« 【山本太郎落選】世界は今良い方向に向かいつつある中、島国日本の悪魔勢力は依然猖獗を極めているということである | トップページ | 【れいわ奇跡の躍進】山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味 次の衆院選では最注目の党首に »

【れいわ山本太郎】「どこまで自民の尻なめるのか」とNHKなどマスコミを痛烈批判 太郎はじめ全員が次の衆院選に意欲満々だぞ 待ってろよ、安倍晋三&国内悪魔勢力!

-山本太郎は比例票を100万票近く集めた。が、比例史上最高得票で落選した。山本が選挙中どこかの演説会場で「独自調査して山本太郎と書いてくれる人が4%いることが分かった。それで比例3位に打って出たんですよ」というように話したのとはまったく整合性の取れない奇妙奇天烈な結果となった。東京選挙区の野原義正候補の20万票余というのも奇妙だ。最低でも6年前の山本太郎の獲得数66万票と同じくらいでなければおかしい。公明党代表山口那津男が創価学会の異端児に追いまくられているという絵柄を創価内外に見せたくなかった、それともう一つ山口は共産党の吉良よし子に順位的に負けるのではないかそうすると何十年ぶりの大椿事となると囁かれていた、そんなこんなで山口をごらんのとおりの順位と票数にするしかなかった、もちろんムサシを使って大かたきの野原票を分捕ってつじつま合わせしたわけである。それと維新の音喜多某が6位に食い込んだことも不正のにおいぷんぷんである。総体的に維新を改選前の13を16に伸ば「させ」た。これは改憲勢力2/3に少しでも近づけるための国内戦争屋悪魔勢力のシフトなのだろう。野原票が音喜多(それと自民の武見)に流された可能性が疑われるのである。このように疑わしい点が次から次へと浮かび上がってくるのが、今の電通ムサシ集計システムなのである。それを見越してそれをかいくぐって当選しなければならないのだから、野党側のチャレンジャー候補たちは幾重にも大変である。さて今回は開票日夜のれいわ新選組開票センター会場の一場面を収録した動画の内容紹介記事の転載である。不正選挙の実態など私などよりずっと深く認識しているであろう山本太郎代表はじめ各候補者たちはまったくめげることなく意気軒昂である。10分強の動画だが視聴しているこちらが元気になってくる。最後の方で山本代表が「衆院選にも出ていただけるんですか?」と一人ひとりにマイクを向けた。皆力強く同意の決意を短く語った。最後の蓮池透氏だけは、「仮定の質問にはお答えできません」との政治家ギャグをぶちかまし会場の爆笑を誘った。皆次なる衆院選に向けてピタッと照準を合わせている。山本太郎をはじめその闘志で全員が国会議員になるまで戦い続けてもらいたいものである。雨ニモ負ケズ不正ニモ負ケズ、の不屈のれいわ新選組魂だ! (大場光太郎・記)-

【追記】
 うっかり忘れるところだった。れいわ新選組は比例得票率で4.53%を獲得し、2%という政党要件を軽くクリアーした。今後のことを考えればこれは大きい。山本太郎は落選中とはいえ、NHKなど各テレビ局の党首討論番組に党代表として出席し、国民に広く政策等を訴えることが出来るのである。

関連記事
れいわ新選組 山本代表「大きく前進 衆院選に出るしかない」
http://www.asyura2.com/19/senkyo263/msg/495.html
比例代表で山本太郎票が山田太郎票にバーコードで誤認識集計されている可能性大
http://www.asyura2.com/19/cult21/msg/828.html

「2匹のトラが安倍晋三首相に食いかかる」イランや韓国などの厳しい外交関係に悩まされて、舵取りを誤れば、次期総選挙で自民・公明連立政権は大敗、崩壊する可能性が大である(板垣 英憲)
http://www.asyura2.com/19/senkyo263/msg/500.html
投稿者 笑坊 日時 2019 年 7 月 22 日 11:15:53:

https://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/e24271d5d36655879467ee922ffc9f79
2019年07月22日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆〔特別情報1〕
 「2匹のトラが安倍晋三首相に食いかかる」-米トランプ大統領と韓国の文在寅である。第25回参院議員選挙7月21日投開票が行われた結果、自民・公明連立政権が、改選議席77議席には届かなかったものの、改選議席の過半数を獲得した。しかし、安倍晋三首相が宿願としてきた「改憲勢力3分の2=85議席」は、及ばなかった。また、「安定政権を維持できた」ものの、「得意」としてきた「安倍外交」は、イランや韓国などの厳しい外交関係に悩まされて、前途多難である。これらの舵取りを誤れば、次期総選挙(2021年10月21日の任期満了までの間に実施)で自民・公明連立政権が大敗し、崩壊する可能性が大である。トランプ大統領が、日米貿易をめぐり対日要求を突きつけ、中東ホルムズ海峡の安全確保に向けた有志連計画への陸海空3自衛隊の参加、巨額資金提供を要求してくる。日韓関係、悪化の度合いを深めており、最悪の場合、「国交断絶」にもなりかねず、「外交の安倍」の化けの皮が、剥げてしまいかねないため、綱渡りの政権運営を余儀なくされる。

太郎に入れた三百万人を追跡調査すべきである、殆どが野原票になっている筈である。
http://www.asyura2.com/19/cult21/msg/842.html
投稿者 ポスト米英時代 日時 2019 年 7 月 22 日 07:22:30:

電通ムサシCFRは、太郎票もそうだが、野原票を削り過ぎてしまったようである。
太郎票も一千万票の大台に乗っていたのを立憲公明維新に振り分けたような感じだが、それはそれとして削られた太郎票を元に考えると、太郎に入れた者が殆ど野原に入れなかった、地方の者は一人も野原に入れてくれと電話しなかったという数字が17万票という事で、これ一つ取っても再集計を待たずに不正集計があったと馬鹿でもガキでも分かる訳で、小沢嘉田新党の得票をみんなと維新に振り分けたみたいな事を今回もしたようである。  

「どこまで自民の尻なめるのか」、れいわがマスコミを批判(高橋清隆の文書館)
http://www.asyura2.com/19/senkyo263/msg/502.html

投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 7 月 22 日 11:30:55:

http://blog.livedoor.jp/donnjinngannbohnn/archives/2014041.html

2019年07月22日02:50 高橋清隆の文書館

 「れいわ新選組」が21日夜、参院選の開票が進む中で報道陣を前にマスコミを批判した。山本太郎代表はNHKに対し、「どこまで自民党のお尻をなめるのか」、大西恒樹(つねき)氏は通貨発行や財政の仕組みについて「分かってるのか。いい加減にしていただきたい」などと忠告した。

57643 
報道陣の質問に答える山本氏(右)られいわ候補者(2019.7.21筆者撮影)

 東京・平河町のホテル内に設けた同党開票センターには、大勢の報道陣が詰め掛けた。特定枠の舩後靖彦(ふなご・やすひこ)氏の当選が決まった後、朝日新聞の記者から候補者に対して質問があった。

 「マスコミが取り上げない現実がある中、これだけ盛り上がった。古い報道スタイルについて見解を」

 山本氏は「もっとがちんこでけんかしてほしい。明らかにおかしな報道が続いている」と述べ、NHKが20日午後9時から放送した『党首 列島を駆ける~密着17日間の戦い~』に触れ、「どこまで自民党のお尻をなめるんだろう。ひどい内容で、争点が全く見えない。あれ見たら、(自民党に)票入れようかと思う」とやり玉に挙げた。

 大西氏は「税収で政府の借金を返したらどうなるか、分かっているのか。消費税廃止を掲げたとき、そこにロジックがあることに突っ込んでくれ。今の政府・与党の言っていることが本当に間違っていることを分かるようにする、皆さんお仕事はそういう真実を知って、暴くこと」と指弾した。

 信用創造の原理を考えれば、政府が借金をする、すなわち国債を発行をするときにお金が生まれ、借金を返済する、すなわち国債を償還するときにお金が消える。

 大西氏は当選したらマスコミ記者を集めて講義を開こうと考えていたことを明かし、消費増税を批判。「何で米国からMMT(現代貨幣理論)が出て来ているのか理解していない。それでよく報道機関と言える。いい加減にしていただきたい。本当に怒っている」と述べながらも、真実の報道を求めた。

 三井義文(よしふみ)氏は「長年、マスコミの人には何度も話したが、現場では『分かった』と言いながら、何で本社に帰ったらそれが消えるのか。上司に負けている。皆さんがジャーナリストになったとき、真実を伝えたいとこのの職業を選んだはず。いつからサラリーマンになった」と非難した。

 その上で、「こっちががちんこで戦っているところを取材するなら、皆さんもがちんこでやってほしい」と求めた。


 選挙期間中、同党がほとんど報道されなかったことについて山本氏は、「政党要件を考えれば、当然そうなのだが、4億円の寄付がありこれだけ盛り上がりがあれば、現象として取り上げる可能性もあると思うが。社内でいろいろあったのか」と報道陣に逆質問した。会場にいる支持者たちから大きな拍手が起きたが、記者たちは無言になった。

 支持者から、「メディアの人に聞きたい。最初の志はどういう状態になっているか」と発言があった。

 報道陣が沈黙を貫く中、安冨歩(やすとみ・あゆみ)氏がマイクを取る。「この国は人間でなく、立場でできている。立場上の話しかできない。立場が重いほど、その人の意思は関係なくなる」と指摘。

 メディアも社会構造の一角であると説明し、「自由にやっているのは、あまりお金をもらっていないフリーの方。立場上のメディアしかなくなるのは、この方が悪いのではなく、私たちの国が狂っている」と本心を封じる社会構造を批判した。


2議席を獲得!「れいわ新選組」参院選開票・記者会見

※2:45~ 山本太郎代表「どこまで自民党のお尻舐めるだろうみたいな…」 再生開始位置設定済み

高橋清隆 @anti_journalism

記事を掲載しました。 高橋清隆の文書館 : 「どこまで自民の尻なめるのか」、れいわがマスコミを批判http://blog.livedoor.jp/donnjinngannbohnn/archives/2014041.html 

(以上転載終わり)

|

« 【山本太郎落選】世界は今良い方向に向かいつつある中、島国日本の悪魔勢力は依然猖獗を極めているということである | トップページ | 【れいわ奇跡の躍進】山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味 次の衆院選では最注目の党首に »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。