【もはや『詰み』だ!】森友問題 責任の徹底追及を求める野党議員大結集の院内集会が行われた 

-年も改まった通常国会ではモリカケスパ他疑獄などなかったことにしたいのが安倍晋三&安倍官邸の本音だ。それを“忖度”したか大手マスコミ、諸疑惑への追及報道がめっきり減っている。安倍友新聞の読売、産経を中心として安倍晋三の負の側面はまったくといっていいほど報道しないのだから、30%台に落ち込みとても持たないといわれていた支持率さえ、今では40%台後半から50%台前半までV字回復している。こんな事は歴代政権中の大椿事なのだが、不正選挙の片棒すら担ぐ安倍政権と癒着した現状の腐れマスコミ下では可能となるのだ。そこを突破しなければモリカケスパ他「疑惑のヒマラヤ山脈」踏破は出来ない。出来なかったら、この国のモラルハザードは底なし、全国各地で悪事横行の地獄絵図も招来しかねない。「総理大臣の不正・犯罪」は決して見逃してはならないのだ。と、強い決意を秘めたか、各野党の心ある有志議員の面々。26日、森友・加計問題糾弾のための緊急院内集会を開いたという。こうでなくっちゃ!そしてここは疑惑の出発点となった森友疑惑解明からリスタートがやはり王道である。同疑惑の核心に迫る新事実、新データが出てきても、安倍昭恵、佐川宣寿など直接の関与者は誰一人責任を取っていない。そればかりか、「アッキード事件の主」安倍昭恵は国会招致や公式会見から逃げ回り、佐川は虚偽答弁を貫いたご褒美に国税庁長官に栄転、昭恵の意向を受けて財務省田村室長(当時)と当該土地売却の便宜交渉した谷査恵子はイタリア大使館に栄転。かと思うと、籠池夫妻は安倍晋三に逆らったばかりに微罪でしょっぴかれ、この極寒に6ヵ月も拘置所に勾留されたままである。長男の佳茂氏は母の身を案じ、「このままでは母は死んでしまいます。母だけでも早く出してください」と悲痛な訴えをしている。「悪盛んにして天に勝つ」とはこのこと、「体主霊従の世(悪魔の世)」ここに極まれり、である。腐れマスコミなどが無視しても、追及すべきはモリカケスパなどの大不正。各野党は、各事件責任者の処断を見るまで、安直に30年度予算案成立や改憲論議に応じてはならない。それと籠池夫妻非人道的勾留問題の実態を知らない国民が多いかもしれないから、自由党の森ゆう子議員、NHK『日曜討論』あたりでまた問題視してもらえないだろうか。 (大場光太郎・記)-

関連記事
<日曜討論>森ゆうこ、戦闘ムード満々!「権力の暴走、絶対に許さない!」「国家の私物化三点セット、今国会で厳しく追及!」
http://www.asyura2.com/18/senkyo238/msg/710.html
<圧巻の代表質問!>志位委員長、デタラメ安倍政権をメッタ斬り!昭恵夫人、加計孝太郎氏の国会招致要求!首相、終始逃げ答弁!
http://www.asyura2.com/18/senkyo238/msg/874.html
<あれ?>森友文書が一転開示!⇒報ステ・後藤氏「国会の開幕直前に出てきた。官僚の反乱の可能性もある。前川さんと同じだ」
http://www.asyura2.com/18/senkyo238/msg/803.html

5342

32522

もはや『詰み』だ! 森友問題 責任の徹底追及を求める院内集会
http://www.asyura2.com/18/senkyo239/msg/112.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 1 月 27 日 00:58:05
http://article9.jp/wordpress/?p=9819
2018年1月26日 澤藤統一郎の憲法日記


森友・加計問題の責任を追及している市民グループは9団体あるという。その内7団体が本日正午の院内集会に結集した。森友問題がメインだったが、「今治加計学園獣医学部問題を考える会」からの発言もあった。むんむんたる熱気渦巻く2時間。その熱気で、衆参両院の野党議員が駆けつけてくれた。あいさつした議員の数は20名。立憲・民進・希望・無所属の会・共産・社民・自由の各党。自・公・維3党以外が勢揃い。集会の熱気が議員の熱気を誘う。市民のイニシャチブが野党に共闘を促している。そんな雰囲気を実感させる集会だった

120名で満杯の会場に150人の参加者。イスが足りずに、多くの人が立っていた。国民は決して、森友・加計問題を忘れてはいない。むしろ、これだけ事案の真相が明らかになってきたのに、どうして誰も責任を取ろうとしないのだ。どうして、アベ政権が続いているのだ。その無責任ぶりに、イライラが募っている。

もり・かけ問題の幕引きを許してはならない。アベは、国会で明言したではないか。「私か妻の関与が明らかになれば、総理だけでなく議員を辞職します」と。とっとと辞職してもらおうではないか。それが、市民の気持なのだ。

森友・加計問題とは何か。その本質は、アベ内閣による「政治と行政の私物化」である。アベと思想を同じくする「極右教育者」への国有地大安売りが森友問題。加計学園問題とは、特区における岩盤規制の破砕名目によるオトモダチへの獣医学部設置認可の特例。いずれも国民の共有財産の掠め取りをもたらしている

多くの参加者から声が上がった。安倍昭恵と加計孝太郎を国会に呼び出して証人として尋問しよう。アベに責任を取らせよう。アベ内閣を退陣に追い込もう。そして、次の選挙では政権を交代させよう。

宮本岳議員が、飄々と語った。「事実の解明で、もはや詰みですよ。将棋ならとっくに潔く『負けました』というべきところ。しかし、アベ内閣は負けを認めようとしない。王さま取られたって、それでも負けたと言わない」「背任は明らかではないか。証拠隠滅も明らかではないか」「だから今、特捜もその存在意義を問われている。忖度なしに捜査に踏み切るのかどうか」。そのとおりだ。

もはや「責任をはっきりさせよう」という段階ではない。具体的に「どう責任を取らせるか」が問題なのだ。『しかるべき人にしかるべき責任を!』が本日の集会のメインテーマ。しかるべき人とは、本日の「森友問題論点整理」(醍醐聰さん)によれば、下から順に、まず近畿財務局幹部であり、佐川宣寿理国税庁長官であり、麻生太郎財務大臣であり、安倍昭恵夫人であり、安倍首相自身である。

その報告のまとめが次のとおりである。

※大阪地検はただちに財務省、近畿財務局の強制捜査に踏み切れ!

※麻生財務大臣は、確定申告が始まる2月16日までに、佐川国税庁長官を罷免(虚偽答弁、公文書管理法違反、証拠隠滅の罪)したうえで、自らも財務省トップとして引責辞任せよ!

※安倍首相は担当大臣の監督責任を果たさず、財務省職員の背任・虚偽答弁を放置し、1年間にわたって国政を混乱させた責任を取って辞職せよ!


もう一度繰り返そう。

■逃避し続けている安倍昭恵氏、佐川宣寿氏の責任追及を■

確定申告の時期を迎え、国会での虚偽答弁が露わになったにもかかわらず、公の場から逃亡し続けている佐川国税庁長官、自らが名誉校長を務めた学園が捜査を受け理事長夫妻が逮捕されているにもかかわらず、疑惑には一切、答えず、しゃあしゃあと内外を出歩き、はしゃいでさえいる安倍昭恵ーーーこの2人の責任を追及する正念場なのだ。そして、その次に、安倍本人に対する責任追及がある。

(2018年1月26日)


20180126 UPLAN【緊急院内集会】もはや『詰み』だ!森友/加計問題の責任を徹底追及! ~しかるべき人にしかるべき責任を!

三輪祐児 2018/01/26 に公開

【森友学園問題を考える会】
真相解明作業はほぼ終わった。
ここから先は検察の仕事。
大切なのは「いかにして責任を取らせるか?」だ!
『しかるべき人にしかるべき責任を!』

発言予定:
・主催者あいさつ木村真さん豊中市市会議員森友学園問題を考える会
・森友問題論点整理醍醐聰さん森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会
・各党参議院議員アピール立憲民主、希望、民進、共産、社民、自由、各党から
・森友・加計告発プロジェクト田中正道さん
・森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会
・健全な法治国家のために声を上げる市民の会八木啓代さん
・国有地低額譲渡の真相解明を求める弁護士・研究者の会
・連帯アピール:今治加計学園問題を考える会黒川敦彦さん
・各党衆議院議員アピール立憲民主、希望、民進、共産、社民、自由、各党から
・まとめの発言:森友学園問題を考える会山本一徳さん

(転載終わり)

| | コメント (0)
|

【大麻サプリ常用疑惑詳報】安倍晋三 逮捕者も出た「違法薬物」使用の禁断生活(1)表向きは「健康サプリ」だが…

-安倍晋三の違法薬物「大麻サプリ常用疑惑」については昨年末取り上げた。出どころは『週刊アサヒ芸能』記事だったが、最近になって「アサ芸プラス」サイトがその記事全文を公開した。「アサ芸」などとバカにしちゃおられない。おそらく安倍晋三事務所からの訴訟も覚悟の総力特集なのだろうが、よく調べて書いたものよと感心させられる。こんな重大疑惑に対して訴訟魔・安倍晋三事務所は何のリアクションも起こしていない。図星の内容なのでダンマリを決め込む戦法なのだろうか?「厚労省を含めた行政府の長を務める総理大臣が、大麻解放に共感を示す夫人の勧めに応じて、法律のきわめて怪しいグレーゾーンにある輸入サプリを使用しているのでは、それこそシャレにもならない。「モリカケ問題」同様、安倍総理には重大な説明責任があるのではないか。」と、アサ芸プラスは結んでいる。まったくそのとおりだ。第一、晋三&昭恵の日常の言動は尋常ではない。麻薬サプリでラリっている可能性大有りだ。一国の総理大臣といえども「法の下での平等」を揺るがしてはならない。明かな犯罪事案があるからには遠慮することはない。厚生労働省の「麻取(麻薬取締官)」は、衆院内の安倍晋三事務所でも富ヶ谷私邸でも山梨県鳴沢別荘でも、恐れずどこでも踏み込んで捜査すべきだ。そんなこんなの「#疑惑のヒマラヤ山脈」安倍晋三&安倍昭恵を有無を言わさず検挙し、今年こそブタ箱へ! (大場光太郎・記)-

【安倍晋三&安倍昭恵オモシロ画像】-モリカケ篇

53214

53213


安倍晋三 逮捕者も出た「違法薬物」使用の禁断生活(1)表向きは「健康サプリ」だが…(アサ芸プラス)
http://www.asyura2.com/18/senkyo238/msg/241.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 1 月 09 日 03:05:05

53233_2 

53234

安倍晋三 逮捕者も出た「違法薬物」使用の禁断生活(1)表向きは「健康サプリ」だが…

http://www.asagei.com/excerpt/95808
2018年1月6日 09:55 アサ芸プラス

53235

「丁寧に説明する」とうそぶき、「森友・加計疑惑」の追及から徹底して逃げ続ける安倍総理。いずれの疑惑にも深く関与する昭恵夫人もまた、表舞台に出ようとせず、ダンマリを決め込んでいる。そしてまた一つ、今度は昭恵夫人が主導する、総理を巡る「違法薬物」使用問題という爆弾が浮上した──。

 安倍政権を震撼させた「森友・加計学園疑惑」はウヤムヤのままに越年。衆院総選挙で分裂、惨敗した野党各党は年明けの通常国会での追及に望みをつないでいるが、安倍晋三総理(63)とともに、森友問題のカギを握る昭恵夫人(55)の国会招致すらままならない体たらくぶりである。

 ならば──というわけではないが、そんな中、渦中の昭恵夫人に端を発する、誰もが耳を疑う仰天情報をキャッチした。

 なんと、難病指定の潰瘍性大腸炎という持病を抱える安倍総理が昭恵夫人に勧められる形で、日本ではご法度の「大麻草」に由来する外国製のサプリメントを使用しているというのだ。しかも、同様の外国製サプリは厚生労働省の「大麻取締法」に抵触する可能性もあるというから、話は穏やかではない。

 安倍総理と昭恵夫人の動静に詳しい永田町関係者が、コトの次第を明かす。

「安倍総理が使用しているのは、大麻草に含まれる化学成分(カンナビノイド)のうち、CBD(カンナビジオール)を主成分とするサプリで、もっぱら海外で生産されています。近年、CBDサプリは日本でもヘンプオイルなどと呼ばれて人気を博し、海外メーカーの日本代理店から商品を購入したり、個人輸入したりするケースが増えている。表向きは健康サプリとして販売されていますが、中にはマリファナなどの“代替品”として購入、使用している愛好家も少なくありません」

 この関係者によれば、そもそも昭恵夫人が安倍総理のCBDサプリ使用について口を滑らせたのは、16年7月に京都で開かれた第1回世界麻環境フォーラムでのことだったという。この永田町関係者が続ける。

「ファーストレディとして登壇した昭恵夫人は、CBDサプリがてんかんや糖尿病、ガンの痛みなどの治療に有効であることを指摘したうえで、日本における大麻の栽培や大麻の多様な使用を支援していく必要があるとの主張を展開していました。そして、みずからもアメリカに本社を置く大手メーカーからCBDサプリを購入し、潰瘍性大腸炎を患う夫に使用させていることをカミングアウトしたのです」

 実は昭恵夫人と大麻には深い因縁がある。事実、「週刊SPA!」15年12月15日号では、鳥取県智頭町にある大麻畑でほほえむ写真とともに、昭恵夫人は「(GHQが大麻を禁止したのは)『日本人の自然や神を敬う精神性を恐れて』と言う人もいます」として、「私自身も大麻栽培の免許を取ろうかと考えたほどです」などと語っているのだ。

 同様に「週刊現代」16年11月12日号の小池百合子都知事(65)との対談でも、昭恵夫人は「『日本を取り戻す』ことは『大麻を取り戻すこと』です」などと語っているが、この間には、昭恵夫人と親しい大麻解放運動の知人が大麻取締法違反で逮捕されてもいる。


安倍晋三 逮捕者も出た「違法薬物」使用の禁断生活(2)研究目的ですら認められず
http://www.asagei.com/excerpt/95811
2018年1月6日 17:55 アサ芸プラス

 一人は先の智頭町のかの畑を管理していた会社代表の男性、もう一人は参院選にも出馬した元女優の高樹沙耶氏(54)。ところが「週刊文春」16年11月10日号の直撃取材にも、昭恵夫人は「主人も『神道なんじゃないの?』と言っています」などと、あきれるばかりのアッケラカンぶりで答えているのだ。

 しかし、このアッケラカンぶり、天然アッキーの面目躍如などと笑ってはいられない。というのも、安倍総理も使用しているCBDサプリが国内で広く流通し始めたことについて、最近、厚労省内から「法律上、疑義が生じるケースもありうる」との抜き差しならない声が上がり始めているからだ。

 大麻取締法では「大麻草及びその製品」の栽培、所持などが禁じられている。ただし、「大麻草の成熟した茎及びその製品」と「大麻草の種子及びその製品」については、規制の対象外とされている。

 ポイントとなるのは大麻草に含まれるTHC(テトラヒドロカンナビノール)と呼ばれる成分。THCは大麻草の葉の部分などに多く含まれる成分で、幻覚などの向精神作用、昭恵夫人が先の世界麻環境フォーラムでも言及した「ハイになる」状態をもたらすことから、日本ではご法度とされてきた。

 一方、「大麻草の成熟した茎」から抽出されるCBDは幻覚などの向精神作用を引き起こすことはない。そのため、CBDそのものは適法成分とされているのだが、最近、故意にTHC成分を混入させたアングラのCBDサプリ、あるいは相当量のTHC成分が残留しているCBDサプリなどが、国内で出回っている可能性があるというのだ。

 大麻草に含まれる成分や効能、その抽出法などに詳しい医師が解説する。

「CBDについては、てんかん発作の抑制に効果があるとの研究結果が海外で示されているほか、潰瘍性大腸炎などの免疫疾患、不眠症などの自律神経疾患にも効果があるのではとされています。この点はTHCも同じですが、THCは違法成分ですから、日本では研究のためにこれを使用することすら、基本的に認められていないのです」

 当然、THCを故意に混入させたCBDサプリを輸入、販売すれば即、御用となるほか、THCの混入を知らずにこれを購入、所持した場合も違法となる。ならば、CBD成分のみのサプリならOKなのか。この医師が続ける。

「実は、大麻取締法で規制の対象外とされている『成熟した茎』にも微量のTHCが含まれています。THCの含有量は、大麻草が育てられている環境によっても違うし、それぞれの個体によっても違ってくる。そして、ここが最も肝心な点ですが、どんなに精密な抽出法を用いても、THCをCBDから完全に取り除くことはできないのです」


安倍晋三 逮捕者も出た「違法薬物」使用の禁断生活(3)海外の「証明書」は信用できるか
http://www.asagei.com/excerpt/95817
2018年1月7日 09:55 アサ芸プラス

 とすれば、安倍総理が使用しているCBDサプリも法に抵触することになりはしないか。そこで、厚生労働省の担当者に尋ねてみると、次のようななんとも煮えきらない答えが返ってきた。

──CBDサプリの輸入や販売、使用は合法なのか。

「税関から厚労省に照会が来た場合、その商品が茎や種だけで作られているのであれば、法律上は問題ありません。茎や種にはTHCが含まれていませんので。葉っぱで作られているものはダメです」

──ただ、THCは完全には排除できないはずだが。

「海外では例えば『THCの含有率が0.2%以下ならいい』という基準があると聞いています。日本にはそのような基準はありませんが、THCの濃度が高いものは大麻製品に該当するので違法です。確かに、茎の外側の薄皮には多少のTHCが含まれています」

 要は「微量のTHCであれば適法」ということのようだが、その厚労省が作成したパンフレットには「大麻草はTHCという人体に極めて有害な成分を含んでおり、その乱用は社会に悪影響を及ぼします」と明記されている。しかも前述したように、厚労省内からは法律の条文と現実の運用との乖離を問題視する声が上がり始めているのだ。

 CBDサプリを巡るトラブルの相談を受けたことがある渋谷青山刑事法律事務所の岡本裕明弁護士も、取材に対して次のように見解を述べている。

──法的なトラブルになったケースはありますか。

「CBDサプリを輸入し税関で引っ掛かったが、どうしたらいいのか、という相談はありました。この場合、メーカーが出す証明書を税関に提出することになります。ただ、証明書があるといっても、海外で作られたものがどこまで信用できるのか。仮に当局に抜き取り調査をされ、THCが微量でも入っているとわかれば、大麻取締法に抵触するケースも出てくるでしょう」

──安倍総理もCBDサプリを使っているそうです。

「CBDサプリ自体、脱法っぽいなという気がします。大麻取締法は、大麻草の『成分』ではなく『部位』で規制しており、THCなどの違法成分が入っていないことが前提となっています。しかし、科学的に違法成分が入ってないと言えるのか。(CBDサプリを)治療目的で使うことに例外は設けられていませんので、使いたいなら法律を変えないとまずいでしょう」

 事実、海外から個人輸入した顧客からは、すでに逮捕者が出ている。厚労省は取材に「CBDサプリに関する逮捕者数はわかりません」と答えているが、17年までに日本の検査会社を通じて実施された成分分析では、外国製CBDサプリから定量のTHCが検出された、との事実もあるのだ。


安倍晋三 逮捕者も出た「違法薬物」使用の禁断生活(4)CBDサプリの使用感とは?
http://www.asagei.com/excerpt/95819
2018年1月7日 17:55 アサ芸プラス

 では、CBDサプリの実際の使用感はどのようなものなのか。CBDサプリの摂取方法には主として、【1】オイル状のものを舌の裏に垂らす方法、【2】錠剤を服用して消化管から取り込む方法、【3】オイルを吸入器で気化させ肺から体内に取り込む方法、の3パターンがあるが、最も摂取効率が高いとされる【3】の方法でCBDサプリを使用している愛好家から話を聞くことができた。

「CBDオイルはガンの再発予防に効果があると聞いて始めました」

 こう語るこの愛好家が使用しているのは、「ヴェポライザー」と呼ばれる専用の吸入器。真ん中にあるボタンを押しながら吸い口から吸い込むと、内蔵電池によって加熱、気化されたオイルが出てくる仕組みだが、その使用感がまたかなりアブナイものだった。ありのままを語ってもらうと──。

「私の場合、摂取効率を高めるため、一口吸っては息を止め、を繰り返します。5回や6回では大した変化はありませんが、スーハースーハーと何度も繰り返していると、やがて体はまったーり、目もとろーんとしてきて、実に気持ちよくなってきます。このリラックス感が体の免疫機能を高め、ガンの再発予防にもなるようですが、この効き方は正直言ってヤバイ。専用のオイルは大麻草の茎から抽出して作られる濃縮オイルですから、やはりそれ相当のTHCが含まれているのではないでしょうか」

 実はこのCBDサプリなどを巡っては、16年に荒井広幸参院議員(当時)が内閣に二度、「大麻草の医療研究および使用に関する質問主意書」を提出している。それに対し、安倍総理は「CBDオイルにはTHCは含まれていない」との認識のもと、答弁書で次のように公式回答しているのだ。

〈THCには濫用のおそれがあり、かつ、幻覚等の有害作用があることから、大麻の医薬品としての施用については慎重な検討が必要であると考えている〉

〈食品の輸入に際し、個々に検査して含有成分を確認し、その品質を保証する仕組みは我が国にはなく、御指摘の「CBDオイル」についてのみ検査し、その品質の保証を行うことは困難であると考えている〉

 前述したように、大麻草の茎から抽出されたCBDサプリといえども、THCを完全に取り除くことは不可能であり、違法成分は必ず含有されている。とすれば、答弁書でTHCを医薬品として使うことには慎重な検討が必要と回答した安倍総理みずからが、中身の保証ができない「疑惑のCBDサプリ」を進んで使用していることは、違法性も十分視野に入る、大きなミステイクとなる。

 厚労省を含めた行政府の長を務める総理大臣が、大麻解放に共感を示す夫人の勧めに応じて、法律のきわめて怪しいグレーゾーンにある輸入サプリを使用しているのでは、それこそシャレにもならない。「モリカケ問題」同様、安倍総理には重大な説明責任があるのではないか。


 Dr.サキ  @XKyuji 

16年に京都で開かれた第1回世界麻環境フォーラムでファーストレディとして登壇した昭恵夫人は「日本における大麻の栽培や多様な使用を支援していく必要がある」との主張を展開し、自らも夫である安倍総理にも使用させているとカミングアウトしている。海外から輸入した顧客から逮捕者も出ているという

| | コメント (0)
|

【スパコン疑惑特集】第3の疑惑として想像以上に大きく広がる?各野党はこの疑惑追及により「すべての悪の根源」安倍晋三の息の根を止めよ!

-無テレビ生活の私にはよく分からないのだが、このスパコン疑惑を各テレビ局はしっかり報道しているのだろうか。ネットを探る限りではまだそうでもなさそうである。「安倍政府を取り巻く森友事件、加計疑惑、それに今回のスパコン疑惑の3大疑惑。中でもスパコン疑惑に伴う補助金詐欺事件は、想像以上の大きな広がりを見せそうだ」とは、『半歩前へ』サイト記事の一節だが、大相撲暴行事件などでいつまでもスピンコントロールしていないで、「第3の疑惑」のこちらの追及報道に早く軸足を移すべきだ。しかし本事件は、レイプマン山口敬之も大きく関係している上、「陰の総理」(経産省官僚)今井尚哉総理秘書官の経産省がらみの補助金詐欺だし、麻生太郎副総理兼財務相案件だというし。さらには、直前記事で紹介したきっこさんツイートのように、「すべての悪事の裏に安倍晋三あり」なのだから、ノータリン安倍をチャーチル・ドゴール級に持っていくべく画策中の大手マスコミとしては(笑)、積極的報道には二の足を踏んでいることだろう。モリカケも山口事件もこのスパコン事件も、すべては年明けの通常国会に持ち越しだ。立憲民主党などリベラル野党は、それぞれを完膚なきまで徹底追及すべく、今から万全の準備をしておいていただきたい。厳しく激しい国会追及により各マスコミも重い腰を上げて報道せざるを得なくなるように。今年は安倍晋三も安倍昭恵も加計孝太郎も・・・取り逃がしてしまった。が来年こそ、心ある野党には国民への、「安倍晋三国会議員辞職」「安倍昭恵逮捕」というような「嬉しいお年玉」を期待したいものである。 (大場光太郎・記)-

 きっこ  @kikko_no_blog 

森友学園問題も安倍晋三、加計学園問題も安倍晋三、レイプもみ消し問題も安倍晋三、スパコン詐欺問題も安倍晋三、リニア利権問題も安倍晋三、もはや完全に「悪事の裏に安倍晋三あり」だな。

補助金詐欺と政界をつなぐレイプ揉み消し記者は・・・

新記事『【スパコン社長逮捕】実態なきAI財団は山口敬之の実家』http://tanakaryusaku.jp/2017/12/00017128
 furuna✨  @3iwa 

えーっ👀AI(人工知能)の研究開発拠点は民家、登記簿をあげて調べると土地家屋の所有者は山口博久。元TBS記者・山口敬之の実父って!チェックメイトでしょ…(´・ω・`)
田中龍作ジャーナル | 【スパコン社長逮捕】実態なきAI財団は山口敬之の実家 http://tanakaryusaku.jp/2017/12/00017128

| | コメント (0)
|

【安倍昭恵】「つらい1年だった」と さんざらトンズラこいて何がつらいだ 来年は本当につらい1年になるよう、籠池夫妻と交代で安倍夫妻をブタ箱に!

-ある意味今年、夫の安倍晋三以上の注目を浴びたのが安倍昭恵である。もちろん「悪い意味」でだが。今年も順風満帆、安倍増長の天下をさらに磐石なものにするのではないかと思われた2月初旬、森友学園問題が火を吹いた。それが後の加計、山口事件などの発端となり、安倍晋三の国家私物化が多くの国民の知るところとなり、安倍への見方が不信感に決定的に変わった。その口火となった森友疑惑で、晋三以上に中心的役割を果たしたと見られるのが昭恵である。森友学園をたびたび訪れ、問題の小学校の名誉校長にも就任した。「安倍晋三からです」と100万円寄付もし、籠池氏の要請で財務省に口利きもした。いわゆる谷ファクスである。これらの疑惑に対し、野党側の求めに応じ、参考人でも証人でも国会に出向き証言すれば片付く話である。しかし安倍が国会で「私や妻が関与していれば国会議員を辞めますよ」と言った手前か、安倍昭恵は春先からトンズラしまくりである。それが、「逃げるのは疚しい事があるから」とさらなる国民の疑念を生んでいるのだ。しかし昭恵は一方で森友追及とは無関係なところにはせっせと出張り、これまで何度も記事にしたとおり、国民の神経を逆なでするような言動を繰り返してきた。

 さて今回は今年の締めに、昭恵はベルギー勲章を受章、同大使館での授賞式で「今年はつらい1年だった」と語り、涙をポロポロ流したというのだ。5年もダラダラ総理を続けている者の夫人なのだから、そりゃまぐれで勲章くれる国だって中にはあるだろう。だからそんなのは問題ではない。いくら感極まったとはいえ、一国のファーストレディが泣くか?春の桜を観る会でも突如の泣き笑いに参加者たちは呆気に取られたらしいが、下に掲げる画像の「あれ」のせいで情緒不安定になっているとしか思われないのである。尿検査か(若い頃強姦事件直後の小泉純一郎も入院歴のある)都内松沢(精神)病院行きが必要ではないかw ともあれ。晋三一派の思惑とは裏腹に、モリカケは来年に持ち越され、加えてよりダメージの大きい山口事件の本格的追及も開始される。安倍昭恵よ。来年はさらにつらい年になるぞ。今から「つらい1年だった」などと音を上げていてどうするw (大場光太郎・記)-

【「平和」の裏に「森友」あり】-好評につき再掲載www

52621

52620

上画像元記事
なぜか公式行事に「私人」の元名誉校長が同席していた! 
http://www.asyura2.com/17/senkyo235/msg/389.html

【その他関連画像】

52825


52824


昭恵氏「つらい1年 」 ベルギー大使館で涙ポロポロの唖然(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/17/senkyo236/msg/780.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 12 月 08 日 17:15:55
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/219142
2017年12月8日 日刊ゲンダイ

52817
完全にズレている(C)日刊ゲンダイ

 安倍首相夫人の昭恵氏が7日、ベルギー王国から、女性の社会参画に功績があったとして、同国の勲章「レオポルド2世勲章グランオフィシエ」を授与された。

 東京・二番町の同国大使館での授与式で昭恵氏は涙をポロポロと流しながら、「今年は本当にいろいろなことがあり、つらい1年でした。そんな中で、最後に立派な勲章をいただき、頑張ってきてよかった」などと心境を語った。

 森友学園が建設を進めていた小学校の名誉校長に就任したことで疑惑が噴き出し、夫婦ともども世間の指弾を受けたことが念頭にあったのだろうが、本はといえば、身から出たサビ。やましいところがなければ、さっさと出るところへ出て疑いを晴らせばいいだけのこと。夫婦そろって逃げ回っているから、いつまでも追及されるのだ。

 しかも、外国大使館という公の場で……。この人の感覚は非常識というか、完全にズレている。

安倍昭恵夫人「つらい1年だった」 ベルギー勲章授与式で
http://www.sankei.com/politics/news/171207/plt1712070018-n1.html
2017.12.7 21:44 産経新聞

52818
ベルギー大使館で開かれた同国の勲章授与式で、スレーワーゲン大使(左)夫妻と写真に納まる安倍昭恵首相夫人(中央)=7日午後、東京都千代田区

 安倍昭恵首相夫人は7日、東京都内のベルギー大使館で開かれた同国の勲章授与式で「今年は本当にいろいろなことがあり、つらい1年だった。最後に立派な勲章を頂き、頑張って良かった」とあいさつした。学校法人「森友学園」が建設を進めた小学校の名誉校長に一時就任していたことを踏まえ、安倍晋三首相が国会で野党の追及を受けた経緯が念頭にあったとみられる。

 昭恵夫人への勲章は女性の社会参画推進への貢献が理由。ベルギーのスレーワーゲン大使は「著名人としてためらうことなく、女性の活躍促進のため声を上げ、リーダーシップを発揮した」とたたえた。

 恥コンしばき人/嘘つきはアベウヨの始まり  @hajicon_shibaki 

昭恵氏「つらい1年 」 ベルギー大使館で涙ポロポロの唖然 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/219142

来年はもっとつらい1年になるだろうね。しかも人生で一番つらいことが(超失笑)  

| | コメント (0)
|

【政権崩壊の本丸】山口事件 「詩織さんホテル引きずり」動画公開の可能性あり これが国民に広く知られれば山口個人はおろか安倍政権がジ・エンドだ!

-山口レイプもみ消し事件へのネット市民の関心がいかに高いか。本8日未明(といえば、遠い昔のこの時刻旧大日本帝国海軍が米国真珠湾基地を攻撃したのであるが)、阿修羅掲示板拍手ランキングの1位から3位までを同関係記事が占めていることからも頷けるところである。ということで、今回はその3記事を一挙転載する(ただし2位記事は1位田中龍作記事と同内容なので「関連記事」として)。また既にご存知かと思うが、山口が関係する大手スパコン会社社長が補助金詐欺で逮捕というビッグニュースに関する日刊ゲンダイ記事も併せて転載する。同会社顧問が山口敬之でそのためか山口の現潜伏都内豪華ホテル代は同社が払っていたという。この事件発覚のためか、先日の伊藤詩織さん提訴による民事訴訟法廷に、「徹底抗戦する」構えと見られていた山口側は本人を含め弁護士も現れず、詩織さんは拍子抜けしたという(関連記事は末尾URLにて)。また同スパコン会社社長は例によって安倍晋三とはズブズブだという。まあ出るわ、出るわ。森友、加計、山口そしてこのスパコン会社・・・。どうやら伊藤詩織さんのいう「ブラックボックス」とは安倍晋三なのではないかという気がしてくる。いな、超邪悪な安倍ブラックホールに、波長の似た連中が次々に吸い寄せられている状況かもしれない。疑惑、疑獄底なし。なのに安倍友連中は一切お咎めなし。あまりの不条理に、「1億総ムンクの叫び」状態である。 (大場光太郎・記)-

【追記】
 なお冒頭の板垣英憲氏情報は今回の件とは直接関係ないが、例によって管理人たる私の趣味として(笑)掲げるものである。

52816_2
【参考】ムンクの叫び

安倍晋三首相は、総裁選で3選を果たせず、天皇陛下の退位、皇太子殿下の即 位を取り仕切ることはできない
http://magazine.livedoor.com/press/18929
2017年12月02日発行 板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

◆〔特別情報1〕
 天皇陛下が退位される日程をめぐり、皇室会議が1日午前、宮内庁特別会議室で開かれ、陛下が2019年4月30日に退位し、皇太子さまが同年5月1日に新天皇に即位される日程が決まった。政府は8日にも退位日を定めた政令を閣議決定する。改元は新天皇即位に合わせて5月1日に行われる。時事通信が12月1日報じた。「安倍1強」と言われる安倍晋三首相が2018年9月の自民党総裁選挙によって「3選」すれば、安倍晋三首相が天皇陛下のご退位、皇太子殿下のご即位の礼(御大典)を取り仕切る。だが、時事通信が8月3日~6日に実施した8月の世論調査で、次の首相にふさわしい政治家を尋ねたところ、自民党の石破茂元幹事長が18.0%とトップで、現職の安倍晋三首相は14.4%と2位、2018年9月に予定されている総裁選で3選を果たし、9月以降も総裁を続けることの是非を聞いた質問では「反対が51.8%で、賛成32.4%を大きく上回った。『分からない』は15.7%」という結果が出ている。これは先の総選挙(10月10日公示、22日投開票)後も、基本的に変わっていないと見られているので、式典を取り仕切るのは難しそうである。

「意識混濁の詩織さんホテルに引きずる山口」録画公開の可能性(田中龍作ジャーナル)
http://www.asyura2.com/17/senkyo236/msg/720.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 12 月 06 日 18:45:16
http://tanakaryusaku.jp/2017/12/00017070
2017年12月6日 17:11 田中龍作ジャーナル

5287
「山口の準強姦もみ消し事件」超党派議員によるヒアリング。柚木議員(手前)は衆院法務委員会(5日)で、中村刑事部長が逮捕状の執行を止めたことを厳しく追及した。=6日、参院会館 撮影:筆者=

 意識混濁の状態で足腰の立たない詩織さんが、男に引きずられるようにしてホテルに連れ込まれる ― 2015年4月4日未明、「シェラトン都ホテル東京(港区)」の防犯カメラに記録されていた動画だ。

 TBS記者(当時)の山口敬之が伊藤詩織さんにレイプドラッグを飲ませて準強姦に及んだことを示す物的証拠である。この動画が公開される可能性が出てきた。

 「準強姦事件もみ消し事件」を追及する超党派の野党議員たちが、きょう、詩織さん本人と警察庁などから事情を聴いた。

 上述した動画公開の可能性は詩織さんの代理人弁護士が田中に明らかにした。
 
 詩織さん側は準強姦事件の民事訴訟でこの動画を東京地裁に証拠申請している。申請が認められ動画をめぐる部分の審理が終われば、公開される可能性があるのだ。

 裁判所が官邸から圧力をかけられたり、あるいは忖度したりして動画の公開を認めなくても流出することもある。森友学園への国有地売却をめぐる音声データが流出したのと同じように。

 テレビ局が官邸に遠慮して動画を放送しなくても、Youtubeなどで動画がネット上を駆け巡るだろう。世論が騒然とするのは必至だ。

5288
詩織さん(奥)は警察庁に対するヒアリングを傍聴席の最後列から見つめた。=6日、参院会館 撮影:筆者=

 詩織さんの傍聴知らずウソをつく警察官僚

 柚木道義議員(希望)は以下のように質した―

 山口の準強姦を明白に裏づける動画を、検察審査会は委員たちに見せていないのではないか。その結果、山口は不起訴相当となった。

 検察審査会を運営する最高裁事務総局は、「検察審査会法・第26条」を盾に回答できないとした。「検察審査会はこれを公開しない」という条文だ。

 きょうは伊藤詩織さんが、会場の後ろの方から聴取を見守った。田中が感想を尋ねると詩織さんは「(役人の答弁は)答えになっていない」と肩を落とした。

 警察官僚はウソをついているのだ。高井崇議員(立憲民主)が「著名人だから逮捕状を執行しないということはあるのか?」と尋ねた。

 警察庁捜査一課の菅潤一郎・理事官は「著名人だから逮捕しない、ということはない」と否定した。

 だが詩織さんに聞くと警察官僚の答弁は実際と180度違う。

 「著名人で逃亡のおそれはない。だから山口の逮捕状は執行しなかった」。詩織さんはこう警視庁から説明されたというのだ。

 「記録も残っていますから」。詩織さんは静かに憤った。

 「嘘つきは泥棒の始まり」というが、警察が泥棒の始まりとなっているのが、この国だ。

   〜終わり~

 木下黄太  @KinositaKouta 

この映像はぜひテレビ放送すべき。法的にレイプなのか否かはともかく、世の中にはこうした低劣な現実が存在するのを映像で具体的に教えることは、最も適切な性教育になる。
望まない性行為を回避するために。

「意識混濁の詩織さんホテルに引きずる山口」録画公開の可能性 http://tanakaryusaku.jp/2017/12/00017070

| | コメント (0)
|

【やっと国会マターに】福島瑞穂議員、山口レイプ事件を取り上げる 場内騒然となり山口の名前も事件の経緯も語れず 中世司法日本は性暴力対策後進国である

-最近の関連記事で述べたとおり、質問時間を大きく減らされた上たった4日間の衆参質疑では、山口レイプもみ消し事件は俎上にすら上るまいと思っていた。がしかし、「(同事件を)検証する会」の中心者の一人・福島瑞穂社民党参院議員が30日午後の参院予算委員会質問でこの問題を取り上げた。遂にこのもみ消し事件が国会マタ-(問題、案件)になったわけである。ただ福島委員はそれまで加計追及に時間を取られ、残念ながらこの問題についての残り時間は7、8分しかなかった。福島委員が「総理、『総理』という本を書いたジャーナリストについてご存知でしょうか?」でこの問題に切り込むと、徐々に場内がざわめき出し、自民党議員らから怒号が飛び交い始めた。森友はおろか(この時も福島氏が追及の口火を切った)加計疑惑でも見られなかった異常な反応である。裏を返せば、安倍をはじめとする自民党連中はこの事件に触れられるのをいかに恐れているか、ということになるのだろう。つまりは自民党理事らが福島質問に難癖を付けるため議長席に歩み寄り、しばらく時計が止められた。再開後議長は、「福島委員の質問の中に不適切な言葉(準強姦?)があった」でんでんと釘をさした。この異様な雰囲気の中、福島委員はそれ以上追求を進める事ができず、性暴力への対応、同テーマに関わる民法改正など一般的な質問に移らざるを得なかった。山口敬之、中村格、北村滋らの名前、この連中と安倍晋三官邸との密接な関係などに届かなかったのは大変残念である。しかし短時間でもあり怒号に包まれる中、よくぞこの事件に触れてくれた。福島瑞穂、グッドジョブ!野党委員は政権中枢・与党連中が嫌がる事を質問してナンボだ。福島瑞穂、森ゆう子らは今回の怒号妨害に挫けるようなヤワではないと信じたい。これを足掛かりに、第二弾、第三弾と追及を重ね、この事件の「ブラックボックス」(伊藤詩織さんの著書名)を白日の下に曝していただきたいものである。 (大場光太郎・記)-

 兵頭正俊 @hyodo_masatoshi

福島みずほが、山口敬之の「準強姦」もみ消し事件について質問。与党席から、「人権侵害」「司法への不当介入」等のヤジ。このヤジはそのまま安倍政権に返しておきたい。このヤジこそ国民のなかに強くある疑惑。ここで野党が黙り込んだら、存在理由がなくなる。

13:49 - 2017年11月30日

          shigeru260928                @shigeru1510101


返信先: @hirohankさん、2さん、他人

確かに、福島みずほ議員が、詩織さんの件を暗にほのめかした質問を始めたら、加計孝太郎絡みの質問より、安倍総理は、硬直していたし、いつもはバカにしたように嘲笑している自民党の予算委員たちからも笑いが消え、みな普通ではありませんでしたね。
福島みずほ議員が山口敬之の名を伏せて準強姦事件を知っているか?と質問。すっとぼけるバンカー安倍。何故か騒然となり委員長から注意を受ける議場内。タブーなの?安倍が揉み消し指示したとしか説明できない山口レイプ事件国会で質問タブーなの?

| | コメント (0)
|

【詩織さん事件】ウソ指摘され手震わす警察官僚 本事件を「安倍退陣」第三の矢に 森議員らは徹底追及していってもらいたい

-5ヵ月逃げ回った末、不正選挙でまたしても米日悪魔勢力に勝たせてもらった安倍晋三、年が迫った今になってようやく国会開きである。焦点は森友・加計疑惑のさらなる真相解明である事は論を待たない。加えて「山口敬之レイプもみ消し事件」の真相究明が必要不可欠である。しかし下の『ニュース・オプエド』動画にあるとおり、事件発覚後数ヶ月間、この事件の真相はテレビ報道でも国会の場でもなぜか取り上げられなかった。卑劣男・山口の準強姦罪の事実は明らかであり、実際所轄の高輪署は逮捕状請求まで行きながら、(菅官房長官の覚えめでたい安倍官邸筋の)中村格刑事部長(当時)の一声で山口は逮捕を免れた。中村は『週刊新潮』インタビューで「私が止めた」と認めているが、こんな事は異例も異例、前代未聞の処置である。『ニュース・オプエド』動画では、テレビ局も旧民進党も警察権力の意趣返しが恐いのだろうと推察しているが、こんな大事件をマスコミも国会も不問に付していい訳がない。頼みの綱はやはり今回転載記事のメーンでもある、森ゆう子、福島瑞穂を中心とする野党超党派「(本事件を)検証する会」の国会追及である。本国会には間に合わないかもしれない。が、それなら時間的にたっぷりある年明けの通常国会まで事件の全容、細部までしっかり把握し、安倍官邸の関与につき徹底追及していってもらいたい。森友が第一の矢、加計が第二の矢、そしてトドメの第三の矢がこの山口レイプもみ消し事件だ。ご案内のとおり、アベノミクスの三本の矢は完全破綻した事が既に明らかだが、こちらの「安倍政権を退陣に追い込む三本の矢」を破綻させてはいけない。国際的に見ても恥ずかしい「詩織さん事件」は特に、モリカケ以上に全国民の周知徹底が必要である! (大場光太郎・記)-

【「自分が(逮捕を)止めた」の中村格は伊藤詩織さんの取材にトンズラしまくり 昭恵を筆頭に疾しさ全開の安倍トンズラ一派なのだ!】

 ⛵️motty⛵️  @novtnerico 

【必見】「逮捕状を握り潰した」中村格・警視庁刑事部長が伊藤詩織氏の取材からもの凄い勢いで逃亡する様子が異様(動画20秒&4分)(週刊新潮) http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/36368健康法.jp/archives/36368 

すぐ上動画元記事
<オプエド>籠池夫妻・伊藤詩織さん事件から見えてくる政権とメディアの闇 室井佑月「籠池さん、お正月、出してあげたい」
http://www.asyura2.com/17/senkyo236/msg/390.html

<詩織さん事件>ウソ指摘され手震わす警察官僚(田中龍作ジャーナル)
http://www.asyura2.com/17/senkyo236/msg/424.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 11 月 28 日 00:16:06
http://tanakaryusaku.jp/2017/11/00017026
2017年11月27日 22:55 田中龍作ジャーナル

52626_2
陸山会事件で鍛えられている森ゆうこ議員と弁護士で刑事訴訟に詳しい福島みずほ議員。2人は舌鋒鋭く警察官僚を追及した。=27日、参院会館 撮影:筆者=

 傲然と「個別の案件にはお答えできない」を繰り返す警察官僚に、少しずつ綻(ほころ)びが出始めた。

 きょう超党派議連が警察庁、法務省などから「TBS記者・山口敬之のレイプ揉み消し事件」についてヒアリングをした。

 議連は「なぜ逮捕状を執行しなかったのか?」を中心に追及した。「刑事部長が逮捕状の執行を止めたケースはあるのか?」と幾度も聴いた。

 警察庁捜査一課の菅潤一郎理事官は「個別の案件にはお答えできない」を繰り返した。

 追及の名手である森ゆうこ議員は、判で押したような官僚答弁を見逃がさなかった ―

 「被疑者(山口)が著名人で官邸とも関係がある。(警視庁=本庁からの)事件指導が行われていた。逮捕状が出ていたにもかかわらず、空港で突然ストップをかけられた。それに対する合理的な説明になっていませんよ」。

 警察庁刑事企画課の宮島広成理事官は「証拠として公判維持できるのか? という視点もある・・・逮捕した以上起訴しなければ人権問題になったりする」とイケシャアシャアと答えた。

52627_2
警察官僚は追い込まれると身振り手振りを交えて話をずらした。=27日、参院会館 撮影:筆者=

 起訴できるだけの十分な証拠がなければ逮捕できないというのである。宮島理事官の説明は明らかに 子供だましだ。

 不起訴事案は掃いて捨てるほどある。物証に乏しくても叩きまくって自白に追い込むのが、取り調べの常道ではないか。

 田中は思わず「ウソつけ」と一喝した。取材者にあるまじき行為であると認識しながら、だ。

 記者時代に警察・司法回りを4年経験した杉尾秀哉議員(民進)は、宮島理事官の一見もっともらしいウソに噴き出し、そして声を荒げた。「逮捕状を現場で止めるなんてことあったんですか」。

 宮島理事官は違う事例を持ち出して話をズラそうとした。だが杉尾議員は「本件のようなケースでそれはあるのか、聴いてるんですよ」と切り返した。宮島理事官の はぐらかし は通用しなかった。

 ネット中継があり、マスコミがまっとうに報道していれば、警察官僚のウソは白日の下に さらされた はずだ。残念ながら今日はマスコミも不在でネット中継もなかった。

 『お前ら少数野党なんて怖くないよ』。宮島理事官は人を小馬鹿にしたような薄ら笑いを浮かべていたが、ヒアリングの終盤になると手が小刻みに震えていた。

  ~終わり~

 田中龍作  @tanakaryusaku 

ネット中継がありマスコミがまっとうに報道していれば、真相は白日の下にさらされたはずだ・・・

新記事 『【詩織さん事件】ウソ指摘され手震わす警察官僚』http://tanakaryusaku.jp/2017/11/00017026

| | コメント (0)
|

【安倍昭恵】公の場会見から逃げ回り、陰では森友ネタでダジャレ 世の中を舐めきったこの馬鹿女をブタ箱へ!

-この馬鹿女。よくもまあ、これだけ庶民の神経を逆なでするような言動が次から次へと出来るもんだ。世間ではこの馬鹿女を「天然」などと好意的に見る向きもあるが、ここまで来ると単なる天然じゃないよな、この馬鹿女のレベルは。「権力」に幾重にも守られている事を計算ずくの上での言動だわ、これは。春先から要求されている国会証人喚問はおろか、記者会見にすら出てこようとしないのに、まったく安全な場にはのこのこ・いそいそ出かけ、ごらんのとおりの放言をぶちかますのだ。割れ鍋に綴じ蓋とはよく言ったもの。安倍晋三と安倍昭恵は超のつくサイコパス似た者夫婦。ために、この割れ鍋に綴じ蓋夫婦から蒙る国民被害は計り知れない。「悪盛んにして天に勝つ」今の状況ではまあ仕方ない。今のところ、サイコパス夫婦の好き放題のやり放題に待ったをかけられる人間は誰一人いないのだから。「天網恢恢疎にして漏らさず」(老子道徳経)。少々時間はかかっても、天の摂理、天の裁きに委ねるしかないのかもしれない。「民主主義における“天”とは“国民”のこと」という捕らえ方も出来るが、選挙で「民意」「天意」を発動させようにも、幾度もの「不正」により阻まれてしまうのだ。曲津(まがつ)の神荒(すさ)ぶ、今この時。「朝日は照るとも曇るとも 月は盈(み)つとも虧(か)くるとも たとへ大地は沈むとも 誠の力は世を救ふ」(「霊界物語」宣伝歌より)。だから、真の意味での「天」にお任せするしかない段階かもしれないと思うのである。 (大場光太郎・記)-

【天木直人氏文、阿修羅投稿へのコメントより】

1.    2017年11月24日 09:28:02 : Fbuh8Shdkk : BqZXkOqhc0o[1]
この馬鹿女、
フランス革命当時なら
ギロチンで処刑されてるぞ。

6.    2017年11月24日 10:20:26 : xvntAIFaWU : g7o0sA759QM[30]
>>1さん、この人とアントワネット王妃を一緒にしないでください。人物的には桁が違います。

40.    2017年11月26日 05:04:35 : FMas0LnREN : w0l_RmFLVb4[723]
>>1
ルーマニアのチャウシェスク夫妻のように
バカ夫婦そろって銃殺刑もよろしいかとw
そういや、もうすぐチャウシェスク夫妻の命日だな

【「平和」の裏に「森友」ありwww】

52621

52620

上画像元記事
なぜか公式行事に「私人」の元名誉校長が同席していた! 
http://www.asyura2.com/17/senkyo235/msg/389.html

安倍首相の命取りになりかねない昭恵夫人のこのひとこと  天木直人
http://www.asyura2.com/17/senkyo236/msg/273.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 11 月 24 日 08:45:05
http://kenpo9.com/archives/2884
2017-11-24 天木直人のブログ

 火に油を注ぐとはこのことに違いない。

 きょう11月24日の毎日新聞と東京新聞が小さく報じていた。

 安倍昭恵夫人がきのう23日、三重県伊勢市で開かれた民間団体主催のシンポジウム「第1回世界こどもサミット2017」に出席し、「今年は学校のことで、いろいろございました」と述べ、会場の笑いを誘ったという。

 なんという、国民を馬鹿にした発言だろう。

 何も終ってはいない。

 自ら名誉園長を引き受けた森友学園疑惑は、籠池理事長夫妻は拘留されたままだし、ゴミ撤去費用の試算疑惑は深まるばかりだ。

 みずからのツウィートで「わるだくみ」だったとバラシタ加計学園疑惑は、前川前文科省次官の証言で安倍首相による権力の私物化がますます明らかになりつつある。

 いずれも、来週から始まる国会の最大の問題である。

 ついでにいえば、昭恵夫人は、もうひとつの行政の捻じ曲げである詩織さん準強姦疑惑について、おともだちの山口某元TBS記者を弁護するツイートまでしていた。

 よくも「今年はいろいろありました」と過去形で言えるものだ。

 かくなる上は野党は結束して安倍昭恵夫人の国会招致を実現しなくてはいけない。

 ここまで公衆の前でしゃべっておいて、国会で語らないのでは、国民は許さないだろう。

 それがいやなら安倍首相に総理を辞めたほうがいいと進言することだ。

 それを言えるのは昭恵夫人しかいない。

 安倍首相を辞めさせるのは昭恵夫人がふさわしい(了)

  (※ 時事通信記事は、次の「健康になるためのブログ」記事とダブるので省略)

小池晃 @koike_akira   

「昭恵氏は、学校教育について発言を求められ、『今年は学校のことで、いろいろございました』と述べ、会場の笑いを誘った」
国民世論を愚弄するにもほどがある。そんな余裕があるなら国会で陳述を。

「今年は学校でいろいろ」=昭恵氏、森友には言及せず  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171123-00000063-jij-pol @YahooNewsTopics
時事:「今年は学校でいろいろ」=昭恵氏、森友には言及せずhttps://www.jiji.com/jc/article?k=2017112300629&g=pol 「昭恵氏は23日…伊勢市で開かれた…シンポジウム「第1回世界こどもサミット2017」に出席…昭恵氏は、学校教育について発言を求められ、「今年は学校のことで、いろいろございました」と」復活してんじゃねーよ

 deepthroat  @gloomynews 

時事◆「今年は学校でいろいろ」=昭恵氏、森友には言及せず https://www.jiji.com/jc/article?k=2017112300629&g=pol 「昭恵氏は、学校教育について発言を求められ、「今年は学校のことで、いろいろございました」と述べ、会場の笑いを誘った」※相手は拘置所で保釈も認められず...

元森友学園園長夫婦が収監されて3カ月になるが、保釈申請がまたもや却下された。保釈却下の理由は、「罪障隠滅及び常習的に詐欺行為を長年に渡って続けてきている。保釈すればまた同じことをする。もしくは重罰を恐れて逃亡する可能性がある。」と言うものである。(籠池佳茂氏のFacebookより)学園は長女に譲っているので同じことはできない。逃亡しても、あれほどメディアに出ていたおしゃべり人物である。どこ行ってもすぐばれる。濃いキャラクターの籠池夫婦が、逃げると本気で思っているなら裁判所は世間知らずのあほである。

それよりこの文章にぴったりの人物がいる。安倍昭恵である。罪の隠ぺいに旦那は使うわ、自分も選挙やいろんなイベントに無神経に奔走する。再度同じことはいっぱいやっている。放射能に感謝しましょうとか、無神経に今年はいろんなことがりましたなどと、ノーテンキな発言を繰り返す。逃亡の危険性こそないだろうが、安倍昭恵こそ収監されるべきである。

会計検査委員が、森友学園への国有地売却に8億円も値引きした根拠は不明と決めつけた。それではどの程度でよかったかとする検証は、書類がことごとく残っていないので不明とのことである。この指摘を受けて、菅官房長官は、「適切に対応してゆく」と答えた。麻生財務大臣は、「今後は例外がないように気を付ける。これについて見直しはしない」と答えている。要するに会計検査院の指摘は無視するというのである。石井国交大臣は、「適切な見積もりであった。ギリギリの対応であった。政治的な対応であった。」何度もお茶を飲みながら、しどろもどろの意味不明の言語を発している。

この学園は、「安倍晋三記念学院」と銘打たれ、安倍昭恵が名誉園長として開学の声を発していた。そこら辺りの木っ端役員なら、黙っていても総理の威光にたじろぐのは当然である。私人であるはずの昭恵夫人付きの政府職員の谷査恵子氏は、首相夫人の意向を率直にあちこちに知らしめていた。

尋常なお役人なら、誰でもが身をすくめるに違いない。安倍晋三の首相としての威光と、安倍昭恵の売名欲の意向をかなり正しく周辺にまき散らした、谷査恵子はことがバレると外務省に出向し、目出度くイタリア大使館にご栄転と相成っている。

会計検査院の調査によれば、ゴミがなかろうかと50カ所ほどを掘っている。ゴミが出てきたのは、28カ所だけである。ゴミの出たところだけを評価し、ゴミの量を推定している。ゴミも産業廃棄物としているが、単なる生活ゴミであることも解っている。近畿財務局は、ハナから8億円引きの計算しかしていないのである。

だから検討した書類などないのである。あったら困るからないことになるのである。こんなお役人しかいないのか。誇りもないもない。

この値引きを主導し決定した近畿財務局長の佐川宣寿であるが、国会では見事に書類がないと言い切って、身を挺し安倍昭恵を守り通した。佐川宣寿は論功を高く評価されて、国税庁長官に栄転している。

これらの出来事のすべての影にいるのが、安倍昭恵である。籠池夫人の言葉、「なんで昭恵はんは逮捕されへんのやろ」と言う言葉は、庶民のまっとうな感覚である。

(以上、転載終わり)

| | コメント (0)
|

【森友再燃】会計検査院「8億円値引きの根拠不十分」 籠池夫妻を早く釈放し、代わって主犯・安倍晋三&昭恵夫妻をブタ箱へ!

-モリカケ隠し解散総選挙が終わった今になって、という批判は当然として。森友疑惑についての会計検査院の「8億円値引きの根拠不十分」報告書はインパクト十分である。安倍総理、麻生財務相、佐川理財局長(現国税庁長官)らの通常国会での答弁が虚偽だったことを公的機関が認めたも同然だからだ。安倍晋三&昭恵夫妻の責任にはまったく踏み込めなかったとしても、忖度官僚機構の中にあって「よくぞ出してくれた」と一定の評価はすべきなのだろう。またしても3分の2超を得た安倍らは、それによってモリカケの禊は済んだということらしいが、冗談じゃない。今会計検査院報告により疑惑は一段と深まった。国民の多くがウヤムヤ決着など望んでいない。報道機関としては今回、テレ朝『報道ステーション』やTBS『NEWS23』がいい仕事をしたらしいが、疑惑追及の主戦場はなんと言っても国会の場である。立憲民主党など各野党は改めて仕切り直しで森友疑惑をさらに鋭く追求すべきである。森友疑惑の核心は「国有土地転がしビジネス」である。山賊分けの主・安倍晋三により、瑣末な事案で籠池夫妻が4ヵ月以上不等拘置されている。真に裁かれるべき者たちがのうのうとのさばり、それに逆らった者が見せしめに不等拘置され続ける。こんなのは民主主義国家、法治国家とはいえない。かつての国際会議(2013年国連拷問禁止委員会)で某アフリカ委員が指摘したように、「日本の司法は中世並み」そのものではないか。国際的不名誉を糾(ただ)す意味からも、森友疑惑の曖昧決着を断じて許してはならない。 (大場光太郎・記)-

「無気力政治」「登院拒否症候群」安倍晋三首相の持病悪化は、隠しようもなく、刻々と迫る「政変」に要注意!(板垣 英憲)
http://www.asyura2.com/17/senkyo236/msg/296.html
http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/63b881e9f9d37b5f145e6073d940773b?fm=rss
2017年11月24日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆〔特別情報1〕
「無気力政治」安倍晋三首相は、このところ、覇気がない。それどころか、不健康ぶりが、際立っている。安倍晋三首相は11月17日、参院本会議の所信表明演説で「真に必要な子供たちには、高等教育を無償化します」の部分を読み飛ばした。参院に先立つ衆院本会議では、原稿を棒読み。子供の登校拒否さながらに、「登院拒否症候群」に憑りつかれているのか、一刻も早く国会を切り上げてしまいたい様子がアリアリだ。持病の悪化は、隠しようもない。刻々と迫る「政変」に要注意!

5268
余裕の表情(C)日刊ゲンダイ

なぜ選挙後の今出てくるのか 会計検査院の森友調査報告 背筋も凍る安倍政権の闇支配(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/17/senkyo236/msg/286.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 11 月 24 日 18:25:05
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/218232
2017年11月24日 日刊ゲンダイ 文字起こし

 疑惑を隠蔽するために、ここまでやるか。安倍政権の常軌を逸した闇支配には、背筋が凍る思いだ。

 安倍首相夫人の昭恵氏が名誉校長として関わっていた学校法人「森友学園」にタダ同然で国有地が売却された問題で、売却額の妥当性を調査していた会計検査院が「値引きの根拠が不十分」などとする報告書を22日に公表。ごみの量が過大に推計されるなど、「適切と認められない事態があった」としている。過去に例のない契約方法が使われていたり、土地取引が異例ずくめだったことも指摘した。

 先の通常国会で、麻生財務相ら政府は一貫して「適正な手続き、価格で処分され、問題はない」と言い張ってきたが、検査院の報告書によって、とんだデタラメ答弁を繰り返していたことがハッキリしたわけだ。

「報告書を読むと、一連の政府の怪しい動きが1本の線でつながります。森友学園への国有地払い下げは適正取引ではなかった。それを隠すために、関係書類を破棄し、通常国会でも虚言を弄し続けた。嘘がバレることを恐れて臨時国会から逃げ回り、やっと召集したと思ったら冒頭解散という暴挙に出たのです。すべては疑惑を葬り去るためだったことが分かる。では、なぜ官僚が森友学園を特別扱いし、証拠隠滅やデタラメ答弁に協力したのかといえば、首相夫妻への“忖度”以外にあり得ません。小選挙区制や内閣人事局制度の導入で、官邸に権力が集中する独裁化の仕組みができ上がっていた。そこに、権力に対する畏れがなく、好き勝手やる夫妻がピタリと収まったことで起きた事件なのです」(政治学者・五十嵐仁氏)

■「丁寧な説明」はいつの間にか過去形

 臨時国会の開催は、野党が憲法53条に基づいて要求していた。それを3カ月もたなざらしにした揚げ句、ようやく召集日を9月28日に決めたと思ったら、国難だとか言い出し、一切の審議をせずに解散してしまった。憲法違反の解散で、野党による「モリカケ疑惑」の追及を封じたのだ。自らの保身と延命のためには憲法も無視する。ナチスや北朝鮮も真っ青の独裁政権である。

 それにしても、なぜ今頃になって検査院の報告書が出てくるのか。

 不可解な値引きをめぐっては、すでに検察が複数の告発状を受理して捜査に着手したとされている。安倍は捜査中であることや、「会計検査院のしっかりとした調査を待つ」ことを理由に説明責任から逃げてきた。

 解散前は「選挙戦を通じて丁寧に説明する」と言っていたのが、選挙中には「国会審議を通じて丁寧に説明していく」に変わった。それが先日の代表質問では、「国会審議を通じて丁寧に説明してきた」と、すっかり過去形になっていた。国民にしてみれば、いつの間に「丁寧な説明」をしたのか、まったく理解不能なのだが、意図的にこの問題を“終わったこと”にしようとしている。

「検査院の報告は9月に出るといわれていました。選挙前に政府の不正が明らかになっていたら、ここまでの圧勝は望めなかったでしょう。報告書を封じるために解散に打って出たのか、公表を先延ばしにする密約があったのかは分かりませんが、衆院選で3分の2議席を得た今なら、公表しても大丈夫という“あうんの呼吸”があったと勘繰られても仕方のないタイミングです。検査院は安倍夫妻の関与という疑惑の核心には踏み込まず、ほどほどの調査結果をアリバイ的に出して、自分たちの責任を回避する田舎芝居にも見える。報告書で不正取引が明らかになったところで、最大野党だった民進党が分裂して壊滅状態の国会では追及しきれない。後の祭りです」(政治評論家・本澤二郎氏) 

5267
極悪犯扱い(C)日刊ゲンダイ

■保身延命のためなら何でもやる暴力政権の戦慄  

 手遅れ感でいえば、大メディアも同じだ。検査院の報告を受け、新聞各紙も23日の朝刊では、森友との土地取引問題をこぞって大きく取り上げていた。安倍応援団の産経、読売までもが「ごみ処分量 過大推計」「値引き 揺らぐ根拠」などとデカデカ報じて大騒ぎしていたが、「何を今さら」ではないか。前出の本澤二郎氏がこう言う。

「解散が近づくと、モリカケ疑惑の報道はすっかり鳴りを潜めてしまった。それどころか、大メディアは連日、北朝鮮危機を煽って政権の思惑に加担していました。検査院の報告が出た今頃になって、一斉に問題提起しても遅いのです。安保法や共謀罪もそうでしたが、大メディアは憲法違反という問題点を認識していながら、審議中は中立を装った報道に終始し、反対キャンペーンを張ろうとしない。それでいて、法案成立後に大げさに嘆いてみせたりする。それだから、いつも安倍政権は高笑いです。森友学園の土地交渉は、籠池前理事長が国会で『神風が吹いた』と証言したほど特例ずくめだった。小学校の名誉校長を務めていた昭恵夫人の関与は本当になかったのか。大メディアが売却額が不適当だというさまつな批判をして終わるなら、批判はポーズに過ぎません。これは、国のありようが問われている事件なのです。権力の私物化を許していいのか。首相夫妻と親しければ便宜が図られ、犯罪さえ見逃される。盾突けば逮捕されて口封じされる。メディアが報じるべきは、そんな無法国家でいいのかということです」

■歯向かう者は人権蹂躙で見せしめに

 昭恵氏は23日、三重県伊勢市で開かれたシンポジウム「第1回世界こどもサミット2017」に出席。「今年は学校のことでいろいろございました」と挨拶し、会場の笑いを誘っていた。森友問題をネタにする余裕ぶりだ。先日のトランプ来日でも外交の表舞台に揚々と復帰し、自民圧勝ですっかり「禊は済んだ」みたいな顔をしている。

 もう一方の当事者である籠池夫妻はどうだ。7月に逮捕され、現在も大阪拘置所に勾留されている。家族との接見も禁止され、20日に弁護士が保釈を申請しても認められなかった。籠池氏は非を認め、不正に受け取ったとされた補助金をすでに返金している。これだけ顔が売れたら逃亡の恐れもないし、関係書類はすでに当局が押収しているから、証拠隠滅のしようもない。呼ばれれば国会にも出てくる。それなのに、4カ月近くも勾留されているのだ。

「権力に歯向かうとこういう目に遭うという見せしめでしょう。権力が暴走して、人権を蹂躙する。籠池氏も決して善人とは言えませんが、さすがに気の毒です」(五十嵐仁氏=前出)

 選挙中、テレビ番組の党首討論で安倍が「籠池さんは詐欺を働く人間」「昭恵も騙された」と発言したことも度し難い。籠池氏はまだ公判も始まっていないのに、犯罪者と決めつけた。推定無罪の原則を知らないのかもしれないが、行政府の長として、決して許される発言ではない。自分たちは被害者だと言いたいのだろうが、そうまでして疑惑を封じ込めようとする手口には戦慄するほかない。 

「この間ずっと、国会も官僚も、安倍首相の個人的な問題に振り回されてきました。疑惑の核心である首相夫妻が、国民が納得するような説明をしなければ、周囲は嘘を言い続けなければなりません。それで文書が次々と破棄され、国家機能がいびつになっていく。そんな異常事態を放置していていいはずがありません。安倍政権が続くかぎり、この問題は終わらないのです」(政治ジャーナリスト・山田厚俊氏)

 この男は、権力維持のためなら何でもやる。憲法違反も、人権侵害も平気だ。いつ自分が迫害される側になるかもしれないということを、国民は肝に銘じておく必要がある。そういう暗黒支配を是とするのか。国民の問題意識も問われている。 


 桃丸  @eos1v 

なぜ選挙後の今出てくるのか 会計検査院の森友調査報告 |日刊ゲンダイDIGITAL http://bit.ly/2jW27Zl  @tim1134

| | コメント (0)
|

【山口レイプ事件】伊藤詩織さんの勇気に仏ル・モンド紙が応えた このままでは従軍慰安婦以上の国の恥だ 立憲はこの事件を国会で厳しく追及すべし!

-過日の外国人特派員協会での伊藤詩織さん会見の場に記者がいたのだと思うが、間をおかずフランスの主要紙であるル・モンド紙が、山口敬之の詩織さんレイプもみ消し事件について取り上げた。何も“おフランス”の新聞だからありがたいのではない。海外では既に、一部米国紙やロシアの公式サイト「スプートニク」でもこの事件を取り上げている。なのに、伊藤詩織さんが顔も実名もさらして告発しているのに、国内の新聞・テレビは今もってスルーである。そんな中世界的メディアが、安倍政権の中枢(安倍晋三)にまで行き着く、この事件の概要を世界にドンドン発信してくれているのがありがたいのである。内向きでなかなか変革できない民族性はメディアも一緒。いなダマスゴミの方が遥かに深刻でタチが悪いかもしれない。だから「外圧」が必要なのである。国民の一人としては恥ずかしいが、従軍慰安婦問題同様に世界中からバッシングを受けないと国内メディアは目が覚めないのだろうか。ところで。既に立憲民主党潰しのための「シナリオC」が発動し、同党議員がセクハラだ強制わいせつだと次々に週刊文春の餌食になっている。ここは腐れマスコミを動かすためにも、立憲民主党はモリカケ疑獄に勝るとも劣らない「国家私物化」レイプもみ消し事件の国会追及の火の手を上げるべきだ。安倍官邸指令によるこのもみ消し事件の全容が全国民に知られれば、モリカケ以上に安倍政権への決定的ダメージになる。安住淳のような自民党トロイの木馬はいなくなったのだから、「シナリオC」阻止のためにも、立憲は是非この問題の追及に本気で取り組むべきである。 (大場光太郎・記)-

「ル・モンド紙」が詩織さんの昏睡レイプ事件について取り上げた 
http://www.asyura2.com/17/senkyo234/msg/883.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 10 月 31 日 00:31:05
http://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/227ca08a7a05bbe87aa586862c9b8fa0
2017年10月30日 のんきに介護

れっどゴルゴ@ANTIFA‏ @RedGolgoさんのツイート。

 れっどゴルゴ@ANTIFA @RedGolgo 

フランスの「ル・モンド紙」が詩織さんの昏睡レイプ事件について取り上げた。
山口敬之、ジャーナリストなら、聞いたこと無いネトウヨ同人誌でゴチャゴチャ言い訳してないで、きちんとしたメディアで反論してみろよ。 https://twitter.com/lemondefr/status/924916445938626561

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧