« 【救世主か裏切り者か】ペンス副大統領 不正激戦州の選挙人投票を拒否するのか受け入れるのか 歴史的な1月6日の上下両院合同議会で明らかになる | トップページ | 【要注目】世界中を震撼させる事態が来年早々に起こりますが日本も例外ではありません!! (by高山清洲) »

【そうなのだ】米の大規模不正選挙の裏に、ペドフィリア(幼児生贄、幼児の大量殺害)問題がある(by副島隆彦)

-今回は、副島隆彦氏による混迷米大統領選についての「裏読み」記事を紹介する。副島氏は明治の元勲の一人である副島種臣(そえじま・たねおみ)の子孫にして、ネット『学問道場』を主宰し独自の言論を展開しているジャーナリストである。同氏は、2016米大統領選の早いうちから「勝つのはトランプ」と断言していた数少ない知識人の一人である。さらに今大統領選でも、春頃から「今回も余裕でトランプが勝つ」と言い切っていた。確かに同氏の予測的中だったのである。民主党、中共、カバール悪魔勢力による嘘八千万大不正が仕掛けられなければ、正常得票数で「トランプ410、バイデン128」とトランプの圧勝だったのだから。副島隆彦氏の慧眼恐るべし。翻って、別の知識人たちはどうだったか。バイデン当確が出た11月上旬、某ネット掲示板への投稿記事、自身のツイッターなどを覗き見たところ、たまたま植草一秀、前川喜平、宇都宮健児の各氏が同当確に全面的賛意を表していた。前川氏に至っては「これでトランプ外交によってこじれていた日米関係が正常化するだろう」(←何言ってんだかw)と手放しの喜びようである。また元外務省高官だった孫崎享氏は同月下旬、同氏の日刊ゲンダイコラムで、「トランプの時代は終わった。トランプはホワイトハウスを去る」と書いていた。孫崎氏は米国にも独自の情報網を持っており、「トランプはDSとの大決戦に敗北する」と結論付けたのかも知れない。同氏はたぶん、米国内DS、カバール、中国共産党や米民主党の本質などはとうに把握済み、その結果の予測だろうからまあうなづける面もある。問題は前に挙げた三氏である。普段はいっぱしの左寄りを自認していた私は、これまで左派系言論の旗手として三氏の言動を高く評価していたのである。が、今回の件では失望した。私がその時ふと思ったのは、これらの人は我々ボンクラより情報はふんだんに持っているだろうに、今回の巨大不正には目をつぶるのだろうか、今回の不正を仕掛けたバイデン、オバマ、ヒラリーら民主党幹部連中は皆ペドフィリア(幼児性愛者)で生き血飲みなのを知らないのだろうか、ということだった。今となっては、それに中国共産党が大きく係っていたことは明らかである。バイデンになればこの日本もいよいよ中共悪魔にいいように翻弄されることになるが、これらの人たちはそれでいいのだろうか。左派系知識人の限界と危険性を感じているのである。今回副島隆彦氏は、メディアもジャーナリストも触れたがらない「大統領選とペドフィリア」という深暗部タブーに真っ向から斬り込んでおられる。深く敬意を表させていただく。 (大場光太郎・記)-

60316 

60321_20201230001001
(※ 『デラウェア川を渡るワシントン』(エマヌエル・ロイツェ作) 最近さまざまなツイッターによって引用される独立戦争中の名場面の絵。時は独立戦争さなかの1776年12月25日。ワシントン率いる大陸軍は、ニュージャージーはトレントンに駐屯しているドイツ人傭兵部隊を急襲すべくデラウェア川を渡河した。真冬の極寒の季節で、辺り一面は濃霧に覆われ視界がまったく見通せなかった。そんな過酷な中何とか渡河できたのは「神のお導き以外の何物でもない」と、後年ワシントン自身回顧したという。)

【本日のツイート】











アメリカ国旗

光るハート
MARI-LOVE-USA

光るハート

アメリカ国旗

カエルの顔

@MARILOVEUSA



ロバーツ判事、ブレイヤー判事、バイデン、オバマ、クリントン、ゲイツ、マイク・ペンス副大統領、マーク・メドウズ、パット・チッポローニ、ブッシュ41&43、ソロス、コカイン・ミッチなどに真実の赤い熱い光を照らす時が来た。エプスティンが生きていてくれたらなあ。
*やはりペンスもそうなの?

口を開けて冷や汗をかいた顔


60318

引用ツイート









Lin Wood

@LLinWood
·



It is time to shine red hot light of truth on Chief Justice John Roberts, Justice Stephen Breyer, Joe Biden, Obama, Clintons, Bill Gates, VP Mike Pence, Mark Meadows, Pat Cippoloni, Bush 41 & 43, George Soros, Cocaine Mitch, etc.
















アメリカ国旗

光るハート
MARI-LOVE-USA

光るハート

アメリカ国旗

カエルの顔

@MARILOVEUSA



もうすぐ全ての事が一気にわかります。国にとって衝撃的なことになります。国防省はバイデンの諜報活動を中止、WHはトランプスタッフへ荷造り中止指示、カマラはまだ上院の議席を離れてない等の兆候からもわかる。否定、反撃を不可能にする為、一滴づつ暴露はもう終わり。

イイね

爆弾

60319

















アメリカ国旗

光るハート
MARI-LOVE-USA

光るハート

アメリカ国旗

カエルの顔

@MARILOVEUSA



パウエルは金曜の会談中、トランプから「ホワイトハウス特別顧問」のポジションを口頭でオファーされたが、それを正式なものにするための書類を大統領に提示できず、彼女の任命は事実上ブロックされていると語った。
*WH内でさえも敵か味方の見分けが困難になってきた。

口を開けて冷や汗をかいた顔

60320

米の大規模不正選挙の裏に、ペドフィリア(幼児生贄(いけにえ)、幼児の大量殺害)問題がある/副島隆彦
http://www.asyura2.com/20/cult29/msg/808.html
投稿者 仁王像 日時 2020 年 12 月 27 日 09:48:09

[2790]米の大規模不正選挙の裏に、ペドフィリア(幼児生贄(いけにえ)。幼児の大量殺害)問題がある。
投稿者:副島隆彦
投稿日:2020-12-27 08:27:18
http://snsi.jp/bbs/page/1/

副島隆彦です。今日は、2020年12月27日(日)です。

 私も、緊迫するアメリカ政治情勢をずっと追いかけています。トランプ大統領とアメリカ国民の、目下の、壮絶な闘いに、最大限の敬意を表しながら、今の、この きっと、人類の歴史(世界史)上の 重大時期として、のちに語られるだろう、この 「第2次 の 独立革命戦争」を注視、凝視している。

 この戦いの天王山で、決戦は、1月4日、5日、6日(この日、ワシントンDCに、おそらく3百万人のトランプ支持の、衝突、爆弾の破裂で、死ぬことも覚悟したアメリカ国民が結集するだろう) である。

 ペンス副大統領までが、トランプ勢力を裏切るのではないか、と、日本でもずっと騒がれている。 私は、この問題で、自分の考えと予測を纏(まと)めようとして、この数日を空費した。 私は、今、SNSや、 ユーチューブで、アメリカ政治の直近(ちょくきん)の緊迫した情勢を、刻一刻、デジタル放送で、日本国民に、伝えてくれている、 大紀元(だいきげん)Epoch Times ( エポックタイムズ)系の、 報道司会者たち、数人に敬意を表する。

 張陽(ちょうよう)氏という、現在、東北大学で、助教(授)をしている中国人が、日本語で、解説し、そして鋭く分析まで、してくれる「トランプ情勢」に感謝する。他の中国人(台湾人、在米中国人、チャイニーズ・アメリカンも)たちは、中国語か英語で報道したものを、しっかりした日本語の字幕を付けてくれている。

 本当に、ありがたいことだ。こういう先進的なテクノロジーを利用して、逆手(ぎゃくて)に取って、人民、民衆、国民のために使える時代が、本当に来たのだ。私は、このことが何よりも嬉しい。 

 そして、日本人の及川幸久(おいかわゆきひさ)氏のすばらしい、冷静沈着な解説番組と、それと理解し合っている、HARANO(原野)君という、まだ若い、20代の、帰国子女(合いの子さんだろう)の英語で政治記事をさらさらと読める人や、「闇の熊さん」それから、FREEMAN( フリーマン長谷川氏)の、低音のしっかりした語りと、「改憲君(かいけんくん)」氏と、
 それから、・・・あと数人います。 それから文化人チャンネルの数人の若者。 彼ら、優秀な若い人たちが、どんどん出てきて、これからの日本の デジタル、ネット時代の 報道メディアの 革命を達成してくれることを、心から願い、希求します。

 今の日本の、大手の既成の メディア(マスゴミ。大手テレビ局、新聞、大手雑誌)の、腐れ果てた、 ディープ・ステイト the Deep State の 手先、下僕に成り尽くした、奴隷根性には、本当に、私は、吐き気がする。この者たちを、たたき壊して、打倒して、私たちの日本人の新しいデジタル・メディアを、皆で、築いて行かなければいけない。これらの先進的な優れた人々の登場への評価と感謝の文は、そのうち書きます。

 今は、年末から、年明けに書けての、トランプと、強固な決意をしたトランプ派のアメリカ国民の闘い、ではない、もう、戦い(戦争)だ、への切迫した事態だ。私も、急いで、あれこれ書かなければいけない。だけど、前述した、 ユーチューブ戦士(ウオリヤーズ。コマンドウ。ゴーストバスターズ。サイバー・ファイー。クスワッド)の言論突撃隊たちが、居てくれる。


 なので、すでにボケ老人の私は、大変、頼もしくて、安心して彼ら優秀な若者たちのうしろから、「頑張れ、頑張れ」と、応援しながら、ついて行くことが出来る。何があっても、私たちは、この日本の持ち場で、トランプ派勢力の一翼として、負ける訳には行かないのだ。

 私が、今日、どうしても、皆さんに見て貰(もら)いたいのは、以下の一本の動画です。このユーチューブの 動画は、凄い、スゴい。を通り越して、ゾッとする。この内容を気持ち悪がる人たちも出るだろう。だが、これが、私たちが生きて居る今の世界(地球)だ。

 ここで報告されている、ペドフィリア pedophilia 、小児性愛、幼児虐待、幼児供儀(きょうぎ)の事実は、まさしく、今の、私たちの世界の、頂点にいる、権力者、うしろに隠れた真の支配者たちが、やっていることである。儀式殺人(リチュアル・マーダー)のあと、小児の丸焼きを、恐ろしい、ディープステイトの儀式の参加者たちは食べる。そうすることで、2度と、この組織から逃げられなくなる。犯罪を共同した者は、もう一生涯、逃げられない。

 このペドフィリア問題は、私は、前に、何回か書いた。最近では、12月6日と17日に、ここの重たい掲示板に、書いた文の中で説明した。もう、だらだら、書いていられない。

 今のアメリカ合衆国に、連邦最高裁判所の 長官である、ジョン・ロバーツ判事(最高裁の裁判官だけは、ジャッジではなく、そのまま正義の、ジャステス justice という。正義を判断する人、という意味だ)も、 悪魔の小児(2歳ぐらいの子供)供儀の、ジェフリー・エプスタインが主催していた、悪魔島であるカリブ海の「エプスタイン島」に行っていた。

 ペンス副大統領までも行っていた。と、ついに、リン・ウッド弁護士が、トウート tweet した。ハンター・バイデンや、オバマや、ビル・クリントン、ヒラリーだけでなく。ということは、殺人罪の共犯者か、人間の死体損壊罪などで、証拠が挙がり次第、刑事裁判(今回は、 tribunal トリビューナル。トライビューナル。軍事法廷)で、有罪となったら、終身刑か死刑にしなければいけいない。

 今は、そういう話になっているのだ。話は、巨大で大規模(3千万票の捏造と票移転)の不正選挙、あるいは、選挙犯罪(が有った、と、どんどん各州で、証拠が出て、証明されている。大騒ぎになっている) の、話では済まない。

 トランプ派のアメリカ国民は、皆、この話を知っている。深刻に、真剣に受け止めている。「米大統領選挙には、たいした不正はなかった。それなのにトランプを支持している人たちは、ちょっとおかしな人たちですよね、所謂(いわゆる)陰謀論ですね」「アハハハ」と、

 今、日本で、テレビで、はっきりと言える者たちよ。お前たち自身も、このペドフィリア事件の、その儀式に参加したことのある者たちだ。お前たちも犯罪者だ。証拠が出た者たちから、順番に、日本の刑法と刑事法執行機関(ラー・エンフォースメント・オフィサーズ、すなわち警察)が動かないなら、アメリカの刑法で、証拠、証言に基づいて、逮捕されアメリカで裁判に掛けられるべきだ。

 竹中平蔵 以下、 犯罪者ども、覚悟せよ! 自民党と、官僚のトップにまで這い上がった者たちも、覚悟せよ。「あれこれ民主党」の中にも、数人いる。私、副島隆彦が、絶対に許さん。 

 さあ、以下の、 ロバート・デイヴィッド・スティール 氏が、2015年にロンドンで開いた、会議での動画を、私たちも見ることが出来るので、見てください。トランプとアメリカ国民の決死の戦いで、この事実が、ようやくどんどん世界中に広まり始めた。日本でも同じだ。

◯ 「 人身売買と児童虐待のための自然正義国際法廷」 主席評議員・ロバート・デイヴィッド・スティールの陳述

https://www.youtube.com/watch?v=GcCoMj0Hj8g
 
 このユーチューブは、2020/07/24  坪内俊憲(つぼうちとしのり)という篤実なネット技術のある人が、日本語の正確な字幕(スーパーインポウズ)を付けてくださって、この7月に載せている。

 ロバート・デイヴィッド・スティール氏は、この問題で、欧米世界では有名な人だ。CIAの作戦主任官(オペレイション・オフィサー)だった人だ。

以下が、この動画の内容の紹介文です。

(転載貼り付け始め)

2015年6月15日、ウェストミンスターホールに欧州各地の政治家や政府高官が集まり、真実と理性の回復し、世界に自然正義をもたらすための世界初の自然正義法廷を設立しました。

 2018年、その法廷における主席評議員ロバート・デヴィッド・スティール氏の陳述の映像です。 2016年、アメリカでトランプ政権が誕生し、 Deep State(闇の政府)という言葉がようやく日の目を見るようになり、様々な秘密結社、組織の闇が暴かれるようになりました。

 スティール氏の陳述でその闇の政府がどのように広がっているか手掛かりになると思います。昨年7月ジェフリー・アプスタイン氏が逮捕されて獄中で殺害され、今月彼の相棒であったマックスウェル女史が逮捕され、人身売買、児童虐待の真実が明るみに出る機会が出てきています。その背景を知るためにも視聴してください。

ITNJ(アイ・ティ・エヌ・ジェイ)の情報 : 
https://www.itnj.org/
 ビジョン 地球が尊重され、真実が語られ、愛がすべての行動の基礎となり、正義が自然法を尊重する有機的で自己実現的な機能である世界。 使命 制度や制度の濫用と専制を逮捕し、世界における正義の実現に真実と理性を回復させ、国境や境界を越えて、人間の表現の基本的な原則としての自然な正義を支持すること。

 公開法廷 真実と透明性への最優先のコミットメントに敬意を表して、ITNJは、すべての審理をビデオ録画し、可能な限り審理と裁判をライブストリーミングし、すべてのビデオ録画をアーカイブして公開することを約束します。

 2度と、秘密の腐敗した影響が、私たちの古来の宝物、自然正義の誕生の権利の保護者として託された人々の心を彩ることを許してはならない。

オリジナル映像: https://www.youtube.com/watch?v=bpBX-...
(副島隆彦注記。 この原盤の動画は、欧米世界では、グーグルによる、アカウント停止、削除で、見れなくなっています。日本の動画は貴重です。)

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦です。 以上の通りです。 私のまわりの、出版社の編集長たちでも、まだまだ、たくさんいるが、「いやー。どうも、やっぱり、バイデン政権になりますね。私個人としては、トランプに勝ってもらいたいんですが」 という、 背骨が折れた、以下にも、長年、会社や組織の中で生きて来た「大人(おとな)ちゃん」が、たくさんいる。

 いいだろう。それでも、この動画を見て、何かを考えなさい。世の中は、いつまでも、旧来どおり、このまま続く、会社の上(うえ)の人の言うことを聞くしかない、「強いものには巻かれろ」「出る杭は打たれる」「寄らば大樹の陰」「御身(おんみ)大事(だいじ)ですから」、いつも、謙虚に、ケンキョに、控えめに、の「生き方上手(じょうず)」が、いい、ということはない! 

 https://www.youtube.com/watch?v=GcCoMj0Hj8g
 

少しは、今の事態の重要性を、他人事(ひとごと)だと思わず、真剣に考えなさい。   


(以上転載終わり)

|

« 【救世主か裏切り者か】ペンス副大統領 不正激戦州の選挙人投票を拒否するのか受け入れるのか 歴史的な1月6日の上下両院合同議会で明らかになる | トップページ | 【要注目】世界中を震撼させる事態が来年早々に起こりますが日本も例外ではありません!! (by高山清洲) »

2020米国大統領選」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【救世主か裏切り者か】ペンス副大統領 不正激戦州の選挙人投票を拒否するのか受け入れるのか 歴史的な1月6日の上下両院合同議会で明らかになる | トップページ | 【要注目】世界中を震撼させる事態が来年早々に起こりますが日本も例外ではありません!! (by高山清洲) »