« 【毎度お騒がせ】タンカー偽旗テロ攻撃 米政府はタンカー攻撃で反イランの宣伝を始めたが、早くもほころび | トップページ | 【緊迫イラン】タンカー襲撃犯が判明&天木直人氏ら米国大使館前で抗議 »

【ルーマニア革命7日間】チャウシェスク夫妻処刑に至るまでのこの映像は命がけで撮影した世界史に残る市民革命の貴重な記録!

-今回ご紹介するのは1989年12月に起きたルーマニア市民革命の7日間の記録映像である。翌1990年、NHKが『チャウシェスク政権の崩壊』と題して放送したドキュメンタリー番組の再放送(2019年1月)だという。ごらんになった人がいるかもしれないが、平成の終わりにあたり平成時代に起きた主な世界的大イベントの再放送シリーズの一環として放送されたようだ。当ブログでも安倍現政権に絡めてチャウシェスク夫妻の処刑シーン画像を公開したことがあるが、私自身はそれに至るプロセスを詳しく知っていたわけではない。今回そのルーマニア革命が1989年と知って、『あゝ平成元年に起きたことだったのか』と認識を新たにした次第である。同ドキュメンタリーは2人の市民カメラマンによる当時の7日間の記録映像を元に構成されている。半歩前へ氏文によると、それは「裏切り、暗殺、諜報、秘密警察、密告が横行した恐怖政治にピリオドを打った」7日間だった。がしかし、チャウシェスク独裁政権が倒れても市民たちの要望に応える新政権がスムーズに樹立したわけではなかった。チャウシェスク夫妻逃亡を受けて新政府作りが始まったものの議論百出、なかなかまとまらない共産党本部内の様子、外の大広場で待ち受ける膨大な数の首都ブカレスト市民たちの様子、チャウシェスク残党が突如物陰から発砲し市民たちが逃げ惑う様子などを映像は克明に撮り続けていく。市街銃撃戦は3日間も続いた。やがてチャウシェスク夫妻は捜し当てられ逮捕、それを境に銃撃戦は終息の方向に向かうがこれによって多くの市民が死傷した。ルーマニア市民革命は市民たちの流血を伴った血みどろの闘争だったのだ。銃撃で命を失うかも知れない、だが市民たちは圧政へのレジスタンスをやめなかった。地方からも若者たちが続々と駆けつけ地下鉄ホームをねぐらに闘争に加わった。チャウシェスク夫妻が既に処刑された12月25日クリスマス、1人の老市民が「あのイヤな夫婦のいないクリスマスはすばらしい」と語ったのが印象的だった。さあそこでいきなり現在のわがニッポンの状況である。この国にもいるよねぇ、「イヤな夫婦」が。安倍晋三&昭恵夫婦はチャウシェスク夫婦に迫るような独裁的な好き勝手をし放題である。どうすんの、これ以上なおのさばらせておくの?結論は「のさばらせておく」となるのだろう。今の「アホン人」は政治に無関心、安倍夫婦を放逐するような熱意もパワーもないもの。こんなアホン人、人類史上かつて現れたことがない絶滅危惧の珍種であろう。 (大場光太郎・記)-

57349_1

57350

57351_1

この映像は命がけで撮影した世界史に残る市民革命!
https://85280384.at.webry.info/201906/article_125.html

2019/06/16 00:17 半歩前へ

▼この映像は命がけで撮影した世界史に残る市民革命!

 1989年12月、世界史に残る市民革命が起きた。

 ルーマニアで長期にわたって独裁をほしいままにしたチャウシェスク政権が倒れた。

 裏切り、暗殺、諜報、秘密警察、密告が横行した恐怖政治にピリオドを打った。

 国家の富をチャウシェスクが独裁。

 便所のドアノブに至るまで純金製を使うなど贅沢の限りを尽くした。

 そんな共産党一党独裁が音を立てて砕け散った。

 これは2人の市民が命懸けで撮影した貴重な映像である。歴史的な記録だ。

詳しくはここをクリック
https://www.youtube.com/watch?v=GXuLTxxKrqw


チャウシェスク政権の崩壊|市民が撮った革命の7日間


57351
OZZY-ZOWプロジェクト【ハードル下げer】 @OzzyZOW

えっと、この人しってます?
チャウシェスクさんっていうひとなんですけど、むかーしルーマニアのアタマ張ってた人なんですけどね。https://www.youtube.com/watch?v=tUKCckRQDK8 



OZZY-ZOWプロジェクト【ハードル下げer】 @OzzyZOW

共産主義政権にありがちな風味の流れをたどって、民主化運動→革命軍により処刑って運命を辿ったひとなんですが。https://www.youtube.com/watch?v=GXuLTxxKrqw 


57352
57353
57354
57355
YAF @yagainstfascism

NHK「チャウシェスク政権の崩壊」(1990年の再放送 https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/41/1845565/ )がよかった。革命の7日間を撮影した2人の市民のテープを基にした番組。大群衆がWE ARE THE CHAMPのメロディで歌う「チャウシェスクはもういない」も凄い。独裁政権崩壊時の解放感はこんな風なんですねー。イメトレするか。笑


57356
57357
57358
57359
YAF @yagainstfascism

NHK「チャウシェスク政権の崩壊」。革命直後の救国戦線本部内や銃弾の飛び交う市街戦のような緊迫した場面もとても貴重で重要ですが、独裁者を打倒した革命を守るために地方から駆けつけた人たちや、市民の「自由」への思いが伝わるやりとりがとても素晴らしい。自由万歳。



YAF @yagainstfascism

NHK「チャウシェスク政権の崩壊」。
とりあえず今年のクリスマスには日本でもこれを言いたいですね。
「あのイヤな夫婦のいないクリスマスはすばらしい」。笑 
とてもよくわかります笑


NHKドキュメンタリー @nhk_docudocu

【27日午後】平成に起きた出来事を振り返るシリーズ。平成が始まった1989年、東欧諸国では民主化転換が相次いだ。中でも“流血革命”となったのがルーマニア。
「チャウシェスク政権の崩壊」(初回放送1990年)を再放送。[総合]
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/41/1845565/ 


(以上転載終わり)

|

« 【毎度お騒がせ】タンカー偽旗テロ攻撃 米政府はタンカー攻撃で反イランの宣伝を始めたが、早くもほころび | トップページ | 【緊迫イラン】タンカー襲撃犯が判明&天木直人氏ら米国大使館前で抗議 »

真実の近現代概略史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【毎度お騒がせ】タンカー偽旗テロ攻撃 米政府はタンカー攻撃で反イランの宣伝を始めたが、早くもほころび | トップページ | 【緊迫イラン】タンカー襲撃犯が判明&天木直人氏ら米国大使館前で抗議 »