« 【駱駝の瘤にまたがつてw】バカ安倍昭恵 バカップル晋三とともに、親日国イランを無視してカバール中東3カ国を「私人」が国費使って物見遊山 | トップページ | 【希望の便り】国民たち、約束の正規のお金のプレゼントがあるから受取りなさい (by Lena Tatsumoriツイートより) »

【隠された裏真実】米国はじめ世界各地に多くの地下秘密基地が存在している 中にはエイリアンがいる基地もあり、おぞましい実験が行われている 同基地を巡り地下戦争が継続中

-こういう情報に一般人が接することはまずない。世界中の主要メディアが報道することはないからだ。そんな貴重な情報を、アメリカのネットサイトの翻訳を紹介している『日本や世界や宇宙の動向』サイトが取り上げ、『大摩邇』サイトに転載投稿された。日常の安寧のためには知らない方が幸せかもしれない。が、それでは済まされないことでもある。真実は時に苦(にが)いものではあるが、現代に生きる者ならば是非知っておくべき情報であると思われる。さて今回のテーマとは、世界各地に秘密裏に造られている「地下基地」についてである。中でも米国内の地下秘密基地について炙り出している。ネバダ州南部にある「エリア51」(正式名称は「グルーム・レイク空軍基地」)は特に有名だが、1990年代半ばで米国には129もの地下基地があったという。そして年々2つくらい新たに追加建造されていると。ちなみに世界全体では1450基地だそうである。その一つ一つが広大な敷地を有し、他の地下基地と超高速トンネルで連結されているらしい。まさかとは思うが、この「日本にも数ヶ所の地下基地がある」と何年か前聞いたことがある。中にはレプティリアンやグレーなどの邪悪エイリアンが協働していて秘密テクノロジーの提供を受けたり、協同でおぞましい実験をしたりしているという。ロスチャイルドクラスは秘密基地立ち入りはオーケーらしいが、肝心な施設は立ち入り禁止されるという。おそらく地球製UFOや人工地震、気象兵器、クローン技術やタイムマシンに至るまでこうして実用化されてきたのだろう。中には、「人間ブリーダー施設」まである基地があるという。大勢の男女が拉致され、強制的に子供を産まされるのだ。何の目的で?いわずと知れた、地上と地下のサタニスト連中の食糧として。記事の中にも出てくるが、デンバー空港地下基地も重要である。何年か前記事にもしたが、同基地はNWO完成の暁には世界拠点になるらしいのである。同空港には奇妙な壁画が描かれている。そのひとつに、大勢の人々の中心でハンマーを振り上げている少年が描かれているが、これが英国チャールズ王子にそっくりなのである。近未来の英国王「チャールズⅢ」(666)が世界王になるという暗示なのだろうか?「カバールの敗北が決定した」という最新情報を信じたいものである。 (大場光太郎・記)-

米国の地下に造られた秘密基地とは
大摩邇 20:33

日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52048556.html
<転載開始>
以下の情報は米国の地下に建設された秘密軍事基地についてです。
このような巨大施設が米国だけでなく世界中に建設されたようです。
ロシアや中国でも多くの地下施設が建設されたでしょうね。中国では山の山腹に窓が付いているそうです。
山腹に核兵器が保管されているのだとか。。。また海岸沿いには核ミサイルが配備されておりそれらは全て日本を向いているそうです。

これらの地下施設では人間だけでなくエイリアンも働いているようです。地下施設では、私たちが想像すらできないようなおぞましい実験が行われています。地下施設から地上の人間をマインドコントロールしているようですし。
長い記事でしたので全てを訳すことはできませんでしたが、メディアが報道している地上の出来事は地下で行われていることを考えると単なるうわべの出来事です。地球で実際に何が起きているかについて私たちは全く分かっていません。

ところで、ウェス・ペンレ氏によると、地球(当時は巨大な惑星でテラと呼ばれた)はオリオン人が管理していた時は半透明の巨人が地球(テラ)に住んでおり天国のように美しく平和だったのですが、後にテラに急襲してきたシリウス人が巨人と戦い核戦争となりテラは破壊された。その後、オリオン人がテラの一部をよみがえらせ緑の地球にしたが、その後、非常に暴力的で気性の激しいシリウス人に乗っ取られたそうです。シリウス人(残虐で性的暴力が好きで人肉を食べ血を飲む)こそがイルミナティが崇める悪魔ではないかと思うのですが。。。

https://beforeitsnews.com/war-and-conflict/2020/01/the-underground-war-happening-now-deep-underground-military-bases-video-2472371.html 

 

1月14日付け 

(長文ですので詳細は省かせていただきます。)

地下戦争が進行中です。地下深部にある米軍事施設で何が起きているのか。
DUMBシステムと地下戦争について解読しました!
(最初のビデオはサイト内でご覧ください。)

5919

 

米国に存在する巨大地下ネットワークには、食料、水、DNA、種子バンクが大量に備蓄され自律型フリーエネルギーで電力が供給されています。

この地下ネットワークはプロジェクトMK Rand(オルターナティブ2と呼ばれる)によって造られました。

「オルターナティブ3」の本の著者、レズリー・ワトキンズ氏によると、地球の大気の状態について不安視していた科学者らが秘密会議を開催し、差し迫る危機に対応するための3つのオルターナティブズ(代替手段)を生み出しました。

オルターナティブ 1:

世界の僻地(シベリア、アマゾン奥地、オーストラリア奥地、南極と北極)の上空の大気圏上部のオゾンベルトにて核兵器を同時に爆発させて成層圏に穴をあけ、熱と汚染物質を成層圏の外側に放出する。このやり方なら殆どの人が気が付かない。現在、成層圏に穴が開いているのは温暖化が原因ではなく核爆発させたため。

オルターナティブ2:


地球人類の中で最も優れた人たち(従順な奴隷、イルミナティの悪魔崇拝血統のマスターたち)を地下の大規模空洞施設やDUMBに移動させる。

オルターナティブ 3:

月や火星にいるイルミナティの悪魔崇拝血統のトップクラスをサポートする奴隷労働者のために地下に基地や大規模都市を建設する。


59110
 

オルターナティブ 2/プロジェクトMK RANDとは:

 

(ここで言うRANDは、60 mph以上で掘削する原子力レーザー・ボーリングマシンの特許を持つRAND研究所を指す。)

世界中に少なくとも1400ものDUMB基地が存在する。米国では188DUMB基地が存在し毎年2つの地下基地が建設されている。各DUMB基地の建設費は数十億ドル。これにはMI6とCIAが麻薬密輸と人身売買で得た資金が投入されている。各基地には1万人から18千人の労働者が雇用されている。

地下掘削には主に原子力ドリルとニュートロン爆弾が使われている。

地下基地にはコンピュータセンター、巨大サーバー、遺伝子実験室、クローン工場、マインドコントロール研究所、コントロールシステムのMKウルトラの奴隷工場、貯蔵施設、軍隊の訓練施設、DNA種子貯蔵所、制作され放映されたテレビ番組や映画を全て保存する保存庫、新鮮な水の貯留層、極秘兵器、兵器実験施設、先進航空機施設、金保管庫、食料保管庫(数百万人が数百年間生き残るため)、燃料保管庫、空調施設、貯水池、広大な地下湖、食事エリア、病院、都市、豪華なリゾート施設、その他が造られました。 


地下施設の建設方法は省略 

 

  •  米国内に存在する地下施設(基地)の所在地(90か所以上に分布):一部省略

59111

 

アラスカ


1.ブルックス山脈


2と3. Delta JunctionとFt. Greeley


アリゾナ


4.Fort Huachuca:諜報活動訓練、マインドコントロール、遺伝子実験、収容所


5.ルーク空軍基地


6.ゲイツパス基地


7.ギラ山岳域:ユマの東


8.Grand Wash Cliffs


9.GreenValley.


10.ワラパイ山


11.リンコン山


12.レモン山


中略

17.ユッカ山

59112

(ユッカ山の地下軍事施設へ続くトンネルの入り口)

アーカンソー

 

18.ハーディ及びチェロキー村周辺:ハリケーンドリアンが上陸中にホワイトハットの管理下に置かれた。

 

19.Pine Bluff

 

カリフォルニア

  

20.29パーム海兵隊基地(地図上では空軍基地となっている。ホワイトハットの管理下。カリフォルニアの活動拠点)

 

21.China Lake:マインドコントロールと兵器研究所。7月に戦術的核兵器によって機能停止、破壊された。


22.Darwin

  

23.Deep Springs:支配権をめぐる闘争が進行中

  

24.Fort Irwin:これは収容所


25.Edwards Air Force Base(エドワーズ空軍基地

 

26.George Air Force Baseジョージ空軍基地

 

27.Helendale:秘密プロジェクトのテクノロジー.

  

28.ロサンゼルス(テハチャピ山地の近く):イルミナティの秘密プロジェクトの研究施設(エレクトロニクス及びハイテク航空宇宙テクノロジー)

59112_20200118193501

  

29.シャスタ山:先端宇宙テクノロジー、遺伝子実験、磁気、宇宙、ビーム兵器の研究施設 地下800マイルのところにある最深施設。 

30.Kern River(カーン川):ベイカーズフィールド付近


31.Napa Valley:白人奴隷及びマインドコントロール、サテライト通信、レーザー通信

  

32.ノートン空軍基地 

 

33.Quincy


34.Palmdale付近:ハイテク航空宇宙テクノロジー

 

中略


55.Kokoweef Peak – 旧鉱山都市

 

コロラド

 

56.Alamosa

 

57.Book Cliffs

 

58.Boulder:米国民の思考を操るためとMKウルトラの奴隷をコントロールするために電磁マインドコントロール放送を行っている。遺伝子実験及び地下施設のトンネルを作るための地質検査や掘削

 

59.Colorado Springs(カナダと米国のNORAD北米航空宇宙防衛司令部とFEMAがある。)鉄製の地下施設が45棟。数千ものサテライト、ミサイル、潜水艦、その他を追跡。また、多くのMKウルトラ奴隷をコントロールしている。量のスタッフが働いている。–Canada & U.S., & FEMA, hundreds of people on staff,contains at least 4.5

 

60.Fort Collins.


61と62. Denver/デンバー空港(建物は5棟):第三次世界大戦の核戦争後の戒厳令で検挙した人々を収容する大規模強制収容所がある。

科学者らが自らの命を犠牲にして2つの実験室を破壊しディープステートがデッドマン装置を解除するのを阻止した。デンバーの施設は米国内の全ての地下施設の拠点である。

59113   

(DIA DUMBトンネルの出入り口)

 

63.Grand Mesa.:支配権の闘争が進行中

 

64.Montrose–Northof Paradox

 

65.Creede

 

66.Delta.

 

67.ファルコン空軍基地:サテライトコントロール


68.Gore Range Near Lake:ライブラリー兼セントラルデータバンク

 

69.San Juan Valley:野牛放牧地の下

 

70.Telluride.


71.Warden Valley

 

72.Montrose

  

コネチカット

 

73.北西コネチカット

 

フロリダ 

 

74.Pt. St. Lucie:巨大地下施設(ハリケーンドリアン時にホワイトハットの管理下となった。)


ジョージア

 

76~78.アトランタ:FEMAの地域総括局。地下施設は3か所ある。NWOの境界改正地区(10地区のうちの1つ)


79.Thomasville:FEMAの地域統括局。市民の捜索と破壊作戦を実行する集団を訓練。米国で戒厳令が敷かれると、カナダと米国のDUMB基地に配備されたUNISF(国連治安部隊)とUNMNTF(国連多国籍軍)の部隊は、CIAの赤色リストと青色リストに載っている数百万人の米国民を一斉検挙するための軍事行動を開始する。

UNISFとUNMNTFには中国人、ロシア人、ドイツ人、日本人、ウクライナ人、サウジアラビア人、パキスタン人、メキシコ人、ホンデュラス人、サルバドール人、チリ人、ベトナム人の部隊そしてMKウルトラのデルタフォースが含まれる。

 

FEMAキャンプとDUMB基地に大量の米国民が収容され処刑されることになっている。ウォルマートの多くの店舗と軍事基地がFEMAの収容所に改造された。約800万人の国連部隊の兵士が配備されることになっている。エドワード・スノードンによると、戒厳令が敷かれると800万人の米国民が収容所に送られることになる。

 

80.ドビンズ空軍基地:プラスマ、反重力航空機、実験用の航空機と兵器の試験場である。

ハワイ
 

81と82. Ali Manu Crater(アリマヌ噴火口):ハワイ島とオアフ島にかけて分布。軍事施設の下にトンネルがある。核兵器の保管庫。2017年にハワイで核ミサイルが発射されたときからホワイトハットの管理下にある

 

5Gは軍事兵器であり、SWATチームでさえ5Gには無力である。 

 

アイダホ 

 

83.Lower Goose Lake(ロウワーグース湖)(オークリーワックンハットエリア)の周辺にはイルミナティが運営しているNWOの地下刑務所(7100室の独房)がある。ここに極悪の連邦囚人が投獄されている。

この刑務所のど真ん中をトラップが走行している。食料とシャワーはトラックの中で得られる。囚人は州に1度のシャワーが許される。最小限の照明しか使えない。一言でも言葉を発したら激しく殴打され気を失うことになる。 

 

84.南中央アイダホ(Twin FallsとIdaho Fallsの間のスネイク川の地下に溶岩が流れている。

 

テキサス

 

85.Ft. Hood:マインドコントロールされた一部のデルタフォース(陸軍特殊部隊)の本部がある。また空飛ぶ円盤の基地。

86.Denton:FEMAの地域統括局。活動は秘密にされている。,

 

87.Red River兵器庫:空飛ぶ円盤の基地

 

バージニア


88.ブルーモンド、マウントウェザー基地:連邦軍備局、FEMAがある。地下の小都市。極秘にされている。数百人のスタッフがFEMAで秘密業務を行っている。秘密(影の)政府と複数の秘密政府機関がある。内閣と同じレベルの行政官らが米国の運営に手を貸している

 

89.Culpepper:イルミナティと連邦政府の特別保留地。死体の保管、最新の電子システムを使って米国内の主な金融取引を監視している。

 

90.アーリントンのペンタゴン 

 

91.ウォリングトン訓練センター:使用目的はわかっていない。

 

ワシントン

  

92.Bothell:FEMAの地域統括局。

 

ワシントンD.C.

 

93.ホワイトハウス:ホワイトハウスの地下にはトンネルが走っており、NSAやCIAなどの諜報機関や他の極悪集団とつながっているNOD秘密地下軍事施設(フリーメーソンの殿堂がある)がある。The

 

政府に雇われ地下軍事施設(DUMB基地)の建設を担当した人物(フィル・シュナイダー氏)が1995年に語った内容:米国には129のDUMB基地がある。さらに多くの地下軍事施設が建設されている。各州には最低2つの地下軍事施設がある。世界には1450ものDUMB地下基地がある。
(スワードロウ氏は、米国内には133ものDUMB基地があると言っていた。)

129のDUMB基地のうちの29の基地には様々な種類のエイリアン(米政府が条約や協定を結んだエイリアン)の居住施設がある。その他の施設は、生物学、化学、マインドコントロールの開発用に人間=軍人や民間人が使用している。


これらの地下施設に関する秘密情報を暴露したフィル・シュナイダー氏は1996年に殺害された。また彼が所有していた地下施設に関する様々な資料が消えてしまった。

 

 

<転載終了>

|

« 【駱駝の瘤にまたがつてw】バカ安倍昭恵 バカップル晋三とともに、親日国イランを無視してカバール中東3カ国を「私人」が国費使って物見遊山 | トップページ | 【希望の便り】国民たち、約束の正規のお金のプレゼントがあるから受取りなさい (by Lena Tatsumoriツイートより) »

悪魔・666・イルミナティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【駱駝の瘤にまたがつてw】バカ安倍昭恵 バカップル晋三とともに、親日国イランを無視してカバール中東3カ国を「私人」が国費使って物見遊山 | トップページ | 【希望の便り】国民たち、約束の正規のお金のプレゼントがあるから受取りなさい (by Lena Tatsumoriツイートより) »