« 「ねむの木学園」創立者・宮城まり子さん逝去 | トップページ | 【3.28総理会見】何の新情報もなく、今まで言って来たことを繰り返しただけ こんな無知で無能で無責任な税金泥棒は、バカ昭恵と一緒にジャニタレでも呼んで花見でもしてろ! »

【里見甫】現電通&共同通信の前身通信社の創始者 阿片密売は日中戦争遂行の裏資金として不可欠だった 里見は中国・満州での同密売を仕切り「阿片王」と呼ばれた

-里見甫(さとみ・はじめ)は旧満州人脈の中でたびたびその名前が出てくる。(東條英機内閣の陰のコントローラーにして)同内閣の商工相(現在の経産相)だった岸信介や、(民間人を虐殺した「甘粕事件」後満州に渡り関東軍の特務工作に従事し満州国建設に一役買った)満州映画協会理事長の甘粕正彦らとともに満州人脈の中心的人物の一人だった。李香蘭(山口淑子)につき、亡くなった直後そのエピソードや『蘇州夜曲』などの記事を公開したが、李香蘭関係資料にも里見甫の名はよく出てきた。それで記憶に残っていたが具体的な業績などはあまりよく知らなかった。今回「世界銀行300人委員会」氏が、『るいネット』記事とともに里見甫を紹介してくれているので、以下にそのるいネット記事を転載する。里見を歴史の表舞台に踊り出させたのは意外にも中国大陸における「阿片密売」に中心的に関与したからだった。そのため里見は後に「阿片王」と呼ばれたという。実は日中戦争遂行上、阿片密売による裏資金確保は旧日本帝国にあって必要不可欠なものだった。その裏資金確保に、里見甫は手腕を発揮したのだから阿片王と呼ばれて当然だったのである。岸信介はその阿片資金に深く食い込み、東條内閣存続のために使い、また戦後自身がA級戦犯として巣鴨拘置所に拘留されていた際その資金をGHQ工作に活用し戦犯指定を解いてもらったといわれている。岸は、後に総理にまで上り詰め、その後も政界に隠然たる力を奮い「昭和の妖怪」と恐れられ孫の安倍晋三独裁的犯罪者を準備した。終戦直後服毒自殺した甘粕正彦とともに碌でもない末路といえよう。翻って里見甫はどうだったか。戦後内地に引き上げてきてから、その才能を発揮すればいくらでも顕職に就くことは可能だったはずである。が、里見はそうはしなかった。栄達の道をきっぱりと捨て、野に下ったのである。そのため「阿片王・里見甫」の名前は人々から忘れられていった。ある意味もっとも賢明な生き方だったと言えそうである。 (大場光太郎・記)-

世界銀行300人委員会 @someone5963 3月21日


現在の電通と共同通信の母体となる満州国通信社を作った【阿片王・満州のドン】里見 甫 - るいネット

 

電通は生まれつきの悪魔企業👿


59312
里見甫(1896年1月22日 - 1965年3月21日 )右が中国大陸時代の里見

 
市場の支配構造
158118 現在の電通と共同通信の母体となる満州国通信社を作った【阿片王・満州のドン】里見 甫
 
彗星 ( 中年 ) 07/08/02 AM04 【印刷用へ

人生のセイムスケール(リンク)に里見甫(さとみはじめ)【満州のドン/「阿片王」】(明治29~昭和40)の経歴が紹介されています。

 通信社の歴史は、当時の満州国までさかのぼることになります。里見は、児玉誉士夫、笹川良一、岸信介(安倍現首相の祖父)ともつながり、現在の安倍晋三の安倍家の人脈・金脈につながっている歴史上重要な人物と思われ掲載させていただきます。

-----------------------------------------------転載
秋田県の能代で生まれ、父親は元陸軍軍医。福岡の名門・修鄭館中学、当時超エリート高であった上海の東和同文書院を経て、中国で新聞記者になる。

やがて日本軍に見込まれ、上海・宏済善堂で阿片売買を任される。満州や中国での日本軍の機密資金を捻出する。戦後は隠遁生活に入り、1965年3月に死去。

中国に進出した日本陸軍の軍資金の一端は阿片の売買で賄われた。その中心的人物が阿片王と呼ばれた里見甫。米進駐軍の取調べを軸に、日本陸軍の中国大陸で犯した罪が明らかになった。

「満州には、「戦後」の核心が眠っている―。策謀渦巻く満州帝国で、最も危険な阿片密売を平然と仕切って巨額の資金を生み出した里見甫。その謎に満ちた生涯を克明に掘り起こし、麻薬と金に群がった軍人、政治家、女たちの欲望劇を活写する。今まで誰も解明できなかった王道楽士の最深部を抉り出した、最高傑作!」。

「里見甫という名前を聞いても、「阿片王」とも称せられ、満州のドンとして君臨していたと知る人はいまや希有であろう。これは里見の身の処し方にも関連している。戦後、里見は満州時代に培った人脈で政財界などで権勢を振える立場にいたが、一介の市民として生涯を全うした。里見は満州国営通信社を設立。その後、日中戦争勃発を契機に阿片の取り引きに従事し、日本軍の資金調達の一翼を担った。「阿片王」という異名をもつほどの実権をにぎったが、戦後は、みずから野に下った。本書はその生涯を描いたノンフィクション・ノベルである。巻末に掲載された参考資料も昭和史に関心がある向きには役に立つ。里見の人生をイメージするには、里見の墓石に記された墓碑銘を繰り返し読むとよい。

<凡俗に墜ちて 凡俗を超え 名利を追って 名利を絶つ 流れに従って 波を掲げ 其の逝く処を知らず>

この墓碑銘から、里見の生き方が察せられよう。虚名を欲するのは、ある種の人間にとっては本能に近い。自己責任といえばそれまでだが、分をわきまえず不相応な挙に出て身を持ち崩す人間がいかに多いことか。成功ノウハウのたぐいがセミナーや書籍で過剰供給される時世だが、いかなるノウハウも、およそ当人の器量に結実のすべてがかかっているといってもよい。里見の生涯は器量の何たるかを見つめ直す、ひとつのテキストであろう」。

「満州の邦字新聞の記者として軍人や中国の要人との人脈を築き、満州事変後は関東軍第四課の嘱託として対外宣伝と宣撫工作を担いながら、現在の電通と共同通信の母体となる満州国通信社を設立。中国の裏社会に通じた里見は軍の密命を受けて上海で阿片販売のボスとして君臨した。関東軍の財源は阿片に依存しており、阿片の産地を求めるように日中戦争の戦線は拡大されていった。数十万人の中国人を阿片で廃人に貶めた「20世紀の阿片戦争」でもあったわけだ。天皇も懸念していたというし国際的な非難を避けるためにも、関東軍はこうした汚れ仕事を里見甫などに任せ、憲兵や特務機関員を介在させて資金を吸い上げていった。関東軍の意を体したもう一人の汚れ役としては、大杉栄を暗殺した甘粕正彦が隠然たる権勢をふるっていたという。里見は阿片によって得た莫大な利益の半分を蒋介石側に、残りの半分を日本側の傀儡であった汪兆銘と関東軍に上納していたという。なんともスケールの大きな話だが、阿片マネーのもとには児玉誉士夫、笹川良一といった有象無象も群がっていた。そもそも阿片の利用価値を認識したうえで侵攻の指揮をとったのは東条英樹だし、「満州は私の作品」と豪語する岸信介は経済相としてグランドデザインを描いていたという。さらに里見の秘書役を務めた旅館の女将がラストエンペラー溥儀をかくまったというから、キャストは豪華絢爛だ」。
-----------------------------------------------転載終了
阿片王・満州のドンと言われる【里見甫】。当時の満州国を支配下に置き、阿片で資金調達に君臨し、現在の電通と共同通信社の母体となる満州国通信社を設立している。この通信社は明らかに国策通信社である。
阿片マネーの児玉誉士夫、笹川良一、阿片を利用し戦争指揮をとったのは東条英樹、「満州は私の作品」と豪語する岸信介との歴史は、消しても消せないものなのだろう。

(以上転載終わり)

|

« 「ねむの木学園」創立者・宮城まり子さん逝去 | トップページ | 【3.28総理会見】何の新情報もなく、今まで言って来たことを繰り返しただけ こんな無知で無能で無責任な税金泥棒は、バカ昭恵と一緒にジャニタレでも呼んで花見でもしてろ! »

真実の近現代概略史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ねむの木学園」創立者・宮城まり子さん逝去 | トップページ | 【3.28総理会見】何の新情報もなく、今まで言って来たことを繰り返しただけ こんな無知で無能で無責任な税金泥棒は、バカ昭恵と一緒にジャニタレでも呼んで花見でもしてろ! »