« 昭和天皇と陸軍、原爆 | トップページ | 【気をつけよう気象兵器】超大型人工台風10号襲来 すべては安倍晋三&国内外悪魔勢力の仕業である »

【内なる寄生勢力】天皇・闇勢力による自己植民地化 ~米軍はなぜ日本に存在し続けるのか?

-本転載文で言われている「天皇」とはもちろん昭和天皇裕仁である。が、平成天皇明仁そして令和天皇徳仁も含めて敷衍して考えてみなければならない問題なのではないかと思われる。以下で語られるテーマの中心は今回も太平洋戦争及び戦後間もなくの頃の事であるが、そこでの天皇・闇勢力の不行跡は戦後ずっと令和の今日に至るまで引きずってきている深刻な問題なのである。私自身、数年前まで昭和天皇は平和主義者と信じて疑わなかった。今の日本がこれほど汚辱・腐敗にまみれているのはその下で仕えている政治家、官僚たちの腐敗によるもの、象徴天皇制のもとでの天皇にはなんら責任はないのだ、と。しかしそれは単なる偽装、擬態、擬制なのであり、メディア、御用学者、御用ジャーナリストらによるプロパガンダに過ぎないのかもしれない、と気づかせてくれたのは「ネット」なのである。そこには天皇家の平和的虚像しか流さない通常の新聞・テレビ報道や出版物などではなかなかうかがい知る事の出来ない、天皇及び天皇家の隠された実像が容赦なく暴かれていた。

 代表例は何と言っても明治天皇=(長州田布施朝鮮部落出身の)大室寅之祐説であろう。これは天皇家の万世一系説を覆しかねない大ごとなのだから。そうした天皇関連のネット記事は阿修羅掲示板過去記事等に多く残っているしユーチューブ動画にだってけっこうある。思えば我々が安倍政権の裏側を今のように明確に知り得る上で、阿修羅などのネット情報が果たした役割は多大なものがある。なのに事「天皇及び天皇家」に関しては「そんな情報は嘘っぱちだ」などとどうして言えるだろうか。誰しも我々日本国民は今各方面で意識レベルの向上が求められている。そうでないと例えば、直近の例として安倍晋三&同政権が仕掛けている日韓対立問題に対して、ただ同政権の誤った方向性に振り回されるのみで国民レベルでは何ら解決の方途が見出せないことになる。おそらく本転載記事で指している「天皇・闇勢力」の「闇勢力」の一角として憲法改悪などを通して戦前回帰を目論む安倍政権も入っているはずだ。問題は天皇・闇勢力の「天皇」が極道安倍政権と一切関わりがないのかどうなのか、という事である。原子力村の奥の院は天皇家という噂が根強くある。天皇と闇勢力は一体とみなすべきなのではないだろうか。嫌な事を言うようだが、平和憲法擁護姿勢を貫いた明仁上皇は昭和天皇をそっくり真似たカモフラージュではなかったのか、ということすら考えてみなければならないのである。 (大場光太郎・記)-

【追記】
 本記事のタイトルは当初、

【在日米軍はなぜ今も存続している?】GHQ占領政策が大成果を挙げ米国は駐留米軍を引き上げる予定だった その時、末永く駐留してくれるよう懇願したのは昭和天皇だった

というものだった。後で見返して、元記事タイトルの方がいいかぁ、と順序を少し変えたものにしたのである。

関連記事
【美しくない戦前日本】天皇家は邦人女性数十万人を売春目的で海外に売り飛ばし巨大蓄財の足がかりを得た
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/post-069d.html    (矢印部をクリック)
長州田布施部落出身の大室寅之祐(明治天皇)は果たして南朝の末裔か?
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-262b.html   



天皇・闇勢力による自己植民地化 ~米軍はなぜ日本に存在し続けるのか?・・・内なる寄生勢力~
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2019/08/9097.html#more 
2019年08月03日 日本を守るのに右も左もない

戦後75年にもなろうして、もう100年というのも見えてきた感じだが、
米軍っていったいつまで日本にいるんだろう?
・・・と考えたことはない??

すごい不思議なんだが、
金も力もないフィリピンでさえ、とうの昔に米軍を追っ払ったのに、日本に米軍が居るのは?
アメリカの目当てが日本の金だからか?・・・と少し前までは自分も考えていたが・・・。

にほんブログ村 政治ブログへ

しかし、ここ数年天皇とバックの闇勢力をめぐる事実が明らかになってきて、数々の疑惑が渦巻く太平洋戦争と、その後の日米関係のつながりが見えてきた。

野党政治家も大手マスコミも学者も有識者も決して言わない日本と世界のタブー:天皇の犯罪② より以下引用

・なぜアジア・太平洋諸国民5000万人を虐殺した最大最高の【戦争犯罪人】昭和天皇が【戦争犯罪】を全面的に免責・免罪され戦後の【象徴天 皇制】の天皇に復帰できたのか?
第一の役割は、アジア・太平洋侵略戦争を開始して第二次世界大戦を勃発させる役目。
第二の役割は、敗戦後の日本を植民地として支配・搾取するための【駒】として免責・免罪した昭和天皇を【国民統合の象徴】【平和天皇】として機能 させる役目。

昭和天皇の最大の敵は、戦争中はクーデターの危険性を持つ日本陸軍であり、戦後は共産主義国ソ連と中国であった!
昭和天皇はもしも日本で共産党政権が誕生したり、あるいは ソ連や中国が攻めて来たら、自分は戦争犯罪人として処刑され天皇制は廃止されるとの強い危機感があったのだ。
昭和天皇はマッカーサーGHQ司令官との11回の面談で自分の命と天皇制の存続を米国に永久に保証してもらいたかったのだ。

日本は敗けると分かっている日米開戦になぜ踏み切ったのか? より以下引用
この闇勢力は明治維新という名のクーデターによって、かつ当時、世界の覇権を握っていたロスチャイルドの支援によって権力を手に入れた連中である。従って、彼らが何よりも怖れていたのは、同じくクーデターによって権力を奪われることであり、中でも彼らが最も警戒していたのが強大化し過ぎた陸軍である。従って、ロックとしては陸軍内部の不満分子に決起を促すだけで良い。それだけで、日本の闇勢力は竦み上がる。その上で、「敗けいくさを通じての陸軍潰しと戦後の軍隊廃止」を提案すれば、喜んで乗ってくる。

・・・・・・・
★天皇とバックの闇勢力に同化して考えると、
・日本の天皇・闇勢力の最大の敵は、戦前は陸軍(によるクーデター)だったこと
・陸軍つぶしのため、そして金儲けのために、ロックの提案した太平洋戦争をおっぱじめた。緒戦での大陸からの金塊略奪によって大儲け。
・戦後は、イメチェンして平和天皇の演出(これは、大笑いするしかない)、自国軍をお払い箱にして米軍に駐留してもらう。
・ソ連や中国は、天皇の戦争責任を追及。だから天皇は、日本の左翼化を極端に恐れた。→戦後、天皇の代理人、瀬島龍三・中曽根による国鉄etc民営化と左翼つぶし。
・ソ連が崩壊して、中国も市場化して、共産色が薄くなり、戦争責任もとわれなくなり一安心。
・陸軍はほぼ壊滅したが、旧陸軍勢力もまだ残っている(御巣鷹山etc)。→まだ米軍には残って欲しい。だけど米軍も弱体気味だし、そろそろロシアあたりに代わって貰うか?

※天皇の敵は、北朝鮮でもなんでもない、敵は内部にいるのだ。軍勢力や収奪・寄生の対象である日本人そのもの。

いったいいつまで、この朝貢癖の強い朝鮮王を日本の天皇にしておく必要があるのか?
日本人の追求力と見識が問われる。徹底的に事実を広める。

by Hiroshi

(転載終わり)

|

« 昭和天皇と陸軍、原爆 | トップページ | 【気をつけよう気象兵器】超大型人工台風10号襲来 すべては安倍晋三&国内外悪魔勢力の仕業である »

真実の近現代概略史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昭和天皇と陸軍、原爆 | トップページ | 【気をつけよう気象兵器】超大型人工台風10号襲来 すべては安倍晋三&国内外悪魔勢力の仕業である »