« 【超重要情報】2020年までに波動を上げない人は生き辛くなる 他 有馬薫氏の「波動の話」3動画 | トップページ | 【究極の売国奴】安倍晋三 「トランプ閣下、貴国から農産物と牛肉を大量に輸入しまちゅ。が、7月の選挙が終わるまで待っててくだちゃい」 »

波動を上げる具体的な方法

-前回は、有馬薫さんの波動に関する3動画を一挙掲載した。その一番目の動画は「2020年までに波動を上げない人は生き辛くなる」ということだった。これから2020年まで地球自体の波動が急上昇していくからその波動についていけない人はキツイし、苦しくて生き辛くなるという内容だった。私自身、確かめる方法がないから半信半疑のところはある。が、地球全体の波動が上がりつつあるというのはなんとなく納得できる面もある。その一つは世の中全体のスピード化である。身近なところでパソコンだ。20年前、10年前とは比べ物にならないほどパソコンの機能・性能がアップしている。これはテクノロジーの全分野で起きていることである。これらは地球世界の波動上昇と決して無関係ではないのだろう。さて実は私は「波動」には並々ならぬ関心を抱いている。だからこうして波動に関する話題を続けて取り上げるわけである。ここで波動などといえば漠然としているとすれば、これを「エネルギー」と置き換えてもいい。そして私たちが常に自覚すべきなのは、その時々の自身の波動を決定しているのは「思考」であり「感情」であるということである。だから波動は思考とイコールであり感情ともイコールであるということである。ここで思考をコントロールすることは極めて難しい。が、「引き寄せの法則」で有名になったエイブラハムによると、感情はそうではないという。それのみか、感情は私たちに生来的に備わった「ナビゲーション・システム」だというのだ。プレアデス+は「感情は1マイルもの鍵盤のあるピアノのようなもの」とびっくりのことを述べているが、エイブラハムによると感情は大別すれば「気分がいい感情と気分が悪い感情の二つしかない」という。だからこそのナビゲーション・システムなのである。もちろんいい感情は高い波動、悪い感情は低い波動なわけである。「明るくていい気分、これより大切なことは何もない」(エイブラハム)。この「いい気分」を出すためにどうすればいいのか。今回ご紹介するのはその具体的な方法である。動画提供は「L.W.びこ」さん。ごく最近見つけたのでこの人の経歴等は何も分からない。が、欧米系の綺麗な人で歯切れの良い口調はそれだけで説得力がある。視聴して損はないこと請け合いである。  (大場光太郎・記)-

波動を上げる方法  L.W.びこ



(転載終わり)


|

« 【超重要情報】2020年までに波動を上げない人は生き辛くなる 他 有馬薫氏の「波動の話」3動画 | トップページ | 【究極の売国奴】安倍晋三 「トランプ閣下、貴国から農産物と牛肉を大量に輸入しまちゅ。が、7月の選挙が終わるまで待っててくだちゃい」 »

アセンション情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【超重要情報】2020年までに波動を上げない人は生き辛くなる 他 有馬薫氏の「波動の話」3動画 | トップページ | 【究極の売国奴】安倍晋三 「トランプ閣下、貴国から農産物と牛肉を大量に輸入しまちゅ。が、7月の選挙が終わるまで待っててくだちゃい」 »