« 【そうなのだ】米の大規模不正選挙の裏に、ペドフィリア(幼児生贄、幼児の大量殺害)問題がある(by副島隆彦) | トップページ | 【新年の希望のために】第2次攻撃により遂に陥落 東京地下大要塞の最期。断末魔の叫びは満月の輝き!? »

【要注目】世界中を震撼させる事態が来年早々に起こりますが日本も例外ではありません!! (by高山清洲)

-前回に引き続き「米大統領選とペドフィリア」について。今回は高山清洲氏ブログ記事からの転載である。11月中の当ブログ記事で触れたことがあると思うが、意外なことに、今大統領選で巨大不正を仕掛けた勢力というのは、ペドフィリア(幼児性愛者)グループとほぼニアリーイコールなのである。その一端として過日、トランプ弁護団一員のリン・ウッド弁護士がツイートで内情をばらした。ぺドアイランド・エブスタイン島通いの常連だった人物の名を列記しているのである。わずか10余名ながら、そこに挙げられたのは反トランプの民主党、共和党や司法界、IT界などの大物連中である。なお「コカイン・ミッチ」とは、(最近ワシントン沼の大鰐の正体を現した)ミッチ・マコーネル共和党上院院内総務のことである。シドニー・パウエルなどもそうだが、リン・ウッドもトップ弁護士の名誉にかけていい加減な情報を世間に漏らしたりは決してしない。確実な証拠を握っているからこそツイッターで公開したのである。今回の高山氏記事によると、トランプ弁護団は巨大不正の証拠とともに、これらぺド悪魔連中による「人類に隠された巨大な国際小児性愛者リング、子供人身売買ネットワークも暴露する予定」だという。運命の1月6日には、トランプのツイッター呼びかけに応えて、ワシントンDCの国会議事堂を全米中から集まった何百万人ものトランプ支持者たちが取り囲むと予測されている。想像を絶する数の米国民が憲法無視の今回の嘘八千万売電不正に怒っているのである。が、それを仕掛けた勢力がそのまま小児誘拐、小児性愛、児童生贄悪魔儀式組織とリンクしていると知ったらどうだろうか。トランプ支持者はもとより、民主党支持者たちでさえ怒り出すことだろう。元々バイデンは大統領になってはいけない獣(ケダモノ)なのである。今年待ちに待った「世界同時緊急放送」はとうとう起こらなかった。が、トランプ陣営によってペドフィリア組織のおぞましい実態が公にされることになれば、世界緊急放送と同等の価値を持つことになる。わが国の政官財界、マスコミ・芸能界等の浄化のためにも、全米はおろか全世界に早く公表してもらいたいものである。 (大場光太郎・記)-








アメリカ国旗

光るハート
MARI-LOVE-USA

光るハート

アメリカ国旗

カエルの顔

@MARILOVEUSA



ロバーツ判事、ブレイヤー判事、バイデン、オバマ、クリントン、ゲイツ、マイク・ペンス副大統領、マーク・メドウズ、パット・チッポローニ、ブッシュ41&43、ソロス、コカイン・ミッチなどに真実の赤い熱い光を照らす時が来た。エプスティンが生きていてくれたらなあ。
*やはりペンスもそうなの?




口を開けて冷や汗をかいた顔

60318_20201231001201






Lin Wood

@LLinWood
·



It is time to shine red hot light of truth on Chief Justice John Roberts, Justice Stephen Breyer, Joe Biden, Obama, Clintons, Bill Gates, VP Mike Pence, Mark Meadows, Pat Cippoloni, Bush 41 & 43, George Soros, Cocaine Mitch, etc.



世界中を震撼させる事態が来年早々に起こりますが日本も例外ではありません!!
https://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666/e/81a6f75a626a2d73be751c9a83d88f78
2020-12-26 00:57:19  高山清洲・世界平和  人類みんな兄弟

世界中を震撼させる事態が来年早々に起こりますが日本も例外ではありません!!

安倍晋三が総理を辞めたのも、そのためです!!

自由民主党の執行部は、右往左往しているばかりです!!

来年からは、種を勝手にまくと10年以下の懲役刑に処せられてしまいます!!

狂った自由民主党が暴走しています!!

リン・ウッドはトランプ・チームの弁護士です。

彼はこの不正選挙の際に、人類に隠された巨大な国際小児性愛者リング、子供人身売買ネットワークも暴露する予定であると言っています。

ドミニオン投票システムの不正で中国、ドイツ、スペインを始めとする海外からの米国内の選挙干渉が明らかにされ、それらは綿密に、国際陰謀団/民主党共謀者の巨大な国際ペド・ネットワークと一致します。

米国では金融、政治、司法、警察、一部の軍/軍上層部、マスメディア、ビック・テック、行政、etc、全てが泥沼にどっぷり浸かり汚職に溢れていることが明らかになりました。

これは世界中(日本も含め)同じです。

チャーリー・ワードは英国人ですが、GESARA施行後、コモンロー(慣習法)で英国の全ての議員は逮捕されると言っています。

これは日本でも起こるでしょう。

当然でしょう。日本からも、昔から、毎年1万4千人の子供が国際人身売買で誘拐され消えていたのに、政府も警察もメディアも皆共謀して国民に隠してきたのです。

それが、トランプの手により阿原かにされます!!

日本の暗闇が白日の下にさらされるのです・・・。

まさかと思われる人々が関与して、子供たちが闇に葬られていたのです!!

これは監査で絶対に暴かれねば、消えた1人1人の子供達の魂は浮かばれない!!!)

リン・ウッド:アメリカは小児性愛、政府の悪魔崇拝のレベルでショックを受けるでしょう

トランプ大統領の弁護士の1人であるリン・ウッド弁護士によると、トランプ・チームが不正選挙の蓋を完全に吹き飛ばす前に、他にも多くの暴露が最初に来る可能性があります。

Thrive Timeラジオ番組の最近のインタビューで、トランプがアヒルを一列に並べるのに時間を無駄にしていないことについて話しました。

「最高裁判所は再編されている」とリンは述べた。

 「国防総省は最近、大統領によってサイバー・テロリズムとテロリズムの専門家と再編成されました。」

私たちの国政選挙における外国の干渉を具体的に扱ったトランプによって発行された2018年の大統領命令を指摘しました。

弁護士のシドニー・パウエルが言ったように、彼はかなり長い間、言い換えれば「クラーケンを解放する」準備をしてきました。

究極の目標は、そこに属するすべての人を刑務所に入れることです。

刑務所に行く者にはは、何十年にもわたって政府に出入りしてきた多くの人々がいます。

完璧な世界では、ジョン・ダーラムの報告が出て、人々が刑務所に入れられることを望んでいます。

ジェフリー・エプスタインとギレーヌ・マクスウェルの関係者を刑務所に入れてもらいたいです。

ハンターバイデンのラップトップに何が入っているのか、そしてそれらの人々が刑務所に行くのを見たいのですが。

アンソニー・ウィーナーのノートパソコンの内容を確認したいのですが、多くの人が刑務所に行くのを見たいです。

そして、不正選挙の最終段階に達したとき、もっと多くの人々が刑務所に行くことになります。

言い換えれば、ドケットには多くの起訴があります。

そして、プロセスが実際に進行すると、世界に衝撃を与える大量の爆弾が投下されます。

それで、潜在的に大きな目覚めがあります。

完璧な世界」ではすべてが計画通りに進むだろうと述べています。

真実が出なければならないと私は信じています…すべての嘘が明らかになるでしょう。

この国は、大統領執務室を何年も占領している人物についての真実を知ると、ショックを受けるでしょう。

彼らは小児性愛のレベルでショックを受けるでしょう。

多くの人々があらゆる種類の悪魔的な崇拝に関与しています。

人々について、まもなく大規模な暴露が行われます。

トランプは、完璧な証拠をいくつも持っています。

誰も、覆すことのできない完璧すぎる穂と背の証拠です。

ジョー・バイデンに投票を配信する、ジョージア州で行われた不正選挙の根底に到達するためにジョージア州で働いています。

トランプは2016年にジョージアを5ポイント獲得しましたが、2020年に現職の大統領の過去最高の票を獲得しただけです。

それでは、彼はどのようにして、典型的には赤い州であるジョージアをバイデンに失ったのでしょうか。

答えは、すぐに明らかになるように、トランプはジョージアを失っていなかったということです。 

ジョージアの愛国者に助けを求めながら、その暴露をすぐに可能にするのを助けています。

「あなたがそのような投票をしたか、誰かを知っているなら、lwood @ fightback.lawで私に電子メールを送ってください…私たち人々は私たちの投票を確保するために行動を起こします。」

あなたまたはあなたが知っている誰かが軍の不在者投票を行った場合、あなたも上記のリンクを電子メールで送信し、それをバイデンに不法に届けようとしている選挙泥棒からジョージアを取り戻すための戦いです。

これは今回の不正選挙の暴露の事例ですが、これが全米に及んでいるのです!!

(以上転載終わり)

|

« 【そうなのだ】米の大規模不正選挙の裏に、ペドフィリア(幼児生贄、幼児の大量殺害)問題がある(by副島隆彦) | トップページ | 【新年の希望のために】第2次攻撃により遂に陥落 東京地下大要塞の最期。断末魔の叫びは満月の輝き!? »

アドレノクロム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【そうなのだ】米の大規模不正選挙の裏に、ペドフィリア(幼児生贄、幼児の大量殺害)問題がある(by副島隆彦) | トップページ | 【新年の希望のために】第2次攻撃により遂に陥落 東京地下大要塞の最期。断末魔の叫びは満月の輝き!? »