« 【パンデミック生物兵器】中国武漢の新型コロナウィルス かくて大変な猛威を奮っているが、プレアデス超科学のおかげで終息か? それより恐ろしいのは米国のインフルパンデミック! | トップページ | 【桜前夜祭疑獄】公選法、政治資金規正法及び贈収賄で“詰み” なのに連日の予算委員会でグダグダ言い逃れに終始し、見苦しいぞ安倍晋三! »

【ある日の首相動静より】新型コロナウイルス感染症対策本部に顔出し11分 「安倍晋三さん衆議院議員在職25周年を祝う会」出席にはガッツリ120分間滞在 現在の日本の最低指導者は仕事しません

-今回は、安倍晋三のある日の首相動静にスポットを当てたツイート群の紹介である。ざっくり言ってしまえば、公的かつ重要な職務については短時間で簡便に済ます、一方私的な行事には時間の許す限り参加して目いっぱい飲食しかつ楽しむ。これが安倍晋三にとって習い性となっている行動パターンなのである。何年か前の長野大雪害の当夜、安倍は(日枝フジテレビ会長らと?)都内の高級料理店でてんぷらを食らっていた。一昨年の関西大豪雨の当夜は、来るべき総裁選目的もあり岸田文雄や片山さつきら党内子分議員らを集めて「赤坂自民亭」なる大酒盛りに余念なかった。また毎年の桜を見る会では地元民を大量に招待し公費を使いまくった買収活動を公然と繰り返してきた。でんでん。「公」には薄く、「私」には厚く。およそ国民が理想として仰ぐべき総理大臣像とは真逆なのが安倍晋三なのである。こんなのがわが国憲政史上最長などとのさばっているのだからわが国の政治システムの欠陥は想像以上に酷いと言わざるを得ないのである。 (大場光太郎・記)-

【本日のツイート】

|

« 【パンデミック生物兵器】中国武漢の新型コロナウィルス かくて大変な猛威を奮っているが、プレアデス超科学のおかげで終息か? それより恐ろしいのは米国のインフルパンデミック! | トップページ | 【桜前夜祭疑獄】公選法、政治資金規正法及び贈収賄で“詰み” なのに連日の予算委員会でグダグダ言い逃れに終始し、見苦しいぞ安倍晋三! »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【パンデミック生物兵器】中国武漢の新型コロナウィルス かくて大変な猛威を奮っているが、プレアデス超科学のおかげで終息か? それより恐ろしいのは米国のインフルパンデミック! | トップページ | 【桜前夜祭疑獄】公選法、政治資金規正法及び贈収賄で“詰み” なのに連日の予算委員会でグダグダ言い逃れに終始し、見苦しいぞ安倍晋三! »