« 【世紀のチョンボ】安倍晋三「両陛下には、末永くお健やかであらせられますことを願っていません」だと!? | トップページ | ディープ・ステートとは? »

夢をあきらめないで 岡村孝子


http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2105891.html#more
21:52  大摩邇

https://www.youtube.com/watch?v=T74R5wqW36M


Dizzy Heights
2018/04/02 に公開
liberté   takako okamura


乾いた空に 続く坂道
後姿が小さくなる
優しい言葉 探せないまま
冷えたその手を振り続けた

いつかは皆 旅立つ
それぞれの道を歩いていく

あなたの夢を あきらめないで
熱く生きる瞳が好きだわ
負けないように 悔やまぬように
あなたらしく輝いてね

苦しいことに つまずくときも
きっと上手に越えて行ける
心配なんて ずっとしないで
似てる誰かを愛せるから

切なく残る 痛みは
繰り返すたびに薄れていく

あなたの夢を あきらめないで
熱く生きる瞳が好きだわ
あなたが選ぶ 全てのものを
遠くにいて信じている

あなたの夢を あきらめないで
遠くにいて信じている


liberté     takako okamura
Walking down this slope under the dry sky
I watched you move away from behind
Unable to seek out gentle words
I was waving my cold hand

Someday, everyone will go on a journey,
making their own way

Don't give up your dreams
I like your passionate gaze
So you won't lose out, won't have regrets
Keep shining the way you are

Even when toppling over painful things
You can certainly overcome it
Don't be worried about such things
So I can love someone like you

The pain that strikingly lingers
Will go away in the long run

Don't give up your dreams
I like your passionate gaze
Each and every thing you choose
I'll believe in from a distance

Don't give up your dreams
I'll believe in from a distance


(以下転載省略)

人気女性デュオ『あみん』の岡本孝子 急性白血病公表し4公演が中止になる
https://news.nicovideo.jp/watch/nw5192328

元人気女性デュオで現在シンガーソングライターの岡本孝子さんが2019年4月22日『急性白血病』と明かした。

自身のオフィシャルサイトに「皆様の前に必ず元気に姿で戻ってまいります」とつづり長期療養にはいるという。

そのため、予定されていた4公演が中止されるが、ニューアルバム『fierte』は来月22日に予定通り発売する。

ファンも待ち続けていることだろう。

画像出典:岡村孝子オフィシャルサイト 
57220

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:岡村孝子さんが急性白血病公表「必ず戻る」 ツアー4公演は中止に – 毎日新聞
画像出典:岡村孝子オフィシャルサイト
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)



【私のコメント】

 大摩邇サイトにたまたまこの歌が載っていた。何気なく聴いてみたところ、以前どこかで聴いたことのある歌であり、じっくり聴いてみたところなかなか良い歌なので転載紹介を思い立ったのである。

 私自身、この歌自体うろ覚えであり、歌っている岡村孝子については名前を知っているくらいで具体的な活動内容などは何も知らなかった。土台「変わり者」の私は、大正、戦前昭和、オールディズ昭和三十年代前半あたりまでの童謡、叙情歌、懐メロ大好き人間。最近のニューミュージック、Jポップスなどにはとんと疎いのである。

 それではあまりにも失礼と、にわかに岡村孝子周辺のネット情報を少しだけ検索してみた。その結果、なんと1980年代前半、『待つわ』で一世を風靡した女性デュオ「あみん」の一人だったというではないか。二人は少ししてデュオ活動を中止していたものの2007年再結成、ただし現在岡村はソロ活動している、ということのようだ。

 さらに驚きは、その岡村孝子(57歳)が(二番目の転載記事どおり)先月22日、急性白血病に罹患していることを明かしたというのだ。おそらく唐突とも思われる大摩邇サイトの『夢をあきらめないで』動画投稿はその事実を受けてのものだったのだろう。今具体的な名前を思い出すことは出来ないのであるが、ここのところ急性白血病にかかる有名人が多い印象である。福島第一原発事故との因果関係は定かではないながら気になるところである。

 ともあれ、そのような事実を知ってからこの歌を聴き直すとそれを知る前とはまた違って感じられてくる。

『夢をあきらめないで』。もっと後年の歌かな、と思っていたが、1987年発表だそうである。今でも鮮度十分だが、つい最近終わった平成のさらに前、昭和62年の歌なのである。歌詞、曲ともに岡本孝子自身が手がけたようだ。詞と曲を作ってそれを自分で歌う。絵に描いたようなシンガーソングライターの典型である。岡本はほとんどの歌でそのスタイルを貫いてきたという。大変な才能である。

『夢をあきらめないで』。「夢」と日本語で表現するより「dream」と表現したくなるような現代的なしゃれた感覚で夢をとらえている。夢の翼に乗って空に舞い上がりそうな軽快なメロディである。

 大摩邇は泣く子も黙るジャスラック(日本音楽著作権協会)も恐れず、この歌の歌詞を表記してくれている。(たまに当ブログをジャスラックが訪問することがあるのだが)当ブログでもそれに気を大きくしてそのまま転載した。(※以前何度か記事にもしたが、私の身近だった人が著作権保護期間中の歌詞を不用意にブログに転載し、ブログ全削除の憂き目に遭った“事件”があった)。

 この歌詞にじっくり目を通していただきたい。歌詞がまたすばらしいのである。一時期「人生の応援歌」ともてはやされたことがあったという。なるほど確かに。“お気に入り”に入れて、心が落ち込んだ時など聴けばこの人の「天使の歌声」に癒され、励まされることだろう。

 末尾ながら。岡村孝子さん。難病とされる急性白血病。が、渡辺謙などのように完治する例も多くあるという。早く完治され、更なる高みを目指した音楽活動が再開できますよう、蔭ながらお祈り申し上げます。

 あなたの夢を あきらめないで!

 (大場光太郎・記)



|

« 【世紀のチョンボ】安倍晋三「両陛下には、末永くお健やかであらせられますことを願っていません」だと!? | トップページ | ディープ・ステートとは? »

名曲ー所感・所見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【世紀のチョンボ】安倍晋三「両陛下には、末永くお健やかであらせられますことを願っていません」だと!? | トップページ | ディープ・ステートとは? »