族が命令する。民草はどんな奴隷労働にも耐え、何も考えず和やかに過ごせ!決して権力に逆らうな。警察・検察・裁判所にも逆らったらイカン。電通支配の民放や安倍様の犬HK放送は疑ったらイカン。捏造支持率も選挙結果も疑ったらイカン。検束するぞー! 冤罪に嵌めるぞー! オリンピックに夢中になって福島のことは忘れろ。愚劣なテレビを見てバカになれ・・・・・など。

そもそも元号法制化と教育基本法改悪を強く推進してきたのは、安倍晋三の支持母体である「日本会議」であり「神社本庁」であり、当然ながら祖父・岸信介の時代からカルトの統一教会と密接というか、オウム真理教と同類のカルト統一教会そのものだと見ている。つまり、日本国憲法と日本国民の敵であるということだわな。

そして元号が変わっても朝鮮血筋の人間のクズである不正選挙の馬鹿晋三が虚言詭弁を並べ立てて総理の座に不当に居座っているわけで、悪夢は続くのである。いっそのこと、元号は天誅か改竄にしてほしかった。

___あたらたらたらしい元号は「でんでん電柱」じゃなかった「でんでん電通」でもなかった
___あたらあたらしい元号は、「てんてんてん・天誅」でござる!

てなもんや三度笠。

>安倍晋三・昭恵夫妻は朝鮮人である http://www.asyura2.com/18/senkyo242/msg/790.html
>安倍晋三は 李晋三である http://www.asyura2.com/18/senkyo246/msg/595.html#c1

>小泉と安倍のルーツは朝鮮人である https://kabukachan.exblog.jp/22263451/
安倍晋三が、北朝鮮出身の文鮮明の支配する統一教会に祝電を送るのも、安倍晋三のルーツが朝鮮人であることからすれば当然であろう。北朝鮮出身の父親を持つ在日朝鮮人の小泉が、国際ユダヤのエージェントの手先で大和民族を間接支配しながら、日本国を破壊しその富を奪い取る密命を帯びて、国際ユダヤから日本国支配と大和民族の分裂と解体を行なうべく、日本国総理大臣の地位(実質的には、植民地日本を解体・支配する日本総督)を委ねられてから5年が経つが、その賞味期限切れに伴ない、新しく同じく朝鮮半島にその一族のルーツを持つ朝鮮系の岸・安倍一族の売国奴・フリーメーソンを次期植民地日本の新総督に任命しようとしている。

またもや、人が良く騙されやすい大和民族は、あの安倍晋三の反北朝鮮の強硬姿勢に騙されて、妻は在日、祖父の岸信介も朝鮮半島生まれのルーツの朝鮮人に、日本国家の命運を託そうとしている。その国際ユダヤに与えられた役割は、反北朝鮮・反中国のポーズで北朝鮮と中国を挑発させて、両者の軍事衝突を引き起こさせて、東亜戦争を引き起こすことである。

その安倍晋三の晋総理就任を誰よりも喜んでいるのが、金正日と北朝鮮の日本大使たる朝鮮総連の首脳である。朝鮮総連のトップの「我が同胞の安倍晋三の総理大臣就任は、何より好ましい。」との発言の証言こそが、何よりも「事の真相」を物語っていよう。日本国民と大和民族は、いい加減にこの真実に気付いて、「「ユダヤと北朝鮮」による日本の異民族支配構造」の実態に覚醒して、「尊皇攘夷の国民運動」によって、これらの「日本人を装う非日本人」の排斥と異民族支配の打破に決起すべきだ。

>経団連と東レは朝鮮人 崔定征 通名 榊原定征に乗っ取られた! 消費税増税と法人税減税 血税泥棒 國賊 パソナ竹中平蔵 ハニートラップの舘 仁風林 小野寺五典 米倉弘昌とモンサント
http://blog.livedoor.jp/matrix_zero1/archives/2115315.html
>李明博の負の遺産:「日本は在日のもの、経団連は在日支配完了」李明博、刑務所で語る!?   
2017年 10月 20日 https://quasimoto2.exblog.jp/237901097/
>気が付けば、日本中が朝鮮人に背乗りされていた!
http://kenbounoblog.blog.fc2.com/blog-entry-923.html

25. しんのすけ99[321] grWC8YLMgreCrzk5 2019年4月01日 18:00:23
結局 【安】 なんて 使われなかったではないか 陰謀論者の予言ごっこは 当たった試しがないな
でも 残念 もしも本当に 【安】が入っていたならば この阿修羅はそうとう盛り上がっていた事でしょうな
どっこい 令和なんて 誰も予想していませんでしたから いい意味で期待を裏切られたという事で まあ

よしとしましょうや。

26. 2019年4月01日 18:25:48 : EQvW8dj4A6 : b3FhVlVOeC5kV1k=[9]
>25
予想していたのではなく危惧していたのだ。「予想」と称して観測気球を上げまくっていたのはNHKをはじめとするメディア。

http://www.asyura2.com/19/senkyo258/msg/618.html

あとお前は↑であれだけ恥を掻いたのだからもう出てくるな。アベ並の面の皮の厚さだけは認めてやるから、さっさと彼方へ旅立て。

29. 2019年4月01日 18:49:11 : Lkd9kbDW8E : NmluMWc4SU91SEU=[1]
安とか晋とか倍とか三が入ってなくて本当に良かった!!!
令和は古典の(何だったけ)から 採用された言葉だそうですね!
私は「令和」とテレビで聞いた時
凛とした、鈴が鳴るような清々しいイメージを感じましたです!
とにかく 馬鹿の一文字が入ってなくて良かった!良かった!
明るい新時代に鳴る令和 となりますように。馬鹿はさっさとゴミ箱へ。いや、豚箱ですね!

36. 2019年4月01日 19:23:53 : vGXNVlIgMc : TVN0cld1T1ZUV1E=[1]
ちょっと無粋な考えかも知れませんが、令和...0(ゼロ)の和って...悪い方には考えたくないものですね。

39. 今日にでも[165] jaGT@oLJgsWC4A 2019年4月01日 20:23:43 : RjEdXMlQ0s : c0x0WGY3QU1Lby4=[18]
て゜もな馬鹿入っていたぞ(※でもな馬鹿は言っていたぞ?)。令和って国民は平和で美しい日本をつくろう。

そして、岩盤規制撤廃で どんどん若者たちの時代を築いていく改革を推し進めていく。って。笑うしかないのか。

(以上、転載終わり)


| | コメント (0)

【元号私物化の晋】新元号は「光安」か「康安」!? 世が世ならば不敬罪で死刑だ

-この記事を作成しているのは4月1日未明だが、本1日午前11時半には新元号が菅官房長官から公表される予定である。その時正式に新元号が明らかになるのだから、間近に迫ったこの時点で「新元号は何ぞや」などと言っても始まらないのかも知れない。しかし漏れ伝わる情報をトータルするとどうも嫌な予感がしてくる。「光安」or「康安」・・・。どうやら安倍晋三の「安」の字の入った元号で決まりらしいのだ。既に過日、安倍は皇居内の東宮御所を訪れ、皇太子(間もなく新天皇)に「安」字入りの新元号を示し了承を求めたという。が、皇太子様は露骨に嫌な顔をされた、東宮を出てきた安倍晋三も苦虫噛み潰したようなツラだった、と。皇太子様の反応はごもっともである。「安」入り元号に皇太子様はすべてを了解し思われた。『この者は神聖な元号すら穢すのか』と。日本で最初の元号は皇極天皇時代の「大化」(西暦645年7月17日~650年3月22日)であるが、それ以降平成まで約250元号、時の為政者が自らの名前に因んだ元号にした例は皆無だろう。かの「この世をばわが世とぞ思ふ望月の欠けたることも無しと思へば」の藤原道長だってそんな不遜なことはしなかった。しかるに安倍増長は平気でやりかねないのだ。とにかくこんな昏君(フンチュン)、日本史上かつて現れたことがない。みぞゆうである。まだ「安」入り元号と決まったわけではないが、元号が変わって新天皇が即位するというのに、相も変わらず嫌な野郎に引っかき回されるのかと思うと暗澹たる気分、安倍晋三をポ○すべく「易姓革命」が急務である。 (大場光太郎・記)-

57049

ネトゲ・馬鹿が○安を示したら皇太子は嫌な顔をした。国民も皇太子と同じ気持ちである。
http://www.asyura2.com/18/cult20/msg/587.html
投稿者 ポスト米英時代 日時 2019 年 3 月 31 日 06:39:37:

小沢に惨敗して終った馬鹿がCSISサックスに魂を売って拾ってもらい、電通マンサックスがダマスゴミに嘘の支持率を報道させ、ムサシマンサックスが不正集計をして5連勝してきた馬鹿が元号に自分の名前を入れるところまで画策したようだが、馬鹿が八百長で首相になっても意味がなく、ダイヤルアップ時代は小泉サックスに騙された者もいたようだが、その売国の結果もはっきりしたスマホ時代に馬鹿の再登板など国民が歓迎する筈もなく、統計偽装も噴き出る中で自分の名前を元号に入れるとか恥知らずもいいところである。
五年も総理大臣ごっこや総裁ごっこさせてもらったんだからもういいんじゃねという感じである。  

世が世ならば不敬罪で死刑
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2102410.html#more
11:32  大摩邇

http://my.shadowcity.jp/2019/03/post-14971.html
<転載開始>
新元号は『光安』か『康安』だという噂なんだが、皇太子のところに持って行ったら嫌な顔されて、さすがの厚顔の朝鮮愚鈍王アベシンゾーもムッとした表情だったというんだが、「人の嫌がる事は進んでやりませう」の朝鮮愚鈍王なので、ゴリ押しでやるだろう。既に「頭文字はK」という情報が流れている。

「安倍首相が自分の名前の一文字を元号に使うのではないかと噂になっていますが、実際、新元号の候補には、『安』の字が使われたものが残っているようです。候補のひとつは『コウアン』という情報もある。漢字では『光安』か『康安』になると思われます」(大手紙の政治部デスク)
「元号は政府が決めるとはいえ、首相が天皇のおくり名に自分の名前の一部を"与える"なんて、不逞の輩と言うほかありません。普通の感覚ではあり得ないが、傲岸不遜な安倍首相なら、やりかねない。元号に自分の名前の一文字を入れれば、永久に歴史に残ることになりますからね。周囲や有識者が忖度して、安の文字を使ったものを選ぶことも考えられます」(政治評論家・本澤二郎氏)


なんで「安倍晋三」の文字を元号に使ってはいけないかというと、元号というのは天皇の諡(おくりな)になるわけで、臣たる身分でありながら天皇陛下に自分の名を一文字与えるというのは、傲慢不遜にも程があるというか、世が世であれば不敬罪で死刑だわw

【新元号】やはり首相の名前入り?有力候補は「光安」or「康安」情報、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。
-----------------------
魚へんをつけて鮟鱇でどうだ
吊るし切りで鍋に最適
-----------------------
アンコウ さも明るそうなだましの光を照らし
近づいた小魚(貧民)を食い尽くし抹殺するのが得意。
-----------------------
弘安の役
モンゴルが攻めてきそうだなw
-----------------------
今後30~40年間は「株安」決定。
-----------------------
「和牛」とかどう?
-----------------------
「安っぽい時代だったな」と後年思い出される。
-----------------------
時の首相の氏名の漢字は、絶対に使用してはなりません。
天皇の呼称に入るんですよ、「安晋天皇」なんて憲法違反でショ(笑)
天皇号を侮辱することになりますよ。
-----------------------
「あん」は「あん」でも「闇」も「あん」と読むから、
安倍にふさわしいアンは「闇」ね。
-----------------------
↑実は元号で使われる漢字はかなり限定された漢字しか使われてない
意味的にも当たり前すぎるけど、闇なんて120パー使われない
-----------------------
マジで主犯安倍の文字入りの元号とかだったら
主犯安倍の逮捕後に差し替えるべきでしょうね
-----------------------
右翼の諸君出番ですよ
-----------------------
康安は、家康がケチつけた鐘の文字に似てて(鐘銘事件の国家安康)縁起が悪そう。
-----------------------
個人的にはマジでイヤだな「安」
時の首相の意向がダイレクトに反映されるってのがどうにも気持ち悪い
-----------------------
元寇の再来がありそうだな。
康安の役、光安の役。
後世にそう呼ばれることだろう。
尖閣は既に中国の実行支配下、さらに、沖縄も風前の灯火だ。
確か、元寇は対馬から始まったんだよな。
「安」など付く元号にろくなのはない。
というよりも、そもそも自分の名字の一字である「安」など付く元号を提示したとなると、天皇に対する不敬だろう。
-----------------------
どっちもダサすぎて気持ち悪い
元号なんかもうやめろよ
役所の書類も西暦、和暦の記入がバラバラだし統一しろよ
-----------------------
いいよいいよ
新元号は「安」の文字入りと事前に流しておけば
そう決定していても土壇場で「安」の文字入りを避けるからな
いいよいいよ どんどん流せw
-----------------------
事前に流出した元号は、取り消されるじゃなかったっけ。
そうなると、こんな報道は無意味。
-----------------------
↑ならガンガン報道してもらわないと
「光安」or「康安」なんて朝鮮臭さ半端ねえ
-----------------------
↑安倍首相は噂通り朝鮮人なんだろな
-----------------------
バカ安倍は虚栄心のかたまりだからな。
絶対「安」をいれてくるだろ。
ほんとに恥ずかしい、あさましい人間だ。
-----------------------
安禿
-----------------------
これだけ安い予想が多いと外さざるを得ないからな
下痢三残念でした
-----------------------
ええやん「安」入りで
辞めたら改元される総理大臣として
歴史に名前が残る
-----------------------
↑俺も「安」が入ったほうがいいと思う
国民が書類に元号を書き込むたびに安倍政権の悪政を思い出す
良い薬だよ
-----------------------
光安ってw
ネット回線事業者かな?w
次の元号は晋三やろw
-----------------------
安倍は既に安の入った新元号案を皇太子に報告しに行って色よい返事をもらえずに持ち帰っただろ。
でも、強行するつもりのようだな。
考案者は安倍だから、考案者の名前は絶対に明らかにしたくない。
日本会議に漢籍学者はおらんのよね。
だから関係ない他分野の人たちばかりを集めた。
-----------------------
皇太子様も変に政治的思惑がある元号持ってこられたら蹴飛ばせばいいよ
後にその元号つけて呼ばれるようになるわけでな
「安晋天皇」とかイヤだろw 

つーかそんな元号持ってくる次点で不敬罪だわな
(かってネトウヨが野党の某を不敬罪に値するとか主張してたんだから「不敬罪なんて無い」は通用しないぞw)
-----------------------
うちの部長が新元号の情報聞いてきたって。
一文字目は「円」。日本固有の通貨を取り入れるそうだ。
二文字目は「光」。希望の光、明るい未来のイメージらしい。
-----------------------
アベノミクスの効果でこれからもっと景気が良くなることを願って「加計」に決めました
-----------------------
いやいや。流石に「安」は入れない。そこまで幼稚であさはかとは思えん。
せいぜい、「しんぞう」と岸家の「信」からひねって新もしくは進だろうな。
元号に名前入れは、当人とその子孫だけわかればいいのであって、敵対者にわかるように入れる必要はない。
-----------------------
元号および元号発表の私物化なんて、他にいくらでも方法がある。
○元号に自分ゆかりの文字を入れる
 ・安 晋 信 恵 和など
○「元号おじさん」の座を菅から奪う
○発表用紙の揮毫だけでも奪う
○発表前に「おともだち」に漏らす
本当にやるとしたら下の方から。上2つをやらかすほど幼稚だとは思えん。
-----------------------
新元号は「安倍」(あんべ)

これ以外だったら日本終了。
-----------------------

まぁ、ちょっとでも朝鮮愚鈍王アベシンゾー絡みの年号になったら、絶対に使わないけどなw 今でもおいら、西暦しか覚えてない。書類も西暦で書く。

(以上、転載終わり)



| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »