« 【ワシントンDC緊迫】24日まで首都は緊急事態宣言下にあり、既に2万以上の兵員を配備済み 1月20日、(株)USAはなくなりバイデン就任式は無期限延期w トランプは「アメリカ連邦共和国」初代大統領に就任済み | トップページ | 【世紀のヤラセ興業】嘘八千万大統領売電就任式 事前に収録か 肝心の「兵権」「核ボタン」は今もトランプが掌握、売電には渡さない 既に米政治家700人逮捕 »

【緊迫ワシントンDC】20日のバイデン就任式に呼応し、メキシコ、カナダ国境に待機中の中共軍25万人が米国に侵攻か DSメディアはバーチャル就任式を世界中に流す?

-前回記事で見たとおり、1月20日、バイデンの大統領就任式はないと見られている。が、DS側は何としてもバイデン就任式を行うつもりのようである。情報によると、現在35,000人もの兵士が集結しワシントンDCの要所要所をしっかり守り、就任式が行われる国会議事堂前には鉄条網付の防護柵が張り巡らされた。そんな厳戒体制の中リアルな就任式を行えば、バイデン、ハリスはもとより民主党+共和党の鰐議員たちがごっそり逮捕となっては、大いにヤバイと考えたか。別の安全な場所でバーチャル就任式を行うプランが練られているという。それを腐れ主要メディアは米国及び全世界に配信し、嘘八千万売電の大統領就任を正当化するつもりだというのだ。既に民主党が牛耳っている主要各都市にはアンティファ、BLMならず者たちが大勢押しかけているというが、とにかくバーチャルでも何でも就任式が行われれば普段おとなしいトランプ支持者たちも黙ってはいまい。かつてない内乱、内戦を予測し、トランプ大統領は支持者たちに民主党系暴徒たちの扇動に乗らないよう呼びかけるとともに、全国各州、主要400都市にも多数の兵員を配置済みという。それだけなら規模の大小はあるとしてもあくまで内乱、内戦のレベルである。が、ここにきて、それに加えて外敵の米国侵入情報が飛び交っている。中共の人民解放軍兵士25万人がカナダ(7.5万人)、メキシコ(17.5万人)国境付近に屯(たむろ)し、バイデン就任式とともに両国境を越えて米国に侵入する計画らしいのだ。もちろんトランプ陣営は中共軍の危険な動きも事前に察知し、しかるべき防御策は講じていることだろう。が、こうなるとコロナ生物兵器攻撃に始まり、大統領選不正サイバー攻撃を経て、いよいよ米中全面戦争の様相である。 (大場光太郎・記)-

【追記】
 DS側はバイデン大統領就任とともに、即日「10もの大統領令」を立て続けに出すとみられる。目的はトランプ&同シンパの抹殺である。単に政治的抹殺のみならず、本人はもとより家族たちも含めた生命の抹殺だという。まさに両陣営とも、血みどろの死闘の様相である。なお、かねてから問題視されていた副大統領候補カマラ・ハリスは19日、やっと上院議員を辞職するという。おそらく史上最も遅い辞職だろうが、いよいよ「副大統領職確定」と確信してかどうかは不明である。


1/18-その2 メイカさんからの続報、石川さん、他

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52061032.html
日本や世界や宇宙の動向 11:17


以前から噂されてきたことですが、カナダとメキシコの国境線に25万人の人民解放軍が待機し米国を侵攻しようとしているそうです。バイデンが大統領に就任した途端に、バイデンは彼らを米国内に招きいれるでしょう。そして米国は火の海と化します。そうならないようにトランプは軍に命令し彼らと戦う準備を整えたのですね。1月20日は何がなんでもバイデンを就任させてはなりませんね。同時に国境線を監視し彼らが米国に侵攻したら宇宙の指向性エネルギー兵器を使ってまでも彼らを全滅させる必要がありますね。
同時に尖閣諸島も中国に侵略され、そこで初めて日本の薄らボケ親中政治家が中共の脅威に気が付くのかもしれません。もう遅いですが。
それにしても悪の習近平をトランプは非難せずに中共を非難しているのはなぜ?
今、公開されている小児性愛犯罪や人身売買の情報(記事)は、だいぶ前からこのブログでもお伝えさせていただきましたが、それが表に出て多くの人々に知ってもらえる時が来ました。

メイカさんによると:

・昨日の情報として、米国国境線の外側に人民解放軍25万人が配置されている。中共は鄧小平時代から(30年前から)世界各国に大量の中国人を送り込んできた。最初に経済侵略、そしてスパイ活動、軍事目的を達成するため。今では全世界に9千万人の中国人が入り込んでいる。その中には多くの人民解放軍兵士や民兵がいる(400万人の民兵が海外に在住)。
1月16日に、トランプ大統領は米国南部国境一帯に国家緊急事態宣言を発した。ホワイトハウスのホームページにその詳細が記載されている。これは中国政府の米国侵略計画の一環。
ポンぺオ国務長官も1月15日に米国の国境線の外側に25万人の人民解放軍が配置されていると発表した。
カナダの国境線には7万5千人の人民解放軍が配置されている。メキシコと米国の国境線には人民解放軍の部隊17万5千人。
中共は江沢民時代からメキシコで広大な土地を購入してきた。退役した民兵らが大量にメキシコの中国人所有の土地に移り住んだ。。
昔から中国人はメキシコで広大な土地を買い米国を攻撃するための準備をしてきた。
現在、トランプ側は毎日大量の真実を報じている。
もし人民解放軍が米国に侵攻したなら、米軍の方は、彼らが全滅するまで徹底的に叩き潰す体制ができている。米軍はその戦いの準備を完了している。
このことが米国では緊急ニュースとして放送された。このために大量の米軍部隊がワシントンDCや米国各地に配置された。これは単の就任式のためだけではない。日本でもこれから報道する。
トランプは、これから8日~10日間、毎日8時間、米国民に緊急放送を流すと発表した。
月曜日午後から毎日連続で大ニュースを放送する。そのため米国民には、10日間の生活必需品を用意するよう要請した。ラジオ、懐中電灯、食べ物、他・・・
先日、トランプはメキシコとの国境の壁を視察しそこで演説したが、その壁の裏には人民解放軍が待機していることを知っていたから。。トランプはここから中国人兵士や民兵が米国側に入らないように壁を造った。昔、人民解放軍のお金持ちがメキシコで広大な土地を買い、人民解放軍の住居まで造り、大量の解放軍を駐留させてきた。また、テキサス州にも広大な土地を買い、空港の滑走路まで建設していた。
現在、日本でも、尖閣諸島周辺に毎日大量の中国船が押し寄せている。
中国は10年前から教科書には尖閣諸島は中国領土と書いている。また、中国は10年前から中国人民解放軍をメキシコやカナダに派遣した。
バイデンが1月20日に大統領に就任したなら、両国境線に待機している人民解放軍が一気に米国に侵攻する。トランプは40年前からこのことを知っていて、メキシコに国境の壁を造り、必ず中共を倒す決意だった。
トランプは中共及び闇の勢力と戦う計画を実行してきた。
カナダのトルドー首相は米国に軍隊を派遣してトランプを倒すと頻繁に言っている。カナダ政府は、人民解放軍を冬期訓練していた。カナダ政府には警戒すべき。トルドーは中国寄りの首相である。キューバのカストロの愛人との間にできた息子である。カナダ首相は危険。トランプの周りは敵ばかり。トランプの敵を徹底的につぶさないと世界の安全はない。尖閣諸島も危ない。

(3) アメリカの国境周辺中国軍25万人?!/トランプ大統領が 南部国境一帯に国家緊急事態宣言! #アメリカ国境に中国軍#トランプ大統領#国家緊急事態宣言 - YouTube

                                ↓

石川さんの動画です。
(3) 【第76弾】いよいよ1/20まで残り2日です‼️ - YouTube

                                ↓

(3) チームトランプ最新情報 チームトランプ テレグラム情報 - YouTube
パウェル、リン・ウッドの最新のテレブラム情報です。
                                ↓

(3) トランプ大統領‼️アメリカと世界を変える戦い‼️作戦実行中か‼️ 2021年1月17日‼️😭 - YouTube

米国で逮捕者が20万人以上になると言われている。

                                ↓

(3) 武装したデモ隊が全米の州都に続々と姿を見せ始める - YouTube

左翼過激派の武装したデモ隊が全米の州都に集結しています。大統領就任式に合わせての行動です。
(私: ジョージ・ソロスが彼らに資金を提供していると思います。これこそがソロスが計画してきた史上最大の共産主義色の革命かもしれません。米国は国内、そして国境の外から攻撃されようとしています。)                          
   
                                ↓

(3) ついに緊急放送システムきたか⁉︎ あの国の、あのサイトで放送スタート! - YouTube

とうとう日本時間18日朝8時に、米国で緊急放送が始まりました!
今回は米国内向け。
トランプの映像が出てきた。
日本人はテレビの洗脳ですぐにパニックになるので、今のうちに備蓄しておいてください。

(3) 緊急放送システムか? 僕ら日本人は何したら良いのか? 続き - YouTube

                                                                              ↓

ベンジャミン・フルフォードは中共の仲間ではなかったのですか?
彼にホワイトハッツから重要なメッセージが届いたそうです。
(3) 【米大統領選挙】ワシントンからのメッセージ!臨時の軍事政権 現職継続へ『米軍が仕掛けた驚くべき罠』ジョン・F・ケネディ・Jr の登場はいつ!?量子システムと今後の展開について【BBニュース】 - YouTube

詳細はこちらの動画をご覧ください。





(以上転載終わり)

|

« 【ワシントンDC緊迫】24日まで首都は緊急事態宣言下にあり、既に2万以上の兵員を配備済み 1月20日、(株)USAはなくなりバイデン就任式は無期限延期w トランプは「アメリカ連邦共和国」初代大統領に就任済み | トップページ | 【世紀のヤラセ興業】嘘八千万大統領売電就任式 事前に収録か 肝心の「兵権」「核ボタン」は今もトランプが掌握、売電には渡さない 既に米政治家700人逮捕 »

2020米国大統領選」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【ワシントンDC緊迫】24日まで首都は緊急事態宣言下にあり、既に2万以上の兵員を配備済み 1月20日、(株)USAはなくなりバイデン就任式は無期限延期w トランプは「アメリカ連邦共和国」初代大統領に就任済み | トップページ | 【世紀のヤラセ興業】嘘八千万大統領売電就任式 事前に収録か 肝心の「兵権」「核ボタン」は今もトランプが掌握、売電には渡さない 既に米政治家700人逮捕 »