【安倍小学校事件】早く幕引きしたい官邸を忖度し読売・NHKなどはほとんど報道せず こうなったら「ネット草の根運動」で大拡散しよう!

-民進党、共産党議員たちの渾身の追及により、国会では日々森友学園事件の新たな事実が出てきている。毎度引き合いに出す阿修羅掲示板などは、そりゃもう凄いものだ。拍手ランキング50位のうち、この事件関連記事が39もある。日刊ゲンダイも1面から3面のいずれかで、毎日同事件関連を記事にしている。一言言えば、日刊ゲンダイの記事内容の深さ、追及の鋭さは本来、昔々は「社会の木鐸」と呼ばれた大新聞が報ずべきものだ。同事件報道の口火を切った朝日新聞、そして毎日新聞や東京新聞なども少し本腰を入れて報道し始めたようで一定の評価はできる。テレビでは何と言っても(意外なことに)テレビ東京が他局の追随を許さぬ奮闘ぶりだ。同局の『ゆうがたサテライト』で、既に2回にわたって安倍晋三・昭恵小学校事件を掘り下げて報道しているのだ。翻って、「安倍友新聞」の読売、産経両新聞や系列テレビ局、「安倍様の」NHKなどはアリバイ的にほんのチョロッとしか報じていない。同じ新聞・テレビでも安倍政権に対する距離感によって、同事件報道姿勢がくっきり分かれている構図である。それにしても、(岸信介などとともにCIAスパイだった正力松太郎が大きくした)読売新聞は犯罪的だ。アリバイ的に何面かの隅っこで一度小さい記事にして「ハイ、お終い」。読売を牛耳っているのは渡辺恒雄だが、この者は安倍増長と最多の8回も会食しており、平成ただ今の筆頭老害というべきだ。真に伝えるべきことを意図的に伝えない読売は、(正力のCIAコードネームを取って)PODAM読売と言われている。2年ほど前、ある女性ジャーナリストが「貴社はポダム新聞と言われているが事実か」「貴社の渡辺恒雄氏もCIAスパイなのか」などというドキッとする質問をぶつけたらしいが、もちろんなしのつぶてだった。喫緊の事件をロクに報道せず、先週末読売調査で内閣支持率66%をはじき出すような胡散臭さでは、そのような質問を投げかけられても仕方あるまい。いずれにせよ、こんな大疑獄事件を官邸の幕引き意向でウヤムヤ決着にさせては末代までの日本国民の恥だ。「ネット草の根民主主義」の本領発揮。燎原の火。全国民にこの事件が知れ渡るまで大拡散していくべきだ。 (大場光太郎・記)-

21016

森友学園、ほんとのなまえは「あべとも学園」(別名「すしとも学園」とも呼ぶ)
[ 2017/02/20 14:44 ] 名無し [ 編集 ]

上至言の転載元
森友学園の国有地買収騒動、安倍昭恵氏が関与否定!「主人が国会で話した通りです」
http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/122.html

21015

【森友学園】設立経緯が不透明すぎる「神道小学校」・・・学校用地の取得単価は隣接する土地を購入した豊中市のおよそ10分の1★4 [無断転載禁止]©2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1487575236/7

7 :名無しさん@1周年:2017/02/20(月) 16:21:44.68 ID:qv7qntyQ0
  ☆機能している報道機関

 ○朝日新聞
 ○毎日新聞
 ○産経新聞
 ○東京新聞
 ○西日本新聞
 ○新聞赤旗
 ○テレビ東京
 ○TBSテレビ
 ○MBSテレビ(大阪)
 ○ABCテレビ(大阪)
 ○テレビ大阪(大阪)


△動きの鈍いアンコンされてる報道機関

 ○NHK
 ○テレビ朝日
 ○関西テレビ(大阪)


●ネトサポなみ報道機関(報道機関なのか?)

 ○読売テレビ(大阪)
 ○読売新聞
 ○時事通信 
 ○日経新聞
 ○フジテレビ 
 ○日テレ



報道各社の首相との会食頻度
http://i.imgur.com/HdXBj4U.jpg

20716

【アベ小学校疑惑】マジで幕引き図る政権とマジで追随するマスコミ(田中龍作ジャーナル)
http://tanakaryusaku.jp/2017/02/00015405
2017年2月22日 20:41 田中龍作ジャーナル

21013
ヒアリング会場で撮影するテレビ朝日のカメラマン。日本のテレビ局でただ一社だけだった。=22日、衆院第4控室 撮影:筆者=

 「与党の方がもう幕引きを図りたいということなのか。採決をどんどん提案している」。こう話すのは民進党の衆院予算委筆頭理事である長妻昭議員だ。

 長妻氏の言う通り「平成29年度予算案」は来週前半に衆院予算委で採決される見通しだ。予算案が採決されれば予算委員会は開かれなくなる。

 安倍晋三記念小学校への国有地タダ売り疑惑は、少なくとも衆院で日の目を見ることはなくなる。

 官邸の思惑を察してか。大阪以外のマスコミは幕引きモードに入ったようだ。

 民進党による財務省と国土交通省からのヒアリングがきょう、国会内で開かれたが、日本のテレビ局のカメラはテレビ朝日の一台だけだった。他には香港フェニックスTVが一台。

 ヒアリングでは福島のぶゆき議員らの厳しい追及を受けてポロッと真相の一端が飛び出すことだってある。にもかかわらず日本のテレビ局のカメラはテレ朝一台だけなのだ。

 政治部の記者さんたちは、そこそこの数来ているが、明日(23日)の予算委員会で飛び出す質問の「予習」だ。疑惑を書くために来ているのではないのだ。

 文科省に新聞を大量に購入してもらい、軽減税率の適用を受ける。政府に助けてもらっている新聞社(テレビ局は新聞社の支配下)が、政権を批判できる訳がない。

  官邸記者クラブに席を置く知人のジャーナリストによると、マスコミ各社は自粛ムードになっているそうだ。官邸も疑惑を乗り切れると安心できっているという。

 「一度やったんだから(ニュース番組で取りあげたんだから)いいじゃないか」。スシ友幹部の高笑いが聞こえてくるようだ。


21014
アベちゃんによく似た財務官僚(右)。21日は大阪に出張り、近畿財務局で開かれたヒアリングの際は出先の役人に目を光らせていた。=22日、衆院第4控室 撮影:筆者=

 ~終わり~

21018

なぜ、報道しないとガンガン抗議しよう!
http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/205.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 2 月 22 日 10:50:05
http://79516147.at.webry.info/201702/article_238.html
2017/02/22 09:34 半歩前へⅡ

 14億円の国有地を200万円でたたき売った森友疑惑は、政権が吹っ飛ぶような大スキャンダルだ。それをNHKはじめ読売などは報道しないのはおかしい。

 金正男事件より安倍晋三の「森友学園疑惑を報道しろ」とガンガン電話をかけてやろう!

 メールのアドレスが分かる人は教えてほしい。出来る人はメールで抗議しよう。

会社名 住所 電話番号
朝日新聞東京本社
〒104-8011 中央区築地5-3-2 03(3545)0131

毎日新聞東京本社
〒100-8051 千代田区一ツ橋1-1-1 03(3212)0321

読売新聞東京本社
〒100-8055 千代田区大手町1-7-1 03(3242)1111

日本経済新聞社
〒100-8066 千代田区大手町1-3-7 03(3270)0251

東京新聞
〒100-8505 千代田区内幸町2-1-4 03(6910)2211

産経新聞東京本社
〒100-8077 千代田区大手町1-7-2 03(3231)7111

NHK 150-8001 渋谷区神南2-2-1 0570-066066

日本テレビ 105-7444 港区東新橋一丁目6番1号 03-6215-1111

TBS(東京放送) 107-8066 港区赤坂5-3-6 03-3746-6666

フジテレビ 137-8088 港区台場2-4-8 03-5500-8888

テレビ朝日 106-8001 港区六本木6-9-1 03-6406-2222

テレビ東京 105-8012 港区虎ノ門4-3-12 03-3432-1212

21019

2109

安倍晋三首相の妻・昭恵夫人が「名誉校長」を務める私立「瑞穂の國記念小學院」用地取得疑惑が政変へと発展?(板垣 英憲)
http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/245.html
投稿者 笑坊 日時 2017 年 2 月 23 日 09:06:23

http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/bb909292ff0e4d9fd7842625a9562201
2017年02月23日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

安倍晋三首相の妻・昭恵夫人が「名誉校長」を務める私立「瑞穂の國記念小學院」用地取得疑惑が政変へと発展?

◆〔特別情報1〕
 安倍晋三首相の妻・昭恵夫人が「名誉校長」を務め、4月に開校する大阪府豊中市の私立「瑞穂の國記念小學院」(寄付金を募った際の名称・安倍晋三記念小学校)の用地をめぐる疑惑について、小沢一郎代表は2月21日、国会内で定例の共同記者会見のなかで、事実関係を徹底的に解明し、責任追及に乗り出す意向を明らかにした。疑惑とは、財務省近畿財務局が大阪市内の学校法人「森友学園」(籠池泰典理事長)に私立小学校用地として豊中市内の国有地8770平方メートルを8億1900万円も値引きし1億3400万円で売却したことである。小沢一郎代表は、「国民の財産を特定の者たちだけで、不当に安く払い下げが行われたということであれば、それは国民に対する背信行為であり行政の背信であり、政治家が関わっていれば政治家の背信行為である」とはっきり述べた。安倍晋三首相の妻・昭恵夫人が「名誉校長」を務めている事実は、安倍晋三首相自身の関与を疑わせており、最低限「倫理的責任」は、免れない。安倍晋三首相は「私や妻が関係したということになれば、間違いなく首相も国会議員も辞める」と明言しており、小沢一郎代表の追及次第では、一気に政変へと発展しかねない。

21020

健闘している野党、メディアを激励しよう!
http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/226.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 2 月 22 日 22:25:05:
http://79516147.at.webry.info/201702/article_247.html
2017/02/22 21:55 半歩前へⅡ

▼健闘している野党、メディアを激励しよう!
  野党が動き出した。小沢一郎が「安倍自民党にやられ放っしだ。もっと発信力を」と民進党にはっぱをかけた。民進党が「森友疑惑」で森友学園理事長の参考人招致を要求した。

 タダ同然で国有地をものにした森友学園に絡む「森友疑惑」。

 何よりも議員たちを動かしたのは私たち市民パワーだ。ネットでの追及の声は日を追うごとに高まった。恐る恐るメディアも動き出した。

 批判ばかりするのではなく、「森友疑惑」追及に立ち上がった野党を励ましてやろう。元気づけてやろう。頑張っている朝日新聞や東京新聞、日刊ゲンダイ、それに毎日新聞を電話、メールで激励しよう。

 励まされてうれしくない者はいない。普段批判されているばかりだから、激励がなおさら身に染みる。

 自民党は「森友疑惑」を甘く見ていたら大間違いだ。言い訳がつかないような無茶な払い下げ。政権が吹っ飛ぶ大スキャンダルの発展する可能性が濃厚だ。そのためには追及の手を緩めてはならない。

 野党、メディアが自信を持って対決出来るよう私たちは応援しよう。電話、メールで直接激励しよう。それが私たちが出来ることだ。安倍政権との対決は総力戦だ!

96
「もう、降参」と安倍首相が退陣するまで拡散しよう!
http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/259.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 2 月 23 日 14:00:04
http://79516147.at.webry.info/201702/article_252.html
2017/02/23 12:55 半歩前へⅡ

▼「もう、降参」と音を上げるまで拡散しよう!
 政府自民党は慌てている。戸惑っている。「森友疑惑」を深刻に受け止めている。ここは、騒ぎが収まるのをひたすら待っている。

 話題を反らそうといろんな仕掛けをして来よう。だが、誤魔化されてはならない。彼らの思う壺にさせてはならない。「森友疑惑」の手綱を緩めてはならない。

 みなさんは「森友疑惑」に関する情報やニュースをドンドン拡散してもらいたい。国有地をタダ同然に手に入れた「森友疑惑」に注目が集まれば、集まるほど政府自民党は窮地に追い込まれる。彼らが「もう、降参」と音を上げ、安倍首相が退陣するまで拡散しよう。

(以上、転載終わり)

| | コメント (0)
|

日本のマスコミが生き残ることができない7つの理由とは?

-今回図らずも露呈してしまったように、異様にモンスター化してしまった安倍増長は、実は漢字もロクに読めないパッパラパーの「でんでん総理」なのだった。でんでんお話にならないパープーぶりはまったく報道せず、わずかないいいとこだけを寄せ集めて安倍翼賛報道をしてきたのが、この国の新聞・テレビである。再三言うように、本来は「権力のチェック機関」であるべき新聞・テレビが、安倍個人&同政権について(民主党政権時のように)シビアに批判していれば4年余もこの政権は続いていず、(今国会で「共謀罪法案」をまたぞろ凶行採決しようとしているように)安倍増長がかくもモンスター化する事もなかったのである。消費増税、原発再稼動、東京五輪・・・。安倍政権に至って、この国の大メディアは互いの利害が一致することをもって、ほぼ完全に政報利益共同体と化してしまっている。今回転載するのは、最近阿修羅掲示板のランキング最下位辺りでたまたま見つけた3年ほど前の記事である。この記事の中で、新聞・テレビが追い詰められていく7つの問題を列記している。今読んでも「なるほどそうだ!」と頷ける内容である。最近大手新聞紙は各社とも大幅に購読数を減らしているというが、これを読めば「さもありなん」である。何だかんだ言って、部数減の最大の原因は読者がそっぽを向きつつあることだろう。今ネットで話題沸騰の「訂正でんでん」問題も、「ネットで大騒ぎになっている」として共同通信と朝日新聞がやっと記事にしたらしい。完全にネットの後追いだが、テレビは今もって完全スルーだ。安倍増長に取って都合の悪い事は一切報道しない、政報利益共同体の提灯記事や提灯番組など、ケタくそ悪くて、誰が読んだり見たりするもんか。かくてますます負の大スパイラルに落ち込んでいく。いよいよ自業自得のダマスゴミ末期症状というべき状況である。 (大場光太郎・記)-

10641
(本記事とは何の関係もないが、面白い画像なのでw)


日本のマスコミが生き残ることができない7つの理由とは?(Darkness)
http://www.asyura2.com/14/senkyo159/msg/776.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 1 月 22 日 00:10:00
http://www.bllackz.com/2014/01/blog-post_21.html
2014年1月21日 Darkness - ダークネス

日本のマスコミがマスゴミと呼ばれるようになって久しいが、そうやってマスコミの権威が失墜し始めて、徐々にマスコミそのものが凋落していこうとしている。

すでに、新聞・テレビは古臭いメディアとして見られるようになっており、古臭いだけでなく「胡散臭い」というイメージが取りつくようになった。

胡散臭いというのは、すなわち、もうマスコミが言ったことをそのまま素直に信じる人間が減ってしまったということである。その理由は山ほどある。

マスコミは自分たちの都合の良い方向に向けて様々なテクニックを使って世論誘導を計っている。

たとえば、自分たちの都合の悪い人間には下品なレッテル貼りをする。あるいは、自分たちの都合の良い話をする人間を見つけて、あたかもその人間の意見が正しいように報道する。

そして、平気でステマをする。都合の悪い問題は矮小化する。報道すべき重大な事件や事実を報道しない。まさに、やりたい放題していると言ってもいい。

■急速にその影響力と権威が失墜しているマスコミ

そんなやりたい放題をして日本を歪めてきたマスコミだが、2010年代に入ってから急速にその影響力と権威が失墜するようになってきている。

まず、2010年に起きた尖閣諸島沖漁船問題だが、これに当時の民主党政権の菅首相が中国に対して弱腰外交をしたことから、日本では反中デモが全国各地で起きた。

ところが、マスコミはこの問題についてまったく報じず、完全に隠蔽してしまったのである。これによって日本人の間に不信感が募っていった。

この不信感をさらに後押ししたのは、2011年3月の東日本大震災による福島第一原発のメルトダウン事故だ。

壮絶な放射能事故が起きて日本人の誰もが食い入るように情報を求めているとき、マスコミは何をしたのか。

「プルトニウムは飲んでも大丈夫」「プルトニウムは重くて飛ばない」「汚染された魚を食べても大丈夫」と、しゃあしゃあと嘘を言う人間ばかりをテレビに出していたのである。これで、完全に信用を失った。

さらにそれから半年後、韓国を崇拝するような「韓流」という人為的なブームを押しつけることに対してフジテレビにデモが起きた。

しかし、これも完全隠蔽したことによって、マスコミがもはや報道機関としてまともに機能していないことを全日本人に見せつけることになった。

本来であれば、これだけマスコミに対する不信感が募っていったら、体質を改善して少しでも中立的でまともな組織になるように自浄と自助努力がなされるはずだが、そういった動きもまったく出てこない。

つまり、マスコミは「変わるつもりはない」と宣言しているも同然なのである。

■マスコミを追い詰めるいくつもの現象が起きている

もう新聞・テレビを擁する巨大なマスコミは、今のままでは生き残れない。マスコミを追い詰めるいくつもの現象が平行して起きているからだ。

今後、マスコミを追い詰める7つの問題は、ゆっくりと、しかし確実にマスコミの存続を危ういものにしていく可能性が高い。

(1)信頼されなくなった。
(2)インターネットに負け、情報が遅くなった。
(3)広告費が激減するようになった。
(4)権威と影響力が保てなくなった。
(5)世論誘導ができなくなった。
(6)国民の感情と離反するようになった。
(7)反日という正体がばれた。

マスコミはあまりにも露骨な世論誘導やブーム押しつけによって、まったく信頼されなくなりつつある。そのような「信頼されない組織」が今後も成長することはあり得ない。凋落していくことはあっても成長はできない。当たり前のことだ。

さらに悪いことに、マスコミはインターネットに負けつつある。インターネットの圧倒的な物量とスピードを前にして、太刀打ちできないのである。

世界中のどこかで何か事件が起きたら、インターネットでは一瞬にして情報が流れ、ツイッターやフェイスブックのようなSNSで情報が拡散していく。

だから、最近のマスコミはインターネットの後追いをしていることが多い。後追いすること自体が、インターネットに負けているということでもある。

また、マスコミが出せない情報をインターネットでも、インターネットは次々と出てくる。マスコミが曖昧に書いたものや、わざと矮小化したり無視した部分をインターネットでは剥き出しのまま出てくるのである。

■日本人の憎悪はマスコミにも向かって行く

最近では、多くの人々がテレビや新聞よりもインターネットで時間を費やすようになっているので、今までテレビ・新聞に広告を出していた企業がインターネットにシフトするようになってきた。

広告効果もインターネットの方が優れているのだとすれば、マスコミそのものに出す広告費は削減されていく。今、まさにそれが起きており、だから次々と紙媒体の出版物は苦境に落ちて廃刊されているのである。

新聞の広告費も価格が下がっているが、理由はただひとつ。新聞そのものも売れなくなり、広告の効果も見込めず、広告主が減ってしまっているからだ。

部数が減っているのは、マスコミが猛烈に偏向していることを読者が悟ったからであり、それならば玉石混交であってもインターネットの方が良いと考える人間が増えているのだ。

かつてマスコミは巨大な権威だったが、その権威はすでに失墜してしまっており、世論誘導の記事を載せてはインターネットで炎上するというような事態を招いている。

これによって、マスコミ自体の影響力も減少して、世論誘導などまったくできなくなってしまったのだ。

もはやマスコミは国民の感情と完全に離反しており、国民の意見を代弁する存在になっていない。すべてとは言わないが、多くのマスコミが反日の権化であることは国民は悟っている。

今後、中国・韓国の日本の信頼や地位を失墜させる動きと日本のマスコミが連動するようになると、日本人の憎悪はマスコミにも向かって行く。

すでにそうなっているから「マスゴミ」と罵られるようになっているのだが、マスコミが変わらないのであれば、もう今のマスコミは生き残ることなど到底不可能だろう。

報道というビジネスそのものは重要であり生き残るが、現在の報道機関という組織は旧世代のものであり、ゆっくりと確実に死につつある。

(転載終わり)


関連記事
漢字が読めない安倍首相の醜態を一切報じない大手メディアー(天木直人氏)
http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/712.html
政界地獄耳 「でんでん」違う「うんぬん」(日刊スポーツ)
http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/655.html

| | コメント (0)
|

【JNN67%】JNN・TBS・毎日新聞系メディアは権力の犬である&内閣支持率に関する、病院待合室での庶民の声

-私は仕事柄県内の中小・弱小建設業、不動産業を営む社長さんと雑談を交わす機会が多い。さすが「失われた20年+α」のこの国の厳しい状況をしたたかに生き抜いてきただけあり、この人たちの経験に裏打ちされた言葉には教えられることが多いのである。ただ私としては政治・宗教・陰謀論などの話題にはなるべく触れないようにしているが、時として向こうから安倍政治への不満が漏れる場合がある。一昔以上前なら建設業者などは自民党支持一色だったのに、今では各社長から安倍礼賛の声などまず聞かれないのだ。で、あるのに、ということで前置きが長くなってしまったが、今回の「JNN67%支持率調査」問題である。何だこの常識外れの調査結果は。こんなのハナから捏造に決まってるだろ、という事がミエミエなのである。小林よしのり氏によると、安倍応援は読売・産経グループのみならず毎日新聞系もそうだというのだ。ということは朝日系も同じだと見なければならないのだろうが、大手メディアの政権癒着、腐敗ぶりはとんでもないレベルにまで達しているということなのだろう。間もなく就任式を迎えるトランプの足を今なお引っ張り続ける米国メティアも真っ青の状況である。ただ次の「のんきに介護」ブログが少し救われるフェイスブックツイートを紹介してくれている。詳しくは同文を読んでいただきたいが、上の支持率調査を大病院の待合室で聞いていた人たちが意外な反応を示したのである。高齢男性が発した言葉に回りの多くの人たちが賛意を示す風だったというのだ。当ブログではよく、爺・婆・主婦などB層国民は、などと言っているが、認識を少し改めるべきなのかもしれない。これによると国民の多くは支持率調査のからくりなどとうの昔に見抜いているが、受け皿となる野党がだらしないため鬱憤の持って行き場がないのかもしれない。いずれにせよ、50%台後半はもとより今回のJNNのように67%までふかすには、真の国民世論とのギャップが開きすぎである。まあ安倍御用メディアは自分たちの利害も伴って共犯的に捏造調査を発表しているのだろうが、いつかは必ず大きなしっぺ返しを食らうことを覚悟しておくことである。 (大場光太郎・記)-


10232
ただのape(猿)に過ぎないaho-ABEを、モンスター化させてしまった新聞・テレビの罪は限りなく大きい!
(画像提供)
J-Cast / 「首相の顔した『晋ゴジラ』 吉田照美氏『ニュース油絵』公開した理由」
http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/355.html


JNN・TBS・毎日新聞系メディアは権力の犬である 小林よしのり
http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/263.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 1 月 17 日 00:06:10
http://yoshinori-kobayashi.com/12198/
2017.01.16 小林よしのりオフィシャルwebサイト

JNN・TBS・毎日新聞系の世論調査は信用するな!

JNN世論調査で、内閣支持率67%に上昇と出ていて、
天皇退位は「一代限りの退位」に「賛成」82%、
「反対」12%と出ている。

だが、「特例法による退位に賛成か?反対か?」の
二者択一なら、賛成と答えるしかなくなる。

完全にトリックなのだ。

実は、毎日新聞は現在、完全に政府に
取り込まれている!


天皇の退位問題も「一代限り特措法で」という主張に転換した。

毎日新聞系は、政府の広報紙と化したのだ!

この事実をツイッターその他で拡散して、購読を止めるよう
説得せよ!

権力の犬・毎日新聞を徹底的に糾弾せよ!

今後は怪しい世論調査が他のメディアからも続々出てくるかも
しれない。

その世論調査の発表で、さらに国民の意識をコントロール
できるのだ。

戦時中もメディアはこんなものだった。

戦争を煽ったのはメディアであり、国民はメディアに洗脳されて
聖戦遂行、本土決戦、一億総玉砕を信じ込んだのだ。

安倍政権はメディアを徹底的にコントロールしている。

今後は「世論調査」がまったく信頼できない時代になるのだ!


10233
「猿の暴政」、実態はせいぜいこんなところだ!

内閣支持率に関する、病院待合室での庶民の声「(マスコミは)ここまで分かり易い嘘をつくようになっ たんだな~」
http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/290.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 1 月 17 日 14:05:05
http://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/a5f5d9c71277bb5e1cbdda9bf97c780d
2017年01月17日 のんきに介護

Mitsuko Otaniさんが

フェースブックでこんな囁き。

――内閣支持率60%超え!! しかも67%~~!!
巨大総合病院待合室のTVが先ほど、これを報じました。
その瞬間、コンマ何秒か静まり返った後、
待合室が微妙な嘲笑に包まれました。
ご高齢男性が「ここまで分かり易い嘘をつくようになっ
たんだな~」と呟くと、あちらこちらで思わず頷く人々
の多いこと。
もう多くの人々はマスコミも政府も信用していない
・・こんな共感の輪が自然と広がる時代になったようです。〔23時間前 〕—―


コメント
https://www.facebook.com/mitsuko.otani/posts/962803687187963

青木 緑 賢い人たちは嘘を見抜いている....!!
11 · 昨日 19:12

Mitsuko Otani
Mitsuko Otani 仰る通りですよね!!
5 · 昨日 19:12

草谷 まり 私もこのニュースに絶句!!!!!
もう呆れ返るばかりです。
いったい安倍内閣の何を・どこを・どうしたら支持できるのでしょうね?????
13 · 昨日 19:12

Mitsuko Otani
Mitsuko Otani 全くですよね。呆れ果てました。行き過ぎた嘘は見抜かれる事にも気付かない幼稚さ(`Δ´)! こんなのが政権を担い、賄賂でもあるのか追従するマスコミヽ(`Д´)ノ
6 · 昨日 19:14

河野 真由加 分かる人は分かっているんですが、分からない人にどう気付いてもらうか!?ですね。
12 · 昨日 19:17

Mitsuko Otani
Mitsuko Otani 河野さん、そこなんですよね。地域差も大きいのかもしれませんね。実家のある浜松などは、わかっていない人が多くて父母がイライラしていて、「こっちが異常だと思われるから、もう黙ることにしたけど、でもちょこちょこ言うようにしている」と言っていました(´;ω;`)
3 · 昨日 19:21

Shinichi Harada
Shinichi Harada 地方新聞は比較的事実に近い傾向も有り、
全国紙よりはお薦めです。
2 · 昨日 19:30

他の返信を表示
能勢謙介
能勢謙介 そのうち100%になりますよ…(苦笑)
9 · 昨日 19:23

Mitsuko Otani
Mitsuko Otani は~い!! なりますともね~(*≧∀≦*)どこまでバカをやるか、ミモノです。でもその間にも国民の貧困化・医療崩壊は確実となり薬も高騰しそうですよね。・・腹立つな~ヽ(`Д´)ノ
5 · 昨日 19:26

菅付 加代子 支持率67%・・・はあ~~~!?とひっくり返りました。
信じる高齢者は(ネットしない人という意味で)多いだろうなとも。
6 · 昨日 19:30
Mitsuko Otani
Mitsuko Otani そうですよね(´・_・`) なにか変だとは思っているようなのですが、ネットや身内からの情報が入らないと難しいようですよね(;´д`)
3 · 昨日 19:33

Teruko Date
Teruko Date しかしながら、
ネット環境下に居ない!多くの国民は、アベチャンネル化としたNHK ‼ 民放テレビの、垂れ流される嘘を信じるしか、術もない事も事実です。...もっと見る
7 · 昨日 19:33

Mitsuko Otani
Mitsuko Otani その連中のお陰で巻き添えをくいたくないですよね~
3 · 昨日 19:35



(以上、転載終わり)

| | コメント (0)
|

【政報利益共犯体】最悪の安倍政治が持続するただ一つの理由

-安倍は確か第2次政権発足後真っ先に読売の渡辺恒雄会長と会食したはずだ。そして昨年初にも安倍は、ナベツネに読売本社に呼びつけられ会食している。一国の総理が一新聞社に出向くなど言語道断だと思うが事実である(真珠湾帰国後は茅ヶ崎の名門ゴルフ場を一緒に回った)。朝日やTBSなどには居丈高な安倍も、「第2次政権の生みの親」CIA筋読売・ナベツネには逆らえないのだ。そんなこんなが報道の自由度で(昨年)72位となったわが国の悲しい実態なのである。残念ながらわが国国民は、(主要メディアの嘘報道にも惑わされずトランプを選んだ)米国民よりメディアリテラシーはずっと低いのである。植草氏は結論として、「メディアが情報操作で安倍政権存続を誘導している。メディアのウソを見抜き、安倍政権を退場させなければならない。そのために必要なことは、国民が賢くなることだ。」と述べておられるが、百年河清を待つ話のようにも思えてくる。ところでB・フルフォード氏はこんなわが国メディアの状況に対して、「アメリカと世界を牛耳ってきたハザール・マフィアの敗北は確定しているんですよ。だからそのうち日本も大きく変わります。いずれNHKも本当のことを報道するようになります」というような楽観論を語っている。「フルフォードの“いずれ”は当てにならないからなあ」。それを物語るように、そのNHKが新年、67%という大捏造支持率を発表した。こんなの大嘘の情報操作である事は当ブログ訪問者には先刻お見通しだろうが、爺・婆・主婦・ネトウヨ・ネトサポら情報弱者の中で、それを真に受ける層が一定数存在することも確かなのである。「道は遠い」と思わなければならない。それでも一抹の期待として、安倍大本営の一方の雄NHKが世界潮流の変化により99%国民側に立つようになり、日航ジャンボ機撃墜事件や911や311などの「真実を語ってくれる」方が、国民覚醒の可能性は高いと思う(中には卒倒する国民がいるかもしれないが)。安倍増長は(多分旧態依然の戦争屋勢力のお言いつけどおり)、間もなく始まる通常国会で「共謀罪」法案を通すつもりのようだ。次に緊急事態条項など加憲されたら安倍独裁の完成だ。矛盾したことを言うようだが、国民の覚醒は待ったなしなのである。 (大場光太郎・記)-

【追記】
 後半でNHK調査としたのはJNN調査の誤りでした。なお上本文を換える余裕がないため、そのままとしておきます。まあNHKでも似たり寄ったりでしょうから、あしからずご了承ください。
関連記事
JNN世論調査  / 「内閣支持率67%に上昇」 
http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/245.html


最悪の安倍政治が持続するただ一つの理由-(植草一秀氏)
http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/177.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 1 月 14 日 22:40:05
http://www.twitlonger.com/show/n_1sphf9q
14th Jan 2017 市村 悦延 · @hellotomhanks


1月20日に第45代米国大統領に就任するドナルド・トランプ氏が1月11日に記者会見を行った。

会見ではCNNの記者が発言を求めて声を張り上げたが、トランプ氏はこの記者を指名しなかった。

それでもCNN記者は納得せず、大声で発言を求め続けた。

このことについて、トランプ氏を批判する主張を提示するメディアが多いが、

日本と比べればトランプ氏の対応ははるかに優れている。

CNNの記者が次期大統領の記者会見で、少なくとも自由な発言が許されているのである。

日本の情報空間の息苦しさ、情報統制に比べれば、米国の空間ははるかに開けている。

首相官邸で頻繁に記者会見が開かれる。

NHKがその模様を実況中継することも多い。

安倍首相の記者会見の場合、質問する者があらかじめ決められていることがほとんどである。

そして、質問内容も事前に首相側に伝えられている。

首相官邸はあらかじめ質問への回答文書を作成しており、

安倍首相はその答弁書をただ読んでいるだけである。

プロンプター

というツールが発達したために、安倍氏は顔をあげて、

演台に設置されている透明のプロンプターに映し出される、官僚が用意した答弁書を読んでいるだけだ。

事前に質問を官邸側に提示していない記者に質問をさせることもないし、

そのような記者が司会者の制止を振り切って質問を強行することもない。

すべてが「管理」、「統制」されている。

記者会見に出席できるのは

「記者クラブ」

に所属するメディアだけであり、

この「記者クラブ」は基本的に

「大政翼賛会」

である。

自由に質問を許し、自由に発言を許す米国とはまったく違う。

安倍首相は官僚が用意した答弁書をただ読むだけの

READER

であって

LEADER

ではない。

自民党幹事長がトランプ次期大統領の記者会見での対応を批判するなら、

その前に、安倍首相の記者会見の方式を変えることを主張するべきだ。

記者会見に出席できるメディアを「記者クラブ」以外に開放するべきだ。

そして、記者会見の際の質問を事前に通知させることをやめさせるべきだ。

すべてが「やらせ」なのである。

かつて、小泉政権の際の

タウンミーティング

で、「一般市民」からの質問が、

「やらせ」

であったことが発覚した。

さらに、タウンミーティングの参加者が行政当局によって恣意的に操作されていることも発覚した。

そして、参加者のなかに

「工作員」

が用意されていて、質疑応答で、事前に仕込まれた「工作員」が指名される手はずも整えられていたことが

分かった。

NHKが放映する安倍首相の記者会見もこれと同じなのだ。

すべて「やらせ」。

プロレス興行と同じ

と言えば、プロレスに対して失礼にあたるだろう。

NHKは「やらせ記者会見」だから、生放送での実況を行うのだ。

「ガチンコ」記者会見なら、生放送にはせずに、編集してから放送するに違いない。

トランプ大統領を批判する前に、日本がやっている、非民主的な、

大本営的色彩たっぷりの安倍首相記者会見のやり方を、まずは変えるべきだろう。

第2次安倍政権が発足してから4年もの時間が流れた。

この間に、日本はすっかり悪い国になった。

経済は全体として停滞し続けている。

あの、パッとしなかった民主党政権時代の経済成長率平均値は、

2012年12月以降の安倍政権時代の経済成長率平均値の2倍を超えている。

安倍政権の下で、日本経済がいかに停滞しているのかが分かる。

労働者の実質賃金は減り続けている。

さらに、2014年度に強行実施された消費税増税で、労働者の実質所得はさらに減少させられた。

株価が上昇したと言うが、東証第1部上場企業の数は約1900社。

日本の法人企業数400万社の0.05%にも満たない。

経済の上澄みの上澄み部分の利益だけが膨らんで、

99%以上の人々の暮らし向きが悪くなっている。

ひとり親世帯の子どもの貧困率はOECD参加国中で断トツのNO1である。

安倍首相は「地球儀俯瞰外交」などと言って、国民の税金で海外旅行をしまくっているが、

海外に気前よくばらまいている金も、全部国民の血と汗の結晶である税金である。

訪問先で歓待されるのは安倍首相が素晴らしいからではない。

安倍首相が湯水のように国民の血税をばらまいているからだけだ。

これだけ血税をばらまきながら、外交の成果は惨憺たるものである。

米国大統領選でクリントン支持を打ち出してしまったところにトランプ勝利の現実に青ざめた安倍首相は

中国製の本間ゴルフの50万円ドライバーを土産にトランプ邸に馳せ参じて、

文字通りの土下座外交を展開するとともに、TPP離脱を思いとどまってほしいと懇願した。

安倍氏はその足で参加したAPEC首脳会議後の会見で

「米国が参加しないTPPは意味がない」

と大見得を切ったが、その1時間後、

トランプ氏は「大統領就任初日にTPP離脱を宣言する」とビデオメッセージで全世界に情報発信した。

安倍氏の面目は丸つぶれになった。

12月15日に北方領土返還と日ロ平和条約締結に向けて歴史的な進展を実現すべく、

満を持して故郷山口でプーチンロシア大統領の訪問をセッティングしたが、

プーチン氏は2時間40分遅れてやって来て、

「日ロに領土問題は存在せず」

とのスタンスを明示した。

「四兎(四島)を追って一兎(一島)をも得ず」

と永田町で囁かれている。

歯舞・色丹が返還された際に、日米安保条約の規定に従って、

2島が日米安保条約適用地域になることについて、米国が確認を求め、

米国にモノを言えない安倍首相の姿勢によって日ロ交渉は振り出しに戻ったのである。

これが

「アメリカのポチ」

の限界なのだ。

韓国では日本大使館前に加えて、新たに釜山総領事館前に従軍慰安婦増が設置された。

2015年12月の日韓外相共同発表で、

韓国が慰安婦像の撤去を約束したかのように日本政府が唱えているが、そのような事実は存在しない。

「韓国政府としても可能な対応方法に対し、関連団体との協議等を通じて適切に解決されるよう努力する」

としか表明していないのだ。

つまり、

「従軍慰安婦像の撤去」

という結果を確実に実現する外交が実行されていないのである。

自分の外交の不備を棚に上げて、事実に基づかずに相手国を非難するようなやり口では、

外交関係は悪化するばかりである。

フィリピンに国民の血税をバラまいて、

対中国でフィリピンを日本の側に確実に引き寄せることにも失敗している。

安倍首相は自分のポケットマネーのように国民の血税を湯水のように海外にバラまいているが、

そんなお金があるなら、日本国民に保証する生活最低水準を引き上げるべきだ。

ホームレスの人々には屋根のある寝床すら配給されていない。

そして、日本の諸制度、諸規制が、

戦前に回帰させられている。

特定秘密保護法は国民の「知る権利」を封殺するものである。

戦争法は日本を「戦争をしない国」から「戦争をする国」に変質させる法律である。

刑事訴訟法を改定し、冤罪の創出が促進される。

これと新たに制定されようとしている「共謀罪」が組み合わせられると、

「新治安維持法」

になる。

政治的に気に入らない国民は、片端から犯罪者に仕立て上げられることになる。

さらに、

「教育基本法」

「国家や社会の形成者として必要な資質を備えさせることが教育の目的」

と明記され、

今度はその責任を

「家庭」

に強制するための法律である

「家庭教育支援法案」

が制定されようとしている。

戦後日本の基本は「国民のための国家」であるが、

これを、「国家のための国民」に引き戻そうとしている。

「戦前回帰」が激しい勢いで推進されている。

こんな安倍暴政であるにもかかわらず、安倍政権が長期政権になっている理由はただひとつ。

メディアが情報操作で安倍政権存続を誘導していることだ。

メディアのウソを見抜き、安倍政権を退場させなければならない。

そのために必要なことは、国民が賢くなることだ。

英国や米国で、国民はメディアのウソを見抜き、メディアの情報誘導を打破した。

日本国民もできるはずだ。

(転載終わり)

| | コメント (0)
|

【会食禁止法の成立を急げ】安倍総理と「ひるおび」田崎史郎氏&「NHK日曜討論」島田敏男氏が「京都つゆしゃぶCHIRIRI」で忘年会!

-まったくモラルもへったくれもない連中である。生活の党と山本太郎と仲間たち(当時)の山本太郎共同代表が、内閣に「安倍首相の『会食』に関する質問主意書」を出したのが一昨年暮れのことだった。その頃安倍会食は既に40回以上に及び、歴代総理として異常な頻度として問題になっていたから、山本は会食の是非やその費用はどこから出ているのかなどを問いただしたのだった。しかし年が明けた昨年1月9日付けの内閣回答は「お尋ねについてお答えすることは困難である」とするわずか3行ほどの人をコバカにしたものだった。会費については、安倍サイドがマスコミ幹部連中に呼びかけているのだろうし、「守銭奴」の安倍が自分の懐から出すわけなどないから、おそらく官房機密費から出ているのだろう。言ってみれば国民から「吸い上げた」(と安倍自らが国会で言った)税金で会食しているのだ。政権トップとマスコミ幹部の頻繁な会食そのものが報道を著しく歪めることになるから大問題であり、なおかつ税金で会食しているとなればさらに大問題だ。しかし木でハナを括ったような内閣回答は、安倍らはそれを悪いこととは露思っていないということの表れである。またまた今回忘年会会食をしたように、田崎スシローや島田スシ男ら会食に馳せ参じるマスコミ幹部連中も、罪の意識などまったくないということだ。その結果が、NHK『日曜討論』での島田の出席自民党幹部有利な番組進行となり、TBS『ひるおび』などの田崎の政権代弁発言ともなるのである。アメリカでは、政権&マスコミ幹部の会食は一定金額を超えてはならないとするルールが存在するという。それが先進国のマナーというものだろう。いつぞやの国際会議でアフリカのある国の代表から「日本の法制度は中世並みだ」と指摘されたように、野蛮な後進国・日本も、アメリカ様にこれだけは是非見習って高級寿司会食などは禁止にすべきである。というより、この手の会食は全面禁止とすべきだ。厳しい罰則付きの法案を、民進党など野党側は年明けにも早速提出していただきたいものである。 (大場光太郎・記)-

関連記事
山本太郎が安倍首相とマスコミ幹部の「接待会食」を追及! 政府と報道各社の対応は?
http://lite-ra.com/2015/01/post-797.html

【いつまで飯食ってんだぁ?】安倍総理と「ひるおび」田崎史郎氏&「NHK日曜討論」島田敏男氏が「京都つゆしゃぶCHIRIRI」で忘年会!
http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/25233
2016/12/21 健康になるためのブログ

120519


首相動静―12月20日
7時22分、東京・京橋の日本料理店「京都つゆしゃぶCHIRIRI」。石川一郎・BSジャパン社長、小田尚・読売新聞グループ本社論説主幹、粕谷賢之・日本テレビ解説委員長、島田敏男・NHK解説副委員長、曽我豪・朝日新聞編集委員、田崎史郎・時事通信特別解説委員、山田孝男・毎日新聞特別編集委員と食事。

以下ネットの反応。

 チーちゃん @chilcochiko0121 

首相動静―12月20日:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASJDN5R7XJDNUTFK017.html
又々お馴染みの新聞社他メディアの幹部と京橋の『京都つゆしゃぶ』で食事!
きっと日露会談.オスプレイ再開.厳しく書くな!と恫喝したか!報道の自由度72
位を堂々と実践するヒットラー安倍!

| | コメント (0)
|

【北方領土返るぞ詐欺】共犯マスコミ 大失敗の亡国外交ショーを実況中継 戦慄のプーチン狂騒

-今回の安倍・プーチン会談でも遺憾なく発揮されたように、安倍政権下のマスコミは、「安倍サマの」NHKや「第2次安倍政権生みの親」ナベツネ読売を筆頭に安倍政権翼賛報道機関に堕している。撤退を「転進」と言い、全滅を「玉砕」と伝えた戦時中の大本営発表さながらだ。今回の安倍・プーチン会談で言えば、日本国民にとって最大悲願である北方領土返還はゼロ回答、その時点で安倍外交大敗北なのである。なのに、空手形のような両国協力による北方四島共同経済協力など、バラ色の幻想を国民に振りまくだけがマスコミの仕事なのか。違うだろう。テメエらも一緒になって「返還、返還」と煽ってきた疚しさはあるとしても、今会談で最大眼目の返還交渉は俎上にすら上らなかった、それを第一に問題にしなければウソだ。同時に日本もG7の一員としてロシアへの経済制裁を課す立場でありながら、今後に禍根を残す、泥棒に追い銭のような3,000億円の手土産などもってのほか、と厳しく糾弾しなければダメだ。実際(あと1週間後くらいに真珠湾で会う予定の)宗主国オバマはまたまた激怒しているというし、独仏などアベニッポンの無定見外交にEU加盟諸国もあきれ返っていることだろう。瑣末なワイドショーネタでヨイショし、肝心な問題点をきちんと伝えられないのは、毎度言うように新聞・テレビが安倍政権と完全に政報利益共同体化しているからだ。ひょっとして離反の気持ちあるのか(?)二階幹事長は「(今回の会談に)国民はがっかりしている」と言ったが、これが多くの国民の率直な気持ちだ。国民に真実を伝えない新聞・テレビなど用なし。目覚めた国民からどんどん見捨てられていくのは必定である。-

【追記】
 3番目転載記事での日刊ゲンダイは、アメリカやEUは「善」、プーチンロシアは「悪」のスタンスのようだ。私はこの見方には賛同しかねる。突如シリア空爆を始めたのも、ウクライナに介入したのも元はといえばオバマ米国なのは歴然ではないか。ロシア攻撃によってシリア民間人9000人犠牲とあるが、米国はアフガン、イラク、リビア、シリア、ウクライナで一体どれほどの民間人を殺戮してきた?ロシアのゆうに数百倍は越すだろう。だから安倍外交交渉の問題はそこではない。アメリカに付いたりロシアに歩み寄ったりのどっちつかずの腰の定まらないフラフラ姿勢こそが問題なのだ。直近に起きたオスプレイ墜落事件では、沖縄副知事が抗議に行ったところ、現地司令官が「市街地に落ちなかったことに感謝していただきたい」と机を叩いて怒鳴ったという。この暴言は沖縄そして日本に対する侮辱だ。安倍が本気でアメリカ離れする気なら厳重抗議と日米地位協定見直しを米国に強く要求すべきだが、日本政府は何のリアクションも起こしていない。さてプーチンが急に態度を硬化した原因は、11月、安倍の外交指南役の谷内正太郎(国家安全保障局長)が露要人に、北方領土が戻ったら「((米軍基地を置く)可能性はある」と語ったことにあるという。これじゃあ、プーチンならずとも返還交渉などやってらんないわな。要は安倍外交はかくもちぐはぐで支離滅裂、「外交」の名にまったく値しないのだ。ところで安倍は真珠湾でどんなツラしてオバマと会うのだろう?それをダマスゴミはどう報道するのだろうか? (大場光太郎・記)

関連記事
「感謝されるべきだ」とテーブルたたき不満示す 
http://www.asyura2.com/16/senkyo217/msg/573.html
領土返還をぶち壊したのは安倍側近だった!
http://www.asyura2.com/16/senkyo217/msg/662.html

大失敗の亡国外交ショーを実況中継 戦慄するプーチン狂騒(日刊ゲンダイ
http://www.asyura2.com/16/senkyo217/msg/701.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 12 月 17 日 22:05:05
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/196078
2016年12月17日 日刊ゲンダイ 文字お越し

120129
プーチンにまんまとやられた(C)JMPA

 2日間のプーチン大統領訪日が終わったが、16日行われた共同記者会見でのロシア人記者のプーチンへの質問が、今回の首脳会談の“不毛”を物語っていた。ひとりは訪日とは無関係な「シリア情勢」への対応を問い、もうひとりは「日本のホスピタリティー」への感想。首脳同士の個人的な関係によって、安倍首相が領土問題で何らかの結果を出していたなら、ロシアメディアは大騒ぎでプーチンを問いただしたはずだ。

 結局、北方領土について出てきたのは「元島民の自由な往来」ぐらい。安倍が「大きな一歩」と意気込んだ共同経済活動にしたって、注目された「特別な制度」も「(その制度を作るため)交渉を開始することで合意した」という次元だからドッチラケだ。日本のメディアは「特区のようなもの」と簡単に解説しているが、主権を主張するロシアと法的立場を害さないことを求める日本では、交渉のテーブルに着くことさえ実際は不可能。「特別な制度」なんて気の遠くなるような話だ。

 筑波大教授の中村逸郎氏(ロシア政治)はこう言う。

「プーチン大統領には、そもそも北方領土を引き渡す気など最初からなかったことが、今度の訪日ではっきり分かりました。これだけの大変な歓迎を受けながら、『手ぶら』でやって来た。それどころか、まるで年越しの集金に来たかのようでした。お金だけはしっかりもらって帰る。それほど経済援助が欲しかったということでしょう。極東に回せる連邦予算は半減してしまっていますからね」

■「ウィンウィンの関係」に元島民も苦言

 極東の産業振興を中心にした「8項目の経済協力」で、プーチンは総額3000億円規模を手にした。領土問題は全く進展していないのに、これじゃあ、成果ゼロどころか食い逃げだ。

 ところが、安倍“お抱え”のNHK女性記者は、「ODA(政府開発援助)ではありませんから、食い逃げではない。ビジネスです。ウインウインの関係です」とどこまでも援護する。安倍本人も会見で、「ウインウインの日ロ協力の大きな可能性を開花させたい」とか強調していたが、NHKの中継に登場した択捉島の元島民は「ウインウインの関係というのは疑問。ロシア側にとって(いい話)としか思えない」と断言し、スタジオに微妙な空気が流れていた。

 元島民の手紙をプーチンに見せたりと、安倍が毎度の情緒に訴える手法を繰り出しても、今度ばかりは、さすがに世論もダマされないんじゃないか。

 そんな屈辱モノの外交ショーを実況中継し続けたテレビも酷かった。特にNHKは、遅刻連発の高飛車訪問を“プーチン閣下”とばかりに上空に特別機が見えたところから追い掛け、空港に到着すれば、ヘリコプターで車列を空撮。民放のワイドショーは、夕飯に何を食べた、日本酒はこの銘柄、プーチンは温泉には入ったのか、などと大ハシャギだった。

 山口県の安倍の地元は、300人が日ロ両国の旗を振って、歓迎のお出迎え。「もともと1000人に声が掛かっていたが、400人しか集まらず、待ちぼうけをくらって、300人に減った」(地元関係者)とはいえ、いやはや、2日間にわたって、朝から晩まで“プーチン狂騒”。いったいどこの全体主義国家か、と背筋が寒くなってくるのである。

120130
EUはロシア制裁を強化(右=独メルケル首相、左=仏オランド大統領)/(C)AP

EUを呆れさせる制裁破りの矛盾外交

 ヨイショ報道の裏で、世界は緊迫の度を高めている。

 欧州連合(EU)が現地時間の15日、ブリュッセルで開いた首脳会議で、ウクライナ情勢をめぐって実行中の「対ロシア経済制裁」を来年7月まで6カ月間延長する方針で一致したのだ。独メルケル首相と仏オランド大統領が強く求めたという。

 そんな日に、対ロシア制裁に加わっている日本の安倍が、プーチンと温泉旅館で酒を酌み交わしているのだから、EUの首脳たちは不愉快なはずだ。そのうえ、見返りゼロで3000億円も献上する。一体、どんな国なのかとア然だったことだろう。日本の外交的信用は吹っ飛んだ。

 国際ジャーナリストで早大客員教授の春名幹男氏がこう言う。

「訪日直前の日本メディアとの会見で、プーチン大統領は『領土交渉』そのものをしないことを明確にし、冷や水を浴びせました。日本側は『経済協力するから話し合いを続けて』と、プーチン大統領に懇願して来てもらったようなものです。そのうえ、成果は何もないのに、来てくれただけでお駄賃を渡した。『この程度で日本は大盤振る舞いするのか』と欧米は呆れていますよ。こんなものは通常の外交交渉とは言えません。安倍首相はウクライナ問題の本質が全く見えていないのです。ロシアが恐れているのはNATO(北大西洋条約機構)の東方拡大です。この地政学的な問題で日本がどんな役割を果たせるのかを念頭に置きながら、ロシア制裁に反対するのならまだ分かる。ところが安倍首相は、G7と制裁で足並みを揃える一方で、制裁破りのような矛盾した行動を取る。筋が通りません。もはや日本外交は崩壊しています」

 それなのに日本のメディアは、「G7とは協調して」という安倍の背反した言葉をそのまま垂れ流す。日本の孤立を決定づけた外交大失態に誰も言及しないのだから異常だ。

■18年大統領選向けの選挙活動

 3000億円規模の経済協力については、NHKのロシア特派員ですら、「G7の一角の日本との間でこれだけの経済協力を得た。ロシアは孤立していないという成果になる」と解説していた。日本はまんまとプーチンに利用されたということだ。

 前出の中村逸郎氏は、プーチンが訪日した真の狙いをこう読む。

「プーチン大統領は、今月初めの教書演説で2018年3月の大統領選の事実上のスタートを宣言しました。ライバルがいるわけでもないのに焦るのは、有権者の無関心を恐れているからです。直近の連邦選挙も投票率が低かったですからね。『日本から経済支援を引き出した』ということで有権者の関心を高められる。つまりプーチン大統領は、日本に選挙支援をもらいに来たようなものなのです」

 共同記者会見後、プーチンは安倍と一緒に柔道の総本山・講道館を訪れ、演武を見学。黒帯のプーチンが安倍を道場に誘い出す“冗談”で場を沸かせたのだが、“安倍サマ”のNHKはこの講道館訪問までしっかり生中継していた。

 最後に安倍は「プーチン大統領の来日は歴史的出来事」と締めくくっていたが、これはどう見ても、「お土産付き観光旅行」でしかない。こんな亡国外交を、安倍官邸の大甘見通しを受けて何カ月も前から盛り上げてきたメディアの罪も重い。



まるで“北方領土返るぞ詐欺” NHKもタレ流した大本営発表(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo217/msg/669.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 12 月 17 日 09:40:06
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/195963
2016年12月17日 日刊ゲンダイ

120132
首相礼賛、ヨイショ報道(C)AP  

 半世紀前のビートルズ来日フィーバーを超える破格の扱いだった。はるか上空に専用機の姿が確認できてから空港に着陸、プーチン大統領がタラップを降り、特別車両に乗って会談場所の温泉旅館に向かうまで。

 15日午後4時42分ごろから約30分にわたって生中継を敢行したのが、NHKだ。大統領専用機の動きだけを延々とらえた“シュール”な映像は公共の電波のムダ遣いでしかないが、皆サマのNHK以下、国内メディアは一事が万事この調子。安倍サマの“北方領土返るぞ詐欺”に加担してきたのである。

 安倍首相がプーチン大統領から肩すかしを食らった――そんな印象に終わった今回の温泉旅館会談。一時は「歴史が動く一日」とまで呼ばれ、「ひょっとして北方領土が返ってくるの?」と国民に期待を持たせたが、結局はヌカ喜びに終わった。

 安倍首相周辺も「領土交渉で成果を挙げ、その勢いで解散だ」と首相の専権事項をチラつかせ、政権の求心力アップに利用したのだから、あくどい連中だ。ハッキリ言って詐欺まがいの話である。

 国民をたぶらかした意味では、メディアも同罪だ。

 9月2日にウラジオストクで開催された今年2回目の日ロ首脳会談の直後、安倍首相が「新しいアプローチに基づく(領土)交渉に道筋が見えてきた。その手応えを強く感じ取ることができた会談だった」と力強い言葉で“成果”を強調すると、主要メディアはお祭り騒ぎ。翌日の大手紙はこぞって「交渉加速」「領土発展に手応え」という大見出しを1面トップに掲げたものだ。

 その後も「手応え」報道一色だから、安倍首相がさも歴史的成果を勝ち取りそうなムードが国民の間で醸成されるのはムリもない。そんな首相礼賛、ヨイショ報道の中でも、日刊ゲンダイが選ぶ「ワースト1」は9月14日放送のNHK「クローズアップ現代+」だ。

■昭和天皇「即位の礼」の刀を返し…

 この日の放送には「今一番、安倍首相に近い女性」といわれるNHK政治部の岩田明子記者が登場。彼女は9月の会談の最後の記念品交換で、プーチンが安倍首相にロシア所蔵で1928年の昭和天皇の即位の礼で用いた名刀1振りを贈ったエピソードを紹介した後、こう語ったのだ。

「プーチン大統領は『いろいろな経緯をたどって自分の手元にあったが、こうしたものは祖国に帰るべきだ』と述べたというんですね」

「そこに居合わせた日本政府の関係者も『まるで日本への島の引き渡しを示唆しているように見えた』と話していました」

 天下のNHKにここまで言い切られたら、「本当に返ってきそうだ」と思い込んだ視聴者も多かったはずだ。

「政治家の発言には必ず思惑があるのに、NHKを筆頭に最近のメディアは『安倍首相の言っていることは100%正しい』という前提で報じていませんか。だから政権サイドに利用され、おかしな結果となる。冷静に考えれば『日本はG7で経済制裁を加えておきながら、北方領土だけは返せというのか』というプーチン側の言い分の方が筋は通っているのに、返還ムードを扇動し、冷静さに欠ける日本メディアはその言い分をほとんど伝えません。まるで敵国の報道を封印し、自国の主張だけを伝えるのなら、戦時中の大本営発表と同じです」(元NHK政治記者で評論家の川崎泰資氏)

 15日もNHKは日ロ会談のニュースのたびに、「70年余り進展のみられなかった領土交渉は前進するのか」と散々あおっていた。

 いい加減、反省すべきだ。

(ネットの反応省略)

ロシア包囲網を無視 安倍首相“思いつき外交”にオバマ激怒(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo217/msg/719.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 12 月 18 日 10:30:05
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/196063
2016年12月18日 日刊ゲンダイ

120134
オバマ大統領はカンカン?(C)AP

 高級旅館に宿泊して豪華料理と日本酒に舌鼓を打って3000億円の経済協力をゲット――。笑いが止まらないだろう。安倍首相との首脳会談を終え、16日夜、帰国の途についたロシアのプーチン大統領のことだ。他方、みっともないのは「一本負け」にもかかわらず、「日ロ間に平和条約がない異常な状態に私たちの手で終止符を打たなければならない」と語っていた安倍首相だ。あらためて、この男は外交の「ガ」の字も理解しちゃいない。

「ウラジーミル、今回の君と私との合意を出発点に『自他共栄』の新たな日ロ関係を本日ここから、共に築いていこう」

 安倍首相はプーチンを親しみを込めてファーストネームで呼んでいたが、世界の首脳は眉をひそめているに違いない。そもそも、国際社会でプーチンは“鼻つまみ者”扱いも同然だからだ。

「くしくも16日、EUがウクライナ東部の停戦合意の履行をめぐる問題で、対ロシアの経済制裁の延長を決めましたが、世界ではウクライナやシリアへ軍事介入を決めたロシアのプーチン大統領に対する批判の声は相当強い。プーチン訪日中も、外務省前では『戦争犯罪人プーチンを逮捕しろ』とシュプレヒコールを上げる市民団体があったほど。シリア内戦でアサド政権を支援するロシアは、国連安保理で停戦決議に拒否権を6回も発動。英国の民間団体『シリア人権監視団』によると、昨年9月からの1年間で、ロシアの空爆によってシリア国内で殺害された人は9000人余り。その指導者であるプーチンを安倍首相が高級旅館でもてなし、ファーストネームで呼ぶ。欧州首脳は驚天動地でしょう」(外交ジャーナリスト)

 安倍首相が忠誠を誓った米国もプーチンにカンカンだ。ローズ米大統領副補佐官はきのう、大統領選の最中、トランプ勝利を狙ったロシアが、サイバー攻撃を仕掛けたのではないか――との疑惑に対し、米情報局が「プーチン自らが指示した」との見方を公表した。

 米政府はこれまで「手の内を明かす」として、米国にサイバー攻撃を仕掛けている国の特定は避けてきたが、堪忍袋の緒が切れたらしい。オバマ大統領もすぐに「対抗措置を取る」と明言。今後、米ロ間で“サイバー戦争”が勃発する可能性は高い。

■米国防筋から“締め上げ”も

 そんなロシアに対して、安倍首相はポンと3000億円の経済協力を打ち出したのだから、米国にしてみれば「何やっとんのか!?」と思うだろう。

 しかも、プーチンは共同会見で、1956年の日ソ共同宣言で約束された2島返還がオジャンになったのは、米国のダレス長官が「講和したら沖縄を日本に返さないと言ったから」と名指しで批判したのだ。安倍首相は26日からハワイを訪れ、オバマ大統領と真珠湾を訪れる予定だが、米国防筋から“締め上げ”られる可能性はゼロじゃない。

「さすがに退任間近のオバマ大統領(政権)が安倍首相を問い詰めることはないでしょうが、今後、米国内で対ロ政策が重要課題になるのは間違いない。トランプ次期大統領と新しい国務長官は親ロシアですが、それ以外は反ロシアですから。激しい対立が起きた時、安倍政権はどう対応するのでしょうか」(元外交官の孫崎享氏)

 結局、安倍外交は「地球儀俯瞰」どころか、行き当たりばったりの「思い付き」なのだ。

(ネットの反応省略)

(以上転載終わり)

120135


関連記事
ますます日本の立場を悪化させた史上最悪の総理安倍晋三(simatyan2のブログ) (すぐ上の画像はこちらから拝借)
http://www.asyura2.com/16/senkyo217/msg/700.html
日本訪問でG7包囲網に風穴を開けたプーチン 
http://www.asyura2.com/16/senkyo217/msg/708.html
「国民の大半はがっかりしている」、と自民党幹事長 
http://www.asyura2.com/16/senkyo217/msg/655.html
日ロ首脳会談、ロシアメディアが「ロシアの外交的勝利」と報道!「シンゾウ・アベの計画はうまくいかなかった」
http://www.asyura2.com/16/senkyo217/msg/692.html
「日本の大手メディアは、そろそろ「翼賛報道会」と名称を改めてはどうだろう。:山崎 雅弘氏」 
http://www.asyura2.com/16/senkyo217/msg/710.html

| | コメント (0)
|

【長渕△】長渕剛がFNS歌謡祭でワイドショーや歌番組を真っ向批判!

-いやあ、(下動画の)フジテレビ『FNS歌謡祭』での長渕剛のパフォーマンスにはしびれた!ミュージシャンソウルというのか、武士の魂顔負けの実にいい面構えをしている。歌手は歌うステージでビシッと決めてなんぼなのだろうが、歌の内容もギターのかき鳴らしも動作もすべてが決まっている。本転載のリテラ文にもあるが、「鬼気迫る雰囲気を漂わせ」た「魂の叫び」のステージだった。出だしからの痛烈なマスコミ批判は、現下の安倍官邸統制テレビにあって、並みの歌手、芸能人、お笑いタレント、いな御用ジャーナリストたちなどからとんと聞かれなくなっていたものだ。こんな溜飲の下がるレジスタンスソング、メッセージソングを聴いたのは久しぶりだ。阿修羅投稿のコメント中に、「これで長渕は10年以上フジに出してもらえないかもしれない」というようなコメントがある。いやいや、往年のテレビ三冠王のフジは今では視聴率でテレ東にも抜かれるほど落ち目である。長渕よりも、フジがどっかに身売りする方がより現実味があるのではないか。長渕に関して私が懸念するのはそのことではない。親友の清原逮捕時にも名前が出たが、ズバリ薬物だ。今回またASKAがスピン逮捕され、俳優の成宮寛貴の薬物疑惑や、(元祖プッツン女優の)石原真理がブログに「キムタク夫妻もやってる」というような書き込みをして大問題になった(同夫妻はノリピーの時も名前が出た)が、芸能界の薬物汚染は今や止まることを知らず。警視庁は芸能界がらみでかなりの裏情報を掴んでいることだろう。テレビ局は警察とも裏社会ともつながっているから、余り過激なことをすると「長渕を挙げてくれないか」ともなりかねない(これはあくまでも憶測。潔白であることを祈る)。なおご存知かとは思うが、タイトルにある【長渕△】は「長淵さんカッケィー!」という意味なので、そこんとこよろしく。はあ!(笑)。 (大場光太郎・記)-

113045
『長渕剛 民衆の怒りと祈りの歌』(河出書房新社)

長渕剛がFNS歌謡祭でワイドショーや歌番組を真っ向批判! 凍りつくフジ、『とくダネ!』は長渕映像を封印(リテラ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo217/msg/264.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 12 月 08 日 15:40:05http://lite-ra.com/2016/12/post-2753.html
2016.12.08. 長渕剛FNSのマスコミ批判にフジが  リテラ

【長渕剛】FNS歌謡祭 初出演!『魂の叫び〜乾杯』(2016/12/07)

【長渕剛】FNS歌謡祭 初出演!『魂の叫び〜乾杯』(2016/12/07... 投稿者 happy274

 昨晩の『2016FNS歌謡祭 第1夜』(フジテレビ)での長渕剛のパフォーマンスが大きな話題となっている。本サイトは「FNS歌謡祭出演なんかよりすごい!」として、長渕剛が作家の柳美里と共作した福島・南相馬の高校の校歌を紹介したが、FNS歌謡祭のほうもすごかった。

 番組の最後、トリとして登場した長渕。同番組への出演は今回が初めてで、予め告知されていたのは、この歌謡祭用にアレンジされたスペシャルバージョンの『乾杯』を披露するということだった。

 カラフルなジャケット姿に、ギターを持ってひとりで暗いステージに立った長渕は、のっけから鬼気迫る雰囲気を漂わせていた。画面右上には「初出演!魂の叫び」とのテロップ。ギターをかき鳴らし始めた長渕が歌ったのは、文字通り魂の叫びだった。

『乾杯』本編を始めるまえ3分半以上にわたって、ギターをかき鳴らし時折「はあ!」と叫びながら、オリジナルのメッセージを歌い上げた。

 その内容は強烈なもので、冒頭いきなり、こう歌い出す。

 アメリカの大統領が誰になろうとも
 凶と出るか吉と出るかって
 そりゃ俺達次第じゃねぇか
 今日もマスメディアの誰かが
 無責任な話ばかりしている

 これは、アメリカ大統領の顔色をうかがってばかりの日本のメディアに対する痛烈な批判だ。さらに、長渕は「歌の安売りするのも止めろー!」と、ミュージシャンたちに檄を飛ばした後、被災地をおきざ入りにしてオリンピックに浮かれるこの国にこう問いかける。

 俺達の東北、仙台、俺達の九州、熊本
 そして福島も頑張ってんだ
 オリンピックもいいけどよぉ
 若者の貧困 地域の過疎化どうする?

 そして、サビ。

 騙されねぇぜマスコミ
 騙されねぇぜヒットチャートランキング
 騙されねぇぜワイドショー

 いまのマスコミではほとんど聞かれることがなくなった、真っ当な批判の数々で、それを地上波の大番組で堂々と披露したのはさすがと言うほかない。

 しかし情けないのは、そのマスコミだ。たとえば、今朝の『とくダネ!』。いつも前夜の『FNS歌謡祭』名場面集を嬉々として放映する『とくダネ!』は今日も名場面集を放送。しかし、他のアーティストの映像は長々と紹介する一方、長渕に関しては小倉がアリバイ的にちらりと触れたくらいで、しかも前述のメッセージ映像は一秒も放送されることはなかった。明らかに上層部の怒りを買うことを恐れて、忖度したのだろう。

 長渕がきのう語ったことは、ただの思いつきや単なるパフォーマンスなどではなく、これまで彼が折にふれ語ってきたことの延長線上にある、本当の“魂の叫び”だ。

 たとえば、昨晩長渕が語ったミュージシャンたちへの痛烈な批判や鼓舞も、以前にも語っていたものである。当時本サイトでも紹介したが、長渕は、SEALDsの活躍を絶賛する一方、若いミュージシャンたちの日和見な態度を「そんなに銭が欲しいなら、もっと勉強して、医者か弁護士になれば?」と強い言葉を投げかけたことがあった。

 本サイトがこれまで取り上げた記事のなかから、その意図をより理解できるこれまでの長渕メッセージを紹介した記事を以下に紹介するので、ぜひご一読いただきたい。
(編集部)

「俺らの大将、違うんじゃない?」長渕剛の反安保、反安倍発言に話題沸騰…でも長渕はもともと反戦主義者だった!
http://lite-ra.com/2015/07/post-1322.html

川内原発再稼働に「長渕剛がその気になれば阻止できる」の声が…脱原発を語ってきた長渕よ、原発ゲート前でゲリラライブをやってくれ!
http://lite-ra.com/2015/08/post-1374.html

長渕剛が大混乱のオールナイトライヴで発していた“反安倍政権”のメッセージ「連中のどす黒いはらわたに響かせろ」
http://lite-ra.com/2015/11/post-1638.html

長渕剛がSEALDsに「希望を見た」! 一方、口をつぐむ若手ミュージシャンには「銭が欲しいなら医者か弁護士になれ」
http://lite-ra.com/2015/12/post-1753.html

清原逮捕で注目の長渕剛が芥川賞作家・柳美里と「原発」批判対談! 被災地に身を置いた二人の怒りの声を聞け
http://lite-ra.com/2016/03/post-2059.html

FNS歌謡祭出演なんかよりすごい! 長渕剛が柳美里と南相馬の高校の校歌を共作…2人の震災、反原発への思い
http://lite-ra.com/2016/12/post-2752.html

(ネットの反応省略)

113046

(阿修羅掲示板投稿のコメントより)

1.       新共産主義クラブ[2680] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2016年12月08日 16:19:01 : 4fZ8lYJKys : V3GpRIc0lE8[6]
 ポスターの写真の風貌が、清原和博氏にちょっと似ているのが気にはなるが、長渕剛氏は、よく頑張っていると思う。

2.    2016年12月08日 16:24:58 : u3CeWBigXg : gmu5VRDfABI[5]
長渕剛、名曲「乾杯」を新たなアレンジで弾き語り熱唱
スポーツ報知 12/7(水) 23:33配信

 シンガー・ソングライターの長渕剛(60)が7日生放送のフジテレビ系「2016FNS歌謡祭」に出演し、“魂の叫び”とともに1980年に発売した名曲「乾杯」を熱唱した。

 歌の前にフリーアナの加藤綾子アナ(31)が「歌は時代と共に変わっていくもの。震災や様々な災害が起こる日本の中で『乾杯』の意味が変わってきた」という長渕のメッセージを紹介。長渕は“魂の叫び”とともにアコースティックギターをかき鳴らすと、番組のためだけにアレンジした「乾杯」を弾き語りで披露し、この日のトリを飾った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161207-00000247-sph-ent

3.    2016年12月08日 16:36:00 : u3CeWBigXg : gmu5VRDfABI[6]
長渕剛 FNS版「乾杯」でマスコミ批判 「ウオ~ッ!」雄叫び締め
デイリースポーツ 12/7(水) 23:18配信

 シンガーソングライター・長渕剛が7日、フジテレビで生放送された「2016FNS歌謡祭 第一夜」に生出演。“イントロ”部分にマスコミや政治、時代への批判を込めたスペシャルバージョンの「乾杯」を披露した。

 本来の歌い出しの「かたい絆に…」まで、3分50秒、ブルース調の魂の叫びが続いた。

 ギター1本の弾き語り。いきなり「アメリカの大統領が誰になろうとも…」で始まり、「今日もマスメディアが正義の面(ツラ)して話している」「歌の安売りするのやめてくれ 日本から歌が消えていく」「俺達の東北、仙台、俺達の九州、熊本、そして福島…オリンピックもいいんだけどよぉ、若者の貧困どうする 地域の過疎化どうする 騙されねえぜマスコミ」と歌い上げ、東京五輪の話題ばかりが取り上げられ、貧困や地方の過疎化など、生活の問題が野放しになっていることを皮肉った。

 3分50秒のメッセージ部分が終わり、ブルース調にアレンジした「乾杯」が始まった。最後は「はあっっ!」「はあっっ!」と叫び、ギターをかきならし、「うぉ~ッ!!」と雄叫びを上げた。

 会場で“魂の叫び”を聴いた小倉智昭キャスターは「長渕さんの言葉、身にしみました」としみじみと話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161207-00000103-dal-ent

4.    2016年12月08日 16:36:40 : 7U1W5ro7JM : Fte615eQknU[255]
長渕の「乾杯」といわれると、咄嗟に、
植草氏の替え歌「菅敗」を思い出してしまうのだが、
でもこうやって民放の大型歌番組という場で、
安倍将軍様独裁政権の異常さに異議を唱え、
ミュージシャンとして言うべきことを言う、
その心意気は本当に嬉しく感じるものだ。

7.    2016年12月08日 17:02:34 : M9h7ogAnX6 : GJpOpnpbvrw[39]
>>4
長渕は安倍政権を批判してない
アメリカ大統領選や東京五輪報道ばかりのマスコミと
売れりゃなんでもいいというAKBなどの音楽業界批判だけ
もし長渕が替え歌でTPPTPPろくなもんじゃねえー♪と唄えば拍手だけどな
本気でマスコミ批判するなら政権批判がないだの御用ばかりだのといわないと。

8.    2016年12月08日 17:56:17 : 7U1W5ro7JM : Fte615eQknU[257]
>>7
いくらなんでも直球は投げられない。
サザン桑田がそういったことを紅白歌合戦でしてしまって、
もちろん私はそれに拍手喝采したが、
サザン桑田自体は権力ににらまれて、
その後冷遇されたのは周知の事実。

でも私はたとえ変化球であっても、
歌に託された思いが権力に伝わらなくても、
音楽が本来持つべき反権力の魂が息づくことが重要だと思っている。

10.       スポンのポン[4679] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年12月08日 18:56:44 : nilge4p5ys : q5xHgL0ywDI[43]


   
■おそらく長渕は今後十年以上フジテレビから出演依頼はこない。
 番組のプロデューサーは責任を取らされる。
 共産党の候補が選挙で勝ったことを祝う言葉をたった一言、言っただけで
 テレビ界から抹殺された前田武彦という司会者のことを君らは知っているか。
 飛ぶ鳥を落とすほどの人気がある名実ともに日本一の名司会者であった。
 フジテレビとはそういう恐ろしいテレビ局だ。
 鳥越氏の応援をした森進一や美川憲一は最近テレビにでているか。
  

11.    2016年12月08日 19:35:05 : F8qaKBuP3s : bsDstuf_t4U[3]
>10
だから日本には本当の民主主義が無いんだよ。有るのは自民主義だけ。

自分の意見を言えば山本太の様に 仕事を干されるのは異状社会だ。この点は欧米

のほうがよっぽど健全な社会だろう。こんな社会だから国際会議でも自分の意見も

言えない、バカにされる日本人が育つのだ。

12.    2016年12月08日 21:12:53 : 5TOqRIOVto : R1ibDesoXTI[52]
最高でした!

彼は世の中に喝を入れに来たのでしょう。

アメリカの大統領が誰になろうとも、自分達のこれからを決めるのは自分達だ!
確かにそうだ!
オリンピックよりももっと大事なことがあるだろ?
その通りだ!

騙されないぞマスコミ!

騙されないぞワイドショー!

長渕剛に乾杯!

言えない、バカにされる日本人が育つのだ。

14.    2016年12月08日 22:07:11 : bjH1BgWLU2 : vIHToor6qjA[62]
こんなTVに干された方がシアワセじゃないの。
ゲスの極みの様な人しか出ていないよ、今日のテレビ。
テレビに出ない人々の方が素晴らしい人物が多い。

オノ・ヨーコさんも19秒のメッセージで叫んだね。
長渕剛と全く同様に。

座布団ひっくり返して怒るということは大事、誰かのために怒る、やめる
中止する出てゆく、降りると言う事はとても大事。

韓国の人も民主化のために今真剣に怒っている、応援したい。

16.       なか[46] gsiCqQ 2016年12月09日 01:25:14 : EwNBARmk3s : vYYRLD@RhiU[17]
毎日トップで韓国の不祥事事件を垂れ流すのが日本の堕落したダマスゴミ。年金カット法案を伝えて細かく説明したのか?

(以上、転載終わり)

| | コメント (0)
|

不可解マスコミ世論調査に室井佑月が吼えた 「なんでこうなる。おかしくないか?」

-「なんでこうなる。おかしくないか?」って室井佑月さん。そりゃおかしいよね、絶対。すべてに行き詰まりを見せ「上がり目ゼロ」のはずなのに、(最近取り上げたように)先駆けとなった共同通信調査は60%超という目をむくような調査結果をはじき出したし、NHKをはじめ後に続いた新聞・テレビ調査も数値にばらつきはあるものの、示し合わせたように各社高支持率をはじき出しているのだから。下に、NHK調査結果と地方紙・ネット等の調査結果を掲げてみたが、大手マスコミと地方紙・ネット等の調査結果ではどうしてこうも違いが出てくるのだろう?どっちかが捏造・偽造調査結果なのは明らかだ。多くの国民は「捏造・偽造調査してるのは大手マスコミの方だ!」とすぐ見破ることだろう。「寿司友」が象徴的に示しているように、安倍政権とはガッチリ利益共同体化している大手マスコミは、同政権が長く続いてくれることを切に望んでいると思われるのだ。だから大失敗のトランプ詣で&APEC外交も手放しで礼賛し、相次ぐ凶行採決にも目をつぶるわけなのだ(たださすがに、カジノギャンブル法案凶行採決だけは各紙とも珍しく反対社説を掲げたらしい)。おかしい極め付けは、室井さんご指摘のように、各個別のテーマについてはすべて反対なのに(私の体感で言わせてもらえばそもそも反対の数値すら低すぎ)、なぜ内閣支持率だけが突出して高いのか、ということである。おかしいだろ、こんなの。「支持する」へ誘導質問しまくりだろ。それに20代、30代の半数以上が固定電話離れしている時代に、何で固定電話だけに固執しているのか。爺・婆・主婦三大B層を対象とし続けたいから、としか思えないのだ。と、言いたい事はまだまだあるが。米国主要メディアは大統領選の嘘報道で米国民の信用ガタ落ち、CNNなどは大量の契約打ち切りに頭を抱えているという。安倍政権&1%の味方の日本のメディアもいずれそうなるだろう。いな、朝日・読売の大購読減やテレビ視聴率低下が下げ止まらないように、新聞、テレビ離れはもう確実に進行中である。 (大場光太郎・記)-

【NHK世論調査結果の推移】
http://www.nhk.or.jp/bunken/research/yoron/political/2016.html

内閣:安倍内閣(%)
 1月2月3月4月5月6月
(参)
7月8月9月10月11月12月
支持する 46 50 46 42 45 48 48 53 57 50 55  
支持しない 35 34 37 39 36 35 36 32 26 33 26  

(参)=第24回参院選第1回全国調査
※1: 6月からは全国の18歳以上の男女が調査対象

113017


世論調査は不可解? 室井佑月「なんでこうなる。おかしくないか?」〈週刊朝日〉
http://www.asyura2.com/16/senkyo217/msg/105.html

投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 12 月 05 日 07:10:05
世論調査は不可解? 室井佑月「なんでこうなる。おかしくないか?」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161201-00000322-sasahi-soci
週刊朝日 2016年12月9日号

 作家の室井佑月氏は、アメリカ大統領選や韓国大統領のスキャンダルに関する報道を見て、日本のメディアについて思うところがあるという。

*  *  *
 11月14日のNHKニュース。<安倍内閣を「支持する」55%、「支持しない」26%>だって。

 先月の調査より、支持する人が5ポイント上がって、支持しない人が7ポイント下がった。

 なんでこうなる。おかしくないか?

 TPPを今の国会で承認することへの賛否は、「賛成」が18%、「反対」が24%、「どちらともいえない」が48%。

 今の国会で審議されている、賃金が下がった場合に年金支給額を引き下げることなどを盛り込んだ年金制度改革関連法案について、「賛成」10%、「反対」49%、「どちらともいえない」が33%。

 南スーダンでの自衛隊の駆けつけ警護、「賛成」が18%、「反対」が42%、「どちらともいえない」が32%。

 天皇陛下の退位についてどのようにするのが望ましいのか。「特別法を作って、いまの天皇陛下に限って認める」21%、「皇室典範を改正して、今後すべての天皇ができるようにする」58%、「退位は認めず、現在の制度の範囲内で対応する」11%。

 自民党が党総裁の任期を連続3期まで延長することについて。「賛成」27%、「反対」31%、「どちらともいえない」35%。

 つまり、現政権を肯定している人より、否定している人のほうが多い。世論調査の結果が解せない。

 この結果は、新聞の世論調査でもいえる。

 あたしはなぜか、アメリカの大統領選とこのことが被ってしまう。アメリカの大統領選、世論調査はずっとヒラリーのほうが数ポイント上だった。なのに、ふたを開けたら結果がひっくり返った。

 あまりニュースになっていないが、選挙中、トランプはこのことを批判しつづけていた。「嘘ばかり報道する」と。「不正選挙がおこなわれている」とまでいっていた。

 実際のところ、トランプがいっていたように、メディアは嘘ばかり報道し、世論を偏った方向へ煽ったのだろうか。

 それはわからない。あたしが考えてしまうのは、日本はどうなのか、ということだ。

 新聞社やテレビ局の幹部、御用コメンテーターが、安倍政権と懇意にしているのはもはや秘密にもなっていないのだ。

 お隣の国、韓国で大問題になっている朴大統領と崔順実についてもそうだ。

 崔が文化体育観光部(日本の文部科学省にあたる)の利権に絡んでいたのは事実で、スポーツ関連組織が不正の温床となっていた。崔は平昌五輪の会場建設や運営に口を出し、その利権も貪(むさぼ)っていた。

 じゃあ、この国はどうなんだろう。オリンピック費用がなぜ3兆円にまで膨らんだんだろう。韓国ヘイトみたいなニュースを流すだけじゃなく、そちらをなぜ追及しない? お隣の国のこの問題でわかったはずだ。文部科学省、その中でもスポーツは利権の温床になりやすいと。

(転載終わり)

関連記事
泥舟から逃げ出す新聞社 ~ カジノ法案を政権の断末魔と理解したか 
http://www.asyura2.com/16/senkyo216/msg/892.html
≪国会崩壊≫自民党議員がカジノ法案審議中に、突然「般若心経」を唱え出していたことが判明!
http://www.asyura2.com/16/senkyo216/msg/915.html
アベノミクスどころか、アベの政治も破たんして 
http://www.asyura2.com/16/senkyo216/msg/846.html

| | コメント (0)
|

【フェイスブック調査】「支持しない」92.6%、「支持する」5.0% これが国民の本当の安倍内閣支持率だ!

-阿修羅掲示板拍手ランキングで現在ぶっちぎりの1位になっているのが、今回の転載文である。当ブログでも直近記事で、先週末の「安倍内閣支持率60%超」共同通信調査には大いに異議を申し立てておいたが、なんと天下のフェイスブックが内閣支持率調査を行ったのだ。その結果は、本タイトルにも示したとおりまさに驚きである。「支持しない」92.6%、「支持する」5.0%と出たのである。共同あるいはそれと似たり寄ったりの新聞・テレビ世論調査と何と際立った違いなのだろう。まるで天地逆さまである。というより、「内閣支持率40%(不支持60%)」などという生やさしいものではない。たった「支持率5%」だけなのだ。これでは、(スピンコントロール明らかなASKA逮捕報道の前はこれ一色だったらしい)韓国パク・クネ大統領支持率と一緒じゃん。「しめしめどんなに害交失敗しても、凶行採決しても60%だわい」と、(『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』のチェシャ猫は魅力的だったが)薄気味悪いニタニタ笑いしてんじゃねえよ、安倍増長!という話である。もちろん、このFB調査こそが国民全体の民意だ、などというつもりはない。しかし「覚醒した」国民の民意であることだけは確かだ。共同や読売・産経などの固定電話だけの、爺・婆・主婦三大B層対象の、誘導“ドツボ”質問たっぷりの、しかもあとで鉛筆ナメナメ調整の調査とはおよそわけが違うのだ。先の米国大統領選では米主要マスコミの、度を越したヒラリー支持、トランプ攻撃報道が非難の的となった。しかしアメリカが健全だと思うのは、そんなマスコミ報道を信じているのは米国民の10人に1人しかいないらしいことである。それがトランプ当選という結果になったわけだが、翻ってわが国ではどうだろうか?米国民とは逆に「信じていない」のは「10人に1人しかいない」のではないか?この民度の差こそが、悲しいかな、国内大手マスコミの捏造誘導報道を許し、安倍をますます増長させる一番の原因だと思うのである。ただ救いは、「覚醒国民」が徐々にではあるが確実に増えていることである。 (大場光太郎・記)-

113015

≪Facebook調査≫ 安倍内閣の支持率 「支持しない」92.6% 「支持する」5.0% 大手メディア調査は虚構!?
http://www.asyura2.com/16/senkyo216/msg/773.html

投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 12 月 01 日 10:20:20

Facebook上で行われた安倍内閣支持率調査が昨夜で終了しました。
これまでのマスコミの世論調査とは大きく異なり、下記の通り驚愕の結果となっています。
安倍内閣はアメリカ大統領選の読み違え、北方領土交渉は風前の灯火、内政では駆け付け警護、
アベノミクスの失敗、年金給付削減、TPPや原発再稼働など多くの国民が反対する施策を強行採決で強引に進めています。
こんな悪政でも直近の内閣支持が60%に跳ね上がり多くの疑問が生じました。
今回の調査はネットで行われたもので政権には厳しいものとなったようですが
ネット世論としては納得できるものです。
やはり、大手メディアの世論調査は世論操作のための虚構の疑いが強くなりました。
関連する記事とtwitterを添付しましたのでご覧ください。

安倍内閣支持率 調査
https://apps.facebook.com/my-polls/form/1502264/

投票は終了しました。ご参加いただきありがとうございます。

あなたは、安倍内閣を支持しますか?

9,282 answers(投票数)
支持しない。 8,596 votes(票) 92.6%
支持する。 461 votes(票) 5.0%
どちらでもない。 225 votes(票) 2.4%

注目の安倍内閣支持率調査登場! 安倍政権の支持率は朴槿恵大統領並 「支持しない」9割超
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=120338
2016/11/30 2:36 PM Shanti Phula

113015_2

このFacebook上で行われている安倍内閣支持率の調査では、現時点で、7500人以上が参加し、「支持する」は5パーセント未満で、「支持しない」が9割を超えています。是非たくさんの方に参加していただき、今後どのような結果になるのか、見てみたいものです。こちらで参加できます。
つい先日、共同通信の世論調査で安倍政権の支持率が60パーセントに上昇したことが報道されていましたが、あれは、これまでの地方紙の調査結果からも捏造された数字だと分かります。
来年1月にも安倍首相が衆院解散・総選挙に打って出る可能性が指摘されていますが、不正選挙を阻止できれば、米大統領戦に次ぐ快挙が日本でも起こるかもしれません。世界支配層「ゴールドマン・ファミリーズ・グループ」に支持されている小沢一郎代表も歴史的転換に向けて全国行脚中のようです。
(編集長)

配信元) Twitter 16/11/29

113016_2
 飯田哲也(いいだてつなり) @iidatetsunari 

安倍政権の支持率 3.3%! 史上最低と言われる韓国の朴槿恵大統領 以下。

調査対象に多少のバイアスがあるとはいえ、大手メディアの支持率調査と違いすぎる。https://poll.fbapp.io/1502264/byic66?from=user_wall

| | コメント (0)
|

まだトランプ批判を続けているサル以下の日本のマスコミ人(byカレイドスコープ)

-今回はカレイドスコープサイト記事の転載である。今米国大統領選に対する米国及びわが国の新聞・テレビメディアとそれに寄生して飯を食っているマスコミ人の姿勢を、いつもながらに舌鋒鋭く論破している。かなり長い記事であるが、じっくり味読していただきたい。ということで、私はカレイドスコープ氏とは別の観点から、以下に脱線話をしてみたい。15世紀半ばのグーテンベルクによる活版印刷の発明以降、書物などの大量印刷が可能となった。一例を挙げれば、グーテンベルグ自身が最初に印刷したのが聖書だったように、それ以前のヨーロッパ大衆は文盲率も高く原典としての聖書を読んだ事はなく、キリスト教教義はキリスト教会などごく一部知的エリートの独占だったのである。中世まで聖書学はオカルト(その真の意味は「隠された知」)だったのだ。大衆はカトリック教会の言うままに盲信・盲従していたわけである。だから活版印刷は、その後のヨーロッパ市民&世界市民の蒙を開き、その知的向上に計り知れない貢献をしたことになる。その一翼をになったのが新聞ということだが、しかし産業革命以降のイギリスなどで著しく発展していった新聞は別の邪悪な目的も持っていた。むしろそのためにこそ新聞は拡販されて今日に至っているのである。当時の近代フリーメイソン・イルミナティによる、今日で言うサタニズムNWOに向けての大衆の洗脳・誘導である。新聞がラジオやテレビに変っても、その実情はまったく変っていない。むしろますます露骨になる一方である(例えば米国の主要な新聞・テレビは、ロスチャイルドかロックフェラーかいずれかの傘下にあるとみて間違いない)。そのことが世界中に広く知れ渡ってしまったのが今回の米国主要メディアによるヒラリー優勢、トランプ罵倒報道である。省みれば、米国メディアを笑えないほどわが国新聞・テレビメディアの堕落報道ぶりも酷いものだが、ずっとヒラリー、ヒラリーと聞かされて蓋を開けたら「トランプ」、さすがのテレビ頼みB層国民も「これはおかしいぞ」と気がついたのではないか。いな、ここまで酷い報道をされて気がつけないなら相当ヤバいレベルと言わなければならない。 (大場光太郎・記)-


まだトランプ批判を続けているサル以下の日本のマスコミ人
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4640.html 
カレイドスコープ Tue.2016.11.15    


110813



ニューヨークタイムズが、数ヵ月前からドナルド・トランプ候補に対して仕掛けてきたネガティブ・キャンペーンについて、読者に謝罪しました。(NYタイムズの原文)
一方、日本のマスコミ人は、トランプ圧勝がアメリカの有権者の本当の意思であるにも関わらず、今だにトランプに対して悪印象操作をやっています。
彼らは、いったい誰に奉仕しているのでしょう。

明暗を分けた二つの新聞ーFOXは勝ち組、NYタイムズは負け組

さて、「ナレッジ・デバイド(Knowledge divide)」-ディスインフォメーションの洪水の中を泳ぎ切るための知恵と見識を巡る競争ーに関するケーススタディーをひとつ。

その情報が、真剣に検討すべき情報か、あるいは唾棄すべき情報か、そして、それをすぐに見極めることができるかどうかで、人生が変わってくるどころか、命にかかわる危険な事態に巻き込まれなくて済むかどうかが決まってきます。

それを、つい数日前、私たちは体験したのです。

支配者と、それに連なっているメディアは、私たちを白痴化することによって、自分たちに都合よく人心をコントロールしようとします。
それを見抜く術を身に着けることによって、彼らに勝つことができるのです。
(「ナレッジ・デバイド(Knowledge divide)」に関する詳しい記事はコチラ)

米・大統領選の熱狂も冷めやらない11月13日、ニューヨークタイムズが、読者に対して、「ドナルド・トランプ候補に対する意図的なネガティブ・キャンペーンを展開した」として同紙で正式に謝罪しました。(ニューヨークタイムズの謝罪記事)

謝罪文は、発行人のアーサー・サルツバーガー会長とディーン・バケット編集長との連名で出され、その主旨は以下のようなことです。

「トランプの独創性は、われわれメディアの予想をことごとく外すほど破天荒だった。
われわれは、現実の世界を取り違えてしまったのかも知れない。
数ヵ月前から先行していた報道と選挙結果の乖離は、われわれに、あらためてジャーナリズムの基本的な役割を果たすことの重大さを再認識させた。
今後は、新大統領について精度の高い公正な報道を続けていく所存である。
したがって、読者は、NYタイムズの報道に期待していただきたい」。

要するに「想定外」のことが起こってしまったので、読者の皆様には多大なご迷惑をおかけした。
今後、襟を正して公正な報道を心がけていくので、旧倍にまさるご支援のほどをお願いします」といった内容です。

アメリカのテレビ・新聞のほとんどすべてといっていいほど、トランプを「大統領選挙史上、もっとも大統領にしてはならない男」と報道して、ヒラリーを勝たせようとしてきた企業メディア。

誰でもすぐにわかるほどの捏造情報を数ヵ月前から垂れ流し放題で、その反面、FBIのヒラリーに対する捜査を打ち消し、過去の大量殺人疑惑などにも目をつぶって、自分たちのメディアに出資してくれているユダヤ系グローバル・エリートに不利益をもたらすような情報を無視してきたのです。

数ヵ月、その経緯を観てきましたが、それはまさしく、アメリカの有権者を深い洗脳にかける極めて悪質な反トランプキャンペーンでした。
それは、凶悪な犯罪行為以外の何者でもないほど苛烈を極めるものでした。

万全を期して迎えた投票日。
「俺たちが徹底してアメリカの有権者を洗脳してきたから、絶対にヒラリーが当選さ」と、安心しきっていた極悪メディアの連中は、開票と同時にカウンター・パンチを食らったのです。

日本のテレビ・新聞も、アメリカの(ハザール・マフィアの)ユダヤ系メディアにならって、「ヒラリー当選は確実」、あるいは「トランプが大統領になれば核戦争が起こる」、あるいは「トランプ大統領で日経平均は大暴落」などの、彼らが読者を騙すいつもの手口「脅し・すかし」を使っていたのです。

日本のマスコミが、アメリカの情報機関によってコントロールされ、アメリカに寄生している国境を超える資本によって操られていることを熟知している人々は、日本の報道を無視して、アメリカの現地情報を見ていたので、総じて「トランプ勝利」を確信していました。

その中の何割かの人々は、「後出しジャンケンだ」と言われていますが、そうではなく、投資家などが勝手に騒ぎ出すことを恐れていたのです。
また。その騒動に巻き込まれたくないと考えていたのです。

むろん私も同じで、「トランプの勝利」の色が濃くなるにしたがって、毎回書く記事には、それらしい暗示的なシグナルを入れるにとどめたのです。

ニューヨークタイムズの反トランプキャンペーンは、あからさまで、ヒラリーの当選確率を90%であると報じていました。

いくらトランプが、ネガティブ・キャンペーンによって、無頼漢の大男として有権者に映し出されていたとしても、「90%」は、ありえない数字です。

もともと、アメリカ人は、テレビ・新聞の情報を信じていません。大統領選については、なんと10人に1人しか、その報道を信じていなかったのです。
反面、ネットにおけるトランプ支持は全体の80~90%でした。

しかし、テレビ・新聞などの企業メディアは、自分たちの力を過信し過ぎたのです。「たかがネット」と過小評価していたのです。

投票日には、ネットのアンケートにも表れなかった隠れトランプ支持層が、いっせいにトランプに投票ました。

捏造情報によって有権者を洗脳し、ヒラリーを当選させなければならなかった企業メディアの難しさは、トランプとヒラリーの票差を五分五分にしなければならなかったことです。

大差を持ってヒラリーを当選させてしまえば、それこそ「やりなおし」の大合唱が起こることを危惧していたからです。

ニューヨークタイムズの謝罪文にある、「トランプの独創性は、われわれメディアの予想をことごとく外すほど破天荒だった」という言葉には説明が足りません。

つまり、「われわれニューヨークタイムズは、ヒラリーが劣勢であることを事前に知っていて、『ヒラリー6』、『トランプ4』くらいの割合で、ヒラリーが当選するように調整していたが、トランプ支持派が想像を超えるほど多かったため、われわれの、あらゆる準備は役に立たなかった」というのが偽らざる本音なのです。

すでに、いくつかの州では、ヒラリーを勝たせるための不正が行われたことが発覚しています。それは、今後、増えるでしょう。
実際は、トランプに投票した人の数は、投票所に行った有権者の7割以上ではなかったのでしょうか。圧勝と言って差し支えないと思います。

ニューヨークタイムズは、やりすぎて、かえって有権者の不信感を招いて自ら墓穴を掘ってしまったというわけです。
これでは、読者の不買運動に発展しかねないと、慌てて謝罪の意を含む弁明を始めたというわけです。

判明しているだけでも、ブッシュの大統領選から不正が行われてきた米・大統領選。

アメリカに寄生してアメリカ国民の血(血税)を吸い取って来たハザール・マフィアのグローバル・エリートたち、そして、彼らの企業メディアは、常に自分たちが望む大統領をつくり出してきました。

その慢心と気の緩みがもたらした傲慢によって、アメリカの企業メディアは自滅したのです。

ただ一つ、FOXだけは、トランプ勝利を正しく伝えていました。FOXは、大統領選キャンペーンに際して、事実を伝えて購読者数を伸ばすチャンスとしてとらえたのです。

読売・産経ー二つ新聞の読者の欺き方

面白いことに、このニューヨークタイムズの件を、ある程度のスペースを割いて報じているのは、読売新聞と産経新聞だけです。
もっとも捏造記事の多い、この二つの悪名高い新聞が、いったいどうした風の吹き回しなのでしょう。

日頃の罪滅ぼし?

そんなこと、彼らに限って「ありえない」ことです。

読売新聞は、あいかわらず、戦後の日本人を対米従属の檻の中に入れておく目的のためにCIAによってつくられた新聞、別名「CIAポダム新聞」だし、産経新聞は、少部数ならではのフットワークの軽さを生かして、安倍政権に徹底的に擦り寄って捏造記事を日夜、掲載し続けている御用新聞です。

事実、産経新聞の阿比留瑠比は、「徹底して安倍政権を支える」と広言しているのです。それも記者でありながら、

阿比留は、原子力ムラに加担するために、故・吉田所長に関して事実と異なる記事を書いています
私は、当時、吉田所長の御親族の方からメールを頂戴し、いかにメディアの連中がデタラメなのか、思い知らされました。一事が万事、これなのです。

本来であれば、こうした新聞と悪徳記者たちは、国民を欺くれっきとした犯罪を働いているのですから、刑務所に入れなければならないような人間なのです。ところが、その検察も、歴史的に米軍のコントロール下にあるので放置状態です。

アメリカのメディアには、それが見せかけだとしても、もかろうじて自浄作用が働いているように見えますが、日本のテレビ、新聞は、国民の命を危険にさらすような情報を流し続けているにも関わらず、何の罪にも問われないのです。

それは、3.11直後の福島第一原発人災事故のとき、この二つの新聞がどんな情報を垂れ流してきたか、それによって証明されているでしょう。

ここに、「安倍政権擦り寄り度」を示した記事があります。当を得ていて面白いです。

ニューヨークタイムズ謝罪の件を取り上げた産経新聞の記事は、これです。
米現代史上、最悪の主要政党候補」と酷評も…大統領選予測外れ“敗北”の米メディア 反省の謝罪文掲載するも僅差で困難の弁解」・・・

見出しからして、読者の錯誤を巧妙に誘っていることが分かります。

ニューヨークタイムズの謝罪文には、「反省の謝罪文掲載するも僅差で困難の弁解」などと書かれていません。明確に、「公正を欠く報道を数ヵ月前から行った来たことをお詫びする」旨が書かれています。

産経新聞は、堂々とスピン報道をやるので、その証拠を見つけるのは小学生でもできるでしょう。

読売新聞は、もっと悪質です。この新聞ほど凶悪なメディアは見たことがない。
見出しは、「トランプ氏『NYタイムズが読者に謝罪した』」。

トランプに対して、アメリカの企業メディアがいっせいに誹謗中傷記事を載せていたことを知らない人であれば、この見出しを素直に受け取ってしまうかも知れません。
その人たちは、「また、トランプが何かやったのか」と受け取ってしまうでしょう。

軽率で読解力の低い読者をターゲットにして錯誤を誘う意図が、ありありと見えます。

さらに、読売新聞は、大統領選開票日前からAmazonに「ヒラリー、女性大統領の登場」(読売新聞国際部)の新刊紹介とネット注文のぺージを公開していたのです。

その後、8日昼に該当ページは削除されたものの、ツイッターを通じて「刊行」情報は拡散。
9日夕、大統領選の開票の結果、トランプ氏の勝利が報じられると、「やっぱり読売ヤベー」、「赤っ恥ですなw 何で決まる前に販売の予告しちゃうんだよ」といった声がネット上にあふれだしたのです。

こんな白痴連中が作っている読売新聞と産経新聞を、いまだに読んでいる人は、すでに「ナレッジ・デバイド」の負け組なのです。

日本のマスコミ人は、永遠に西側メディアの奴隷から解放されない

メディアの白痴度は、読売のような新聞だけでなく、テレビにおいても、そこここに見られます。
テロップの誤字、女子アナの原稿の読み間違いなどは、もう珍しくなくなりました。視聴者は気が付きません。

しかし、これはマズかった。

日本テレビのチンピラ報道番組「news every.」が、自分が悪魔崇拝者であることを隠さなくなったレディー・ガガが、トランプ当選後、トランプタワーの前で「Love trumps hate.」と書かれたプラカードを持って抗議する姿を映し出しました。

そのとき、ヒラリー・クリントン候補を応援していたガガが、「“トランプは嫌い!”と書かれたプラカード持って抗議しています」というテロップを流してしまったのです。

トランプ勝利は、アメリカの有権者の偽らざる総意であるにもかかわらず、まだCIAの日テレは、トランプに対してネガティブな情報を流そうとしているのです。

しかし、凶悪犯罪者のヒラリーに加担する、この社会的に非常に有害な放送局は、trumpsを、なぜTrumpと訳したのか説明しません。
trumpsが小文字で複数形になっている時点で、一般名詞か動詞に違いないわけですから、「トランプ」と誤訳する余地などないのです。

ネットユーザーたちは、「誤訳だ」といって、この番組制作者のレベルの低さに驚いていますが、断じて勘違いによる誤訳ではないのです。

せっかく、ヒラリー・クリントンを応援する目的でトランプタワーの前まで行った悪魔崇拝者のガガの努力は報われないどころか、その非難の矛先はヒラリーに向けられそうです。

テレビは、新聞と比べて、ずっと執念深くトランプを攻撃したいようです。

東京キー局のテレビ各局のスタジオでも、それは起こりました。

米大統領選後、TBS『NEWS23』のニュース・キャスター星浩が、ニューヨークから現地の様子を日本に届けていました。

その中で、「日本がアメリカにお金を出して日本を守ってもらう、というモデルをトランプが壊そうとしている」と、アメリカの企業メディアの論調そのままに、日本の視聴者に訴えていました。

アメリカの企業メディアのほとんどが、スポンサーやファンドを通じて、ロスチャイルドなどの国際金融マフィアによってコントロールされていることは厳然とした事実です。

国際金融マフィアの力の及ぶ程度は、メディアによってマチマチですが、それでも、ほとんどのメディアが、アメリカという国益のために報道しているのではなく、アメリカに寄生している強欲な金満家の利益を、さらに増やすために報じていることは確実なことですので、頭に徹底的に焼き付けてください。

星浩のような男は、新聞・テレビマスコミの世界では決して珍しい存在ではなく、彼らの頭が、完全に西側の新世界秩序に洗脳されており、アメリカに徹頭徹尾、服従してこそ日本の平和と経済発展がある、と今でも信じ込んでいるのです。

とうてい信じがたいことでしょうが、彼らは、ジャーナリストを自称しながら、実は奴隷的教育指導を視聴者に行おうとしているのです。

アメリカと中国でビジネスをやっている富裕層の子息から聞いたことは、「日本の新聞など信じたらダメ。日本の新聞を読むくらいなら中国の新聞を読むべきだ」というものです。

日本人の現地特派員などに取材能力などほとんどないので、せいぜい、日系商社に行って商社マンから現地の情報を聴き取ったり、現地のコーディネーターから仕入れた情報を、さも、まことしやかに報道しているのです。

日本から行った現地特派員と称する新聞・テレビ局の社員が、よく、このように言っているのを聞いたことはないでしょうか。
「今日のウォールストリート・ジャーナルによると」、「今日のワシントンポストによると」、「先ほど放送されたCNNニュースによると」・・・

「そんなこと、とっくに知っている。それより、その背景について調べろよ!」。
その特派員たちに、このように苦言を呈したいネットユーザーは大勢いるでしょう。

彼らは、ヒラリーをなんとしてでも勝たせて、本当に世界大戦を引き起こそうと企んでいる国際金融マフィアの資本によって運営されている、こうした企業メディアの情報を、何の疑問も持たずに信じ込んでしまうのです。

前の記事で、「ナレッジ・デバイド」について書きましたが、『NEWS23』の星浩、テレ朝『報道ステーション』の後藤謙次など、政治ジャーナリストを名乗っている人間がキャスターを務めている報道番組には気を付けてください。

テレ朝『報道ステーション』の富川悠太アナ、NHK『ニュースウオッチ9』の河野憲治のような人々は、サラリーマンですから、報道マンというより、組織人として、「粗相のないように」と、こちらを優先するために、星浩のように完全に間違っている情報を国民に与えることは意外に少ないのです。

それに対して、寿司トモのような連中は、最初から計画的に国民に誤った情報を出し続け、国民の命を危険にさらし続けているのですから、もはや刑務所に入れなければならないような人間なのです。

これほどの悪党マスコミ人は、アメリカのメディアの世界にも、まあ、なかなかいないのです。

日本の視聴者を小馬鹿に仕切っており、権力側にしがみついていれば、意図的なディスインフォメーションを流しても逮捕されないとタカをくくっているのです。

彼らこそが、すでに「ナレッジ・デバイド」競争の敗残者であり、アメリカ、アメリカと言いながら、その実、アメリカという国家ではなく、アメリカに寄生している国際金融マフィアに奉仕しているような情けない人間どもなのです。

しかし、彼らには、本当にそれが理解できないのです。いずれ消えるでしょう。

現地に実際に行って、アメリカ人に取材していたネットメディアの人々は、日本のテレビ・新聞の報道とあまりにも違うので、少なからず驚かされたようです。

これは、大統領選についてだけでなく、トランプやドゥテルテなどの人柄についても同じです。

特に酷いのが、プーチン、アサドについて、日本のメディアが報じている彼らの人物像です。

完全に計画された「日本人洗脳プログラム」の下で、テレビ・新聞のマスコミ人の頭の中は、なんとか私たちを騙そうと、それだけで占められているのです。

こうした誤った情報によって、国民が正当な選挙の機会を奪われてしまうことによって、本当に第三次世界大戦に自らを導いてしまうのです。

彼らのように無責任で愚かで悪徳のマスコミ人は、間接的に大量の日本人を虐殺しようとしているのです。

ご存じのように、西欧の人々は、The Devil's in the details=「悪魔は細部に宿る」ことを知っているがゆえに絶えず自分をチェックするのです。
彼らは、悪魔が、日本の滑稽なマスコミ人のように、自分たちが知識人であると自負している人々の心の隙間に、そっと忍び込んでくることを知っているからです。

ここでは、その初歩的な例を紹介しましたが、こうしたケースは日常茶飯事となっています。

来るべき人工知能の時代に、あなたが機械やシステムの奴隷に成り下がることなく、自分なりのイニシャチブを持って生き抜くために、「ナレッジ・デバイド」の勝ち組になるべく本気で感性を磨くことが大切です。

(転載終わり)


カレイドスコープ関連記事
ヒラリー逃亡、9.11の真犯人、メディアに侵入しているスパイ
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4638.html
TPPゾンビ復活の可能性と鍵を握るバーニー・サンダース
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4634.html
大統領選後、ヒラリー一味の起訴に動き出すFBIに注目
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4627.html

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧