« 【マスコミはなぜ問題にしない】「已む」読めなかった? 安倍首相が歴史的儀式で驚きの大失言〈AERA〉-ようやくメディアが報道 | トップページ | 【上級国民・飯塚幸三】退院しても逮捕されず 高級官僚上がりで原子力村+安倍晋三つながりは何をやらかしても安泰だぁ »

【耳寄りな話】麻生大臣「深刻な身体機能の低下」その顕著な例が難聴、50万円超高級補聴器を使用中←政治家としてオワコンだろ!

-写真週刊誌『フライデー』が麻生太郎副総理兼財務相の「深刻な身体機能の低下」を問題視する報道をしている。その顕著な例が麻生の難聴だという。知らなかったが麻生は、昨今とみに国会や記者会見の場で「聞こえね~よ。大きな声で話せ!」と不機嫌そうに怒鳴り散らすケースがまゝ見られるという。実際麻生は、シーメンス製の50万円もする高級補聴器を装着しているという。そんな高額の補聴器があるとは知らなかった。が、いずれにせよ、耳と目は頭脳の直ぐそばにある器官であり、耳と目の衰えは即頭脳の衰えに直結するのは常識だ。それに難聴の場合、財務官僚のレクチャーや国会の場など政治的に重要な会話をきちんと聞き取れず、理解できない可能性が出てくる。元々麻生太郎は安倍晋三とともに「みぞゆーなアレ」だが、重ねて難聴とくれば高度な政治的判断を誤る可能性がグンと高まる。それにしても「みぞゆー二人組」がかくも長い間日本の政治を壟断するとは思いもしなかった。2012年12月巨大不正総選挙で政権奪取以来、ずっと安倍晋三総理、麻生太郎副総理のままだからな。そして今やこの二人は国内的にはもとより国際指名手配級のならず者として知られている。こんな者たちをいつまでも政権中枢に据えていてはいけない。害毒垂れ流し限りなしだ。ツートップのうちの一人がダメになればもう一人の命脈も尽きる。ともすれば我々は安倍晋三の失脚ばかり願いがちだが、安倍は想定外にしぶとい。当年78歳という不動のNO.2麻生太郎の失脚の方がより現実的かもしれない。 (大場光太郎・記)-

【阿修羅掲示板投稿へのコメントより】

1. 赤かぶ[13861] kNSCqYLU 2019年5月19日 12:27:12 : 48FW7XOL3U : ODEvY0JSVUxLeU0=[3926]

猪又万太郎 @mujyaki7

もう隠居してぇ愛人の雀部敏子ママと
仲良く飲んだくれればいいじゃん!
俺の祖父もそうだったが耳が聞きづらく
なってボケが進んだから麻生のおっさんも
もうボケ始めてっぺ!

麻生大臣「深刻な身体機能の低下」 50万円超高級補聴器を使用中 | FRIDAYデジタル https://friday.kodansha.co.jp/article/46998 

 もう隠居してぇ愛人の雀部敏子ママと
 仲良く飲んだくれればいいじゃん!
 俺の祖父もそうだったが耳が聞きづらく
 なってボケが進んだから麻生のおっさんも
 もうボケ始めてっぺ!       ↑↑

 そんなことは ありません 元々 ボケです。

57241

麻生大臣「深刻な身体機能の低下」 50万円超高級補聴器を使用中(FRIDAY)
http://www.asyura2.com/19/senkyo260/msg/881.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 5 月 19 日 12:25:05:

57238
※画像クリック拡大

麻生大臣「深刻な身体機能の低下」 50万円超高級補聴器を使用中
https://friday.kodansha.co.jp/article/46998
2019年05月15日 『FRIDAY』2019年5月10・17日号より

会見で「聞こえねぇ!」と怒鳴り散らすのは身体能力の低下に原因が

57239

4月11日、トレードマークのボルサリーノをかぶって外遊に向かう麻生太郎氏。この日はご機嫌だった

「聞こえね〜よ! 大きな声で話せ!」

麻生太郎副総理兼財務大臣(78)が不機嫌そうにそう怒鳴り、周りの人間に当たり散らすのは、最近の国会や記者会見ではすっかりおなじみの光景だ。以前から、がらっぱちな麻生氏ではあるが、このところの態度は、やや度を越している。実は、その原因が同氏の「体調」にあるのではないかという疑いが浮上した。

下の写真を見てほしい。これは昨年の衆院本会議に出席した麻生氏の写真だが、左耳には補聴器が装着されている。補聴器に頼らねばならないほど、身体機能が低下しているということではないか。

「驚きました。毎日国会で取材と撮影をしていますが、麻生氏が補聴器を付けているなんてまったく気が付きませんでした」(国会カメラマン)

麻生氏の知人はこう語る。

「しばらく前に会った際、麻生さんが『実は俺の補聴器はシーメンス製で50万円もする高級品なんだ』と言っていたんです。高価なものを使わないと聞こえないほど耳が悪くなっているのでしょう」

耳だけではない。麻生氏は最近、体調面の不安を隠せなくなってきている。

「年齢の割には健康そうですが、寄る年波には勝てません。最近は『外遊がキツイ』と周囲にこぼしていますし、帰国してグッタリと椅子にもたれかかる姿も目撃されています。本人も衰えを自覚しており、滋養強壮剤を飲んだり、毎週自宅に医師を呼んだりして、体調管理に注意しているようです」(麻生派中堅議員)

本誌が補聴器の件について麻生事務所に質問すると、「加齢だけでなく、(過去に)鉄砲を撃っていたために、左耳がほとんど聞こえなくなっている」という趣旨の回答が返ってきた。麻生氏はクレー射撃の日本代表選手としてモントリオール五輪に出場した経験がある。耳がよく聞こえないのは年齢というよりも、その競技生活が原因というのである。

いずれにしても補聴器を付けていること自体は問題ではない。重要なのは麻生氏が政権のナンバー2であり、その言動が国政を左右しうる立場にある人間が、「聞こえねぇ!」とイラついて怒鳴り散らしていることだ。

「年を取れば誰でもどこかが悪くなる。麻生さんはそれに精一杯、抗(あらが)っている印象です。衰えを自覚したうえでそれに負けないよう頑張るのは結構なのですが、過剰に無理をして周りに迷惑をかけることは慎まなければなりません」(政治アナリスト・伊藤惇夫氏)

自らの「引き際」を間違えないというのも、政治家に必要な資質ではないか。

57240
一見目立たないが、ごく小型の補聴器が左耳に装着されている。引退し、長男・将豊氏(34)に後を継がせる計画も浮上している

(以上転載終わり)

|

« 【マスコミはなぜ問題にしない】「已む」読めなかった? 安倍首相が歴史的儀式で驚きの大失言〈AERA〉-ようやくメディアが報道 | トップページ | 【上級国民・飯塚幸三】退院しても逮捕されず 高級官僚上がりで原子力村+安倍晋三つながりは何をやらかしても安泰だぁ »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【マスコミはなぜ問題にしない】「已む」読めなかった? 安倍首相が歴史的儀式で驚きの大失言〈AERA〉-ようやくメディアが報道 | トップページ | 【上級国民・飯塚幸三】退院しても逮捕されず 高級官僚上がりで原子力村+安倍晋三つながりは何をやらかしても安泰だぁ »