【森友疑獄本ボシ】安倍昭恵、余裕のフェイスブック再開&昭恵らに怒りの刑事告発スタート

-主犯・安倍昭恵が「禊が済んだかどうか」を判断するのは、主権者たる国民である。その国民の80%以上が森友問題の疑惑は晴れていないと回答し、また60%くらいの国民が昭恵の国会招致を望んでいる。つまり、「森友禊」など済んでいないのである。にもかかわらず、安倍自民党は、稀に見る「総理大臣&総理夫人の犯罪」事件に蓋をして葬り去ろうとしている。実際、大手マスコミはまたぞろ官邸恫喝により、森友報道から手を引きつつある。国会も共謀罪審議などに中心が移りつつあり、民進党委員が森友を持ち出そうとするものなら自民党から大罵声を浴びせられ、安倍に至っては答弁拒否である。その隙に乗じて、安倍増長の連れ合いの鼻高女狐昭恵も潜伏状態を脱し、過日はお花見、このたびはフェイスブック再開だという。結局関係者のうちでもっとも権力のない籠池泰典氏一人のトカゲの尻尾切りで幕引きさせる算段。「悪いやつほどよく眠る」とは昔から言ったもので、晋三&昭恵等の本ボシは、証人喚問はおろか記者会見もなしで悠々セーフである。

「ええい、もう許さん」と思ってかどうか。以前籠池前理事長を大阪地検に告発した、「日本タイムズ」発行人の川上道大氏が、新たに安倍昭恵と谷査恵子の告発状を検事総長と大阪地検特捜部に送った。川上氏は籠池告発時、大阪地検の担当者に「今回は手始めで次にまた大物の告発をしますから、それも必ず受理してくださいよ」と念を押していたという。予定通りということなのだろう。国会会期中のこの時点での告発は、国会追及をやりにくくし安倍を利するだけだ、という批判がある。確かにそれもあるかもしれない。が、しかし上に見たように森友疑獄は早や終息の気配である。野党側のさらなる追及または昭恵証人喚問がなされない以上、戦いのステージを法廷に移すこともやむを得ないのではないだろうか。問題は大阪地検が総理夫人の告発を受理するかどうかだ。しかし籠池告発の方は異例の早さで受理し、逮捕秒読みとも言われているのに、こちらは不受理では国民世論は納得しない。それに大阪地検は、記憶に新しい厚労省・村木厚子氏事件で担当検事の証拠フロッピーディスク改ざんが発覚し、満天下に恥をさらした。同地検はその汚名挽回の機会をうかがってきたというが、森友疑獄は絶好の機会のはずだ。コソコソ逃げ回り、頃合いを見計らってエヘラエヘラ出て来た薄汚い安倍昭恵を起訴・逮捕せよ。そして法廷の場に引きずり出してくれ。 (大場光太郎・記)-

【追記】
 川上道大氏に続いて、元検察官の三井環氏も東京地検特捜部に安倍昭恵らの告発状を提出した。三井氏告発は、前回参院選での昭恵の自民党候補者応援に、夫人付き公務員が随行した国家公務員法違反罪を問うもの。安倍昭恵、青田優子、堀口恵美の3人への告発状の内容は以下のとおり(PDF文書)
http://shimin-rentai.com/kokuhatu/abe_hisyokan_2017_4_20/kokuhatu_2017_4_20.pdf

32522

<禊は済んだ?>安倍昭恵さんがフェイスブックを再開!完全復活か? <どう思われますか?>
http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/587.html

http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/29406
2017/04/23 健康になるためのブログ

32519_2

 花牟礼紀仁@サンデー毎日 @some_haru 

FB謹慎期間は1カ月弱だったようですね。

| | コメント (0)

【平成の大毒婦】安倍昭恵が正しく説明責任果たすことを「祈ります」(植草一秀氏)

-今回は森友疑獄関連の植草一秀氏一文を転載する。以前の副島隆彦氏文では、森友疑獄は昔から行われてきた典型的な「土地転がしビジネス」事例であり、それには必ず大手銀行が絡んでいる、と指摘してあった。植草氏文の出だしがいきなり「りそな銀行」なのでその事を思い浮かべたわけである。森友疑獄ではりそな銀行、そして第二森友の今治市加計学園疑獄では三井住友銀行。安倍昭恵フェイスブックにあった15年クリスマスイヴの「男たちの悪だくみ」魔宴では、晋三や加計孝太郎と共に「三井住友銀行」副頭取の悪相が映っていた。「なるほど確かに」と納得の次第である。ところでりそな銀行といえば、植草氏にとっては終生忘れえぬ行名だろう。転載文の経緯で、同銀行と小泉・竹中政権に関する巨悪を告発する本の出版を明日に控え、痴漢行為というあらぬ冤罪で学者及び評論家生命を絶たれてしまったのだから。結局植草氏不当逮捕により、同告発本は出版されず真相は闇に葬られてしまった。が、その時すべてが明らかにされていれば、今日の森友・加計疑獄も起きていなかったかもしれないのだ。森喜朗以降の謀略派閥清和会の根暗政権では、小泉純一郎を経て現在の安倍晋三に至るまで、巨悪疑獄は皆悉く闇に葬られることになるのである。さて植草一秀氏の論説はいつ読んでも明晰で冴えていて、論旨がすっと頭に入る。日本は、小泉・竹中の謀略により、かけがえのない大才を論壇外に追いやってしまったのである。植草氏は、問題の鼻つまみ厄人・佐川理財局長の東大経済学部の1年後輩であるが、同氏の佐川への批判は大変厳しい。また私事であるが、植草氏は、小沢事件追及のころ当ブログに頻繁にお越しいただいたことも懐かしい。安倍暴政、清和会暴政、自公暴政が終焉し、植草氏の冤罪が国民全体に周知され、経済学者・論壇の中心復帰、というより積極的に政界に助言出来る日が早からんことを! (大場光太郎・記)-

安倍昭恵氏が正しく説明責任果たすことを「祈ります」ー(植草一秀氏)
http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/443.html

http://www.twitlonger.com/show/n_1spq99i
20th Apr 2017 市村 悦延 · @hellotomhanks

拙著『「国富」喪失』

32520
https://goo.gl/s3NidA

の61~62ページに、次のように記述した。

「りそな銀行は埼玉銀行と大和銀行が合併してつくられた新銀行であったが、

この新銀行発足に際しての東京、名古屋、大阪での三回の記念式典および講演会では、

すべて筆者が講師を務めた。

筆者が小泉竹中金融行政批判の急先鋒であったことはすでに述べた。

このことから、りそな銀行は恣意的判断により自己資本不足に誘導されたものと

推察できる。

権力の濫用そのものであると言わざるを得ない。
 
自民党に対するりそな銀行の融資残高は、りそな銀行救済以後に激増した。

2002年末に5億~10億円だった他の主要行の対自民党融資残高は

2005年末に4億~8億円に減少した。

その一方で、りそな銀行の対自民党融資残高は2002年末の4・75億円から

2005年末の54億円へと激増したのである。

小泉・竹中金融行政が、りそな銀行を自己資本不足に追い込み、

公的資金により救済すると同時に経営陣を総入れ替えさせて以降、

りそな銀行は自民党の財布として活用されることになったのである。

この事実を朝日新聞が2006年12月18日に一面トップでスクープした。

記事を執筆したのは鈴木啓一記者であると見られている。

ところが、この鈴木啓一氏が記事掲載の前日、

東京湾で水死体として発見されたと伝えられている。

しかも、さらに奇妙なことは、この朝日一面トップのニュースをその後、

後追いした新聞社が一社も存在しないことである。

朝日監査法人の会計士の急死、そして朝日新聞記者の急死など、

この問題に関わることの恐ろしさが、誰の目にも明らかになった。

そして、いま疑惑の渦中にある森友学園に資金を融通しているのも、

りそな銀行ではないかと見られている。


拙著『「国富」喪失』の広告が昨日付の朝日新聞に掲載されたのでご高覧賜りたい。

一部書店等で品切れになりご迷惑をお掛けしてしまったが、

刊行直後に重版が決定されたので、順次供給されることと思う。

森友学園が小学校舎の建設資金のあてもないのに校舎建設を行っていたように

思わせるメディア報道が行われてきたなかで、大きな謎であったのが銀行融資だった。

森友学園の資金繰りを考えれば、

校舎建設の資金として銀行融資を検討しないはずがない。

何よりも資金の裏付けを求めるのは施工業者である。

藤原工業の代表者は「補助金で支払いが行われると聞いていた」と述べているが、

通常の施工業者であれば、その補助金について、裏付けを確認するはずである。

裏付けもなしに工事を請け負ったということであれば、

何か「特殊な」安心材料があったとしか考えにくい。

「特殊な」安心材料とは、何らかの「政治」とのつながりである。

この何らかの「政治」とのつながりこそ、森友疑惑の核心である。


森友学園は公式サイトにも広告が掲載されていたことからも分かるように、

りそな銀行との何らかの取引実績があったものと推察される。

このことから、小学校建設資金についても、

りそな銀行による融資枠等の設定があったのではないかと推察されてきた。

この件に関して、初めて、森友学園の籠池泰典前理事長の口から証言が出された。

週刊新潮が中川俊直衆議院議員の女性スキャンダルを報じることに対応して

中川議員が経済産業政務官を辞任したが、

当然、本人による公の場での説明が求められる。

政治家には常に「説明責任」が求められるのである。

新潮は中川議員のスキャンダルをスクープしたが、

これと時を同じくして『月刊FACTA』 が籠池氏に対する独占インタビューを

実現して、その内容を報じた。

このなかで、籠池氏が小学校建設資金の銀行融資について初めて語っている。

このなかで籠池氏は、

「ある都銀から10億円の融資枠をもらっていた。」

と述べている。

真偽は確認されていないが、15億円の建設費を支払うための用意がなければ建設に

着工することは考えられない。

「都銀」という表現を用いていることと、森友学園の取引関係を踏まえると、

「りそな銀行」からの融資が予定されていた可能性は高いのではないかと思われる。

森友疑惑はまったく解明されていない。

森友疑惑の核心は、国有地が不当に低い価格で払い下げられた疑いがあり、

その不正廉売の背景に安倍首相夫人の関与があったのではないかとの疑惑である。

そして、安倍首相は安倍昭恵夫人が関与していたら、

首相も議員も辞職することを明言している。

安倍首相は疑惑を晴らす責務を負っている。

疑惑を晴らすためには、安倍昭恵氏が公の場で説明責任を果たすことが

必要不可欠である。

野党の対応が甘すぎるが、この問題は、現時点で何も解決していない。

主権者国民は絶対にここで幕を引いてはならない。

主権者の毅然とした対応が、政治の腐敗を打破するために

必要不可欠なものなのである。


国会では共謀罪創設審議に重心が移されているが、

主権者国民は森友疑惑が解消されたと考えていない。

この問題についての論評において、必ず登場するのが内閣支持率である。

内閣支持率が低下していないから、この問題での更なる疑惑追及は必要ない。

このような暴論が横行している。

決定的な間違いは、

「内閣支持率」という客観的信用のない数値を判断の基準においていることだ。

「内閣支持率」は、その公正さが、法的にも、科学的にも、学術的にも、

まったく裏づけされていない、

信用に足る存在

ではないのだ。

本人確認の書類として、運転免許証や健康保険証などが用いられるが、

手書きの名刺など通用しない。

メディア世論調査による「内閣支持率」など、

「手書きの名刺」よりも信用度の低いものである。

そのことは、メディアの関係者自身が吐露しているところである。


安倍政権は不祥事に際して、常にメディア世論調査による「内閣支持率」を

不正利用している。

メディアに、政権が望む数値を発表させているのだと推察される。

特定秘密保護法でも、戦争法でも、消費税の公約破棄でも、

政権批判が強い行動を取った直後の内閣支持率を、

必ず「操作」している疑いが濃厚である。

いずれ、誰か関係者が「内部告発」することになるだろう。

メディアが発表する「内閣支持率」は「調査結果」ではなく

「創作物」であると見なすべきである。


安倍内閣の支持率が50%や60%もあるわけがない。

本当に支持率を正当性の根拠に使いたいなら、

「世論調査法」

を定めて、内閣支持率を「国民投票」として実施するべきだ。

当然、質問の文言についても国会で審議して、

回答が特定の方向に誘導されない表現を用いることも必要だ。

厳格な罰則規定を設けて、厳しい制約条件の下で「調査」を行わない限り、

信頼に足る「調査結果」は得られない。

少なくとも、メディアが発表する「世論調査」については、

その客観性を担保するための「法規制」が必要である。


2014年12月の総選挙で、安倍自民党の得票率は、

全有権者の17.4%に過ぎない。

6人に1人しか自民党に投票していないのだ(比例代表)。

それなのに、自民党は衆議院議席総数の61.1%を占有した。

議席占有率は61.1%だが、得票率は17.4%。

これが紛れもない現実なのである。

17.4%の得票しかないのに、61.1%もの議席を占有したのは、

1.小選挙区制で野党が候補を乱立させたが、自公政権が候補者を1人に絞り、
自民党候補者を創価学会が支援したこと

2.主権者の約半数が選挙に行かなかったこと

に依っている。


したがって、安倍暴政を支持しないすべての主権者が選挙に行き、

安倍暴政を支持しない勢力が、一選挙区にただ一人の候補者を擁立すれば、

選挙結果は激変する。

恐らく、議席配分は大逆転して、安倍暴政を支持しない勢力が政権を担うことになる。


森友疑惑は、

国有財産が「政治の関与」で不正に払い下げられたという、

典型的な「政治腐敗」疑惑そのものである。

小さな問題でもなく、

もっと他の重要議案を審議するべきだとの批判が妥当な問題でもない。

安倍首相が「自分や妻が関与していたなら首相も議員も辞職する」と述べたほどに

重大な問題なのである。

その問題で、安倍昭恵夫人が関与したことは、ほぼ明白になっている。

したがって、ここで幕引きをするというなら、それは、

安倍首相の首相と議員辞職による幕引き

意外にはあり得ない、

という状況である。


安倍首相が首相を辞めたくない、議員を辞めたくない、と思うなら、

安倍昭恵氏の証人喚問に応じるべきだ。

当たり前のことである。

その当たり前の行動もとらずに、花見にうつつを抜かすというのは、

主権者国民を舐め切っているとしか言いようがない。

不正を行ったのは財務省であり、森友学園は安倍昭恵氏の関与の下で

進行した小学校開設のはしごの上段で、いきなりはしごを外されて

落下している存在である。

問題の本質は「はしごをかけた側」にあり、

その中心的存在と見られる安倍昭恵氏の説明責任が果たされていないことが

最大の問題である。

主権者国民は、必ず安倍昭恵氏に説明責任を果たさせなければならない。


【阿修羅掲示板投稿コメントより】

1.    2017年4月20日 18:30:26 : lO1dBRsOCs : C7JHowAP_XU[77]
りそな関連は不審死が多かったですが、森友に融資したのもりそなでしたね。。
▼森友学園融資疑惑 安倍総理が元りそな銀行高槻支店次長の冬柴大氏と会食。その後、りそな銀行は森友学園に建築費21億円融資
http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/584.html
▼たぶん条件付だったのが建物完成せずで止まったのかと。そして、これこそが2015年9月4日の安倍・今井が大阪に来た理由ではないかと推測します。森友への融資の話だから籠池さんは資料を持っていて、これが残された最大の爆弾ではないのか…
https://twitter.com/nobuo_ikoma/status/846539293690511363
▼森友学園 瑞穂の國記念小学院 年譜
2017年2月10日 大福信金の5億円の根抵当権がりそな銀行に移動
https://twitter.com/bilderberg54/status/846598025975783424
【りそな】●ジャ-ナリストの不可解な死
竹中金融行政はりそな銀行を救済したが、小泉政権批判を鮮明に示していた経営陣を追放した。代わりに小泉竹中親衛隊を銀行経営者に送り込んだ。政権による銀行乗っ取りが実行された。りそな銀行は、この「乗っ取り」を契機に自民党に対する融資を激増させた。この事実を2006年12月18日の朝日新聞1面トップでスクープした朝日新聞敏腕記者の鈴木啓一氏はその前日に東京湾で水死体で発見された。
http://maiko.cocolog-nifty.com/kuma/2010/04/post-2974.html
●ここ数年で起こった、政・財・官界に関連する事件に関わった人物の不自然な自殺、事故死、及び逮捕劇とりそな銀行の闇
「りそな銀行」の経営危機による実質国有化によって、アメリカの巨大資本や投資家は莫大な利益を上げたのです。「りそな銀行」国有化は、小泉と竹中が日本をアメリカに完全に売り渡しアメリカの巨大資本による「インサイダー取引」であったのです。「りそな銀行」問題は、ジャーナリストが手を出すには危険を伴うトピックスのベスト3に入る、とまで言われていました。
実際に、この問題の闇の部分を知ってしまったが故に、真実を追及しようとした人たちは、不審な死を遂げたり、微罪逮捕されたりして地位も名誉も奪われてしまっています。
http://maiko.cocolog-nifty.com/kuma/2010/04/post-6db2.html
(関連)10年前の第一次安倍政権下では、脅しと「口封じ暗殺」がやたら多かったですね。
http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/109.html#c1←コメント1
【支持率】★≪Facebook調査≫ 安倍内閣の支持率 「支持しない」92.6% 「支持する」5.0% 大手メディア調査は虚構!?
http://www.asyura2.com/16/senkyo216/msg/773.html
電話による世論調査。「安倍不支持」と答えた途端に電話が切れる。「安倍支持」のみがカウントされる。メディアが結託して、安倍支持率を捏造している。 安倍の本当の支持率は、6.5%。
https://twitter.com/kininaru2014111/status/854272405987926016

(転載終わり)

関連記事
女性セブンよ、今頃書くな、昭恵の号泣のこと。この女は、決して被害者ではないぞ 
http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/417.html
<号外>佐川理財局長の答弁は大嘘だったことが国会で判明!「小学校開設審議前に森友側に売買契約締結の資料提供」
http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/534.html
<驚き>森友問題の資料、開示には与党の許可が必要に!財務副大臣が明言!与党による事実上の検閲 
http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/477.html
安倍政権が森友学園報道に激怒してメディア制限!?総務省の検討委員会、テレビ局側に厳しい方針か
http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/314.html

| | コメント (0)

【口利きのデパート】安倍昭恵が国家私物化罪等で安倍晋三共々逮捕されるよう「#祈ります」

-「口利きのデパート」安倍昭恵の霞ヶ関各官庁への口利きは、小さいのまで含めると全官庁にまたがり枚挙にいとまがないそうである。安倍内閣は「安倍昭恵は私人」なる薄つまらない閣議決定をしたが、何の権限もない一市井人が官庁への口利きなど出来るはずもなく、以前の森友・瑞穂の国小学院HPの挨拶にもあった「総理大臣夫人」の肩書きを目一杯利用したから可能になったことなのだ。まして夫の晋三は今や「三権の長」を自認する並ぶ者なき独裁者だ。「平成の大毒婦」昭恵は、ラーリラリゆえのトンデモ勘違いにより夫同様“全能感”に酔い痴れ、同夫人としての立場から口利きをしていたに違いないのだ。安倍晋三に人事権を握られている官僚は、転載文の事例に見られるとおり、多くの案件に総理夫人からの口利きに一も二もなく応じたわけである。中には日頃から昭恵の口利きを快く思わない官僚が各官庁にいて、それゆえ今週刊誌へのリークとなっているのだろう。ところで。籠池前理事長が国会証人喚問の場で、例の谷ファクス以後「急に神風が吹いた」と証言したように、中には大疑獄全体の鍵を握る口利きもあった。安倍内閣はこれまた「谷ファクスは行政文書に当たらない(谷の私的文書である)」との欺瞞的閣議決定をしたが、現役官僚&元官僚の誰もが「谷さんが上からの指示なしに自分の勝手な判断で、あのような文書を籠池側に送付するはずがない」と口をそろえて証言している。安倍昭恵、安倍晋三、今井尚哉の関与は必然なのだ。「私や妻が関与していれば総理も国会議員も辞める」と晋三は国会の場で大見得を切った。森友大疑獄関与どストライクの安倍晋三は今すぐ総理も国会議員も辞めるべきなのである。そして「アッキード事件」と命名された森友大疑獄の中心人物として、安倍昭恵の存在がいよいよはっきりと浮かび上がってきた。直前記事紹介の通り、市民グループが安倍夫妻の刑事告発に踏み切ったが当然である。「桜見狂宴」でエヘラエヘラしている安倍晋三&安倍昭恵をブタ箱に! (大場光太郎・記)-

3252_2


“口利きのデパート”安倍昭恵 「忖度官僚」を大量発生させた私人(週刊新潮)
http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/321.html
http://www.dailyshincho.jp/article/2017/04170559/?all=1
週刊新潮 2017年4月20日号

 大麻であれ、あやしい水であれ、見境なく夢中になる安倍昭恵夫人(54)は、誰彼問わず人を信用し、「自分を利用して」と呼びかけて、「口利きのデパート」と化している。しかも、そのたびに官僚の忖度を呼ぶ、史上稀な力をもった私人である。

 ***

3257
遠戚のために圧力電話(斎木陽平氏Twitterより)

 3月27日と28日、参院議員会館で全国高校生未来会議という、高校生が政治に触れるイベントが開催された。主催するリビジョンの斎木陽平代表(24)は、安倍家にとって遠戚かつ有力支援者の孫。昨年、初めての開催なのに文科省などの後援がつき、内閣総理大臣賞をはじめ錚々たる賞が贈られた背景に、昭恵夫人が文科省に圧力電話をかけた事実があった旨は、すでに本誌(「週刊新潮」)が報じた通りである。

 今年は文科省の後援もなかったが、ゲストに呼ばれた脳科学者の茂木健一郎氏から「高校生未来会議って忖度あったの?」などと尋ねられた斎木氏は、自らの出自を理由に、

「もしかしたら文科省の官僚の人が、やっぱり忖度したかもしれないですね」

 と答えてみせた。

 むろん、昭恵夫人の口利きは、この一件に止まらない。霞が関のさる関係者が言うには、

「昭恵さんは“何かあれば遠慮なく私に相談してください”が口癖で、実際、各省庁に当たり前のように電話して、具体的な案件について話を持ち込んでいます。正確には“口利き”と言うよりは“働きかけ”で、省庁側が“配慮できない”と引き、昭恵さんが“祈ります”などと答えることが多い。またNPOなどに頼まれ、地方創生担当大臣などに相談することもよくあるようです。昭恵さんは、加計学園が運営する御影インターナショナルこども園の名誉園長ですが、その加計学園による大学設置に関しても、私学助成金について文科省に問い合わせたりしていました」

■「ナンボでも金が」

 また、岡山県美作(みまさか)市の棚田の再生活動でも、口利き疑惑が浮上している。件の活動をするNPO「英田上山棚田団」の関係者が言う。

「昭恵さんは棚田プロジェクトが気に入って名誉顧問に就任し、秘書の谷(査恵子)さんを連れて何度も訪れ、お酒を飲んでは歌い踊っていました。棚田団の中心人物も頻繁に公邸に行くようになり、しばらくすると、棚田団の活動は日本ユネスコ協会連盟の第5回プロジェクト未来遺産に選ばれ、トヨタ・モビリティ基金の助成も決まり、小型電気自動車が何台も集落を走るようになったのです。その中心人物は“昭恵さんがいればナンボでも金が出る”と言っていました」

 ただし、日本ユネスコ協会連盟も、トヨタ・モビリティ基金も、政治的圧力の存在は否定するが。

 ところで、昭恵夫人の口利きについて、周囲は総じて「善意から」だと口を揃えるのだが、何事かを依頼した側は「タダではまずい」と“忖度”することもあるらしい。たとえば、

「2013年3月、昭恵さんが名誉会長を務める鈴蘭会という素読会が昭恵さんに講演を頼んだ際、その会長が“昭恵さんは100万円かかるんですよ”と、支援者の会社社長に相談するところを見ていた人がいましてね」

 と関係者。鈴蘭会の安松鈴代会長は、謝礼について話し合ったことさえ否定するが、とまれ昭恵夫人、脈絡なく“呪文”を唱えれば周囲が動く“巫女”にでも喩えればいいだろうか。

特集「『安倍昭恵』と大麻」より

 VOTE for DEMOCRACY @supportV4D 

「省庁側が“配慮できない”と引き、昭恵さんが“祈ります”などと答えることが多い」
昭恵の口癖「祈ります」は、「私の口利きを配慮しなさい」と圧力の意味合いだったんだな。

“口利きのデパート”安倍昭恵「忖度官僚」を大量発生させた私人 http://www.dailyshincho.jp/article/2017/04170559/

(転載終わり)

関連記事
アッキード事件は幕引きが出来ない  小林よしのり
http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/275.html
森友理事長長女、「100万円寄付」偽証の声に反論(週刊新潮)
http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/331.html
佐川理財局長の答弁を完全に崩壊させる新資料が発覚! 菅野完(HARBOR BUSINESS Online)
http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/301.html
極悪夫婦「安倍晋三と昭恵」を牢屋にブチ込め!(simatyan2のブログ)
http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/306.html
桜を見る会 大メディアが伏せた昭恵夫人の異常テンション(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/308.html

| | コメント (0)

【要拡散】<ついに>安倍夫妻を刑事告発!森友デモ実行委員会が発表!宇都宮健児氏、古賀茂明氏、マック赤坂氏らも賛同!

-直近の記事で私は、「国民有志は『安倍夫妻の末路を見届ける会』を組織し」でんでんなどと、無責任な言を述べた。そんな頭から出任せの言葉ではない、賞賛に値する実際行動に移すグループが現れた。「森友デモ実行委員会」が「安倍夫妻を刑事告発」に踏み切ったのだ。考えてみれば、安倍官邸が関係各方面に官房機密費をたっぷりばら撒き、世の中全体に「森友幕引き」の厭(いや)な気配が漂いだした中、これは大変歓迎すべき動きである。市民グループが現役の総理大臣を刑事告発するのは初めてのことだという。下に掲げる転載文中に、実行委員や協賛のメンバーの名前が出ているが、率直に敬意を表させていただく。仮に同委員会の告発が東京地検に受理されても、検察がどれだけ真剣に捜査するのかには疑問符が付く。というのも、東京地検特捜部は戦後間もなくの頃、GHQ情報局(後に米CIAに発展)肝煎りで創られたいわくつきの組織であり、CIAスパイの岸信介を源流とする親米・親CIAの自民党清和会からはいまだ一人の逮捕者も出していないからである。かてて加えて、安倍再登板政権下における内閣人事局制度により、霞ヶ関全官庁の人事権を時の官房長官が一手に握ることになってしまった。森友疑惑の証拠隠滅・廃棄に走った財務省理財局が好例で、さすがの官僚群も安倍独裁には盾突けないのである。そんな中、これまでの自民党政権も「検察・裁判所」の公平中立性だけは守ってきたが、安倍政権下ではこれすらも怪しくなってきた。検事総長や法務省次官人事にも露骨な介入を始めているのである。かくて現法務次官は、昨年の甘利明不起訴という多大な貢献により一躍悪名が高まったあの黒川広務である。だから安倍夫妻告発も、それによって二人が「有罪」となる事はまずないだろう。と、折角の朗報に水を差してしまった。が、私はそれでも同実行委員会の告発を支持・賛同する。成果はどうあれ、これは、国内はもとより広く海外にも日本の民主主義&法治主義がまだ死んではいないことを示すためにも、どこかの団体が為さなければならなかったことなのだ。それに賛同者が広がっていけばマスコミも無視できずそれを報道するだろうし、検察も考慮せざるを得なくなるたろう。韓国民に出来た事が日本国民には出来ない、では大変恥ずかしい話ではないか! (大場光太郎・記)-

<ついに>安倍夫妻を刑事告発!森友デモ実行委員会が発表!宇都宮健児氏、古賀茂明氏、マック赤坂氏らも賛同!
http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/296.html

http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/29221
2017/04/17 健康になるためのブログ

 100%GOVOTE ALL Japan @100_govote 

4月16日の集会、とうとう現役首相への刑事告発を行う事、発表しました。

その集会の雰囲気まとめ映像です。

まずは検察側が受理して、調査を始めるか?

これ自体が高い壁に感じています。

25日辺りから寄付募集を始めますので、皆さまよろしくお願いします。

| | コメント (0)

【平成の大毒婦】安倍昭恵 谷査恵子氏が海外に飛ばされる? 一方で昭恵の政府職員“私物化”が次々発覚!

-一昨日あたりから保険金連続殺人事件の木嶋香苗を扱った往年の当ブログ名シリーズ(笑)『かなえの殺人レシピ』各記事へのアクセスが急増していた。ずい分前の事件なのに何でかな?と思っていたら、14日、最高裁で木嶋香苗の死刑が確定したからなのだった。同シリーズ記事の1つが、2ちゃんねるの「可愛い奥様」サイトで一人の可愛い奥様からばっちりネット魚拓に取られ、その時初めてネット魚拓の存在を知ったこと、その事を少し辛らつ気味に次のシリーズ記事で書いところ、くだんの「可愛い奥様」サイトでボロクソにくさされ「可愛い奥様」方の恐い本性を改めて知ることになったことなどw、後に同事件を検証しようと考える人たちにその全貌が解るようにと力(りき)を入れて作成しただけに、数年前の同シリーズは懐かしい記事群である。と、本テーマは木嶋佳苗ではなかった。安倍昭恵である。木嶋は当時「平成の毒婦」と呼ばれ、記事中で私もそう呼称した記憶がある。しかし今にして思えば、「平成の大毒婦」は、広範な社会モラルの劣化・低下を助長した罪状において、安倍昭恵こそ相応しい。その害毒は、一部ネット氏が評するように、独裁者の夫と共にやりたい放題の限りを尽くしたエレナ・チャウシェスク(ルーマニア)やイメルダ・マルコス(フィリピン)などとどっこいどっこいだ。そのため私はもはや「九尾女狐」「平成の大毒婦」では飽き足らず、いっそのこと「日本版・バビロンの大淫婦」と名づけようかともっか思案中なのである。バビロンの大淫婦は言うまでもなく『ヨハネの黙示録』が出典であるが、いずれにせよ、エレナやイメルダは最終的に国民の手によって夫と共に滅ぼされた。チャウシェスク夫妻は銃殺刑そしてマルコス夫妻は国外追放(ハワイ逃亡)となったのである。近々の出来事でも、お隣韓国のパク・クネ前大統領は、「崔順実(チェ・スンシル)ゲート事件」により大統領辞任はおろか逮捕にまで追い込まれた。これもまた韓国民の力の結集によってである。第一森友のみならず第五森友事件まで俯瞰すれば、安部晋三&昭恵夫妻の引き起こした大疑獄はパク・クネの比ではない。「国家私物化」という事において、まさに国家反逆罪級の大罪なのである。なのに「当時のウスラボケマスコミ&国民は一体どうして安倍夫妻を見逃したのか?」と後世の人たちから言われぬよう、私たちは安倍夫妻にしかるべき「落とし前」をしっかりつけさせなければならないと思う今日この頃である。 (大場光太郎・記)-

32153
ここまで尽くしてくれた谷査恵子さんにすべての罪を「スーリスリ」し、自分はコソコソ逃げ隠れする卑怯な「ラーリラリ」安倍昭恵


谷査恵子氏が海外に飛ばされる? 一方で安倍昭恵夫人の政府職員“私物化”が次々発覚! 私塾の事務局まで(リテラ)
http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/184.html
http://lite-ra.com/2017/04/post-3075.html
2017.04.14 昭恵夫人付職員が海外に飛ばされる? リテラ

●谷査恵子氏がイタリアへ? 安倍首相側近は「ちょうどいい」

 一昨日の国会で内閣支持率を根拠に妻・昭恵氏の証人喚問を拒否した安倍首相。その一方で、安倍政権は関係者の“口封じ”に必死だ。なんと、昭恵夫人付きとして財務省に“口利きファクス”を送るなどの役割を担っていた政府職員・谷査恵子氏が、近々、海外に飛ばされるというのだ。

 谷氏の人事について報じたのは、昨日発売の「週刊新潮」(新潮社)。同誌によると、総理大臣夫人付から外れたあとは中小企業庁経営支援課に配属され、準キャリアながら課長補佐に昇進した谷氏。そして、「谷さんは間もなく、イタリアにある政府機関に異動する予定」(政治部記者)という。

 この転勤は森友問題発覚以前に決まっていたというが、萩生田光一官房副長官は「ちょうどいいタイミング。事態が沈静化するまで向こうにいたらいい」と発言していたという証言を同誌は紹介。安倍政権としては渡りに船で、谷氏にすべての責任を押し付けたまま“逃避”させるらしい。

 だが、いくら政府が谷氏のファクス文書を「職務上作成したものではない」「行政文書ではない」と言い張っても、もはや国民は誰も納得しないだろう。実際、昭恵夫人が夫人付の政府職員を自分の手足としてこき使ってきた事実は掃いて捨てるほどあるからだ。

 たとえば、10日に開かれた衆院決算行政監視委員会では、民進党の宮崎岳志議員が、2015年9月~11月という3カ月、夫人付の常駐スタッフ2名はどんな「公務遂行補助」にあたっていたのかと質問。この3カ月間は昭恵夫人が小学校の名誉校長に就任したり、籠池理事長から昭恵夫人への電話を受け、谷氏が財務省に働きかけを行っていた時期だが、この委員会で明らかになったのは昭恵夫人の“やりたい放題”ぶりだった。

●スキーイベント、田植え、私塾の事務局にも動員

 土生栄二内閣審議官の答弁によれば、「外交にかんするものが8件20日、外交にかんするもの以外が2件2日」というものだった。この「外交以外の2件」というのも、外交同様、昭恵夫人が安倍首相に同行したものに過ぎず、昭恵夫人単独としての「公務」はゼロだったのだ。

 約3カ月のあいだだけをとっても公務はゼロなのに、「連絡調整」という名のもとに専属スタッフを2名も常駐させていた。しかも、この間、夫人付の政府職員は、昭恵夫人の講演会随行や籠池理事長とのやりとりなどを行っていたのだ。

 既報の通り、この期間外でも昭恵夫人は自民党の選挙応援に夫人付スタッフを引き連れていたことが判明。これは国家公務員法違反にあたるが、昭恵夫人の横暴はそれだけに留まらない。

 現在わかっているだけでも、「安倍昭恵と行く 80年代のスキー復活!」なるキャッチコピーが躍るスキーイベント「私をスキーに連れてかなくても行くわよ」に2015年から3年連続で夫人付が同行。また、2016年8月に昭恵夫人はハワイの真珠湾を訪れたが、このときも計3名の職員が同行。同年11月25日には、“第2の森友学園”と呼ばれる学校法人加計学園主催の「第6回加計学園杯日本語弁論国際大会決勝大会」に出席したが、同様に夫人付が付き添っている(東京新聞4月12日付)。

 しかも、もっと酷いのは、昭恵夫人は自分が主宰する事業の主催を、夫人付職員に担当させていたことだ。

 昭恵夫人は2014年に“女性の働き方や教育のあり方を考える”ための私塾「UZUの学校」を開校したのだが、Facebookで同校の講義参加者募集の告知を見ると、「公開・主催者:谷査恵子さん」と出てくるのだ(2015年12月6日開催の第5回講義まで)。つまり、昭恵夫人は、自分が校長の私塾の参加者募集告知といった事務局業務を公務員である夫人付職員にやらせていたのである。

 昭恵夫人はこのほかにも、安倍首相の地元・山口県下関市に「昭恵農場」を開き、無農薬の酒米を栽培しているが、昭恵夫人はこの農場での田植えに谷氏を動員、谷氏もTwitterで「腰が痛いのに本当に明日田植えに行くのかなあ私」(2016年6月11日)とつぶやいていた。

●安倍政権で夫人付職員が1名から5名に増える異常

 前出の東京新聞によると、総理夫人を支援する職員の配置がはじめて行われたのは、第一次安倍政権時。その後の福田内閣は不在で、続く麻生~野田内閣までは1名が配置された。しかも野田内閣までは非常駐で、〈首相が外国を訪問する際に夫人が同行したり、外国要人を接遇したりする活動を助けることが主な目的だった〉という。しかし、第二次安倍内閣が発足すると、職員は3名に増員、2014年からはさらに2名増やして計5名となり、挙げ句、うち2名を常勤としたのだ。

 政府はその理由を「業務増大のため」などと言うが、その業務とやらは実際のところ、学校の事務局運営や田植えやスキーへの同行だったのである。

 昭恵夫人が居酒屋を経営したり、はたまた農場だのゲストハウスだの学校を開いたりすることは、言ってしまえば、たんなる“自己実現”だ。そんな極私的活動の事務作業や田植えなどの雑務を夫人付職員に押し付けていた。無論、昭恵夫人が「私人」などではなく総理大臣の妻という「公人」であるから夫人付という職員が派遣されているわけだが、その職員を自分の自己実現・自己表現のための私的活動で酷使するとは、これを昭恵夫人の“お嬢様気質”として見過ごすことは、もはやできまい。

 国家公務員の給料は税金によって賄われている。そして、国家公務員は“国民全員の奉仕者”であることが求められる。そうした基本を総理夫人としてよくよく理解しているのなら、自分の召使いのごとく職員を私的活動に巻き込むような行動は絶対にしない。裏を返せば、昭恵夫人は安倍首相と同化して、国を自分のもののように勘違いしているのだ。

 現在、昭恵夫人は発信を自粛させられているようだが、言いたいことがあるのなら、「家庭内野党」を標榜する昭恵氏は夫の圧力も撥ねつけて表に出てきてはっきり言えばいい。国民は昭恵夫人の説明を待っている。

(編集部)

 goodjone @goodjone63 

“安倍政権としては渡りに船で、谷氏にすべての責任を押し付けたまま“逃避”させるらしい。”

『谷査恵子氏が海外に飛ばされる? 一方で安倍昭恵夫人の政府職員“私物化”が次々発覚! 私塾の事務局まで』
(LITERA)http://lite-ra.com/2017/04/post-3075.html

| | コメント (0)

【安倍を見限った?】最近の菅答弁を聞いていると安倍の背中をズブズブ刺してる(by菅野完氏) グサッと晋三の心臓にトドメをさせとの巷の声w

-現下の国政を憂うる国民にとって、愛国者の仮面を装った亡国的売国奴・安倍晋三の窮地情報ほど嬉しい事はない。だから安倍昭恵の数限りない公私混同乱行の暴露大歓迎なのだし、安倍政権内の抗争激化さらに歓迎なのである。と、森友&官邸ウォッチャーの菅野完氏によると、「最近の菅官房長官の答弁がおかしい」と言う。まるで「安倍総理の背中をブスブス刺す」たぐいの答弁だというのだ。それは何より!一強安倍政権は外部からの攻撃には滅法強い。あれほどの野党の森友集中砲火でも倒れないし、稲田、金田、今村ら問題大臣も誰一人辞めていない。がしかし、こういう体制というものは得てして内部から崩壊していくものである。安倍増長斬りの明智光秀役が女房役の菅官房長官なら打ってつけじゃないか。世襲三世七光りボンボンの安倍とは違い、菅は秋田県のスイカ農家の子倅だ。高卒で上京し段ボール会社に就職、法政大学法学部を卒業後、小此木彦三郎衆院議員の秘書を経て、政治家としての第一歩は横浜市議会議員当選だった。そこから自民党衆院議員、そして内閣官房長官にまで登りつめた。100m競争で例えると50m先からスタートできる世襲ボンボンとはわけが違うのだ。たたき上げの菅義偉は当今の自民党には珍しい党人派なのである。請われて官房長官になったにせよ、苦労人だけに実務型の菅は、「美しい国」などの幻想に酔いしれる安倍とは多くの点で政治手法は違うはずだ。だいぶ前の記事で、安倍と菅の亀裂に触れた記憶があるが、今回の森友疑惑により、それがより鮮明になったということだろう。大変いい傾向である。菅も後釜に麻生太郎を想定しているのかもしれないが、日本の政治をこれだけメチャクチャにした安倍晋三の総理辞任が第一、後の事はその時考えればいいことだ。 (大場光太郎・記)-

<菅野完氏 菅官房長官は、安倍首相を見限ったように見える> 「答弁や会見聞いてると、安倍首相の背中をブスブス刺してる」
http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/756.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 4 月 08 日 23:40:40

 Taeko @midorinosougen 

菅官房長官の国会答弁のやる気のなさが安倍を死守する決意のなさだと思ってたから予想通りの展開かと。 https://twitter.com/noiehoie/status/850506400979591168

2.       jk[805] goqCiw 2017年4月09日 00:12:47 : tceVB0iwr6 : FXeuvvWT7ac[244]
あの森友疑惑における総理の国会答弁、態度、嘘をあれほど見せつけられて、

アメリカのシリア爆撃を支持すると、テレビで総理が真顔で語ろうと、

その言葉を信じる気にも、聞きたくもないよ、

一刻も早く退陣してくれる事を祈るのみ・・・・・・・・・・・

3.    2017年4月09日 00:22:12 : h5CJ21mnts : GvPAgvPx8Io[20]
日本会議の戦前回帰ウルトラ右翼ヘイト教団の頭に据えるのは安倍が適任だった。他の人間ではみこしに乗るのはぴったり来ない。アホー太郎では持ち上げるのは難しい。軍事オタク石破は党内基盤がない。泣き虫谷垣ではウルトラ右翼は似合わない。菅はしょせん頭に立てるタマではない。ノビテルなどは論外。

安倍喜び組、稲田、高市、山谷、有村は安倍がこければ単なる右翼ババア。

何人いても人材はいない。

7.    2017年4月09日 05:40:15 : Q3qbpnbECo : 6BVWkq@hfqA[214]
菅だめだわぁ
「その指摘はあたりません」
あれだけでもう無理

8.    2017年4月09日 10:42:10 : H4Uu73j18Y : W4sBItWGMuo[17]
 そういやここんとこショボくれ会見だな、菅笠。
背中ァぶすぶす刺す力もないんじゃないか? 
菅自身の腹まで痛そうだ。 どっか悪いんじゃないの?
もっともマズイことばっかり持ち上がってくるんだもんなあ。
しかも全然わかってない。 ボクネンジンのチンゾウ。

10.    2017年4月09日 16:28:13 : 1AA9yl7g1M : D4SFALtQy@o[2]
><菅野完氏 菅官房長官は、安倍首相を見限ったように見える> 「答弁や会見聞いてると、安倍首相の背中をブスブス刺してる」

上記見解の通りなら、安倍政権の崩壊間近ということでしょう。
逆に間近の政権崩壊が無ければ、菅野氏の見立て違いでしょう。

14.    2017年4月09日 22:41:35 : rLlWXq2dUA : G2hFj8Cl0w0[294]
バーコード蝙蝠スガは端からアベデンデンになんか心服してないよ。

形勢不利と見れば、とっとと逃げ出して次の政権に潜り込んでるよ。

自民党は利権あさりの集団ですから、議員の大半はコンナンですよ。

くたばっちまえ自民党!

(以上、転載終わり)

関連記事
<菅野完氏、 追求の手を緩めるな!> 菅官房長官、防衛ライン下げてきた 「とうとう、一部政府職員への公費支弁を認めたね」
http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/741.html
<菅野完氏、もっと怒らんといかん> 「支持政党の如何に関わらず、今の安倍政権は、あらゆる人を小馬鹿にしている」
http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/707.html

| | コメント (0)

【九尾女狐昭恵】森友関与をきっかけに過去の悪行が次々に暴かれ、「悪気なし」では済まなくなってきた

-晋三は大手マスコミ幹部には配っても、例の300億円の一部を配り忘れたのか?週刊誌(写真週刊誌を含む)レベルでは、狙うターゲットを安倍昭恵に絞ったものか。森友「アッキード事件」が発覚しなければ永遠に闇に葬られていたであろう、過去の昭恵の問題行動が次から次へと暴露されている。ワルしぶとくてなかなか尻尾を掴ませないオロチ晋三だが、杜甫の詩『前出塞九首』 が出典という「将を射んとすればまず馬を射よ」の格言どおり、昭恵の不始末は必然的に夫晋三にも大波及するわけで、「週刊誌、ドンドンやってくれ!」である。今回は、先週発覚した新たな昭恵スキャンダルを例によって順不同で紹介してみたい。中には体にくりから紋々、指詰めている元暴力団組長との交流や同組織のための口利き疑惑などもあり、菅官房長官が「今は一般人になっているから問題ない」と言っても説得力ゼロである。だいたいが、菅は例の谷ファクス問題では「俺だったらもっとうまくやる」と、安倍総理、今井尚哉秘書官ラインの処理の不手際をこぼしたという。そんでもって今回の昭恵案件での苦しい尻拭い、菅は内心「やってらんねえや」だろう。昭恵とは離婚寸前状態の晋三、その上閣内女房役の菅とも大隙間風。「♪晋三は詰んだも同然じゃねえか~、はぁ!」と、いつぞやのFNN音楽祭での長淵剛の強烈なレジスタンス歌をまねてw

 ところで余談ながら。以下の「昭恵の大麻人脈」の中で、昭恵は2013年、大麻で2度の逮捕歴のある人物と千葉県成田市の「麻賀多神社(まかたじんじゃ)」を訪れたという。この神社名にピンと来た人はかなりの「通」である。何の通か?「日月神示」の。岡本天明に、(「大本神諭」と同じ厳霊(げんれい、いずのみたま)系神示である)日月神示が初めて降ろされたのが、この麻賀多神社なのである。同社参拝中、突如自動書記状態となった岡本天明は同社社務所で、同神示第一帖と第二帖を半紙に書き記したと言われている。太平洋戦争も末期の昭和19年(1944年)6月10日のことである。(その後天明の死の直前の昭和30年半ばまで続くことになる)日月神示はこの神社から始まったわけで、同神示研究家&実践家にとっての「聖地」なのである。

 研究家の中には、麻賀多神社と古代バビロニアとのつながりを指摘した人もいたかと記憶しているが、社名どおり「麻」とつながりの深い神社だというのははじめて知った。「なぜ逮捕されない?」と訝しがる向きもいる大麻「ラーリラリ」昭恵は、神道に傾倒中だそうで、同神社の謂れはもとより、日月神示だって読んでいるかもしれない(晋三もか?)。だとしたら両人とも「論語読みの論語知らず」、同神示のエスプリ(精髄)を完全に曲解している。それに同神示は、出口王仁三郎=瑞霊(ずいれい、みずみたま)系の「霊界物語」なども併せて読まないとバランスを欠くことになる。なお同神示原文は数字と記号ばかりで、最初は岡本天明自身さっぱり判読できなかったという。参考のためすぐ下に、最近ではあまりにも有名になった「第一帖」の読み下し文を掲げる。 (大場光太郎・記)-

【参考文献】

ひふみ神示(日月神示)第一巻 上つ巻 
http://hifumi.uresi.org/01.html

   第一帖(一)
  二二は晴れたり、日本晴れ。神の国のまことの神の力をあらはす代となれる、仏もキリストも何も彼もはっきり助けて七六かしい御苦労のない代が来るからみたまを不断に磨いて一筋の誠を通して呉れよ。いま一苦労あるが、この苦労は身魂をみがいて居らぬと越せぬ、この世初まって二度とない苦労であ る。このむすびは神の力でないと何も出来ん、人間の算盤では弾けんことぞ、日本はお土があかる、外国はお土がさかる。都の大洗濯、鄙の大洗濯、人のお洗濯。今度は何うもこらへて呉れというところまで、後へひかぬから、その積りでかかって来い、神の国の神の力を、はっきりと見せてやる時が来た。嬉しくて苦しむ者と、苦しくて喜ぶ者と出て来る  は神の国、神の力でないと何んにも成就せん、人の力で何が出来たか、みな神がさしてゐるのざ、いつでも神かかれる様に、綺麗に洗濯して置いて呉れよ。戦は今年中と言ってゐるが、そんなちょこい戦ではない、世界中の洗濯ざから、いらぬものが無くなるまでは、終らぬ道理が分らぬか。臣民同士のいくさでない、カミと神、アカとあか、ヒトと人、ニクと肉、タマと魂のいくさぞ。己の心を見よ、戦が済んでいないであろ、それで戦が済むと思うてゐるとは、あきれたものぞ、早く掃除せぬと間に合わん、何より掃除が第一。さびしさは人のみかは、神は幾万倍ぞ、さびしさ越へて時を待つ。加実が世界の王になる、てんし様が神と分らん臣民ばかり、口と心と行と、三つ揃うたまことを命(みこと)といふぞ。神の臣民みな命(みこと)になる身魂、掃除身魂結構。六月の十日、ひつくのかみ。

下の画像は、
麻賀多神社と岡本天明師

3239_2


32310


32311

総理夫人の大麻人脈 昭恵、麻薬前科者と参拝! 

http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/703.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 4 月 07 日19:25:05
http://79516147.at.webry.info/201704/article_82.html
2017/04/07 18:03 半歩前へⅡ

▼総理夫人の大麻人脈 昭恵、麻薬前科者と参拝! 
 森友学園の前理事長夫人をはじめ、安倍昭恵総理夫人(54)は幅広い人脈をお持ちである。その交友関係には、大麻取締法違反で逮捕された前科者もいて……。

 雑誌インタビューなどで、かねてより大麻を称賛する発言を行ってきた昭恵夫人。過去2回にわたって大麻取締法違反で逮捕されているN氏と、千葉県の「麻賀多神社」を訪れたのは、2013年のことだった。

 N氏は、04年にマンションからダイブした窪塚洋介の“心の師”と当時呼ばれていた人物で、「麻の実、すなわちヘンプからとった油を燃料にしたヘンプカーで全国行脚するなど、大麻の力を説いて回っている」(月刊誌の編集者)

 そして、麻賀多神社の神紋は麻。要は、大麻漬けの前科者と一緒に大麻と縁の深い神社を参拝していたわけである。

 4月6日発売の「週刊新潮」では、他にも逮捕者がいる夫人の広い“大麻人脈”について詳しく報じるほか、ポケットマネーで旅費を支出してもらっている「お付き職員」の納税など、6ページにわたって“最強の私人”を特集する。  (以上 週刊新潮)

32312
https://twitter.com/yu1rou_m/status/845062415582580736

32313

32314

32316

32317

昭恵夫人に今度は「元暴力団組長」との親密関係が浮上! 推薦の人物を自民党公認候補に押し込んだ疑惑が(リテラ)
http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/737.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 4 月 08 日 15:10:05
http://lite-ra.com/2017/04/post-3057.html
2017.04.08. 昭恵夫人に元暴力団組長の関係が浮上!  リテラ

 渦中の森友問題にとどまらず、自民党の選挙応援に総理大臣夫人付職員を随行させていたという国家公務員法違反問題など安倍昭恵夫人の権力を笠に着た傍若無人な振る舞いや公私混同疑惑が次々と噴出している。

 そしてまた、本日も新たな疑惑が飛び出した。今度は「元暴力団組長との関係」だ。

 昨日発売の「FRIDAY」(講談社)は、昭恵夫人が名誉顧問を務める動物愛護団体「J-Taz’s」の代表・細康徳氏が元暴力団の組長であり、官邸はいま、この代表が「昭恵夫人の名前を使って寄付金を集めている」という情報に戦々恐々としている、というのだ。

 同誌は2012年10月に同団体が運営するドッグシェルターへ昭恵夫人が視察に訪れた際に撮影したスタッフとの集合写真を掲載しており、そこには細氏も一緒に写っている。

 細氏は「FRIDAY」の取材に応じ、昭恵夫人の名前で寄付金を呼びかけたという事実を否定。だが、同時にこんな話をしているのだ。

「オレが元暴力団の組長で、指が無いのも、刺青があるのも事実や。昭恵さんは森永(製菓)の娘さんだから刺青なんか見たことないんやろな。飲み会の時『代表、刺青見せてー』って言われたわ。『昭恵さん、こんなもん人に見せるもんやないんですよ』って断りましたけど」

 下野時代とはいえ、当時、夫の安倍晋三氏は自民党総裁に返り咲いたばかり。そんな最中に「刺青見せてー」とは無邪気にも程があるかと思うが、じつは細氏との関係については、2013年6月に「週刊新潮」(新潮社)が報道。当時、昭恵夫人はこの報道に対し、Facebookで〈(細氏が)元暴力団組長であることも事実ですし、勿論知っていました。しかし、それは私が知り合うずっと以前の話です〉〈罪を償い頑張っている人とは今の立場だからこそむしろ積極的に付き合いたいと思います〉と宣言している。

 その態度は否定しないが、ほんとうの問題はそこにはない。じつは「週刊新潮」が問題にしていたのは、細氏が参院選への出馬を考えたものの前歴から断念し、その代わりに氏の10年来の知人であるドッグトレーナーの田辺久人氏に出馬を依頼。細氏から田辺氏を紹介された昭恵夫人が、参院選の自民党候補者として田辺氏を“推薦”し、その結果、自民党は田辺氏を公認したことのほうだ。

 だが、同誌は翌週号でも続報を行い、田辺氏が「犬の躾と女の教育は同じだ」と豪語していたことや、氏が運営するドッグスクールの訓練生に対する暴行やセクハラ、性行為の強要といった疑惑を掲載。この報道を受けて、自民党は氏の公認を取り下げている。

 しかもこのとき、自民党はもうひとり昭恵夫人の人脈で公認を出している。それは東京プリンの伊藤洋介氏だ。

 伊藤氏は山一證券の社員時代に秋元康プロデュースで「シャインズ」としてCDデビュー。そして、シャインズが「ハイチュウ」のCMに出演していた縁から、伊藤氏は森永製菓へ転職。そうした繋がりから昭恵夫人とは仲が良く、一緒にラジオ番組のパーソナリティを務めていたこともある。ようするに、自分の“お友だち”を自民党に推薦し、公認を出させていたのである。ちなみに伊藤氏は2013年7月と16年7月の参院選に自民党公認で比例から出馬したが、ともに落選している。

 当時、「週刊新潮」の取材に、昭恵夫人は「2人とも私の知り合いで、自民党には“私の友人よ”ということくらいは言ったかもしれませんが、推薦というか、押し込んだということはありません」と答えているが、一方で自民党関係者はこうコメントしている。

「自民党で働く職員にとって、昭恵さんは“社長夫人”です。彼女が参院選の候補者選びにおいて“この人どうかしら?”と提案してきたら、それがどんな人物であれ、断ることはできませんよ」

 言うまでもなく選挙において政党は、公認候補を出すにあたって公的な責任を帯びる。そして、公認料などの選挙費用は政党助成金から賄われており、その原資はほかでもなくわたしたちの税金だ。にもかかわらず、「安倍総理の妻」という立場を利用し、「私の友だちよ」の一言で公認を取り付けているのである。

 総理という立場を悪用して人事を自分のお友だちで固める夫と、お友だちの頼みを引き受け、省庁や政党に忖度を引き出す妻。──“似た者夫婦”といえば聞こえがいいが、安倍夫妻がやっていることは「政治の私物化」だ。この悪徳夫婦を野放しにしていていいはずがないだろう。

(編集部)

関連記事
この女を何とかしろ! 闇の住人「安倍昭恵」(simatyan2のブログ)
http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/753.html
安倍昭恵と元ヤクザ親分の濃密な関係! 
http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/729.html
安倍昭恵が飲み会で元組長に「刺青見せてー」 
http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/717.html


(以下も重要ながら、記事タイトルとURLのみ表記)

安倍昭恵さんが大阪府私学審議会会長と「名誉校長就任挨拶の前日」に会っていたことが判明(BUZZAP!)
http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/695.html

昭恵夫人付が遊説に同行 識者も批判「国家公務員法違反」 「真っ黒」「完全にアウトだ」「刑事告発だ」
http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/708.html

関連記事
森友・加計問題で「昭恵総辞職」浮上 手当たり次第の口利きで(週刊新潮)
http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/638.html
<菅野完氏、 追求の手を緩めるな!> 菅官房長官、防衛ライン下げてきた 「とうとう、一部政府職員への公費支弁を認めたね」
http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/741.html
いい加減にせんか、このバカ女が! 
http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/751.html
摩訶不思議! 「私人」の旅に外務省が出費? 
http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/719.html
昭恵は全省庁股に手当たり次第の口利き稼業! 
http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/701.html

新証言! 昭恵夫人が籠池夫妻に機密漏洩か? 伊勢志摩サミット決定を公式発表前に連絡と寄付者が証言(リテラ)
http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/659.html

官僚をいいように私的に利用する安倍昭恵、恥を知れよ。谷査恵子さんが「UZUの学校(昭恵が校長)講義」の主催者になっている
http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/740.html

(以上、転載終わり)

| | コメント (0)

【出るわ出るわ】オロチ晋三&九尾女狐昭恵夫妻の「国家の私物化」悪行の数々

-晋三&昭恵に関する新疑惑が次々に噴出している。当ブログ記事数三千になんなんとし、「最近重くなったなぁ。少し一記事あたりの分量を控えなければな」と考えていたところである。にもかかわらず、それを紹介したく今回も画像を中心に、数記事分ギュウギュウに詰め込んでしまった。賢明な読者の方々には、どれがどの内容なのか慎重に読み進めていただけるものと信じている。ということで、途中「※」印で2ヵ所ほどコメントを付したことだし、私のここでのコメントはこれくらいにして。と言いつつ、一言。今後これほどの国家私物化を二度と許さぬためにも、安倍晋三&安倍昭恵に厳正な法の裁きを! (大場光太郎・記)-

【悲報-森友疑惑追及たけなわの頃の1ヵ月以上の国会議事録が根こそぎ消滅】

 数学 M @rappresagliamth 

「関わっていたなら総理大臣も国会議員も辞める」発言を含む国会議事録、ごっそり消滅

↑えええええええええええええええええええええええええええ
http://my.shadowcity.jp/2017/04/post-10907.html

この内閣、歴史的な犯罪組織だろ

いやぁ。文春すげぇな。
これ、今井秘書官、アウトでしょう。

やべぇわこれ。

@supportV4D
総理夫妻は揃いも揃って公私混同&公的なものを私物化。
政治家って社会常識を知らない層なの?そして不適格な人を当選させた私たちの責任も!

| | コメント (0)

「そこのけそこのけ安倍夫妻が通る」(by福島瑞穂氏) オロチ&九尾女狐による「国家の私物化」、これがみぞゆう大疑獄の核心だ

-本題に入る前に。籠池証人喚問のあった先月23日以降行方不明状態だった安倍昭恵。今月1日、な、な、何と、山梨県鳴沢村にある安倍家別荘にひょっこり現われたという。そこで休暇を取った安倍と近くの豪華中華料理店で舌鼓夕食したのだ。一説には千葉県知人の宗教施設や洋子婆に命じられて某別邸にいるとか言われていた。が、安倍を含む謀略官邸と昭恵との相談づくで「とにかくどっかに隠れていることにしよう」という話になったのだろう。菅野完氏いわく、「100万円を渡した事実はないと言い張っているのは安倍晋三だけだ」が、形勢的に「森友は勝ち抜けた」「もう証人喚問されることはない」と読みきって、昭恵ものこのこ出てきたのだろう。昭恵は、「天然ボケ」「ゆるキャラ」「ぶさかわ」などと好意的に見られることも多い。しかしこの女、いかにコネ入社とはいえ「悪電通」の元社員だぞ。晋三お似合いの出来の悪さとはいえ、大衆操作法などをみっちり叩き込まれたことだろう。金毛九尾(きんもうきゅうび)女狐に憑依されているというような話は抜きにしても、八頭八尾大蛇(やつがしらやつおのおろち)憑き晋三の連れ合いらしく、札付きの性悪女とみるべきだ。

 さてこの性悪昭恵に関して、また新たな疑惑が発覚した。昨夏の参院選時、昭恵が島尻安伊子、朝日健太郎ら自民党3候補の応援に行った際、昭恵付き女性秘書官らも一緒に同行していたというのだ。その疑惑を追及したのは福島瑞穂社民党委員である。「グッドジョブ!」。見逃されがちだが、大変重大な指摘だ。ご案内の通り、安倍昭恵は前例のない5人もの大秘書団を擁し、総理夫人としての権勢を奮っていたが、官僚がある特定政党の立候補者の応援に入る事は、国家公務員法に違反する行為なのだ。それを昭恵&当の秘書官たちは何度も繰り返していたのである。彼女らは官邸に席があったのだろうが、官房長官はじめ官邸の誰も問題視しなかったということだ。「そこのけそこのけ安倍夫妻が通る」と福島氏は言い切った。晋三&昭恵当人による「公私混同」「国家の私物化」、そして周りの官僚連中すら公務員規範を踏みにじり、やっていい事/悪い事の区別がまるでつかなくなっていたのだ。ぶっちゃけて言えばミソもクソも一緒、こんな事態はわが国憲政史上前代未聞の大不祥事だ。その集大成が、大問題の森友疑獄であり、今治疑獄などである。もうこういう事が二度と起きないよう、一連の大疑獄のさらなる真相究明、そして晋三&昭恵を刑務所に! (大場光太郎・記)-

関連記事  
昭恵夫人はなんと山梨県の別荘に! 
http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/485.html
【霊界物語】八頭八尾の大蛇、金毛九尾の悪狐、猶太の邪鬼
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/post-9d25.html
<菅野完氏、厳密に言うと> 「100万円の寄付がなかった」と言い切っているのは、日本中で安倍晋三ただ一人だと言うこと 
http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/463.html
違法! 昭恵夫人が自民党の選挙応援に夫人付き職員を随行させていた! 森友口利きサポートに続き、官僚を私物化(リテラ)
http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/554.html

32165

<福島みずほ、猛烈追及!> 安倍昭恵夫人の選挙応援、秘書官が随行していた!動画と写真がある 国家公務員法違反の大問題だ!
http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/539.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 4 月 04 日 09:00:05

 キャオ@大阪トホホ団亡者戯 @tohohodan 

福島みずほ
「去年7月の参議院選挙で例えば朝日健太郎さんや岡山の候補者に安倍昭恵さんは選挙の応援に行ってるが、そのとき常設の秘書官は随行しているか?」
「動画や写真が残ってる。事実なら自民党の選挙の応援に国家公務員を随行してることになり大問題。確認すればすぐ分かるのになぜ答えない

| | コメント (0)

【安倍首相もブタ箱に入れ!】安倍夫妻の卑劣な仕打ちに籠池一家「アベ真理教」のマインドコントロールから覚醒、怒りの逆襲

-すぐ下の動画は、3月16日の塚本幼稚園卒園式における籠池諄子副理事長と泰典理事長の挨拶である。特に圧巻は諄子氏の挨拶内容で、父兄や子どもたちの前で「安倍首相には失望した」「安倍政権は腐っている」といい、堂々の安倍政権批判、政権打倒をぶちかまし、挙句に「園長がブタ箱に入るんやったら、自分(安倍首相)もブタ箱に入れと言いたいです」とまで言い切った。例の2月24日の安倍の「籠池さんは非常にしつこい人で妻も(名誉校長就任を)断れなかった」「教育者としてどうかなと思う」答弁により、「安倍総理は政治家というより偉人ですよ」と賞賛していた泰典氏も諄子氏もそれで憑きものが落ちたようだ。急に神風が吹いて小学校建設に急ピッチで至ったのも、この24日の手のひら返し答弁以降猛烈な逆風が吹き学校開設取り止めとなったのも、安倍晋三が根っこにいたからなのは明らかだ。安倍は籠池とはあまり面識がないといい、昭恵に至っては自分が直接手渡した100万円の「記憶がない」という。籠池氏は「今回の件で保守は誰も味方になってくれなかった。みんな手のひら返しで離れていった。これは大変なことですよ」としみじみ語っていた。安倍がその筆頭だ。安部のうす穢い本性を嫌というほど見せつけられた籠池氏は、「安倍首相ガンバレ」と児童たちに言わせたのは間違いだった、と某テレビ局のインタビューで語っている。また所属していた日本会議本部も、「籠池氏は数年前に本会を脱会している」旨の声明を出した。あいそつかしたか籠池氏は既に日本会議のバッチを外したそうだ。つまるところ安倍も日本会議の連中も松井一郎らも、小林よしのり氏らが指摘しているように「似非保守」に過ぎないのだ。籠池一家はお家の一大事に直面し一致団結。5年間絶縁状態だった長男・佳茂氏は3月10日の会見に同席し、翌日の菅野完氏と父泰典氏との会見をセットした。また最近ツイッターを始め「安倍政権は全体主義政権だ」などと痛烈に批判している。さらに今月から新理事長となった長女の町浪(ちなみ)氏は、「昭恵夫人からの100万円には職員全員で大喜びした」などと雑誌のインタビューで答えている。いささか贔屓目かもしれないが。町浪新理事長のもと、憑き物が落ちたあとの森友学園に良い児童教育を期待したいものである。そして諄子氏とともに私も叫ぼう、「安倍晋三は刑務所に!」 (大場光太郎・記)-

籠池理事長夫人「降参」の毒舌演説 塚本幼稚園卒園式   


32161

「安倍首相もブタ箱に入れ!」と怒りの一撃!
http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/451.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 4 月 02 日 08:20:05
http://79516147.at.webry.info/201704/article_21.html
2017/04/02 00:52 半歩前へⅡ

▼「安倍首相もブタ箱に入れ!」と怒りの一撃!
 「安倍首相もブタ箱に入れ!」と籠池泰典園長の妻、諄子副園長が怒りの声を上げた。3月16日に行われた森友学園が運営する塚本幼稚園の卒園式のあいさつで語った。

 フジテレビ系のFNNによると、副園長は「園長は、本当に国のためにやってるんだから、こんなときほど、内閣が切り捨てないで、助けてくださったら、ええんじゃないですか! 自分(安倍首相)も『ブタ箱』に入れ! と言いたい」と話すなど恨み節が飛び出したという。

 諄子副園長は「安倍首相には、本当にわたし、失望いたしましたわ。わたし、お父さんをブタ箱に入れたくない。助けてください」と父兄たちに話しかけた。

詳しくはここをクリック
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00354064.html


「首相もブタバコ入れ!」籠池夫妻が爆弾発言
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00354064.html
03/31 20:37 FNN

「安倍総理もブタバコに入れ」、夫妻で籠池砲を連発。幼稚園でのスピーチ映像を独自入手した。

FNNが独自に入手した、森友学園が運営する塚本幼稚園で、16日に行われた卒園式の映像。

籠池泰典理事長は「わたしは今から『籠池砲』を出します。宇宙戦艦ヤマトのあの砲塔よりも大きいですよ! 吹っ飛んでしまいますから」と話していた。

保護者や園児たちが見守る中、あいさつに立った籠池理事長と妻の諄子氏から、次々と爆弾発言が飛び出した。

籠池理事長は「安倍昭恵夫人を中心に、名誉校長として、小学校建設の事業を進めていたことは確か。安倍先生の方から、もう籠池先生だけには申し訳ないということで、100万円をいただきました。内緒にしておいてほしいということだった」と話していた。

卒園式が行われたのは、3月16日。

学園が建設を進めていた小学校の視察に訪れた議員たちに、籠池理事長が「安倍総理から寄付金を受け取った」と発言する、わずか数時間前のこと。

また、妻の諄子氏からは「園長は、本当に国のためにやってるんだから、こんなときほど、内閣が切り捨てないで、助けてくださったら、ええんじゃないですか! 自分(安倍首相)も『ブタバコ』に入れ! と言いたい」と話すなど、「安倍総理もブタバコに入れ!」と、恨み節も飛び出した。

籠池諄子副園長は「安倍首相には、本当にわたし、失望いたしましたわ。わたし、お父さんをブタバコに入れたくない。助けてください...」と話した。

その一方で、取りざたされている補助金の不正受給については。

諄子副園長は「国からの裏切り、度重なる裏切りに、何をしたんでしょうか、園長は。補助金の『鉛筆なめなめ』で、少し、少しでも多めにいただきたいと思って」と、「鉛筆なめなめ」という表現で、金額をごまかしたことを示唆した。

さらに、「鉛筆なめなめしたのかもしれませんが、だけど、首相の給料の半分にもならんじゃないですか。間違ったところは、補助金をちょっと書いたことは、園長も謝り...ねぇ、そうですよね、園長。でもね、本当にね、悪気はないんです」と、語った諄子氏。

そして、「1人革命」という言葉を使い、卒園式のあいさつを締めくくった。

諄子副園長は「これが、平成の戦後75年の、わたしの1人の革命ではないかと思っておりますので、わたしは言い続けてまいります。わたしは逃げません。わたしは、どこまでも、このおかしな体質を覆していきたいと思っています」と話した。

こうした籠池夫妻の発言の背景について、森友問題を取材してきた大阪府庁キャップ・田中卓朗記者は、次のように解説している。

田中記者は「卒園式は、3月16日に行われたので、このあと籠池夫妻は、参議院の予算委員会の視察を迎えることになりますが、特に諄子氏の発言が、その時の思いが、実直に表れたものと言えます。発言にも、にじみ出ていましたが、瑞穂の国記念小学院、塚本幼稚園も含め、これまでたくさんの政治家から、教育方針に共感され、絶賛までしてもらっていたのに、報道が出たとたんに、みんな『関わりがない』と言い出し、森友学園だけを悪者にするような動きも見られました。諄子氏は、そういう動きを目の当たりにして、これまでいろんなことを政治家のために黙っていたのに、みんな離れていったことで、『なぜ、わたしたちだけが黙っていないといけないんだ』という思いや、ほかにもさまざまな思いがあふれ出して、ああいった発言になったとみられます」と話した。

 The daily olive news @olivenews 

「首相もブタバコ入れ!」籠池夫妻が爆弾発言https://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00354064.html
安倍先生の方から、もう籠池先生だけには申し訳ないということで、100万円をいただきました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧