« 【2枚の写真】あなたはどっちがいいですか? 1986年と2011年の入社式風景 | トップページ | 【B・フルフォード】東証システム障害による全取引中止 トランプ大統領コロナ陽性の真相 米大統領選の行方についてなど »

【#ノーマスク】市民にコロナでマスクを強要したのはイルミナティの人口削減目的だった!

-夏時分少し減少気味になり、ああこれでコロナマスクもあと少しかぁ、と思っていたのもつかの間。いつの間にかまたぞろ「一億総マスク」状態である。口さがないあるツイッターは同マスクを「顔用オムツ」と表現したわけだが、とにかく一向に止む気配がない。コロナに限らずウィルスなるものは、ナノミクロン単位のごく微細なもの、せいぜい100ミクロンのマスクで侵入を防ぐことなど出来やしないのだ。なにせ相手さんは百倍、千倍も小さいのだから、もしその辺に漂っているとすればとても防げやしないのである。にもかかわらず、夜も日も明けず「マスク、マスク、マスクの総マスク族」状態。ジョージ・オーウェル『1984年』の統制世界さながらの薄気味悪い光景が街じゅうで日々繰り広げられている。当初からほぼノーマスクの私などは、『いったいどこの誰がこんなくだらないことを進めさせてるんだ?』と常々疑問に感じていた。最近見た動画の中で、武田邦彦教授もそれが疑問だったらしく、ネット討論の司会者の某お笑い芸人に冗談めかして「あんただろ?」と食って掛かっていた。誰かが何ヶ月か前、マスク着用について電話で厚労省に尋ねたところ、「当省としては必ずしも義務化しているものではありません。つけたくなければつけなくて結構です」との回答だったという。お辞めになった安倍御大などもマスクなしで現れることがあったくらいだから、前の安倍政権が旗振り役ということでもなかったようだ。やはり国内の仕掛け役は電通、各テレビ局といったところだったのではないだろうか。が、マスク着用大流行は日本国内に止まるものではない。中には科学者出身のアフリカ某国大統領は、自国民に「マスクは着けなくてオーケー」とのメッセージを出したようだが、ほとんどの国でも総マスク着用状態である。と、長々述べてきたが、どこの誰が?という疑問に答えているのが、以下転載のwanton記事である。同記事では、「マスク着用による酸欠状態は非常に危険」と警鐘を鳴らしているが、マスクをつけさせたのはコロナ詐欺同様「イルミナティ」、マスク着用自体が「人口削減目的」だったというのだ。往年の誰かの言葉をもじって言えば、「マスクを捨てて、街に出よう」だ。 (大場光太郎・記)-

【追記】
 だいぶ昔「呼吸法」について説いている本を読んだことがあった。長息呼吸はつまりは「長い息」で「長生き」の秘訣だという。「逆もまた真なり」なのである。話は違うが。コロナ騒動のそもそもの発端は、中国武漢市のコロナ大発生だった。しかしこれには裏があったようだ。以前も触れたように、武漢市はわが国の東京都をしのぐほどの人口稠密都市で、また中国一の「5G設置都市」である。同市内には1万基もの5Gアンテナが張り巡らされていたという。そしてコロナ騒動があったちょうどその時、一斉に60Ghzに切り替えられたという。市内全域の市民らは強制的に電子レンジの真っ只中状態に置かれたのである。その状態が10日以上続いたという。仕掛けたのは仏ロスチャイルド等とつるんでいる李家つながりの上海江沢民一派とそれに呼応している現共産党幹部らだろう。計画的な人口削減大量殺人だったのである。B・フルフォードは「これによって何百万市民が死亡したはずだ」と言っていた。そんな数字、何事も秘密主義の中国当局は公表しないし、後々国際的な検証を避けるため、三峡ダム決壊危機にかこつけた武漢市大洪水で文字通り「水に流した」(証拠隠滅を図った)可能性があるのである。


市民にコロナでマスクを強要したのはイルミナティの人口削減目的だった!
https://ameblo.jp/64152966/entry-12629068442.html
2020-10-03 07:47:00 wantonのブログ

市民にコロナでマスクを強要したのは
イルミナティの人口削減目的だった!


毎日~長時間マスクをしていると
酸欠になり病気になりやすい!


60079_20201005033401


「食べて応援」推進の大元が
人口削減委員会の出先機関だったって本当!?
https://ameblo.jp/64152966/entry-11178503265.html


「2020年には人口は100億になる。
誰もそんな世界に住みたくはない。
出生率を下げるか、死亡率を上げるか、
戦争により極めて速やかに効率的に
死亡率を上げる事が出来る。

また飢餓や 病気を拡大させる 事も人口調節に有効である」

米国国防長官ロバート・マクナマラ  


 
「人口が手に負えなくなったら、エルサルバドル、
イラン、レバノンの類いで良い。
かなり大規模な内戦で、男を皆戦場に引きずりだし、
子供を産む女を皆殺し、処分してしまう事だ」

米国国務省トマス・エンダース 


「2010年までに地球人口の10%以上を
殺害、処分してしまう必要がある。」

ハーバード大エコノミック・リサーチ・
プロジェクト報告:グローバル2000
(資金源:ロックフェラー財団)


「黒人、アラブ人、中国人、日本人等、
有色人種は人種的に劣っているので、
世界規模の核戦争で絶滅させる必要がある。

まず始めにイスラエルはアラブに先制核攻撃をすべきだ。
有色人種が絶滅した後、世界で最も優秀なユダヤ人を
中心とした白人だけの楽園が出来る。

それが聖書に書かれている神の国の出現の意味である。」

イスラエル:エルサレム・ポスト社説


【参考文献:ジョナサン・ビューティー著
「犯罪銀行BCCI」 ジャパンタイムス刊】




       (中略) 

管理人

ここ最近、やっと気づいたことがあります。

ペテンの新型コロナパンデミックの
大きな目的 ↓ の一つに 

世界の市民にマスクをさせることだった。

マスクをすると、吐き出す息の二酸化炭素を
吸い込む可能性が必然的に大きくなります。

結果的に、酸素の摂取量が低下する。

これは長い年月の中でボディブローのように
効いてきます。


全ての病気の原因は酸素不足・電子不足・ATP不足
http://16296315.at.webry.info/201705/article_5.html

補足

【超簡単】ATPの構造や働きをわかりやすく解説してみた!
https://aji3.com/structure-and-function-of-atp/



酸素不足は・・・
生命力の低下と免疫力の弱体化を意味します。
つまり、命の炎を消すに等しいとご理解下さい。

酸素不足は絶対にまずい!
 本当にヤバイ!

======

新型コロナウィルスとされているものが、
実は体内生成物質である「エクソソーム」
であった事を説明しています。

簡単に言えば、エクソソームは、細胞の
毒物の排出のためにそれを運搬したり、
その毒物を排除させるための他の免疫細胞
を発動させるために、毒物の存在を知らせる
シグナルの働きもしたりするという、これも
免疫細胞の一種だったという事なのです。

つまりPCR検査では、このエクソソームの
遺伝子データを持って、陽性と判断させて
隔離する口実にされたり、死因とされる
ように仕向けられていたという事です。

これなら細胞が傷つけられるような事が
あればいくらでも体内にエクソソームが
発生して、陽性反応になる人が増え、
偽の感染者が増える一方だという事なのです。

つまり放射線や、細菌などの感染症、
電磁波や有害な食品添加物や農薬入りの
食品、さらには薬害や有害な治療などに
よって、細胞が傷つけられて、
エクソソームが発生する事により、
それが検査のデータとして使用されているので、

いくらでも偽の感染者が仕立て上げられる
という事が真相だったという事です。

もちろん、パンデミックを意図的に
引き起こしたい支配層にとっては、
とても良いアイデアなわけで、とにかく
人口削減をしたり、私たちの生活の
糧を奪って、政府に生活するための権利
を集中させ、人類全体を徹底管理・監視
して、コントロール下におくようにする
という彼らの目的を果たすために、
大いに役立っているという事です。

このように真実を知っていけば、私
たちのための未来を取り戻すために
必要な道も見えてくるという事です。


コロナウィルスとエクソソームの関係

エクソソームとは毒素やストレスなどにより、
影響を受けた細胞から分泌される排出物のことで
あり、このエクソソームのことをウイルス(毒)
と呼ばれている。

エクソソームとは体外から侵入した病原体のこと
ではなく、細胞の働きにより生じる反応と言える。

つまり病気の原因ではないということであり、
そもそもエクソソームが人に感染することは
ないということだ。


【エクソソームの詳細】
https://www.tmghig.jp/research/topics/201704/









新型コロナウイルスの正体とは?

結論からお伝えすれば…新型コロナウイルスの正体は、
5Gの強力な電磁波により影響を受けた体内の細胞から
生じるエクソソームが『新型コロナウイルス』の
正体と言っても過言ではないだろう。

また高齢者や持病のある人など、そもそも免疫系が
弱体化している人ほど、当然エクソソームの分泌量
は多くなり、結果としてPCR検査を受けると陽性反応
となり、その時点で感染者としてカウントされる為に、
感染者数が増加してしまうというカラクリなのだ。







(以上転載終わり)

|

« 【2枚の写真】あなたはどっちがいいですか? 1986年と2011年の入社式風景 | トップページ | 【B・フルフォード】東証システム障害による全取引中止 トランプ大統領コロナ陽性の真相 米大統領選の行方についてなど »

コロナ詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【2枚の写真】あなたはどっちがいいですか? 1986年と2011年の入社式風景 | トップページ | 【B・フルフォード】東証システム障害による全取引中止 トランプ大統領コロナ陽性の真相 米大統領選の行方についてなど »