« 【新年の希望のために】第2次攻撃により遂に陥落 東京地下大要塞の最期。断末魔の叫びは満月の輝き!? | トップページ | 【歴史的な1・6】トランプ大統領 結局、不正6州票を無効として集計から除外し、トランプ勝利というシナリオを選択か »

【運命の1・6】トランプかバイデンか 上下両院合同議会が行われる国会議事堂を百数十万のトランプ支持国民が取り囲む ペンス副の裁定は 戒厳令発動は 

-「運命の1月6日」に向けて、トランプの「ワシントンDCに集まろう」呼びかけに応じて、既にバスツアーが組まれるなど全米各州からトランプ支持者たちが続々集結の勢いである。一部観測では最低でも百数十万人が集まるといわれており、空前の規模になること必至である。民意沸騰の大変なプレッシャーの中、上下両議院たちは議事堂に入るのである。が、議長のペンスがどう転ぶのか今もって分からない。と、そんなぐだぐだペンスやコカイン・ミッチなどにかまうな、愛国の精神に燃えて俺たちが立ち上がろうぜ、と呼びかけた共和党大物がいる。いずれは大統領になるといわれているテッド・クルーズ上院議員である。それには自身も含めて12人の共和党の上院議員、150人の下院議員が賛同しており、この数はさらに増えそうだという。これは当日、単に激戦各州の不正糾弾をするだけに留まらない。選挙人投票そのものへの反対を表明したのである。今選挙に大規模不正があったのは明らかだから、選挙委員会を立てて10日間の期限を設けて一から調査し直そうではないか、その上で改めて不正各州の投票を見直そうではないかというのである。実は南北戦争後の1877年に前例があるという。この時は共和党ヘイズと民主党ティルデンの戦いだったが、選挙人投票の結果ティルデン候補があと1票獲得で勝利というところまで迫った。が、例によって4州でいざこざが起き、あわや合衆国分断という事態回避のため、10日間期限による選挙委員会を設けたのである。構成メンバーは共和党と民主党議員+最高裁判事からそれぞれ5名、計15名だった。そこでの審議の結果、なんと8対7の僅差で疑惑4州すべてが共和党となりヘイズ候補の勝利となったのである。6日の投票結果に基づきペンスがトランプ、バイデンどちらの裁定をしても米国は分断の危機を迎えかねない。そこで性急に結論を出さず、両議員や取り巻く大群衆はもとより全国民、果ては世界中が見守る中同委員会がじっくり10日間精査して結論を出す。テット・クルーズらのこの提案は妙案かもしれない。

 ところで、CNN垂れ流しで「バイデン命」報道をし続けてきたわが国メディアのうち、産経、朝日新聞が、形勢不利を悟ったか上の事を報道したという。今後とも予断を許さないが、大変いい流れである。形勢不利は大本の民主党陣営も同じこと、恒例の20日のバイデン勝利パレードは行わないことにしたという。というより、バイデンに相応しいのはホワイトハウスではなくてGITMO刑務所だって。12月頃から徐々に流れがトランプ側に傾きつつあることにやきもきしているのは、巨大不正の裏の仕掛け人・中国共産党も一緒である。中共の習近平は旧年11月、国内向けに数度に渡り「戦争の準備をせよ」と檄を飛ばし、また12月には「1月6日までトランプを暗殺しろ」との秘密指令を出したといわれている。ところが「人を呪えば穴二つ」、年末習自身が脳腫瘍に侵され新年早々大手術だという。よって中共刺客によるトランプ暗殺はなくなったと見られる。が今度は、中共友好国イランのロウハニ大統領が代わってトランプ暗殺指令を出しているという。またカナダに潜伏中の中共軍は、先月完全に制圧されたわけではなく、大群衆が詰めかけたワシントンDCめがけて100機以上のドローン兵器を飛ばすとの物騒な未確認情報もある。物情騒然、というより米中は今や完全に交戦中というべきである。もちろん不測の事態に備えて軍や警察が厳重警備に当たるものの、詰めかけた大群衆の身の安全が懸念されるところである。トランプは、全米中の諸都市での暴動や国の分断に発展しかねない「戒厳令」は出来れば発令したくない意向とみられている。だが、上のクルーズ議員らの提案が民主党によって拒否された場合、事態収拾のため「大統領令、戒厳令やむなし」の決断をするかもしれない。幾重にも6日は要注目である。 (大場光太郎・記)-

民意が沸き返り【第88回】


民意が沸き返り、国会や最高裁はどうする?

【閲覧制限】ついに出た!トランプ大統領援護議員続々!梅さん不正暴かれバイバイか?


「1月6日の大規模集会への妨害」ワシントンDCのホテルが3日間休業 DC HOTEL TO CLOSE DURING JAN 6 TRUMP MARCH


 

【本日のツイート】











アメリカ国旗

光るハート
MARI-LOVE-USA

光るハート

アメリカ国旗

カエルの顔

@MARILOVEUSA



2021年1月6日

チェックメイト!!!


目がハートの笑顔
父と息子、IQの高さは血筋でしょうか。
最高のショットですね。




引用ツイート









Garrett Ziegler

@GarrettMichaelZ
·

1.6.21

60323











アメリカ国旗

光るハート
MARI-LOVE-USA

光るハート

アメリカ国旗

カエルの顔

@MARILOVEUSA



POTUSツイート:「6日には大量の選挙不正の証拠が議会合同セッションで提示される。我々の大勝利」ジョッシュハウリー上院議員他約40人の下院GOP議員が不正行為疑惑を理由に6日の議会合同セッション中に選挙人投票に異議を唱える。数時間に及ぶ議論につながる可能性。

イイね

60324











アメリカ国旗

光るハート
MARI-LOVE-USA

光るハート

アメリカ国旗

カエルの顔

@MARILOVEUSA



2日、11人の上院議員のグループが、1月6日の合同会議において選挙人に対する異議を唱える事を発表。2020年の選挙における不正や不正行為は史上初、想像を超えるものと付け加え、最高裁を含む裁判所は、不正行為の疑惑の証拠を審理することを繰り返し拒否してきたことを指摘。








今日も面白い情報続々

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52060571.html

  日本や世界や宇宙の動向

 

最新情報ではペンス辞任はないということと1月6日にペンスはバイデン勝利を認めそうです。

こちらの動画で詳細が解説されています。
ペンス副大統領は辞任か?! #トランプ大統領 - YouTube
 
                                 ↓

ケネディJrに関する詳細を説明されています。
JFKジュニア:「ジョー・バイデン、お前は裏切り者だ」、FBIがJFKジュニアに関する機密文書を公開した、その一部の内容の説明と噂の簡単なまとめ - YouTube
                          
                                 ↓

以下の情報から見えることは、上院の共和党議員はマコーネル院内総務の圧力に屈したのでしょうか。腰抜けばかりですね。まあ、中共にやられてしまっているのでしょうけど。それと、ペンスはやはり1月6日にバイデン勝利を認めるようです。
残されたのは戒厳令と大統領令のみに。憲法に従って動くだけではうまく行かないほど米国は腐敗しています。早めに戒厳令の発令が必要になりますね。
最新ニュース 2021年1月3日 - 247 Japan - YouTube

トランプが拒否権を行使した国防権限法2021(反乱法を禁止する法律が含まれる)が上院で再可決されてしまいトランプが求めた内容は全て却下された。これで反乱法の発動という目はほぼ消えた。上院共和党がいかに腐敗しているかが明らかになった。
ペンス副大統領カードも期待できないため残すは大統領令と戒厳令のみになったか?
1月6日にペンス副大統領はバイデン勝利を認めるだろう。

                                 ↓

01-02 ご質問の多いネタなのでロングバージョンでお届けします - YouTube

習近平の脳動脈瘤に関して
                                 ↓

01-03 米政権が警告していたのに強引に経済協定に合意の浅はかに救い無し - YouTube

共産主義者のメルケルを中心にEUは最後の段階で中国と経済協定に合意してしまいました。
トランプの対中政策に完全に反した行動に出ています。

                                                                              ↓

深田萌絵さんがペンスカードについて説明してくれています。
2017年にペンスが副大統領になった時、ペンスはトランプを裏切る、ペンスは小児性愛犯罪に関与しているとの情報が出ていました。やはり、エプステインは生きているのでしょうね。
【噂の真相シリーズ10】大統領選挙 ペンスの裏切り!?修正第十二条とは? - YouTube

                                 ↓

【図解解説】1月6日に起こりうるすべての可能性 - YouTube

                                 ↓

最新ニュース 2021年1月3日 - 247 Japan [16:15] - YouTube  

速報:バイデン不正のジョージア州の反逆者たちは軍事裁判確定!

                                                                              ↓

ペンス、また気が変わったのでしょうか。
トランプの戒厳令が怖くなったのでしょうか。
【キター!バイデン大統領就任式が中止!】ペンス副大統領が「バイデン勝利への上下院の議員の異議申立を歓迎」と発表!一気に流れがトランプへ傾いたぞ!テッドクルーズがペンスの尻を蹴飛ばしたんだ!これ勝てるぞ - YouTube

                                

|

« 【新年の希望のために】第2次攻撃により遂に陥落 東京地下大要塞の最期。断末魔の叫びは満月の輝き!? | トップページ | 【歴史的な1・6】トランプ大統領 結局、不正6州票を無効として集計から除外し、トランプ勝利というシナリオを選択か »

2020米国大統領選」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【新年の希望のために】第2次攻撃により遂に陥落 東京地下大要塞の最期。断末魔の叫びは満月の輝き!? | トップページ | 【歴史的な1・6】トランプ大統領 結局、不正6州票を無効として集計から除外し、トランプ勝利というシナリオを選択か »