« 【“第2の桜”疑惑発覚】安倍地元高級旅館の新年会 桜前夜祭同様の「安倍方式」 3千円の格安料金で参加者を「募って」いたw 嗅ぎ付けられた安倍事務所は慌てて中止に | トップページ | 【音読のすすめ】音読以上に脳全体をフル活用できるものは存在しない 児童教育ではもとより大人も積極的に活用すべきである »

【圧巻の追及】山尾志桜里議員「違法だ!」 定年延長「検察官には適応せず」と1981年政府答弁 森雅子法相はそれを知らずに延長決めた が、グダグダ言って白紙撤回しない

-2月10日の衆院予算委員会で法廷闘争のような息づまる女対決が見られた。山尾志桜里(立民)議員と森雅子法相による、黒川弘務東京高検検事長の定年延長をめぐる論戦である。山尾議員は東大法学部卒で元検察官、対する森法相は東北大法学部卒で弁護士登録している。がっぷり四つの白熱した論戦かと思いきや、山尾議員が一方的に押し気味で森法相は終始たじたじ防戦一方だった。無理もない。安倍政権側は本来用いてはならない禁じ手を使って、黒川定年延長→検事総長就任の道筋をつけようというのだから、弁護士役の森法相が論理破綻するのは目に見えて分かることなのだ。たとえば山尾議員は、1981年、当時の自民党政権下での衆院内閣委員会で政府は、「国家公務員法の定年規定は検察官には適用されない」と答弁していたと当時の資料を突きつけて指摘した。「国家公務員法の定年規定は検察官にも適用される」という森法相の根拠はいとも簡単に崩れたのである。しかも辞任した河合克行のあとを継いだ“俄か法務大臣”の森は、1981年政府答弁を山尾議員が指摘するまで知らなかった。しかし黒を白と言い逃れし続ける「安倍方式」にどっぷり浸かっている森は、山尾に厳しく攻められても国家公務員法を楯にとって非を認めようとしない。山尾が1981年政府答弁を踏まえてもう一度現政府としての統一見解を出してくださいと求めても、森は私の答弁が統一見解です、と法的根拠もへったくれもありゃしない理由で突っぱねる始末である。(別の場面では)安倍のうす汚い野次で大紛糾するわ、棚橋委員長の滅茶苦茶な議事進行でさらに紛糾するわで、もう国会はまともな議論が成り立たないほどの崩壊状態、この異常事態を打開するには安倍内閣退陣しか道はない。 (大場光太郎・記)-

<山尾志桜里議員、圧巻の追及「違法だ!」>定年延長「検察官適用せず」 政権対応と矛盾 1981年、政府答弁(朝日新聞)
http://www.asyura2.com/20/senkyo269/msg/580.html
投稿者 赤かぶ 日時 2020 年 2 月 11 日 18:30:05:

5927
 2020年2月11日 朝日新聞

 

 

 

 

 

 

 

 


定年延長「検察官適用せず」 政権対応と矛盾 1981年、政府答弁
https://digital.asahi.com/articles/DA3S14360584.html?iref=pc_ss_date
2020年2月11日 5時00分 朝日新聞

5928
衆院予算委で質問する立憲民主党の山尾志桜里氏

5929
衆院予算委で、答弁する森雅子法相=いずれも10日午後、岩下毅撮影

 東京高検検事長の定年延長問題で、法務省が延長の根拠とした国家公務員法の定年制の規定について、政府が39年前の国会で、検察官には「適用されない」と答弁していたことが10日、明らかになった。野党は安倍政権の対応と過去の答弁との食い違いをもとに「違法だ」と批判したが、森雅子法相は「規定は適用される」と繰り返した。▼オピニオン面=社説

 政府は先月31日、63歳の誕生日前日の2月7日に退官予定だったという黒川弘務検事長の定年の半年延長を閣議決定した。これにより、政権に近いとされる黒川氏の検察トップの検事総長就任の可能性が残った。根拠は国家公務員法の定年延長の規定。検察庁法は検察官の定年を「63歳」と明記しているため、野党は違法と指摘していた。

 衆院予算委員会でこの日質問に立った立憲民主党の山尾志桜里氏は、定年や定年延長を導入する国家公務員法改正案が審議された1981年の衆院内閣委員会での政府答弁を紹介。議事録によると、当時から定年制があった検察官や大学教員にも適用されるか問われた人事院任用局長(当時)が、「今回の法案では、別に法律で定められている者を除くことになっている。定年制は適用されない」と答弁していた。

 山尾氏はこの答弁に基づき、森氏に「人事が法的根拠を持つのか再確認してほしい」と求めたうえで、「違法だ」と迫った。

 森氏は「議事録の詳細は知らない」と答える一方で、「人事院の解釈ではなく、検察庁法の解釈の問題である」として、法務省の解釈の正当性を強調。「国家公務員法の規定が適用されるものと解している」と、従来通りの答えに終始した。

 山尾氏は「当時の立法者意思を確認しないで『私はそう理解している』では、国民には伝わらない」と述べ、政府としての統一見解を出すよう求めたが、森氏は自らの答弁が「統一見解だ」として応じなかった。(三輪さち子)



【報ステ】検察ナンバー2“異例の定年延長”を追及(20/02/10)
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200210-00000079-ann-pol
2/10(月) 23:30配信 ANN
 

東京高検の黒川弘務検事長(63)の定年を半年延長する閣議決定をめぐり、立憲民主党の山尾議員は「違法だ」と指摘した。

検察官の定年は、検察庁法で63歳と規定されているが、定年の延長については規定がない。そこで今回、政府は、国家公務員法の規定を準用した。

山尾議員の指摘に対し、森法務大臣は改めて「違法性はない」と反論した。

野党は、この前例のない人事が行われた背景に、黒川氏と安倍総理や菅官房長官との“近さ”があるのではないかと指摘している。

菅官房長官は「検察庁の業務遂行上の必要性に基づき、検察庁を所管する法務大臣からの請議により閣議決定をされ、引き続き勤務させることにしたもの」と説明した。

黒田氏は、今月7日に迎えるはずだった定年が延長されたことで、今年夏にも退官するとみられていた今の検察トップ・稲田伸夫検事総長(63)の後任に就く道が開かれたことになる。



2020年2月10日 衆議院予算委員会(山尾志桜里、天皇後継者・検事長定年延長など)

※23:35~ 山尾志桜里議員質疑、検察庁初めての定年延長問題



検察官は定年延長「適用されない」 39年前に政府答弁
https://digital.asahi.com/articles/ASN2B6J3TN2BUTFK00Z.html
2020年2月10日 20時20分 朝日新聞

59210
衆院予算委で、立憲民主党の山尾志桜里氏の質問に答弁する森雅子法相=2020年2月10日午後、岩下毅撮影

 東京高検検事長の定年延長問題で、法務省が延長の根拠とした国家公務員法の定年制の規定について、政府が39年前の国会で、検察官には「適用されない」と答弁していたことが10日、明らかになった。野党は安倍政権の対応と過去の答弁との食い違いをもとに「違法だ」と批判したが、森雅子法相は「規定は適用される」と繰り返した。

 政府は先月31日、63歳の誕生日前日の2月7日に退官予定だったという黒川弘務検事長の定年の半年延長を閣議決定した。これにより、政権に近いとされる黒川氏の検察トップの検事総長就任の可能性が残った。根拠は国家公務員法の定年延長の規定。検察庁法は検察官の定年を「63歳」と明記しているため、野党は違法と指摘していた。

59211
衆院予算委で質問する立憲民主党の山尾志桜里氏=2020年2月10日午後、岩下毅撮影

 衆院予算委員会でこの日質問に立った立憲民主党の山尾志桜里氏は、定年や定年延長を導入する国家公務員法改正案が審議された1981年の衆院内閣委員会での政府答弁を紹介。議事録によると、当時から定年制があった検察官や大学教員にも適用されるか問われた人事院任用局長(当時)が、「今回の法案では、別に法律で定められている者を除くことになっている。定年制は適用されない」と答弁していた。

 山尾氏はこの答弁に基づき、森氏に「人事が法的根拠を持つのか再確認してほしい」と求めたうえで、「違法だ」と迫った。

 森氏は「議事録の詳細は知らない」と答える一方で、「人事院の解釈ではなく、検察庁法の解釈の問題である」として、法務省の解釈の正当性を強調。「国家公務員法の規定が適用されるものと解している」と、従来通りの答えに終始した。

 山尾氏は「当時の立法者意思を確認しないで『私はそう理解している』では、国民には伝わらない」と述べ、政府としての統一見解を出すよう求めたが、森氏は自らの答弁が「統一見解だ」として応じなかった。(三輪さち子)


(以上転載終わり)

|

« 【“第2の桜”疑惑発覚】安倍地元高級旅館の新年会 桜前夜祭同様の「安倍方式」 3千円の格安料金で参加者を「募って」いたw 嗅ぎ付けられた安倍事務所は慌てて中止に | トップページ | 【音読のすすめ】音読以上に脳全体をフル活用できるものは存在しない 児童教育ではもとより大人も積極的に活用すべきである »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【“第2の桜”疑惑発覚】安倍地元高級旅館の新年会 桜前夜祭同様の「安倍方式」 3千円の格安料金で参加者を「募って」いたw 嗅ぎ付けられた安倍事務所は慌てて中止に | トップページ | 【音読のすすめ】音読以上に脳全体をフル活用できるものは存在しない 児童教育ではもとより大人も積極的に活用すべきである »