【ボブ・ディラン】結局ノーベル文学賞を受賞 受賞に至るまでの驚きの裏軌跡

-ノーベル文学賞受賞発表直後はノーベル委員会がコンタクトしようにも行方が掴めず、「かつての仏作家サルトルのように、ボブ・ディランも受賞を辞退するのではないか」などと言われていた。ただディランは結構複雑な思考回路の持ち主らしく、その回路が回り回りった結果、結局は受賞することにしたようである。ただし本人は今月10日の授賞式には出席しないという形で。今回はボブ・ディランの受賞スピーチの内容はさすがなので、ここに転載することとした。本人は出席しなかったわけだから、代読したのは駐スウェーデン米大使である。受賞決定直後の記事でも紹介したが、百年以上の歴史を有する同文学賞にあって、音楽曲の作詞家が対象となるのははじめてである。だから彼の今回の受賞にあっては、「ノーベル音楽賞を別に設けるべきだ」など各方面から世界的賛否両論が巻き起こった。さてここからは一転、栄えある受賞者ボブ・ディランの「陰の部分」に注目してみたい。私もまったく知らなかったが、彼はずっと昔に「悪魔に魂を売った」というのである。以下に掲げる動画の中でボブ・ディラン自身がそう告白しているのだ。彼の若い頃の代表作『風に吹かれて』が今なお鮮烈な私などの世代にとっては、「ボブ・ディランよ、お前もか!」と大ショックある。彼はインタビューで「現在の地位を手に入れるためにサタンと契約した」「遥かな昔の事だよ」「サタン勢力は地上にもあちらの世界にもいる」などと答えている。おそらく10代で『風に吹かれて』が大ヒットし一躍スターダムにのし上がった、その快感その栄光が忘れられなかったのだろう。急激に人気が落ちたその時だろう、悪魔と契約したのは。またボブ・ディランには薬物常習の疑惑もあるという。彼の今回受賞の理由となった斬新な継続的作詞活動の源泉はサタニズム&薬物効果によるものだったのだろうか。押しなべてロックミュージック界は「暗い世界」だ。ひとりボブ・ディランのみならず、マドンナ、レディ・ガガら多くのロック歌手がサタニストなのである。以前『フォレスタコーラス』記事でも述べたが、音楽は人間にとって最も影響力の強い芸術である。私たちは自己責任で、その音楽&音楽家の高低、正邪などをよくよく選別しなければいけないと思う。さもないと音楽曲は我々の潜在意識にいとも簡単に入り込み、深いところからその後の人生に強い影響を及ぼすものなのだから。 (大場光太郎・記)-

ボブ・ディラン //  悪魔に魂を売った、ノーベル賞受賞者


120112

120110
写真 BARKS   

ディランさん「創造的努力、シェークスピアのように」 ノーベル賞受賞スピーチ(日本語訳全文)
http://www.asyura2.com/16/kokusai16/msg/662.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 12 月 12 日 00:49:05
http://www.nikkei.com/article/DGXLAS0040006_R11C16A2000000/
2016/12/11 16:27 日経新聞

 皆さん、こんばんは。スウェーデン・アカデミーのメンバーと、今晩ご臨席の素晴らしいゲストの皆さまに心からのごあいさつを申し上げます。

 出席できずに申し訳ありません。しかし私の心は皆さんと共にあり、名誉ある賞を光栄に感じていることをご理解ください。ノーベル文学賞の受賞を、想像したり予想したりすることはできませんでした。私は幼い頃から、このような栄誉に値すると見なされた人たちの作品に親しみ、愛読し、吸収してきました。キプリングや(バーナード・)ショー、トーマス・マン、パール・バック、アルベール・カミュ、ヘミングウェーなどです。作品が教材となり、世界中の図書館に置かれ、恭しい口調で語られる文学界の巨人たちには、常に深い感銘を受けてきました。このリストに私の名前が連ねられることに、本当に言葉を失ってしまいます。

 これらの人々が、ノーベル賞にふさわしいと自ら思っていたかは分かりません。しかし本や詩、戯曲を書く人なら世界中の誰もが、ひそかな夢を心の奥深くに抱いていると思います。恐らくあまりに深く秘められているため、本人でも気付かないほどでしょう。

 私にノーベル賞受賞の可能性がわずかながらあると言われたとしても、月面に立つのと同じくらいの確率と考えなければならなかったでしょう。事実、私が生まれた年とその後の数年間は、世界でこの賞にふさわしいと見なされた人はいませんでした(注・1940~43年は文学賞受賞者がいなかった)。だから控えめに言っても、私は自分が非常にまれな集団の中にいることを認識しています。

 この驚くべき知らせを受けた時、私はツアー中で、正確に理解するのに数分以上かかりました。私は文豪ウィリアム・シェークスピアのことが頭に浮かびました。彼は自分を劇作家だと考えていたと思います。文学作品を書いているという考えはなかったでしょう。彼の文章は舞台のために書かれました。読まれることではなく、話されることを意図していました。「ハムレット」を書いている時、彼はいろいろなことを考えていたと思います。「ふさわしい役者は誰だろう」「どのように演出すべきか」「本当にデンマークという設定でいいのだろうか」。創造的な構想や大志が彼の思考の中心にあったことに疑いはありません。しかしもっと日常的なことも考え、対処しなければなりませんでした。「資金繰りは大丈夫か」「後援者が座る良い席はあるか」「(小道具の)頭蓋骨をどこで手に入れようか」。シェークスピアの意識から最もかけ離れていたのは「これは『文学』だろうか」という問いだったと確信します。

 歌を作り始めた10代の頃、そして私の能力が認められるようになってからも、私の願望は大したものではありませんでした。カフェやバーで、もしかしたら将来、カーネギーホールやロンドン・パラディウム劇場のような場所で聴いてもらえるようになるかもしれないと考えていました。少し大きな夢を描けば、レコードを発表し、ラジオで自分の歌が聴けるようになるのではと想像したかもしれません。それは私の中で本当に大きな目標でした。レコードを作り、ラジオで歌が流れるというのは、多くの人に聴いてもらえることであり、自分がやりたかったことを今後も続けられるかもしれないということでした。

 私は自分がやりたかったことを長い間続けてきました。多くのレコードを作り、世界中で何千回ものコンサートを開きました。しかし私のしてきたほとんど全てのことの中核にあるのは歌です。私の歌はさまざまな文化の、大勢の人たちの中に居場所を見つけたようで、感謝しています。

 一つだけ言わせてください。これまで演奏家として5万人を前に演奏したこともあれば、50人のために演奏したこともあります。しかし50人に演奏する方がより難しい。5万人は「一つの人格」に見えますが、50人はそうではありません。一人一人が個別のアイデンティティー、いわば自分だけの世界を持っています。物事をより明瞭に理解することができるのです。(演奏家は)誠実さや、それが才能の深さにいかに関係しているかが試されます。ノーベル賞委員会がとても少人数だという事実は、私にとって大切なことです。

 しかしシェークスピアのように私も、創造的な努力とともにあらゆる日常的な物事に追われることばかりです。「これらの歌にうってつけのミュージシャンは」「このスタジオはレコーディングに適しているか」「この歌のキーはこれで正しいか」。400年もの間、何も変わらないことがあるわけです。

 これまで「自分の歌は『文学』なのだろうか」と自問した時は一度もありませんでした。

 そのような問い掛けを考えることに時間をかけ、最終的に素晴らしい答えを出していただいたスウェーデン・アカデミーに感謝します。

 皆さまのご多幸をお祈りします。

 ボブ・ディラン

〔共同〕

ボブ・ディラン、ノーベル賞晩餐会で代読されたスピーチ全文
https://www.barks.jp/news/?id=1000135939

ノーベル文学賞、過去にはこんな人たちが受賞した
120113
ノーベル文学賞、村上春樹さんは受賞するか? 過去には政治家も劇作家も(画像集・クイズ)

(阿修羅掲示板投稿のコメントより)

1.    2016年12月12日 12:04:16 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-6927
Life | 2016年 12月 12日 11:03 JST
関連トピックス: トップニュース
ノーベル授賞式欠席のディラン氏、喜びと驚きを明らかに

http://s4.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20161212&t=2&i=1165069254&w=644&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=LYNXMPECBB00R
 12月10日、スウェーデン・ストックホルムでノーベル賞授賞式が開かれ、文学賞を受賞した米シンガー・ソングライターのボブ・ディラン氏は授賞式を欠席したが、受賞に感謝の意を表すメッセージを寄せ、晩さん会で代読された。写真は2012年1月ロサンゼルスで撮影(2016年 ロイター/Mario Anzuoni)

{ストックホルム 10日 ロイター} - スウェーデン・ストックホルムで10日、2016年のノーベル賞授賞式とそれに続く晩さん会が開かれた。文学賞を受賞した米シンガー・ソングライターのボブ・ディラン氏は授賞式を欠席したが、受賞に感謝の意を表すメッセージを寄せ、晩さん会でラジ駐スウェーデン米大使により代読された。

ディラン氏は、「皆様とともに出席できず残念だが、心は皆様と共にあり、このような栄誉ある賞を受賞することを名誉に思っていることをご理解ください」と述べた。

また、「もし誰かが私がノーベル賞を受ける可能性がわずかながらあると言っていたら、それは月面に立つのを同じくらいの確率だと思ったことでしょう」と語り、受賞は大きな驚きだったと明らかにした。

この日の授賞式では、友人の米ミュージシャン、パティ・スミス氏がディラン氏の代表曲「はげしい雨が降る」を歌った。緊張して歌詞を忘れやり直す場面もあったが、演奏には熱烈な拍手が送られた。

*カテゴリーを追加しました。

http://jp.reuters.com/article/bob-dylan-nobel-idJPKBN14102D


(以上、転載終わり)

| | コメント (0)

【今年のクリスマス】来る、来ない?クリスマスの憂鬱ー国連とバチカンの計画を阻止できるのか?トランプは無事大統領に就任できるのか?

-いつか折りを見てと思っていたが、なかなか紹介できなかった動画を冒頭に掲げた。今回の転載文と微妙にリンクするからである。さて「11月に何かが起こる」として注目されていた当月もあと3日を残すのみ。22日、福島県沖を震源とするM7.4の地震が起きたが、(被害に遭われた方々にはお見舞い申し上げるが)「大難を少難にまつり変えていただいた」と見るべきでほっと一安堵である。当月の最大イベントはなんといっても8日の米大統領選だった。予想外のトランプが勝利したが、以下のカレイドスコープ氏文によるとまだトランプ大統領で確定したわけではないという。来年1月20日の就任式を経て正式に大統領になるまで、クリアーすべき二つの関門があるというのだ。敗北宣言後姿を晦ましているヒラリーらが悪しぶとく、反トランプデモを企てたり、(そっちこそソロス不正の胴元だろうに)「不正でトランプに票が大量に流れた」と票の数え直しを要求しているというのだ。また1%エスタブリッシュ&軍産複合体の財力をバックに選挙人買収も進めているという。今後の展開次第ではトランプが大統領になれず(例の『シンプソンズ』でもトランプは2017年からの大統領とは描いていない)、もちろん犯罪者ヒラリーもなれず、カレイド氏文のように代わって副大統領候補でTPP推進派のマイク・ペンスが就任する説、現オバマ大統領がそのまま続ける説などが囁かれている。ソロス、ヒラリー側のオバマは、全米での暴動発生に直ちに戒厳令を敷いてFEMAに鎮圧に当たらせる予定ともいう。「1月20日までまだまだいろんな事が起きますから、楽しみに見ていてください」とB・フルフォードは言うが、混迷大国アメリカを象徴するような大スッタモンダが待ち受けているのだろうか?(元々「サタンの祭」だからどうでもいいが)ところで、今年のクリスマスは本当に来ないの?エリザベス女王さん。 (大場光太郎・記)-

アルシオン・プレヤデス39-2:偽メシア、ウィリアム王子の結婚、バンク・オブ・アメリカ、デンバー空港   

(フランシスコ法王とエリザベス女王による「今年(昨年)のクリスマスが最後のクリスマスになる」メッセージは、20分頃から。なお、重要なのはそのあと。エリザベス女王は近々退位し、孫のウィリアム王子が英国王「ウィリアムⅤ」として即位するという。同王子の誕生に世界中のサタニストが狂喜したというし、ウィリアムⅤ(アナグラム数字転換で同名は「666」となる)は、史上最強の軍事的天才にして、人類を破滅に導く反キリスト王だというから、今後の動向には要注意である。)


クリスマスの憂鬱ー国連とバチカンの計画を阻止できるのか
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2014627.html#more
大摩邇 19:15
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4664.html
カレイドスコープ


<転載開始>

112833
(The Economist 2017年版増刊号の表紙)


今年のクリスマスには、世界の人々に「想定外」という嬉しいプレゼントがもたらされることによって、何も起こらないことを祈ろう。


(※ これは、メルマガ第181号のダイジェストです。全文はメルマガでお読みください)

538人の大統領選挙人の抱き込み戦術に取り掛かるヒラリー派

一般投票で大統領選に勝利したドナルド・トランプがアメリカの第45代大統領に正式に就任するまでには、二つの大きな関門が待ち構えています。

ひとつは、12月19日、州ごとに開かれる各州・選挙人集会で、全米538人の「大統領選挙人」のうち、「過半数の270人以上がトランプに投票すること」。

ひとつは、「来年1月20日に行われる大統領就任式を無事に乗り切ること」です。

・・・まず、第一の関門・・・それは、12月19日にやってきます。

・・・アメリカ大統領選の歴史を通して、全米538人の大統領選挙人の99%が、11月の一般投票で示されたアメリカの有権者の民意を反映して、12月の大統領選挙人による投票においても同じ大統領候補に票を入れてきました。

しかし、敗北した民主党が、十分な勢いでさまざまな工作を仕掛け、大統領選挙人の勢力図を塗り替えることができれば、ヒラリー・クリントンが12月19日に逆転勝利をおさめる可能性さえ残されているのです。

・・・USAトゥディは、11月19日、「
大統領選挙人は、ドナルド・トランプの代わりにヒラリー・クリントンを選ぶことができるのだろうか?」という見出しの記事を掲載して、12月19日に行われる大統領選挙人による最終投票で、ヒラリー・クリントンに票を入れるよう暗に促しています。

430万人以上が、すでに署名しているチェンジ・ドット・オーグ(Change.org)の嘆願書は、法的な効力はないものの、12月19日、大統領選挙人が一同に会して最終的にアメリカの次期大統領を決める際、ヒラリー・クリントンに票を投じるよう奨励しています。

嘆願書は、「ドナルド・トランプが大統領として奉仕することは無理である。ヒラリー・クリントン元国務長官こそが第45代大統領でなければならない」と主張しています。

「538人の大統領選挙人が、あくまでも11月8日の一般投票の結果に忠実に投票すれば、確かにドナルド・トランプは大統領になるだろう。しかし、彼らが自分たちの意思に忠実であろうとすれば、ヒラリー・クリントンに投票することになるはずである」と嘆願書では述べられています。

「州によっては、大統領選挙人のそうした裏切り行為は罰則の対象となっている。
しかし、その罰則とは、安い罰金を払うだけなのである。
つまり、罰金さえ払えば、ヒラリー側に寝返って投じられた票でも有効票としてカウントされるのである。
その程度のペナルティテーで済むのだから、11月8日、有権者によって投じられた彼らの州の票数を無視して、ヒラリーのために票を投じるよう嘆願する者である」と。

1月20日は、グローバリストの極左勢力が暴れまくるもっとも危険な日

・・・疑いもなく、ドナルド・トランプが来年1月20日の大統領就任式に出席できないようにしようとしているパワーエリートたちの隠然たるトランプ暗殺計画が進行しています。それは、トランプ本人に向けられると限ってはいないのです。

・・・もし、トランプが12月19日を乗り切りつつも、来年1月20日を迎えることができなくなった場合、共和党の副大統領候補であるマイク・ペンスが大統領の椅子を手に入れることになるでしょう。

トランプは、このマイク・ペンスに組閣を任せており、早くも、実質的なアメリカの大統領はペンスになるだろうとの下馬評が立っています。
気になるのは、ペンスがプッシュのイラク侵攻を支持しており、今でもTPP推進派であるという事実です。

もっとも懸念されることは、ペンスがキリスト教的思考回路を持つ強硬な「反LGBT派」であるということです。
ペンスは、政権移行を着々と進める傍ら、LGBTへの攻撃の手を緩めていません。

トランプが、それまで「同性婚は違憲だ」との主張を繰り返してきましたが、選挙後、一転して「容認」に態度を変えたのも、強硬なペンスの「衝動」を未然に抑えて大統領選挙人の心証を少しでも良くすることによって、12月19日を乗り切ろうという考えからです。

オバマがパレスチナ問題にコミットしたとき、世界大戦のイグニッション・キーが回される

・・・しかし、オバマこそが、トランプ新政権にとって、もっとも取り扱いに難渋する置き土産を残すかもしれません。

・・・トランプの勝利が確定した翌日、トランプは、ホワイトハウスで政権交代についてオバマと会談を行いました。

このとき、どの欧米メディアも、トランプの緊張した表情とオバマのリラックスした態度を対比さて、読者が気が付かないほど囁かなトランプ・バッシングを含めながら社交辞令の範囲内のことしか報じませんでした。

しかし、ポリティコ(Politico)だけは、アメリカの未来を決める重大な暗示を含んだ記事を提供していたのです。

「次期大統領の立場に反するようなアジェンダを推進すると述べるなど、政権移行の精神ではない」と、ドナルド・トランプの国家安全保障アドバイザーは、大統領選投票日の一週間前、オバマ政権に対し、今後残された数ヵ月間にイスラエルとパレスチナの紛争を回避する取るよう警告した。

「オバマ大統領とトランプ大統領との間の隔たりが調整されいない、という政権移行の大きな問題があるが、私は、次期大統領の政治的な姿勢に反するようなアジェンダを推し進めようとするようなことが政権移行の精神に沿っているとは思わない」と、トランプのアドバイザーは、ポリティコ(Politico)に語った。

トランプの国家安全保障アドバイザーは「警告」という強い言葉を使って、オバマを牽制しています。

・・・この件については、WNDのエディター、レオ・ホーマン(Leo Hohmann)が、ちょっとした裏話を書いています。

・・・ウォールストリート・ジャーナルは、11月8日火曜日の投票日の一週間前、「オバマが、彼の補佐官に数十年来続いているイスラエルとパレスチナの紛争に対処するために、どんなオプションが考えられるのか、そのリストを提出するよう求めた」と報じた。

イスラエルの外交官は、このWSJの報道を読んで、レームダック状態のオバマ大統領が「国連でイスラエルとパレスチナのために外交的な解決をすべきであると国連に圧力をかける可能性」に備えている。

オバマは、おそらく現在それらのオプションを、ひとつひとつ検討している最中だ。
そのオプションの数は、一つや二つではなく、もっとたくさんある。

「オバマは、任期切れの前に、国連でパレスチナ国家を認めさせるよう準備をしているかもしれない」とWSJは報じている。

・・・イスラエルとパレスチナ問題については、オバマのネタニヤフ批判が始まる前から、欧米メディアによるネガティブ・キャンペーンが展開されていました。

これによって、ネタニヤフのイスラエル国民からの支持率は急落し、イスラエル大統領選では落選するとばかり思われていたネタニヤフでしたが、彼の「私が首相に選ばれたら、パレスチナ国家の建設には断固反対する」との発言によってイスラエル極右の支持を集め、去年3月の総選挙で再選を果たしたのです。

このとき、(偽装)和平推進派のオバマ政権は猛反発し、イスラエル支援の立場を再考する必要があると決断したのです。
(※第110号パート1「パレスチナ国家の樹立とオバマによるネタニヤフ切り捨てが始まる」にて詳述)

オバマのイスラエル・サプライズ!

・・・しかし、明確なことは、グローバル・エリートたちが、イスラエルとパレスチナの問題の解決法として考えていることは、「東エルサレムを新しいパレスチナ国家のための首都として確立すること」です。

パレスチナが正式な国家として国際社会に承認された場合、二つの国家の間に横たわる問題を解決するために、パラメータ(媒介変数)が使われるようになることは確実です。

・・・では、そのパラメータの調節を委ねられるのは誰なのか、ということです。

・・・それは、つまり「アブラハムの三大宗教の統一」を推進している「宗教の国連」であるバチカン以外には考えられません。

・・・国連安保理事会決議において、パレスチナ国家の樹立が採択された場合、イスラエル、パレスチナ双方において法的な拘束力を持ちます。
それゆえ、トランプが正式に大統領になったとしても、元に戻すことができなくなってしまうのです。

国連安全保障理事会の他の国は、パレスチナを国家として認める国連決議案を熱狂的に支持しています。
バラク・オバマが、残された任期中に賛成に回ったとたん、それは国際社会に自動的に承認されます。

それは何を意味しますか?

・・・オバマが、残された2ヵ月のうちに、
国連決議案に賛成すれば、まさしく地獄のイベントの数々がアメリカで起こるでしょう。

そして、パラメータのカーソルを移動させる権限を持ったバチカンは、宗教戦争の終結を世界中の初心なクリスチャンを動員して祈るはずです。その祈りこそが、バチカンがカーソルを「ハルマゲドン」の勃発領域に移動させることになるのです。

世界最強の秘密結社のメンバーであるローマ法王フランシスコは、第三次世界大戦を、「世界統一宗教誕生のための生みの苦しみである」と、信者たちにのたまうでしょう。

そのとおり!
“宗教ABCD包囲網”に取り囲まれたことを、はっきり認識したイスラエルの最終的な決断は核を使うことです。

しかし、「どこに向けて?」

それは・・・

1月20日まで、何も起こらないことを祈ろう

私たちは、政治家という人種が、人々が嫌っていることを実行しようとするときは、多くの人々が注意を払っていない休日の周辺にその日程を合わせてくることを知っています。

これは、日本の政権与党が、国民を目をそらしている間に、重要法案を実質的に強行採決してしまう手法とまったく同じです。
アメリカの政治家も同じなのです。

1913年、連邦準備制度理事会の創設を決める法律が成立したのは、人々が街頭に繰り出しているサンタとともに、どんなクリスマス・プレゼントを買って、どんな七面鳥を焼こうかと浮かれている、まさにクリスマス直前だったのです。

以来、この狡猾なステルス性の中央銀行システム「連邦準備制度」は、ゆっくりと、しかし確実にアメリカ国民から富を吸い上げ続け、そのプランナーであるロスチャイルドのような国際銀行家、つまりグローバル・エリートたちは、誰にも気づかれないようにして、莫大な富を彼らの手の中に移し換えてきたのです。

だからこそ、今年の11月の第4木曜日の感謝祭(サンクスギビング・デイ)と、クリスマス近辺の日々に注意する必要があるのです。

しかし、感謝祭は過ぎました。
残るは、ローマ法王フランシスコとエリザベス女王が、「今年(2015年)のクリスマスが最後のクリスマスになる」と去年、“予言”したように、12月の19日頃からが要注意なのです。

・・・ドナルド・トランプは、1月21日の大統領就任初日に、70歳と7ヵ月7日になります。
西暦2016年は、ユダヤ暦の上では5777年に当たります。ユダヤ暦変換表で確認してください。

・・・国際通貨基金(IMF)のお飾り広報ウーマン、クリスティーヌ・ラガルドが、2014年1月、公式の場で、ユダヤの数秘術の「7」の意味を会場にいる人々に謎かけしたことを覚えているでしょうか。
(※メルマガ第66号パート1「『それは7に関係している』IMF専務理事の数秘学を使った謎めいたスピーチ」にて詳述)

112834
(今年1月18日、握手するローマ法王とラガルド。ソース)

1月20日、ドナルド・トランプの大統領就任式がつつがなく行われた後、強大な権限を持ったトランプが国連からの脱退を表明すれば、国連、バチカン、ワシントン内部のグローバル・エリートが2017年に第三次世界大戦を引き起こすシナリオに大きな狂いが生じるでしょう。

そうすれば、私たちは、トップ画像にあるように、エコノミスト2017年増刊号の表紙が暗示するようなキノコ雲の向こう側から、薄ぼんやりと浮かび上がってくる世界政府の姿を見なくて済むかも知れません。

ただし、当面の間は。

(転載終わり) 

関連記事
【米大統領選総括1】ドナルド・トランプとヒラリー・クリントンのプロレス興行だと思った理由/10回の献金/ゴルフ仲間/ジャパンバッシング/イエズス会/KKK/シオニスト
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2014733.html#more

| | コメント (0)

【要必見】2016年はサタンNWOが本格化する要注意年!?今年の夏至は「666」の日?

アルシオン・プレヤデス39-1:2016年、うるう年、6月、666、NWO、エリザベス2世、新宗教、悪魔崇拝の信仰      

2016/05/14 に公開

(動画提供元紹介文)

今やかつてない程に、この暗く不確かな2016年において、緊急に努力するべきだと私­達は考える。なぜなら時間が尽きつつあり、私達は最も困難な時代を迎えていて、自分達­を救うために何かをする時が来ているからだ。
現在私達は2016年、うるう年、さらなる葛藤-定義-変化の年を迎えていると知るの­は、重要だ。もしかして、この困難な2016年は、「うるう年は不吉な年」という民間­のことわざと一致するのだろうか?666が際立って見られる今年に、多くの思いがけな­い出来事が起こるのか?ましてや、1666年の壊滅的なロンドン大火といった、縁起の­悪い時を思い起こすなら、なおさらであり、同じくイギリス女王の戴冠式といった極めて­特別な出来事やその他多くもそうだ。もしかして、人々の心理-意識が眠っている間に、­何かが準備されているのか?これより、666というカバラの数字の中に、異例の何かが­感じ取られることを確認できる。だがなぜ、実に正確に一致する、極めて特有の様々な日­付に、密かに暗号化された666の数が見出せるのか?

制作:アルシオン

6191_2


【私のコメント】
 「アルシオン・プレアデス」製作動画を取り上げるのはこれで2回目です。

 まるで良質なオカルト映画でも観ているようです。同製作動画は、とにかく画像が素晴らしく良いし、もちろん文字によるメッセージも秀逸です。

 「アルシオン・プレアデス」シリーズはもうかなり動画公開されています。私はそのうちの何本かしか視聴していないのですが、今回の「39-1」「39-2」はその集大成版と言ってもいいように思われます。

 私たちが国内政治に憤りを感じていたり、まったく逆に政治などにトンと無関心だったりしているうちに(いな今回の人生そのものを投げてしまっているというべきか)、現世界システムのすべてのすべてであるサタニストスーパーエリートたちは、人類最終支配となるNWO(New World Order-新世界秩序)の完成に向けて着々と布石を打ってきているようです。

 NWOは究極の人類奴隷化の完成となるもので、私たち地球人類の明日の生存に直結していく話であり、無関心で済まされるものではありません。それによく考えてみれば、米国邪悪勢力隷属のわが国の政治状況も金融システム、経済状況も全部がこの問題に収斂してしまう話なのです。

 人類の多くが今日、彼ら邪悪エイリアン・サタニスト・スーパーエリートたちによるありとあらゆる攻撃により、低波動状態に固定化されています。地球丸ごと高次元化しつつあるのに伴って人類も当然に目覚めて高次元波動化してべきなのに、多くの人々が以前として低い波動状態のままなのです。

 その表れが、人々の無気力・無感動・無関心であり、かと思うとテレビのエンタメ・お笑い番組丸写しの空疎なばか話やばか笑いです。それが一層酷くなると、アルコールや薬物・セックスなどへの依存症となっていき、さらにはオドロオドロしい悪魔崇拝に堕ちていくわけです。

 これらはすべてサタニストたちの仕掛けた罠であることを、本「39-1」第1部動画で暴き、これらの罠に囚われることの危険性について強く警告しています。

 さて今年「2016年」は大変重要な変化の年であるようです。
 それについて本動画では、これまでサタニストたちの陰謀を暴いてきたデビット・アイク氏の「変化の年は2016年だ。2012年ではない」という言葉を紹介しています。

 今年はまた「閏年(うるうどし)」でもあります。古来閏年は「不吉な事が起きる」と言われてきたといいます。
 そういえば確かに、近年だけでも、ガンジー暗殺(1948年1月30日)、キング牧師暗殺(1968年4月4日)、ロバート・ケネディ暗殺(同年6月6日)、ジョン・レノン暗殺(1980年12月8日)などが閏年に起きているのです。

 それと本動画が強調するには、今月6月、どういうわけか政治的イベント、スポーツイベント、国際会議などが集中しているということです。これらはすべて「奴ら」がコントロールしているわけですから、偶然とも思えません。今月がいよいよNWO本格始動の月となるのでしょうか?

 中でも注目すべきは6月23日、イギリスの「EU脱退国民投票」です。

 米国は一時表立たせているだけで、必要なくなったら用済みにされる国です。サタニストたちの本拠地はあくまでスイス&イギリスである事が、次第に明らかになりつつあります。そのイギリスが「EU脱退」を決定しようとしています。私などはその深い意図は分かりませんが、おそらくその方向でいくのでしょう。

 その影響は甚大で、独・仏などEU諸国にとどまらず、アベノミクス失敗により株安・円高の元の木阿弥に帰ろうとしている日本経済も直撃するのでは?と見られています。安倍晋三くん、「リーマンショック直前」というG7サミットでの発言は正しかったのだよ。いくら先が読めないからって、「僕ちゃん、そんなこと言ってないもん」などと前言を翻すなよ。いくら嘘つき総理とはいえ、国際社会に向かって発した自分の発言にはしっかり責任を持ちたまえよ(苦笑)。

 本日の夏至は「666の日」だと言います。
 詳しくは本編をご覧いただきたいですが、この年月日をカバラ換算すると666となるのです。何十年か前の同じ夏至の日にもやはり666が現われた事がありました。それについては「第2部紹介編」で取り上げたいと思います。

 「今の時代は、人類史の中でも最悪の時代」と本動画メッセージは強調しています。これに異論を唱える人はよほど幸せな人かお花畑満開の人だと思いますが、私たちはあらためてそういう時代に生きていることをよくよく認識すべきです。

「あなた方は未来世代の伝説になるでしょう」 (アーキエンジェル・マイケルメッセージ)

 さらには、この困難な時期の地球に自ら志願して生まれてきたのだったことを思い出すべきです。

619

 そして奴らの仕掛ける邪悪低波動に飲み込まれぬよう、軽妙・精妙な高波動に自分を持って行くべく日々心がけていくべきです。それこそが、この困難な時代を生ききる必須条件と「アルシオン・プレアデス」動画シリーズは強く訴えているのです。

 (大場光太郎・記)

関連記事
来週末は地獄絵? 英EU離脱ショックと選挙への重大影響(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/136.html

| | コメント (0)

プーチンがエリザベス女王のシェイプシフトを目撃&レプ格下安倍がセンターを占め世界支配層は怒り心頭!?

-UFO&グレイ情報などと共に、レプティリン&シェイプシフト情報もメジャーなニュースにはなり得ない。というのも、世界中の主要メディアを支配しているのがレプティリアンイルミナティによる世界支配層で、奴らにとっての不都合な真実は極力表に出さない仕組みだからだ。しかし実際は1番目の転載文のとおり、英国王室エリザベス女王はもとより、ここのところオバマ、ヒラリー・クリントンなどのシェイプシフト目撃例が増えつつあるというのだ。これは「奴ら」が、ギリシャ神話のミノタウロスのように、いくら若人肉を食らい生血を飲んで人間としての体面を維持しようとしても、(最近の地球の波動上昇の関係だと思うが)奴ら自身のコントロール外の出来事として勝手にシェイプシフト(本来の爬虫類人の姿に戻ること)してしまうもののようだ。今回は代表的目撃例としてプーチンがババザベスのシェイプシフトを目の当たりにした事などを挙げている。しかし『宇宙への旅立ち』さんによると、地球人類の約15%はレプティリアンだそうである。つまり100人のうち15人はレプである勘定だ。確か昨年だったか、(すべての邪悪の源流スイスに本部を置く)ユネスコが、クラスに一人だけレプの少年を登場させクラス全員にその子をいじめないよう呼びかける動画を公開した。多分これからシェイプシフト例が世界的に身の回りで増えてくることを見越してのレプティリアンイルミナティからの予防線なのだろう。さてエリザベスはイルミナティの祭司長だというが、世界的国家元首には序列がある。「天皇→ローマ法王(教皇)→英国王(エリザベス女王)→他の欧州王室→大統領→首相」という順序のようだ。この「悪魔の13血流」序列を果敢にもというのか、無謀にもといおうか、はたまた無知蒙昧のなせる業か、平気で踏み破った者がいる。GW外遊中にエリザベスを表敬訪問したオバカ安倍である。さも天皇の名代ヅラして序列最下位なのに自分がセンターを取ってしまったのだ。あっちゃ~。コヤツ、テメエだって格下レプのクセして、レプ情報も「悪魔の13血流」序列も何も知らないようだな。東京五輪汚職バラシは訪ロ報復かと思っていたが、これが原因の可能性もありそうだぞ。 (大場光太郎・記)-

【追記】エリザベス女王も90歳だ。いつまでも同女王時代が続くわけではない。そこで問題は孫のウィリアム王子が国王になることだ。以前触れたが、同王子は最凶の「反キリストの王」となる可能性が高そうだ。王子が生まれた日には世界中の悪魔崇拝者が狂喜してサバト(魔宴)を催したという。多分NWOが煮詰まった頃登場するのだろうが、王子は「ウィリアムⅤ」(ウィリアム5世)を名乗ることが既に決まっている。この名には「666」が隠されているという(W+Ⅴ=ⅤⅤⅤ=666。Ⅴはオカルト変換では6になるらしい)。


5151


プーチンはエリザベス女王がシェイプシフトするところを目撃していました。
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1990432.html#more
大摩邇 18:43
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51985630.html
日本や世界や宇宙の動向 18:43   

<転載開始>

プーチンがエリザベス女王はレプティリアンであると周辺の人々に漏らしたそうですが。。。プーチンもレプティリアンじゃないの?と思ってしまいます。
プーチンがエリザベス女王の本当の姿を話したことで、実際に地球上にはレプティリアン種族が生息しており、世界を支配してきたことが証明されたことになります。
ただし、プーチンがなぜそのようなことを話し始めたのかですが。。。世界覇権をめぐりBRICS 対 英米の戦いが進行中であり、女王の真の姿を暴くことで英米を不利な立場にしようとしているのか、それとも、女王の許可を貰って、地球上には強靭で恐ろしく決して逆らえないレプティリアン種族がおり、彼らこそ世界の支配者だから絶対に抵抗するなと伝えているのでしょうか。そうすることで、世界の人々は彼らに大人しく従うことになるから?
プーチンの正体が明らかになっていませんのでどのように判断したらよいのか分かりませんが。。。
分かっていることは;
地球では、数々のエイリアンが支配権を争っており、数千年もの間、レプティリアン種族が地球を独裁支配してきました。ヨーロッパやサウジなどの王族はみなレプティリアンの血統であり、ロスチャイルドやロックフェラーなどのエリートらもそうです。彼らは同族と婚姻関係を結び血統を守ってきました。
ですから、世界を支配しているイルミナティはレプティリアンであり、地球は邪悪なエイリアンに乗っ取られているということです。レプティリアンも含め、エイリアンは異次元の存在であり、人間の肉体に憑依しその人物を支配・操作することができます。
ですから、日本の政治家も総理大臣になると別人のようになる場合があるのも、彼らに操られているからでしょうね。

http://beforeitsnews.com/international/2016/05/president-putin-claims-queen-elizabeth-is-not-human-2490042.html

(概要)

 5月8日付け 

プーチンは、エリザベス女王がプーチンを出迎えているときにシェイプシフトしたと政府高官や友人らに伝えました。そして、エリザベス女王は世界を支配するイルミナティの司祭長であり、強靭なレプティリアン血統の彼らと関わり合いを持たないように警告しました。


515

プーチンは、目の前でエリザベス女王が人間の肉体からレプティリアンにシェイプシフトしているところを目撃し、女王が人間ではなくレプティリアンであることを確認したと周囲の人たちに漏らしたそうです。そして彼らと関わり合いにならないよう警告しました。


プーチンは、2014年に、ノルマンディ上陸(D デイ)の70周年記念式典に女王と対面しましたが、その時、プーチンは女王から距離を置き、女王が階段を上るときに手を差し伸べなかったとして欧米メディアに批判されました。

そして今になり、プーチンが女王のシェイプシフトを目撃したため女王からできるだけ遠くに離れていたのだということが明かされました。


プーチンによれば、女王は、淀んだ灰色の、くちばしのような形をしたトカゲの顔をしていました。彼女はプーチンと挨拶をしているときに、3回から4回、人間の姿からレプティリアンにシェイプシフトしました。

その後も世界のリーダーたちと共に写真撮影をしていたときにも女王はシェイプシフトしました。

世界のリーダーらが女王が階段を上るときに手を差し伸べた際、彼女の両手がレプティリアンの手に変わりました。また、彼女が微笑んだときには、彼女の歯がぎらぎら光る鋭いレプティリアンの歯に変わりました。

 プーチンが初めて目撃したレプティリアンのイルミナティについての説明は、私の独自調査の成果及び他の人々から入手した情報と一致しています。

この5年間、私は80ヶ国以上を訪れ、世界を支配する専制的権力者たちについて調査してきました。すると、世界中でいかに多くの人々(ジャーナリストも含む)が、レプティリアンにシェイプシフトする権力者達の姿を目撃していたかが分かりました。


例えば、デンマークのタクシー・ドライバーは、2014年にコペンハーゲンで開催されたビルダーバーグ会議でVIPの招待客の集団をタクシーで通り過ぎようとしたときに、彼らの何人かが顔、両手、両足をレプティリアンにシェイプシフトしたのを目撃しました。

ペルーでも、信頼おける霊能者は、オバマ、デービッド・キャメロン、ヒラリー・クリントンなどの権力者たちは国際ニュースチャンネルを観ているときに必ずレプティリアンにシェイプシフトすると私に話しました。
 


世界の支配層は、世界の食糧、水、空気源などを支配するだけでなく、世界の主要メディアをも独裁的に支配していますから、彼らは世界人類の頭を悪くし、騙し続けています。彼らは古代から現在まで世界人類の敵なのです。

<転載終了>

5141

世界支配層は「安倍晋三首相は、何様のつもりか、エリザベス女王陛下よりも偉いと思っているのか」と怒り心頭だ(板垣 英憲)
http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/115.html
投稿者 笑坊 日時 2016 年 5 月 14 日 10:19:57
http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/80d7cebe2d24bc585c3b8b9cc3ac3b19
2016年05月14日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆〔特別情報1〕
 英国エリザベス女王は、中国の習近平国家主席が2015年10月20日から国賓として訪英した際の振る舞いについて「とても無礼だった」とオカンムリ発言され、世界中が騒然。これに止まらず、安倍晋三首相に対してもオカンムリのご様子だという情報が伝えられている。安倍晋三首相・昭恵夫妻がゴールデン・ウィーク中の5月5日午後(日本時間6日未明)、ロンドンのバッキンガム宮殿を訪れ、エリザベス女王を表敬、写真撮影のとき、安倍晋三首相自身は真ん中、右わきは昭恵夫人、本来、中心に立つべきエリザベス女王を自分の左わきに立たせて、両手に花の形で撮影、この写真が世界のマスメディアに配信された。これに対して、世界支配層(天皇陛下が中心のゴールドマン・ファミリーズ・グループ、フリーメーソン・イルミナティ)は、「安倍晋三首相は、礼儀作法を弁えず、何様のつもりか、エリザベス女王陛下よりも偉いと思っているのか」と怒り心頭だ。

(以上、転載終わり)

関連記事
アリアドネの糸(3) (ラビリントス+ミノタウロス)
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-2512.html
<女児誕生>ウィリアム王子はレプティリアンの本当の王!?
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-7694.html               

| | コメント (0)

【要警戒?】5月13日、イルミナティカード予告の「横浜核爆発テロ」が起きる?

 パナマ文書、小林節慶大名誉教授の新党旗揚げ、高市早苗総務相の900万円余の闇金疑惑に対する刑事告発など、取り上げたい時事問題が多くある中、今回は少し気になる情報が見つかりましたのでそれを取り上げたいと思います。

「百聞は一見にしかず」 まずは『ひかる姫の予言 2016年5月13日横浜で何かが...』と題した以下の動画をごらんください。音楽はなし、文字情報が流れるだけです。


 けっこう数字が多く面倒なので「文字起こし」はしません。わずか2分弱なので動画を見てお確かめください。

 要は、2016年5月13日つまりあさって、「横浜で核爆発テロが発生する?!」というのです。

511


 上のイルミナティカードについては、昨年10月公開の『折り折りの短歌(9)』で紹介しました。このカードが横浜である証拠として、後方に見えている形に似たビル(横浜パシフィコビル)が実際に存在するのでした。

10145
(実際の横浜パシフィコ)

 また手前の「オッケーサイン」をしている黒い人影が映っている褐色の建物の残骸は、横浜パシフィコビルとの位置関係から、横浜有数の観光スポット「赤レンガ倉庫」らしく思われます。

 そして不気味なこのカードの惨状が何によってもたらされたのか?という疑問については、一番手前に瓦礫に混じってさりげなく置かれている原子力シンボルにより「核爆発」によってである事が読み取れます。

 予言者ひかる姫さんによると、このカードと数秘術的分析から、カードが暗示する「横浜の核爆発テロの日」がつまり、間近に迫った「2016年5月13日」だということです。

 この日は過去の東日本大震災、直近の熊本地震などとともに、「18=666」の日だというのです。しかもその上この日は「仏滅」「13日の金曜日」だというのですから。
 ただ単に「18=666」の日だったら、一年間で何十日もあるはずですが、こう禍々しい条件が重なっては。

 これは余談ながら。とにかく「奴ら」は、事前にオカルト数秘術をやたら駆使したがる変態超カルト連中です。


聖母マリアの出現を受けたルシア、フランシスコ、ヤシンタ-1917年

 なおなお余談ながら。ほぼ100年前の1917年「5月13日」は、ポルトガルの一寒村ファティマに聖母マリアが初めて出現した日でした。最後の聖母出現となる同年10月13日には、ヨーロッパ中から集まった大観衆の前で大奇跡が起こり、さらに後に超有名となる「ファティマ第3の予言」などを聖母は少女ルシア(当時)に託したわけですが、その出現最初の日付との符号も気になるところです。

 後の祭りといえばそのとおりですが、イルミナティカードには「911」「311」もちゃんと予告していたわけです。だから「横浜の核爆発テロ」予告カードも、「奴ら」の勢力が決定的に衰えない限り、いつかは現実になる可能性が高いとみておいたほうがよさそうです。


 いつかの機会に紹介したいと考えていましたが、いい機会ですのでここで紹介しておきます。

 現在進行中の米国大統領が誰になるのか?なお予断を許さず、世界的に注目されています。
 しかし20年前のテレビアニメ番組「シンプソンズ」(同番組は現在も続いている長寿番組とのこと)では、上動画のとおり、例の風貌によく似た「トランプ大統領」が登場するのです(実際そうなるかどうか見ものですが)。

「奴ら」はもう直線的時間概念を抜け出して、時間を自在に遡ったり、未来に行ったりでき、かつ歴史的出来事を操作できる超高度テクノロジー(タイムマシンなど)を有しているのかもしれません。そうでなければ、およそイルミナティカードなどの説明がつきません。

 いずれにせよ「横浜の核爆発テロ」が実際起こったら、それこそわが国未曾有の大惨事、大パニック必至です。

 あさってと間近に迫った「5月13日」、何事もなく過ぎることを祈りつつ、当市は横浜とは目と鼻の先のようなものですから、一応この日は遠出は避けできるだけ現住居でじっとしておとなしく過ごしたいと思います。

 (大場光太郎・記)


関連記事
ルシア自身が語る「ファティマ第3の予言」
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-1862.html

| | コメント (2)

労働者の祭典「メーデー」は、近代イルミナティ創設の日であり古代ではサタンの祭典だった

-1日遅れとなってしまったが、5月1日の「メーデー」についての知られざる真実について見ておきたい。当カテゴリーでは既に、クリスマスはイエス・キリストの生誕を祝う日ではなくさらに遡る古代バビロニアのサタン王・ニムロデ生誕を祝う日であること、またハロウィンも古代スコットランドのドルイド教を起源とするサタンの祭典であることを見てきた。そして今回取り上げるメーデーは、ハロウィンがサタンの「秋の祭典」であるのに対し「春の祭典」に位置づけられるもののようだ。近代以降特に重要なのは、近代イルミナティ(バヴァリア啓明結社、バヴァリア幻想教団とも)が1776年5月1日にドイツのアダム・ヴァイスハオプトによって設立されたことである。この「5月1日」という日付は、今回転載する「NAVERまとめ」にあるとおり、古代にまで遡るいわくつきのサタンの日なのである。メーデーは表向き「労働者の祭典」を装っているが、その実は(フリーメイソンに悪魔の血を注いだといわれる)近代イルミナティ設立を祝う日であり、さらには古代からのサタンの祝日であるということである。以前見たとおり、日本は既に全国津々浦々まで「666社会」なのであり、時の政権も霞ヶ関官僚群も旧財閥系企業群も電通+大手マスコミも創価も統一も日本会議も・・・すべてが米欧サタニズム奉仕機関なのである。ともあれ、今起きていることのすべての事象が、1%のそのまた1%の「悪魔の13血流」サタニストたちによる人類最終支配型であるNWO(ニューワールドオーダー、新世界秩序)に向かっての動きと何か関連があるのではないか?と疑ってみる必要があるのかもしれない。 (大場光太郎・記)-

【追記】
 私が言うのもなんですが、NAVERまとめサイト、よくまとまっています。今回同サイトを転載しながら読んでみて、私自身新事実を多く知りました。たとえば、わが国において特に悪名高い(岸信介以来、安倍晋三家お抱えの)統一教会創設も「5月1日」だったというのです。

【5月1日】メーデーは『イルミナティ』の日
http://matome.naver.jp/odai/2141989059307078001

NAVERまとめ

5月1日は『メーデー』と呼ばれて労働者の祝祭日とされていますが、実はこれには深い理由があります。それは古代の神々に生贄を捧げる悪魔崇拝が起源でした。

更新日: 2015年01月03日

『メーデー』


出典

t-ichinomiya.blog.so-net.ne.jp

労働者の国際的祝日である5月1日。発祥の地はアメリカで,1884年アメリカ全土の労働組合,各種団体が8時間労働制の要求を掲げ,毎年5月1日にゼネストを決行することを決定し,86年その第1回行動を起したことに始る。

5月1日は、メーデーと呼ばれ「労働者の日」とされています。
なぜ、5/1にしたのかを、その理由を多くの人は知りません。

出典5月1日 メーデーの話 - 日本人の洗脳を解くブログ

これは、実は古代の女神崇拝に関係してきます。5月(MAY)とは、女神マイアの月なのです。

出典
5月1日 メーデーの話 - 日本人の洗脳を解くブログ

May は、繁殖・成長を司るMaia(マイア女神)に豊穣祈願の生け贄を捧げる月からという説があります。

豊穣の女神

マイア(Maia) 

ローマ神話には春を司る豊穣の女神マイア(Maia)がおり、マイアの祭日である5月1日は供物が捧げられた。これがメーデーの起源である。

「メーデー」とは本来五月祭を意味し、この日に夏の訪れを祝う祭がヨーロッパの各地で催されてきた。この祭では労使双方が休戦し、共に祝うのが慣習であったが、これが近代に入り現在の「メーデー」へと転化し、今日の「労働者の日」メーデーが誕生した。

出典メーデー - Wikipedia

ヨーロッパでは2500年以上の歴史があるケルト文化。スコットランドはこの文化と縁が深いとされており、毎年この地では古代の女神を祝う「ベルテーン・ファイヤー・フェスティバル」が開催されるのである。

世界中で、5月のお祭はいろいろな呼び名があり、メイポール祭、火祭り、豊穣祭、フラワー祭などと呼ばれ何千年もわたってお祝いが催されてきたのである。

5/1は、古代ケルト人達が、女神とその子ベルを祝うベルテーンの祝祭日です。この日には、村娘の中から一人、女王が選ばれます。それをメイクイーンと言います。

出典5月1日 メーデーの話 - 日本人の洗脳を解くブログ

ベルテーンとは「ベルの火」という意味です。
ベルとは、カナン(フェニキア)人の信仰する最高神バアルの事です。ユダヤ・キリスト教では悪魔とされ、ベルゼブブなどと呼ばれたりします。角を持つその像を拝む儀式は、キリスト教徒からは悪魔の儀式に見えたでしょう。

ベル神(バール)に血の生贄を捧げるのがベルテーンの祝祭。血の生贄=人身御供の期間は4月19日~5月1日の13日間。祝祭における火はバールの光。

出典シスVSエイリアン Beltaine(Baal)の祝祭

ベルテーン祭の、前夜の4/30から【ヴァルプルギスの夜】という前夜祭が行われます。これは秋に行われるハロウィンと同じく、春に行われる魔女のお祭り(サバト)です。この夜は かがり火を焚き、一晩中(乱交など)乱痴気騒ぎをします。
儀式の為に、子供をさらったり、それを殺して食らったりもしました。印象悪いですが‥古代の習慣として、世界中に見られた事です。アステカ文明でも、生贄を捧げ、内臓を食らったりしていました。

出典5月1日 メーデーの話 - 日本人の洗脳を解くブログ

昔のメーデーはかなりえげつないことをしていたようです。

この様に、メーデーが古代の女神崇拝の儀式の日だった言う事が分かると思います。
「それが現代の労働者の日と何が関係あるんだ」と抗議の声が聞こえて来そうですね。
はい、実は関係あります。たまたま同じ日なのではなくこの日を選んだのです。

中世、ギルド(職業別組合)のメンバーは慈善や相互扶助を目的に同業者信心会をつくって活動した。パリの金銀細工師の信心会もその一つで、彼らは毎年5月 1日、神と聖母マリアを称えた奉納物をノートル・ダム大聖堂正門に捧げた。当時の聖母崇拝熱と春の到来を祝う民間風俗が背景にあるこの行事は「メ」と呼ば れ、15世紀半ばから18世紀初めまで続いた。奉納物は最初、聖書の図像を表した箱であったが、やがて聖母の生涯を描いた絵画作品に変わった。そして 1630年からは約4x3mの大画面の絵が奉納されるようになり、「使徒行伝」を主題とする絵には内容を説明する詩文が付された。これらの絵は現在、大聖 堂に飾られたり、ルーブル美術館などに収蔵されたりしている。

フランス革命で破壊されたパリの ノートルダム大聖堂 は、ナポレオンによって修復されました。
因みに【ノートルダム】とは【聖母マリア】という意味。この大聖堂にはガーゴイル(悪魔)など悪趣味な像がたくさん彫られている。悪霊退散が目的というお かしな言い訳がされていますが、どう見ても像そのものが悪魔です。悪魔を像に彫っている時点で、反キリスト的であります。
ナポレオンは皇帝になる為、ここで戴冠式を行いました。

フリーメイソンとは、石工職人の会と一般に言われているが、意味はそれだけではない。
【 Free Ma(y) Son 】 「自由の女神の息子」という意味でもある。

出典5月1日 メーデーの話 - 日本人の洗脳を解くブログ

ナポレオンはフリーメイソンです。

なお、自由の女神像はフランス系フリーメイソンリーとアメリカ系フリーメイソンリーの間に交わされた贈り物であった。

出典自由の女神像 (ニューヨーク) - Wikipedia

設計者のバルトルディやエッフェルもフリーメイソンです。

日本におけるメーデー

日本では、1905年(明治38年)メーデーの先駆けとなる平民社の主催で茶話会というかたちで開かれ、引き続き1906年に横浜曙会の吉田只次・村木源次郎・金子新太郎らがメーデーを記念し街頭演説、ロシア二月革命後の1917年5月7日に在京社会主義者約30人がメーデー記念の集いを開催した。

労働団体が挙行にいたるのは1920年5月2日日曜日に第1回のメーデー(主催:友愛会 司会者:鈴木文治)が上野公園(現在の東京都台東区)で行われ、およそ1万人の労働者が「八時間労働制の実施」「失業の防止」「最低賃金法の制定」などを訴えた。翌年からは5月1日となり、開催地や参加人数も増えていった。

下中 弥三郎(しもなか やさぶろう、1878年6月12日 - 1961年2月21日)は、平凡社の創業者、教員組合の創始者、また労働運動や農民運動の指導者。

農本主義の影響を受け、1919年、啓明会を結成(翌1920年に日本教員組合啓明会と改称)。

「啓明会」、これは、日本に実際に存在した団体である。
英語に訳すなら、そのまんま「イルミナティ」である。

出典イルミナティロスチャイルド » 虚空と君のあいだに

イルミナティの設立も奇しくも『5月1日』です。

そういうわけで、大事な所は、日教組の起源を追いかけると、イルミナティそのままという訳になる組織なわけです。

アナーキズム(無政府主義)派の台頭を許し、衰退し、昭和元年に消滅。
日教組としてイルミナティの亡霊が復活するのは終戦後のGHQ民政局路線の1947年の発足と成るわけです。
で、「かわいそうなぞう」のような洗脳反戦思想で教科書という経典が形作られ、それは、統一教会、勝共などの「新しい教科書を作る会」との対立として現在も繋がっているわけです。

その統一協会も『5月1日』

文 鮮明(ぶん せんめい、朝鮮語: 문선명、ムン・ソンミョン、1920年1月6日(陰暦)- 2012年9月3日)は、韓国の宗教家、実業家。世界基督教統一神霊協会(以降「統一教会/統一協会」と表記する)、国際勝共連合の創立者。

教祖(創始者)の文鮮明によって1954年5月1日韓国ソウルに創設され、その後世界本部はニューヨークに移された。世界193か国に支部(協会)がある。

ブッシュ家も統一協会。世界を操っているのはいつも『5月1日』の悪魔崇拝が起源です。

(転載終わり)

関連記事
クリスマスの起源はサタンの祭り !?(3)
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-de35.html
ハロウィンは最凶の悪魔の祝祭
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-366d.html
バーコードに隠された「666」(2)
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-b103.html

| | コメント (0)

熊本地震は人工地震だった!? 恐怖の数字「18」とイルミナティの陰謀

-常々広言しているとおり、私は三度の飯より自慢話が大好きである(笑)。不謹慎になるかもしれないが、今回の「2016年熊本地震」の発生とともに当ブログの以前の記事『3・11人工地震の爆弾を製造した自衛隊技術者12名が暗殺!』へのアスセスが急上昇している事をご報告申し上げたい。ちなみに同記事は当ブログ全二千数百記事中『押尾学事件の陰の主役-森祐喜氏死去』に次いで2番目にアクセス数の多い記事である。同記事は以前はヤフー「人工地震」検索フレーズのトップ面の最上位に載っていた(今回調べたところ3番目)し、NVERまとめサイトの関連項目でURL紹介されているほか多くのサイトでご紹介いただき、頻繁にツイッター&フェースブックで取り上げていただいている。と、たっぷりすぎるほど自己記事PRしてしまったが(苦笑)、今回またこの記事アクセスが急増しているのは、多くのネット読者が今回の「熊本地震=人工地震」疑念を持っていることの証明でもあるだろう。私自身は熊本地震について詳しく調べたわけではないので、自然地震なのか人口地震なのか、軽々に判断を下すことは差し控えなければならない。ただ私は東日本大震災直後の『天の怒りか、HAARP攻撃か』の中でも紹介した原田武夫氏(国際戦略情報専門家)の同震災直後ツイート、「原田武夫@本人、です。「地震とは、起きるものではなく、起こすものである。2004年以降、そうなっている。知らないのは日本人だけだ」米側関係者から伝わってきた言葉。要注意。

熊本地震は人工地震だった!? 恐怖の数字「18」とイルミナティの陰謀
http://tocana.jp/2016/04/post_9479_entry.html
知的好奇心の扉・TOCANA 2016.04.16

4155
画像は「YouTube」より引用

 4月14日、午後9時26分ごろ、熊本県を震源とするM6.4の巨大地震が発生した。最大震度7の激しい揺れを記録した益城(ましき)町をはじめ、熊本県内では家屋や道路の崩壊が相次ぎ、県災害対策本部などの発表によると、下敷きとなった9名が死亡したという。気象庁はこの地震を「平成28年(2016年)熊本地震」と命名。さらに、15日午後1時までに120回を超える強い余震が頻発しており、今後も十分な警戒と注意が必要だという。まずは何よりも、今回被害に遭われた方々に謹んでお悔やみを申し上げたい。

 文科省所管の「地震調査研究推進本部」が九州の活断層を分析した結果、九州ではM8を超える超巨大地震の発生率がきわめて高いことが判明しているにもかかわらず、九州には全国で唯一“稼働中”の原発、川内原発(鹿児島県)が存在する。これが将来、どのような結果を招くことになるのか、最悪の事態を想定したくはないものだ。

■熊本地震は人工地震か!?

 ところで、魔女である筆者が入手した極秘情報によると、どうも今回の地震は「自然地震ではなかった可能性が高い」という。なんと、熊本地震には秘密結社イルミナティが起こすとされる「人工地震」に見られる特長がいくつも備わっていたようなのだ。

 まず、熊本地震の震源の深さが地中10キロと極めて浅い。その後も、ほぼすべての余震が深さ10キロ前後で発生している。陰謀論上、現代技術をもってすれば人類は地中を10キロまで掘り下げることができるため、ベクテル社をはじめとするユダヤ・イルミナティ系列の建設会社が掘削作業を担い、核爆弾を仕掛けたというのだ。

 さらに、人工地震である証拠として、今回強い揺れに襲われた地域の人々の間では、数日前から異様なプラズマが目撃されていたそうだ。ここ数日、電磁波が通常よりも多く発生しており、電磁波過敏症の人は体調が悪化したとの報告もある。

 そしてもうひとつ、熊本地震が起きた2016年4月14日というタイミングに注目してほしい。イルミナティが人工的に地震を起こす場合、月日を足し合わせるなどして、18になるタイミングを好む。18は、6を3つ足し合わせた数である。この“6の3並び”、すなわち「666」とは、イルミナティが崇拝する悪魔聖書に登場するする「獣」)を象徴する数字なのだ。では、過去の例を見てみよう。

4156
イメージ画像:「Thinkstock」より

■大事件・大災害と恐怖の数字「18」

東日本大震災(2011年3月11日)
2+0+1+1+3+11=18

・ 阪神・淡路大震災(1995年1月17日)
1+17=18

・ パキスタン地震(2005年10月8日)
10+8=18

・ 青海地震(2010年4月14日)
4+14=18

・ 鹿児島県北西部地震(1997年5月13日)
5+13=18

・ 大分県西部地震(2006年6月12日)
6+12=18

・ 静岡県東部地震(2011年3月15日)
3+15=18

 いかがだろう。熊本地震を含め、これだけ多くの地震が「18」と関連するタイミングで発生しているのだ。しかも、「18=6+6+6」の日に起きるのは地震に限らない。イルミナティが関与したとされる数々の事件や災害も、同様のタイミングで発生している。

 1991年に始まった「湾岸戦争」、2006年に起きた「北海道佐呂間町の竜巻災害」、2008年の「ブリティッシュ・エアウェイズ38便墜落事故」は、すべて1月17日に起きた。そして1958年の「滄浪号ハイジャック事件」は2月16日、1972年の「千日デパート火災」は5月13日と、ことごとく月日を足すと「18」を示すのである。

4157
イメージ画像:「Thinkstock」より

■熊本地震の背景を魔女が考察!

 では、今回の熊本地震が人工地震であるならば、なぜイルミナティは日本を狙ったのだろうか? 一説によると、“彼ら”は地震発生前日の13日、「環太平洋戦略的経済連携協定」(TPP)が野党の反対によって今国会での成立が危うくなったことを気に入らなかったという。

 遺伝子組み換え作物で圧倒的なシェアを誇る米・モンサント社の背後に、イルミナティがいることは世界的に有名だ。そう、イルミナティは、モンサント社の穀物を日本に売りつけるため、アメリカに好都合な条件で早急にTPPが締結されることを望んでいた。そんな彼らが、ついに“しびれを切らし”、警告を発している可能性が取り沙汰されているのだ。事実、日本では東日本大震災の直前にもTPP論争が巻き起こっていた。

 なぜ熊本県が選ばれてしまったのかという疑問は依然として残るが、「言う通りにしなければ、次は東京を狙う」という脅迫のつもりなのかもしれない。いずれにしても、トカナ読者は、「18」と関連する日には特に巨大地震を警戒していただきたい。無事を願う。

fukatukiyuria.jpg

深月ユリア
ポーランドの魔女とアイヌのシャーマンの血をひき、魔女占い師・魔女優・オカルトライター・ホラー映画プロデューサーとして国内外で活動。深月事務所代表、TR総合探偵事務所で心霊捜査担当。

(転載終わり)

関連記事
3・11人工地震の爆弾を製造した自衛隊技術者12名が暗殺!
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-4c91.html
『押尾学事件の陰の主役-森祐喜氏死去』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-26e0.html
『天の怒りか、HAARP攻撃か』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-0d40-1.html
『日本雛型論』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-af0e.html
『日本列島御神体論』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-e2a8.html

| | コメント (0)

クリスマスに一体何が起こる?

【一言】
 「メリー・クリスマス!」 ということで、私からの取って置きの「クリスマスプレゼント」記事です。折角の聖なるクリスマスなのに、「こんなのいらねえよ!」という声が聞こえてきそうですが。でも当ブログを訪問なさる方は、いわゆるB層と呼ばれる一般大衆レベルを軽く脱している方々とお見受けします。よって既にお分かりかと存じますが、以前『クリスマスの起源はサタンの祭り !?』(3回シリーズ)で確認したように、クリスマスとは要はその筋の行事で、イエス・キリストの誕生日とは何の関係もないのです。本転載記事中にもありますが、クリスマスのシンボル的存在の「サンタ(Santa)」とは「サタン(Satan)」つまり「悪魔」の隠れ蓑なのです。例のお騒がせな「エコノミスト誌2015表紙」のお陰で、今年1年、やれ「何月何日は要注意」という連続でした。その総締めくくり版ということになりますが、「年がドン詰まったのにまたかよ~」と、まあ気にせず気にして、さらっとじっくりお読みください(笑)。 (大場光太郎・記)


クリスマスに一体何が起こる?
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51976121.html
日本や世界や宇宙の動向 15:34   


以下の記事はクリスマス=ペーガンの偽神の誕生日に何かとんでもないことが起こるかもしれないと警告しています。
う~~~ん。。。。これまでもこのような種類の警告は何回も発せられていましたが、何せ単細胞のイルミナティのエリートたちは、あまりにもやることがワンパターンであり、一般庶民の方が賢いため、彼らが何をやるかを全てわかってしまうため、彼らの策略がやりにくくなっていると思います。
実際に、エリートたちはクリスマスに何かとんでもないことを起こそうと準備をしているのでしょうが。。。予想されるのは第三次世界大戦と世界(特に新興国)経済崩壊でしょうか。
もし破壊行為を計画しているとするなら、テロ攻撃や核攻撃でしょうか。それと、隕石の最接近でしょうか。
それでも計画通りにはいかないと思います。これまでも、彼らがやってきた偽旗事件は全て暴かれていますので、益々多くの人々が何かおかしいことに気付くだけでしょう。

http://beforeitsnews.com/prophecy/2015/12/christmas-beware-great-deception-could-be-coming-2475950.html
(概要)
12月17日付け

1224


クリスマスと新年に一体何が起ころうとしているのでしょうか。特に冬至が近づくこの時期には悪魔の名前があちこちで使われるようになります。この時期は、太陽崇拝と無意味な儀式が行われることは言うまでもありません。

12241


特に今年のクリスマスは用心が必要です。
クリスマスは真の救世主が生まれた日ではないことを我々は知っています。クリスマスは悪魔を崇拝し悪魔を称え、ペーガンの偽神たち(ホーラス、タンムーズ、他)の誕生を祝うための祭日です。

サンタ(Santa)の文字を並び変えると、Satanになります。聖書的にはクリスマスツリーを飾って祝うことはまさにペーガンそのものなのです。クリスマスは多くのペーガンの神々が生まれた日なのです。
そして、この日にNWOが正式に誕生することになるのでしょうか。


↑ こちらはペプシが制作した短編映画「Black Knight Decoded」です。


11月18日にリリースされた「The 322nd Day of the Year」というタイトルの映画ではスカルアンドボーンズの911と春分の日の322を象徴する数字が使われています。

そして、フーバーダムは至点(春分の日?)の前後に崩壊すると言われています。
さらにマドンナはRebel Heartツアーを春分の日直前の(2016年)3月20日に終了させます。

YoutubeビデオやCMでも多くの記号化されたメッセージが流れています。
「NEXT Full Moon,」というタイトルのビデオでは「世界が準備できたなら、彼らは自らの姿を現すでしょう。」と 伝えています。これはエイリアンや堕天使の出現を意味します。
このビデオのタイトル「NEXT Full Moon」は2015年11月25日の満月ではなく2015年11月以降の満月を指します。次の満月は偶然にも2015年12月25日に現れます。


最後に満月のクリスマスを祝ったのは1977年でした。ここでも77という数字が!
そして今回は史上9度目の満月のクリスマスとなります。

聖書暦では、2015年のクリスマスは10番目の月の13日目の日にあたります。今回のクリスマスは満月となりますが、実際に満月として見えるのは10番目の月の14日目の日です。クリスマスが終わればサンセット(入り日)です。聖書暦の1日は入り日から次の入り日までです。

また、クリスマスは聖書暦の9月23日(12月4日)から数えて21日(3週間)目にあたります。さらに、映画「Krampus」は聖書暦の9月23日(12月4日)にリリースされました。

両日ともに、ユダヤの安息日であり、777(7x3=21)のパターンです。クリスマスはユダヤの1年で最後の安息日です。そしてペーガンの新年の7日前です。2016年1月1日は911と同じで1が並びます。そしてユダヤの安息日から7日目です。また2016年の最初の安息日となります。

12242

ハロウィーンは10月31日です。この日は9月23日から40日目にあたります。今年のハロウィーンはユダヤの安息日と重なりましたが、今度のクリスマスも同様です。
これは単なる偶然ではないはずです。

ハロウィーンとクリスマスの間には55日ありますが、これは何を意味するのでしょうか。
55日には8回の安息日があります。またパリの同時多発テロが起きてから3週間後に安息日が来ました。つまりその日は12月4日であり聖書暦では9月23日にあたります。また、聖書暦の9月23日から3週間後にクリスマスがやって来ます。ここでも33という象徴的な数字が見えてきます。
そして7日目の安息日はThe Day of Completionです。

このようなことからもヤハウェーはクリスマスに何かが起こることを暗示しているのでしょうか。

クリスマスと繋がる象徴的な数字からもエリートはクリスマスから破壊活動を開始し、彼ら待ち望んでいたNWOの統一恐怖政府を誕生させようとしているので4しょうか。
彼らにとって、ぺーガンの神々が生まれた日(クリスマス)や死の日にあたる10月31日(ハロウィーン)や聖書暦の9月23日から3週間後(777)の安息日や満月の日は、破壊活動を開始するのに最適な日なのです。
クリスマスには多くの人々が友達や家族とパーティをしながら、プレゼント交換をし、御馳走を食べて楽しい時間を過ごしています。その時に突然、予期せぬとんでもないことが起こる可能性があります。

12243



クリスマスイブに巨大な隕石(Asteroid163899; 2003 SD220)が地球に最接近すると伝えている記事を目にしました。

meteor_ill_illuminati_cards

皆さん、覚悟をしてください。
Independence Day Resurgenceという映画の予告編がクリスマスの12日前に公開されました。

また、NASAは隕石から地球を守るために核兵器や他の兵器の配備を完了したそうです。もうじき、何かとんでもないことが我々の目の前で起こる可能性があります。
クリスマスや元旦を含む今後数週間以内に何かが起こることを断言します。そのためにも今後数週間は警戒が必要です。
それと、2016年1月1日から、国連のアジェンダ2030が実施されることは言うまでもありません。
何が起こるかは分かりませんが、我々ができることは祈ることだけです

もちろん、これは本物の隕石なんかではありません。
不思議なのは。。。ハロウィーンの日に隕石(大きさが1300フィート=月の1.3倍)が地球に最接近したとも言われています。ここでも象徴的な数字が出てきました。10月31日のハロウィーンに隕石が最接近したそうです。そしてクリスマス=聖書暦の10番目の月の13日目にも隕石が最接近します。

(転載終わり)

【追記】転載文でも触れられていた12月満月は、「12月25日(金)20:11」のようです。

関連記事
『クリスマスの起源はサタンの祭り !?(3)』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-de35.html

| | コメント (0)

【制度廃止へ】赤紙が来た マイナンバー受取り拒否!

-フリージャーナリスト・田中龍作氏のこの転載文が阿修羅に掲載されたのが先々週の後半、『うちもそろそろだろうな』と思っていた先週日曜日(22日)、郵便局員によりマイナンバー通知が配達された。とは言っても、田中氏の文を読むまでもなく、『とにかく受け取りはせず抵抗できる限りとことん抵抗しよう』と以前から決めていた私は、居留守を使って受け取らなかった。後で郵便受けをのぞいてみると、田中氏タイトルの「赤紙が来た」は実に的を得た表現で、ドギツイほど赤い不在通知が投げ込まれていたのである。「赤紙」と言えば戦時中の「兵役強制召集令状」のことであるが、マイナンバーの隠された真の狙いを知る者にとって、まさに召集令状に勝るとも劣らない不気味さなのだ。マイナンバー制は、サタニストらによるNWO完成に不可欠な最重要ツールなのである。その危険性については今から30年以上前、既に『月刊ムー』などで指摘されていた。いつかそのことも踏まえて記事にしたいと思いつつなかなか出来なかったが、これは『ヨハネの黙示録』第13章で示されている「獣の数字666」に直結していくのである。「666の世界統一政府」完成の時、人類全体に個別の識別番号が付されることを、なんと18世紀アメリカの(聖書を丹念に研究した)ある牧師が予言していたのだ。そしてその桁数が「12桁」になることも。マイナンバーはカードで終わるものではない。最終的には人体にマイクロチップを埋め込み、我々人間は家畜管理され生殺与奪の権を握られるのだ。日本は米国とともに世界有数のNWO翼賛国なのだから、このまま行くとその可能性は100%。こういう究極の邪悪意図を隠したマイナンバー制は、多くの国民の受け取り拒否の意思表示で何としても廃止の方向に持っていくべきである。 (大場光太郎・記)-

11279_2


赤紙が来た マイナンバー受取り拒否(田中龍作ジャーナル)
http://www.asyura2.com/15/senkyo196/msg/739.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 11 月 19 日 19:45:05
http://tanakaryusaku.jp/2015/11/00012438
2015年11月19日 18:40 田中龍作ジャーナル

11276_2
郵便局がマイナンバーカードを届けに来たが、田中が不在だったため投げ込んで行った。(照明の加減で白っぽく写っていますが、実物は濃いピンク色です。)

 郵便局の「簡易書留・不在連絡票」が玄関の郵便受けに差し込まれていた。

 不在連絡票は通常白い紙なのだが、郵便受けにあったのは赤紙だった。ギョッとした。

 「マイナンバー通知カードをお届けに参りましたが、ご不在でした」とある。差出人は中央区役所だ。

 受け取りたくもないカードを勝手に届けてくるとは、「押し売り」に等しい。国家による押し売りを質すべく、総務省に電話を入れた。すると内閣官房に回された。

問:マイナンバーカードを持たないとペナルティーはあるのか?

答:ペナルティーはない。

11277_2
政府は新聞に一面広告。しかも女優の上戸彩さんを起用するほどの力の入れようだった。莫大な宣伝費用がかかっている。 (※一言 上戸彩は喜んで協力するだろう。創価学会員で「あっち側」の人間だからね。)

 問:持たないと不利益はあるのか?

 答:障害者手帳、児童手当などを受け取る場合は必要。
 
 問:持たずに済ますことはできるのか?

 答:持つのは義務ではない。

 「持つのは義務ではない」が、社会保障を利用するには、マイナンバーカードが必要なのである。

 低所得者がせめてもの家計の足しにとパートに汗を流したものまで課税される。

 経済的徴兵にも簡単に利用されるだろう。

 年金ひとつ管理できない政府が、医療、税金、個人資産などあらゆる分野まで、把握しようというのである。この上なく危ない。

 せめてもの自衛策がタンス預金である。タンス預金に走る人が増えているためか、金庫が売れているという。

 今のところマイナンバーカードを持つ必要のない田中は受け取りを拒否している。

     ~終わり~    (転載終わり)

【参考】

 また、小さき者にも、大いなる者にも、富める者にも、貧しき者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々に、その右の手あるいは額に刻印を押させ、この刻印のない者はみな、物を買うことも売ることもできないようにした。この刻印は、その獣の名、または、その名の数字のことである。ここに智恵が必要である。思慮のある者は、獣の数字を解くがよい。その数字とは、人間をさすものである。そしてその数字とは666である。    (日本聖書協会1954年改訳『ヨハネの黙示録』第13章16-18)

11278


関連記事
『マイナンバーの最善の対策は「何もしない」 各省庁がお墨付き、記載なくても不利益ない。』
http://www.asyura2.com/15/senkyo197/msg/223.html
『マイナンバーの通知カードは、まず「不在→留め置き期間経過」を狙う、「受け取り拒否」は最後の手段で。』
http://www.asyura2.com/15/hasan101/msg/748.html
『「マイナンバーの通知カードの簡易書留」の不在票は 完全無視 で一切に問題が無い。』
http://www.asyura2.com/15/hasan101/msg/868.html

| | コメント (0)

【ヤラセ・パリ事件】バタクラン劇場のテロ事件はフランス政府の自作自演だった?

一連のパリテロ事件については『日本や世界や宇宙の動向』サイトが、それが偽旗作戦だった可能性が高いことを連続記事として出しているが、今回はそのうちパリ事件最大の被害者を出したとされるバタクラン劇場に焦点を当てた記事を転載する。同劇場での死者数は100人超との報道もあるが、同劇場テロは何と仏政府の自作自演だったというのだ。(詳しくは転載文をお読みいただくとして)しかしこれは今さら驚く事でもないだろう。世界にこれだけの混迷をもたらすきっかけとなった911は、米国政府などによる自作自演だったのだから。邪悪な目的のためには手段を選ばない「何でもあり」が奴らなのである。故・ダイアナ妃が英王室連中をさして「あの人たちは人間ではないわ」と親しい人に語ったというが、人類を支配している(つもりになっている)スーパーエリート連中の正体は悪魔崇拝の「爬虫類人」であり、人間ではないのである。(体感している人もいるかもしれないが)地球の波動上昇に伴い、爬虫類人はいくら人の生血を飲み人肉を食らって人間のホログラムを保持しようとしてもそのうち正体を隠しておく事はできなくなるだろう。その時すべての人が気がつくだろうが、奴らはその前に人類支配のすべてを仕上げてしまうつもりでシャカリキなのだから、それまでに「まともな人間」である私たちがいかにやつらの支配構造を打破できるか、つまるところすべては私たち一人ひとりの覚醒にかかっているのである。奴らが一番恐れているのが「人間の覚醒」で、私たちは本来奴らと対等な存在なのであり、奴らの世界システムの奴隷になるいわれなどないのである! (大場光太郎・記)-


バタクラン劇場のテロ事件はフランス政府の自作自演だった?
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/?p=3
日本や世界や宇宙の動向 12:12 

以下の記事は、フランス政府がバタクラン劇場にいた人たちを殺害しテロの犠牲者として利用したことが明らかになったと伝えています。
この記事を読む限り。。。どうやら今回の偽旗同時多発テロは、NATOなどがシリアを完全に破壊するために第三次世界大戦を手っ取り早く勃発するための工作だったようです。
バタクラン劇場でのテロ事件はフランス政府のねつ造だったとのことですが、実際に多くの人たちが殺害されてしまいました。
しかし他の事件現場では他の国の政府或いは諜報機関が関与したのではないでしょうか。フランス政府だけでこれだけの偽旗事件が作り出せるわけもありませんし。。。
別の記事によると、この事件が起こる2週間前にワシントンDCでアメリカの副大統領とフランス、アメリカ、イギリス、イスラエルなどの諜報機関が秘密会議を開きパリでの偽旗テロの計画を練ったそうですから。。。

9.11テロ事件が起きた時には、世界中の誰もが主要メディアが報道するニュースに騙されましたが、今回は様々な人々が偽旗テロ事件の真相を明らかにしています。

G20では対テロ対策が盛り上がりました。彼らは偽旗テロ事件が成功したことと、これで第三次世界大戦を始める口実ができたと祝杯をあげているのでしょうか?

http://beforeitsnews.com/alternative/2015/11/busted-totally-proven-beyond-all-doubt-the-french-government-staged-the-attacks-3243908.html
(概要)
11月16日付け

11203

フランス政府が今回の偽旗同時多発テロを仕掛けたことが証明されました。
フランス政府は、バタクラン劇場から出てきた人たちを一斉検挙し、彼らを拘留した後に殺害しました。その後、劇場内を血まみれ状態にセットし遺体を置いたのです。

メキシコのメディアのミスにより、フランス政府が特定の観客らを拘留した後に殺害しテロの犠牲者を作り上げたことが明らかになりました。
バタクラン劇場で起きたテロ事件により大勢の犠牲者が出たと報道されましたが、彼らはイスラム過激派によって殺害されたのではない事が分かりました。
バタクラン劇場でテロリストに殺害されたと報道されたメキシコ人の若い女性(Nohemi Gonzalezさん)は、事件発生時には生きていました。彼女の家族が、事件直後に彼女の安否を確認するために、彼女のボーイフレンドに電話したところ、彼も彼女も一緒に劇場の外に出て元気でいると伝えました。
しかし、電話で通話した直後に彼女は当局に連れて行かれ殺害されたのです。
つまり、バタクラン劇場ではテロ事件は発生していなかったのです。フランス当局が大量殺人を行い、テロの犠牲者をねつ造したのです。

テレビのニュースで、バタクラン劇場で起きたテロ事件が報道された時、ニュースの画像を注意深く観察しましたが、遺体はホンモノのように見えました。
その後、犠牲者の遺族がテレビに出演し、テロ事件が起きた時には娘は殺害されていなかったと語ったのです。事件が起きた時、劇場から人々が出てきて劇場内は空になっていました。その時、彼女も外に出てきました。そしてその後、フランス当局に連れていかれ殺害されたと遺族は語ったのです。

フランス政府は、この劇場でテロの犠牲者をねつ造するために、多くの遺体が必要だったのです。そして彼女も殺害されました。フランス政府は劇場から出てきた人達を一斉検挙し拘留した後に後に殺害し血まみれの遺体を劇場内に戻したのです。

事件が起きた時にバタクラン劇場にいた一般人が携帯電話で撮影した映像が公開されました。その映像によると、劇場では銃撃事件は起きていなかったことが分かります。何の発砲音も聞こえません。
しかし劇場内には多くの遺体が用意されました。
当局は特定の人々を殺害した後、遺体を劇場に戻したために、劇場の床には血まみれの遺体が引きずられた跡がついていたのです。

今回、グローバル・エリートが支配する主要メディア(メキシコのメディア)がミスをしたことで偽旗事件の真相が暴かれてしまいました。
また、事件現場の画像はフランス政府が撮影・公開したものです。フランス政府は劇場にいた観客のIDを事前に確認し、誰を殺害するかを決めていました。
もしフランス政府に殺害された犠牲者の中に外国人が含まれていたなら。。。殺害する人物の国も特定していたのです。彼らはできるだけ多くの国を巻き込むために多くの外国籍の人たちを殺害した可能性があります。
彼らは第三次世界大戦を勃発させるためなら何でもやってしまいます。

フランス政府は、劇場にいた人たちの中で、政治的利益のために都合の良い人たち(IDや国籍を確認)を特定し、彼らを一斉検挙した後に殺害し劇場内に遺体を戻しました。しかし拘束した人たち全員を殺害したわけではありません。政治的に都合の良い人たちのみを殺害しました。

フランス政府によって、劇場でのテロの犠牲者を創り出すために殺害された人たちの国籍は:
ベルギー、トルコ、フランス、スウェーデン、チュニジア、メキシコ、アメリカ、チリ、アルジェリア、ポルトガル、イタリア、モロッコ、スペイン、イングランド、ドイツ、その他(まだ確認中)です。

メキシコの遺族は事件後にどのようにして彼女が殺害されたかを知りたがっています。

こちらのビデオでは、ジャーナリストが今回のテロ事件の真相を暴露しています。

Philosophers stone – selected views from the boat http://philosophers-stone.co.uk

(転載終わり)

関連記事
『【ヤラセ・パリ事件】遂に謎が解けた!エコノミスト誌表紙の数字はパリ事件予告だった!』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/post-208c.html
『【ヤラセ確定パリ事件】(その一例)ボストン、今回のパリなど都合4か所事件でお決まりの<泣き女>は同一人ではないかと話題に!』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/post-733a.html

| | コメント (0)

より以前の記事一覧