【コロナでわかったこと】①カトリックは悪魔教②ヨーロッパ王室は人食いトカゲ③天皇は暗殺者家系④セレブ、エリートは悪魔の手下⑤メディア、エンタメは仮想現実etc

-賢明な読者の方々は、コロナ以前から、以下にEkoAさんが示されている各項目についてはほとんどご存知だったのではないだろうか。私としては、この項目には含まれていないが、「ロンメル死」あるいは「アドレノクロム」はコロナ騒動によってはじめて知った(アドレノについてはそういう飲み物があることは前々から知ってはいたが具体的には知らなかった)。こんな重大秘密を今の今までほとんどの人類は知らずにいたのだ。ロンメル死では志村けんがそうだったと言われているとおり、また嵐の櫻井翔の名前が上がっているように、『えっ、まさかこの人が~』と、にわかには信じられないような人物がこれからさらにどんどん上がってくるかもしれない。すべてアドレノクロム病みつきの病人だったということである。それだけではなく、その先の児童生け贄悪魔儀式への関与も疑われるとなるとこの者たちはもうどうしようも救いのない重病人ということである。こういうことが人類史の裏側で、一般に知られることなくずっと営々と続けられてきたのである。そういうおぞましい裏面史に史上初めてメスが入れられることになった。数日前のトルコ国営放送が、米国ハリウッドのアドレノ常飲者サタニストたちを画像つきで紹介、解説していた。こういうことは今後全世界的に起きてくることだろう。こうしてようやく、世界中の多くの子供たちがもう二度とぺドサタニストたちの魔手にかからずに済むようになるのである。手がつけられないほどガチガチのカバールメディアのわが国テレビ界がこの問題を取り上げるのはいつのことだろうか。コロナ以上に恐ろしい5G網全国各都市設置や毒入りワクチン強制接種法の凶行成立が間近に迫っている今、国内メディアの脱カバール化とそれに伴う国民の覚醒が急がれるゆえんである。 (大場光太郎・記)-

【本日のツイート】









EkoA

@Eko39111652






コロナでわかったこと
①カトリックは悪魔教
②ヨーロッパ王室は人食いトカゲ
③天皇は暗殺者家系
④セレブ、エリートは悪魔の手下
⑤メディア、エンタメは仮想現実
⑥戦争、自然災害は全部人工
⑦今まで現実と信じてきたことは全部独裁者作った仮想現実でヤラセだった
つまり真実は真逆にある


午前11:03 · 2020年7月7日Twitter for Android






















ゆたんぽ@愛って素晴らしい

@Iw2VRKHlWpoi2Ki






返信先:
さん

20年ぐらい前に亡くなった祖母は昔から、テレビを観るなと言ってました。自然食を好み水や塩にもこだわり電磁波対策もしてました。
人と逆の事をしろと言ってました。





4




82




367





























EkoA

@Eko39111652






戦前の人はこの未来を憂えていただろうね〜






















大治郎DaiJiro

@yuFUhPvHknTMZj6






返信先:
さん

天皇は暗殺者家系とは
過去の古い歴史にて継承者争いについてとかですか?
スミマセン勉強不足で





2








2





























EkoA

@Eko39111652






大和朝廷の歴史は家督争いの戦続き、明治以降はフリーメイソンの手下として働く陛下、
いろんなキーワードで検索したら今はボロボロ出てきますよ






















咲珈琳

@Saccharin222






返信先:
さん

この辺の事、最近ザックリわかってきました。
子供の頃住んでた世界と違う、パラレルワールドに来てしまった気分です。
全て公になる日は来るのでしょうか?
来てくれないと、私はずっと「変人」です

号泣





1




2




50





























EkoA

@Eko39111652






年内にはみんなの認識がこうなると思うよ、実際にそう持っていこう〜






















ゆうこ〜ん

@pckI569wrvmPyvB






返信先:
さん

絶望し、知らなければよかった、、と思った時もありましたが、もう、知らなかったことにはできないんです。自分ひとりのチカラは小さいけど、一人でも多くの人に真実を伝え、大きなチカラになれば、希望に変わりますね。。。





1








22





























EkoA

@Eko39111652






新しい世界の扉が開く感じがするね






















ナメック星人

@okeikonojikann






返信先:
さん

解り易く簡単に纏めて頂きありがとうございます

目が笑っている笑顔

見事に世界は真逆でしたね!

国連、WHO .NGO、日赤、各国の政府、宗教、ハリウッド、有名人、世界の王室
そこで働く人は、知らずに悪に加担してるなど思ってもみないでしょう

早く、国民が周知する事を願います





1




4




11





























EkoA

@Eko39111652






働く人たちは善意ですよね、だからこそ知りたくない人も多いかもしれないですね

汗マーク













1





























poco

鼓動するハート

@pocopoco0016291






返信先:
さん

本当の天皇っていないのかな

ゾッとしている顔





2








4














EkoA

@Eko39111652





いるみたいだよ…いろんな説があってゴチャゴチャしてて、漏れが本当かわからない、
でも居たとしてももう誰かを上に立てて拝むのはイヤだな、
天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず!の世界になりたい



(以下省略)  (以上転載終わり)

| | コメント (0)

【これは凄い】世界中で大量逮捕は既に始まっていた 世界中の王族、政治家、ハリウッドセレブetc...は逮捕され処刑された!

-もし本当なら、これは闇の勢力による世界的コロナ騒動を逆手に取った光の勢力側の反転攻勢ということだろう。すぐ下の動画を見れば分かるが、欧米の王族、政治家、ハリウッドスターなど200人ほどの欧米の著名人たちが逮捕されほとんどが既に処刑されているというのだ。7月4日のアメリカ独立記念日までに何か大きな動きがあると言われていたが、これもその一つなのだろうか。政治家でいえばビル・クリントン、子ブッシュ、オバマ、ヒラリー・クリントン、トニー・ブレア、メルケル、マクロン、ナンシー・ペロシから(今米国大統領選のトランプの強力な民主党対立候補と目されていた)ジョー・バイデン等々、全員逮捕され既に処刑されているというのだ。欧州王族では旧英国王室のエリザベスⅡ、チャールズ皇太子など多数。ハリウッド関係では、トム・ハンクス、ロバート・デニーロ、ニコラス・ケイジ、ケビン・スペイシー、ブラット・ピット、トム・クルーズ、ジョニー・ディップ、デミ・ムーア、ジョン・トラボルタ等々。そのほかマドンナ、ナオミ・キャンベル、レディ・ガガなども。意外なところではキアヌ・リーブスやマイケル・ムーアも。そうそう肝心な人物を忘れるところだった。コロナ騒動の中心的人物のビル・ゲイツも妻メリンダともども処刑済みと。どうすんだよカバール闇勢力。コロナ最重要戦力のビル・ゲイツまであの世に持ってかれてしまってよ(笑)。ジョージ・ソロスがいるから大丈夫だって?バカだな、ソロスもとっくに処刑されたっつうの。とかなんとか呟きながら、同動画の逮捕&処刑者リストを眺めながら日頃の鬱憤を晴らしていただきたい。とともに、直前記事では「櫻井翔親子逮捕か」を紹介したが、有名芸能人はもとより、安倍晋三、麻生太郎、竹中平蔵、孫正義らわが国極悪人たちの逮捕情報も心待ちにしたいものである。 (大場光太郎・記)-

世界中で大量逮捕はすでに始まっていた!!世界中の王族、政治家、ハリウッドのセレブetc...は逮捕され処刑された!!





待ちに待った大量逮捕は以下のリストで理解できるように、コロナウイルスの真っ只中に、世界中ですでに実行されていたようです。主要政治家、ハリウッドのセレブ、世界中の王族、グローバリスト企業家、etc、など全てがすでに逮捕されていたようです。

59912
(※ 父ブッシュ夫人バーバラ-以前記事にしたとおり実は男-の葬儀時の集合写真。向かって右端のメラニア夫人以外は全員処刑済み。今後公に出てくるようならそれは「クローン」!)


【本日のツイート】















大花慶子 ハナリン

@ohanakeiko






うわ!もうこんなに逮捕&処刑されてたみたい

めまい顔
世界中で大量逮捕はすでに始まっていた‼︎世界中の王族、政治家、ハリウッドのセレブetc…は逮捕され処刑された‼︎ youtu.be/ORjsZVB4WbI より #大量逮捕








世界中で大量逮捕はすでに始まっていた‼︎世界中の王族、政治家、ハリウッドのセレブetc…は逮捕され処刑された‼︎

待ちに待った大量逮捕は以下のリストで理解できるように、コロナウイルスの真っ只中に、世界中ですでに実行されていたようです。主要政治家、ハリウッドのセレブ、世界中の王族、グローバリスト企業家、etc、など全てがすでに逮捕されていたようです。 関連動画:【武田邦彦】99%が知らないレジ袋有料化の正体!今では放送禁止にな...

youtube.com






















キョエ@くちぱっちん

@358_tomy






返信先:
さん, さん



日本国旗
の天◯はどうなんでしょう?





1








12





























cryptoЭnoch

@cryptounko






各国の王室、皇室、DS側の各国リーダーは全て逮捕などされているようです






















カバールバスター

@petennou31






返信先:
さん, さん

ボリスジョンソン、キアヌリーブス!?









1




11




























うみ

@dtonbGkKKqCVbkw






返信先:
さん, さん

JoeBidenとBorisJohnsonが処刑ってことになってますねw
ジョンソン首相は光側だと思ってた













22





























runa

@runababy






返信先:
さん, さん

マジですか?!
これ、ちゃんと正式に発表しないと混乱招きますよね、、、、
理解できてる人は良いけどそうでない人がまだまだ居る現状でただのデマと言われかねない

口を開けて冷や汗をかいた笑顔


しかし、こんなにハリウッドで蔓延してたとは、、、人間の欲って恐ろしい。













11




























Belle

@Belle89579887






返信先:
さん, さん

ハリウッドどうなるんでしょう?
誰もいなくなる、なった?














ネコ好きQ

日本国旗
精神修業中~

キラキラ

@nekosukihitujis






返信先:
さん, さん

………(゜ロ゜) (スゴすぎて言葉が出ない)

!!(゜Д゜;ノ)ノ
各国トップがほぼ処刑対象って

ゾッとしている顔














嶋ぽち

@RainbowJewel222






返信先:
さん, さん

日本人の名前はないんですね






















音響趣味悦楽的快楽魔物

@otojoydemon






返信先:
さん, さん

日本も、逮捕山場迎えてますね。
富士山と各地の地下トンネルのペド施設ぶっ壊しと子ども達お助けマンの任務続いてます。
フェイクコロナ感染者数増えてますが、逮捕作戦の流れ弾被弾防止とDS連中のテロに巻き込まれないようにする為の注意喚起の意味がありそうです。(新宿六本木渋谷が危ないそう)





1




4




19



















IDOL JAPAN

@Top_IDOL_Japan






返信先:
さん, さん

まるで独立記念日に合わせてるかのように・・・。
昨日のピザゲート地下室の子供拷問映像見たあとなんで、1人残らず逮捕して同じ目に遭わせてやりたい気分です。

角つき笑顔

怒った顔






























👁

ダメ

@bghkbu






返信先:
さん, さん

日本では電通社長が緊急逮捕確定らしいです。秋口以後、日本でも大量逮捕、ロンメル死が増えると、テレビ局のご友人に聞いたという方がいってました。




(以上転載終わり)

| | コメント (0)

【奇妙な暗合】911、その日から6666日に米国初のコロナ発生、ジョージ・フロイトの死、HR6666(コロナ監視法案)

-たまたま覗いた「GAIA FORCE TV」氏ツイッターで、以下に転載するような興味深いツイートを見かけた。911とコロナをつなぐ、本タイトルのような「奇妙な暗合」についてである。このような暗合は偶然起こったものではあるまい。以前もERIさんツイートによる、911と311に関する奇妙な暗合のケースを紹介したことがあった。すべては予め用意周到に仕組まれていたと考えるのが自然だ。得体の知れない不気味な存在たちによって。なお、6月1日からツイッターの方式が変わった。七面倒くさくなり、貼り付けも以前のようにはうまくいかない。閲覧しづらいかもしれないが「乞う、ご寛恕」。 (大場光太郎・記)-

【本日のツイート】























GAIA FORCE TV ღ

@GAIAFORCETV






2019年12月12日。
米国で1人目のコロナ患者が発見された。

それは計算するとあの9.11の6666日後










画像


画像





6




61




210





GAIA FORCE TV ღ
@GAIAFORCETV
●911が起きた時刻 8時46分

8時46分40秒、アメリカン航空11便はニューヨーク市のワールドトレードセンター北棟に激突。

●ジョージフロイドを窒息させるまでの時間 8分46秒

8分46秒間フロイドの頸部を膝で強く押さえつけ、フロイドを死亡させた
画像
2
31
108















GAIA FORCE TV ღ

@GAIAFORCETV






【666】
HR6666(コロナ監視法案)がアメリカで始まる

Covid-19に関する混乱が世界中の生活、政府、メディアを支配し続ける中、HR 6666が米国下院で導入され、この国のすべての人々の監視を合法化するための戦略を実装するために転用を使用することを目的として、憲法第1条への明確な違反。

(以上転載終わり)

| | コメント (0)

【タイタニック号を沈めた男】彼(船長)は、タイタニックを沈めよとのイエズス会上層部からの指示を受け、それを忠実に実行した。

-タイタニック号沈没の真相に関しては、当ブログでも2015年4月12日既に記事にしている。米国連邦準備制度(現在FRBという名の民間銀行)というロスチャイルド金融支配を米国でも本格化するため、それに強硬に反対していた米国内の大富豪の何名かを葬るために同制度と利害が密着していたイエズス会が周到に準備して沈没させたものだった。今回転載するWANTON氏サイト記事は、別角度から切り込んだ優れた内容なので再度このテーマを取り上げることにした。ロスチャイルド、イエズス会、ヨーロッパの黒い貴族、イルミナティ・・・。それらは今日「カバール」と一くくりで呼ばれている。WWⅠ、WWⅡ、911、311そして今回のコロナ騒動に至るまで、世界的悪しき大イベントの奥で常に同じサタニストグループが暗躍していたのである。タイタニックに関しては前にも述べたことだし、私のコメントはこれくらいにして以下転載文をじっくりお読みいただきたい。 (大場光太郎・記)-


「彼は、タイタニックを沈めよとの指示を受け、それを忠実に実行した。」
https://ameblo.jp/64152966/entry-11223742254.html
2012-04-15 13:04:11 WANTONのブログ



 「彼は、タイタニックを沈めよとの指示を受け、それを忠実に実行した。」  



              タイタニック号沈没の隠れた目的 



Truth Triumphant Ministries が出版し、Tree of Life Resources が再版した、
The Secret Terroristsでは、タイタニック号沈没事故の原因として、
ローマ・カトリック教会の組織イエズス会がはっきりと非難されている。
http://www.pacinst.com/terrorists/preamble.html

イエズス会は、1540年に設立され、カトリック教会内で急速に成長した組織で、
ヨーロッパの支配的家族に忠誠を尽くしてきた。 

ローマ法王とカトリック信仰を擁護するためにほとんどあらゆる国で活動している。1773年、
クレメント14世は、イエズス会を弾圧したが、1814年に教皇ピウス7世により回復した。

今日、数々の大学や伝道団体を支配する非常に影響力の強い組織であり、
カトリック信仰とローマ法王の権力を強化するために活動している。

しかし、この組織には負の側面があり、数百年にわたって、
CIAのように暗殺活動を実行してきた。

1910年、7人の男がジョージア州の沿岸にあるジキル島において会合を開いた。

目的は、連邦準備制度の創設。ネルソン・アルドリッチとフランク・ヴァルダークリップは
ロックフェラーの金融帝国の代表者であり、ヘンリー・デイヴィドソン、チャールズ・ノートン、
ベンジャミン・ストロングは、J・P・モルガンの、ポール・ウォーバーグは、ヨーロッパの
ロスチャイルド銀行帝国の代表者であった。

ロスチャイルドの銀行は、イエズス会の取引銀行であり、ローマ・カトリック教会の富を
管理していた。

モルガンとロスチャイルド、ロックフェラーのギャングたちは、互いに競合相手であったが、
協力してある企てに乗り出した。G. Edward Griffinの'The Creature From Jekyll
Island (American Opinion Publishing P. 209)によれば、
彼らは、連邦準備制度と呼ばれる米国銀行カルテルを創設した。


本書の書評はこのように述べる。



「銀行家たちがどのようにお手盛りで手軽に刷った金によって政治家をそそのかし、
世界の大部分を支配するにいたったかが記されている。」


ロスチャイルドとモルガン、ロックフェラーは、イエズス会に支配されている。

このもっとも有力な家族は、「アメリカの憲法が保障する自由を破壊し、教皇を世界の王に
据えるためならば何でも行う」用意がある。

タイタニックの造船は、アイルランド・ベルファストの造船所で1909年に起工された。
ベルファストは、プロテスタントの土地であり、イエズス会が嫌う場所であった。

モルガンは、ホワイト・スター・ライン社を支配した。イエズス会は、J・P・モルガンに命令し、
タイタニックを建造させた。豪華客船として建造される最初から、この船には、特別な運命が
与えられていた。

連邦準備制度に反対する人々は多かったが、その中に、ベンジャミン・グッゲンハイム、
アイサ・シュトラウス、ジョン・ジェイコブ・アスターがいた。彼らは、世界でもっとも裕福
な人々であり、連邦準備制度に反対するイエズス会の敵であるだけではなく、第一次世界大戦
に反対するために資金と影響力を行使する用意のある人々であった。

彼らは、騙されてこの船に乗り込まされた。

これは、過去最大の客船の「処女」航海であった。「絶対に沈まない」という触れ込みにより
航海に不安を抱く者はいなかった。多くのアイルランド、フランス、イタリアのカトリック教徒
たちが乗客となった。ベルファストのプロテスタント教徒たちも、タイタニックで合衆国に
移民するようにそそのかされた。
彼らのほとんどは「消耗品」扱いであった。

事故の本当の目的は、超大金持ちによる超大金持ちに対する攻撃だった。
つまり、グッゲンハイム―シュトラウス―アスターを暗殺することこそこの船の建設目的であった。


「彼らは、あまりにも不合理であり、誰も彼らが殺害されたと思わず、イエズス会がその犯人
であるということを悟られないような方法によって殺害されなければならなかった。」


National Geographic 'The Secrets of the Titanic,' (1986)によると、
タイタニックの船長エドワード・スミスは、イエズス会士であり、J・P・モルガンの傀儡であった。

南イングランドから出航する際、フランシス・ブラウンが乗り込んだ。彼は、アイルランド全体
でもっとも権威のあるイエズス会士であり、「イエズス会においてエドワード・スミスの主人で
あった。」ここにイエズス会の策略の真骨頂がある。

教区長フランシス・ブラウンは、タイタニックに乗り込み、犠牲者(乗客)の写真を取り、
船長がイエズス会の誓いを忠実に守ることを信じつつ、翌朝船長に別れを告げた。
(Eric J. Phelps, Vatican Assassins Halcon Unified Services. P. 247)

スミス船長は、この高位の「イエズス会の将軍」を神とあがめていた。
ブラウンは、北大西洋海域において何をすべきか指示した。


「エドワード・スミスは、タイタニックを沈めよとの指示を受け、それを忠実に実行した。」


イエズス会の秘密の原理は、
「より大きな善のためならば、無辜の人々を犠牲にしてもかまわない。目的は手段を正当化する」
というものである。

スミス船長は、北大西洋航行歴26年間のベテランであり、この冷たい海においては
「もっとも熟達した船乗り」であった。

彼は、この船がイエズス会の敵を暗殺する目的で作られたということを最初から知っていた。
それは、「死の船」であり、処女航海において沈められる運命であった。
船長には、どこに氷山があるか正確な知識があった。

秘密の指令に基づき、月の出ない闇夜に、80平方マイルの巨大氷山の密集する海域を、
22ノットという全速力で船を航行させた!「ヴァチカンに鎮座まします彼の神からの指令を受け」
ているので、コースを変えるつもりはさらさらなかった。・・・

救命ボートの数は不足していた。それは、意図的であった。救命ボートの多くは、緊急時に
数名の婦女子を乗せるためのものであり、男性用はなかった。
遭難発火灯は海中に投げ捨てられた。

近くを航行する船は、タイタニックがパーティをしていると誤解した。
発火灯は赤色であるはずがそうではなかったからだ。
これらの例は、「タイタニックが沈むはずがない」と信じた乗組員の傲慢によるのではなく、
故意によるものである。

上記の連邦準備制度に反対した金持ちは、中流及び下流の人々とともに海のもくずと消えた。
ジョン・ジャコブ・アスターの妻は救助された。モリー・ブラウンも救出された。
タイタニックの沈没は、世界大戦を除けば、20世紀の最大の悲劇であった。
The Secret Terroristsによれば、
それは、ローマ・カトリック教会イエズス会による仕業であった。

・・・1912年4月14日(アブラハム・リンカーンの暗殺と同じ日)に、タイタニックは沈んだ。
1913年12月、連邦準備制度が合衆国に誕生した。
8ヵ月後、イエズス会は、連邦準備制度を通じて十分な融資を受け第一次世界大戦を開始した。

連邦準備制度がタイタニックの沈没の直後に造られたことに着目してほしい。金持ちたちは、
いつも不要な戦争を生み出し、貧困者たちは戦闘の中で死んでいく。
The Secret Terroristsでは、テンプル騎士団やフリー・メイソン、イルミナティなど
具体的な名前が挙げられていない。しかし、これらの秘密結社は、この事件に関与しており、
銀行、貨幣制度、石油会社、企業、政府、政治家、軍、警察、立法制度、司法制度、教会、
学校、メディアなどを支配している。

この世界は、常に金持ちで権力のある人々によって支配されてきた。
エリートたちは、ニュースを作りだし、大きな国際的事件を引き起こしている。
William Randolph Hearst は、ニュースを造り、
自分の新聞を使ってプロパガンダ活動を行っている。

1929年の株式市場を破壊し、大恐慌を作り出したのはこれらの金持ちたちである。
恐慌の中で彼らは大きな利益を得た。
すべてを失ったのは、中流のにわか投資家たちであった。

タイタニック号沈没は、史上最大の完全犯罪であった。

ダグ・ユーチェイ
http://www.world-mysteries.com/doug_titanic1.htm の要約



以下の記事より転載