« 佐藤浩市を批判する百田尚樹ら“安倍応援団”に批判殺到「バカな連中」「三流愛国者達」 | トップページ | 【耳寄りな話】麻生大臣「深刻な身体機能の低下」その顕著な例が難聴、50万円超高級補聴器を使用中←政治家としてオワコンだろ! »

【マスコミはなぜ問題にしない】「已む」読めなかった? 安倍首相が歴史的儀式で驚きの大失言〈AERA〉-ようやくメディアが報道

-生前退位の儀という憲政史上最初の重要な儀式の場で、安倍晋三は歴史的な大失態を演じた。「天皇、皇后両陛下には末永くお健やかであらせられますことを願っていません」と、やらかしたのだった。「已(や)みません」を「已(い)ません」と読み間違えたのだ。祝福の辞が真逆の「呪いの辞」となる決定的な大ミスだった。が、正確な報道を旨とすべき大手メディアはなぜか沈黙を守っている。安倍首相の動向に関しては最大漏らさず動画アップしてきた首相官邸ホームページも、この儀式に限っては動画をアップせず、安倍の読み上げた原稿文のみ掲載している。もちろんそれには「願ってやみません」と正確に読んだことにしている。大手新聞も右ならえ。この国では今や上皇陛下や天皇陛下より安倍晋三閣下の方が偉いのか、さては安倍晋三は既に「第三の国体」にでもなったのか、と錯覚を覚えるほどに面妖な話である。そんな中、右翼団体の「一水会」が安倍の誤読に対して強く抗議し、「一水会こそ真の保守団体」との名声を高めた。「安倍国体」が傷つけられたとなると目くじら立てて怒る、櫻井よしこや百田尚樹ら似非ウヨ言論人、有名人らは、漢字読めない御大の大醜態にはまるで知らんぷり。本転載記事のタイトルには「ようやくメディアが報道」とあるが、そのメディアとは朝日新聞系列週刊誌「AERA」であり本転載文はその中の記事なのだ。つまりこの歴史的誤読事件をまともに取り上げたのは今のところ週刊誌「AERA」一誌だけ、大手新聞や各テレビ局はスルーというはなはだお寒い状況なのである。ネットでは阿修羅掲示板や各自ブログ、ツイッター等で大拡散されているというのに。つまりは、出来損ないの安倍国体に一々忖度してしまう「新聞・テレビなどもういらなくね」という話になるのである。 (大場光太郎・記)-

「已む」読めなかった? 安倍首相が歴史的儀式で驚きの大失言〈AERA〉-ようやくメディアが報道
http://www.asyura2.com/19/senkyo260/msg/775.html
投稿者 JAXVN 日時 2019 年 5 月 16 日 10:19:52:

「「已む」読めなかった? 安倍首相が歴史的儀式で驚きの大失言〈AERA〉
5/15(水) 17:00配信

 4月に行われた「退位礼正殿の儀」歴史的な儀式での、安倍首相の失言が世間を騒がせた。ミスは誰にでもあるが、それを防ぐ準備は十分だったのか? 首相の姿勢が問われる。

*  *  *
 4月30日、「退位礼正殿の儀」で、安倍晋三首相はおそらく歴史に残る大失言をしてしまった。それが起きたのは「国民代表の辞」のほぼ末尾だ。

「天皇、皇后両陛下には末永くお健やかであらせられますことを願っていません」

 これでは、国民の大多数の願いとは全く逆だ。

 文書として公表された「国民代表の辞」には当然、「願ってやみません」とある。なぜこんな間違いが起きたのか。動画で確認すると、安倍氏は懐から出した文書を読み上げたのだが、「あられますことを願って」まで進んだところで一瞬口ごもり、その後で「あらせられますことを願っていません」と発言していることがわかる。

「願ってやまない」の「やむ」は「已む」と書く。「己」や、十二支の「巳」と紛らわしい字ではある。安倍氏が手にした原稿では教養のある官僚が漢字で書いていたため、なんと読むかためらって、「願っていません」と言ってしまったのではないかとも思われる。

 安倍氏は2017年1月24日、参議院本会議で蓮舫議員に対し「訂正でんでんという指摘は全く当たりません」と答弁した。これは「云々」を、「伝々」と誤って覚えていたようだ。もし「国民代表の辞」の原稿にひらがなで「願ってやみません」と書いてあったのに「願っていません」と言ったのなら、安倍氏は「願ってやまない」という言葉を知らないほど語彙が乏しいのか、意図的に変えたのか。どちらも少々考えにくい。

 当意即妙が求められる国会答弁なら「でんでん」も笑い話で済むが、今回の舞台は憲政史上初の儀式だ。その重要な場で国民を代表し、天皇、皇后両陛下に直接あいさつをするのに、下読みも十分にしなかったなら、怠慢の極み。皇室に対する敬意を欠いていると言われても仕方が無いだろう。

 だがテレビや翌日の新聞は、公表された原稿の内容を伝え、言い誤りはほとんど報じなかった。記者が聞き耳をたてず、発表文書に頼る風潮を示しているように感じられる。

 私が5月3日に動画サイト「デモクラ・テレビ」の討論番組で「あきれた失言」と話すと、他の出演者は「それは初耳」と驚いていた。その後、右翼団体「一水会」が6日ごろからインターネットで批判を始めるなど、言い間違いへの非難は徐々に広がっている。

 このように趣旨が逆転する失態が起きた例としては、1899年5月24日の読売新聞社説がある。原稿には「全知全能と称される露国皇帝」とあったのが、「無知無能と称される露国皇帝」と誤植された。主筆が毛筆で右肩上がりの崩し字を書いたため「全」が「無」に見え、活字を拾う工員が間違えたのだ。国際問題にもなりかねず、同紙は訂正号外を出し、ロシア公使館に釈明、陳謝して事なきを得たという。

 1631年にロンドンで発行された「姦淫聖書」事件も有名だ。十戒の一つ「汝姦淫すべからず」の「not」が脱落し、「姦淫すべし」となっていた。教会は組織をあげて回収、焼却したが、残った数冊は今も珍書として高価で取引される。出版元の主は300ポンド(現在の価値で1500万円に相当か)の罰金を科されたが支払えず、投獄され獄死したという。

 戦前の日本では皇室に対する不敬罪があり、「天皇陛下」を「階下」と誤植して出版禁止の行政罰をうけた出版社もあった。新聞社は「天皇陛下」の4字を一つにした活字を作るなどして過失の防止に努めた。幸い、今の日本には不敬罪はないが、国民を代表しながら「未曽有」の失言をしたのはなぜなのか。安倍氏はそのいきさつを国民に釈明するべきだろう。(ジャーナリスト・田岡俊次)」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190514-00000027-sasahi-soci

民主党政権だったら当日に全メディアが大騒ぎしていたでしょう。こちらは半月たってようやく、でした。

(以上転載終わり)
 

 

|

« 佐藤浩市を批判する百田尚樹ら“安倍応援団”に批判殺到「バカな連中」「三流愛国者達」 | トップページ | 【耳寄りな話】麻生大臣「深刻な身体機能の低下」その顕著な例が難聴、50万円超高級補聴器を使用中←政治家としてオワコンだろ! »

マスコミ、ダマスゴミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 佐藤浩市を批判する百田尚樹ら“安倍応援団”に批判殺到「バカな連中」「三流愛国者達」 | トップページ | 【耳寄りな話】麻生大臣「深刻な身体機能の低下」その顕著な例が難聴、50万円超高級補聴器を使用中←政治家としてオワコンだろ! »